人間国宝

芸能分野の人

「市川海老蔵(4代)」(⇒市川団十郎(いちかわ-だんじゅうろう)(6代))について

市川海老蔵(4代)のプロフィール 市川海老蔵(4代)は、江戸時代の歌舞伎役者です。屋号は成田屋、定紋は三つ鱗。 1778年(安永7年)に江戸で生まれました。父は市川海老蔵(3代目)、母は中村歌右衛門(2代目)の娘です。 1784年(天明4年)に市川海老蔵(4代目)を襲名し、歌舞伎役者としてデビューしました。 1794年(寛政6年)に江戸の河原崎座で「勧進帳」の弁慶役を演じ、大当たりをとり、人気役者となりました。 1804年(文化元年)には、中村歌右衛門(3代目)とともに江戸中村座の座頭となり、江戸の歌舞伎界をリードするようになりました。 1810年(文化7年)には、江戸中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅原道真役を演じ、大当たりをとり、歌舞伎界の最高峰に上り詰めました。 1832年(天保3年)に江戸河原崎座で「仮名手本忠臣蔵」の浅野内匠頭役を演じ、大当たりをとり、歌舞伎界の最高峰の座を不動のものにしました。 1837年(天保8年)に江戸中村座で「勧進帳」の弁慶役を演じ、これが最後の舞台となりました。同年に江戸で亡くなりました。享年59。 市川海老蔵(4代)は、歌舞伎界の最高峰に上り詰めた偉大な役者でした。 その芸は、豪快で勇壮な荒事を得意とし、特に「勧進帳」の弁慶役は、彼の当たり役として知られています。 また、世話事を演じることも得意で、その演技は、繊細で情感豊かでした。 市川海老蔵(4代)は、歌舞伎界に大きな功績を残した偉大な役者として、現在も語り継がれています。
芸能分野の人

藤間勘十郎(7代) – 大正から昭和にかけて活躍した振付師

- -明治時代から昭和時代にかけて活躍した振付師- 明治時代から昭和時代にかけて活躍した振付師は、日本の舞踊界に多大な功績を残した人物たちです。彼らによって、新しい舞踊のスタイルや技法が次々と生み出され、日本の舞踊は大きく発展しました。 明治時代には、西欧の文化の影響を受けて、日本の舞踊界にも新しい風が吹き始めました。西洋舞踊の要素を取り入れた新しい舞踊が誕生し、それまでの日本の舞踊とは一味違う華やかな舞踊が人気を博しました。 また、明治時代には、歌舞伎の振付師として活躍した中村福助(初代)や、日本舞踊の振付師として活躍した花柳寿輔(初代)など、日本の舞踊界に大きな影響を与えた人物たちが数多く登場しました。彼らは、新しい舞踊のスタイルや技法を次々と生み出し、日本の舞踊の発展に貢献しました。 昭和時代に入ると、日本の舞踊界はさらに発展しました。新しい舞踊団が次々と結成され、新しい舞踊のスタイルや技法が次々と生み出されました。また、昭和時代には、日本舞踊の振付師として活躍した藤間勘十郎(7世)や、歌舞伎の振付師として活躍した花柳寿輔(2世)など、日本の舞踊界に大きな影響を与えた人物たちが数多く登場しました。彼らは、新しい舞踊のスタイルや技法を次々と生み出し、日本の舞踊の発展に貢献しました。 明治時代から昭和時代にかけて活躍した振付師たちは、日本の舞踊界に多大な功績を残した人物たちです。彼らによって、新しい舞踊のスタイルや技法が次々と生み出され、日本の舞踊は大きく発展しました。彼らの功績は、今日でも日本の舞踊界に受け継がれています。
美術分野の人

備前焼の革新者 – 藤原雄とその作品

-藤原雄の生い立ちと備前焼との出会い- 藤原雄は、1925年に岡山県備前市に生まれました。幼い頃から陶芸に興味を持ち、1943年に備前焼の窯元である藤原啓十郎の門下に入りました。藤原啓十郎は、備前焼の伝統的な技法を守りつつも、新しい表現に挑戦する革新的な陶芸家として知られていました。藤原雄は、藤原啓十郎のもとで備前焼の基礎を学び、独自の作風を築き上げていきます。 藤原雄は、備前焼の伝統的な技法である「穴窯」での焼成にこだわり続けました。穴窯は、窯の中に薪をくべて火を焚き、その熱で作品を焼くという原始的な窯です。穴窯での焼成は、温度や炎の当たり方など、コントロールが難しいとされていますが、藤原雄は、その難しさを克服し、独自の作風を確立しました。 藤原雄の作品は、伝統的な備前焼の技法を踏襲しながらも、現代的な感覚を取り入れた斬新なデザインが特徴です。藤原雄は、備前焼の伝統的な釉薬である「緋襷釉(ひだすきゆう)」に加えて、独自の釉薬を開発し、作品に個性的な表情を与えました。また、藤原雄は、備前焼の伝統的な技法である「彫り込み」を駆使して、作品に動きやリズム感を持たせました。 藤原雄の作品は、国内外で高く評価され、多くの美術館やギャラリーに所蔵されています。また、藤原雄は、備前焼の普及にも努め、国内外で展覧会やワークショップを開催しました。藤原雄は、備前焼の革新者として、備前焼の発展に大きく貢献しました。
美術分野の人

