伊賀光政

歴史上の人物

伊賀光政

伊賀光政の生涯 伊賀光政は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、伊賀流忍術の祖とされる人物です。1531年に伊賀国甲賀郡(現在の滋賀県甲賀市)に生まれました。本名は服部半蔵と言われています。 光政は、幼い頃から忍術を学び、15歳で伊賀流忍術の師範となりました。その後、甲賀郡の領主であった六角氏の家臣となり、甲賀流忍術の師範を務めました。 1568年に織田信長が近江に侵攻した際、光政は六角氏を離れ、信長に仕えました。信長は光政の忍術の才能を高く評価し、伊賀衆を率いることを命じました。 伊賀衆は、信長の天下統一に大きく貢献しました。光政は、1573年の長篠の戦いで織田・徳川連合軍に勝利するなど、数々の戦功を立てました。 1582年に信長が本能寺の変で横死した後、光政は羽柴秀吉に仕えました。秀吉は光政の功績を認め、1585年に甲賀郡を与えました。 光政は、甲賀郡の領主となった後も、忍術の指導に力を入れました。1591年には、甲賀郡に伊賀流忍術の道場を設立しました。 1599年に光政は死去しました。享年69歳でした。光政の死後、伊賀流忍術は、子の伊賀光成が継承しました。 光政は、伊賀流忍術の祖として、その名を残しています。光政の忍術は、現代でも高く評価されており、世界中に多くのファンがいます。