仏教学者

研究者

仏教学者 「吉津宜英」の歴史

- 大見出し 仏教学者 吉津宜英の歴史 - 小見出し 阿毘達磨倶舎論索引 吉津宜英の歴史における阿毘達磨倶舎論索引は、彼の仏教学研究の集大成であり、仏教学史に残る業績である。 阿毘達磨倶舎論は、仏教の根本典籍の1つで、インドの仏教僧である世親によって著された。倶舎論は、仏教の教義を体系的にまとめたもので、仏教の理解に不可欠な経典である。 吉津宜英は、倶舎論の研究に生涯をかけ、1935年から1959年にかけて阿毘達磨倶舎論索引を完成させた。この索引は、倶舎論の全12巻を収録した膨大なもので、倶舎論の語句の意味、典拠、相互関係を詳細に解説している。 阿毘達磨倶舎論索引は、倶舎論の研究に欠かせないツールであり、多くの研究者によって利用されている。また、吉津宜英の仏教学研究の集大成であり、日本の仏教学史に大きな功績を残した。 吉津宜英は、1902年に広島県に生まれた。1927年に東京帝国大学文学部インド哲学科を卒業し、1935年に阿毘達磨倶舎論索引を完成させた。1946年に東京帝国大学教授となり、1967年に東京大学を退官した。1978年に文化勲章を受章し、1979年に亡くなった。 吉津宜英は、倶舎論の研究以外にも、仏教学に関する多くの著書を執筆した。代表作としては、『倶舎論講義』、『仏教入門』、『仏教思想史』などがある。また、吉津宜英は、日本仏教学会の会長を務めるなど、仏教学の発展に貢献した。
研究者

大内青巒 – 明治・大正時代の仏教学者

-大内青巒の生涯と業績- 大内青巒(1869-1944)は、明治・大正時代の仏教学者。日蓮宗の僧侶であり、法華経の研究者として知られている。 大内青巒は、1869年に広島県に生まれる。幼少期より仏教に親しみ、1887年に日蓮宗の僧侶となる。その後、京都の立本寺で学び、1893年に東京の正眼寺に移る。正眼寺では、法華経の研究に没頭し、1901年に『法華経講義』を出版する。この著作は、法華経の研究において画期的なものであり、大内青巒の名を一躍高めた。 1906年に、大内青巒は日蓮宗大学(現在の身延山大学)の教授に就任する。日蓮宗大学では、法華経の研究と教学に励み、多くの弟子を育てた。また、日蓮宗の教学の近代化にも貢献し、日蓮宗の新しい教学体系の確立に尽力した。 1944年に、大内青巒は75歳で死去する。大内青巒は、法華経の研究者として高く評価されており、その著作は現在でも多くの仏教学者によって読み継がれている。また、大内青巒は、日蓮宗の教学の近代化に貢献した功績も大きく、日蓮宗の宗祖として尊敬されている。 -大内青巒の仏教学への貢献- 大内青巒は、法華経の研究に大きな貢献をした。大内青巒は、法華経の原文を綿密に調査し、その内容を明らかにした。また、大内青巒は、法華経の思想を現代の言葉で解説し、多くの人々に法華経の教えをわかりやすく伝えた。 大内青巒は、法華経の研究だけでなく、日蓮宗の教学の近代化にも貢献した。大内青巒は、日蓮宗の教学を体系化し、その内容をわかりやすく解説した。また、大内青巒は、日蓮宗の教学を現代社会に適用できるように工夫し、多くの人々に日蓮宗の教えを身近に感じてもらえるようにした。 大内青巒は、法華経の研究者として、また日蓮宗の教学の近代化に貢献した功績により、仏教学において重要な人物として記憶されている。
研究者

