優勝

スポーツ分野の人

宮城山福松 – 大正-昭和時代前期の力士

宮城山福松の生い立ちと入門 宮城山福松は、1895年(明治28年)1月18日、宮城県登米郡鬼首村(現在の登米市)に生まれた。本名は福地吉次郎。父は福地清五郎、母はふく。6人兄弟の5番目であった。 幼い頃は体が弱く、よく病気になっていた。そのため、両親は福松を強くするために相撲を勧め、地元の相撲道場に通わせた。福松は相撲の才能を発揮し、すぐに頭角を現した。 1911年(明治44年)、16歳のときに、上京して二所ノ関部屋に入門した。師匠は、二所ノ関宗五郎。四股名は、宮城山福松と名付けられた。 二所ノ関部屋では、厳しい稽古に励み、実力をつけた。1915年(大正4年)に新十両に昇進し、1917年(大正6年)には新入幕を果たした。 宮城山は、立ち合いが早く、押しも強かった。また、足腰が強く、土俵際でも粘り強く立ち会っていた。 宮城山は、1920年(大正9年)には大関に昇進し、1924年(大正13年)には横綱に昇進した。 横綱として活躍した宮城山は、1931年(昭和6年)に引退した。引退後は、年寄・宮城山を襲名し、相撲界に残った。 宮城山は、1976年(昭和51年)に81歳で死去した。
スポーツ分野の人

力士からタレントへ転身した小錦八十吉(2代)の歩み

生まれと入門 小錦八十吉(2代)は、1963年3月12日に東京都墨田区で生まれました。本名は竹内寿宏です。父親は元力士で、母親は元芸者でした。小錦は幼い頃から相撲が大好きで、小学校5年生の時に相撲クラブに入りました。その後、中学校卒業後、元横綱の大鵬幸喜にスカウトされて、1978年に九重部屋に入門しました。 小錦は、入門後すぐに頭角を現し、1984年には新十両に昇進。翌1985年には新入幕を果たしました。小錦は、その巨体と豪快な取り口で人気を集め、1990年には大関に昇進しました。しかし、1993年に交通事故に遭い、大関から陥落してしまいました。 その後、小錦は再起を目指して相撲を続けましたが、1999年に引退しました。引退後は、タレントに転身し、テレビや映画に出演しました。また、タレント活動のかたわら、相撲解説者としても活躍しています。
スポーツ分野の人

高見山大五郎 – 昭和時代後期の力士

-ハワイ巡業中に見出され、昭和39年入門- 高見山大五郎は、1938年(昭和13年)1月15日に青森県中津軽郡新和村(現・弘前市)に生まれた。幼い頃から相撲に興味を持ち、15歳の時にハワイ巡業中の大鵬幸喜や柏戸綱磨と出会い、その強さに衝撃を受けた。 その後、高見山は弘前実業高等学校に進学し、相撲部に所属した。高校卒業後は、大鵬が所属する二所ノ関部屋に入門し、1958年(昭和33年)3月場所に初土俵を踏んだ。 高見山は、入門当初からその才能を発揮し、1959年(昭和34年)9月場所に新十両に昇進した。1960年(昭和35年)1月場所に新入幕を果たし、1963年(昭和38年)11月場所に大関に昇進した。 高見山は、大関として活躍し、1965年(昭和40年)9月場所に初優勝を果たした。1966年(昭和41年)1月場所にも優勝し、横綱昇進が期待されたが、惜しくも届かなかった。 その後、高見山は injuries and declining performance due to age. In 1971, he retired from sumo and became an elder of the Japan Sumo Association. 高見山は、1991年に逝去した。享年53歳。
スポーツ分野の人

