儒学者

作家

岡崎廬門 – 江戸時代中期の漢詩人

-岡崎廬門の生涯- 岡崎廬門は、江戸時代中期の漢詩人です。1703年、江戸に生まれ、1775年に没しました。本名は岡崎藤兵衛といい、字は子雲、通称は平右衛門、廬門は号です。 廬門は、若くして儒学を学び、詩文に優れていました。1733年、尾張藩主の徳川宗春に召されて藩儒となり、1744年には江戸幕府の儒官となりました。その後、京都に隠棲し、私塾を開いて多くの弟子を育てました。 廬門は、漢詩に優れた才能を発揮し、数多くの作品を残しました。その詩風は、軽妙洒脱で、気韻に富んでいます。また、廬門は、詩論にも優れており、その著『詩法弁正』は、江戸時代の詩論の代表作として知られています。 廬門は、江戸時代中期の漢詩壇を代表する詩人であり、その作品は、後世の詩人に大きな影響を与えました。 -主な著作- * 『詩法弁正』 * 『廬門詩集』 * 『廬門文集』 * 『廬門随筆』
研究者

『』- 金井鳳台

-金井鳳台とは- 金井鳳台(かない ほうだい、1913年2月19日 - 1981年9月14日)は、日本の実業家。元大日本印刷(株式会社DNP)社長・会長。 1913年2月19日、福島県郡山市で生まれる。1936年3月、東京帝国大学工学部応用化学科を卒業し、大日本印刷に入社。1956年11月、取締役に就任し、1962年6月に常務取締役、1964年9月に専務取締役に昇進。1967年10月、社長に就任。1975年10月、会長に就任。1981年9月14日に、在任中に死去。 金井鳳台は、大日本印刷の経営陣として、同社の拡大と発展に貢献した。特に、1964年に東京オリンピックが開催された際には、開催記念切手の印刷を担当し、その成功に貢献した。また、1970年に大阪万博が開催された際には、開催記念切手の印刷を担当し、その成功に貢献した。 金井鳳台は、1981年9月14日に、在任中に死去した。享年68歳。
研究者

巨勢卓軒-江戸時代前期の儒者

崇神排仏を唱えた儒者 巨勢卓軒は、江戸時代前期の儒者であり、崇神排仏を唱えたことで知られています。崇神排仏とは、崇神天皇の時代に仏教が日本に入ってきたが、それは皇室の秩序を乱すものであるとして排斥すべきであるという考え方です。 卓軒は、儒教は国家を安定させるための思想であり、仏教は民間信仰に留まるべきものであると考えていました。また、仏教は皇室や武家の権力を弱体化させると主張していました。 卓軒の崇神排仏の思想は、当時の政権である徳川幕府に支持され、幕府は仏教を統制する政策を打ち出しました。これにより、仏教は衰退し、儒教が日本の主流思想となりました。 卓軒の崇神排仏の思想は、日本の歴史に大きな影響を与えました。また、卓軒の思想は、後の国学にも影響を与えました。 卓軒の崇神排仏思想は、江戸時代における儒教の復興と仏教の衰退という思想史上の大事件を理解する上で重要な概念である。
研究者

「三国幽眠」

-三国幽眠の生涯- 三国幽眠は、現代の日本に生きる作家です。大阪府出身で、現在は東京都在住。 1980年代後半に作家デビューし、小説、エッセイ、評論、児童文学など幅広いジャンルで活躍しています。 三国幽眠の作品は、その独特の世界観と、深い洞察力のある心理描写で高く評価されており、多くの読者から支持されています。 また、社会問題や政治問題にも積極的に発言しており、社会派作家の側面も持っています。 三国幽眠は、現代を代表する作家の一人であり、その作品は多くの人々に影響を与えてきました。 -主な作品- 小説 ・「三国幽眠の青春」 ・「三国幽眠の恋愛」 ・「三国幽眠の冒険」 エッセイ ・「三国幽眠の散歩道」 ・「三国幽眠の読書日記」 ・「三国幽眠の人生論」 評論 ・「三国幽眠の社会評論」 ・「三国幽眠の政治評論」 ・「三国幽眠の文化評論」 児童文学 ・「三国幽眠の子供たち」 ・「三国幽眠の動物たち」 ・「三国幽眠の童話」
研究者

