侍従次長

歴史上の偉人

甘露寺受長(1880~1977)

-伯爵としての人生- 甘露寺受長は、1914年に伯爵に叙され、華族の仲間入りを果たしました。彼は貴族院議員として、政治の世界で活躍しました。また、実業家としても成功を収め、数多くの企業の経営に携わりました。 甘露寺受長は、伯爵として華やかな生活を送りました。彼は、東京の麻布に邸宅を構え、多くの使用人を抱えていました。また、彼は旅行を好み、世界各地を巡りました。 しかし、甘露寺受長の伯爵としての生活は、必ずしも順風満帆ではありませんでした。彼は、第一次世界大戦や世界恐慌などの激動の時代を生き抜かなければなりませんでした。また、彼は貴族院議員として、様々な政治問題に取り組まなければなりませんでした。 甘露寺受長は、伯爵としての人生を全うし、1977年に亡くなりました。彼は、日本の近代史にその名を刻んだ人物として、記憶されています。 甘露寺受長は、伯爵として華やかな生活を送った一方で、政治家や実業家として、日本の近代化に貢献しました。彼は、日本の歴史にその名を刻んだ人物として、記憶されています。
政治家・活動家

重田保夫 – 昭和後期から平成時代の官僚

昭和天皇の侍従として 重田保夫は、1966年から1972年まで昭和天皇の侍従を務めました。侍従として、重田は天皇の公務を支援し、天皇の日常生活を管理しました。また、重田は天皇の側近として、天皇の政治的見解や政策決定に影響を与えました。 重田は、昭和天皇の侍従として、多くの重要な出来事を経験しました。その中には、1971年の沖縄返還や、1972年の田中角栄首相による訪中があります。重田は、これらの出来事において、天皇の秘書官として、天皇の公務を支援しました。 また、重田は、昭和天皇の侍従として、天皇の側近として、天皇の政治的見解や政策決定に影響を与えました。例えば、重田は、1972年の田中角栄首相による訪中の際に、天皇が訪中を支持する声明を出すことを提案しました。この提案は、天皇が訪中を支持する声明を出すことにつながり、田中首相の訪中を成功させるのに貢献しました。 重田は、昭和天皇の侍従として、天皇の公務を支援し、天皇の日常生活を管理しました。また、重田は、天皇の側近として、天皇の政治的見解や政策決定に影響を与えました。重田は、昭和天皇の侍従として、多くの重要な出来事を経験し、天皇の側近として、天皇の公務を支援し、天皇の日常生活を管理しました。