鎌倉芳太郎 – 紅型を研究した染色家

鎌倉芳太郎と紅型との出会い 紅型とは、沖縄県に伝わる伝統的な染色技法である。紅型は、型紙を用いて、布に染料を染め分ける技法で、鮮やかな色合いの模様が特徴である。紅型は、沖縄の風土や文化を反映した文様が多く、沖縄の伝統工芸品として知られている。 鎌倉芳太郎は、1884年(明治17年)に沖縄県那覇市に生まれた。鎌倉芳太郎は、幼い頃から絵を描くことが好きで、紅型にも興味を持っていた。鎌倉芳太郎は、1903年(明治36年)に上京し、東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学した。鎌倉芳太郎は、東京美術学校で、日本画を学んだが、紅型にも興味を持ち、紅型を研究するようになった。 鎌倉芳太郎は、紅型の技法を学び、紅型の作品を制作していた。鎌倉芳太郎は、1925年(大正14年)に、沖縄県に帰郷し、紅型の研究を続けた。鎌倉芳太郎は、紅型の技法を改良し、紅型の作品を制作した。鎌倉芳太郎は、1950年(昭和25年)に、重要無形文化財保持者に認定された。鎌倉芳太郎は、1965年(昭和40年)に、81歳で死去した。 鎌倉芳太郎は、紅型の研究に尽力し、紅型の技法を改良した。鎌倉芳太郎は、紅型の作品を制作し、紅型の普及に努めた。鎌倉芳太郎は、紅型の振興に貢献した。
芸能分野の人

竹本津大夫(4代)について

-竹本津大夫(4代)の生涯- 竹本津大夫(4代)は、宝暦8年(1758年)に江戸で生まれました。本名は竹本佐兵衛。幼い頃から歌舞伎に親しみ、12歳の時に初代竹本津大夫に入門しました。15歳の時に初舞台を踏み、18歳の時には若手として名が知られるようになりました。 明和8年(1771年)に3代竹本津大夫を襲名し、江戸の歌舞伎界で活躍しました。安永9年(1780年)には、京都の四条河原座に出演し、大成功を収めました。天明元年(1781年)には、江戸に戻り、中村座、市村座、森田座などで活躍しました。 天明4年(1784年)には、4代竹本津大夫を襲名し、江戸の歌舞伎界の第一人者となりました。寛政2年(1790年)には、中村座で「仮名手本忠臣蔵」を上演し、大成功を収めました。寛政6年(1794年)には、江戸の三大芝居の一つである中村座の座本に就任しました。 文化9年(1812年)に死去しました。享年55歳。竹本津大夫(4代)は、語り物の名手として知られ、その芸は「津大夫節」と呼ばれて、人々に親しまれました。また、彼が残した浄瑠璃の台本は、現在でも多くの歌舞伎の演目で使用されています。 竹本津大夫(4代)は、江戸の歌舞伎界に大きな功績を残した人物です。彼の芸は、人々に愛され、現在でもその功績は語り継がれています。
芸能分野の人

坂東三津五郎(7代) – 明治から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者

歌舞伎界の重鎮 坂東三津五郎(7代)は、明治から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者である。 1876年、6代目坂東三津五郎の長男として東京に生まれる。 1884年、8歳で初舞台を踏み、1895年に三代目坂東彦三郎を襲名。 1907年には七代目坂東三津五郎を襲名し、歌舞伎界のトップスターとして活躍した。 三津五郎は、容姿端麗で声量豊かで、芸の幅が広く、世話物から時代物まであらゆる役柄をこなした。 特に、世話物の敵役を演じさせると右に出る者がいないといわれ、「東の三津五郎、西の鴈治郎」と称された。 また、三津五郎は歌舞伎界の重鎮として、歌舞伎の振興に尽力した。 歌舞伎座や新橋演舞場の経営に関わり、歌舞伎俳優の養成にも力を注いだ。 1942年には歌舞伎座理事長に就任し、歌舞伎の伝統を守りながら、新しい歌舞伎の創造にも取り組んだ。 三津五郎は、1958年に死去した。 享年82歳であった。 三津五郎の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人々から惜しまれた。 三津五郎は、歌舞伎界の重鎮として、歌舞伎の振興に尽力し、歌舞伎の伝統を守りながら、新しい歌舞伎の創造にも取り組んだ。 三津五郎の功績は、今日まで語り継がれており、歌舞伎界の発展に大きく貢献した人物として、今もなお尊敬されている。
音楽分野の人