南川金渓とは 江戸時代の儒者・医師

南川金渓とは 江戸時代の儒者・医師

南川金渓の生涯と経歴 南川金渓(みなみかわきんけい)は、江戸時代の儒者・医師である。名は元宜、字は文甫、通称は藤太夫。号は金渓、澹軒、玄中道人、翠軒など。1733年(享保18年)、備後国三次(現在の広島県三次市)に生まれる。 1752年(宝暦2年)、19歳で江戸に出て、牛込払方町(現在の東京都新宿区牛込払方町)に居住。儒学者・医師の貝原益軒に入門し、儒学や医学を学ぶ。1761年(宝暦11年)には、益軒の娘婿となる。益軒の没後は、その遺志を継いで、儒学や医学の普及に努めた。 1781年(天明元年)、53歳の時に甲斐国甲府(現在の山梨県甲府市)に移住し、医師として開業。また、甲府城下の寺子屋で儒学や医学を教え、多くの門人を輩出した。 南川金渓は、儒学や医学の分野で多くの業績を残した。儒学では、朱子学を学び、その思想を普及させた。医学では、中医学を学び、その理論や治療法を日本の医療に取り入れた。また、多くの医学書を著し、その中には『解体新書』の翻訳書である『蘭学階梯』が含まれている。 南川金渓は、1797年(寛政9年)、65歳で没した。甲府市内の宝積寺に葬られた。 南川金渓は、儒学や医学の分野で大きな貢献をした人物である。その業績は、現在でも高く評価されている。
歴史上の偉人

「津田淡窩」

- 津田淡窩の生涯 -# 生い立ち 津田淡窩(つだ たんか)は、1816年(文化13年)11月22日、播磨国明石郡林崎村(現在の兵庫県明石市林崎町)に生まれた。淡窩は、本名ではなく、号である。幼名は寅次郎。通称は弥七。字は功甫。 淡窩の父、津田清右衛門は、林崎村の名主を務めた。母、さと子は、淡窩が10歳の時に亡くなった。淡窩は、父と姉の3人で暮らした。 淡窩は、幼い頃から学問を好み、10歳の時には、林崎村の郷学に入学した。淡窩は、郷学で、儒学や漢学を学んだ。15歳の時には、林崎村を出て、播磨国姫路藩の藩校である好古堂に入学した。淡窩は、好古堂で、儒学や漢学をさらに深く学んだ。 -# 江戸遊学 18歳の時には、淡窩は、江戸に出て、昌平坂学問所に入学した。昌平坂学問所は、幕府の最高学府であり、淡窩は、昌平坂学問所に入学できたことを大変喜び、勉学に励んだ。 淡窩は、昌平坂学問所で、儒学や漢学を学んだ。淡窩は、昌平坂学問所で、多くの優秀な学者に出会い、淡窩は、彼らから多くのことを学んだ。 淡窩は、昌平坂学問所で、2年間学んだ。2年間の学問を修めた後、淡窩は、昌平坂学問所を卒業した。 -# 帰郷と開塾 昌平坂学問所を卒業した後、淡窩は、林崎村に帰郷した。淡窩は、林崎村に帰郷した後、私塾を開いた。淡窩の私塾は、近隣の村からも生徒が集まり、淡窩の私塾は、大変繁盛した。 淡窩は、私塾で、儒学や漢学を教え、淡窩は、生徒たちに、学問の大切さを説いた。淡窩は、生徒たちに、学問を身につけることで、世の中に貢献することができることを教えた。 淡窩は、私塾を経営しながら、淡窩は、多くの著書を著した。淡窩の著書は、儒学や漢学に関するものが多い。淡窩の著書は、淡窩の死後も、長く読み継がれ、淡窩の著書は、多くの人々に影響を与えた。 -# 晩年 淡窩は、1876年(明治9年)1月12日、林崎村で亡くなった。享年61。淡窩は、林崎村の林崎寺に葬られた。 淡窩は、儒学や漢学の大家として、淡窩は、多くの人々に尊敬された。淡窩は、淡窩の著書を通じて、多くの人々に学問の大切さを説き、淡窩は、多くの人々に学問を身につけることの大切さを教えた。 淡窩は、播磨の国を代表する儒学者であり、淡窩は、播磨の国に多くの功績を残した。淡窩の功績は、淡窩の死後も、長く讃えられ、淡窩は、現在でも、播磨の国の人々に尊敬されている。
研究者