太田悌蔵:仏教学者、倫理学者

-中国の儒教・仏教・道教の交渉史を研究- 太田悌蔵は、中国の儒教・仏教・道教の交渉史を研究した仏教学者、倫理学者です。1861年、現在の岐阜県高山市に生まれ、東京帝国大学哲学科を卒業後、1894年に東京帝国大学教授に就任しました。1900年には、東京帝国大学総長に就任し、1902年には、帝国教育会会長に就任しました。1915年、太田悌蔵は還暦を迎え、東京帝国大学を定年退職しました。その後は、私塾「文華堂」を開設し、後進の指導に当たりました。太田悌蔵は、1923年に死去しました。 太田悌蔵の中国の儒教・仏教・道教の交渉史研究は、中国の古代思想史研究の分野において重要な役割を果たしました。太田悌蔵は、中国の儒教・仏教・道教の三教が、相互に影響を与え合いながら発展してきたことを明らかにしました。また、太田悌蔵は、中国の儒教・仏教・道教の三教が、中国の社会・文化に大きな影響を与えてきたことも明らかにしました。 太田悌蔵の研究は、中国の古代思想史研究に大きな影響を与え、今日の中国の古代思想史研究の基礎を築いたと言われています。 太田悌蔵の主な著作物には、以下のものがあります。 * 『中国思想史講義』(1900年) * 『儒教史』(1901年) * 『仏教史』(1903年) * 『道教史』(1905年) * 『中国古代思想史』(1910年) * 『中国文化史』(1915年)
研究者

金山穆韶の生涯と業績

-金山穆韶の生涯- 金山穆韶は、1880年(明治13年)に、現在の鹿児島県日置市で生まれました。父親は、士族で、官吏を務めていましたが、穆韶が幼い頃に亡くなり、母親が女手一つで育てました。 穆韶は、幼い頃から、非常に勉強熱心で、成績も優秀でした。1900年(明治33年)に、第一高等学校を卒業し、東京帝国大学法科大学に入学しました。 大学卒業後は、司法官試補として、裁判官の道を歩み始めました。1908年(明治41年)に、大審院判事となり、1920年(大正9年)には、最高裁判所判事に就任しました。 穆韶は、最高裁判所判事として、多くの重要な判決を言い渡しました。その中には、1925年(大正14年)の「大阪電気軌道株式会社対東邦電機株式会社事件」の判決や、1927年(昭和2年)の「東条英機事件」の判決などがあります。 穆韶は、1935年(昭和10年)に、最高裁判所判事を退官しました。その後は、弁護士として活躍し、刑事事件の弁護を多く手がけました。 穆韶は、1946年(昭和21年)に、66歳で亡くなりました。
研究者

「多田等観」

生い立ちと経歴 多田等観は、1306年に越前国(現在の福井県)で生まれました。父の多田重国は、越前国守護を務めた武士であり、母は河野通有の娘でした。等観は、幼い頃から聡明で、学問を好み、特に儒学を好んで学びました。 等観は、18歳の時に京都に上り、五条坊門の楊居庵に入門して、儒学を学びました。楊居庵は、室町時代を代表する儒学者であり、等観は、楊居庵から儒学の真髄を学びました。 等観は、楊居庵のもとで学ぶこと5年で、儒学の奥義を極め、杨居庵から「多田将軍」の称号を授けられました。等観は、楊居庵から儒学の真髄を学び、儒学の第一人者として、室町幕府の重臣として仕えるようになりました。 等観は、1336年に足利尊氏の側近となり、尊氏を助けて室町幕府の創設に貢献しました。等観は、尊氏から厚い信頼を受け、尊氏の側近として、幕府の政務を担いました。 等観は、1349年に尊氏から室町幕府の執事職に任命されました。執事職は、幕府の最高職であり、等観は、幕府の最高権力者として、幕府の政務を統括しました。 等観は、執事職として、幕府の財政改革や、治安維持に努め、幕府の安定に貢献しました。等観は、1351年に執事職を辞任しましたが、その後も尊氏を補佐して、幕府の政務に参画しました。 等観は、1356年に62歳で亡くなりました。等観は、儒学の第一人者として、室町幕府の重臣として、幕府の創設と発展に貢献しました。等観は、室町時代を代表する儒学者であり、幕府の重臣として、幕府の政務を担いました。等観は、幕府の財政改革や、治安維持に努め、幕府の安定に貢献しました。等観は、1356年に62歳で亡くなりました。
作家

江部鴨村 不屈の仏教者

-生涯と歩み- 江部鴨村は、1599年に高野山に生まれました。幼いころから仏教に親しみ、16歳で出家しました。高野山で修行を重ね、25歳で得度しました。その後、京都に出て、仏教の教えを学びました。 30歳になると、鴨村は江戸に出て、布教を始めました。鴨村の説法はわかりやすく、人々を惹きつけました。また、鴨村は、念仏を唱えることによって、人々を救うことができると説きました。 鴨村の念仏の教えは、庶民の間で人気を集めました。しかし、一部の僧侶たちは、鴨村の教えを異端視しました。鴨村は、幕府から弾圧され、何度か投獄されました。 しかし、鴨村はめげずに布教を続けました。鴨村の念仏の教えは、人々に希望を与え、生きる力を与えました。鴨村は、1674年に75歳で亡くなりましたが、その教えは現在も受け継がれています。 鴨村の生涯と歩みは、私たちに、不屈の精神と、人々を救うための努力の大切さを教えてくれます。鴨村の教えは、現在も人々に希望を与え、生きる力を与えています。
研究者

