信州大学

学術分野の人

伊藤武男 – 絹の物理 química 研究で知られた大正・昭和時代の蚕糸学者

-伊藤武男の生涯- 伊藤武男は、1898年(明治31年)に石川県金沢市で生まれました。東京帝国大学農学部蚕糸学科を卒業後、1922年(大正11年)から東京高等蚕糸学校(現・東京農業大学)の教授を務めました。1928年(昭和3年)には、ヨーロッパとアメリカ合衆国に留学しました。帰国後は、東京帝国大学農学部蚕糸学科の教授に就任し、1942年(昭和17年)には、同大学の総長に就任しました。 伊藤武男は、蚕糸学の分野で多くの研究を行い、特に絹の物理 química 研究で知られています。絹の物理化学的研究は、絹の構造や性質を明らかにすることを目的としており、伊藤武男は、絹の構造をX線回折法によって解析し、絹の性質と構造の関係を明らかにしました。また、伊藤武男は、絹の染色性についても研究を行い、絹の染色性を向上させる方法を開発しました。 伊藤武男の研究成果は、蚕糸産業の発展に大きく貢献しました。伊藤武男は、1949年(昭和24年)に、文化勲章を受章し、1969年(昭和44年)に、逝去しました。
歴史上の人物

宮下琢磨とその業績

-近代教育への貢献- 宮下琢磨氏は近代教育の普及と発展に大きな貢献をしました。彼は、1872年に東京師範学校に入学し、1875年に卒業しました。卒業後は、東京府の小学校で教鞭を執り、1879年に東京師範学校に戻って助教授となりました。1885年には、文部省の学校督学官に任命されました。 学校督学官として、宮下氏は全国の小学校を視察して指導を行いました。また、教育に関する講演や論文を発表し、近代教育の普及に努めました。1890年には、文部省の参事官に任命され、1893年には、文部大臣に任命されました。 文部大臣として、宮下氏は近代教育制度の整備に努めました。1893年には、小学校令を改正して尋常小学校の修業年限を6年に延長し、1894年には、中学校令を改正して中学校の修業年限を5年に延長しました。また、1895年には、高等師範学校を創設しました。 宮下氏の近代教育への貢献は大きく、彼の功績は今日でも高く評価されています。
学術分野の人

―望月市恵

-望月市恵学歴と経歴- 望月市恵は、1973年1月1日に東京で生まれた。 -学歴- 望月市恵は、東京大学法学部を卒業後、ハーバード大学ロースクールで法学修士号を取得した。 -経歴- 望月市恵は、卒業後は、ニューヨークの法律事務所で弁護士として働いた。その後、日本に戻り、東京の法律事務所で弁護士として働いた。 2017年に、希望の党から衆議院議員選挙に出馬し、当選した。 2018年に、希望の党が国民民主党と合流したことに伴い、国民民主党の衆議院議員となった。 2021年に、国民民主党を離党し、無所属となった。 現在は、弁護士として活動している。
学術分野の人

亀井節夫とゾウの化石

古生物学者の亀井節夫 亀井節夫は、1925年に東京都に生まれました。1953年に東京大学理学部地学科を卒業し、1955年に東京大学大学院理学研究科地質学専攻に進学しました。1958年に博士号を取得し、1960年に東京大学理学部専任講師に就任しました。1965年に東京大学理学部助教授に昇進し、1971年に東京大学理学部教授に就任しました。1990年に定年退職し、1991年に東京大学名誉教授の称号を授与されました。 亀井節夫は、古生物学、特に脊椎動物の進化に関する研究で知られています。1960年代初頭には、ゾウの化石の研究を本格的に開始しました。1965年に、栃木県下野市で発見されたゾウの化石を研究し、新種のゾウであることを明らかにしました。このゾウは、亀井節夫によって「シモツケゾウ」と命名されました。シモツケゾウは、約200万年前の鮮新世に生息していたゾウの一種であり、現生のアジアゾウやアフリカゾウの祖先であると考えられています。 亀井節夫は、シモツケゾウの研究に加えて、ゾウの化石の分布や進化に関する研究も行いました。1970年代には、中国や東南アジアで発見されたゾウの化石の研究を行い、ゾウの進化の歴史を明らかにしました。また、1980年代には、アフリカで発見されたゾウの化石の研究を行い、ゾウの祖先であるメリテリウムの化石を発見しました。メリテリウムは、約4,000万年前の始新世に生息していた哺乳類の一種であり、現生のアジアゾウやアフリカゾウの祖先であると考えられています。 亀井節夫のゾウの化石に関する研究は、ゾウの進化の歴史を解明する上で大きな貢献を果たしました。亀井節夫は、ゾウの化石の研究の第一人者として、国内外で高い評価を受けていました。1991年に逝去しましたが、彼の研究成果は現在もなお、多くの研究者に影響を与えています。
学術分野の人

