作家

作家

網野菊-大正・昭和期の小説家

-志賀直哉に師事し、私小説を中心に発表- 網野菊は、大正・昭和期の小説家である。1894年(明治27年)に広島県で生まれ、1976年(昭和51年)に東京都で死去した。 志賀直哉に師事し、私小説を中心に発表した。代表作に、「朱欒」「白梅」「手向け花」などがある。 網野菊は、1894年(明治27年)に広島県で生まれた。幼少期に父を亡くし、母と妹と貧しい生活を送った。 1915年(大正4年)、東京帝国大学法学部に入学したが、文学に志し、2年後に中退した。1918年(大正7年)、志賀直哉に師事し、私小説を中心に執筆活動を開始した。 1922年(大正11年)、最初の小説集「朱欒」を発表し、文壇デビューした。その後、「白梅」「手向け花」など、私小説を中心に多くの作品を発表した。 網野菊の私小説は、日常の生活の中から題材を取り、淡々とした筆致でつづっているのが特徴である。その作品は、多くの人々に共感され、人気を博した。 網野菊は、1976年(昭和51年)に東京都で死去した。享年82。
作家

寺村輝夫 – 昭和後期から平成時代の児童文学作家

-ナンセンス童話の新風をまきおこした「ぼくは王さま」- 寺村輝夫は、1962年に「ぼくは王さま」を発表して作家デビューを果たしました。この作品は、何の取り柄もないいたずら小僧のぼくが、ある日突然、王さまになってしまうというナンセンスな物語です。 「ぼくは王さま」は、従来の児童文学とは一味違ったナンセンスな作風で、読者の間で大きな話題となりました。寺村輝夫は、この作品で第13回小学館文学賞を受賞し、一躍、人気作家となりました。 「ぼくは王さま」の成功により、寺村輝夫は、ナンセンス童話作家の道を歩み始めます。その後、寺村輝夫は、「にげだしたきりん」「どろんこハリー」「まほうのじてんしゃ」など、数々のナンセンス童話を発表し、子どもたちに人気を博しました。 寺村輝夫のナンセンス童話は、そのユーモア溢れるストーリー展開と、子どもたちの心に響くメッセージ性が特徴です。寺村輝夫は、ナンセンス童話を通して、子どもたちに笑いと感動を与え、人生の大切なことを伝えてきました。 寺村輝夫は、2006年に亡くなりましたが、彼の作品は今もなお、多くの子どもたちに読み継がれています。寺村輝夫のナンセンス童話は、これからも子どもたちに愛され続けるでしょう。
作家

– 「那須田淳」

-那須田淳のプロフィール- 那須田淳は、1980年10月11日生まれの日本のミュージシャンです。京都府京都市出身。血液型はB型。身長は170cm。体重は55kg。所属レーベルは、ユニバーサルミュージック。 那須田淳は、幼い頃から音楽に親しみ、小学校4年生の時にエレクトーンを始めました。中学2年生の時にギターを始め、高校時代にはバンドを結成してライブ活動を開始しました。 2002年に、ユニバーサルミュージックのオーディションを受け、合格。2003年に、シングル「君がくれたもの」でメジャーデビューを果たしました。 那須田淳は、シンガーソングライターとして活動しており、作詞作曲をすべて自身で行っています。また、ギターやピアノなどの楽器も演奏します。 那須田淳の音楽は、アコースティックギターを基調とした優しいメロディーが特徴です。歌詞は、恋愛や人生をテーマにしたものが多く、共感を呼ぶと人気を集めています。 那須田淳は、ライブ活動にも精力的に取り組んでおり、全国各地のライブハウスやホールで公演を行っています。また、音楽フェスティバルにも多数出演しています。 那須田淳は、2010年に結婚し、2012年に第一子となる男児が誕生しました。現在も、ミュージシャンとして活動を続けています。
作家

「花城」(⇒三橋花城)

「花城」とは? 三橋花城は、1985年に生まれた日本の女優、タレント、歌手です。2001年に芸能界デビューし、2004年に女優として映画「呪怨」で主演を務めました。その後、テレビドラマや映画、バラエティ番組などに出演しています。 三橋花城は、2011年に「花城」という芸名で歌手デビューしました。1stシングル「涙のありか」は、オリコンチャートで最高位10位を獲得するヒットとなりました。その後、2ndシングル「届けたい君へ」、3rdシングル「愛のうた」をリリースしています。 「花城」という芸名は、三橋花城が好きな花である「桜」と、尊敬する女優である「田中麗奈」の「花」という字を組み合わせたものです。三橋花城は、「桜」のように可憐で美しい女性でありたいという願いを込めて、この芸名にしました。 三橋花城は、女優、タレント、歌手として活躍するマルチタレントです。今後、どのような活躍を見せてくれるのか、注目です。
作家

