佐貫藩主

歴史上の人物

松平忠重 – 元浜松藩主

-大名松平忠重の生涯- 松平忠重は、戦国時代から江戸時代初期の大名。松平信康の長男であり、徳川家康の孫にあたる。 1579年、浜松城にて誕生。母は徳川家康の正室・築山殿。忠重は幼少期から聡明で、武芸にも秀でていたという。1590年、豊臣秀吉の九州征伐に従軍。1592年、文禄の役にも従軍し、蔚山城の戦いで活躍した。 1600年、関ヶ原の戦いでは、家康の東軍に属して活躍。戦後、徳川家康から浜松藩10万石を与えられた。1607年、従四位下侍従に叙任される。1615年、大坂の陣にも出陣し、武功を挙げた。 1622年、浜松藩主を隠居し、嫡男の忠直に家督を譲った。隠居後は、京で隠棲し、1645年に死去した。享年67。 忠重は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した名将である。武勇に優れ、家康の信頼も厚かった。また、文武に秀でており、和歌や書画にも通じていた。 忠重の死後、浜松藩は廃藩となり、松平氏は改易された。しかし、忠重の功績は、現在も地元で語り継がれている。
歴史上の人物

阿部正鎮 – 18世紀の日本の大名

阿部正鎮の生い立ちと家系 阿部正鎮は、1680年(延宝8年)に江戸城三の丸に誕生しました。父は阿部正武、母は松平康重の娘の菊姫です。正鎮は、4歳で父を亡くし、叔父の阿部正定に養育されました。 正鎮の生家は、戦国時代に甲斐国で活躍した武田信玄の家臣である阿部勘解由尉信久を祖先とする名門です。信久は、武田四天王の一人として、信玄の死後も武田家を支えましたが、1582年(天正10年)の本能寺の変で戦死しました。 正鎮の曾祖父である阿部正勝は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いで功績を上げました。正勝は、戦後、下野国宇都宮藩10万石を与えられ、大名となりました。正鎮の祖父である阿部正之も、徳川家に仕え、三河国吉田藩6万1000石を与えられました。 正鎮の父である阿部正武は、正之の次男として生まれました。正武は、兄の正甫が早世したため、家督を継ぎ、吉田藩主となりました。しかし、正武は、1684年(貞享元年)に28歳で亡くなってしまいました。 正武の死後、正鎮が吉田藩主を継ぎました。正鎮は、藩政改革を実施し、藩の財政を立て直しました。また、正鎮は、学問を奨励し、吉田藩に藩校を創設しました。
歴史上の人物

阿部正興(2)

- 阿部正興(2)の人物像 阿部正興(2)は、江戸時代中期の旗本で、阿部正勝の三男である。兄に正寿、正能、正定、正任、正久、正賀、正明、正安、正澄、正長、弟に正相、正紀、正甫、正春、正邦、正秋、正澄、正宣、正亭、正央、正蔵、正暄、正興(3)がいる。正室は阿部正永の娘、継室は堀田正春の娘、側室は阿部正春(三河国久留里藩主)の娘である。子は阿部正賀(正春養子)、阿部正蔵(加藤嘉明養子)、正行(正任養子)、正休、正信、正武、長女(中村正勝正室)、次女(生駒貞勝正室)、三女(安藤豊重正室)、四女(松平正孝継室)、五女(松平正甫正室)。 正興(2)は、寛永16年(1639年)に、阿部正勝と正室の徳川家康の養女・阿部正勝夫人(正勝の姉・亀姫)との間に、三男として生まれる。寛永19年(1642年)に兄・正寿が死去すると、その跡を継いで阿部家の家督を相続する。 正興(2)は、寛文4年(1664年)に、出羽国庄内藩の第2代藩主となる。藩政においては、領内の復興と安定に努め、新田開発や治水工事、産業振興に尽力する。また、儒学を奨励し、藩校の設置や藩士の子弟の教育に力を入れるなど、領内の文化振興にも貢献した。 正興(2)は、寛文11年(1671年)に、33歳の若さで死去する。その跡は、長男の正賀が継いだ。 正興(2)は、誠実で温厚な人柄で、領民から慕われていたという。また、学問を好み、和漢の書に通じていた。
歴史上の人物

