但馬守護

歴史上の人物

昌明の生涯 – 平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した僧侶

昌明の出自と若い頃 昌明は、1130年(保延6年)に、紀伊国日高郡で生まれました。父は、紀伊国の有力者である紀有文(きのありふみ)で、母は、紀有文の妻である紀有子(きのありこ)でした。昌明は、紀有文と紀有子の間に生まれた長男であり、幼名は、覚阿(かくあ)でした。 昌明は、幼い頃から聡明で、読書を好み、また、武芸にも秀でていました。13歳の時に、紀有文が亡くなり、昌明は、紀有子の許で育てられました。昌明は、紀有子のもとで、儒学や仏教を学び、また、弓馬の術にも励みました。 昌明は、18歳の時に、紀有子の許を離れ、京都に上りました。昌明は、京都で、法然上人(ほうねんしょうにん)の弟子となり、法然上人のもとで、浄土宗の教えを学びました。昌明は、法然上人の教えに深く帰依し、法然上人の弟子として、浄土宗の布教に努めました。 昌明は、1212年(建保10年)に、83歳で亡くなりました。昌明は、浄土宗の布教に生涯を捧げた僧侶であり、浄土宗の発展に大きな貢献をしました。
歴史上の人物

安達親長-鎌倉時代の武将

建久8年、但馬守護就任。のち、出雲の守護も兼任 安達親長は、鎌倉時代の武将であり、但馬守護と出雲守護を歴任した。建久8年(1199年)に但馬守護に任命され、その後、出雲の守護も兼任した。親長は、源頼朝に仕え、頼朝の死後は北条政子に仕えた。建仁元年(1201年)、源実朝の側近となって、頼家の遺児である公暁の変を鎮圧した。その後、建永元年(1206年)には、出雲守護に任命され、承久の乱では、北条義時とともに、後鳥羽上皇方の軍勢を破った。嘉禄元年(1225年)、親長は、75歳で死去した。 親長は、鎌倉幕府の有力な御家人であり、鎌倉幕府の政治運営に大きな影響を与えた。また、親長は、歌人としても知られており、多くの和歌を残している。親長の長男である安達景盛は、鎌倉幕府の第13代執権を務め、安達氏を鎌倉幕府の中心的な御家人とした。
歴史上の人物

「太田守延」(?-1333 鎌倉時代の武将)

- 元弘の乱における活躍 元弘の乱において、太田守延は後醍醐天皇側に加わり、鎌倉幕府軍と戦った。 1331年(元弘元年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府打倒を企て、元弘の乱が勃発した。太田守延は後醍醐天皇側に加わり、鎌倉幕府軍と戦った。 太田守延は、元弘の乱において、数々の戦功を挙げた。特に、1333年(元弘3年)に鎌倉幕府軍が京都に攻め込んだ際には、太田守延は楠木正成らとともに鎌倉幕府軍を撃退した。 しかし、鎌倉幕府軍はその後も攻勢をかけ続け、後醍醐天皇は京都を逃れ、吉野に逃亡した。太田守延もまた、吉野に逃れ、後醍醐天皇を支え続けた。 1333年(元弘3年)に後醍醐天皇が崩御すると、太田守延は護良親王を奉じて鎌倉幕府打倒の戦いを続けた。しかし、1336年(建武3年)に護良親王が鎌倉幕府軍に殺害されると、太田守延は吉野を逃れ、各地を転戦した。 そして、1339年(暦応2年)に太田守延は鎌倉幕府軍に捕らえられ、処刑された。