林晋軒 – 江戸時代前期の儒者

- 概要 林晋軒(はやししんけん、1618-1680)は、江戸時代前期の儒学者です。諱は信篤(のぶあつ)。字(あざな)は篤夫(とくふ)。通称は源三郎(げんざぶろう)。号は晋軒(しんけん)で、それがそのまま氏姓のように用いられるようになりました。 林晋軒は、林道春(羅山)の第四子として京都に生まれました。羅山が開いた私塾・林家に生まれ育ち、儒学を学びました。1638年、21歳の時に羅山が死去すると、家督を継ぎ、林家の塾主となります。 林晋軒は、羅山が収集した膨大な蔵書を引き継ぎ、学問に励みました。また、羅山の思想を継承し、儒教の経典を研究し、朱子学を講じました。晋軒は、朱子学の大家として多くの弟子を育て、林家一門の繁栄を築きました。 林晋軒は、儒学の研究だけでなく、政治にも関わりました。1657年、幕府の儒官に任命され、幕政に参与しました。また、徳川家綱の侍講を務め、家綱に儒学を講じました。 林晋軒は、1680年、63歳で死去しました。晋軒の死後、林家は、晋軒の養子・林鳳岡(ほうこう)が継ぎました。鳳岡は、晋軒の学問を継承し、林家一門の繁栄を続けました。
研究者

– 富永謙斎(富永仲基)について

-富永謙斎とは?- 富永謙斎(1745 - 1817)は、江戸時代後期の儒学者・国学者・医学者・和算家。字は仲基、号は爾順・夕順・一平・確堂など。 紀州和歌山藩の藩医・富永正令の次男として生まれる。幼少より学問を好み、15歳の時に藩校の指南役となった。17歳の時に江戸に出て、昌平坂学問所の儒者・石川玄恭に師事する。石川玄恭は、荻生徂徠の学問を受け継ぐ儒学者であり、富永謙斎は荻生徂徠の学問に傾倒することとなった。 1770年に紀州藩に帰国し、藩医となる。1775年に藩校の学頭となり、藩士の教育に尽力する。また、1782年には、藩主・徳川治貞の命を受けて、紀伊国全土を巡視し、風俗や産業の様子を調査した。この調査結果は、『紀伊続風土記』としてまとめられ、今日でも貴重な資料となっている。 富永謙斎は、儒学だけでなく、国学や医学、和算にも通じていた。特に、和算においては、1794年に『数理新書』を著し、西洋数学を紹介したことで知られている。 富永謙斎は、1817年に死去した。享年73。
歴史上の偉人

小島道察(こじまやどうさつ)とは?

-小島道察(こじまやどうさつ)とは何か?- 小島道察とは、江戸時代中期に活躍した儒学者である。名は弥太郎、字は益軒。号は道察・北渓・森里・野双・聴雨など。肥後国熊本藩(現在の熊本県熊本市)出身。 幼少の頃から聡明で、10歳の頃には『論語』を読み、15歳の頃には『孟子』を読み終えたという。17歳の頃、京都に遊学し、儒学者・山崎闇斎に師事した。闇斎の没後は、京都、大阪、江戸などに遊歴し、数多くの儒学者・文人と交流した。 50歳の頃、熊本藩主・細川綱利の招きにより、熊本藩の儒官となった。綱利は、道察を厚く遇し、藩校・時習館の創設を任せた。道察は、時習館の学頭に就任し、多くの弟子を育てた。 道察は、儒学を基に、医学・地理・歴史・文学など、幅広い分野で活躍した。また、藩主・綱利の命により、熊本藩の藩史『肥後国誌』の編纂にも携わった。 晩年は、京都に隠居したが、それでもなお、多くの門人が訪れ、学問の教えを受けたという。 道察は、幕末の思想家・横井小楠や、明治維新の志士・西郷隆盛など、数多くの偉人に影響を与えた。また、道察の学問は、日本の近代化にも大きな影響を与えた。
研究者

江戸時代中期の儒者「岩下探春」の足跡を辿る

岩下探春は、江戸時代中期の儒学者である。1721年、京都に生まれた。幼い頃から頭が良く、15歳で京都の儒者である中井竹山に師事した。竹山の死後は、大阪に出て、儒学を講じた。その後、江戸に上り、将軍徳川家重に仕えた。1764年、54歳で死去した。 探春は、朱子学を学び、朱子学の精神を重んじた。また、中国の古書を広く読み、中国の文化を深く理解していた。このため、探春の学問は、非常に幅広く、深いものであった。 探春は、儒学の講義だけでなく、多くの著書を著した。その中には、「経書通義」や「春秋通義」などの儒学の教科書がある。また、「日本外史」や「日本政記」などの歴史書もある。探春の著書は、いずれも、儒学の精神を重んじるものであり、中国の文化を深く理解していたことを示している。 探春は、江戸時代中期の儒学者として、大きな功績を残した。探春の学問は、多くの弟子たちに受け継がれ、日本の儒学の発展に大きな影響を与えた。また、探春の著書は、後世の人々に広く読まれ、日本の文化の発展に貢献した。 探春は、江戸時代中期の儒学者として、その足跡を今もなお残している。探春の学問は、多くの弟子たちに受け継がれ、日本の儒学の発展に大きな影響を与えた。また、探春の著書は、後世の人々に広く読まれ、日本の文化の発展に貢献した。探春は、江戸時代中期の儒学者として、その足跡を今もなお残している。
研究者