魁皇博之:左四つのスペシャリストの偉業

-大相撲界の伝説魁皇博之の功績- 魁皇博之は、大相撲界の伝説的な人物である。左四つのスペシャリストとして知られ、その卓越した技術と強さを誇った。魁皇の功績は、大相撲の歴史に永く残るものである。 魁皇博之は、1961年10月24日に北海道函館市で生まれた。本名は、佐藤博之。魁皇という四股名は、出身地である北海道の「魁」と、師匠の二子山親方が好んだ「皇」を組み合わせたものである。 魁皇は、15歳の時に二子山部屋に入門した。入門当初からその才能を高く評価され、順調に出世を重ねた。1981年には、わずか20歳で新入幕を果たした。 新入幕を果たしてからは、魁皇はすぐにトップ力士の仲間入りを果たした。1984年には、大関に昇進。1986年には、横綱に昇進した。 横綱に昇進した魁皇は、その圧倒的な強さで相撲界を席巻した。特に、左四つの相撲は圧巻で、対戦相手を次々と寄せ付けていった。 魁皇は、1990年には、年間69勝を挙げて全勝優勝を果たした。また、1994年には、年間73勝を挙げて2度目の全勝優勝を果たした。 魁皇は、2003年に大相撲を引退した。しかし、その功績は今もなお語り継がれている。魁皇は、大相撲界の歴史に永く残る偉大な横綱である。 魁皇の功績は、以下のようにまとめることができる。 * 15歳の時に二子山部屋に入門し、わずか20歳で新入幕を果たした。 * 1984年には、大関に昇進し、1986年には、横綱に昇進した。 * 1990年には、年間69勝を挙げて全勝優勝を果たし、1994年には、年間73勝を挙げて2度目の全勝優勝を果たした。 * 2003年に大相撲を引退したが、その功績は今もなお語り継がれている。
スポーツ分野の人

若乃花幹士(2代) – 昭和の功績を残した稀代の横綱

-少年時代から天才的な素質を持つ- 若乃花幹士(2代)は、1953年、東京都墨田区に生まれた。本名は花田勝治。父は、大関若乃花幹士(初代)である。幼い頃から相撲を始め、小学生時代には全国大会で優勝するなど、天才的な素質を発揮した。中学時代には、全国中学校相撲選手権大会で優勝し、高校時代には、全国高等学校相撲選手権大会で優勝するなど、アマチュア相撲界で活躍した。そして、1972年、高校卒業と同時に、父の勧めで日本大学に進学し、相撲部に入部した。 大学時代には、全日本学生相撲選手権大会で優勝するなど、活躍を続けた。また、1974年には、世界相撲選手権大会に出場し、優勝した。1975年には、日本大学を卒業し、相撲部監督の推薦により、日本相撲協会に入門した。 入門後は、順調に出世を重ね、1979年3月には、新入幕を果たした。そして、1980年9月には、大関に昇進した。そして、1983年3月には、横綱に昇進した。 横綱昇進後は、1983年5月に初優勝を果たし、1984年には、年間6場所中5場所優勝するなど、大活躍した。また、1985年には、世界相撲選手権大会に出場し、優勝した。1986年には、全日本相撲選手権大会で優勝した。 1987年、左膝の故障により、引退を表明した。 若乃花幹士(2代)は、昭和の相撲界を代表する横綱の一人である。その功績は、長く語り継がれるであろう。
スポーツ分野の人

朝吹磯子 (1889年-1985年)

-幼少期~青年期- 朝吹磯子は、1889年(明治22年)1月31日に、三重県名張市に生まれました。父は朝吹貞二、母は磯です。磯子は、貞二と磯の長女として生まれ、三男二女の5人兄姉の真ん中でした。 磯子は幼い頃から活発で、好奇心旺盛な性格でした。また、読書が好きで、よく本を読んでいました。磯子は、小学校を卒業した後、三重県立第一高等女学校に進学しました。そして、第一高等女学校を卒業した後、東京女子高等師範学校に入学し、英語を専攻しました。 東京女子高等師範学校を卒業した後、磯子は、東京府立第一高等女学校で英語教師として働き始めました。磯子は、教師として働きながら、日本女子大学で English Grammar の講義を聴講したり、聖心女子大学で英語会話の授業を受けたりするなど、英語の勉強を続けました。 磯子は、1923年(大正12年)に、文学博士の朝吹友太郎と結婚しました。友太郎は、磯子の東京府立第一高等女学校時代の同僚であり、英語教師として働いていた人物でした。磯子は、友太郎と結婚した後、第一高等女学校を退職し、友太郎と一緒に東京に移り住みました。 磯子は、東京に住むようになってから、作家としての活動を本格的に始めました。磯子は、1925年(大正14年)に、処女作である『Voyage en Orient』を出版しました。この作品は、磯子がヨーロッパ旅行をしたときの経験を綴ったもので、多くの読者から好評を博しました。 磯子はその後も、次々と作品を発表し、多くの読者から支持されました。磯子の作品は、女性解放や社会改革をテーマにしたものが多く、当時の社会に大きな影響を与えました。磯子は、1985年(昭和60年)に、96歳で亡くなりました。
スポーツ分野の人

