信玄

歴史上の人物

平賀源心とは?戦国時代の武将の生涯と功績

-平賀源心の生い立ちと出自- 平賀源心は、戦国時代の甲斐国(現在の山梨県)武田信玄の重臣であり、信玄四天王の一人と呼ばれています。信玄の死後は武田家を支え続け、武田勝頼の滅亡後も生き延びましたが、最終的には徳川家康に仕え、江戸時代まで生き延びました。 平賀源心の出自については、諸説ありますが、甲斐国八代郡平賀庄(現在の山梨県笛吹市一宮町)の出身であることが有力視されています。父は、平賀忠勝または平賀頼勝、母は、武田信玄の叔父である武田信友の娘であるといわれています。源心は、幼い頃から武田家に出仕し、信玄の側近として仕えました。 信玄の死後は、武田勝頼を支え続けましたが、勝頼の滅亡後は徳川家康に仕えました。家康のもとでは、甲斐国の統治を任され、江戸幕府の成立に貢献しました。源心は、1614年に死去し、甲斐国八代郡平賀村(現在の笛吹市一宮町)にある平賀神社に葬られました。
歴史上の人物

武田信虎(1494-1574):戦国時代の甲斐の守護大名

武田信虎の生涯 武田信虎は、戦国時代の甲斐の守護大名です。武田信玄の父として知られています。 信虎は、1494年に武田信縄の嫡男として生まれました。1521年に信縄が死去すると、家督を継いで甲斐の守護大名となりました。 信虎は、戦国大名として数々の戦いに臨み、領土を拡大しました。1541年には、信濃の諏訪氏を滅ぼして諏訪地方を支配下に置きました。また、1548年には、越後の上杉謙信と川中島で戦いました(川中島合戦)。 しかし、信虎は、家臣団の不満を招き、1541年に家督を嫡男の武田信玄に譲りました。信玄は、父である信虎を追放し、信虎は、駿河の今川氏を頼りました。 信虎は、駿河で、今川氏と協力して、信玄と戦いましたが、1554年に和睦しました。その後、信虎は、甲斐に戻り、隠居しました。 信虎は、1574年に死去しました。享年は81歳でした。 信虎は、戦国大名として、数々の戦いに臨み、領土を拡大しました。しかし、家臣団の不満を招き、家督を嫡男の信玄に譲りました。信虎は、戦国時代の甲斐を代表する大名の一人です。
歴史上の人物

岡本実貞 – 江戸時代前期の兵法家

-武田家臣の父と兄- 岡本実貞の父は、武田信玄の家臣である岡本実清であり、兄は岡本実政である。実清は、武田信玄の側近として活躍し、信玄の死後は信勝に仕えた。しかし、信勝が謀反を起こした際には、実清は信勝を裏切って織田信長に内通した。そのため、信長は甲斐を侵攻し、信勝を自害に追い込んだ。 実政は、実清の死後に家督を継ぎ、武田勝頼に仕えた。勝頼の死後は、徳川家康に仕えたが、関ヶ原の戦いでは西軍に属した。そのため、関ヶ原の戦い後に改易され、浪人となった。 実貞は、実政の死後に家督を継ぎ、浪人となった。その後、徳川家康に仕官し、旗本となった。実貞は、兵法に優れており、徳川秀忠の側近として活躍した。また、実貞は、兵法書である『岡目八目』を著したことで知られている。 岡本実貞は、武田家臣の父と兄を持ち、浪人となったが、徳川家康に仕官し、旗本となった。また、実貞は、兵法に優れており、徳川秀忠の側近として活躍した。さらに、実貞は、兵法書である『岡目八目』を著したことで知られている。