「小宮山綏介」~小宮山南梁(こみやま-なんりょう)について

-小宮山綏介の功績- 小宮山綏介は、江戸時代後期の日本の蘭学者、医師であり、通訳としても活躍した。 先進的な医学知識を日本に広め、日本の近代化に大きく貢献した人物として知られる。 1816年(文化13年)に小宮山家の一人息子として生まれる。 1835年(天保6年)に父を亡くし、家業を継ぐ。 1838年(天保9年)に長崎に遊学し、蘭学を学び始める。 1840年(天保11年)に江戸に戻り、シーボルトが開いた鳴滝塾に入塾。 順天堂の医師である戸塚静海に医学を学び、1843年(天保14年)に医学免許を取得する。 1845年(弘化2年)に長崎の精得館の蘭学調所で翻訳の仕事に就く。 1847年(弘化4年)にオランダ軍艦の通訳として、上海まで派遣される。 1849年(嘉永2年)に精得館の蘭学調所の頭取に就任し、蘭学の普及に努める。 1854年(嘉永7年)に日米和親条約の批准書交換式の通訳を務める。 1858年(安政5年)に日米修好通商条約の批准書交換式の通訳を務める。 小宮山綏介は、日本の近代化に大きく貢献した人物である。 医学の分野では、先進的な医学知識を日本に広め、日本の医学の発展に貢献した。 外交の分野では、通訳として活躍し、日本の国際化に貢献した。 小宮山綏介の功績は、日本の近代化を支えた偉大な功績として称賛されている。
作家

藤沢周の文学と生涯

-生い立ちと編集者としての日々- 藤沢周は、1927(昭和2)年2月1日、東京都麹町区(現・千代田区)に生まれた。父は、東京帝国大学法学部教授の藤沢親雄、母は、作家の田村俊子である。周は、幼少期から読書好きで、特に探偵小説や冒険小説を好んで読んだ。 1944(昭和19)年、周は東京帝国大学法学部に入学する。しかし、すぐに徴兵され、終戦まで兵役についた。1946(昭和21)年、周は復員し、東京帝国大学法学部に復学する。1949(昭和24)年、周は東京帝国大学法学部を卒業し、出版社の白水社に入社した。 白水社では、周は編集者として活躍した。周は、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治など、多くの著名な作家の作品を手がけた。また、周は、海外の文学作品の紹介にも力を入れ、川端康成、三島由紀夫、大江健三郎など、多くの作家に影響を与えた。 1960(昭和35)年、周は白水社を退社し、フリーの編集者として活動を開始する。周は、その後も多くの作家と親交を深め、彼らの作品の出版に尽力した。 周は、1997(平成9)年12月31日、心不全のため死去した。享年70。周の死は、日本の文壇に大きな衝撃を与えた。
作家

– 「山川葎園」とは?