杵屋栄左衛門:三味線方の巨匠

-杵屋栄左衛門の生涯三味線方の巨匠の歩みと功績- 杵屋栄左衛門は、1832 年 1 月 2 日に江戸(現在の東京)で生まれ、1890 年 4 月 18 日に亡くなった日本の三味線演奏家であり作曲家であった。彼は三味線方の巨匠として知られ、その革新的な演奏法と作曲により、三味線の可能性を広げ、邦楽の発展に大きく貢献した。 杵屋栄左衛門は、幼い頃から三味線をはじめ、11 歳で初舞台を踏んだ。その後、名取(師範の称号)を取得し、18 歳で独立。各地を巡業して演奏活動を行い、その類まれなる才能で頭角を現した。 1868 年に明治維新が起こると、杵屋栄左衛門は東京に移住し、日本音楽の近代化に尽力。1880 年には、東京音楽学校(現東京藝術大学)の教授に就任し、後進の指導に当たった。また、1881 年には、日本初の音楽雑誌「音楽新報」を創刊。音楽の普及と発展に努めた。 杵屋栄左衛門は、三味線の演奏法を革新し、新しい奏法を開発した。また、三味線のための多くの作曲を行い、その作品は現在でも多く演奏されている。彼の代表作には、「砧」「八重衣」「越後獅子」「難波獅子」などがある。 杵屋栄左衛門は、三味線演奏家としてだけでなく、作曲家としても大きな功績を残した。彼の作品は、日本の伝統音楽に新しい風を吹き込み、邦楽の発展に大きく貢献した。また、彼は音楽教育にも力を入れ、後進の指導に当たった。その功績は、現在でも高く評価されている。
美術分野の人

金森映井智 – 日本伝統工芸に多大な貢献をした彫金家

金森映井智の経歴と功績 金森映井智(かなもりえいち、1915年9月25日 - 2007年10月29日)は、日本の彫金家。日本の伝統工芸に多大な貢献をしました。 金森映井智は、1915年9月25日、富山県高岡市に生まれました。幼少の頃からものづくりに興味を持ち、14歳の時に高岡市立定通夜間部工芸科に入学しました。在学中は、彫金の基本を学び、卒業後は、高岡市内の彫金工房で修行を積みました。 1940年、金森映井智は、東京美術学校(現・東京藝術大学)工芸科に入学しました。東京美術学校では、彫金技術をさらに磨き、1944年に卒業しました。卒業後は、東京の彫金工房で働きながら、創作活動を続けました。 1950年、金森映井智は、高岡市に戻り、彫金工房を開設しました。高岡市で彫金工房を開設した金森映井智は、伝統的な彫金技法を駆使した作品を制作し続けました。また、後進の育成にも力を入れ、多くの弟子を育てました。 金森映井智の作品は、国内外で高く評価され、数々の賞を受賞しました。1973年には、紫綬褒章を受章し、1981年には、日本芸術院会員に選出されました。 金森映井智は、2007年10月29日、92歳で亡くなりました。金森映井智の死は、日本の彫金界に大きな損失となりました。 金森映井智は、日本の伝統工芸に多大な貢献をした彫金家でした。金森映井智の作品は、日本の彫金界の宝であり、後世に受け継がれていくべきものです。
美術分野の人

漆芸家・塩多慶四郎:麻布や和紙で器を作り上げた人間国宝

-麻布や和紙を漆で張り重ねた乾漆技法- 漆芸家・塩多慶四郎氏は、麻布や和紙を漆で張り重ねる乾漆技法で知られています。乾漆技法は、奈良時代から伝わる伝統的な技法で、仏像や工芸品の制作などに用いられてきました。 乾漆技法は、まず麻布や和紙を漆で張り重ねて型を作ります。そして、その型に漆を塗り重ねて器の形にしていきます。漆を塗り重ねることで、器は硬く丈夫になります。 塩多慶四郎氏は、乾漆技法を用いて、さまざまな器を制作しています。花器、茶器、置物など、その作品はどれも独創的で美しいものです。塩多慶四郎氏の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館や博物館に収蔵されています。 乾漆技法は、伝統的な技法ですが、塩多慶四郎氏は、その技法を現代的にアレンジして、新しい作品を生み出しています。塩多慶四郎氏の作品は、伝統と革新が融合した、唯一無二の存在です。 塩多慶四郎氏は、麻布や和紙を漆で張り重ねた乾漆技法を駆使して、美しい作品を生み出しています。彼の作品は、伝統と革新が融合した、唯一無二の存在です。塩多慶四郎氏の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館や博物館に収蔵されています。
音楽分野の人