栃木山守也-伝説の力士の生涯

栃木山守也の功績 栃木山守也は、昭和30年代に活躍した大相撲力士。1954年9月場所に初土俵を踏み、1960年5月場所に新入幕を果たす。1964年1月場所には大関に昇進し、1965年9月場所には横綱に昇進した。横綱として在位したのはわずか2場所だったが、その間に2度の優勝を飾った。1966年9月場所に引退。 栃木山守也の功績は、何と言ってもその豪快な相撲にある。右四つからの豪快な上手投げや、右からの豪快な突き押しは、多くのファンを魅了した。また、その人間味溢れるキャラクターも人気を博した。 栃木山守也は、1966年9月場所に引退した後も、相撲界に貢献し続けた。1972年には、日本相撲協会の理事長に就任し、1984年には、日本相撲協会の会長に就任した。また、1990年には、国際相撲連盟の会長に就任している。 栃木山守也は、2019年8月24日に84歳で死去した。しかし、その功績は今もなお語り継がれている。 栃木山守也の主な功績 * 横綱として2度の優勝 * 大関として6度の優勝 * 関脇として3度の優勝 * 小結として2度の優勝 * 前頭として2度の優勝 * 幕下以下として1度の優勝 * 日本相撲協会の理事長として、相撲界の発展に貢献 * 日本相撲協会の会長として、相撲界の発展に貢献 * 国際相撲連盟の会長として、相撲の国際化に貢献
スポーツ分野の人

鏡里喜代治(1923~2004)-昭和の相撲の巨星

-鏡里喜代治の生い立ち- 鏡里喜代治は、1923年(大正12年)7月28日に、青森県弘前市に鏡里文平、久美子の長男として誕生しました。父親は元力士で、母親は農家出身でした。鏡里は、幼い頃から相撲に興味を持ち、地元の相撲大会には必ず出場していました。14歳の時に、上京して相撲部屋に入門し、1941年(昭和16年)に初土俵を踏みました。 鏡里は、入門当初は苦労しましたが、持ち前の才能と努力で着実に力をつけ、1944年(昭和19年)には新入幕を果たしました。1946年(昭和21年)には、横綱双葉山の連勝を35で止めて、一躍時の人となりました。鏡里は、その後も活躍を続け、1948年(昭和23年)には、横綱昇進を果たしました。 鏡里は、横綱として10年間在位し、数々の優勝を飾りました。1953年(昭和28年)には、史上初の六場所全勝優勝を達成しました。また、1955年(昭和30年)には、史上初の七場所全勝優勝を達成しました。鏡里は、相撲界に数々の偉業を打ち立てた、昭和の相撲の巨星でした。 鏡里は、1962年(昭和37年)に引退後、年寄・鏡里として後進の指導にあたりました。また、日本相撲協会の理事長や副会長なども歴任しました。鏡里は、2004年(平成16年)12月27日に、心不全のため東京都内の病院で死去しました。享年81歳でした。
スポーツ分野の人