岡本斯文 – 明治-大正時代の教育者

-阿波出身の教育者・岡本斯文とその功績- 岡本斯文(おかもと・しぶん)は、1859年(安政6年)に阿波国名東郡里浦村(現在の徳島県小松島市里浦町)に生まれた教育者です。幼い頃から勉学に励み、1879年(明治12年)に東京大学予備門に入学。1883年(明治16年)には東京大学文学部哲学科を卒業しました。 卒業後は、東京府尋常中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)の教諭として教鞭を執り、1890年(明治23年)には校長に就任。1895年(明治28年)には、文部省の督学官に任命され、全国各地の学校を巡回して教育指導を行いました。1900年(明治33年)には、東京高等師範学校(現在の筑波大学)の校長に就任。1907年(明治40年)には、文部大臣に就任しました。 岡本斯文は、教育者として日本の近代化に貢献した人物です。彼は、教育の機会均等と教育の質の向上を目指し、全国各地の学校を巡回して教育指導を行いました。また、文部大臣として、小学校教育の充実や中学校・高等学校の増設など、日本の教育制度の整備に尽力しました。 岡本斯文の功績は、日本の教育界に大きな影響を与えました。彼の教育理念と教育政策は、日本の近代化に大きく貢献し、今日の日本の教育制度の基礎を築いたのです。 岡本斯文は、1932年(昭和7年)に73歳で亡くなりました。しかし、彼の功績は今もなお語り継がれ、日本の教育界に大きな影響を与えています。
研究者

「高橋一庵」

高橋一庵の生涯 高橋一庵は、1685年(貞享2年)に越前国大野郡下池田村(現在の福井県大野市下池田町)に生まれたとされます。幼少期より聡明で、10歳の頃には『論語』や『孟子』などの儒教の経典を読みこなすほどでした。16歳の頃、京都に出て儒学者である伊藤一楽に師事し、儒学を学びました。その後、大阪で医者として開業し、多くの患者を診ていました。しかし、医者としての生活に満足できず、25歳の頃に医学を捨てて江戸に上り、儒学者としての人生を歩み始めました。 江戸では、荻生徂徠の門下生となり、徂徠の学問を学びました。徂徠の没後には、徂徠の学問を継承し、多くの弟子を育て上げました。また、多くの著述を行い、儒学の発展に貢献しました。一庵の思想は、徂徠の学問を基盤としており、徂徠の「自然の理」の思想をさらに発展させました。また、一庵は、儒教の経典を研究し、経典に込められた意味を明らかにしようとする姿勢を貫いていました。 一庵は、江戸幕府に仕え、寛政の改革にも参与しました。一庵は、改革の推進役となり、多くの政策を立案しました。また、一庵は、寛政の改革の理念をまとめた『寛政改革条例』を起草し、改革の成功に貢献しました。一庵は、寛政の改革の成功により、江戸幕府の実力者となりました。しかし、一庵は、1816年(文化13年)に死去し、享年82歳でした。 一庵は、儒学者として多くの業績を残しただけでなく、江戸幕府の改革にも参与し、政治家としても活躍しました。一庵は、儒教の経典を研究し、その意味を明らかにしようとする姿勢を貫いており、その思想は、徂徠の学問を基盤としており、徂徠の「自然の理」の思想をさらに発展させました。また、一庵は、寛政の改革の推進役となり、多くの政策を立案し、改革の成功に貢献しました。一庵は、死後、儒学者としてだけでなく、政治家としても高く評価されており、その功績は現在でも称えられています。
研究者

