俳人

文学分野の人

阿部完市 – 精神科医であり俳人であった昭和後期から平成時代の詩人

-阿部完市の生涯と俳句の世界- 阿部完市は、1915年(大正4年)に愛知県名古屋市に生まれた精神科医で、俳人でもあります。 1938年に名古屋帝国大学医学部を卒業し、名古屋市立病院の精神科医として勤務しました。 1958年に精神科医として独立し、名古屋市内でクリニックを開業しました。 阿部完市が俳句を始めたのは、16歳の時でした。 高浜虚子の句集「五百句」を読んで俳句に興味を持ち、俳句を詠み始めました。 1934年に地元の俳句結社「名古屋俳句会」に入会し、1935年にはその機関誌である「名古屋俳句」の編集長に就任しました。 1940年に上京し、高浜虚子の主宰する俳句結社「ホトトギス」に入会しました。 1946年に「ホトトギス」の同人となり、1956年には「ホトトギス」の編集長に就任しました。 1959年に句集「にんげんの庭」を出版し、1960年に芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。 1962年に俳人協会副会長に就任し、1967年に俳人協会会長に就任しました。 1970年に句集「定方位」を出版し、1971年に紫綬褒章を受章しました。 1974年に句集「野に降る雪」を出版し、1975年に日本芸術院会員に就任しました。 1980年に句集「枯野」を出版し、1981年に読売文学賞を受賞しました。 1984年に句集「大いなる日」を出版し、1985年に文化功労者に選出されました。 阿部完市は、1989年に74歳で逝去しました。 阿部完市の俳句は、日常の生活の中で見つけた小さな発見や感動を、平易な言葉で詠んだものが多く、多くの人々に親しまれています。 また、阿部完市の俳句は、精神科医としての経験を活かして、心の病に苦しむ人々の心情を詠んだものが多くあります。 阿部完市の俳句は、時代を超えて読み継がれる名句として、現代でも多くの人々に愛されています。
文学分野の人

– 図司呂丸 (?-1693)

図司呂丸の生涯 図司呂丸は、17世紀の日本の武士で、赤穂浪士四十七士の一人です。1693年の吉良上野介暗殺事件に参加し、その功績で賞賛されました。 図司呂丸は、播磨国赤穂藩の藩士、大高忠雄の息子として生まれました。1683年に赤穂藩主・浅野長矩が吉良上野介に刃傷沙汰を起こし、切腹を命じられた後、図司呂丸は赤穂浪士の一人として吉良上野介の暗殺を計画しました。 1693年12月14日、赤穂浪士四十七士は、吉良上野介の屋敷を襲撃し、吉良上野介を殺害しました。図司呂丸は、この襲撃で吉良上野介の首を討ち取りました。 吉良上野介を殺害した後、赤穂浪士四十七士は、切腹を命じられました。図司呂丸は、1701年2月4日に切腹しました。 図司呂丸は、赤穂浪士四十七士の一人として、忠義と名誉を重んじる武士として知られています。彼の生涯は、日本の武士道の精神を象徴するものとして、今日でも語り継がれています。
文学分野の人

佐久間柳居 – 江戸時代中期の俳人

- 佐久間柳居の生涯 佐久間柳居は、江戸時代中期の俳人です。元禄15年(1702年)、江戸(現在の東京都)で生まれました。本名は佐久間季とともにいい、柳居は号です。 柳居は幼い頃から俳諧に親しみ、17歳の時に芭蕉に入門しました。芭蕉の死後、蕪村のもとで学び、元文5年(1740年)に『柳居集』を出版しました。『柳居集』は、柳居の代表作であり、江戸俳壇に大きな影響を与えました。 柳居は、天明7年(1787年)に86歳で亡くなりました。江戸の深川永代寺に葬られました。 柳居は、芭蕉の蕉風を受け継ぎ、写生を重んじる俳諧を確立しました。柳居の俳句は、簡潔で平明でありながら、風情があり、多くの人々に愛されています。 柳居の代表的な句には、次のようなものがあります。 * 「月見れば竹の影さえ涼しげなり」 * 「富士を見るや人馬もけさのしら露に」 * 「初しぐれ猿も小蓑をほしさうに」 柳居は、江戸俳壇を代表する俳人であり、その功績は今日でも高く評価されています。
文学分野の人

