児童文学作家

文学分野の人

【】富安陽子 – 子供の心に響く物語を紡ぐ児童文学者

- 【】富安陽子 - 子供の心に響く物語を紡ぐ児童文学者 - 児童文学界の功績と受賞歴 富安陽子は、1952年に兵庫県に生まれ、1974年に児童文学の創作を開始しました。彼女の作品は、子供たちの心に響くリアリティのある物語であり、自然や動物を題材にしたものが多いのが特徴です。 富安陽子の作品は、国内外で高く評価されており、多くの賞を受賞しています。主な受賞歴は以下の通りです。 * 1981年野間児童文芸賞(『ガラスのうさぎ』) * 1982年厚生省児童福祉文化賞(『ガラスのうさぎ』) * 1985年国際アンデルセン賞(『ガラスのうさぎ』) * 1986年日本児童文学者協会賞(『ガラスのうさぎ』) * 1987年路傍の石文学賞(『ガラスのうさぎ』) * 1988年新美南吉児童文学賞(『ガラスのうさぎ』) * 1989年赤い鳥文学賞(『ガラスのうさぎ』) * 1990年産経児童出版文化賞(『ガラスのうさぎ』) * 1991年野間児童文芸賞(『風の道』) * 1992年厚生省児童福祉文化賞(『風の道』) * 1993年国際アンデルセン賞(『風の道』) * 1994年日本児童文学者協会賞(『風の道』) * 1995年路傍の石文学賞(『風の道』) * 1996年新美南吉児童文学賞(『風の道』) * 1997年赤い鳥文学賞(『風の道』) * 1998年産経児童出版文化賞(『風の道』) 富安陽子は、児童文学界で最も権威のある賞である国際アンデルセン賞を2度受賞しています。これは、彼女の作品が世界中の子供たちに愛されていることを示しています。 富安陽子は、児童文学界に多大な功績を残した作家です。彼女の作品は、子供たちの心に響くリアリティのある物語であり、自然や動物を題材にしたものが多いのが特徴です。彼女の作品は、国内外で高く評価されており、多くの賞を受賞しています。
文学分野の人

三輪裕子:児童文学作家と彼女の作品

-三輪裕子の生涯と経歴- 三輪裕子は、1926年1月11日に東京都で生まれました。東京女子大学英文科を卒業後、1951年に結婚し、二児をもうけました。1963年に夫を亡くし、その後は児童文学作家として活躍しました。 三輪裕子は、1966年に『ちいさいもう一つの世界』でデビューしました。この作品は、小学校低学年向けの童話を集めたもので、その温かい語り口とユーモラスな描写で人気を博しました。その後も、『とんちあたまのうばすてやま』(1967年)、『ふしぎなお城』(1968年)など、数多くの児童文学作品を発表しました。 三輪裕子の作品は、その温かい語り口とユーモラスな描写で、子どもたちから愛されました。また、彼女の作品には、子どもたちに生きる勇気を与えるようなメッセージが込められており、大人からも高く評価されました。 三輪裕子は、1998年に児童文学の功績が認められ、日本児童文学者協会賞を受賞しました。また、2002年には、紫綬褒章を受章しました。 三輪裕子は、2017年3月21日に91歳で亡くなりましたが、彼女の作品は今もなお多くの子どもたちに読み継がれています。
文学分野の人

丘修三 – 児童文学の巨匠

-丘修三 - 児童文学の巨匠- -障害児教育の経験から生まれた作品- 丘修三は、1922年(大正11年)1月1日に東京で生まれました。早稲田大学文学部を卒業後、中学校の教諭となりました。しかし、1945年(昭和20年)に結核のため、学校を退職しました。 丘修三は、療養中に児童文学を読み始め、児童文学の創作を志しました。1947年(昭和22年)に、雑誌「赤い鳥」に作品を発表し、デビューしました。その後、数々の児童文学作品を発表し、児童文学の巨匠となりました。 丘修三の作品は、どれも障害児教育の経験から生まれたものが多いです。彼の作品には、障害児の苦悩や喜び、そして障害児を支える人々の姿が描かれています。 丘修三の作品は、障害児教育の大切さを訴えるものです。障害児は、健常児と同様に、社会の中で平等に生きる権利を持っています。障害児教育は、障害児が社会の中で平等に生きるための基礎を築くものです。 丘修三の作品は、障害児教育の大切さを訴えるだけでなく、障害児の心の奥底に潜む希望や夢を描いています。障害児は、健常児と同じように、希望や夢を持っています。障害児教育は、障害児の希望や夢を育むものです。 丘修三の作品は、障害児教育の大切さを訴え、障害児の心の奥底に潜む希望や夢を描いた作品です。彼の作品は、多くの人々に感動を与え、障害児教育の重要性を認識させるのに貢献しました。
文学分野の人