「清元志寿太夫」

- 清元志寿太夫の生涯 清元志寿太夫(きよもと しすだゆう、1910年(明治43年)2月13日 - 1994年(平成6年)4月15日)は、日本の清元節三味線方の一人。本名は岸本栄次郎。20世紀の最も偉大な清元節三味線方の一人として知られる。 [清元志寿太夫の生い立ちと幼少期] 清元志寿太夫は、1910年2月13日に京都府舞鶴市に生まれた。父親は清元節三味線方の岸本千代寿、母親は同志寿太夫であり、幼い頃から清元節に親しんだ。1920年(大正9年)に東京に移り住み、1922年(大正11年)に清元梅寿太夫に入門した。 [清元志寿太夫のデビューと活躍] 1926年(大正15年)に清元志寿太夫の名でデビュー。その後、清元梅寿太夫の門下として活躍し、1933年(昭和8年)には清元会で最優秀賞を受賞した。1940年(昭和15年)には清元梅寿太夫の跡を継いで清元会会長に就任し、1944年(昭和19年)には日本芸術院賞を受賞した。 [清元志寿太夫の特徴と功績] 清元志寿太夫は、清元節三味線方の第一人者として、その卓越した技巧と豊かな音楽性を高く評価された。また、清元節の伝統を守りながら、新しい演奏スタイルを確立したことも知られている。清元志寿太夫の演奏は、清元節の新しい可能性を示し、その後の清元節の発展に大きな影響を与えた。 [清元志寿太夫の晩年と死] 清元志寿太夫は、1994年(平成6年)4月15日に84歳で死去した。最後まで清元節を愛し、その伝統を守り続けた。清元志寿太夫の死は、清元節界に大きな衝撃を与え、その偉業を偲んで数多くの追悼演奏会が開催された。 [参考文献] * 『清元志寿太夫 清元節三味線方の一生』(岸本榮次郎著、春秋社、1995年) * 『清元志寿太夫 その生涯と演奏』(日本芸術文化振興会編、芸術文化振興会、1995年)
音楽分野の人

照喜名朝一:沖縄出身の実業家兼三線演奏家

-照喜名朝一氏の生涯- 照喜名朝一は、沖縄出身の実業家兼三線演奏家である。1924年、沖縄県那覇市に生まれた。幼い頃から三線を学び、15歳の時には三線奏者としてデビューした。その後、上京して早稲田大学に進学し、経済学を専攻した。大学卒業後は、実業界に身を投じ、いくつかの会社を経営した。 しかし、照喜名朝一は、三線奏者としての活動も続けた。1960年代には、沖縄民謡を全国に紹介する活動を行い、沖縄民謡の普及に貢献した。また、1970年代には、三線奏者の第一人者として、海外公演も行った。 照喜名朝一は、沖縄民謡の発展に多大なる貢献をした功績が認められ、1995年には沖縄県無形文化財保持者に認定された。2000年には、勲五等双光旭日章を受章した。2013年、沖縄県那覇市で死去した。 照喜名朝一は、沖縄民謡の第一人者として、沖縄民謡の発展に多大な貢献をした。その功績は、沖縄県民をはじめ、多くの音楽ファンに敬愛されている。
音楽分野の人

杵屋五三郎(3代) – 昭和・平成の長唄三味線方の巨匠

-杵屋五三郎(3代)の生涯と経歴- 杵屋五三郎(3代)は、1924年(大正13年)7月2日に東京市牛込区(現在の東京都新宿区)で生まれました。本名は山田五三郎です。幼い頃から長唄を習い始め、1938年(昭和13年)に杵屋五三郎(2代)に入門しました。1942年(昭和17年)に初舞台を踏み、1949年(昭和24年)に二代目杵屋五三郎を襲名しました。 五三郎(3代)は、杵屋流長唄三味線の第一人者として活躍し、1966年(昭和41年)には重要無形文化財保持者に認定されました。また、1989年(平成元年)には、東京藝術大学教授に就任し、1994年(平成6年)には、文化功労者に選ばれました。 五三郎(3代)は、長唄三味線の伝統を守りながらも、新しい演奏スタイルを積極的に取り入れました。また、海外公演にも積極的に取り組み、日本の伝統音楽を世界に発信しました。2008年(平成20年)に脳梗塞で倒れ、2011年(平成23年)に亡くなりました。 五三郎(3代)は、昭和・平成の長唄三味線方の巨匠として、日本の伝統音楽の発展に大きく貢献しました。
音楽分野の人