雪中庵梅年とは?没年から描く服部梅年の生涯

雪中庵梅年の略歴と人生 雪中庵梅年は、江戸時代前期に活躍した浮世絵師です。浮世絵の基礎を確立した人物の一人として知られ、特に美人画の分野で高い評価を受けています。 梅年は、1626年(寛永3年)に京都で生まれました。本名は服部梅年といい、別名に服部源助、服部源太夫があります。幼い頃から絵の才能を発揮し、10代の頃から浮世絵師として活動を始めました。 1650年(慶安3年)に上京し、江戸で浮世絵師として活躍します。当時は、浮世絵はまだ庶民の間で広く普及しておらず、梅年は浮世絵の普及に努めました。 梅年は、美人画を得意とし、特に「見返り美人図」と呼ばれる作品で知られています。また、役者絵や風俗画も描き、庶民の生活や文化をリアルに表現しました。 梅年は、1690年(元禄3年)に65歳で亡くなりました。彼の死後、浮世絵はさらに発展し、日本文化を代表する芸術の一つとなりました。 梅年は、浮世絵の基礎を確立した人物の一人であり、その功績は高く評価されています。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛され続けています。
文学分野の人

– 関立志

-4代立志(浅見立志)の門人- 4代立志(浅見立志)の門人には、多くの優れた武士がいた。その中でも特に有名なのが、以下の4人である。 * -直江兼続-上杉景勝の重臣として、数々の戦いで活躍した。兼続は、立志から兵法を学び、その才能を遺憾なく発揮した。特に、関ヶ原の戦いでは、徳川家康の軍勢を相手に善戦し、上杉家の存続に貢献した。 * -伊達政宗-奥州の戦国大名。政宗は、立志から兵法と政治の手腕を学び、数々の戦いで勝利を収めた。政宗は、その武勇と智謀で、天下にその名を轟かせた。 * -真田幸村-信濃の戦国大名。幸村は、立志から兵法を学び、その才能を遺憾なく発揮した。幸村は、大阪冬の陣・夏の陣で、徳川家康の軍勢を相手に善戦し、その名を知らしめた。 * -島津義弘-薩摩の戦国大名。義弘は、立志から兵法を学び、その才能を遺憾なく発揮した。義弘は、朝鮮出兵で、明の軍勢を相手に善戦し、その名を知らしめた。 これら4人は、4代立志(浅見立志)の門人の中でも特に優れた武士であり、その才能を遺憾なく発揮して、戦国乱世を生き抜いた。
文学分野の人

友田梢風→ 小川風麦の娘で松尾芭蕉の門人

友田梢風は、江戸時代前期の俳人。大坂生まれ。本名は友田宗因。父は友田宗淳、母は小川風麦。芭蕉の門人となり、初号は「巴濯」を称した。 蕉門に入る前は大阪で素封家となり、俳諧に関しては万治3年ころに大坂で宗甫門に入った。宗甫は巴濯の才能を認め、伊勢への同行を数回にわたり勧めている。元禄3年3月、江戸の宗房を訪れて以降、宗房門にかたより、去来とも交流した。 元禄5年春、母方の叔父・小川風麦の死によって、丹南にあった小川家の家督をついだ。 芭蕉は元禄5年、東海道を下って大坂を訪れたが、このとき巴濯は芭蕉を家へ迎え、自分の俳諧の本懐を伝え、「宗因」と名づけた。 元禄6年冬、芭蕉は野ざらし紀行に旅したが、この旅で亡くなった。享年51。宗因は、芭蕉の死後、蕉風を伝えることに努めた。 元禄7年には蕉の百回忌法要を大坂で行っている。 宗因が蕉風の代表的連歌集とされる『猿蓑』をおそらく芭蕉の没後編集したとされる。 元禄14年4月、宗因は自ら命を絶った。享年65。 宗因の俳諧は、芭蕉の蕉風をそのまま継承したもので、蕉風の正統として高く評価されている。 宗因の句には、 * 旅に病んで夢は枯野をかけ廻る * 花は花わが宿はさかり酒盛 * 鳥酔いて歌えや酒のありどころ などがある。 宗因は、蕉風を代表する俳人の一人で、その句は現在も多くの俳人に愛誦されている。
文学分野の人

– 関為山(1804-1878)