「大砲万右衛門」-明治時代の力士

-明治時代の力士「大砲万右衛門」- 大砲万右衛門は、明治時代の力士です。本名は村山 万右衛門(むらやま まんえもん)。1852年(嘉永5年)に現在の千葉県香取市に生まれ、1896年(明治29年)に死去しました。身長2メートルを優に超える巨漢で、体重は300キログラム以上あったと伝えられています。 -大砲万右衛門の経歴- 大砲万右衛門は、1870年(明治3年)に大阪相撲の吉田司家に入門しました。1874年(明治7年)に十両に昇進し、1877年(明治10年)に大関に昇進しました。1884年(明治17年)には横綱に昇進し、1889年(明治22年)まで横綱を務めました。 大砲万右衛門は、力士としては史上初めて海外遠征をした力士です。1885年(明治18年)にハワイとアメリカ合衆国に遠征し、各地で興行を行いました。大砲万右衛門の海外遠征は、日本の相撲を世界に広めるきっかけとなりました。 -大砲万右衛門の引退- 大砲万右衛門は、1889年(明治22年)に引退しました。引退後は、大阪で相撲部屋を開き、多くの力士を育てました。大砲万右衛門は、1896年(明治29年)に死去しました。 -大砲万右衛門の功績- 大砲万右衛門は、日本の相撲界の発展に大きく貢献した力士です。大砲万右衛門の海外遠征は、日本の相撲を世界に広めるきっかけとなりました。また、大砲万右衛門は多くの力士を育て、日本の相撲界の発展に貢献しました。 大砲万右衛門は、日本の相撲界における偉大な力士の一人であり、その功績は今もなお語り継がれています。
スポーツ分野の人

「琴錦功宗」

小柄ながらするどい出足ともろ差しからの速攻を武器に成績をあげ 琴錦功宗は、小柄ながら非常に運動能力が高く、一気の寄りと強烈なもろ差しが持ち味の大関だった。通算成績は352勝294敗136休。2001年に40歳で現役を引退し、年寄・佐渡ヶ嶽を襲名。2004年1月場所から間垣部屋の師匠を務めている。 琴錦功宗は、1961年4月28日に岩手県陸前高田市で生まれた。本名は佐々木信康。出身校は水沢南高等学校。1979年3月場所に初土俵を踏み、1980年1月場所に十両昇進。1981年3月場所に新入幕を果たした。 琴錦功宗は、1982年1月場所に大関に昇進。1985年3月場所には、横綱北の湖、大関増位山と優勝決定戦を戦い、優勝を飾っている。琴錦功宗は、1987年1月場所まで大関の地位を維持したが、その後は怪我に悩まされ、1991年1月場所に陥落した。 琴錦功宗は、1991年3月場所に十両に陥落したが、その後すぐに幕内に復帰。1994年3月場所には、大関返り咲きを果たした。しかし、その後は再び怪我に悩まされ、2000年5月場所に陥落した。 琴錦功宗は、2001年1月場所に現役を引退した。通算成績は352勝294敗136休。2001年2月には年寄・佐渡ヶ嶽を襲名し、2004年1月場所から間垣部屋の師匠を務めている。 琴錦功宗は、小柄ながら非常に運動能力が高く、一気の寄りと強烈なもろ差しが持ち味の大関だった。通算成績は352勝294敗136休。2001年に40歳で現役を引退し、年寄・佐渡ヶ嶽を襲名。2004年1月場所から間垣部屋の師匠を務めている。
スポーツ分野の人

貴乃花光司 – 平成の相撲のレジェンド

-貴乃花光司の栄光に満ちたキャリア- 貴乃花光司は、平成を代表する相撲のレジェンドです。1972年8月17日、東京都墨田区に生まれ、本名は貴乃花光司。父は元横綱の初代若乃花幹士、母は元宝塚歌劇団星組トップスターの藤間紫。 貴乃花は、1988年3月に初土俵を踏み、1993年5月に新入幕を果たします。1994年11月に大関に昇進し、1995年5月に横綱に昇進します。横綱在位中は、11回の優勝を果たし、1998年5月には、史上最多の69連勝を記録しています。 貴乃花は、1998年9月に引退し、年寄貴乃花を襲名して日本相撲協会に残ります。2002年1月、師匠である藤島審判部長(元大関貴ノ花利彰)が死去したため、貴乃花一門を継承します。 貴乃花は、2004年1月に日本相撲協会の理事長に就任します。理事長在任中は、相撲界の改革を積極的に推進し、2007年1月に八百長問題が発覚した際には、八百長に関与した力士の引退勧告処分を下しました。 貴乃花は、2008年12月に理事長を辞任し、2009年1月に年寄貴乃花を廃業して日本相撲協会を退職します。その後は、タレントとしてテレビや雑誌に出演するなど、幅広く活躍しています。 貴乃花は、平成を代表する相撲のレジェンドであり、その栄光に満ちたキャリアは、これからも語り継がれるでしょう。
スポーツ分野の人

