側室

歴史上の人物

「お伝の方」

- 御伝の方の概要 御伝の方は、1868年に京都で生まれた日本の女性です。名は岡田志乃。1883年に有栖川熾仁親王と結婚し、熾仁親王妃となりました。熾仁親王との間に男子をもうけましたが、子は夭折しています。1908年に熾仁親王が薨去すると、御伝の方は落飾して御伝尼公と号しました。1946年に薨去するまで、夫の遺志を継いで慈善活動に尽力しました。 御伝の方は、日本の皇族として初めて女官制度を導入したことでも知られています。また、皇族として初めて小学校に入学した人物でもあります。皇族として初めて看護師の資格を取得し、日赤看護婦として従軍した人物でもあります。 御伝の方は、日本の皇族として初めて看護師の資格を取得し、日赤看護婦として従軍した人物でもあります。日清戦争では、看護婦長として従軍し、前線で傷ついた兵士を看護しました。日露戦争でも、同様に看護婦長として従軍し、傷ついた兵士を看護しました。 御伝の方は、日本の皇族として初めて女官制度を導入したことでも知られています。また、皇族として初めて小学校に入学した人物でもあります。皇族として初めて看護師の資格を取得し、日赤看護婦として従軍した人物でもあります。御伝の方は、日本の皇族として初めて看護師の資格を取得し、日赤看護婦として従軍した人物でもあります。日清戦争では、看護婦長として従軍し、前線で傷ついた兵士を看護しました。日露戦争でも、同様に看護婦長として従軍し、傷ついた兵士を看護しました。
歴史上の人物

– 「お利尾の方」

- 「お利尾の方」
歴史上の人物

お八重の方の歴史と生涯

- お八重の方の生涯 お八重の方(おやえのかた、1547年~1627年5月11日)は、戦国時代から江戸時代にかけて生きた、日本の女性である。徳川家康の側室であり、徳川義直・徳川頼宣の母である。名は、お鍋の方、お八重、八重姫、お万の方、お玉の方とも呼ばれた。 お八重の方は、1547年に三河国額田郡岩津(現在の愛知県岡崎市岩津町)で生まれた。父は、松平清康の曾孫にあたる松平広忠である。母は、清康の娘である於大の方である。お八重の方は、姉に亀姫、弟に松平広忠がいる。 お八重の方は、幼い頃から聡明で、武芸にも秀でていた。1560年に、徳川家康と結婚した。家康とは、23歳違いだった。お八重の方は、家康の側室となったが、正室である築山殿に次ぐ立場にあった。 お八重の方は、家康との間に、義直と頼宣の2人の男子をもうけた。義直は、1599年に尾張藩の藩主となり、頼宣は、1600年に紀伊藩の藩主となった。 関ヶ原の戦い後、徳川将軍家が開かれた。家康は、1603年に征夷大将軍に就任した。お八重の方は、家康の側室として、江戸城で暮らした。 お八重の方は、1627年に江戸城で死去した。享年81歳。お八重の方は、増上寺に葬られた。 お八重の方は、徳川将軍家の繁栄に貢献した女性である。彼女は、聡明で、武芸にも秀でており、家康の側室として、江戸城で暮らした。お八重の方は、徳川将軍家の繁栄に貢献した女性であり、その功績は称賛されるべきである。
歴史上の人物