伊藤好義斎 – 江戸時代前期-中期の儒者

- 伊藤好義斎の生涯 伊藤好義斎(いとう こうぎさい、1627年 - 1705年)は、江戸時代前期から中期の儒者である。名は時義、字は祖,号は好義斎、一峰幽斎。 好義斎は、1627年に美濃国大垣藩(現・岐阜県大垣市)に生まれた。幼い頃から学問を好み、14歳のときに京都に出て、儒学者の中江藤樹に入門した。藤樹の没後は、その弟子である熊沢蕃山に師事した。 その後、好義斎は一時、大垣藩に仕えたが、すぐに仕官を辞して京都に戻り、私塾を開いて儒学を講じた。好義斎の門下からは、室鳩巣、荻生徂徠、山鹿素行など、多くの著名な儒者が輩出した。 好義斎は、儒学の研究において、朱子学と陽明学の折衷を唱え、実践的な儒学を説いた。また、好義斎は、日本古来の文化や伝統を重んじ、国学の発展にも貢献した。 好義斎は、1705年に京都で没した。享年79歳。好義斎の墓は、京都市左京区の蓮華寺にある。 好義斎は、江戸時代前期から中期の儒学の発展に大きな貢献をした儒者である。好義斎の儒学は、実学を重んじ、実践的なものであった。また、好義斎は日本古来の文化や伝統を重んじ、国学の発展にも貢献した。好義斎の儒学は、日本人の精神文化の発展に大きな影響を与えた。
作家

杉風 – の解説

-杉風の生涯と功績- 杉風は、江戸時代前期に活躍した俳諧師、蕉門十哲の一人です。元和2年(1616年)に丹波国(現在の京都府)に生まれ、寛文12年(1672年)に57歳で亡くなりました。 杉風は、初めは「御室杉風」と呼ばれていましたが、後に「杉風」に改名しました。杉風は、若い頃から俳諧に興味を持ち、蕉門の俳人を師として学んでいました。そして、蕉門十哲の一人として、蕉風俳諧の発展に 大きな貢献をしました。 杉風の俳諧は、自然を詠んだものが多く、蕉風の「蕉風」とは異なる独自の境地を開きました。杉風の俳諧は、芭蕉の俳諧よりも叙情的で、情趣に富んでいます。また、杉風は、俳諧の理論にも詳しく、俳諧の普及に努めました。 杉風の功績は、蕉風俳諧の発展に貢献したことだけではなく、俳諧の理論を確立したことにもあります。杉風は、俳諧の理論書である『杉風発句集』を著し、俳諧のルールや作法について解説しました。この本は、俳諧の普及に大きな役割を果たし、杉風は「俳諧の祖」として後世に称えられました。 杉風の俳諧は、江戸時代の人々に親しまれ、多くの俳人を育てました。杉風の俳諧は、現在でも読み継がれており、その功績は今もなお称えられています。
研究者

蒔田雁門-江戸時代後期の儒学者

蒔田雁門の生涯 蒔田雁門は、江戸時代後期の儒学者であり、名は憲。字は師範、通称は儀三郎、号は雁門、別号は恕軒などである。宝暦7年(1757年)に生まれ、文化13年(1816年)に亡くなりました。 雁門は、幼い頃から聡明で、読書を好み、特に儒学を好みました。13歳の時に、江戸に出て、尾藤二洲に学び、儒学の基礎を固めました。その後は、各地を遊歴して、各地の儒学者と交流を深め、その学問を深めていきました。 20歳の時に、雁門は、江戸に戻り、自宅に塾を開いて、儒学を教え始めました。雁門の塾は、すぐに評判となり、多くの弟子が集まりました。雁門は、弟子たちに儒教の精神を説き、その徳性を養うように教え、多くの人材を育てました。 雁門は、また、儒学の研究にも熱心で、多くの著書を残しました。その代表的な著書には、『四書啓蒙』『五経通覧』『論語解題』などがあります。これらの著書は、儒学の普及に大きく貢献し、雁門は、江戸時代後期の儒学者として、大きな影響力を持ちました。
歴史上の偉人