常ノ花寛市 – 戦前期の大横綱

-# 常ノ花寛一の生涯 常ノ花寛市は、1896年(明治29年)に石川県金沢市で生まれた。本名は、大嶋市太郎。幼少の頃は、相撲の稽古よりも遊びに夢中であったという。しかし、13歳の時に金沢市内の回向院で行われた勧進相撲を観戦し、横綱常陸山の相撲を見て相撲取りになることを決意した。 1913年(大正2年)に上京し、高砂部屋に入門した。入門当初は、小柄で線が細かったため、周囲からはあまり期待されていなかった。しかし、常ノ花は持ち前の不屈の精神力で稽古に励み、頭角を現していった。 1918年(大正7年)に十両に昇進し、翌年には入幕を果たした。1922年(大正11年)には、横綱に昇進した。横綱昇進後は、次々と金星を獲得し、大横綱の地位を確立した。 常ノ花は、身長168cm、体重110kgと小柄ながら、力強さとスピードを兼ね備えた相撲を得意とした。また、負けん気の強い性格で、一度も土俵上で泣いたことがなかったという。 常ノ花は、1931年(昭和6年)に引退し、年寄・高砂を襲名した。引退後は、日本相撲協会の理事長や監事を歴任し、相撲界の発展に貢献した。 常ノ花は、1979年(昭和54年)に83歳で亡くなった。大横綱としてだけではなく、人格者としても人々から尊敬される存在であった。
スポーツ分野の人

若乃花勝 – 昭和の相撲界を賑わせた横綱

-貴乃花家の長男として生まれた若乃花- 若乃花勝は、1953年8月27日に東京で生まれました。父は元横綱の二代目若乃花で、母は元女優の三船美佳です。兄弟には、弟の貴乃花光司がいます。 若乃花は、幼い頃から相撲を始め、小学校6年生の時に日本相撲協会に入門しました。入門後は、若乃花の四股名で、順調に出世を重ねていきます。 1972年に新入幕を果たすと、翌1973年には大関に昇進しました。そして、1978年に横綱に昇進し、昭和の相撲界を代表する横綱の一人となりました。 若乃花は、その端正な顔立ちと、豪快な取り口で、多くのファンを魅了しました。また、横綱として、数々のタイトルを獲得し、相撲界に大きな足跡を残しました。 しかし、1983年に引退後は、相撲界とは一線を画し、芸能界や政界などで活躍しました。そして、2020年11月29日に、心不全のため、67歳で亡くなりました。 若乃花は、昭和の相撲界を代表する大横綱として、今もなお、多くの相撲ファンから愛されています。
スポーツ分野の人

玉の海正洋 – 昭和時代後期の力士

玉の海の生涯 玉の海正洋(たまのうみまさひろ、1943年1月29日 - 2012年3月6日)は、昭和時代後期の力士。伊勢ヶ濱部屋所属。現役時代は、最高位が東関脇で、幕内通算28場所、通算成績は515勝338敗11休。現在は、伊勢ヶ濱部屋の22代当主で、日本相撲協会理事長を務めている。 玉の海は、1943年1月29日に、兵庫県揖保郡龍野町(現在のたつの市)に生まれた。幼少期から相撲を始め、中学時代には全国大会に出場するなど、活躍した。高校卒業後は、伊勢ヶ濱部屋に入門し、1961年3月に初土俵を踏んだ。 玉の海は、1965年1月に新入幕を果たし、1968年1月に東関脇まで昇進した。玉の海は、右四つからの上手投げを得意とし、幕内上位で活躍した。1972年1月に引退するまで、幕内で28場所を戦い、通算成績は515勝338敗11休であった。 引退後は、伊勢ヶ濱部屋の師匠となり、1990年に部屋を継承した。玉の海は、師匠として多くの力士を育て、横綱千代の富士貢、大関千代大海龍二、関脇大徹龍政登などを輩出した。また、日本相撲協会理事長として、相撲界の発展に尽力した。 玉の海は、2012年3月6日に、脳梗塞のため死去した。享年69歳。
スポーツ分野の人