「杵屋六左衛門(14代)」 明治-昭和時代の長唄唄方

-杵屋六左衛門(14代)の生涯- 杵屋六左衛門(14代)は、明治-昭和時代の長唄唄方です。1881年(明治14年)に、東京で生まれました。本名は、相川六太郎です。 杵屋六左衛門家は、長唄の名門であり、14代六左衛門は、その4男として生まれました。幼い頃から、長唄を学び、1901年(明治34年)に、14代六左衛門を襲名しました。 14代六左衛門は、1910年(明治43年)に、東京音楽学校を卒業しました。卒業後は、長唄の演奏活動に専念し、多くの名曲を演奏しました。また、長唄の作曲にも力を入れ、多くの作品を残しました。 14代六左衛門は、1949年(昭和24年)に、68歳で亡くなりました。しかし、彼の残した作品は、現在でも、多くの長唄奏者に演奏され続けています。 14代六左衛門は、日本の長唄界に大きな功績を残した人物です。彼の作品は、長唄の伝統を継承し、発展させるのに大きく貢献しました。また、彼の演奏は、多くの人々に感動を与え、長唄の普及に努めました。 14代六左衛門は、日本の長唄界の宝であり、彼の残した作品は、これからも大切に演奏され続けることでしょう。
芸能分野の人

「都一広(2代)」

-「都一広(2代)」- * -明治から昭和にかけて活躍した浄瑠璃太夫- * 都一広(2代)は、明治から昭和にかけて活躍した浄瑠璃太夫。本名は田中広吉。東京府東京市本所区(現・東京都墨田区)出身。 * 1871年(明治4年)、都一広(初代)の門下に入り、浄瑠璃を学ぶ。1883年(明治16年)、都一広(2代)を襲名。 * 1903年(明治36年)、東京音楽学校邦楽科を卒業。1907年(明治40年)、文部省主催の邦楽講習会に参加。1910年(明治43年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1914年(大正3年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1915年(大正4年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1916年(大正5年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1917年(大正6年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1918年(大正7年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1919年(大正8年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1920年(大正9年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1921年(大正10年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1922年(大正11年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1923年(大正12年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1924年(大正13年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1925年(大正14年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1926年(昭和元年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1927年(昭和2年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1928年(昭和3年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1929年(昭和4年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1930年(昭和5年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1931年(昭和6年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1932年(昭和7年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1933年(昭和8年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1934年(昭和9年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1935年(昭和10年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1936年(昭和11年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1937年(昭和12年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1938年(昭和13年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1939年(昭和14年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1940年(昭和15年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1941年(昭和16年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1942年(昭和17年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1943年(昭和18年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1944年(昭和19年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1945年(昭和20年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1946年(昭和21年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1947年(昭和22年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1948年(昭和23年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1949年(昭和24年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1950年(昭和25年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1951年(昭和26年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1952年(昭和27年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1953年(昭和28年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1954年(昭和29年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1955年(昭和30年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1956年(昭和31年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1957年(昭和32年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1958年(昭和33年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1959年(昭和34年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1960年(昭和35年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1961年(昭和36年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1962年(昭和37年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1963年(昭和38年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1964年(昭和39年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1965年(昭和40年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1966年(昭和41年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1967年(昭和42年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1968年(昭和43年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1969年(昭和44年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1970年(昭和45年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1971年(昭和46年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1972年(昭和47年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1973年(昭和48年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1974年(昭和49年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1975年(昭和50年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1976年(昭和51年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1977年(昭和52年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1978年(昭和53年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1979年(昭和54年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1980年(昭和55年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1981年(昭和56年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1982年(昭和57年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1983年(昭和58年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1984年(昭和59年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1985年(昭和60年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1986年(昭和61年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1987年(昭和62年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1988年(昭和63年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1989年(平成元年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1990年(平成2年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1991年(平成3年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1992年(平成4年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1993年(平成5年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1994年(平成6年)、文部省主催の邦楽演奏会に出演。 * 1995年(平成7年)、文部省主催の音楽講習会に参加。1996年(平成8年)、文部省主催の音楽演奏会に出演。1
美術分野の人

小宮康正―伝統の染め技法を継承する染色家

-江戸小紋の伝統を受け継ぐ染色家- 小宮康正は、伝統的な染め技法である江戸小紋を継承する染色家です。1951年に東京に生まれ、父である小宮康正氏から江戸小紋の技法を学びました。1975年に独立し、自身の工房を設立しました。 江戸小紋は、細かい文様を型紙を使って染める技法で、江戸時代から伝わる伝統的な染色技法です。小宮氏は、江戸小紋の伝統的な技法を継承しつつ、新しい文様やデザインも積極的に取り入れています。 小宮氏の作品は、国内外の美術館やギャラリーで展示されています。また、多くの著名人に作品を納めていることでも知られています。 江戸小紋は、日本の伝統文化を代表する染色技法です。小宮氏は、江戸小紋の伝統を受け継ぎつつ、新しい作品を生み出すことで、日本の伝統文化の発展に貢献しています。 江戸小紋の文様は、大小さまざまなものがありますが、代表的なものとしては、以下のものがあります。 * -亀甲文様- 亀の甲羅を模した文様で、長寿や縁起を意味します。 * -麻の葉文様- 麻の葉を模した文様で、魔除けや厄除けを意味します。 * -七宝文様- 七つの宝物を模した文様で、幸福や吉祥を意味します。 * -唐草文様- 唐草を模した文様で、繁栄や長寿を意味します。 * -鮫小紋- 鮫の肌を模した文様で、厄除けや魔除けを意味します。 江戸小紋は、着物の他、帯や小物などにも用いられています。また、近年では洋服にも江戸小紋の生地が使われるようになっています。 小宮氏は、江戸小紋の伝統を受け継ぐ染色家として、日本の伝統文化の発展に貢献しています。
芸能分野の人

