佐々木高氏

歴史上の人物

– 佐々木道誉(佐々木高氏)

佐々木道誉(佐々木高氏) 佐々木道誉とは 佐々木道誉は、南北朝時代の武将で、佐々木氏の一族。佐々木高氏とも呼ばれる。佐々木氏の本拠地である近江国蒲生郡佐々木荘を領し、南朝方として活躍した。 道誉は、佐々木氏初代当主である佐々木定綱の三男として生まれた。鎌倉時代末期、足利尊氏の挙兵に従い、九州へ渡海する。建武の新政では、鎮西探題に任命され、九州の南朝勢力の討伐に当たった。しかし、尊氏と南朝方の後醍醐天皇が和睦すると、道誉も南朝に帰順した。 その後、道誉は、南朝方として北朝方の足利氏と戦った。観応の擾乱では、足利直義に協力して、尊氏を一時的に京都から追放することに成功した。しかし、尊氏が巻き返しを図ると、道誉は近江に敗走した。 その後も、道誉は南朝方として戦い続けたが、正平14年(1359年)に病死した。道誉の死後、佐々木氏は衰退し、室町時代には、近江守護の地位を六角氏に奪われた。 道誉は、武勇に優れた武将であり、南朝方の柱石として活躍した。また、和歌にも優れ、多くの歌が残されている。道誉は、南朝方を代表する武将の一人として、その名を残している。
歴史上の人物

大館義冬→ 南北朝時代の武士

-大館義冬とは- 南北朝時代の武士。官位は大和守、左中将、贈従一位。陸奥国(現在の青森県・岩手県・宮城県)の守護大名。奥州管領。大館氏の祖。 生年については建長3年(1251年)・文永2年(1265年)との説がある(異説あり)。出身については近江国もしくは陸奥国とされる。 弘安11年(1288年)、兄の義顕が大館氏の本拠とする陸奥国大館荘を没収されたが、義冬は鎌倉幕府に庇護されて大館荘の相続を認められた。永仁5年(1297年)、奥州管領に任命される。 正安2年(1300年)、鎌倉幕府が倒れ、後醍醐天皇が即位すると、義冬は後醍醐天皇に帰順した。しかし、翌正安3年(1301年)、足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、義冬は尊氏に帰順した。 元弘3年(1333年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒し、建武の新政を開始すると、義冬は建武の新政に参加した。しかし、翌建武4年(1334年)、足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、義冬は尊氏に帰順した。 建武5年(1335年)、尊氏が征夷大将軍に任命されると、義冬は大和守に任命された。翌建武6年(1336年)、義冬は尊氏の命を受けて、後醍醐天皇を南朝に追いやった。 延元3年/建武5年(1338年)、義冬は左中将に任命された。 延元4年/建武6年(1339年)、義冬は尊氏に従って九州に下り、南朝の懐良親王と戦った。 正平元年/建武3年(1346年)、義冬は尊氏に従って京都に戻り、南朝の楠木正成と戦った。 正平10年/文和2年(1353年)、義冬は63歳で死去した。 義冬は、鎌倉幕府、建武の新政、南北朝時代の3つの時代にわたって、武将として活躍した。
歴史上の人物

京極宗氏 – 鎌倉時代の武将

-近江佐々木氏の庶流- 京極宗氏は、鎌倉時代の武将です。近江佐々木氏の庶流で、佐々木定綱の三男として生まれました。 佐々木定綱は、佐々木義清の次男で、近江国守護を務めました。京極宗氏は、定綱の三男として生まれ、近江国京極郡を領有しました。 京極宗氏は、承久の乱で後鳥羽上皇方に加わり、鎌倉幕府軍と戦いました。しかし、承久の乱は幕府軍の勝利に終わり、京極宗氏は敗走しました。 その後、京極宗氏は鎌倉幕府に降伏し、赦免されました。そして、近江国守護に任命されました。 京極宗氏は、鎌倉幕府の重臣として活躍しました。そして、文永の役では、蒙古軍を撃退する功績を挙げました。 京極宗氏は、1290年に亡くなりました。嫡男の京極為兼が家督を継ぎ、近江佐々木氏は続きました。 京極宗氏は、鎌倉時代の有力な武将でした。近江佐々木氏の庶流として生まれ、鎌倉幕府の重臣として活躍しました。そして、文永の役では、蒙古軍を撃退する功績を挙げました。
歴史上の人物