荻生青山 – 江戸時代中期の儒学者

荻生青山の生涯と功績 荻生青山は、江戸時代中期の著名な儒学者です。彼は1666年に現在の栃木県宇都宮市に生まれ、1728年に63歳で亡くなりました。青山は、幼い頃から儒学を学び、18歳のときに江戸に出て、林羅山の門下生となりました。林羅山の死後、青山は荻生徂徠を師とし、徂徠学を学びました。 青山は、1701年に徂徠の推薦で幕府の儒官となり、1709年に大儒官に昇進しました。青山は、儒学を講義するだけでなく、多くの著作を執筆しました。彼の代表作である「荻生徂徠伝」は、徂徠の生涯と学問を記した伝記であり、徂徠学の理解に欠かせない文献です。また、青山は「論語古義」や「孟子古義」などの儒教の経典の注釈書も執筆しました。 青山の儒学は、徂徠学の正統な継承者であると評価されています。青山は、徂徠の学問をさらに発展させ、儒学を日本の社会や政治に適用することを目指しました。青山は、儒学を単なる学問ではなく、実践的な思想であると考え、儒学を基盤とした社会改革を提唱しました。 青山の儒学は、日本の社会や政治に大きな影響を与えました。青山は、幕府の儒官として、幕府の政策に影響力を持ち、徂徠学を幕府の正学としました。また、青山は、多くの弟子を育て、徂徠学を日本各地に広めました。青山の弟子の中には、新井白石や室鳩巣などの著名な儒学者もいました。 青山は、儒学者としてだけでなく、政治家としても活躍しました。青山は、1716年に幕府の老中となり、1723年に大老に昇進しました。青山は、老中として、幕府の政治を主導し、享保の改革を推進しました。享保の改革は、幕府の財政改革や社会改革を目的とした改革であり、青山の儒学が大きく影響を与えました。 青山は、儒学者として、政治家として、日本の社会や政治に大きな貢献をしました。青山は、徂徠学の正統な継承者であり、儒学を日本の社会や政治に適用することを目指しました。青山の儒学は、日本の社会や政治に大きな影響を与え、青山の弟子たちは、徂徠学を日本各地に広めました。
研究者

「三浦竹渓」

三浦竹渓の生涯 三浦竹渓は、1768年(明和5年)、上総国長柄郡酒井村(現在の千葉県長南町酒井)に生まれた。父は三浦南渓、母は三浦喜代子。南渓は、儒学者であり、竹渓は幼い頃から父から儒学を学んだ。 竹渓は、1783年(天明3年)、16歳の時に江戸に出て、昌平坂学問所に入学した。昌平坂学問所は、将軍直属の儒学研究機関であり、竹渓はそこで朱子学を学んだ。 竹渓は、昌平坂学問所で優秀な成績を収め、1790年(寛政2年)、23歳の時に、昌平坂学問所の教授となった。竹渓は、昌平坂学問所で朱子学を講義し、多くの弟子を育てた。 竹渓は、1801年(享和元年)、34歳の時に、昌平坂学問所の学頭となった。学頭は、昌平坂学問所の最高責任者であり、竹渓は昌平坂学問所を運営した。 竹渓は、1815年(文化12年)、48歳の時に、昌平坂学問所を辞職した。竹渓は、辞職後、各地を遊歴し、各地の儒学者と交流した。 竹渓は、1830年(天保元年)、63歳の時に、江戸で死去した。竹渓の墓は、東京都文京区の湯島聖堂にある。 竹渓は、江戸時代の代表的な儒学者であり、朱子学の普及に貢献した。竹渓は、昌平坂学問所の学頭として、多くの弟子を育て、江戸時代の儒学界に大きな影響を与えた。
研究者

士岡節斎/師岡正胤(もろおか-まさたね)について

師岡節斎の生涯と功績 師岡節斎(もろおか-せつさい)は、江戸時代の儒学者、思想家。名(な)は正胤(まさたね)、字(あざな)は公復(こうふく)。別号は春水堂(しゅんすいどう)。 1618年(元和4年)に、京都で生まれる。1630年(寛永7年)に、父親の死をきっかけに、京都を離れ、各地を遍歴する。1637年(寛永14年)、熊澤蕃山(くまざわ-ばんざん)に入門し、朱子学を学ぶ。 1641年(寛永18年)に、江戸に出て、旗本の家に住み込みで教授するようになる。1648年(慶安元年)に、江戸幕府の儒官に任命され、幕府の政策に協力するようになる。 1657年(明暦3年)、明暦の大火で、江戸の自宅が焼失する。1662年(寛文2年)に、再び火災で自宅が焼失する。1663年(寛文3年)に、江戸を離れ、京都に戻る。 1665年(寛文5年)に、京都で没する。享年48。 師岡節斎は、朱子学を学び、幕府の儒官として政策に協力する一方で、独自の思想を展開した。その思想は、人々が自然と調和して生きることを基本とし、儒教の教えを現実社会に応用することを重視した。 師岡節斎の思想は、江戸時代の思想界に大きな影響を与え、明治維新の思想的土台となった。
研究者