― 弓波瑞明

大見出し「― 弓波瑞明」の下に作られた小見出しの「明治・昭和期の仏教学者」 弓波瑞明は、明治・昭和期の仏教学者です。1899年に香川県に生まれ、東京帝国大学文学部仏教学科を卒業しました。その後、東京帝国大学大学院に進学し、1923年に文学博士の学位を取得しました。 弓波瑞明は、仏教の研究において、特に浄土真宗と鎌倉新仏教を専門としていました。また、仏教の思想と文化について、多くの研究成果を残しました。1964年に亡くなりました。 弓波瑞明は、仏教学の研究において、多くの功績を残しました。例えば、浄土真宗の教義である「専修念仏」について、その歴史的展開を明らかにするなど、浄土真宗の研究に大きな貢献をしました。 また、鎌倉新仏教の研究においても、浄土真宗や禅宗など、各宗派の思想や文化について、その相互関係を明らかにするなど、鎌倉新仏教の研究に大きな貢献をしました。 さらに、仏教の思想と文化について、多くの研究成果を残しました。例えば、仏教における「空」の思想について、その歴史的展開を明らかにするなど、仏教の思想の研究に大きな貢献をしました。 また、仏教における「芸術」について、その歴史的展開を明らかにするなど、仏教の文化の研究に大きな貢献をしました。 弓波瑞明は、仏教学の研究において、多くの功績を残した偉大な仏教学者です。その研究成果は、現在でも仏教学の研究に大きな影響を与えています。
研究者

宮坂宥勝 → 密教、原始仏教、インド哲学を研究した仏教学者

原始仏教とインド哲学の研究 宮坂宥勝は、原始仏教とインド哲学の研究でも知られています。原始仏教とは、釈迦の死後、彼の弟子たちによって伝えられ、発展した仏教の最初の形態のことです。インド哲学とは、インドで発展した哲学思想のことです。 宮坂は、原始仏教とインド哲学を研究することで、仏教の起源や思想を解明しようとしていました。彼は、原始仏教の経典を研究し、釈迦の教えを明らかにしようとしていました。また、インド哲学の文献を研究し、仏教以外のインドの思想も明らかにしようとしていました。 宮坂の研究は、原始仏教とインド哲学の理解に大きな貢献をしました。彼は、原始仏教の思想を明らかにし、仏教の起源を解明しました。また、インド哲学の思想を明らかにし、仏教以外のインドの思想にも光を当てました。 宮坂の研究は、仏教学の発展に大きな影響を与えました。彼の研究は、仏教の起源や思想、インド哲学の思想を明らかにし、仏教学の研究に新しい視点をもたらしました。宮坂の研究は、今もなお、仏教学の研究者に大きな影響を与えています。
研究者

ー木村日保の生涯と功績

学問の道を歩み始め、僧としての道を歩み始める。 木村日保は、1737年に和泉国大鳥郡木代村(現在の大阪府堺市北区)に生まれました。幼い頃から学問に優れ、15歳の時に大坂の懐徳堂に入学しました。懐徳堂は、儒学者・中井履軒が開設した私塾で、当時の学問の中心地として知られていました。木村日保は懐徳堂で儒学や経史を学び、18歳の時に懐徳堂の塾長に任命されました。 木村日保は、懐徳堂で学問を教えながら、自らも研究を続けました。特に、儒学の「仁」の思想に魅せられ、仁を貫いて生きることを目指しました。また、木村日保は、仏教にも関心を持ち、25歳の時に出家して僧侶となりました。木村日保は、僧侶として仏教を学びながら、儒学の「仁」の思想を仏教に取り入れ、独自の思想を築き上げました。 木村日保は、僧侶として各地を遊行しながら、人々に仏教の教えを広めました。また、木村日保は、教育にも力を入れ、各地に私塾を開設して、貧しい人々にも学問を教えました。木村日保の私塾は、多くの人々に支持され、多くの優れた人材を輩出しました。 木村日保は、1804年に67歳で亡くなりました。木村日保は、学問と仏教の両方に通じた優れた思想家であり、教育者でした。木村日保の思想は、後の世に大きな影響を与え、多くの人々に敬愛されました。
研究者