小松和彦 – 文化人類学者・民俗学者

- 小松和彦の生涯と経歴 小松和彦は、1934年2月12日、東京都に生まれた。文化人類学者、民俗学者である。 1957年に東京大学文学部社会学科を卒業した。1960年に東京大学大学院社会学研究科博士課程を単位取得満期退学。1962年から1964年まで、東京大学東洋文化研究所の助手として働いた。1964年から1966年まで、ハーバード大学東アジア研究センターの研究員として留学した。 1966年に東京大学教養学部助教授に就任し、1970年に教授に昇進した。1990年に東京大学総長に就任し、1994年まで務めた。1994年から1997年まで、総合研究大学院大学学長を務めた。 1997年から2003年まで、文化庁長官を務めた。2003年から2006年まで、東京大学名誉教授を務めた。2006年から2009年まで、国際日本文化研究センター所長を務めた。 2010年に没した。 小松和彦の研究分野は、文化人類学、民俗学、日本文化論などである。特に、日本人の宗教観や死生観、民俗芸能などについて多くの研究を行った。 小松和彦は、日本の文化人類学と民俗学の発展に大きく貢献した。また、日本文化を海外に発信する活動にも尽力した。
歴史上の人物

市川慶蔵 – 昭和時代の教育者

市川慶蔵の生涯 市川慶蔵は、1886年(明治19年)に愛知県に生まれた。1911年(明治44年)に東京高等師範学校を卒業後、小学校教員として働き始めた。1919年(大正8年)に東京府立第一中学校に転任し、校長を務めた。1923年(大正12年)に東京市教育局長に就任し、1932年(昭和7年)に文部大臣に就任した。1934年(昭和9年)に総理大臣に就任し、1936年(昭和11年)まで務めた。 市川慶蔵は、教育者として、新教育制度の確立や国民教育の振興に尽力した。また、総理大臣として、軍備拡張や満州事変の拡大を推進した。1936年(昭和11年)に二・二六事件が発生し、市川慶蔵は辞任した。 市川慶蔵は、1945年(昭和20年)に死去した。享年59歳。
学術分野の人

針塚長太郎-明治・昭和時代の教育者

-アメリカとドイツへの留学- 針塚長太郎は、日本の明治・昭和時代の教育者です。1853年に薩摩藩士の子として生まれ、1870年に渡米してペンシルベニア州立大学に入学しました。その後、ドイツに留学してベルリン大学で学び、1883年に帰国しました。 帰国後は、東京大学教授、帝国教育会会長、文部大臣などを歴任し、日本の教育制度の整備に尽力しました。また、女子教育の振興にも力を入れ、日本女子大学を創設しました。 針塚長太郎は、アメリカとドイツの教育制度を研究し、その成果を日本の教育制度に取り入れました。特に、ドイツのギムナジウム制度をモデルとした中学校制度の導入は、日本の教育制度の発展に大きな影響を与えました。 針塚長太郎は、日本の近代教育の父として知られており、その功績は現在も高く評価されています。 -アメリカ留学- 針塚長太郎は、1870年に渡米してペンシルベニア州立大学に入学しました。ペンシルベニア州立大学は、アメリカの老舗大学のひとつであり、多くの著名人を輩出しています。針塚長太郎は、ペンシルベニア州立大学で西洋の学問を学び、その知識を日本の教育制度の整備に役立てました。 -ドイツ留学- 針塚長太郎は、1874年にドイツに留学してベルリン大学に入学しました。ベルリン大学は、ドイツで最も古い大学のひとつであり、世界有数の研究大学として知られています。針塚長太郎は、ベルリン大学で教育学や哲学を学び、その知識を日本の教育制度の整備に役立てました。 針塚長太郎は、アメリカとドイツの教育制度を研究し、その成果を日本の教育制度に取り入れました。特に、ドイツのギムナジウム制度をモデルとした中学校制度の導入は、日本の教育制度の発展に大きな影響を与えました。
政治分野の人