-桜井梅室の門人- 関為山は、江戸時代後期の儒学者であり、桜井梅室の門人として知られています。為山は、1804年に紀伊国日高郡山崎村(現在の和歌山県日高町)に生まれました。幼少期より学問に優れ、15歳の時に梅室の門下生となりました。梅室の教えを受け、孔孟の思想や朱子学を学びました。 為山は、梅室の死後、その学統を継いで儒学の普及に努めました。和歌山藩の儒官として仕え、藩校・学習館の教授を務めました。また、私塾を開いて多くの弟子を育てました。その弟子の中には、後に儒学者として活躍した中根迂雲や田原俊顕などがいます。 為山は、儒学の研究だけでなく、和歌や書道にも優れていました。特に和歌は、梅室から「和歌の大家」と称されるほどでした。为山の和歌は、梅室の影響を受けており、清雅で幽玄な作風が特徴です。 為山は、1878年に75歳で亡くなりました。その死は、和歌山藩や儒学界に大きな衝撃を与えました。為山は、儒学の普及と和歌の発展に貢献した功績により、現在でも和歌山県で尊敬されています。 -為山の思想- 為山の思想は、梅室の教えを基盤としています。梅室は、儒教の根本思想である「仁」を重視しました。仁とは、人と人との間に存在する思いやりや愛情のことであり、梅室は仁を「天下の公道」と呼びました。 為山は、梅室の仁の思想を受け継ぎ、仁を社会の根幹に据えるべきだと考えました。為山は、儒学の教えを基に、社会の秩序や人々の道徳を説きました。また、為山は和歌を通じて、人々の心を慰め、世の中に平和をもたらそうとしました。 為山の思想は、和歌山藩の藩政にも影響を与えました。為山は、藩主の徳川斉順に儒学の教えを説き、斉順の政治思想の形成に貢献しました。斉順は、為山の教えを受け、藩政改革を行い、和歌山藩を近代化しました。 為山の思想は、和歌山県や儒学界に大きな影響を与えました。為山は、儒学の普及と和歌の発展に貢献した功績により、現在でも和歌山県で尊敬されています。
文学分野の人

「岡田氷壺」

# 「岡田氷壺」 岡田氷壺は、明治から昭和にかけて活躍した俳人です。本名は岡田正俊。尾張国名古屋(現在の愛知県名古屋市)出身。 1870年(明治3年)、三河国豊橋(現在の愛知県豊橋市)に生まれる。1891年(明治24年)、名古屋で新聞記者となる。1895年(明治28年)、尾崎紅葉主宰の俳誌「ホトトギス」に入門。1901年(明治34年)、同誌の同人となる。 氷壺の俳風は、写生を重んじる写生俳句を基本とし、写実的な表現を特徴としています。また、季語を巧みに用いて、情景や心情を詠み上げることに優れていました。 氷壺は、1935年(昭和10年)に「ホトトギス」の主宰となり、1945年(昭和20年)まで務めました。 氷壺は、1947年(昭和22年)に77歳で逝去しました。 - 双雀庵2代目 氷壺は、「双雀庵」の2代目として知られています。 双雀庵は、1889年(明治22年)に俳人・正岡子規が東京市下谷区上野桜木町(現在の東京都台東区上野桜木)に建てた草庵です。 子規は、1896年(明治29年)に双雀庵で没し、その後、双雀庵は荒廃してしまいました。 1928年(昭和3年)、氷壺は、双雀庵を再建し、2代目として住み始めました。 氷壺は、双雀庵で俳句を詠み、俳人や文学者を招いて交流を深めました。 氷壺は、1945年(昭和20年)まで双雀庵に住み続け、その後、双雀庵は再び荒廃してしまいました。 現在、双雀庵は跡地公園として整備されています。
歴史上の人物

内藤義概 – 江戸時代前期の大名と俳人

-内藤義概の生涯と功績- 内藤義概は、江戸時代前期の大名であり俳人でもありました。晩年は、俳号の「西山宗因」を用いていました。1562年に美濃国に生まれ、1616年に亡くなりました。 義概は、豊臣秀吉に仕えていた武将であり、九州征伐や朝鮮出兵にも従軍しました。関ヶ原の戦いでは、徳川家康に味方し、功績を挙げました。徳川幕府成立後は、甲斐国谷村藩の藩主となり、甲府城の築城にも携わりました。また、家康の側近として仕え、大老・本多正信の失脚にも関与しました。 義概は、俳諧を愛好しており、茶人として茶の湯にも通じていました。茶室「孤篷庵」を建立し、松尾芭蕉を招いて俳諧の会を開いたこともあります。また、俳諧の論書「宗因千句」を著し、俳諧の発展に貢献しました。 義概は、政治家としての手腕を発揮するとともに、俳人としても功績を残した優れた人物でした。 義概の主な功績は以下の通りです。 * 関ヶ原の戦いで徳川家康に味方して功績を挙げ、甲斐国谷村藩の藩主となる。 * 甲府城の築城に携わる。 * 家康の側近として仕え、大老・本多正信の失脚に関与する。 * 俳諧を愛好し、茶人としても茶の湯に通じる。 * 茶室「孤篷庵」を建立し、松尾芭蕉を招いて俳諧の会を開く。 * 俳諧の論書「宗因千句」を著し、俳諧の発展に貢献する。
経済分野の人