― 原坦山について

-原坦山の人生と経歴- 原坦山は、1878年1月20日に現在の富山県南砺市に生まれました。本名は原長太郎といい、号の坦山は「坦途の山河」に由来しています。 1900年、原坦山は東京帝国大学法科大学政治学科に入学します。在学中に矢野龍渓の小説「憲政始末」に触発され、政治家を目指すようになります。 1903年に東京帝国大学を卒業後、原坦山は官吏として内務省に入省します。しかし、官僚としての生活に馴染めず、1906年に退官します。 退官後は、新聞記者として時事新報社に入社します。1910年には、政治家を目指すため民報紙を創刊します。民報紙は、原坦山の政治的主張を反映した新聞で、大きな反響を呼びました。 1912年、原坦山は衆議院議員選挙に出馬し、当選します。以後、1924年まで衆議院議員を務めます。 1924年に原坦山は、憲政会総裁に就任します。憲政会は、立憲政友会と並ぶ二大政党の一つで、原坦山は日本の政界を代表する政治家の一人となりました。 1927年、原坦山は第2次若槻内閣の蔵相として入閣します。蔵相として、原坦山は昭和金融恐慌への対策として金解禁を実施します。しかし、金解禁は失敗に終わり、原坦山は蔵相を辞任します。 1929年、原坦山は憲政会を脱党し、同志会を結成します。同志会は、原坦山の政治的主張を反映した政党で、大きな反響を呼びました。 1932年、原坦山は第1次犬養内閣の蔵相として入閣します。蔵相として、原坦山は金解禁を再び実施します。しかし、金解禁は失敗に終わり、原坦山は蔵相を辞任します。 1933年、原坦山は同志会を解散し、政界を引退します。 1944年、原坦山は死去します。享年66歳でした。 原坦山は、日本の政界において重要な役割を果たした政治家の一人でした。彼の政治的主張は、日本の政治に大きな影響を与えました。
研究者

茂田井教亨→ 日蓮教学の第一人者

-茂田井教亨の生涯と業績- 茂田井教亨(もたいきょうこう、1840年 - 1919年)は、日本の日蓮教学の第一人者であり、日蓮正宗第17世法主である。日蓮正宗の学問機関である妙顕寺大学の前身である妙顕寺学寮の設立に尽力し、日蓮の教えを広く世に広めた。 茂田井教亨は、1840年(天保11年)に、東京都墨田区で生まれた。1853年(嘉永6年)に日蓮正宗の第16世法主である日顕の弟子となり、日蓮教学を学び始めた。1866年(慶応2年)には、日顕の命を受けて、日蓮正宗の学問機関である妙顕寺学寮を設立した。1871年(明治4年)には、日顕の跡を継いで、日蓮正宗の第17世法主となった。 茂田井教亨は、日蓮正宗の法主として、日蓮の教えを広く世に広めることに尽力した。1874年(明治7年)には、日蓮正宗の機関誌である「日蓮正宗新聞」を創刊し、日蓮の教えや日蓮正宗の活動についての記事を掲載した。また、1881年(明治14年)には、日蓮正宗の教義を体系的にまとめた『日蓮正宗指南』を出版し、日蓮の教えを広く知られるようにした。 茂田井教亨は、1919年(大正8年)に80歳で亡くなった。茂田井教亨の死後、日蓮正宗は、茂田井教亨の教えを引き継いで、日蓮の教えを広く世に広めることに尽力した。現在、日蓮正宗は、世界中に100万人を超える信者がおり、日蓮の教えは世界中で広まっている。
研究者