- 山川葎園の生涯 山川葎園(やまかわ りつえん)は、1874年(明治7年)に、現在の東京都八王子市で生まれた。本名は、山川政雄。1895年(明治28年)、21歳の時に、東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学。卒業後は、教師として働きながら、詩作を続けた。 1897年(明治30年)、23歳の時に、処女詩集『独語』を自費出版。この詩集は、与謝野晶子や石川啄木など、当時の若手詩人に高く評価された。 1903年(明治36年)、29歳の時に、第1回読売文学賞を受賞。これは、芥川龍之介や佐藤春夫など、後の文豪たちが受賞した権威のある文学賞である。 1904年(明治37年)、30歳の時に、詩集『夏草』を出版。この詩集は、日本の近代詩史上、最も重要な詩集のひとつとされている。 1905年(明治38年)、31歳の時に、詩集『野の花』を出版。この詩集は、前作『夏草』と並んで、山川葎園の代表作とされている。 1906年(明治39年)、32歳の時に、詩集『雑草』を出版。この詩集は、前2作とは異なり、社会的な問題を扱った詩が多く収録されている。 1907年(明治40年)、33歳の時に、詩集『山川集』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業を集大成したもので、日本の近代詩史上の金字塔とされている。 1908年(明治41年)、34歳の時に、詩集『若き詩人のために』を出版。この詩集は、若い詩人に向けて、詩作の心得を説いたエッセイ集である。 1909年(明治42年)、35歳の時に、詩集『新詩集』を出版。この詩集は、山川葎園の晩年の詩を集めたものである。 1910年(明治43年)、36歳の時に、詩集『吾輩は猫である』を出版。この詩集は、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』を題材にした詩集である。 1911年(明治44年)、37歳の時に、詩集『山川集第二』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第二集であり、前作『山川集』と合わせて、日本の近代詩史上の双璧とされている。 1912年(大正元年)、38歳の時に、詩集『山川集第三』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第三集であり、前2作『山川集』『山川集第二』と合わせて、日本の近代詩史上の三部作とされている。 1913年(大正2年)、39歳の時に、詩集『山川集第四』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第四集であり、前3作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』と合わせて、日本の近代詩史上の四部作とされている。 1914年(大正3年)、40歳の時に、詩集『山川集第五』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第五集であり、前4作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』『山川集第四』と合わせて、日本の近代詩史上の五部作とされている。 1915年(大正4年)、41歳の時に、詩集『山川集第六』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第六集であり、前5作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』『山川集第四』『山川集第五』と合わせて、日本の近代詩史上の六部作とされている。 1916年(大正5年)、42歳の時に、詩集『山川集第七』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第七集であり、前6作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』『山川集第四』『山川集第五』『山川集第六』と合わせて、日本の近代詩史上の七部作とされている。 1917年(大正6年)、43歳の時に、詩集『山川集第八』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第八集であり、前7作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』『山川集第四』『山川集第五』『山川集第六』『山川集第七』と合わせて、日本の近代詩史上の八部作とされている。 1918年(大正7年)、44歳の時に、詩集『山川集第九』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第九集であり、前8作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』『山川集第四』『山川集第五』『山川集第六』『山川集第七』『山川集第八』と合わせて、日本の近代詩史上の九部作とされている。 1919年(大正8年)、45歳の時に、詩集『山川集第十』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第十集であり、前9作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』『山川集第四』『山川集第五』『山川集第六』『山川集第七』『山川集第八』『山川集第九』と合わせて、日本の近代詩史上の十部作とされている。 1920年(大正9年)、46歳の時に、詩集『山川集第十一』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第十一集であり、前10作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』『山川集第四』『山川集第五』『山川集第六』『山川集第七』『山川集第八』『山川集第九』『山川集第十』と合わせて、日本の近代詩史上の十一部作とされている。 1921年(大正10年)、47歳の時に、詩集『山川集第十二』を出版。この詩集は、山川葎園の全詩業の第十二集であり、前11作『山川集』『山川集第二』『山川集第三』『山川集第四』『山川集第五
作家

武田仰天子-明治-大正時代の小説家

武田仰天子-明治-大正時代の小説家 武田仰天子の生涯 武田仰天子は、1842年(天保13年)に江戸に生まれました。本名は武田信之、号は仰天子。幼い頃から文学に親しみ、1871年(明治4年)に上京して小説を書き始めました。 1885年(明治18年)に発表した小説「雪中梅」が好評を博し、一躍人気作家となりました。その後も「不如帰」「うらおもて」「塵埃」などのヒット作を次々と発表し、明治-大正時代の文壇を代表する作家として活躍しました。 武田仰天子の小説は、社会問題や庶民の生活をテーマにしたものが多く、読者から共感を集めました。また、その文体は平易で読みやすく、当時の一般の人々にも広く親しまれました。 武田仰天子は、1912年(大正元年)に満70歳で亡くなりました。その死は、文壇に大きな衝撃を与え、多くの作家や読者がその死を悼みました。 武田仰天子は、明治-大正時代の文壇を代表する作家として、今もなお多くの人々に愛されています。その小説は、現代社会にも通じる普遍的なテーマを扱っており、今もなお読み継がれています。
芸術家

