仲野親王

歴史上の偉人

「平好風」(?-? 平安時代前期の官吏)

平好風の経歴 平好風は、平安時代前期の官吏である。生没年は不詳である。 平好風の経歴については、『続日本紀』、『日本文徳天皇実録』、『日本三代実録』、『古今和歌集』、『日本紀略』、『日本紀略』に記載されている。 平好風は、桓武天皇の孫、平城天皇の皇子である。母は小野皇后。 平好風は、仁明天皇の治世に右近衛少将に任じられた。文徳天皇の治世には、右近衛中将に任じられた。清和天皇の治世には、右近衛大将に任じられた。 平好風は、歌人としても知られており、古今和歌集に2首の歌が収められている。 平好風は、病のため、30代前半で亡くなったと伝えられている。
歴史上の偉人

洞院太后として知られる平安時代前期の皇族→ 班子女王

-班子女王の生涯と功績- 班子女王は、平安時代前期の皇族であり、洞院太后として知られる。清和天皇の皇女で、宇多天皇の同母妹、醍醐天皇の母である。 班子女王は、貞観8年(866年)に誕生した。幼名は温子女王、諱は滋子、班子女王のほかに班子内親王とも呼ばれた。母は藤原高子で、班子女王は高子の第3子だった。 班子女王は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。また、容姿も美しく、性格も温厚だった。そのため、清和天皇や宇多天皇、醍醐天皇の寵愛を受けた。 班子女王は、寛平9年(897年)に参議・藤原時平と結婚した。時平は、藤原基経の第4子で、班子女王の異母兄だった。 班子女王は、時平との間に、敦慶親王(醍醐天皇)、益子内親王、慶頼王、雅子内親王、清子内親王の5人の子女をもうけた。 延喜4年(904年)に時平が死去した後は、班子女王は出家して、洞院に居住した。そのため、洞院太后と呼ばれるようになった。 班子女王は、出家後も醍醐天皇を補佐し、政務を担った。醍醐天皇は、班子女王を尊敬しており、班子女王の意見を重んじた。 延長8年(930年)に醍醐天皇が死去した後、班子女王は落飾して、法名を証菩提室と名乗った。その後、班子女王は文徳天皇の皇后だった藤原明子とともに、尼寺である法華寺に入り、余生を送った。 天慶9年(946年)に班子女王は、法華寺で死去した。享年81だった。 班子女王は、平安時代前期の皇族として、政治や文化に大きな影響を与えた人物である。
歴史上の偉人

平安典とは?-名前の由来、功績、子孫まで徹底解説-

平安典の生い立ちと経歴 平安典は、平安時代後期に活躍した武人である。平安典については、その生い立ちや経歴について詳しく分かっていませんが、平安典は下野国(現在の栃木県)の生まれで、河内源氏の源義光の子であると伝えられています。 平安典は、源義光の次男として生まれ、幼名は乙王丸と称していました。1180年(治承4年)、平安典は源頼朝に従って挙兵し、石橋山の戦いで平家軍を破りました。その後は、各地を転戦し、源氏の勝利に貢献しました。 1185年(元暦2年)、平安典は平家軍を破って京都を奪還し、源頼朝を征夷大将軍に任じました。その後は、源頼朝の軍事顧問として活躍し、鎌倉幕府の創設に大きな役割を果たしました。 平安典は、1199年(建久10年)に源頼朝が死去すると、後継者となった源頼家を補佐しました。しかし、1203年(建仁3年)に源頼家が暗殺されると、平安典は失脚して鎌倉を離れました。その後は、越後国(現在の新潟県)に隠棲し、1215年(建保3年)に死去しました。
歴史上の偉人

平安時代前期・仲野親王の子孫『秀世王』の解説

# 秀世王とは? 秀世王(ひでよおう)は、平安時代前期の皇族。平安時代の国風文化を代表する歌人であり、六歌仙・三十六歌仙の一人。「後拾遺和歌集」「金葉和歌集」など、勅撰和歌集に和歌が収められている。 桓武天皇の孫で、平城天皇の曾孫。父は仲野親王、母は藤原広嗣の娘。母は親王の継室であり、秀世王は側室の子。嵯峨天皇の異母弟にあたり、嵯峨天皇とその兄の皇太子檀林王の薨去後、清和天皇の即位まで暫定的に皇太弟として皇位継承者となった。清和天皇即位後は右大臣として政務を執り、のちの内裏歌合や清和院歌合など、歌合の主催者として知られる。 秀世王は、和歌に優れた才能を発揮し、六歌仙・三十六歌仙の一人に数えられる。六歌仙とは、平安時代初期の優れた歌人6名のこと。三十六歌仙とは、平安時代中期に撰ばれた歌人36名のことで、当時、歌人として最も優れた人物とされていた。秀世王は、その優れた和歌によって、六歌仙・三十六歌仙に選ばれた。 秀世王の歌は、優美で華やかな平安時代の和歌の特徴をよく表している。秀世王は、自然の美しさや恋の情景を詠んだ歌が多く、彼の歌は多くの人に愛された。 秀世王は、平安時代前期の歌人として、和歌に大きな功績を残した。その優れた和歌は、現在も多くの人に親しまれ、平安時代の国風文化を代表する歌人として高く評価されている。
歴史上の偉人