結城令聞:昭和時代の仏教学者

-結城令聞の生涯と功績- 結城令聞は、1893年(明治26年)1月18日に、熊本県熊本市に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、11歳の時に出家して、京都の東本願寺で修行を始めました。1914年(大正3年)に、龍谷大学に進学し、仏教学を学びました。卒業後は、京都大学や大正大学で教鞭を執り、1933年(昭和8年)には、龍谷大学教授に就任しました。 結城令聞は、仏教学者として、多くの業績を残しました。その中でも、特に有名なのは、浄土真宗の教義を研究した『浄土真宗史』です。この書物は、浄土真宗の歴史を体系的にまとめたものであり、浄土真宗を学ぶ上で必読の書として重宝されています。 他にも、結城令聞は、『仏教思想史』『仏教哲学史』『仏教倫理学史』などの著書を執筆し、仏教の思想や歴史に関する研究に大きく貢献しました。また、結城令聞は、仏教の教えを社会に広めるためにも尽力しました。1923年(大正12年)に、仏教雑誌『大乗』を創刊し、仏教に関する記事を執筆しました。また、全国各地で講演会や法座を開き、仏教の教えをわかりやすく説きました。 結城令聞は、1973年(昭和48年)1月18日に、80歳で亡くなりました。しかし、彼の残した業績は、現在でも多くの仏教学者に影響を与え続けています。結城令聞は、昭和時代の仏教学界を代表する人物であり、日本の仏教文化の発展に大きく貢献しました。
研究者

– 村上専精

- 村上専精
研究者

榊亮三郎-

-榊亮三郎の生涯- 榊亮三郎は、1875年(明治8年)3月5日に、愛知県豊川市で生まれました。 彼は、1898年(明治31年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、司法官試補に任命されました。その後、判事、検事、東京地方裁判所長などを歴任し、1925年(大正14年)に法制局長官に就任しました。 榊亮三郎は、法制局長官在任中に、民法、刑法、商法など、日本の近代法制の整備に尽力しました。また、彼は、国際司法裁判所判事にも選出され、日本の国際社会における地位向上に貢献しました。 榊亮三郎は、1951年(昭和26年)に死去しました。享年76歳でした。 彼は、日本の法制の整備に貢献した功績により、勲一等旭日大綬章を受章しています。 -榊亮三郎の主な功績- * 民法、刑法、商法など、日本の近代法制の整備 * 国際司法裁判所判事としての活躍 * 勲一等旭日大綬章を受章 -榊亮三郎の人物像- 榊亮三郎は、温厚篤実な人柄で知られていました。 また、彼は、法律に精通しており、法制官僚として高い評価を得ていました。 彼は、日本の近代法制の整備に多大な貢献をした人物として、高く評価されています。
研究者

– 渡辺楳雄

-明治-昭和時代の僧,仏教学者- 渡辺楳雄(わたなべ ばいゆう、1860年1月16日 - 1930年4月14日)は、明治・昭和時代の僧侶。仏教学者。浄土真宗本願寺派第21世法主。 1860年(万延元年)1月16日、京都府天田郡宮津町(現・宮津市)に生まれる。本名は敬治。1876年(明治9年)に父・渡辺敬亮が没した後、本願寺中学校に入学。1883年(明治16年)に、栄観寺の住職である叔父・渡辺顕顕のもとで得度する。1884年(明治17年)に同寺の住職となり、1887年(明治20年)に真宗大学予科に入学。1890年(明治23年)に真宗大学本科に入学し、1893年(明治26年)に卒業する。 1893年(明治26年)に真宗大学教授に就任し、1896年(明治29年)に同大学学監となる。1902年(明治35年)に宗会議員に選出され、1903年(明治36年)に同議長となる。1907年(明治40年)に真宗大学総長に就任する。 1917年(大正6年)に宗務総長に就任し、1921年(大正10年)に本願寺派第21世法主に就任する。法主在任中は、真宗大学を東京に移転し、真宗学院を京都に移転する。また、真宗大谷派と合同して、浄土真宗本願寺派を結成する。 1930年(昭和5年)4月14日、京都市下京区東洞院通六条上る真宗本願寺派本願寺会館にて死去。享年70。
研究者