菅礼之助→ 実業家、俳人

菅礼之助の生涯 菅礼之助は、1879年(明治12年)3月2日に、兵庫県御影町(現・神戸市東灘区御影町)で、菅藤兵衛の四男として生まれました。1902年(明治35年)に、東京商科大学(現・一橋大学)を卒業後、住友銀行に入行しました。1910年(明治43年)に、住友銀行のニューヨーク支店長となり、1915年(大正4年)には、住友銀行のロンドン支店長となりました。1919年(大正8年)に、住友銀行の取締役となり、1922年(大正11年)には、住友銀行の常務取締役となりました。 1927年(昭和2年)に、住友銀行の副頭取となり、1931年(昭和6年)には、住友銀行の頭取に就任しました。1941年(昭和16年)に、住友銀行の会長に就任し、1942年(昭和17年)に、大日本産業報国会会長に就任しました。1945年(昭和20年)に、大日本産業報国会会長を辞任し、住友銀行の会長も辞任しました。 菅礼之助は、1956年(昭和31年)3月22日に、東京都で死去しました。享年77歳でした。 菅礼之助は、実業家としてだけでなく、俳人としても知られています。1919年(大正8年)に、俳誌「ホトトギス」に投句し、高浜虚子に認められました。1926年(大正15年)に、俳誌「ホトトギス」の同人となり、1931年(昭和6年)には、俳誌「ホトトギス」の主宰となりました。 菅礼之助は、俳人としては、写生を重んじ、写生を俳句の根本としました。また、俳句は人生の真実を詠むべきものであると考え、俳句に人生の真実を詠みました。菅礼之助は、俳句によって、人生の真実を詠み、多くの人々に感動を与えました。
文学分野の人

「下郷伝芳」-江戸時代中期-後期の俳人

-# 下郷伝芳の生涯 下郷伝芳は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した俳人です。1716年(享保元年)、武蔵国高麗郡富士見村(現在の埼玉県日高市)に生まれました。本姓は下郷氏、名は良信。通称は甚五郎。別号は芭蕉翁遺志、更始、草の庵、丈白軒、与楽軒など。 伝芳は、幼い頃から俳諧を好み、10代の頃には江戸に出て、芭蕉の門人である其角に師事しました。其角の死後は、芭蕉の孫弟子である炭太祇に師事し、その指導を受けました。 伝芳は、芭蕉の蕉風を継承し、清澄で雅趣に富む俳句を多く残しました。また、俳諧の理論家としても知られ、俳諧の格調や表現方法について論じた著書を数多く残しました。 伝芳は、1788年(天明8年)、73歳で生涯を閉じました。その功績を称えて、墓は埼玉県日高市の傳芳寺に建てられました。 伝芳の俳句は、現在でも多くの人々に愛読されており、その蕉風は、現代の俳句にも大きな影響を与えています。
文学分野の人

塩谷鵜平 – 明治時代から昭和時代前期の俳人

-明治10年生まれの俳人- 塩谷鵜平は、明治10年(1877年)に三重県に生まれた俳人です。本名は塩谷卯之輔といい、号は鵜平のほか、碧山、青峰、離合也などを用いました。 鵜平は、幼い頃から俳句に興味を持ち、15歳のときに初めて俳句を詠みました。その後、上京して俳句の勉強を始め、正岡子規や高浜虚子などの俳人と交流しました。 明治37年(1904年)、鵜平は俳句結社「ホトトギス」に入会し、俳句の指導を受けました。翌年には、虚子の勧めで「馬酔木」を創刊し、主宰を務めました。 馬酔木は、新傾向俳句の結社として知られ、俳壇に大きな影響を与えました。鵜平は、馬酔木の主宰として、新傾向俳句の普及に努め、多くの俳人を育てました。 鵜平の俳句は、写生を重んじ、自然の美しさや人間の生活を詠んだものが多くあります。また、ユーモアのある俳句も得意としました。 鵜平は、昭和23年(1948年)に72歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在でも多くの人に親しまれています。 鵜平は、明治から昭和にかけて活躍した俳人であり、新傾向俳句の普及に貢献した人物です。その作品は、現在でも多くの人に親しまれています。
芸能分野の人