今参局 – 室町時代の三魔の一人、日野富子と敵対した女性

室町時代における今参局の生涯 今参局は、室町時代の公家であり、日野富子と敵対した女性として知られています。彼女は、1428年に生まれ、1499年に亡くなりました。 今参局の父は、今参局の代官を務めた今参局頭であり、母は、室町幕府の第6代将軍である足利義教の妹でした。今参局は、幼い頃から聡明で知られ、和歌や蹴鞠などにも長じていました。 1441年、今参局は、室町幕府の第8代将軍である足利義政の側室となりました。今参局は、義政の寵愛を受け、義政との間に2人の子を儲けました。 しかし、1467年に、義政の側室である日野富子が義政との間に男子を儲けたことで、今参局の立場は危うくなりました。日野富子は、今参局を疎んじ、今参局を追い出そうとしました。 今参局は、日野富子の迫害を逃れるため、1469年に義政と離縁しました。今参局は、その後、尼僧となり、京都の常徳寺で暮らしました。 1478年、日野富子の夫である義政が亡くなり、義政の跡を継いだ義尚が没しました。日野富子の息子である足利義稙が室町幕府の第10代将軍となりました。 今参局の意向も汲み取りこれを容れ、森元氏や山科言継ら日野富子の傍近に奉公していた者を処罰し、今参局の讒言により義尚追放の罪に陥れた武田信玄、法華宗の僧侶らも捕縛し処罰しました。 1489年、今参局は、日野富子の孫である足利義材を室町幕府の第11代将軍に擁立しました。しかし、義材は、すぐに細川晴元に追放され、将軍を追われることになりました。 今参局は、義材の追放後は、常徳寺で尼僧として暮らしました。1499年、今参局は、常徳寺で亡くなりました。
歴史上の人物

安芸貞守 – 南北朝時代の産科医

- 安芸貞守の生涯と功績 安芸貞守は、南北朝時代に活躍した日本の産科医です。 貞守は、1317年に安芸国(現在の広島県)に生まれました。父は、安芸国の国守護を務めた安芸貞宗で、母は、足利尊氏の娘である足利直子でした。貞守は幼い頃から聡明で、18歳で京都に上洛し、医学を学びました。 貞守は、医学の才能に恵まれ、すぐに頭角を現しました。23歳で、京都の産科医として開業し、多くの女性の出産を助けました。貞守は、産科医としての手術の腕前は天下随一と評判になり、京都だけではなく、全国各地から多くの女性が貞守の出産を依頼してきました。 また、貞守は、産科医学の研究にも熱心に取り組み、多くの医学書を著しました。その中でも、貞守が1353年に著した『安芸貞守産科指南書』は、日本の産科医学史上に残る名著として知られています。 貞守は、1385年に68歳で死去しました。貞守の死は、日本の産科医学界に大きな損失を与えました。しかし、貞守が残した医学書は、多くの医師に読まれ、日本の産科医学の発展に貢献しました。 貞守の功績は、以下の通りです。 * 日本で初めて、産科医学を専門とした医師として活躍した。 * 多くの医学書を著し、日本の産科医学の発展に貢献した。 * 全国各地から多くの女性が出産を依頼するほど、産科医としての手術の腕前は天下随一であった。
歴史上の人物

宝暦12年貞次郎を生んだお品の方とは?

宝暦12年貞次郎を生んだお品の方とは?
歴史上の人物

お美津の方 – 江戸時代後期の徳川家慶の側室

- お美津の方 – 江戸時代後期の徳川家慶の側室 -# 生い立ちと入内 お美津の方は、水戸藩士・松平信清の娘として、寛政5年(1793年)に誕生しました。幼名は英(はな)。母は森氏がその養母となっています。 お美津の方は、幼い頃から聡明で容姿も美しいと評判でした。17歳の時、徳川家慶の御台所である牧の方(近衛忠熙の娘)の侍女として江戸城に奉公することになります。その美しさは江戸城内でも評判となり、家慶の目に留まりました。 文化3年(1806年)、お美津の方は家慶の側室となり、於美津の方の称号を賜りました。この時、家慶は25歳、お美津の方は14歳でした。 於美津の方は、家慶との間に5人の子女をもうけました。 - 長男徳川家定 - 次男徳川家祥 - 三男徳川家慶 - 四男徳川家芳 - 五男徳川家宣 於美津の方は、男子を5人も出産したことで、家慶の寵愛を受けました。また、その聡明さと徳行を誉められ、家慶の側室の中では最も権勢を誇ったとされます。 文政4年(1821年)、家慶が第12代将軍に就任すると、於美津の方は将軍家御台所となり、広大院の院号を賜りました。 天保3年(1832年)、家慶が死去すると、於美津の方は落飾して法号を英心院と改めました。 嘉永3年(1850年)、於美津の方は江戸城西の丸で死去しました。享年58。
歴史上の人物