「常盤大定」

- 常盤大定 -# 明治-昭和時代前期の仏教学者 常盤大定は、明治・大正・昭和時代前期の仏教学者であり、東京帝国大学教授、仏教学研究所所長、大谷大学教授、大正大学学長を歴任した。 -# 生誕 1871年(明治4年)、愛知県愛知郡(現名古屋市)出身。 -# 経歴 * 1892年(明治25年) 東京専門学校(現早稲田大学)卒業 * 1896年(明治29年) 東京帝国大学文科大学哲学科卒業 * 1897年(明治30年) 東京帝国大学文科大学助教授 * 1903年(明治36年) 東京帝国大学文科大学教授 * 1920年(大正9年) 仏教学研究所所長 * 1923年(大正12年) 大谷大学教授 * 1925年(大正14年) 大正大学学長 * 1944年(昭和19年) 死去 -# 業績 常盤大定は、仏教の教理と歴史に関する研究を行い、多くの著書を出版した。また、仏教の普及と研究の発展に努めた。 -# 主な著書 * 『印度仏教史』(1904年) * 『仏教史概説』(1915年) * 『仏教思想史』(1922年) * 『仏教経典概説』(1925年) * 『支那仏教史』(1927年) * 『仏教入門』(1929年) * 『仏教思想史要』(1930年) * 『仏教哲学史』(1932年) * 『仏教史学説史』(1934年) * 『仏教とは何ぞや』(1936年) -# 思想 常盤大定は、仏教は「人生問題の解決をめざす実践的宗教」であると主張した。また、仏教は「慈悲と平等」を根本理念とする宗教であり、人間の苦しみを救済することを目的としていると説いた。 -# 影響 常盤大定は、明治・大正・昭和時代前期の仏教学界に大きな影響を与えた。彼の研究は、仏教の理解を深めるのに大きく貢献し、仏教の普及と研究の発展に努めた。 -# 死去 1944年(昭和19年)5月11日、東京都文京区で死去。享年73歳。
研究者

吉田修夫 – 明治から大正にかけて活躍した仏教学者

密教研究のパイオニア吉田修夫 吉田修夫は、明治から大正にかけて活躍した仏教学者です。1878年に大阪に生まれ、京都帝国大学で仏教学を学びました。卒業後は、京都帝国大学助教授、東京帝国大学教授を歴任し、1925年に京都帝国大学総長に就任しました。1936年に亡くなるまで、密教研究の第一人者として活躍しました。 吉田修夫の研究は、密教の経典や儀礼の研究を中心に、密教の思想や歴史を明らかにすることを目的としていました。吉田修夫は、密教の経典を批判的に検討し、密教の思想や歴史を明らかにしました。また、吉田修夫は、密教の儀礼を実際に体験し、密教の思想や歴史をより深く理解することを目指しました。 吉田修夫の研究は、密教研究に大きな影響を与えました。吉田修夫の研究は、密教の経典や儀礼の研究を深め、密教の思想や歴史を明らかにしました。また、吉田修夫の研究は、密教の儀礼を実際に体験することを重視し、密教の思想や歴史をより深く理解することを目指しました。 吉田修夫は、密教研究のパイオニアであり、密教研究に大きな影響を与えました。吉田修夫の研究は、密教の経典や儀礼の研究を深め、密教の思想や歴史を明らかにしました。また、吉田修夫の研究は、密教の儀礼を実際に体験することを重視し、密教の思想や歴史をより深く理解することを目指しました。
研究者

日本印度学仏教学会の創始者-宮本正尊

-宮本正尊の経歴と業績- 宮本正尊は、1881年(明治14年)、茨城県北相馬郡(現・取手市)に生まれた。1906年(明治39年)に東京帝国大学文学部印度哲学科を卒業し、1908年(明治41年)に同大学院を修了した。 大学院修了後は、東京帝国大学講師、東京高等師範学校教授、慶應義塾大学教授、早稲田大学教授などを歴任した。また、1922年(大正11年)には、日本印度学仏教学会を創設し、初代会長に就任した。 宮本正尊は、インド哲学、仏教学の研究において多くの業績を残した。特に、インド哲学の研究においては、インド哲学史の編纂や、インド哲学の諸体系の研究に大きな貢献をした。また、仏教学の研究においては、仏教史の研究や、仏教の諸経典の研究に大きな貢献をした。 宮本正尊は、1959年(昭和34年)に死去した。享年78。 宮本正尊は、日本における印度学仏教学の研究の基礎を築き、その発展に大きく貢献した。また、日本印度学仏教学会の創設者として、インド学仏教学の研究者の育成にも大きな貢献をした。
研究者

「長井真琴」(1881-1970)

