俳諧

研究者

松永昌易→ 江戸時代前期の儒者

-松永昌易の生涯と業績- 松永昌易は、江戸時代前期の儒者である。1610年、京都に生まれる。本姓は上杉氏。名は正介、字は子猶。号は梅園。 昌易は、幼少より学問を好み、10歳の時に京都の儒者、林羅山に入門した。16歳で、羅山より印可(免状)を授けられ、諸国を遊歴して儒学を講じた。 1637年、昌易は徳川家光に召されて、江戸幕府の儒官となった。昌易は、家光から厚い信任を受け、1641年に侍講となった。1647年には、昌易の建議により、幕府は明の儒者、朱舜水の招来を決定した。 朱舜水は、1650年に来日し、昌易の弟子となった。昌易は、朱舜水から明の儒学を学び、朱子学を大成させた。 昌易は、1657年に62歳で没した。昌易の死後、その弟子たちは昌易の学説を継承し、昌易の学説は江戸時代の儒学に大きな影響を与えた。 昌易の主要な著作には、以下のものがある。 * 『梅園集』 * 『大学或問』 * 『中庸或問』 * 『論語或問』 昌易の学説は、朱子学を大成したもので、江戸時代の儒学に大きな影響を与えた。昌易の学説は、儒教を重視し、社会秩序の維持を重視した。昌易の学説は、徳川幕府の支配に利用され、江戸時代の社会秩序の維持に貢献した。
作家

「桃江園雛亀」

- 「桃江園雛亀」とその生涯 桃江園雛亀(とうこうえんひなき)は、江戸時代後期から明治時代初期にかけて活躍した日本の浮世絵師です。本名は長谷川重次郎、のちに長谷川豊吉と改名しました。 桃江園雛亀は、安永8年(1779年)に江戸の両国橋畔に生まれました。父は長谷川重蔵といい、人形師を営んでいました。雛亀は幼い頃から絵を描くことに興味を持ち、10歳の頃から絵師に弟子入りして浮世絵を学びました。 雛亀は、師匠のもとで才能を発揮し、15歳で浮世絵師としてデビューしました。その後、歌川豊国や歌川国貞などの浮世絵師のもとで修行を積み、天保年間(1830~1844年)には江戸の浮世絵界で活躍するようになりました。 雛亀は、美人画や役者絵、風景画など幅広いジャンルの浮世絵を制作しました。特に、美人画は清らかで品のよい女性を描いたものが多く、人気を博しました。また、役者絵では、歌舞伎役者の表情や仕草を巧みに捉えた作品を多く残しています。 雛亀は、浮世絵師として活躍する傍ら、絵画の教師としても活躍しました。多くの弟子を育て、その中には歌川広重や歌川国芳など、後に浮世絵界を代表する浮世絵師となった人物も含まれています。 雛亀は、明治11年(1878年)に80歳で亡くなりました。浮世絵界に大きな足跡を残した浮世絵師の一人として、その功績は今もなお高く評価されています。