徳川吉宗の側室、和歌山城奥勤めとなった「お梅の方(2)」とは

-お梅の方(2)の生涯- お梅の方(2)は、徳川吉宗の側室で、和歌山城奥勤めとなった女性です。和歌山県出身で、生年は不詳ですが、没年は享保13年(1728年)とされています。 お梅の方(2)は、吉宗が紀州藩主時代、和歌山城に仕えていました。吉宗が将軍として江戸城に入った後も、和歌山城奥勤めとして仕えていました。 吉宗は、お梅の方(2)を非常に寵愛しており、2人の間に5人の子供が生まれました。しかし、お梅の方(2)は、享保13年(1728年)に30歳の若さで亡くなりました。 お梅の方(2)の死後、吉宗は、側室としてお浜の方(3)を迎えましたが、お梅の方(2)のことを忘れずにいました。そして、お梅の方(2)の死後、11年後の享保24年(1739年)、和歌山城内に「お梅の方(2)の碑」を建立しました。 お梅の方(2)の碑は、和歌山城の西の丸庭園にある、紀州徳川家の墓所の中にあります。碑には、「肥前守源朝臣吉里菩提也」と刻まれており、お梅の方(2)の戒名である「肥前守源朝臣吉里」が記されています。 お梅の方(2)の碑は、吉宗が、お梅の方(2)のことを深く愛していたことを示すものであり、和歌山城を訪れる観光客に人気のスポットとなっています。
歴史上の人物

お以登の方

-生涯- お以登の方は、1586年、豊臣秀吉の側室として誕生しました。父は蒲生氏郷、母は阿智姫です。お以登の方は幼い頃から聡明で、秀吉の寵愛を受けました。1598年に秀吉が亡くなると、7歳の時から徳川家康の養女となり、江戸城で暮らしました。1603年に徳川秀忠と結婚し、家康の孫である徳川家光を産みました。お以登の方は家光の教育に力を入れ、家光が将軍になると、政務にも携わりました。1623年に家光が亡くなると、出家して「崇源院」と号しました。1651年に亡くなるまで、徳川家の繁栄に尽くしました。 お以登の方は、豊臣秀吉の側室として誕生し、徳川家康の養女となり、徳川秀忠と結婚しました。徳川家光の母として、政務にも携わり、徳川家の繁栄に尽くしました。
歴史上の人物

お利尾の方 – 江戸時代後期の大奥女中

-お利尾の方と寛政の改革- お利尾の方とは、江戸時代後期に大奥女中として仕え、寛政の改革に尽力した人物である。本名は高田多喜であり、天明4年(1784年)に生まれた。幼少の頃から聡明で、多くの書物を好んで読んだという。寛政3年(1791年)、18歳の時に大奥に入り、御年寄となり、後に御中臈に昇進した。 お利尾の方は、当時の将軍徳川家斉の寵愛をうけており、大奥で大きな権力を有していた。寛政の改革においては、家斉の側近として改革を支えた。 寛政の改革とは、寛政12年(1800年)から寛政14年(1802年)にかけて、老中松平定信が主導した政治改革である。緊縮財政、奢侈禁止、人情粛正などを行い、江戸幕府の財政再建を目指した。 お利尾の方は、松平定信と親しく交流しており、改革を積極的に推進した。例えば、お利尾の方は、奢侈禁止令を強化し、大奥で華美な衣装を着用することを禁じた。また、御手水役という役職を廃止し、大奥の経費を削減した。 寛政の改革は、当初は一定の成果を上げたが、やがて行き過ぎとなり、庶民の生活を圧迫するようになった。そのため、改革は挫折し、松平定信は失脚した。 お利尾の方も、寛政の改革の失敗により、大奥での権力を失った。しかし、その後も家斉の寵愛は変わらず、大奥で隠然たる影響力を持ち続けた。文化13年(1816年)、33歳の時に病死した。 お利尾の方は、寛政の改革に尽力した女傑として、後世に語り継がれている。
歴史上の人物