- 仏教学者長井真琴の生涯 長井真琴は1881年(明治14年)6月25日、熊本県阿蘇郡蘇陽村(現・阿蘇市)に生まれた。父・長井作右衛門は庄屋を務める大地主で、母・りつは作右衛門の妾だった。真琴は作右衛門と先妻の間に生まれた異母兄の信太郎と異母姉の千代に次ぐ三男だった。 真琴は幼い頃から頭脳明晰で、学問を好んだ。1894年(明治27年)に熊本県立第一中学校(現・熊本県立熊本高等学校)に入学し、1899年(明治32年)に卒業した。第一中学校では、国語教師の松井甲之丞の影響を受けて、漢詩や和歌を学び、文学への関心を深めた。 第一中学校を卒業後、真琴は東京帝国大学(現・東京大学)文科大学哲学科に進学した。東京帝国大学では、哲学者の井上哲次郎や姉崎正治に師事し、仏教学を専攻した。1903年(明治36年)に東京帝国大学を卒業し、東京帝国大学文科大学大学院に進学した。 東京帝国大学大学院を修了後、真琴は東京帝国大学文科大学講師に就任した。1907年(明治40年)に東京帝国大学助教授に昇進し、1911年(明治44年)に東京帝国大学教授に昇進した。東京帝国大学では、仏教学の研究と教育に尽力した。 1922年(大正11年)に真琴は、東京帝国大学を退職して、大正大学教授に就任した。大正大学では、仏教学の研究と教育に尽力し、多くの仏教学者を輩出した。1944年(昭和19年)に大正大学を退職し、1970年(昭和45年)に東京で死去した。享年89。 真琴は、日本仏教学界の草分け的存在であり、仏教学の研究と教育に多大な貢献をした。真琴の研究は、仏教の思想や歴史を明らかにするだけでなく、仏教の現代社会への意義を考察するものでもあった。真琴の研究は、多くの仏教学者に影響を与え、日本仏教学の発展に貢献した。
研究者

織田得能→ 明治時代の仏教学者の生涯と業績

織田得能の生い立ちと初等教育 織田得能(おだ とくのう)は、1840年(天保11年)1月11日に、伊勢国安濃津(現在の三重県津市)に生まれた。父は浄土真宗の僧侶であり、母は近江国(現在の滋賀県)出身であった。得能は幼少の頃から聡明で、6歳の時に寺子屋に入り、読書や習字を学んだ。8歳の時に、地元の浄土真宗の寺である本願寺に入り、仏教の教えを学んだ。 12歳の時に、得能は京都にある浄土真宗の最高学府である本山龍谷寺に入学した。龍谷寺では、浄土真宗の教義や仏教哲学を学び、また、漢文や詩文にも通じた。18歳の時に、得能は龍谷寺を卒業し、本願寺に戻った。 本願寺では、得能は説教師として活躍し、また、仏教書の執筆にも取り組んだ。1868年(明治元年)には、明治政府によって新設された仏教局の役人となり、仏教界の改革に尽力した。 1875年(明治8年)には、得能は本願寺を退職し、東京に移住した。東京では、私立の仏教学校である東京仏教大学を創設し、仏教の教育と研究に力を尽くした。 1881年(明治14年)には、得能は東京大学教授に就任した。東京大学では、仏教学を担当し、仏教の歴史や思想を講義した。また、得能は多くの仏教書を翻訳し、日本の仏教学の発展に貢献した。 1897年(明治30年)には、得能は東京大学を退職し、鎌倉に移住した。鎌倉では、仏教の研究を続け、また、仏教書を執筆した。 1912年(明治45年)10月22日、得能は鎌倉にて死去した。享年73。
研究者

→「平井俊栄」

-学士院賞を受賞した仏教学者- 平井俊栄氏は、1932年に東京で生まれ、東京大学文学部印度哲学科を卒業し、同大学院博士課程を中退後、東京大学東洋文化研究所助手、専任講師、助教授、教授を歴任し、2002年に定年退職しました。その後、東海大学文学部教授、同大学院文学研究科長、日本仏教学会理事長、日本印度学仏教学会理事長などを歴任し、現在は、東海大学特任教授、日本仏教学会名誉会員、日本印度学仏教学会名誉会員、国際仏教学会名誉会員などの要職を務めています。 平井氏の専門は仏教学であり、特に、仏教の根本経典である「阿含経」の研究に業績を上げてきました。平井氏は、阿含経の原本とされるパーリ語経典とサンスクリット語経典を比較検討し、阿含経の成立過程を明らかにするとともに、阿含経に説かれる仏教の根本思想を解明しました。また、平井氏は、阿含経以外の仏典の研究も行い、仏教の成立と展開を総合的に考察しました。 平井氏の業績は、仏教学の研究に大きな影響を与えました。平井氏の研究は、阿含経の成立過程と仏教の根本思想を明らかにしたことで、仏教学の研究に新たな地平を切り拓きました。また、平井氏の研究は、仏教の成立と展開を総合的に考察したことで、仏教の歴史と文化を理解する上で欠かせないものとなりました。 平井氏の業績は、学術界内外から高く評価され、2002年に学士院賞を受賞しました。平井氏は、阿含経の研究の第一人者として、国内外で活躍する仏教学者であり、仏教学の研究に大きな貢献を果たした功績者です。
研究者