中村東蔵(2代):江戸時代後期の歌舞伎役者

-中村東蔵(2代)の生涯- 中村東蔵(2代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。本名は中村東三郎。屋号は中村屋。定紋は重ね五丁杏。俳名は大龍。 1797年(寛政9年)、江戸の深川清澄町(現在の東京都江東区清澄)に生まれる。父は歌舞伎役者の3代目中村富蔵。母は中村富十郎の娘。幼名は東蔵。 1805年(文化2年)、9歳の時に中村富藏の養子となり、中村里蔵の名で初舞台を踏む。1811年(文化8年)、中村里菊と改名。1817年(文化14年)、中村松蔵と改名。 1820年(文政3年)、中村東蔵と改名し、立役として活躍する。1825年(文政8年)、中村東蔵を襲名。 1830年(文政13年)、市川海老蔵 (7代目)との争いで免許を剥奪されるが、1833年(天保4年)に赦免され、復帰する。 1844年(弘化元年)、中村芝翫 (5代目)と改名。1852年(嘉永5年)、中村東蔵に復帰する。 1868年(慶応4年)、明治維新後は中村梅玉と改名。1878年(明治11年)、中村東蔵に復帰する。 1880年(明治13年)、京都で死去。享年84。 中村東蔵は、歌舞伎の立役として活躍し、その端正な顔立ちと優れた演技力で人気を博した。特に、荒事の演技を得意としており、「荒事の東蔵」と呼ばれた。
文学分野の人

宮沢武曰-江戸時代後期の俳人

-宮沢武曰-江戸時代後期の俳人- -天明3年生まれの常世田長翠の門人- 宮沢武曰は、江戸時代後期の俳人です。天明3年(1783年)に越後国蒲原郡(現在の新潟県阿賀野市)に生まれました。常世田長翠の門人となり、俳諧を学びました。 武曰は、文化11年(1814年)に『雪消集』を出版しました。この句集は、武曰の代表作であり、多くの俳人に影響を与えました。武曰の俳句は、写生を重視しており、自然の美しさや季節の移ろいを巧みに表現しています。 武曰は、文政13年(1830年)に48歳で亡くなりました。しかし、彼の俳句は、現在でも多くの俳人に愛されています。 -武曰の俳句- * 春の海ひかりの波の砕くるとも * 夏の月軒の杉の木照りてかな * 秋の風野焼きのけむり白くして * 冬の富士山のぼり来る朝あらし これらの句は、いずれも武曰の写生を重視した俳句の特色をよく表しています。自然の美しさや季節の移ろいを巧みに表現しており、読む人に鮮やかな情景を思い浮かばせます。
文学分野の人

「加部琴堂」

豪商として活躍した加部琴堂 加部琴堂は、江戸時代中期の豪商であり、加賀藩の御用商人として活躍しました。加賀藩は、現在の石川県に位置する藩であり、藩主の前田氏は、江戸幕府の五大老の一人として権勢を振るっていました。加部琴堂は、加賀藩の御用商人として、加賀藩の財政を支える役割を果たしました。また、加部琴堂は、加賀藩の文化振興にも貢献しています。加部琴堂は、加賀藩の藩主である前田綱紀の命を受けて、加賀藩の藩校である明倫堂を創設しました。明倫堂は、加賀藩の武士の子弟を教育する学校であり、多くの優秀な人材を輩出しました。また、加部琴堂は、加賀藩の藩主である前田吉徳の命を受けて、加賀藩の藩医である杉田玄白を江戸に派遣しました。杉田玄白は、江戸でオランダ医学を学び、日本の医学の発展に貢献しました。 加部琴堂は、加賀藩の御用商人として、加賀藩の財政を支える役割を果たし、また、加賀藩の文化振興にも貢献しました。加部琴堂は、加賀藩の藩主である前田綱紀の命を受けて、加賀藩の藩校である明倫堂を創設しました。明倫堂は、加賀藩の武士の子弟を教育する学校であり、多くの優秀な人材を輩出しました。また、加部琴堂は、加賀藩の藩主である前田吉徳の命を受けて、加賀藩の藩医である杉田玄白を江戸に派遣しました。杉田玄白は、江戸でオランダ医学を学び、日本の医学の発展に貢献しました。
文学分野の人