佐々木高氏 – 鎌倉から南北朝時代の武将

-佐々木高氏の生涯- 佐々木高氏は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。佐々木六角氏の祖であり、近江国佐々木荘を本拠としていました。 高氏は、佐々木定綱の次男として誕生しました。兄の佐々木道誉とともに、足利尊氏に仕えて活躍しました。元弘3年(1333年)、尊氏が鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始すると、高氏は近江守護に任じられました。 しかし、建武3年(1336年)に尊氏が足利直義と対立して京都を追われると、高氏は尊氏に従って九州に落ち延びました。尊氏が九州で勢力を盛り返して鎌倉に帰還すると、高氏も近江に戻り、足利氏の勢力拡大に貢献しました。 正平7年(1352年)、尊氏が亡くなると、高氏は尊氏の子である足利義詮に仕えました。義詮が北朝を開くと、高氏は北朝の武将として南朝と戦いました。正平12年(1357年)、高氏は南朝の総帥である楠木正成と摂津国天王寺で戦いましたが、敗れて戦死しました。 高氏は、武勇に優れた武将として知られ、佐々木六角氏の基礎を築いた人物です。彼の死後、六角氏は近江を中心に勢力を拡大し、室町時代を通じて有力な守護大名として活躍しました。
歴史上の人物

「京極高氏」(⇒佐々木高氏(ささき-たかうじ))について

-京極高氏の生涯- 京極高氏は、南北朝時代の武将・守護大名。室町幕府の重臣。佐々木氏の一族で、佐々木氏貞の孫。佐々木高氏とも呼ばれる。 元亨4年(1324年)、佐々木氏貞の孫として生まれる。父は佐々木時信。 正中2年(1325年)、祖父の佐々木貞信が亡くなり、家督を継ぐ。 建武元年(1334年)、後醍醐天皇の倒幕計画に参加し、鎌倉幕府を打倒する。 建武3年(1336年)、足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻し、京極高氏も尊氏に味方する。 延元2年/建武4年(1337年)、尊氏が京都を占領し、室町幕府を開く。京極高氏は室町幕府の重臣となり、丹波守護に任命される。 暦応2年/延元4年(1339年)、尊氏が九州に逃亡する。京極高氏も尊氏に同行する。 暦応3年/延元5年(1340年)、尊氏が九州で勝利し、京都に帰還する。京極高氏も尊氏に同行する。 康永2年(1343年)、尊氏が死去する。京極高氏は足利義詮を助けて、室町幕府の安定に努める。 貞和3年(1347年)、京極高氏は死去する。享年24。
歴史上の人物

細川清氏 – 南北朝時代の武将

-細川清氏とはどのような人物か?- 細川清氏は、南北朝時代の武将で、室町幕府の初代将軍である足利尊氏の有力な家臣でした。細川氏は、清氏の父である細川頼之が尊氏の挙兵に従って功績を挙げたことから、室町幕府の初期に重用されるようになりました。 清氏は、尊氏の死後、足利義満の代に幕府の政務を執り、幕府の安定に貢献しました。また、清氏は、応永の乱では、足利義満の命令を受けて、山名氏清を討伐し、功績を挙げました。 清氏は、応永19年(1412年)に、65歳で亡くなりました。清氏の死後、細川氏は、子孫が代々幕府の重職を歴任し、室町幕府の有力な一族として活躍しました。 清氏は、武勇に優れていただけでなく、政治的手腕にも長けていました。清氏は、足利尊氏や足利義満の信任を得て、幕府の政務を執り、幕府の安定に貢献しました。また、清氏は、応永の乱では、足利義満の命令を受けて、山名氏清を討伐し、功績を挙げました。 清氏は、室町幕府の初期に重用された武将であり、幕府の安定に貢献した人物です。清氏の死後、細川氏は、子孫が代々幕府の重職を歴任し、室町幕府の有力な一族として活躍しました。
歴史上の人物