照国万蔵 – 昭和の伝説的横綱

-- 生い立ちと入門 -- 照国万蔵は、1900年6月26日、鹿児島県大隅郡国分町(現・国分市)に生まれた。本名は石倉幸右衛門。父親は刀鍛冶、母親は農家の娘だった。 照国は幼い頃から相撲が好きで、近所の子供たちとよく取っ組み合っていた。12歳のとき、地元の相撲大会に出場し、優勝した。この大会で照国を見た大阪相撲の行司が、大阪相撲への入門を勧めた。 照国は、父親の反対を押し切って、1914年3月に大阪相撲に入門した。入門後は、大阪相撲の力士として活躍し、1920年に横綱に昇進した。 照国は、大阪相撲の横綱として、1920年から1930年まで10年間在位した。在位中は、109回の優勝を果たし、幕内通算1518勝という大記録を打ち立てた。 照国は、1930年に引退したが、その後も相撲界で活躍し、1955年には日本相撲協会の理事長に就任した。1965年には、相撲界の発展に貢献した功績により、国民栄誉賞を受賞した。 照国は、1975年11月22日に死去した。享年75歳だった。
スポーツ分野の人

大戸平広吉 – 明治時代の力士、東京両国国技館の名付け親

-大戸平広吉の生涯- 大戸平広吉は、1859年(安政6年)8月13日に新潟県中蒲原郡関原新田(現・燕市)に生まれました。1880年(明治13年)に上京して伊勢ヶ濱部屋に入門し、1884年(明治17年)に初土俵を踏みました。 大戸平は、1886年(明治19年)に十両に昇進し、1887年(明治20年)には幕内力士となりました。1889年(明治22年)には最高位である大関に昇進し、1890年(明治23年)には横綱に昇進しました。 大戸平は、1892年(明治25年)に引退しましたが、その後も相撲界に残り、1894年(明治27年)には東京相撲協会を設立しました。また、1909年(明治42年)には東京国技館の建設を立案し、1910年(明治43年)に国技館が完成しました。 大戸平は、1922年(大正11年)2月1日に東京で亡くなりました。享年63歳でした。 大戸平は、明治時代の相撲界を代表する力士であり、東京両国国技館の名付け親でもあります。大戸平の功績は、現在も相撲界に受け継がれています。
スポーツ分野の人

小錦八十吉(初代)の功績と生涯

小錦八十吉(初代)とは 小錦八十吉(初代)とは、1874年(明治7年)に愛媛県越智郡大西町(現・今治市)に生まれた力士です。本名は藤岡八兵衛。身長174cm、体重115kg。 1891年(明治24年)に初土俵を踏み、1896年(明治29年)には関取に昇進。1901年(明治34年)には横綱に昇進し、1908年(明治41年)まで横綱を務めました。 小錦八十吉は、頑丈な体格と力強い突っ張り、そして豪快な右四つを武器に活躍しました。また、気さくな人柄で、多くの人々に愛されました。 小錦八十吉は、1910年(明治43年)に現役を引退し、その後は年寄・立浪を襲名して相撲界に残りました。1914年(大正3年)には日本相撲協会の理事長に就任し、1931年(昭和6年)まで務めました。 小錦八十吉は、1936年(昭和11年)に62歳で亡くなりました。 小錦八十吉は、相撲界の発展に大きく貢献した功労者です。その功績は、今もなお語り継がれています。
スポーツ分野の人

鳳凰馬五郎 – 明治時代の偉大な力士

-鳳凰馬五郎の生涯- 鳳凰馬五郎は、明治時代の偉大な力士です。1869年(明治2年)に生まれ、1897年(明治30年)に亡くなりました。本名は馬場五郎であり、鳳凰という四股名は、その大きな体と、力強い取り口から、鳳凰のようにたくましい力士であるという意味でつけられました。 鳳凰馬五郎は、1889年(明治22年)に、相撲界の最高位である横綱に昇進しました。横綱在位中は、35回も優勝し、その強さは折り紙付きでした。また、鳳凰馬五郎は、力士としてだけでなく、行司としても活躍しました。1896年(明治29年)には、史上最年少で、年寄に昇進しました。 鳳凰馬五郎は、1897年(明治30年)、28歳の若さで亡くなりました。死因は、肺炎でした。鳳凰馬五郎の死は、相撲界に大きな衝撃を与え、多くの人々が悲しみました。 鳳凰馬五郎は、その偉大な功績から、1911年(明治44年)に、横綱として初めて、大関・横綱表彰制度の対象となりました。また、1950年(昭和25年)には、大日本相撲協会により、初代横綱として認定されました。 鳳凰馬五郎は、明治時代の偉大な力士であり、その功績は、今日でも語り継がれています。
スポーツ分野の人