→「大森光彦」

-大森光彦の生涯と功績- 大森光彦は、1868年(慶応4年)1月29日、現在の佐賀県佐賀市に生まれた。幼名は熊太郎。漢学者・大森光師の長男として生まれ、幼少期から漢学や儒学を学ぶ。1886年(明治19年)、佐賀中学校を卒業し、東京帝国大学法学部に進学する。在学中に、憲法学者・穂積八束の指導を受け、憲法学や政治学に興味を持つ。1891年(明治24年)、東京帝国大学法学部を卒業し、大蔵省に入省する。 大蔵省では、主税局や銀行局で勤務し、税制や金融政策の立案・実施に携わる。1899年(明治32年)、大蔵省を退官し、東京帝国大学法学部助教授に就任する。1903年(明治36年)、東京帝国大学法学部教授に昇進し、憲法学の講義を担当する。1913年(大正2年)、東京帝国大学法学部長に就任する。 1916年(大正5年)、大森光彦は、大隈重信内閣で文部大臣に就任する。文部大臣として、教育制度の改革や学校の増設などに尽力する。1918年(大正7年)、大隈重信内閣が総辞職し、大森光彦も文部大臣を退任する。 1919年(大正8年)、大森光彦は、貴族院勅選議員に勅任される。貴族院議員として、憲法改正や社会政策などについて発言する。1923年(大正12年)、関東大震災が発生し、東京帝国大学法学部が被害を受ける。大森光彦は、法学部の建物の復旧に尽力する。 1926年(昭和元年)、大森光彦は、貴族院副議長に就任する。1929年(昭和4年)、大森光彦は、貴族院議長に就任する。貴族院議長として、議会の運営に尽力する。1932年(昭和7年)、大森光彦は、貴族院議長を退任する。 1936年(昭和11年)、大森光彦は、70歳で死去する。大森光彦は、憲法学者として、憲法学の発展に貢献する。また、文部大臣や貴族院議長などの公職を歴任し、日本の政治や社会に影響を与えた。
作家

「秋瓜」(⇒多少庵秋瓜)

多少庵秋瓜とは 多少庵秋瓜とは、京都の清水寺にある塔頭、成就院の茶室に由来する茶道具のうち、水指のことを指す。 秋瓜を象った水指であり、木瓜形の水指として知られるが、多少庵では、木瓜形ではなく、瓜形の形に作っており、多少庵秋瓜と称されるようになった。 多少庵秋瓜は、茶人である千利休が、成就院の茶室に飾っていた秋瓜を見て、水指として使用したことが始まりと言われている。 千利休が使用した水指は、現在では失われてしまったが、その形や大きさは、写しとなって残されている。 多少庵秋瓜は、轆轤で成形し、木瓜または瓜の形に作られている。 表面は、黒漆や朱漆で塗り、金箔や銀箔で装飾されているものが多い。 多少庵秋瓜は、茶室の中で、季節感を演出するのに使用される。 また、水指として使用されるだけでなく、花入れとして使用されることもある。 多少庵秋瓜は、茶道具の中でも特に人気が高く、多くの茶人が所蔵している。 その美しさは、多くの茶人に愛され、現在でも茶室の中で使用され続けている。
作家

杉捷夫 – 昭和時代のフランス文学者

杉捷夫の生涯と業績 杉捷夫は、1911年(明治44年)に東京府で生まれました。旧制第一高等学校を経て、東京帝国大学文学部仏文科に入学しました。大学卒業後は、東京府立第五中学校教諭、学習院教授などを経て、1949年(昭和24年)に東京大学教養学部助教授に就任しました。1953年(昭和28年)には、東京大学教養学部教授に昇進しました。 杉捷夫は、フランス文学の研究者として知られ、特にマルセル・プルーストの研究で有名です。プルーストの『失われた時を求めて』の翻訳は、杉捷夫の代表作のひとつであり、現在でも広く読まれています。杉捷夫は、プルースト以外にも、ロマン・ロラン、アンドレ・ジッド、ポール・ヴァレリーなど、多くのフランス文学者の研究を行いました。 杉捷夫は、フランス文学の研究者としてだけでなく、フランス語教育者としても活躍しました。東京大学教養学部では、フランス語の授業を担当し、多くの学生を育てました。また、杉捷夫は、数多くのフランス語の教科書や参考書を執筆し、フランス語教育の発展に貢献しました。 杉捷夫は、1980年(昭和55年)に東京大学を定年退官しました。退官後は、東京外国語大学教授、日本フランス語フランス文学会会長などを歴任しました。杉捷夫は、1998年(平成10年)に亡くなりました。 杉捷夫は、フランス文学の研究者として、また、フランス語教育者として、大きな功績を残しました。杉捷夫の業績は、現在でも多くの研究者や教育者に影響を与えています。
作家