池永淵-「池永碧於亭」(⇒池永碧於亭(いけなが-へきおてい))について

-池永淵の生涯- 池永淵は、江戸時代中期から後期にかけての文人画家、篆刻家です。享保2年(1717年)、尾張国名古屋の裕福な商家に生まれました。幼名は辰之助、後に淵と改名しました。 淵は、幼い頃から絵や書を学び、才覚を発揮しました。10代の後半には、京都に出て、画家・篆刻家の亀田鵬斎(かめだ-ほうさい)に入門しました。鵬斎から絵画や篆刻を学び、多くの作品を制作しました。 20代前半には、江戸に出て、文人画家の谷文晁(たに-ぶんちょう)と出会いました。文晁から絵画を学び、文晁の画風を学びました。 30代になると、名古屋に戻り、文人画を学び、多くの作品を制作しました。また、篆刻家としても活躍し、多くの作品を残しました。 40代後半には、再び江戸に出て、文人画家の渡辺崋山(わたなべ-かざん)と出会いました。崋山から絵画を学び、崋山の画風を学びました。 50代になると、名古屋に戻り、文人画を学び、多くの作品を制作しました。また、篆刻家としても活躍し、多くの作品を残しました。 60代前半には、再び江戸に出て、文人画家の田能村竹田(たぬむら-ちくでん)と出会いました。竹田から絵画を学び、竹田の画風を学びました。 60代後半には、名古屋に戻り、文人画を学び、多くの作品を制作しました。また、篆刻家としても活躍し、多くの作品を残しました。 文化11年(1814年)、70歳で亡くなりました。 淵は、文人画家、篆刻家として活躍し、多くの作品を残しました。また、文人画の普及に貢献した功績で知られています。
文学分野の人

寺村百池-江戸時代中期~後期の俳人-

-与謝蕪村に入門し、絵は円山応挙、茶道を6代藪内紹智に学ぶ- 寺村百池は江戸時代中期から後期の俳人である。1729年、京都の商人である寺村家の次男として生まれた。幼名は仁一。1749年に与謝蕪村に入門し、俳号を百池と名乗る。蕪村は、当時京都で活躍していた俳人で、百池に俳諧の基礎を教えた。 また、百池は絵を円山応挙に、茶道を6代藪内紹智に学んだ。応挙は、京都の画家で、写生を重視した新しい画風を確立した人物である。百池は応挙から写生の大切さを学び、俳諧の作品にも写生を活かした。紹智は、京都の茶人で、裏千家の家元である。百池は紹智から茶道の心得を学び、俳諧の作品にも茶道の精神を取り入れた。 百池は、俳諧、絵、茶道など、さまざまな分野で活躍した。1765年に、蕪村の死後に『猿蓑』を編纂し、蕪村の俳風を世に広めた。また、1773年に『山桜』を編纂し、自らの俳風を確立した。百池の俳諧は、写生と茶道の精神を活かし、自然の美しさや人間の心情を繊細に表現した。 百池は、1807年に京都で亡くなった。享年79。百池の俳諧は、江戸時代後期の俳諧を代表するものであり、今日でも多くの俳人に影響を与えている。
文学分野の人

「古川太無」-江戸時代中期の俳人

-古川太無の生涯と功績- * -生い立ち- 古川太無は、江戸時代中期の俳人です。1708年(宝永5年)に江戸に生まれました。本名は古川太郎兵衛で、通称は太無。俳号は太無の他に、無着、如阿などがありました。 * -俳句との出会い- 太無が俳句を始めたきっかけは、芭蕉の俳句を読んだことにあります。芭蕉の俳句に感銘を受けた太無は、俳句を学ぶために芭蕉の門下生である炭太祇に入門しました。太祇のもとで太無は俳句の基礎を学び、次第に自分の作風を確立していきました。 * -蕉風俳諧の継承- 太無は芭蕉の俳句を継承し、蕉風俳諧の発展に貢献しました。蕉風俳諧とは、芭蕉が提唱した俳諧のことで、自然をありのままに詠むことを特徴としています。太無は蕉風俳諧の精神を忠実に受け継ぎ、多くの名句を残しました。 * -江戸座の俳人- 太無は江戸座の俳人として活躍しました。江戸座とは、江戸で開かれていた俳諧の句会組織のことです。太無は江戸座の有力な俳人として、句会の運営や俳句の指導などに携わりました。また、太無は江戸座の俳人たちの作品を集めた俳諧集『江戸座俳諧集』を編纂しました。 * -蕉門十哲の一人- 太無は芭蕉の門下生の中で特に優れた10人の俳人の一人に数えられています。この10人の俳人を蕉門十哲と呼びます。蕉門十哲は、芭蕉の俳句を継承し、蕉風俳諧の発展に貢献した俳人として知られています。太無は蕉門十哲の一人として、後世の俳人に大きな影響を与えました。 * -晩年- 太無は1771年(明和8年)に亡くなりました。享年64歳でした。太無の死後、彼の作品は多くの俳諧集に収められ、後世の俳人に読み継がれていきました。太無は蕉風俳諧の発展に貢献した功績を称えられ、現在でも多くの俳人に尊敬されています。
文学分野の人