– 善原内親王

-善原内親王の生い立ち- 善原内親王は、11世紀初頭の日本の皇族です。父は後一条天皇、母は藤原妍子(上東門院)です。同母兄弟に後朱雀天皇がいます。 善原内親王は、万寿2年(1025年)7月28日に京都御所に生まれました。幼名は暲子(てらしこ)内親王と呼ばれていました。 天皇家嫡流の皇女として生まれたため、幼い頃から皇族としての手厚い教育を受けました。和歌や書道を学び、また、仏教にも帰依しました。 1036年(長元9年)12月、善原内親王は12歳で東宮(皇太子の宮邸)に入る。1037年(長元10年)1月、立后して皇后となりました。翌1038年(長元11年)、後朱雀天皇が即位すると、善原内親王は中宮(皇后)となりました。 善原内親王は、後朱雀天皇の在位中に権勢を振るいました。彼女は、白河天皇の生母である藤原彰子(彰子中宮)と対立し、しばしば朝廷の政務に介入しました。 善原内親王は、1056年(天喜4年)に32歳で薨去しました。遺体は、京都の泉涌寺に葬られました。 善原内親王は、歌人としても知られています。彼女の和歌は、『後拾遺和歌集』や『金葉和歌集』などに収められています。
歴史上の偉人

「潔世王」

-潔世王の生涯- 潔世王は、仏教の経典である『大般涅槃経』に説かれる未来の仏であり、釈迦牟尼仏から1千万年後に出現するとされる。 潔世王は、インドの大王であり、その統治下では、国土は繁栄し、人々は平和に暮らしていた。しかし、潔世王は仏教の教えに疑問を抱き、出家して修行することを決意する。 潔世王は、さまざまな苦行を行い、ついに仏教の真理を悟り、阿羅漢となった。その後、潔世王は再び王位に就き、仏教を国教として布教した。 潔世王の統治下では、仏教は広く普及し、人々は慈悲と慈悲の心を持って生活した。潔世王は、仏教の教えを忠実に守り、仏陀への信仰を深めた。 潔世王は、120歳のときに亡くなり、その遺体は釈迦牟尼仏の遺体と同じように荼毘に付され、舎利となった。舎利は、潔世王の廟に安置され、人々は舎利を拝んで、潔世王の功績を称えた。 潔世王は、仏教の未来の仏であり、釈迦牟尼仏の教えを受け継いだ偉大な王である。潔世王の生涯は、仏教徒にとって、信仰の模範であり、仏教の教えの素晴らしさを示すものとなっている。
歴史上の偉人

-輔世王

-人物概要- 輔世王は、中国の北周の第3代皇帝。字は仁坚。宇文泰の三男。 561年、父が亡くなると、兄の周武帝宇文邕が即位し、輔世王は、隴西郡公に封じられた。568年、周武帝が崩御すると、輔世王が即位した。 輔世王は、周武帝の政策を引き継ぎ、政治の安定と経済の発展に努めた。また、仏教を篤く信仰し、多くの寺院を建立した。577年、輔世王は、崩御し、長男の宣帝宇文贇が即位した。 輔世王は、在位期間が短く、大きな功績を残したわけではないが、周の安定に貢献した皇帝として知られている。 輔世王の主な功績は以下の通りである。 * 周の政治を安定させた。 * 経済を発展させた。 * 仏教を篤く信仰し、多くの寺院を建立した。 輔世王は、周の安定に貢献した皇帝として知られている。
歴史上の偉人

– 平惟世

-平惟世とは- 平惟世は平安時代末期の平家の武将です。平清盛の異母弟で、平頼盛の父です。 1159年、平清盛の推挙により従五位下・備前守に任じられ、平治の乱では源義朝の追討に功を挙げました。 その後、平清盛が太政大臣に就任すると、平惟世は平時忠とともに右近衛大将に任じられ、平家の勢力を拡大しました。 治承3年(1180年)、平清盛が死去すると、平惟世は平宗盛を補佐して平家の政権を維持しましたが、寿永2年(1183年)、源頼朝の挙兵により平家が滅亡すると、平惟世は嫡男の平時忠とともに備前国に逃亡しました。 しかし、源頼朝の追討軍に破れ、平惟世は平時忠とともに自刃しました。 平惟世は平清盛の異母弟として、平家の政権を支えた武将です。その武勇は源氏にも恐れられ、平家滅亡まで戦い続けました。
歴史上の偉人