お定の方:徳川家慶の側室

-お定の方の生涯- お定の方(おさだのかた、1786年5月27日 - 1812年2月3日)は、江戸時代後期の徳川家慶の側室。御台所・広大院の侍女から、妾となった。実名は於定。法号は浄眼院。 お定の方の生涯については、史料によって異なる記述が見られる。以下は、比較的信頼できる複数の史料を照合した生涯である。 1786年5月27日、江戸城西丸下の茶ノ木町の酒造家(嘉右衛門)の娘として生まれる。生家は、代々酒造業を営んでいた。 1802年、16歳の時に、将軍徳川家慶の御台所・広大院の侍女となる。 1803年、家慶の妾となり、翌1804年に長男・徳川家慶の子を産むが、夭折する。 1806年、次男・徳川家慶の子を産む。この子も早世する。 1807年、三男・徳川家慶の子を産む。この子も早世する。 1808年、四男・徳川家慶の子を産む。この子も早世する。 1809年、五男・徳川家慶の子を産む。この子は、徳川家定として江戸幕府の12代将軍となる。 1812年2月3日、25歳で死去する。死因は不明であるが、産後の肥立が悪化したためと推測されている。 お定の方は、家慶の側室として、5人の男子を産んだが、いずれも早世するか、将軍になる前に死去したため、将軍家を継承することはできなかった。しかし、お定の方は、家慶の寵愛を受け、将軍家の中で一定の影響力を持っていたとみられる。
歴史上の人物

お波奈の方とは?

-お波奈の方の生涯- お波奈の方は、16世紀半ばに生まれたとされる女性です。尾張国の出身で、織田信長の側室となりました。お波奈の方の生涯については、あまり多くがわかっていない部分もありますが、彼女が織田信長の寵愛を受けたことは確かなようです。 お波奈の方と織田信長の出会いは、1567年頃のことだと言われています。信長は尾張国で勢力を拡大しており、その過程で、お波奈の方の父である織田信秀と同盟を結びました。お波奈の方は、父である信秀の勧めもあり、信長の側室となりました。 お波奈の方は、信長との間に一子を儲けました。息子は織田信忠といい、後に織田家の後継者となりました。信忠は、父である信長と同じく、戦上手として名を馳せましたが、1582年、本能寺の変で明智光秀に謀殺されました。 お波奈の方の晩年は、不幸なものでした。1582年、本能寺の変で信長が亡くなると、彼女は信長の家臣によって追放されました。その後、彼女は京都や大阪などを転々とし、貧困の中で暮らしたと言われています。 お波奈の方は、1613年に京都で亡くなりました。享年67歳でした。彼女の墓は、京都市の東山にある大雲院にあります。 お波奈の方は、信長の寵愛を受けた側室でしたが、その生涯は悲劇的なものでした。しかし、彼女が織田家の存続に果たした役割は大きく、今日でもその功績を称える声があります。
歴史上の人物

おさいの方とは?その生涯と逸話

-おさいの方の生い立ちと生涯- おさいの方は、江戸時代中期の大名、伊達宗村の正室。伊達綱村の母として知られています。1677年、伊予松山藩主・松平定直の娘として生まれ、1695年に伊達宗村と結婚しました。 おさいの方は、貞淑で賢明な女性として知られており、夫の宗村を支えて伊達家の繁栄に貢献しました。また、庶民の暮らしにも心を配り、領内の貧しい人々を救済するなどの善政を施しました。 1736年に宗村が亡くなると、おさいの方は伊達家の家督を継いだ綱村の後見役を務め、藩政を支えました。綱村が江戸幕府の将軍となった後も、おさいの方は江戸城で暮らし、綱村を支え続けました。 1751年に綱村が亡くなると、おさいの方は伊達家の家督を継いだ重村の養母となり、引き続き藩政を支えました。重村が亡くなった後も、おさいの方は伊達家の家督を継いだ治村の養母となり、藩政を支え続けました。 おさいの方は、1762年に86歳で亡くなりました。おさいの方は、伊達家の繁栄に貢献した賢明な女性として、今日でも高く評価されています。 -おさいの方の逸話- おさいの方は、庶民の暮らしにも心を配り、領内の貧しい人々を救済するなどの善政を施したことで知られています。 ある時、おさいの方は、領内の貧しい村を訪れた際、村人が飢えに苦しんでいることを知りました。おさいの方はすぐに、村人に米やお金を支給するよう命じ、村人を救済しました。 また、おさいの方は、領内の農民が干ばつに苦しんでいることを知ると、すぐに、領内の寺社に雨乞いの祈祷を命じました。おさい方の熱心な祈祷が功を奏し、領内には雨が降り、農民は干ばつから救われました。 おさいの方は、庶民の暮らしに心を配り、領民から慕われていました。おさい方は、今日でも伊達家の繁栄に貢献した賢明な女性として、高く評価されています。
歴史上の人物