貴闘力忠茂:柔道の全国大会に出場した力士で大鵬幸喜の女婿

貴闘力の生い立ちと経歴 1956年、北海道室蘭市に生まれる。父親は元全日本相撲選手権大会優勝者の貴ノ花利彰(のちの二子山勝治)、母親は北海道室蘭市出身の女性である。貴闘力には、兄に貴ノ花光司(のちの二子山親方)、弟に貴ノ浪貞博(のちの貴乃花光司)、妹に貴乃花初重(のちの藤田初重)がいる。 貴闘力は、幼少期から柔道と相撲を始める。柔道では、全国大会に出場した実績がある。相撲では、小学校6年生の時に全日本小学生相撲選手権大会に出場し、優勝を果たす。中学3年生の時に、大相撲の二子山部屋に入門する。 1973年3月場所で、初土俵を踏む。四股名は、当初は「貴ノ花」だったが、後に「貴闘力」に改名する。1977年9月場所で、新十両に昇進する。1979年3月場所で、新入幕を果たす。1981年7月場所で、初めて幕内最高優勝を果たす。 1982年1月場所で、大関に昇進する。1983年9月場所で、二度目の幕内最高優勝を果たす。1984年1月場所で、横綱に昇進する。 1986年1月場所を最後に引退する。引退後は、年寄・貴乃花となった。2002年1月場所を最後に、貴乃花親方を辞任する。 貴闘力は、4度の幕内最高優勝を誇る名横綱であった。また、大相撲の第一人者として、日本中に相撲の人気を広めた功労者でもあった。
スポーツ分野の人

力士清水川元吉とその栄光と挫折

-大関まで昇進した強豪力士- 清水川元吉は、1926年(大正15年)に大阪府大阪市で生まれました。本名は森元吉で、清水川部屋に入門して四股名を清水川としました。 1947年(昭和22年)に初土俵を踏み、順調に出世街道を歩みました。1950年(昭和25年)には関取に昇進し、1952年(昭和27年)には大関に昇進しました。 清水川は、大関として活躍し、1953年(昭和28年)には横綱昇進を期待されました。しかし、1954年(昭和29年)に大関から陥落し、横綱昇進はかないませんでした。 清水川は、1955年(昭和30年)に引退しました。引退後は、年寄・清水川を襲名し、日本相撲協会の理事を務めました。2008年(平成20年)に82歳で亡くなりました。 清水川は、大関まで昇進した強豪力士でした。横綱昇進はかないませんでしたが、その功績は称賛に値します。
スポーツ分野の人

梅ケ谷藤太郎(2代) – 明治-大正時代の力士

明治-大正時代の力士 梅ケ谷藤太郎(2代)は、明治-大正時代の力士です。本名は松永源太郎といい、富山県東砺波郡栴檀山村(現・砺波市)出身です。身長187cm、体重136kgという恵まれた体格で、1896年に角界入りしました。入門後は、梅ヶ谷部屋で修行を積み、1901年に十両に昇進しました。そして、1903年には新入幕を果たしました。 梅ケ谷は、その恵まれた体格を活かした豪快な相撲で、人気を集めました。特に、得意技の押し出しは、相手の懐に潜り込んで、一気に押し出すというもので、多くのファンを魅了しました。また、性格も豪放磊落で、酒豪としても知られていました。 梅ケ谷は、1909年に大関に昇進しました。そして、1913年には、横綱に昇進しました。横綱昇進後は、相撲界のトップとして活躍しました。しかし、1918年に引退しました。引退後は、年寄・梅ヶ谷を襲名し、相撲界に残りました。そして、1936年に死去しました。 梅ケ谷藤太郎(2代)は、明治-大正時代の力士として、大きな功績を残しました。その豪快な相撲は、多くのファンを魅了し、相撲界の発展に貢献しました。
スポーツ分野の人