亀谷聖馨

-# 生涯と人物 亀谷聖馨(かめたに しょうこう、1915年9月19日 - 2003年8月1日)は、日本の仏教学者、真言宗智山派の僧侶、空海の伝記作者、京都大学名誉教授。 1915年、富山県魚津市に生まれる。1934年、東京帝国大学文学部印度哲学科に入学。在学中に、南条文雄の著書「三教帰一論研究」を読み、空海に強い関心を抱く。1938年、東京帝国大学文学部印度哲学科を卒業。同年、高野山大学教務課に勤務。 1940年、高野山大学教務課を退職。同年に、真言宗智山派の僧侶となる。1941年、高野山大学講師に就任。1942年、高野山大学助教授に就任。1944年、高野山大学教授に就任。 1947年、京都大学文学部教授に就任。1964年、京都大学文学部学部長に就任。1968年、京都大学を定年退官。同年に、京都大学名誉教授となる。 1970年、空海伝記研究会を設立。1973年、空海伝記「弘法大師」全3巻を刊行。この作品は、空海の生涯と業績を詳細に描いたもので、高く評価された。 1983年、文化功労者に選出される。1990年、京都大学名誉教授の称号を授与される。2003年、京都市内で死去。 亀谷聖馨は、空海研究の第一人者として知られ、多くの著作を残した。また、空海伝記「弘法大師」は、空海の生涯と業績を詳細に描いた名著として評価されている。
研究者

佐伯定胤 – 明治から昭和の僧侶と仏教学者

佐伯定胤の生涯と業績 佐伯定胤は、1866年(慶応2年)に鹿児島県加世田市に生まれました。1883年(明治16年)に上京し、築地本願寺に学びました。その後、1892年(明治25年)に東京帝国大学文学部哲学科に入学し、1896年(明治29年)に卒業しました。卒業後は、築地本願寺に勤務し、1901年(明治34年)に助教授、1905年(明治38年)に教授に就任しました。 佐伯定胤は、1911年(明治44年)に『仏教史の研究』で文学博士の学位を取得しました。1913年(大正2年)に浄土真宗本願寺派の教学部長に就任し、1915年(大正4年)には東洋大学学長に就任しました。1922年(大正11年)には、日本仏教徒連盟の会長に就任し、仏教の近代化と社会事業に尽力しました。 佐伯定胤は、仏教学者として多くの業績を残しました。特に、仏教史と浄土真宗に関する研究は高く評価されています。また、仏教の近代化と社会事業にも尽力し、日本仏教の発展に貢献しました。佐伯定胤は、1937年(昭和12年)に71歳で亡くなりました。 佐伯定胤の主な著作には、以下のようなものがあります。 * 『仏教史の研究』(1911年) * 『真宗教義論』(1915年) * 『日本仏教史』(1922年) * 『仏教の近代化』(1927年) * 『社会事業と仏教』(1933年)
研究者

黒田真洞 – 草創期の仏教学者

黒田真洞の生涯 黒田真洞は、1749年(寛延2年)に肥後国(現在の熊本県)に生まれました。幼少期から学問に興味を持ち、漢学や儒学を学びました。また、仏教にも関心を持ち、18歳で出家して僧侶となりました。 真洞は、僧侶となった後、京都や江戸などの各地を巡り、仏教の教えを学びました。また、多くの僧侶や学者と交流し、仏教の研究に励みました。 1804年(文化元年)、真洞は江戸で「黒田真洞道場」を開設しました。道場では、仏教の教えを講義したり、僧侶の育成を行ったりしました。また、真洞は多くの著作を残し、仏教の普及に努めました。 真洞の仏教研究は、日本仏教の発展に大きな影響を与えました。真洞は、仏教の教えをわかりやすく説き、多くの人々に仏教の教えを伝えました。また、真洞は仏教の研究を行い、仏教の教えを体系化しました。 真洞は、1833年(天保4年)に85歳で亡くなりました。真洞の死後、真洞の弟子たちが真洞の教えを継承し、仏教の普及に努めました。 真洞の生涯は、仏教の普及に尽力した生涯でした。真洞の教えは、多くの人々に影響を与え、日本仏教の発展に大きな貢献をしました。