作家・連城三紀彦の生涯と作品

- 連城三紀彦の生い立ちと初期の作品 連城三紀彦は、1948年3月14日に福岡県福岡市に生まれました。幼い頃から読書が好きで、特に江戸川乱歩の作品に親しんでいました。中学時代には短編小説を書き始め、高校卒業後は東京の大学に進学しました。大学在学中は推理小説のサークルに参加し、本格的に小説の執筆を開始しました。 1970年に大学を卒業後、出版社に就職しました。しかし、小説の執筆は諦めず、勤務の合間を縫って作品を書き続けました。1974年に『連合窃盗』で第16回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、作家としてデビューしました。 デビュー作の『連合窃盗』は、連城三紀彦の代表作の一つであり、犯人の心理と捜査官の推理の駆け引きが巧みに描かれた本格ミステリです。また、同作は映画化もされ、人気を博しました。 1976年に『箱男』で第3回日本推理作家協会賞を受賞し、本格ミステリ作家としての地位を確立しました。『箱男』は、密室殺人事件を扱った作品であり、トリックの巧みさと意外な結末で大きな話題となりました。 1977年に『姑獲鳥の夏』で第4回吉川英治文学新人賞を受賞し、純文学作家としても高い評価を得るようになりました。『姑獲鳥の夏』は、女流作家をめぐるミステリーであり、女性心理の繊細な描写で注目を集めました。 連城三紀彦は、1980年代以降も精力的に執筆を続け、数多くの作品を発表しました。その作風は、本格ミステリから純文学まで幅広く、常に新しいことに挑戦し続けた作家でした。1996年に逝去しましたが、その作品は今もなお読み継がれています。
作家

「佐木隆三」

- 佐木隆三の生涯 佐木隆三は日本の小説家で、1945年9月16日に愛媛県松山市で生まれた。彼は法政大学社会学部を卒業後、銀行員として働いたが、1975年に「身分帳」で太宰治賞を受賞したことで作家としてデビューした。 佐木隆三は、精力的に作品を発表し、1977年に「第三の信徒」で直木賞を受賞。以降も『地上(じょう)の星』、『身分帳』、『童の宿』、『復讐するは我にあり』など、数々のベストセラーを生み出した。 佐木隆三の作品は、社会の闇や貧困、差別などの問題を扱ったものが多く、そのリアリティー溢れる描写と、読者の心に訴えかけるストーリー展開で、多くの読者から支持を集めている。 佐木隆三は、2011年12月13日に66歳で逝去した。しかし、その作品は現在もなお、多くの人々に読み継がれている。 -# 主な作品 * 第三の信徒(1977年、直木賞受賞) * 身分帳(1975年、太宰治賞受賞) * 地上の星(1981年) * 童の宿(1983年) * 復讐するは我にあり(1986年) * そして生きる(1990年) * 碧い牢獄(1993年) * 約束の地(1996年) * 最後の戦い(2001年) * 最後の家族(2004年)
作家

「後藤紀一」

小見出し 生い立ちと作風の形成 生い立ち 後藤紀一は、1975年に東京都杉並区で生まれた。幼い頃から絵を描くことが好きで、小学校の卒業文集には「将来は画家になりたい」と書いていたという。中学進学後は美術部に所属し、本格的に絵画の勉強を始める。高校卒業後は東京芸術大学に進学し、油絵を専攻した。 作風の形成 後藤紀一の作風は、写実的な風景画や静物画が特徴だ。特に、光と影の表現には定評があり、「光と影の魔術師」と称されることも多い。また、静物画では、花や果物をモチーフにすることが多いが、その精緻な描写は見る者を魅了する。 後藤紀一は、写実的な作品を描くために、膨大な時間を費やして制作している。1枚の絵を完成させるのに、数ヶ月から数年かかることもあるという。しかし、その努力の甲斐あって、彼の作品は国内外で高い評価を得ている。近年では、ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのテート・モダンなど、世界有数の美術館で個展を開催している。 後藤紀一の作品は、その写実的な描写だけでなく、そこに込められた哲学的なメッセージも魅力だ。彼は、「自然の美しさや儚さを表現したい」と語っているが、彼の作品には、人生の無常や死生観など、さまざまなテーマが描かれている。 後藤紀一は、現代を代表する写実画家として、国内外で高い評価を得ている。彼の作品は、その写実的な描写だけでなく、そこに込められた哲学的なメッセージも人々を魅了している。
歴史上の偉人

「横川景三」室町時代の僧

横川景三の生涯 横川景三は、室町時代中期の僧侶です。1409年に京都に生まれ、幼い頃から仏教を学びました。15歳で出家し、建仁寺で修行を始めました。その後、相国寺に移り、雪舟らと交流しました。1441年に中国に渡り、当時の中国の禅宗の第一人者である虚堂智愚に師事しました。10年間中国で修行した後、1451年に日本に帰国しました。 帰国後は、建仁寺、相国寺、大徳寺などの京都の有力な禅寺で住持を務めました。また、室町幕府の将軍である足利義政の帰依を受け、幕府の外交政策にも影響を与えました。1479年には、幕府の使節として中国に渡り、明の皇帝である成化帝に謁見しました。 横川景三は、禅宗の学僧としてだけでなく、政治家としても活躍しました。彼は、幕府の政策に批判的な態度をとることが多く、将軍や幕府の重臣たちと対立することもありました。しかし、彼の学識と人格は多くの権力者から敬愛されており、幕府の政策に大きな影響を与えました。 横川景三は、1507年に京都で亡くなりました。享年69歳でした。彼の死後、彼の弟子たちは彼の教えを継承し、室町時代の禅宗の発展に貢献しました。
作家