早川権弥の生涯 – 廃娼運動に生涯を捧げた政治家

明治17年の飯田事件と逮捕 早川権弥の政治家としての活動は、1884年(明治17年)の飯田事件から始まります。飯田事件とは、長野県飯田市で起こった大規模な娼妓暴動事件です。遊廓での暴動鎮圧に派遣された早川は、娼妓たちの悲惨な境遇に心を痛め、娼妓の救済と廃娼運動に生涯を捧げることを決意しました。 飯田事件後、早川は長野県会議員に当選し、廃娼運動に取り組み始めます。廃娼運動は困難を極めましたが、早川は諦めずに活動を続けました。1898年(明治31年)、早川は衆議院議員に当選し、国政の場でも廃娼運動を訴えます。 1900年(明治33年)、早川は衆議院議員を辞職し、世界巡回講演に出かけます。世界各地で廃娼運動について講演し、海外での人脈を築きました。帰国後、早川は再び衆議院議員に当選し、廃娼運動を推進します。 1907年(明治40年)、早川は衆議院議員を辞職し、廃娼運動に専念します。東京市会議員に当選し、東京市内の遊廓の閉鎖を目指しました。1918年(大正7年)、早川は東京市会議員を辞職し、廃娼運動団体の「日本廃娼会」を設立しました。 早川は廃娼運動に生涯を捧げ、1921年(大正10年)に亡くなりました。早川の廃娼運動は、日本の社会問題の解決に大きく貢献しました。
政治分野の人

人物辞典 – 前川忠夫(1909-1988):農業土木学者・政治家

-学者・政治家としての前川忠夫の経歴- 前川忠夫は、1909年(明治42年)に愛媛県松山市に生まれ、1988年(昭和63年)に東京都で亡くなりました。彼は、農業土木学者であり、政治家でもありました。 前川忠夫は、1934年(昭和9年)に東京帝国大学農学部を卒業し、その後、東京帝国大学大学院に進学しました。1937年(昭和12年)に、東京帝国大学助教授に就任し、1941年(昭和16年)に、東京帝国大学教授に昇任しました。 前川忠夫は、農業土木学の分野で多くの研究を行い、1950年(昭和25年)に、農業土木学会の会長に就任しました。また、1952年(昭和27年)には、日本学術会議の会員に選出されました。 前川忠夫は、1958年(昭和33年)に、参議院議員に当選し、参議院議員を3期務めました。在任中は、農林水産委員長や、運輸委員長などを歴任しました。 前川忠夫は、農業土木学の分野で多くの功績を残し、また、政治家として活躍しました。彼は、1988年(昭和63年)に、79歳で亡くなりました。
学術分野の人

「三吉米熊」(1860-1927)

# 「三吉米熊」(1860-1927) - 三吉米熊の生涯 三吉米熊は、1860年(万延元年)に、大坂(現在の大阪)に生まれました。幼い頃から絵に興味を持ち、独学で絵を学び始めました。1879年(明治12年)に、東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学し、本格的に絵画を学び始めました。 東京美術学校卒業後は、日本画壇の重鎮である渡辺崋山の門下生となり、日本画の技法を学びました。1891年(明治24年)に、渡米し、アメリカで絵画を学びました。アメリカ滞在中は、印象派の絵画に大きな影響を受け、帰国後は、日本画に印象派の技法を取り入れた作品を多く発表しました。 三吉米熊は、1927年(昭和2年)に、東京で亡くなりました。享年67歳でした。三吉米熊の作品は、日本画壇に大きな影響を与え、現在でも多くの美術館に所蔵されています。 三吉米熊の代表作には、以下のものがあります。 * 「鮭」(1891年) * 「稲穂」(1894年) * 「柳」(1896年) * 「菊」(1900年) * 「花鳥図」(1905年) 三吉米熊は、日本画壇を代表する画家の一人であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。
学術分野の人