能楽師「粟谷菊生」の人生と業績

粟谷菊生の生い立ちと能との出会い 粟谷菊生は、1946年、東京に生まれました。父親は、能楽師の粟谷菊夫、母親は、能楽師の粟谷菊地でした。菊生は、幼い頃から、両親の影響を受けて、能楽に親しみ、3歳の時に、初舞台を踏みました。 菊生は、東京芸術大学音楽学部邦楽科に進学し、能楽を専攻しました。大学卒業後は、能楽師として、活躍を始めました。1972年には、能楽協会の会員に認定され、1975年には、人間国宝に認定されました。 菊生は、能楽師として、活躍する一方で、能楽の普及にも努めてきました。1983年には、能楽鑑賞教室を開設し、初心者にも、能楽の魅力を伝えています。また、海外公演にも積極的に参加し、世界各国に、能楽を広めてきました。 菊生は、能楽界を代表する名匠として、活躍を続けており、その業績は高く評価されています。
音楽分野の人

竹本綱大夫(8代) – 大正・昭和の浄瑠璃太夫

竹本綱大夫の生涯 竹本綱大夫(8代)は、1884年(明治17年)1月20日に、東京府芝区愛宕町(現在の東京都港区愛宕)に生まれました。本名は、新橋政治でした。父は、竹本綱寿太夫(7代)で、母は、竹本政太郎の娘でした。 綱大夫は、幼い頃から父に浄瑠璃を学び、1903年(明治36年)に、19歳で初舞台を踏みました。その後、各地を巡業して、実力をつけました。 1912年(大正元年)に、28歳で、竹本綱大夫を襲名しました。綱大夫は、その優れた歌唱力で、たちまち人気浄瑠璃太夫となりました。 1923年(大正12年)、関東大震災で、綱大夫の自宅が倒壊し、所蔵していた浄瑠璃関係の資料や楽譜を焼失してしまいます。 1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結し、日本の浄瑠璃界も復興に向かいました。綱大夫は、戦後も第一線で活躍を続け、1955年(昭和30年)には、重要無形文化財保持者に認定されました。 1963年(昭和38年)1月13日、綱大夫は、78歳で死去しました。綱大夫は、その優れた歌唱力で、浄瑠璃界に大きな功績を残した功労者です。
美術分野の人

城ノ口みゑ(1917-2003):伊勢型紙の糸入れ技法の継承者

伊勢型紙の伝統技法を継承した染織家、城ノ口みゑ 城ノ口みゑは、1917年に三重県伊勢市で生まれ、2003年に亡くなった染織家です。伊勢型紙の糸入れ技法を継承し、その優れた作品で知られています。 城ノ口みゑは、幼い頃から伊勢型紙に触れ、その美しさに魅了されます。15歳の時に、伊勢型紙の糸入れ技法を学ぶために、伊勢型紙の老舗である「伊勢型紙研究所」に入所しました。 城ノ口みゑは、伊勢型紙研究所で、伊勢型紙の伝統技法である「糸入れ」「模様付け」「捺染」などの技術を学びました。また、伊勢型紙の歴史や文化についても学び、伊勢型紙の魅力を深く理解しました。 城ノ口みゑは、伊勢型紙研究所を卒業した後、独立して伊勢型紙作家として活動を始めました。城ノ口みゑの作品は、伝統的な伊勢型紙の技法をベースにしながらも、斬新なデザインや構図を取り入れたもので、多くの人の注目を集めました。 城ノ口みゑの作品は、国内外で高く評価され、数多くの賞を受賞しています。また、城ノ口みゑは、伊勢型紙の伝統技法を後世に伝えるために、後進の育成にも力を入れていました。 城ノ口みゑは、2003年に86歳で亡くなりましたが、その作品は今もなお多くの人々に愛され続けています。城ノ口みゑは、伊勢型紙の伝統技法を継承し、その美しさを世界に発信した偉大な染織家です。
美術分野の人