赤松光範

-赤松光範の生涯- 赤松光範は、1945年2月11日、東京都に生まれた。 1969年、東京大学法学部を卒業後、日本興業銀行に入行。 1990年、日本興業銀行を退職し、ソニーに入社。 1998年、ソニーを退職し、ゴールドマン・サックス日本証券に入社。 2003年、ゴールドマン・サックス日本証券を退職し、投資ファンドのインデックス・コーポレーションに参画。 2006年、インデックス・コーポレーションを退職し、サザビーインターナショナルジャパンの社長に就任。 2010年、サザビーインターナショナルジャパンを退職し、マッキンゼー・アンド・カンパニーの日本法人であるマッキンゼー・アンド・カンパニー・インクの会長に就任。 2014年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクを退職。 2015年、日本経済新聞社の社長に就任。 2019年、日本経済新聞社の社長を退職。 2020年、東京商工会議所の会頭に就任。 赤松光範は、日本経済界を代表する経営者の一人であり、その経歴は多岐にわたる。 日本興業銀行やソニー、ゴールドマン・サックス日本証券など、国内外の金融機関で要職を歴任。 また、インデックス・コーポレーションやサザビーインターナショナルジャパン、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク、日本経済新聞社など、様々な企業の経営に携わってきた。 現在は東京商工会議所の会頭を務めている。
歴史上の人物

「斯波高経」- 南北朝時代の武将

-斯波高経の生涯- 斯波高経(しば たかつね)は、南北朝時代の武将。足利尊氏の弟。室町幕府の初代管領。 1319年、足利貞氏の子として誕生。幼名は高義。 1333年、元弘の乱で、兄の尊氏に従って鎌倉幕府に反旗を翻す。 1336年、尊氏が足利尊氏を総大将として九州に派遣され、高経もこれに同行。 1338年、尊氏が九州で足利尊氏を破り、九州を平定。高経も功績を挙げ、肥前国守護に任命される。 1339年、尊氏が京都に入り、室町幕府を開設。高経も京都に召還され、管領に任命される。 1348年、尊氏が没し、義詮が家督を継ぐ。高経は義詮を補佐し、室町幕府の安定に努める。 1351年、観応の擾乱が始まる。高経は尊氏の嫡男である足利義詮を支持し、尊氏の弟である足利直義と戦う。 1352年、高経は尊氏が死去したことを機に、直義に降伏。しかし、直義は1357年に高経を鎌倉で暗殺した。 高経は、室町幕府の初代管領であり、幕府の安定に尽力した人物である。また、観応の擾乱でも活躍し、幕府の存続に大きく貢献した。
歴史上の人物

京極氏詮:南北朝時代の武将

摂津守護に就任した京極氏詮 京極氏詮は、南北朝時代の武将です。京極高氏の子として誕生し、その後、摂津守護に就任しました。摂津守護在任中には、南朝方の軍勢と戦いましたが、敗れ去りました。その後、北朝方に復帰し、再び摂津守護に就任しました。京極氏詮は、応仁の乱では西軍方の武将として参陣し、活躍しました。しかし、応仁の乱の終結後、京極氏詮は失脚しました。 京極氏詮が摂津守護に就任したのは、1362年のことです。このとき、京極氏詮は26歳でした。京極氏詮は、摂津守護在任中に、南朝方の軍勢と戦いましたが、敗れ去りました。このとき、京極氏詮は、摂津守護を解任されました。 その後、京極氏詮は、北朝方に復帰し、再び摂津守護に就任しました。京極氏詮は、再び摂津守護に就任した後は、南朝方の軍勢と戦い、勝利を収めました。このとき、京極氏詮は、摂津守護の地位を確固たるものにしました。 京極氏詮は、応仁の乱では西軍方の武将として参陣し、活躍しました。京極氏詮は、応仁の乱では、東軍方の武将である細川勝元に勝利を収めました。このとき、京極氏詮は、西軍方の武将として名を挙げました。 しかし、応仁の乱の終結後、京極氏詮は失脚しました。京極氏詮が失脚したのは、西軍方が敗北したためです。京極氏詮は、西軍方の武将として戦いましたが、東軍方に敗北しました。このため、京極氏詮は、失脚しました。 京極氏詮は、摂津守護在任中に、南朝方の軍勢と戦いましたが、敗れ去りました。その後、京極氏詮は、北朝方に復帰し、再び摂津守護に就任しました。京極氏詮は、再び摂津守護に就任した後は、南朝方の軍勢と戦い、勝利を収めました。このとき、京極氏詮は、摂津守護の地位を確固たるものにしました。 京極氏詮は、応仁の乱では西軍方の武将として参陣し、活躍しました。京極氏詮は、応仁の乱では、東軍方の武将である細川勝元に勝利を収めました。このとき、京極氏詮は、西軍方の武将として名を挙げました。 しかし、応仁の乱の終結後、京極氏詮は失脚しました。京極氏詮が失脚したのは、西軍方が敗北したためです。京極氏詮は、西軍方の武将として戦いましたが、東軍方に敗北しました。このため、京極氏詮は、失脚しました。