– 「自明」

-自明の俳句作品の特徴- ・-日常の何気ない出来事を切り取る- 自明の俳句の特徴のひとつは、日常の何気ない出来事を切り取って表現するということです。例えば、次の句は、作者が朝起きたときに感じたことを表現しています。 -朝起きて 窓を開ければ 鳥の鳴き声- この句は、朝起きて、窓を開けたとき、鳥の鳴き声が聞こえてきたことを表現しています。これは、とても日常的な出来事ですが、自明の俳句では、このような日常の出来事を切り取って表現することで、その瞬間の美しさや不思議さを描き出します。 ・-五感を駆使して表現する- 自明の俳句の特徴のもうひとつは、五感を駆使して表現することです。例えば、次の句は、作者が夏の花火大会で見た情景を表現しています。 -夏の夜 花火大会 五感刺激- この句は、夏の夜、花火大会で見た情景を、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感を駆使して表現しています。目の前に花火が上がる様子、花火の音、花火の匂い、花火の味、花火の感触など、五感で感じたことをすべて表現することで、花火大会の臨場感をリアルに伝えています。 ・-季語を用いる- 自明の俳句の特徴の3つ目は、季語を用いることです。季語とは、季節を表す言葉のことで、自明の俳句では、季語を用いることで、その句がどの季節に詠まれたものであるかを表現しています。例えば、次の句は、作者が秋の情景を表現しています。 -秋の夜 月明かりの下 虫の鳴き声- この句は、秋の夜、月明かりの下で虫が鳴いている情景を表現しています。この句には、「秋」、「夜」、「月明かり」、「虫の鳴き声」という4つの季語が用いられており、これらの季語を用いることで、この句が秋の夜に詠まれたものであることがわかります。 ・-余白を大切にする- 自明の俳句の特徴の4つ目は、余白を大切にするということです。自明の俳句では、句の最後に余白を設けることで、読者に想像の余地を与えています。例えば、次の句は、作者が夏の情景を表現しています。 -夏の風 そよそよと吹く 木々の葉擦れの音- この句は、夏の風、木々の葉擦れの音という2つの季語を用いて、夏の情景を表現しています。この句の最後には余白が設けられており、読者は、この句を読みながら、夏の風の心地よさや、木々の葉擦れの音の涼しさを想像するすることができます。 これらは、自明の俳句作品の特徴の一例です。自明の俳句は、日常の何気ない出来事を切り取って表現し、五感を駆使して表現し、季語を用い、余白を大切にすることで、その瞬間の美しさや不思議さを描き出します。
歴史上の人物

鵜沢是橘 – 江戸時代の医師と俳人

# 鵜沢是橘の生涯 鵜沢是橘は、江戸時代の医師であり俳人である。1724年(享保9年)、武蔵国児玉郡深谷宿(現在の埼玉県深谷市)に生まれた。幼名は小兵衛、通称は理兵衛。号は是橘、他に翰峰、潮仙、山樵などがある。 是橘は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。14歳の時、江戸に出て、医師である父・鵜沢是栄の弟子となった。是栄は、蘭学を修めた医師であり、是橘は、父から医学を学び、蘭学にも通じた。 是橘は、27歳の時、江戸で開業医となった。また、俳句を好み、俳諧にも親しんだ。1757年(宝暦7年)には、俳諧の会である「中興俳諧会」を創設した。中興俳諧会は、後に「是橘門」と呼ばれるようになり、江戸俳壇で大きな影響力を持つようになった。 是橘は、1791年(寛政3年)、68歳で江戸で死去した。 是橘は、医師として、多くの患者を診て、その病気を治癒した。また、俳人として、多くの俳句を詠み、その作品は、現在でも多くの人々に愛されている。
文学分野の人

ー「若月保治」と「若月紫蘭」

若月保治 ー 生涯と功績 若月保治は、明治28年(1895年)8月14日、長野県埴科郡坂城町に生まれた。 父は若月安之助、母はマツ。 保治は、6人兄弟の末っ子だった。 保治は、幼い頃から体が弱く、学校に通うことができなかった。 しかし、独学で勉強し、15歳の時には、新聞記者として働き始めた。 その後、保治は、郷里の長野県に戻り、農業を営みながら、執筆活動を続けた。 昭和2年(1927年)、保治は、長野県会議員に当選し、政界入りした。 保治は、県会議員として、農村振興や教育の充実などに尽力した。 また、保治は、郷土の歴史や文化にも造詣が深く、多くの郷土史を執筆した。 昭和20年(1945年)、保治は、長野県知事に就任した。 県知事として、保治は、戦後の復興に尽力した。 また、保治は、長野県の観光開発にも力を入れた。 昭和23年(1948年)、保治は、県知事を辞任し、政界を引退した。 その後、保治は、郷里の長野県に戻り、執筆活動を続けた。 保治は、昭和49年(1974年)5月19日、80歳で死去した。 保治は、生涯を通じて、郷土の発展に尽力した。 その功績を称え、長野県には、若月保治記念館が建てられている。
文学分野の人