「堀辰雄」

堀辰雄の生涯と作品 堀辰雄(1902-1953)は、日本の小説家、詩人、評論家です。東京に生まれ、法政大学を中退しました。1923年に処女作「氷河」を発表し、文壇に登場しました。1930年に「風立ちぬ」を発表し、代表作となりました。1942年にフィリピンで召集され、1943年に帰国しました。1945年に「曠野」を発表し、戦後の文学界に大きな影響を与えました。1953年に肺結核のため、51歳で亡くなりました。 堀辰雄の作品は、抒情性と繊細な心理描写に特徴があります。彼の作品は、多くの読者に愛され、今もなお読み継がれています。 堀辰雄の代表的な作品は以下の通りです。 * 風立ちぬ(1930年) * 曠野(1945年) * 菜の花(1947年) * 聖家族(1949年) * 花の生涯(1953年) 堀辰雄は、日本の文学史に大きな足跡を残した作家です。彼の作品は、今もなお多くの人々に愛され続けています。
作家

高祖保→ 詩の巨匠とその時代

-高祖保の生涯と作品- * 高祖保の生誕  - 1916年9月15日、広島県広島市に生まれる。  - 幼少期より詩作に親しむ。 * 第一詩集「若き日の歌」の出版  - 1936年、第一詩集「若き日の歌」を出版。  - この詩集は、戦争や社会問題を題材にした詩が多く含まれている。 * 兵役と戦後の活動  - 1940年、兵役に就く。  - 戦後は、詩作を続けながら、詩誌「荒地」の編集長を務める。 * 第二詩集「炎える森」の出版  - 1952年、第二詩集「炎える森」を出版。  - この詩集は、原爆の悲惨さと平和への祈りをテーマにした詩が多く含まれている。 * 死去  - 1982年7月28日、広島市で死去。  - 享年65歳。 -主な作品- * 詩集  - 「若き日の歌」(1936年)  - 「炎える森」(1952年)  - 「われ敗れず」(1956年)  - 「人間の歌」(1961年)  - 「大地の歌」(1966年) * 長編詩  - 「原爆詩篇」(1959年)  - 「広島詩篇」(1965年) * 評論集  - 「詩論」(1948年)  - 「詩人と時代」(1954年)  - 「詩の運命」(1960年)
作家

「辻邦生」- 文学世界を展開する小説家

生涯と文学的功績 辻邦生は、1929年(昭和4年)3月1日、兵庫県豊岡市に生まれた。早稲田大学文学部フランス文学科を卒業後、銀行や出版社に勤務した。1960年(昭和35年)、『古寺巡礼』で芥川賞を受賞し、作家デビューを果たした。その後、幻想的で叙情的な作風で、多くの読者を魅了した。 1965年(昭和40年)には『安土城』で谷崎潤一郎賞を受賞し、1984年(昭和59年)には『サウダーデ』で野間文芸賞を受賞した。また、1993年(平成5年)には、文化勲章を受章した。 辻邦生の作品は、ポルトガルや東南アジアなどを舞台にしたものが多く、異国情緒を漂わせている。また、歴史や文化、宗教などをテーマにした作品も多く、その博識さと洞察力を評価されている。 辻邦生は、2015年(平成27年)4月6日、東京都内の病院で死去した。享年86。 辻邦生は、日本を代表する作家の一人とされ、その作品は今も多くの読者から愛されている。
作家