おさめの方:江戸時代中期の柳沢吉保の側室

生い立ちと入内 おさめの方は、寛文3年(1663年)に江戸で生まれた。父は旗本の松平信政、母は側室のおつぎの方。おさめの方は幼い頃から聡明で教養があり、音楽や書道にも通じていた。また、容姿も美しく、評判の美女であった。 明暦3年(1657年)、おさめの方は柳沢吉保の側室となった。吉保は、徳川家綱の側近として権勢を振るっていた人物で、おさめの方は吉保の寵愛を受け、柳沢家の女主人として振舞った。 おさめの方は、吉保との間に3人の子供をもうけた。長男の吉里は、後に柳沢家の家督を継ぎ、大名となった。次男の吉里は、若くして亡くなった。三男の吉里は、水戸藩主の徳川光圀の養子となり、水戸藩の藩主となった。 おさめの方は、吉保の死後も柳沢家の実権を握り、吉保の遺言に従って、吉里を家督に就かせた。また、吉里の婚姻や政治にも介入し、柳沢家の勢力を維持することに努めた。 元禄16年(1703年)、おさめの方は62歳で死去した。おさめの方は、江戸時代中期の柳沢家の繁栄に大きく貢献した人物であった。
歴史上の人物

お加久の方-徳川家慶の側室

-華やかな一生-お加久の方の生涯- -お加久の方-は、江戸時代後期に徳川家慶の側室となった女性です。 1806年に江戸で生まれ、本名は熊姫(くまひめ)。 父は、薩摩藩主・島津斉興の子で、薩摩藩家老・島津久敬です。 お加久の方は、幼い頃から美貌で知られ、「加賀の前」と呼ばれていました。 1822年に、徳川家慶の目に留まり、側室として仕えることになりました。 お加久の方は、家慶の寵愛を受け、1824年に長男・家祥(いえよし)を、1826年に次男・嘉永(かえい)を産みました。 家祥は、1846年に家慶の跡を継ぎ、第13代将軍となりました。 嘉永は、1853年に家祥の跡を継ぎ、第14代将軍となりました。 お加久の方は、家慶の死後も、江戸城に留まり、家祥と嘉永の補佐役を務めました。 1868年に明治維新が起こり、徳川家が滅亡すると、お加久の方は薩摩藩に帰郷し、1877年に72歳で亡くなりました。 お加久の方は、家慶の寵愛を受け、華やかな一生を送りました。 息子2人が将軍となり、徳川家の繁栄に貢献した功績は大きく、江戸時代後期の歴史に名を残した女性です。
歴史上の人物