江帾木鶏とは?江戸時代後期の儒者の人生と功績

-江帾木鶏の生涯と業績- 江帾木鶏(こうぼくけい、1799年 - 1866年)は、江戸時代後期の儒者。名は展、字は次観、号は木鶏。陸奥国仙台(現在の宮城県仙台市)に生まれる。 仙台藩の藩校である養賢堂で学び、20歳で藩主の伊達斉宗の侍読となる。その後、京都に出て朱子学者である堀川源兵衛と親交を結び、朱子学を学ぶ。 30歳で仙台に戻り、養賢堂の教授となる。その後、藩命で江戸に出て、昌平坂学問所で佐藤一斎に学ぶ。 40歳で仙台に戻り、養賢堂の学頭に就任。藩主の斉宗の信任を得て、藩校の改革や藩政の改革に尽力する。 50歳で隠居したが、その後も藩政に参与し、藩の財政改革や教育改革に尽力した。 68歳で死去。 江帾木鶏は、朱子学者として知られるが、儒教以外の学問にも通じ、特に医学に精通していた。また、和歌や俳句にも優れ、歌集や俳諧集を残している。 江帾木鶏の功績は、仙台藩の藩校である養賢堂の改革と藩政の改革である。養賢堂の改革では、朱子学を重視した教育方針を確立し、藩士の教育レベルの向上に努めた。藩政の改革では、財政改革や教育改革に尽力し、藩政の安定に貢献した。 江帾木鶏は、江戸時代後期の儒者として、藩校の改革や藩政の改革に尽力した功績を残した。また、儒教以外の学問にも通じ、特に医学に精通していた。和歌や俳句にも優れており、歌集や俳諧集を残している。
研究者

「河野静山」→ 江戸時代後期の儒者

-河野静山- -河野静山の生涯と業績- 河野静山は、1787年に江戸に生まれた儒者です。 江戸の湯島の聖堂に学び、1806年には幕府に仕官して天文方となりました。 1819年には5代将軍徳川家斉の侍講となり、1824年には昌平坂学問所の訓導に任命されました。 1831年に隠居してからは、松平定信の子である松平斉孝に仕えました。 1841年に昌平坂学問所の督学に任命され、1844年には再び昌平坂学問所の訓導となりました。 1848年に老中阿部正弘の命を受けて、『国史略』の編纂に着手し、1857年に完成させました。 河野静山は、儒学のほか、天文、地理、歴史にも通じており、多くの著書を残しました。 その著書は、日本文化史の研究に貴重な資料となっています。 河野静山は、1859年に73歳で亡くなりました。 -主な著書- * 『国史略』 * 『藩翰譜』 * 『官職沿革考』 * 『日本外事始末』 * 『日本通史』 * 『日本財政史』 * 『日本経済史』 * 『日本文学史』 * 『日本美術史』 * 『日本音楽史』 * 『日本宗教史』
研究者

「臼杵渓村」

- 臼杵渓村の生涯 臼杵渓村は、1889年(明治22年)4月1日に大分県臼杵郡に発足した村である。同郡佐志生村、下之江村、藤河内村、原村、原村が合併して誕生した。1954年(昭和29年)3月31日に臼杵市に編入されて消滅した。 臼杵渓村は、臼杵川の支流である臼杵渓流域に位置していた。面積は36.14平方キロメートル、人口は1950年(昭和25年)の国勢調査時点で3,453人であった。 臼杵渓村は、農業が盛んな村であった。主な農作物は、米、麦、大豆、甘藷などであった。また、養蚕も盛んであった。 臼杵渓村には、臼杵渓流域の美しい自然を活かした観光地があった。代表的な観光地は、臼杵渓谷と原尻の滝である。臼杵渓谷は、臼杵渓流上流にある渓谷で、奇岩怪石と清流が織りなす景観が美しい。原尻の滝は、臼杵渓流支流の原尻川にある滝で、日本一の落差を誇る。 臼杵渓村は、1954年(昭和29年)3月31日に臼杵市に編入されて消滅した。しかし、臼杵渓流域の美しい自然は、現在も多くの観光客を魅了している。 臼杵渓村の歴史は、臼杵渓流域の自然と共に歩んできた歴史である。臼杵渓流の清流と、それを取り巻く美しい自然は、臼杵渓村の人々の生活を支えてきた。また、臼杵渓村の人々は、臼杵渓流の自然を活かした観光地を開発し、村の発展に努めてきた。臼杵渓村の歴史は、臼杵渓流域の自然と、それを守ってきた人々の歴史である。
作家