有島暁子-昭和時代の女性

-大見出し 有島暁子-昭和時代の女性- -小見出し 上智大学での活躍- 有島暁子は、昭和時代に活躍した日本の女性教育者、社会運動家です。上智大学教授として活躍し、女子教育の向上に貢献しました。 有島暁子は1907年、東京府に生まれました。上智大学の前身である東京女子大学に進学し、文学部英文科を卒業しました。卒業後は同大学院に学び、1933年に博士号を取得しました。 有島暁子は1934年に上智大学の教授に就任しました。英語学を担当し、女子学生の教育に尽力しました。また、「女子教育振興会」の会長として、女子教育の向上のための活動も行いました。 有島暁子は1975年に死去しました。生涯を通じて、女子教育の向上に貢献した功績を称えられ、勲三等瑞宝章を受章しています。 有島暁子は、昭和時代に活躍した日本の女性教育者、社会運動家です。上智大学教授として活躍し、女子教育の向上に貢献しました。その功績は、今日でもなお高く評価されています。 -有島暁子の上智大学での活躍- 有島暁子は、上智大学教授として、英語学を担当し、女子学生の教育に尽力しました。また、「女子教育振興会」の会長として、女子教育の向上のための活動も行いました。 有島暁子は、女子教育の向上に強い信念を持っていました。彼女は、女子にも男子と同様に高い教育を受ける機会が与えられるべきであると考えていました。そのため、彼女は女子学生の教育に力を入れていました。 有島暁子は、英語学の教授として、学生に英語の楽しさを伝えるとともに、英語を通じて異文化を理解する大切さを教えていました。また、彼女は「女子教育振興会」の会長として、女子教育の向上のための講演会やシンポジウムを開催するなど、精力的に活動していました。 有島暁子の活動は、女子教育の向上に大きな貢献をしました。彼女は、女子にも男子と同様に高い教育を受ける機会が与えられるべきであるという信念を持ち、その信念を貫いて活動したのです。有島暁子の功績は、今日でもなお高く評価されています。
作家

宮川ひろ:児童文学作家としての軌跡

-幼少期から作家への道のり- 宮川ひろは、1901年に東京で生まれました。幼い頃から本が好きで、よく図書館に通っていました。また、作文も得意で、小学校の頃から雑誌に投稿していました。 14歳のときには、長編小説「人形の旅」を執筆し、この作品が児童文学賞を受賞しました。この受賞を機に、宮川ひろは児童文学作家としての道を歩み始めました。 1924年には、児童文学誌「金の星」を創刊し、編集長を務めました。この雑誌には、宮川ひろの作品だけでなく、他の児童文学作家の作品も掲載され、日本の児童文学の発展に大きく貢献しました。 1932年には、代表作である「赤毛のアン」を翻訳しました。この作品は、日本でも大ヒットし、宮川ひろを国民的な児童文学作家にしました。 その後も、宮川ひろは数々の児童文学作品を執筆し、日本の児童文学の発展に貢献しました。1980年には、文化勲章を受章しました。 2000年に99歳で亡くなるまで、児童文学作家として活躍を続けました。 宮川ひろは、その作品を通して、子どもたちに夢と希望を与え、生きる勇気を与え続けてきました。その功績は、今もなお語り継がれています。
作家

間宮八十子(1823-1891) – 国学者・歌人

-国学者・歌人としての歩み- 間宮八十子は、幼い頃から和歌に親しみ、国学を学びました。1843年に、国学者の伴信友の門下生となり、和歌の指導を受けました。1846年には、伴信友の推薦で、江戸に遊学し、国学者・歌人の橘千蔭に入門しました。 橘千蔭のもとで、間宮八十子は和歌の技法を学び、国学の知識を深めました。また、江戸の文人墨客と交流し、その影響を受けて、和歌の創作に励みました。1848年に、間宮八十子は、第一歌集『玉琴和歌集』を刊行しました。この歌集は、好評を博し、間宮八十子を国学者・歌人として世に知らしめました。 その後、間宮八十子は、和歌の創作を続け、1853年に、第二歌集『しら菊和歌集』を刊行しました。この歌集は、前歌集よりもさらに高い評価を受け、間宮八十子を国学者・歌人の第一人者としての地位を確立しました。 1868年の明治維新後は、間宮八十子は、国学の普及に努めました。1870年には、国学の講義を行う「八十子塾」を開設し、多くの弟子を育てました。また、1876年には、国学者・歌人の島田忠臣らと協力して、『日本歌学全書』を刊行しました。この書籍は、和歌の歴史や理論を体系的にまとめたもので、国学研究の基礎文献として高く評価されています。 間宮八十子は、1891年に、69歳で亡くなりました。間宮八十子の死は、国学界・歌壇に大きな衝撃を与え、多くの人々がその功績を悼みました。間宮八十子は、国学者・歌人として、日本文化の発展に大きな貢献を果たした人物です。
作家

「知十」(⇒岡野知十(おかの-ちじゅう))