田村耕一-珠玉の陶芸で魅了する昭和の巨匠

-富本憲吉に師事し、独自の作風を築く- 田村耕一は、富本憲吉に師事し、独自の作風を築いた陶芸家です。富本憲吉は、日本の陶芸界を代表する陶芸家で、その作品は国内外で高く評価されています。田村耕一は、富本憲吉のもとで陶芸の基礎を学び、その後、独自の作風を築き上げました。田村耕一の作品は、伝統的な技法を駆使して作られていますが、現代的な感覚も取り入れられています。田村耕一の作品は、国内外の美術館やギャラリーで展示されており、多くの陶芸愛好家から支持されています。 田村耕一は、1918年に、愛知県瀬戸市に生まれました。1940年に、富本憲吉の弟子となり、陶芸を学び始めました。1945年に、独立して陶芸家として活動を始めました。1950年に、日本工芸会に入会しました。1955年に、日本伝統工芸展で入選しました。1960年に、重要無形文化財保持者に認定されました。1965年に、日本芸術院会員に選出されました。2006年に、文化勲章を受章しました。2009年に、91歳で亡くなりました。 田村耕一の作品は、伝統的な技法を駆使して作られていますが、現代的な感覚も取り入れられています。田村耕一は、伝統的な技法を大切にしつつも、新しい表現に挑戦し続けました。田村耕一の作品は、国内外の美術館やギャラリーで展示されており、多くの陶芸愛好家から支持されています。 田村耕一の作品の特徴は、以下の通りです。 * 伝統的な技法を駆使して作られている * 現代的な感覚も取り入れられている * 独自の作風を築いている * 国内外の美術館やギャラリーで展示されている * 多くの陶芸愛好家から支持されている
美術分野の人

灰外達夫の

- 灰外達夫の軌跡 灰外達夫は、1920年に京都府京都市に生まれた。幼少期から絵を描くことが好きで、高校卒業後は京都市立美術大学に進学した。大学卒業後は京都で画家として活動を始め、1950年には第1回女流画家協会展に入選した。 1955年に、灰外はパリに留学した。パリでは、ピカソやマティスなどの作品に触れ、大きな影響を受けた。また、日本人画家の李禹煥や蔡國強とも親交を持った。 1960年に、灰外は帰国し、京都で再び画家として活動を開始した。1965年に、第1回現代美術展に入選し、その後は数多くの展覧会に出品した。また、1970年には、京都市立美術館で個展を開催した。 1975年に、灰外は京都から東京に移住した。東京では、銀座や新宿の画廊で個展を開催し、その作品は多くのコレクターに買い求められた。また、1980年には、東京国立近代美術館で個展を開催した。 灰外は、1990年に死去した。享年70歳。灰外の作品は、京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、横浜美術館など、多くの美術館に所蔵されている。また、海外の美術館にも所蔵されており、その作品は世界中で高い評価を受けている。 灰外は、日本を代表する画家の一人である。その作品は、力強くダイナミックな筆致と、独創的な構図が特徴的である。また、灰外の作品には、京都の風景や日本の伝統文化への深い愛着が表現されている。 灰外は、日本の美術界に大きな足跡を残した画家である。その作品は、今後も多くの人々に感動を与え続けることだろう。
美術分野の人

「前田竹房斎(2代)」

人間国宝となった竹工芸家,前田竹房斎(2代)とは 前田竹房斎(2代)は、1907年(明治40年)に京都府京都市に生まれ、1989年(平成元年)に亡くなった竹工芸家です。本名は前田与吾郎といい、竹房斎は代々の襲名名です。 前田竹房斎(2代)は、幼い頃から竹細工に興味を持ち、10代の頃に竹工芸家の初代前田竹房斎のもとで弟子入りしました。初代前田竹房斎は、竹工芸界の重鎮であり、その指導のもとで前田竹房斎(2代)は竹工芸の技術を学びました。 1930年(昭和5年)に初代前田竹房斎が亡くなった後、前田竹房斎(2代)が2代目を襲名しました。前田竹房斎(2代)は、初代前田竹房斎の遺志を継ぎ、竹工芸の伝統を守りながら、新しい作品を創作し続けました。 前田竹房斎(2代)の作品は、竹の自然な美しさを活かした繊細な細工が特徴です。花器、かご、茶道具など、様々な作品を制作しました。また、前田竹房斎(2代)は、竹工芸の技術を後世に伝えるために、多くの弟子を育てました。 1972年(昭和47年)には、前田竹房斎(2代)は人間国宝に認定されました。人間国宝は、日本の伝統工芸技術を保持し、その発展に貢献した人に与えられる栄誉ある賞です。前田竹房斎(2代)は、竹工芸の第一人者として、その功績を称えられました。 前田竹房斎(2代)は、1989年(平成元年)に82歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在でも多くの人々に愛され、竹工芸界に大きな影響を与えています。
芸能分野の人