栃ノ海晃嘉

-栃ノ海晃嘉の生涯- 栃ノ海晃嘉は、1928年2月15日に福島県信夫郡(現・福島市)に生まれた。本名は藤間田悦正。 小学校卒業後は、地元の電気工事会社に就職。しかし、相撲への情熱が抑えられず、1946年に二所ノ関部屋に入門した。 1947年3月に初土俵を踏み、1950年3月に新入幕を果たした。 1951年3月に大関に昇進し、1953年1月に横綱に昇進した。 横綱として活躍した期間は短く、1954年9月に引退した。 引退後は、年寄・藤島として後進の指導に当たった。 1995年に7代二所ノ関を襲名し、2005年に日本相撲協会理事長に就任した。 2008年に日本相撲協会を退職し、2010年1月27日に死去した。 栃ノ海は、力士としてだけでなく、指導者としても功績を残した偉大な人物である。
スポーツ分野の人

三根山隆司-昭和の英雄力士

-力士としての功績- 三根山隆司は、1940年3月10日に宮城県に生まれた元大相撲力士である。1958年3月に初土俵を踏み、1961年3月に新十両昇進、1962年5月に新入幕を果たした。最高位は東大関で、優勝2回を誇る。1973年5月に引退し、年寄・立川を襲名した。1992年に現役を引退し、現在は日本相撲協会の相談役を務めている。 三根山は、187cm、130kgの恵まれた体格を持ち、左四つ、寄り、押しを得意とした。また、足腰が強く、特に立合いの速さはピカイチだった。1966年1月場所では、優勝決定戦で横綱・大鵬を破って初優勝を飾った。1967年9月場所でも、優勝決定戦で横綱・柏戸を破って2回目の優勝を果たした。三根山は、横綱に昇進するまであと一歩のところまで迫ったが、怪我や病気などの影響で、ついに横綱の地位には就くことができなかった。 しかし、三根山は、大関として長く活躍し、数々の功績を残した。1966年1月場所では、15戦全勝で優勝した。これは、大関が全勝優勝を果たした初めての例である。また、1967年9月場所では、14勝1敗で優勝した。これは、大関が14勝以上の成績で優勝した初めての例である。三根山は、大関として通算38回優勝しており、これは大関の優勝回数としては歴代1位である。 三根山は、力士としてだけでなく、人間としても高く評価されている。三根山は、温厚で誠実な性格で、ファンや関係者からの人望が厚かった。また、後輩力士の指導にも熱心で、多くの力士を育て上げた。三根山は、昭和の相撲界を代表する大関の一人であり、その功績は永遠に語り継がれるであろう。
スポーツ分野の人

増位山大志郎→ 大正・昭和の相撲界を彩った名力士

-力士としての実績と功績- 増位山大志郎は、1914年(大正3年)に青森県で生まれ、1930年(昭和5年)に初土俵を踏んだ。入門後は、その恵まれた体格と持ち前の運動能力を活かして、角界で頭角を現し、1935年(昭和10年)には、わずか21歳で新入幕を果たした。 その後、増位山は、着実に番付を上げ、1937年(昭和12年)には大関に昇進。そして、1939年(昭和14年)には、25歳で横綱に昇進した。横綱昇進後は、1942年(昭和17年)に召集されるまで、4年連続で優勝するなど、相撲界を席巻した。 増位山は、その圧倒的な強さと、豪快な取り口で、多くのファンを魅了した。特に、その突進力のある突っ張りや、土俵際での粘り強い取り口は、多くの伝説を残した。また、増位山は、その人柄の良さでも知られ、角界の重鎮として、後輩の指導にも尽力した。 増位山は、1946年(昭和21年)に現役を引退するまで、通算560勝252敗53無勝負21分12預の成績を残した。優勝回数10回は、当時歴代2位タイの記録であった。また、1947年(昭和22年)には、日本相撲協会の理事長に就任し、相撲界の発展に貢献した。 増位山は、1969年(昭和44年)に55歳で死去したが、その功績は今もなお語り継がれている。1970年(昭和45年)には、大相撲の殿堂である相撲博物館に顕彰されている。