-岡野知十の「知十」とはどんな意味?- 岡野知十の「知十」とは、彼が提唱した教育思想である。知十とは、「知能の十倍」の知能という意味で、知能の10倍の知能を身につけることで、人間はあらゆる問題を解決することができると考えた。 知十の教育は、まず、生徒に基礎的な知識と技能を身につけさせることから始まる。そして、生徒が基礎を習得したら、今度は応用力を養うために、生徒にさまざまな課題を与えていく。生徒は課題を解決していく中で、知能を向上させていくことになる。 知十の教育は、生徒の自主性と創造性を重視している。生徒は課題を解決していく中で、自分で考え、自分で行動することが求められる。また、生徒は課題を解決していく中で、新しい発想やアイデアを生み出すことも求められる。 知十の教育は、生徒の知能を向上させると同時に、生徒の自主性と創造性を育む教育である。知十の教育を受けた生徒は、社会で活躍するために必要な能力を身につけることができる。 知十の教育は、岡野知十が校長を務めていた大阪の淀川中学校で実践された。淀川中学校は、知十の教育によって、全国屈指の名門校となった。知十の教育は、その後、全国の学校に広がっていき、日本の教育に大きな影響を与えた。
作家

稲垣真美 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した作家・評論家

-# 事実を丹念にほりおこし、第二次大戦下の宗教者の抵抗を跡づけた「兵役を拒否した日本人」 稲垣真美氏は、戦争と宗教の関係をテーマに執筆活動を続けている作家・評論家です。中でも、第二次世界大戦中の日本の宗教者による兵役拒否運動を扱った「兵役を拒否した日本人」(1983年)は、事実を丹念にほりおこし、その成果を丁寧にまとめ上げた名著として知られています。 「兵役を拒否した日本人」は、プロテスタントのクリスチャン、仏教徒、神道教徒など、様々な宗教に属する人々が、戦争に反対し、兵役を拒否した事例をまとめたものです。その中には、戦前に非戦を唱えて弾圧されたクリスチャン、戦時中に兵役を拒否して投獄された仏教徒、神道教の教義を盾に徴兵を拒否した人々など、様々な立場の人が含まれています。 稲垣氏は、これらの宗教者たちの行動を単なる個人の抵抗としてではなく、戦争に対する宗教者の集団的な抵抗運動として捉えています。そして、この抵抗運動は、戦後日本の民主化運動や平和運動の原点となったと主張しています。 「兵役を拒否した日本人」は、第二次世界大戦中の日本の宗教者の抵抗運動について書かれた貴重な資料であり、戦後日本の民主化運動や平和運動の歴史を理解する上でも重要な書籍です。また、宗教と戦争の関係を考える上でも、示唆に富む内容となっています。 稲垣真美氏は、1931年に東京に生まれました。東京大学文学部を卒業後、出版社に勤務し、編集者として活躍しました。1975年にフリーランスの作家となり、執筆活動に専念しました。1983年に「兵役を拒否した日本人」を出版して以来、戦争と宗教の関係をテーマに多くの著作を発表しています。稲垣氏の著作は、その緻密な調査と洞察に富んだ分析で高く評価されており、多くの読者に支持されています。
作家

ー古木鉄太郎

- 古木鉄太郎 -# 古木鉄太郎の生い立ちと経歴 古木鉄太郎は、19xx年x月x日に、東京都に生まれた。幼い頃から剣道を始め、中学、高校と剣道部に所属。高校卒業後は、大学に進学し、剣道部に所属しながら、学業に励んだ。大学卒業後は、大手企業に就職し、営業職として働いた。しかし、次第に剣道への思いが強くなり、2年後に退社。剣道の道に専念することにした。 古木鉄太郎は、退社後は、剣道場に通いながら、各地の大会に出場した。そして、20xx年の全国大会で、見事優勝を果たした。また、同年の世界大会でも優勝を果たし、一躍、剣道界のトップに躍り出た。 古木鉄太郎は、その後も、国内外で数多くの大会に出場し、優勝を飾った。そして、20xx年に、ついに念願の五輪出場を果たした。五輪では、決勝戦まで進出したが、惜しくも敗れ、銀メダルを獲得した。しかし、古木鉄太郎は、五輪での銀メダル獲得を機に、世界的な剣道選手としての地位を確立した。 古木鉄太郎は、五輪後も、第一線で活躍し続けた。そして、20xx年に、ついに世界選手権で優勝を果たした。世界選手権での優勝は、古木鉄太郎にとって悲願であり、この優勝によって、古木鉄太郎は、世界一の剣道選手としての地位を不動のものとした。 古木鉄太郎は、現在は、剣道選手を引退し、指導者として活躍している。古木鉄太郎は、後進の育成に力を注いでおり、多くの有望な剣道選手を育て上げている。