– 「一対局」

室町時代の側室 室町時代には、将軍が側室を持つことが一般的でした。側室は、将軍の妻である正室とは異なり、将軍との間に血縁関係はなく、身分も低く、正室より低い立場に置かれました。しかし、側室は将軍との間に子供を産むことができれば、その子供は将軍の嫡子となり、将軍を継ぐ可能性がありました。そのため、側室は将軍の寵愛を得るために、様々な手段を講じました。 側室は、主に以下の2つの方法で選ばれました。 ・将軍の側近が、将軍の好みに合った女性を推薦する。 ・将軍が、自分の気に入った女性を側室にする。 側室は、将軍の寵愛を得るために、以下のような手段を用いました。 ・将軍の好みに合った服装や化粧をする。 ・将軍の機嫌をとるように振る舞う。 ・将軍との間に子供を産む。 側室は、将軍の寵愛を得ることができれば、以下のようなメリットを得ることができました。 ・将軍からの寵愛を受ける。 ・将軍との間に子供を産むことができる。 ・将軍の側近として、政治に関与することができる。 しかし、側室は、将軍の寵愛を失うと、以下のようなデメリットを受けることがありました。 ・将軍からの寵愛を失う。 ・将軍との間に子供を産むことができなくなる。 ・将軍の側近から外され、政治に関与できなくなる。 側室は、将軍の寵愛を得ることができれば、大きな権力と富を得ることができました。しかし、将軍の寵愛を失うと、その地位も財産も失うことになりました。そのため、側室は常に将軍の機嫌を伺い、将軍の寵愛を得るために努力していました。
歴史上の人物

斎宮局について

-生い立ちと徳川家宣との出会い- 斎宮局は、1676年(延宝4年)に京都で生まれました。本名は「大岡 弥生(おおか みやこ)」といい、幕府老中、大岡忠墩の娘でした。母は忠墩の正室であり、清康院と号しました。 幼い頃から聡明で美しく、琴や舞などの芸能に秀でていました。また、和歌や書道にも優れており、多くの公家や武家から賞賛されていました。 1701年(元禄14年)、徳川家宣が江戸幕府の5代将軍に就任します。家宣は斎宮局の噂を聞きつけ、彼女を江戸城に召し出しました。斎宮局は家宣の御台所となり、側室として仕えることになりました。 斎宮局は家宣の寵愛を受け、1702年(元禄15年)に長女、宝珠姫を、1703年(元禄16年)には次男、徳川吉宗を産みました。吉宗は、後に江戸幕府の8代将軍となります。 家宣は斎宮局を深く愛し、彼女の意見を重んじていました。斎宮局は家宣の政治を支え、多くの政務に携わりました。また、彼女は慈善活動にも熱心で、江戸の町に施薬院や養病院を設立しました。 1712年(正徳2年)、家宣が死去します。斎宮局は家宣の死を深く悲しみ、出家して浄念院と号しました。その後、彼女は江戸城を離れ、京都に戻りました。 浄念院は、京都で余生を過ごしました。彼女は多くの歌会や茶会に参加し、文化サロンを開いていました。また、彼女は茶道や和歌の指導にも熱心で、多くの弟子を育てました。 1751年(寛延4年)、浄念院は京都で死去しました。享年76歳でした。彼女は京都の東福寺に葬られ、現在もその墓が残されています。
歴史上の人物

「お楽の方」について

-お楽の方の死- お楽の方は、1657年6月18日に江戸で亡くなりました。享年27歳でした。死因は不明ですが、一説には出産による合併症だったとも言われています。当時の産褥熱はよく知られた病で、産後数日以内に命を落とす女性が少なくなかったのです。 お楽の方は、死の直前まで盛んに浄土真宗の阿弥陀経を読誦し、臨終の際には「南無阿弥陀仏」と唱えたと伝えられています。お楽の方の菩提を弔うため、増上寺に遺髪を納めた「お楽の方の墓」が建立されました。 お楽の方の死は、江戸城中を悲しみに包みました。将軍家綱は、お楽の方の死を悼んで、増上寺に香華料1000石を下賜しました。また、お楽の方の兄である松平定綱は、お楽の方の死を悼んで、増上寺に「お楽の方の位牌」を建立しました。 お楽の方の死は、江戸城中だけでなく、全国の浄土真宗の門徒に大きな衝撃を与えました。お楽の方は、浄土真宗の門徒であり、その信仰心は篤かったと伝えられています。お楽の方の死は、浄土真宗の門徒にとって、大きな損失とされました。
歴史上の人物

