元衆議院議長

政治分野の人

政治家・田村憲久について

-田村憲久の経歴- 田村憲久は、1962年1月17日に鹿児島県大島郡知名町で生まれました。鹿児島県立大島高等学校を卒業後、明治大学商学部に進学しました。大学卒業後は、株式会社ダイエーに入社しました。 ダイエーでは、スーパーマーケットの店長やエリアマネージャーを歴任しました。その後、政治家を志し、1996年に鹿児島県議会議員選挙に立候補し、当選しました。県議会議員を3期務めた後、2003年に衆議院議員選挙に立候補し、当選しました。 衆議院議員としては、民主党の税制調査会長、経済産業副大臣、環境大臣などを歴任しました。2011年に民主党代表選挙に立候補しましたが、落選しました。その後、2012年に野田内閣で経済産業大臣に任命されました。 2013年に民主党代表選挙に再び立候補し、当選しました。2014年に内閣総理大臣に就任しましたが、2015年に辞任しました。その後、2016年に希望の党の代表に就任しましたが、2017年に辞任しました。 2018年に無所属で衆議院議員選挙に立候補し、当選しました。現在は、衆議院議員として活動しています。
政治分野の人

石井光次郎-昭和時代後期の政治家

-# 政治家としての主な活動 石井光次郎は、1958年に衆議院議員に初当選し、その後4期連続で当選を果たした。在任中は、建設政務次官や総理府総務長官などの要職を歴任し、1976年には運輸大臣に就任した。運輸大臣在任中は、全国新幹線網の整備や航空機騒音対策などの政策を推進し、日本の交通インフラの発展に貢献した。 また、石井光次郎は、日中友好議員連盟の会長も務め、日中関係の改善に尽力した。1978年には、中国の副首相である鄧小平と会談し、両国の友好関係を促進する覚書に署名した。この覚書は、日中両国の国交正常化に大きく貢献したとして評価されている。 石井光次郎は、1980年に衆議院議員を引退し、政界を引退した。その後は、東海大学総長や日本自動車工業会の会長などを歴任し、日本の産業発展に貢献した。2005年に死去した。