衣関順庵(2)の歴史と人物像

- 衣関順庵の生涯と功績 衣関順庵(1616-1691)は、江戸時代前期の儒学者、医師、本草学者である。播磨国加西郡北条村(現在の兵庫県加西市北条町)に生まれる。本姓は森田。名は永常。字は子元。通称は五右衛門。号は順庵、訥庵、別号に補関、順道軒、扶芳軒、玉山、南霞などがある。 順庵は幼少の頃から聡明で、12歳の頃にはすでに漢籍に通じていたという。16歳のとき、京都に出て、儒学を中江藤樹に、儒学を熊沢蕃山に、医学を曲直瀬玄朔に、本草学を貝原益軒に学んだ。また、朱子学を山崎闇斎に学び、儒学を林羅山に学んだ。 1643年(寛永20年)、順庵は江戸に出て、医業を開いた。医業のかたわら、儒学と本草学の研究を続け、多くの著書を著した。また、順庵は、新井白石、荻生徂徠など、多くの弟子を育てた。 順庵の生涯と功績は、大きく分けて二つある。一つは、儒学の研究と普及である。順庵は、朱子学を基礎としつつ、独自の儒学を展開した。順庵の儒学は、実践的で、庶民にもわかりやすいものであったため、多くの庶民から支持された。 もう一つは、本草学の研究と普及である。順庵は、本草学を体系的に研究し、多くの本草書を著した。順庵の本草書は、本草学の普及に大きく貢献した。 また文化事業にも熱心で、1662(寛文2)年に別所村に建築した自宅敷地内に図書館・書庫である「漸秀楼」を建てた。ここは文化人が多数集まる交流の場となり、国学者・医師・本草学家などを輩出した。 順庵は、1691年(元禄4年)に江戸で没した。享年76。順庵の墓は、東京都港区の青山霊園にある。 順庵は、江戸時代前期の儒学、本草学の発展に大きく貢献した。順庵の功績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の偉人

– 高橋図南(髙橋宗直)について

高橋図南とは 高橋図南とは、江戸時代前期の儒学者であり、儒教に基づいた政治や社会改革を唱えたことで知られています。彼は1583年に近江国に生まれ、幼い頃から学問を好み、1600年に京都に出て儒学を学びました。その後、徳川家康に仕えて幕府の儒官となり、1632年に江戸幕府の最高学府である昌平坂学問所の初代学頭に任命されました。 高橋図南の思想は、儒学に基づく政治や社会改革を唱えたものでした。彼は、儒教の「仁」や「義」を重視し、君主は常に民衆の利益を考え、民衆は君主に忠誠を尽くすべきであると主張しました。また、彼は教育の重要性を唱え、昌平坂学問所を拠点として多くの弟子を育成しました。 高橋図南の思想は、江戸時代の儒学に大きな影響を与え、彼の弟子の中には、儒学の大家として知られる林羅山や山崎闇斎などがいます。また、彼の思想は、江戸幕府の政治や社会改革にも影響を与え、幕府による藩政改革や、庶民のための教育政策の実施につながりました。 高橋図南は、1657年に75歳で亡くなりましたが、彼の思想は江戸時代を通じて大きな影響力を持ち続けました。彼の思想は、儒教の倫理観や秩序観を基礎としたものであり、江戸時代の日本社会の安定と繁栄に貢献しました。
歴史上の偉人

上柳四明 – 江戸時代中期の儒者

上柳四明の生涯 上柳四明は、江戸時代中期の儒者である。1693年(元禄6年)に、現在の岡山県備前市に生まれた。本名は上柳一明だが、四明はその号である。 四明は、幼い頃から聡明で、読書を好んだ。15歳の時に、備前藩の儒官であった山脇玄龍に師事し、儒学を学び始めた。玄龍は、四明の才能を高く評価し、熱心に指導した。四明も、玄龍の教えを忠実に守り、儒学の道を究めた。 25歳の時に、四明は江戸に出て、儒者として活動を開始した。四明は、独自の儒学論を展開し、多くの弟子を集めた。四明の儒学は、朱子学を基盤としながらも、陽明学の影響も受けていた。四明は、儒学を単なる学問としてではなく、実践的な人生哲学として捉えていた。 四明は、1746年(延享3年)に54歳で亡くなった。四明の死後、四明の弟子たちが四明の学問を継承し、四明の儒学は江戸時代後期まで続いた。 四明の生涯は、儒者として学問を究め、多くの人々に影響を与えた生涯であった。四明の儒学は、江戸時代の人々の思想や行動に大きな影響を与え、日本の文化や歴史に大きな足跡を残した。