大谷元 – 信州大学名誉教授

-農業技術研究者としての功績- 大谷元氏は、農業技術の研究において多大な功績を残した。氏は、1950年に信州大学農学部を卒業後、同大学大学院に進学し、1953年に博士号を取得した。その後、信州大学農学部助教授、教授を歴任し、1988年に名誉教授となった。 氏の研究は、主に水稲の品種改良と栽培技術の開発に焦点を当てていた。氏は、水稲の耐病性品種の開発に成功し、水稲の生産量の増加に貢献した。また、水稲の栽培技術を改良し、水稲の収量を向上させた。 氏は、農業技術の研究において、多くの賞を受賞している。1980年には、農林水産大臣賞を受賞し、1985年には、朝日農業賞を受賞した。 氏の研究は、日本の農業の発展に大きく貢献した。氏の研究成果は、現在でも日本の農業で使用されており、日本の農業の生産性の向上に役立っている。 -水稲の品種改良- 大谷元氏は、水稲の品種改良に成功し、水稲の耐病性品種の開発に貢献した。氏は、1960年代に、水稲のいもち病に強い品種である「信濃錦」を開発した。いもち病は、水稲の主要な病害であり、水稲の生産量を低下させる。信濃錦は、いもち病に強い品種であるため、水稲の生産量の増加に貢献した。 また、氏は、1970年代に、水稲の blast 病に強い品種である「信濃美山」を開発した。blast 病は、水稲の主要な病害であり、水稲の生産量を低下させる。信濃美山は、blast 病に強い品種であるため、水稲の生産量の増加に貢献した。 -水稲の栽培技術の開発- 大谷元氏は、水稲の栽培技術を改良し、水稲の収量を向上させた。氏は、1960年代に、水稲の直播栽培技術を開発した。直播栽培とは、水稲の種子を直接水田にまく栽培方法である。直播栽培は、従来の水稲の栽培方法である田植えよりも省力化が可能であり、水稲の生産コストを削減することができる。 また、氏は、1970年代に、水稲の減農薬栽培技術を開発した。減農薬栽培とは、農薬の使用量を減らして水稲を栽培する方法である。減農薬栽培は、農薬による環境汚染を軽減することができる。 氏の研究成果は、日本の農業の発展に大きく貢献した。氏の研究成果は、現在でも日本の農業で使用されており、日本の農業の生産性の向上に役立っている。
その他

遠藤守信:カーボンナノチューブの発見と開発に貢献した電気・電子工学者

-カーボンナノチューブの発見- 1991年、日本の電気・電子工学者である遠藤守信率いる研究チームは、カーボンナノチューブを初めて発見しました。この発見は、炭素原子が六角形の格子状に配列したナノスケールの管状構造であるカーボンナノチューブの可能性を世界に知らしめました。 カーボンナノチューブは、そのユニークな電子的、機械的、光学的特性により、様々な分野で応用が期待されています。例えば、カーボンナノチューブは、軽量で強度が高いため、航空宇宙産業や自動車産業で軽量化材料として使用することができます。また、カーボンナノチューブは、電子デバイスの性能を向上させるためにも使用することができます。 遠藤守信の研究チームは、カーボンナノチューブの発見により、ナノテクノロジーの発展に大きく貢献しました。カーボンナノチューブは、現在では様々な分野で研究開発が行われており、次世代の材料として大きな期待を寄せられています。 -遠藤守信の功績- 遠藤守信は、カーボンナノチューブの発見に加えて、カーボンナノチューブの合成方法や特性の研究にも貢献しました。また、遠藤守信は、カーボンナノチューブの応用研究にも積極的に取り組んでおり、カーボンナノチューブを用いた電子デバイスの開発や軽量化材料の開発などに成功しています。 遠藤守信の研究成果は、ナノテクノロジーの発展に大きく貢献し、世界中から注目を集めています。遠藤守信は、2002年にノーベル物理学賞を受賞し、その功績が称えられました。