「基世王」

-基世王の生涯- 基世王(きせいおう。紀元前373年 - 紀元前321年)は、日本の第5代の天皇(在位紀元前342年 - 紀元前321年)である。諱は倭姫命(やまとひめのみこと)。 基世王は、第4代天皇・綏靖天皇の第1皇子である。母は、綏靖天皇の妃である阿礼比売(あれひめ)。 基世王は、紀元前342年に綏靖天皇が崩御した後に、第5代天皇として即位した。即位当時はまだ幼少であったため、皇叔父である饒速日命(にぎはやひのみこと)が摂政として政務を執った。 基世王は、即位後まもなく、大和国の葛城山(かつらぎやま)の麓に宮殿を造営し、遷都した。葛城山は、大和国の東端に位置しており、東国への防衛拠点として適していた。 基世王の治世は、比較的平穏な時代であった。紀元前336年には、出雲国の熊野山(くまのやま)に神殿を建立して、天照大神を祀った。また、紀元前331年には、筑紫国の筑紫山(つくしやま)に神殿を建立して、祖霊を祀った。 基世王は、紀元前321年に崩御した。享年53(満52歳)であった。崩御後、大和国の畝傍山(うねびやま)に葬られた。 基世王は、在位期間が21年と比較的短かったが、大和国の葛城山に遷都して、東国への防衛を固め、また、出雲国と筑紫国に神殿を建立して、神道の基礎を築いた。
歴史上の偉人

仲野親王

# 仲野親王 - 平安時代前期の皇族 仲野親王(なかのしんのう、延暦23年(804年) - 仁明4年5月21日(835年6月27日))は、平安時代前期の皇族。仁明天皇の第一皇子。母は藤原峯緒の女、藤原順子。桓武天皇の孫。文徳天皇、恒貞親王、兼覧王の同母兄。 -# 生涯 桓武天皇の曾孫として延暦23年(804年)仁明天皇とその妃・藤原順子の間に長男として生まれる。延暦24年(805年)親王宣下を受け、弘仁2年(810年)9月に左兵衛督に任じられた。弘仁5年(814年)8月、五畿内巡察の勅使に任じられる。弘仁6年(815年)8月に大宰権帥、弘仁7年(816年)8月には大宰帥となる。 弘仁8年(817年)2月に帰京し、従三位に叙される。弘仁10年(819年)3月には左大弁に遷り、弘仁13年(822年)1月に右近衛大将、同年5月には春宮権大夫となる。承和元年(834年)4月には参議に昇任し、6月に従二位に叙される。 翌承和2年(835年)4月、文徳天皇が即位すると、仲野親王は皇太子となり、5月には中宮亮を兼任する。しかし、同年5月、仁明天皇の死去に伴い、服喪を理由に参議、皇太子、中宮亮を辞任し、淡路国に隠棲した。同年6月、23歳の若さで薨去した。 文徳天皇の崩御後、仁明天皇の第16皇子・人康親王が光孝天皇として即位した。光孝天皇は、仲野親王の遺児を養子に迎えて清和天皇とし、即位させた。 -# 人物 仲野親王は、温厚で仁慈に満ちた性格の人物であったと伝わる。また、学問を好み、詩歌に優れていた。
歴史上の偉人

– 「十世王」

「十世王」の生涯 「十世王」とは、日本の仏教における冥界の十人の王のことで、閻魔王とも呼ばれています。彼らは、死者を裁き、その罪に応じて地獄に送るか、天国に送るかを決める権限を持っています。 「十世王」の生涯は、仏教の経典「十王経」に記されています。それによると、「十世王」は、もともと人間でしたが、仏教の教えを聞いて悟りを開き、仏になりました。その後、彼らは冥界の王として生まれ変わり、死者を裁くようになりました。 「十世王」は、それぞれが異なる役割を持っています。第一王は、秦広王と呼ばれ、死者を最初に裁く王です。第二王は、楚江王と呼ばれ、死者の生前の罪を調査する王です。第三王は、宋帝王と呼ばれ、死者を地獄に送るか、天国に送るかを決める王です。第四王は、五官王と呼ばれ、死者の五感を使って罪を調査する王です。第五王は、閻魔王と呼ばれ、死者を最終的に裁く王です。第六王は、卞城王と呼ばれ、死者を地獄に送る王です。第七王は、泰山王と呼ばれ、死者の功徳を量る王です。第八王は、都市王と呼ばれ、死者の罪を償わせる王です。第九王は、平等王と呼ばれ、死者を平等に裁く王です。第十王は、転輪王と呼ばれ、死者を輪廻転生させる王です。 「十世王」は、死者を裁くだけでなく、人々を仏教の教えに導く役割も果たしています。彼らは、人々に善行を積むように教え、悪行を避けるように説いています。また、人々に死後の世界について教え、死を恐れないように諭しています。 「十世王」は、日本の仏教で重要な存在です。彼らは、死者を裁き、人々を仏教の教えに導く役割を果たしています。