松平忠重

-松平忠重- -松平忠重の生涯- 松平忠重は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。徳川家康の六男。生母は西郷局。幼名は福松。通称は六郎右衛門。徳川四天王の1人、松平康元の子。 永禄10年(1567年)、三河国岡崎城(現在の愛知県岡崎市)に生まれる。天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦いで初陣。天正15年(1587年)、家康の関東移封に従って江戸城に入り、上野国沼田城(現在の群馬県沼田市)の城主となる。 慶長19年(1614年)、大坂冬の陣で徳川軍の主力として参戦。慶長20年(1615年)、大坂夏の陣でも徳川軍の主力として参戦し、天王寺・岡山の戦いで活躍した。 元和9年(1623年)、従四位下侍従に叙任。寛永3年(1626年)、駿河国府中城(現在の静岡県沼津市)の城主となる。寛永12年(1635年)、69歳で死去。法名は栄誉院殿前沼津藩慈云。墓所は沼津市にある慧雲寺。 松平忠重は、徳川家康の六男として生まれ、幼い頃から武芸に励んだ。小牧・長久手の戦いでは初陣を飾り、大坂冬の陣、大坂夏の陣では徳川軍の主力として活躍した。寛永3年(1626年)には駿河国府中城の城主となり、寛永12年(1635年)に69歳で死去した。
歴史上の人物

阿部正暠→ 江戸時代後期の大名

阿部正暠の生涯 阿部正暠は、江戸時代後期の大名で、勝山藩の第10代藩主です。1775年、阿部正精の長男として生まれ、1791年に家督を継ぎました。正暠は、聡明で学問を好み、藩政改革に尽力しました。また、幕府の命を受けて、蝦夷地や琉球に赴き、その地を調査しました。 正暠は、藩財政の建て直しのため、倹約を奨励し、産業の発展に努めました。また、教育を重視し、藩校「養賢堂」を創設しました。正暠は、1832年に60歳で死去しました。 正暠は、藩政改革に成功し、勝山藩を中興した名君として知られています。また、学問を好み、多くの著作を残しました。正暠の著作には、『勝山藩史』、『蝦夷地紀行』、『琉球紀行』などがあります。 正暠は、勝山藩の藩主として、藩政改革に成功し、藩を繁栄させました。また、学問を好み、多くの著作を残しました。正暠は、江戸時代後期の大名の中で、最も優れた人物の一人でした。
歴史上の人物

阿部正簡

阿部正簡の生涯 阿部正簡は、江戸時代前期の大名であり、備後福山藩の初代藩主です。1598年に豊臣家臣である阿部正之の次男として生まれた正簡は、幼少期から文武両道を学び、1615年の大坂夏の陣では、17歳にして初陣を果たし、武功を挙げました。その後、豊臣家の滅亡に伴い、徳川家康に仕え、1622年に備後福山藩10万石を拝領し、初代藩主となりました。 正簡は、藩政の安定に努め、殖産興業を奨励し、福山藩の基盤を確立しました。また、学問を奨励し、藩校「弘道館」を設立するなど、文化の発展にも貢献しました。さらに、キリシタンの弾圧にも力を入れ、1637年には、島原の乱の鎮圧にも参加しました。 正簡は、1651年に63歳で死去しましたが、その後も阿部家は福山藩を治め、明治維新まで続きました。 阿部正簡の生涯を振り返ると、彼は、徳川家康に仕えて備後福山藩の初代藩主となり、藩政の安定と文化の発展に努めた名君でした。また、キリシタンの弾圧にも力を入れ、島原の乱の鎮圧にも参加するなど、徳川幕府の忠臣としても知られています。
歴史上の人物

阿部正恒 – 幕末から明治時代の華族

-阿部正恒の生涯- 阿部正恒は、幕末から明治時代の華族です。阿部正弘の次男として、弘化4年(1847年)に江戸で生まれました。 安政6年(1859年)に父・正弘が死去したため、家督を継いで阿部家第15代当主となりました。同年、桜田門外の変で井伊直弼が暗殺された際、幕府の要職に就いていた正恒は、井伊の死を悼んで自ら蟄居しました。 その後、文久2年(1862年)に幕府に復帰し、若年寄に任命されました。元治元年(1864年)には、一橋慶喜の側近として京都に派遣され、朝敵征伐の指揮を執りました。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、奥羽越列藩同盟の総督に就任して官軍と戦いましたが、敗北して降伏しました。 明治維新後は、新政府に出仕して参与に任命されました。明治2年(1869年)に賞典禄3000石を賜り、明治4年(1871年)には伯爵に叙せられました。 明治17年(1884年)に死去しました。享年38歳。 阿部正恒は、幕末の混乱期にあって、朝廷と幕府の双方で重要な役割を果たした人物です。また、維新後の新政府でも活躍し、日本の近代化に貢献しました。