お美代の方-徳川家斉の側室

-# お美代の方の生涯 お美代の方は、徳川家斉の側室であり、徳川家慶の生母です。1787年(天明7年)に信濃国松本藩士・堀田正篤の娘として生まれました。 1804年(文化元年)、17歳の時に江戸城に召し出され、家斉の側室となりました。1806年(文化3年)に家慶を産み、側室の地位を確立しました。 お美代の方は家斉の寵愛を受け、江戸城内で権勢を振るいました。しかし、1823年(文政6年)に家斉が死去すると、その権勢は失墜しました。 1843年(天保14年)、56歳で死去しました。 お美代の方は、家斉の側室として江戸城内で権勢を振るった女性ですが、その生涯は波乱万丈でした。家斉の死後、その権勢は失墜し、晩年は寂しく過ごしたと言われています。
歴史上の人物

「お琴の方(1)」

-# 「お琴の方(1)」の生涯 「お琴の方(1)」は、1597年に豊臣秀吉の側室として生まれました。父は宇喜多秀家、母は小早川秀秋の姉である豪姫です。幼名は「御万の方」で、後に「宇喜多殿」や「宇喜多の方」などと呼ばれました。 1600年の関ヶ原の戦いで宇喜多秀家が西軍についたため、お琴の方は父と共に幽閉されます。しかし、1603年に秀吉の死後、徳川家康の命により幽閉を解かれ、京で暮らすことが許されました。 1611年、お琴の方は29歳の若さで亡くなりました。死因は、一説には病死、一説には自害とも言われています。お琴の方は、秀吉との間に子がなく、その生涯は謎に包まれています。 - お琴の方(1)の父、宇喜多秀家 宇喜多秀家は、備前岡山藩の初代藩主です。1573年に宇喜多直家の嫡男として生まれ、1582年に家督を継ぎます。1583年の本能寺の変の後、豊臣秀吉に臣従し、九州征伐や小田原征伐などに参加しました。 関ヶ原の戦いでは、西軍についたため、戦後に改易されます。その後、出羽米沢藩に流され、1655年に83歳で亡くなりました。 - お琴の方(1)の母、豪姫 豪姫は、小早川隆景の娘です。1567年に生まれ、1583年に宇喜多秀家と婚姻しました。豪姫は、秀吉の側室として仕えていたおねの方と親しく、お琴の方も秀吉の膝元で育てられました。 豪姫は、関ヶ原の戦いの後、夫の秀家と共に幽閉されます。その後、徳川家康の命により幽閉を解かれ、京で暮らすことが許されました。1643年に、77歳で亡くなりました。 - お琴の方(1)の生涯を振り返って お琴の方は、豊臣秀吉の側室として生まれ、宇喜多秀家と豪姫の娘として育てられました。1600年の関ヶ原の戦いで父が西軍についたため、幽閉されましたが、1603年に徳川家康の命により幽閉を解かれました。 1611年、お琴の方は29歳の若さで亡くなりました。死因は、一説には病死、一説には自害とも言われています。その生涯は謎に包まれていますが、父娘の絆や、戦乱の世を生き抜いた女性の強さを感じることができます。
歴史上の人物

生駒吉乃 – 戦国時代の女性

-生駒吉乃の生涯- 生駒吉乃は、戦国時代の女性で、織田信長の妹として知られています。1533年に尾張国で生まれ、1549年に山内一豊に嫁ぎました。一豊とは、3人の子供をもうけましたが、1570年に一豊が戦死すると、子供たちを連れて尾張国に戻りました。 その後、吉乃は信長の養子となった織田信忠に嫁ぎました。信忠とは、2人の子供をもうけましたが、1582年に本能寺の変で信忠が自害すると、吉乃は子供たちを連れて浪人となりました。 浪人時代には、さまざまな苦労をしましたが、やがて豊臣秀吉に仕えるようになりました。秀吉からは、加賀国の大名を与えられ、前田利家の養女となりました。1610年に利家が死去すると、吉乃は加賀国の統治者となりました。 吉乃は、加賀国を治めるにあたり、藩政の改革を行いました。また、加賀藩の文化の発展にも貢献し、茶道や能楽を奨励しました。1618年に死去するまで、加賀国を治め続けました。 吉乃は、戦国時代の女性の典型であり、その生涯は、戦国時代の女性の生き方を物語っています。また、吉乃は、加賀藩の基礎を築いた名君としても知られており、その功績は、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