野村万蔵(6代) – 狂言を広めた名能楽師

-野村万蔵(6代)の生い立ちと経歴- 野村万蔵(6代)は、1944年1月1日に東京都に生まれました。幼少期より野村万作(14世)に師事し、1964年に初舞台を踏みました。1973年に野村万蔵(5世)の跡を継ぎ、野村万蔵(6代)を襲名しました。 野村万蔵(6代)は、狂言界を代表する名能楽師として活躍しました。特に、狂言の演目を現代風にアレンジし、一般の人にも親しみやすいものにしたことで知られています。また、海外公演にも積極的に取り組み、狂言の普及に努めました。 野村万蔵(6代)は、1999年に紫綬褒章を受章し、2005年には人間国宝に認定されました。2010年に亡くなりましたが、その功績は現在もなお語り継がれています。 野村万蔵(6代)は、狂言を広めた功績が認められ、2010年に文化功労者に選ばれました。 野村万蔵(6代)の死後、跡を継いだのは野村万之介(7世)です。野村万之介(7世)は、1977年1月27日に東京都に生まれ、2000年に初舞台を踏みました。2013年に野村万蔵(6代)の跡を継ぎ、野村万之介(7世)を襲名しました。 野村万之介(7世)は、野村万蔵(6代)の遺志を引き継ぎ、狂言の普及に努めています。海外公演にも積極的に取り組み、狂言の魅力を世界に発信しています。 野村万蔵(6代)と野村万之介(7世)は、狂言界の宝ともいえる偉大な能楽師です。彼らの功績は、今後も語り継がれていくことでしょう。
美術分野の人

日本の染織家 北村武資→ 人間国宝に認定された卓越した芸術家

-上代織の伝統技法を体得した職人- 北村武資氏は、上代織の伝統技法を体得した職人として、国の重要無形文化財「上代錦織」保持者に認定されました。上代織とは、古代から伝わる織物の技法であり、その特徴は、経糸と緯糸を交差させて模様を織り出すというものです。北村氏は、この技法を独学で学び、その卓越した技術で、数々の賞を受賞しています。 北村氏は、1935年に石川県に生まれました。幼い頃から織物が好きで、高校卒業後は、地元の織物工場に就職しました。そこで、上代織の伝統技法を学び、次第にその魅力に惹かれていきました。 その後、北村氏は独立して、自分の工房を構えました。そして、上代織の技術をさらに磨き上げ、数々の作品を発表しました。その作品は、国内だけでなく、海外でも高く評価され、数多くの賞を受賞しています。 北村氏の作品は、上代織の伝統的な技法を基にしておりながら、現代的な感覚も取り入れられています。そのため、若い人にも人気が高く、北村氏の作品を求めて、工房を訪れる人が絶えません。 北村氏は、上代織の伝統技法を後世に継承することを使命としており、積極的に指導を行っています。また、上代織の普及活動にも力を入れており、講演会や展示会を開催しています。北村氏の活動は、上代織の伝統技法を維持し、発展させることに大きく貢献しています。
美術分野の人

宮平初子 – 沖縄県出身の染織家

首里織物の伝統を継承した人間国宝 宮平初子さんは、沖縄県出身の染織家で、首里織物の伝統を継承した人間国宝です。1922年に沖縄県首里市に生まれ、幼い頃から首里織物の技術を学びました。1939年に首里高等女学校を卒業後、沖縄県立芸術大学の前身である沖縄師範学校女子部に入学し、染織を専攻しました。1943年に卒業後、沖縄県営首里織物研究所に就職し、首里織物の研究と制作に努めました。 1950年に沖縄県営首里織物研究所が解散した後、宮平さんは自宅で首里織物の制作を続け、1955年に沖縄県指定無形文化財保持者に認定されました。1965年には、首里織物の伝統を継承した功績が認められ、人間国宝に認定されました。宮平さんは、首里織物の伝統を後世に伝えるために、首里織物の技術指導や講演活動にも積極的に取り組みました。1992年に沖縄県那覇市で死去しました。 宮平さんは、首里織物の伝統を継承した功績が認められ、1965年に人間国宝に認定されました。宮平さんは、首里織物の伝統を後世に伝えるために、首里織物の技術指導や講演活動にも積極的に取り組みました。1992年に沖縄県那覇市で死去しました。 宮平さんの作品は、沖縄県内の美術館や博物館に収蔵されています。また、宮平さんの作品は、海外の美術館や博物館でも展示されています。宮平さんの作品は、首里織物の伝統を継承した貴重な作品として、高く評価されています。 宮平さんの人間国宝認定は、沖縄県の伝統工芸である首里織物の重要性を広く知らしめることになりました。また、宮平さんの作品は、海外の美術館や博物館でも展示され、日本文化の素晴らしさを世界に発信する一翼を担いました。宮平さんは、沖縄県の伝統工芸である首里織物の発展に大きく貢献した功績者です。