神田二葉子の生涯と俳諧江戸通り町

神田二葉子の生涯 神田二葉子は、江戸時代前期の女性俳人です。慶長6年(1601年)に江戸の神田淡路町に生まれ、寛文12年(1672年)に没しました。本名は神田氏、通称は二葉子、法名は良順院です。 二葉子は、幼い頃から和歌や俳諧を学び、10代の頃には俳諧の師である松尾芭蕉に出会い、その指導を受けました。芭蕉は、二葉子の才能を高く評価し、二葉子は芭蕉の門下生として俳諧を学びました。 元和4年(1618年)に二葉子は結婚し、夫とともに江戸神田に住みました。二葉子は、夫とともに俳諧を楽しみ、また、俳諧の仲間たちと交流しました。二葉子は、俳諧の才能を発揮し、多くの俳句を詠みました。二葉子の俳句は、江戸の街並みや人々の暮らしを描いたものが多く、江戸の風情を感じさせるものとなっています。 二葉子は、寛文12年(1672年)に62歳で亡くなりました。二葉子は、江戸の俳諧の発展に貢献した女性俳人として知られています。二葉子の俳句は、江戸の街並みや人々の暮らしを描いたものが多く、江戸の風情を感じさせるものとなっています。 二葉子は、江戸の俳諧の発展に貢献した女性俳人として知られています。二葉子の俳句は、江戸の街並みや人々の暮らしを描いたものが多く、江戸の風情を感じさせるものとなっています。
文学分野の人

高桑義生 – 大正-昭和時代の小説家、俳人

-# 土岐善麿に学ぶ生活派短歌 大正から昭和にかけて活躍した歌人・小説家、高桑義生(1893-1956)は、土岐善麿の影響を受けた「生活派短歌」の代表的な歌人として知られています。土岐善麿は、生活の日常性を題材に、その中に潜む美しさや豊かさを詠んだ歌人であり、彼の歌風は、清新で力強いものとして当時の歌壇に大きな影響を与えました。 高桑義生は、土岐善麿の短歌に共感し、彼を師匠として仰いでいました。高桑義生は、土岐善麿から、生活の日常性を題材に詠むこと、そして、歌に個性を表現することの大切さを学びました。高桑義生の歌も、土岐善麿の歌と同様に、清新で力強いものとなっています。 高桑義生の歌は、主に、生活の日常性を詠んでいます。彼の歌には、家族との触れ合い、自然の美しさ、社会の出来事など、様々な題材が詠まれています。しかし、彼の歌は、単なる写生的なものではなく、そこに、高桑義生の人生観や世界観が込められています。 高桑義生の歌は、また、個性を表現したものであるとも言えます。彼の歌は、土岐善麿の歌と同様に、伝統的な短歌とは一線を画しています。高桑義生の歌は、自由な発想と、斬新な表現によって特徴づけられています。 高桑義生は、土岐善麿の影響を受けた生活派短歌の代表的な歌人として、その名を歴史に残しました。彼の歌は、清新で力強く、そして個性的なもので、多くの人々に愛されています。
文学分野の人

「尾崎放哉」-明治-大正時代の俳人

-尾崎放哉の生涯- 尾崎放哉は、1885年(明治18年)に愛媛県宇和島市で生まれた俳人です。本名は尾崎政太郎。尾崎放哉という俳号は、酒に酔って法事を放り出してしまったことから、放埒という言葉を自分なりに言い換えて「放哉」としたそうです。 尾崎放哉は、14歳の時に父を亡くし、17歳の時に上京して新聞記者や編集者として働きました。しかし、1924年(大正13年)に肺結核を患って退職。その後は、放浪の旅を続けながら俳句を詠みました。 尾崎放哉の俳句は、自由律で、日常の些細な出来事や風景を詠ったものが多くあります。また、酒や恋を詠んだ俳句も多く、その洒脱で飄々とした作風が特徴です。 尾崎放哉は、1958年(昭和33年)に72歳で亡くなりました。 -尾崎放哉の主な作品- * 「咳をしても一人」 * 「酒は呑めども呑むほどにさびしくてひとり呑みいる秋の夜の雨」 * 「こころにのこるうたがひはさくらちる」 * 「枯れ尾花我がからだより穂こぼるる」 * 「人生のどん底はいつも我が住家」 -尾崎放哉の評価- 尾崎放哉は、自由律俳句の開拓者として、日本の近代俳句の発展に大きな影響を与えた俳人です。その洒脱で飄々とした作風は、多くの人々に愛され、現在でも根強い人気を誇っています。