照耀院を知るための5つのこと-激動の江戸の幕末期を生きた徳川家慶の側室

照耀院とはどんな人物だったのか? 照耀院は、徳川家慶の側室で、徳川家定の生母である。1796年、駿河国田中藩主・土屋寅直の娘として生まれ、幼名は静姫。1813年、18歳のときに江戸城に招かれ、家慶の側室となった。家慶との間には、長女の亀姫、長男の家定、次女の孝順院(溶姫)、三女の温姫をもうけた。 照耀院は、家慶の寵愛を受け、大奥で大きな権力を振るった。家定が将軍に就任すると、御台所(将軍夫人)となり、幕政にも影響力を及ぼした。また、家慶の死後、家定の死を隠蔽して、家茂を将軍に擁立するなど、江戸幕府の末期に重要な役割を果たした。 照耀院は、聡明で才色兼備な女性だったと伝えられている。また、家慶との仲を深めるために、絵画や香道など、様々な芸事を習得した。家慶の死後も、大奥で隠然たる権力を持ち続け、幕末の政局に大きな影響を与えた。 照耀院は、1872年、77歳で亡くなった。墓所は、東京都港区の青山霊園にある。
歴史上の人物

お梅の方(1):徳川家康の側室の悲劇的な人生

-お梅の方とは- お梅の方は、江戸幕府の初代将軍徳川家康の側室の一人である。1573年に生まれ、1590年に家康の側室となった。お梅の方は、家康との間に3人の娘を産んだ。しかし、その3人の娘は全員幼くして亡くなってしまった。 お梅の方は、3人の娘が亡くなった後も家康の側室であり続けた。しかし、1613年に家康が亡くなると、お梅の方は江戸城を退去させられた。その後、お梅の方は各地を放浪する生活を送り、1640年に68歳で亡くなった。 お梅の方は、悲劇的な人生を送ったと言われている。3人の娘を幼くして亡くし、夫の家康も亡くなった。そして、江戸城を追放され、放浪生活を送らなければならなかった。しかし、お梅の方はそれでも最後まで強く生き抜いた。その強さは、多くの人の心を打っている。
歴史上の人物

「新助の方」

-生涯- 新助の生涯については、あまり詳しい記録が残されていないため、不明な点が多い。しかし、いくつかの資料から、彼の生涯を概観することができる。 新助は、1589年(天正17年)に、肥後国(現在の熊本県)に生まれた。幼少期は、貧しい生活を送っており、早いうちから働きに出たらしい。16歳頃、加藤清正に見出されて、その家臣となった。加藤清正は、豊臣秀吉の五大老の一人であり、九州の支配を任されていた。新助は、加藤清正の配下として、九州各地の戦いに参加し、武功を挙げた。 1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いが起こると、新助は、加藤清正に従って、東軍に参陣した。関ヶ原の戦いで、東軍が勝利すると、新助は、加藤清正とともに、肥後国の熊本城を拠点に、九州の支配を任された。その後、新助は、熊本城の築城に携わり、また、加藤清正の命を受けて、熊本藩の統治にあたった。 1611年(慶長16年)、加藤清正が死去すると、新助は、加藤忠広の家臣となった。加藤忠広は、加藤清正の養子であり、熊本藩の第2代藩主であった。しかし、加藤忠広は、徳川家康と不和になり、1632年(寛永9年)に、熊本藩を改易された。新助も、加藤忠広とともに、熊本藩を追われた。 その後、新助は、浪人となり、各地を放浪した。1643年(寛永20年)、新助は、薩摩藩の島津光久に仕えた。島津光久は、新助の武勇を高く評価し、新助を重臣として迎えた。新助は、島津光久の命を受けて、薩摩藩の統治にあたった。 1651年(慶安4年)、新助は、73歳で死去した。新助の墓は、鹿児島県の慈眼寺にある。