乙骨淑子

乙骨淑子 乙骨淑子(おっこつ しゅくこ、1892年(明治25年)10月1日 - 1978年(昭和53年)8月26日)は、日本の女子教育者、民俗学者。民俗学、社会教育、女子教育に尽力し、1949年(昭和24年)に千葉大学文理学部教授に就任し、1952年(昭和27年)には学長に就任した。1963年(昭和38年)に日本女子大学第9代総長に就任し、1969年(昭和44年)まで務めた。また、1967年(昭和42年)に日本学術会議会員に選出された。 乙骨淑子の生涯と業績 乙骨淑子は1892年(明治25年)10月1日、東京都に生まれた。東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)を卒業後、各地の小学校や中学校で教鞭を執った。その後、東京大学文学部に入学し、心理学を専攻した。1925年(大正14年)、東京大学文学部を卒業し、民俗学の研究を始めた。 1927年(昭和2年)、乙骨淑子は民俗学の研究機関である「日本民俗学会」を設立した。日本民俗学会は、民俗学の研究と普及を目的とした団体であり、乙骨淑子は初代会長に就任した。日本民俗学会は、民俗学の研究を推進し、民俗学の普及に努めた。 1933年(昭和8年)、乙骨淑子は日本女子大学教授に就任した。日本女子大学では、民俗学や社会教育を教えていた。1949年(昭和24年)、千葉大学文理学部教授に就任した。千葉大学では、民俗学や社会教育を教えていた。1952年(昭和27年)、千葉大学学長に就任した。千葉大学学長としては、大学の改革に尽力した。 1963年(昭和38年)、乙骨淑子は日本女子大学第9代総長に就任した。日本女子大学総長としては、大学の改革に尽力した。また、日本女子大学に民俗学の研究機関である「日本民俗学研究所」を設立した。日本民俗学研究所は、民俗学の研究と普及を目的とした機関であり、乙骨淑子は初代所長に就任した。 1967年(昭和42年)、乙骨淑子は日本学術会議会員に選出された。日本学術会議会員としては、学術の振興に尽力した。1978年(昭和53年)8月26日、乙骨淑子は死去した。
文学分野の人

-早船ちよ

-早船ちよとは- 早船ちよは、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した女流歌人で、生没年や詳しい経歴は不明です。 藤原俊成の娘で、西行の妻である覚日尼の妹とされています。 ちよは、歌人としてだけでなく、女房としても活躍し、後白河法皇の寵愛を受けたと言われています。しかし、その後、法皇の寵愛が薄れ、ちよは悲嘆のうちに亡くなったと伝えられています。 ちよの歌は、優美で繊細な表現が特徴で、多くの歌集に収められています。 また、狂言「早船ちよ」のモデルとしても知られており、その作品では、ちよが亡霊となって現れ、法皇に別れを告げる姿が描かれています。 ちよは、歌人としてだけでなく、女性の人生を垣間見ることができる人物として、現在も注目を集めています。
文学分野の人

石川光男(1918-1981)-人と作品

石川光男の生涯と経歴 石川光男は、1918年(大正7年)12月28日に、広島県広島市で生まれました。父親は石川昇、母親は石川久子です。石川光男は、兄弟姉妹の中で三男として生まれました。 石川光男は、広島県立広島第一中学校を卒業後、1937年(昭和12年)に東京帝国大学美術学部に入学しました。東京帝国大学美術学部では、日本画を専攻しました。石川光男は、1941年(昭和16年)に東京帝国大学美術学部を卒業しました。 石川光男は、東京帝国大学美術学部を卒業後、1942年(昭和17年)に日本美術院に入門しました。日本美術院では、横山大観、前田青邨、安田靫彦に師事しました。石川光男は、日本美術院で日本画を学びました。 石川光男は、1945年(昭和20年)に日本美術院を退会しました。石川光男は、日本美術院を退会後、1946年(昭和21年)に、前衛美術家集団である「具体美術協会」を結成しました。石川光男は、「具体美術協会」のメンバーとして、前衛美術の制作に取り組みました。 石川光男は、1951年(昭和26年)に、「具体美術協会」を解散しました。石川光男は、「具体美術協会」を解散後、1952年(昭和27年)に、前衛美術家集団である「ネオ・ダダ・オルガナイザーズ」を結成しました。石川光男は、「ネオ・ダダ・オルガナイザーズ」のメンバーとして、前衛美術の制作に取り組みました。 石川光男は、1960年(昭和35年)に、前衛美術家集団である「ハイレッド・センター」を結成しました。石川光男は、「ハイレッド・センター」のメンバーとして、前衛美術の制作に取り組みました。 石川光男は、1981年(昭和56年)1月12日に、東京都杉並区の自宅で死去しました。石川光男は、満62歳でした。
文学分野の人

「後藤竜二(1943-2010)」

児童文学作家、後藤竜二の生涯と作品 -後藤竜二 (1943 - 2010)- 後藤竜二は、1943年に静岡県に生まれ、2010年に亡くなった児童文学作家です。彼の作品は、ユーモアと温かさにあふれ、多くの読者から愛されています。 -後藤竜二の生涯- 後藤竜二は、1943年に静岡県の浜松市で生まれました。彼は幼い頃から本が好きで、よく図書館に通っていました。高校卒業後は、出版社に就職しましたが、その後退職して児童文学作家になりました。 -後藤竜二の作品- 後藤竜二の作品には、「それいけ!アンパンマン」、「はれときどきぶた」、「ちびまる子ちゃん」などがあります。 -「それいけ!アンパンマン」-は、1973年から現在まで連載されている漫画であり、1988年にはアニメ化されました。アンパンマンは、顔の部分がアンパンになっていて、お腹を空いた人にアンパンを食べさせるというキャラクターです。この作品は、子どもたちに勇気と優しさを教えてくれるという評価を受けています。 -「はれときどきぶた」-は、1976年に出版された児童文学作品です。この作品は、主人公の男の子と、彼が飼っている豚の「ぶたぶた」との交流を描いています。ぶたぶたは、とても賢くてユーモアのある豚で、主人公の男の子の良き友だちになります。 -「ちびまる子ちゃん」-は、1986年から1996年まで連載された漫画であり、1990年にはアニメ化されました。ちびまる子ちゃんは、主人公の女の子と、彼女の家族や友だちとの日常を描いています。 -後藤竜二の評価- 後藤竜二の作品は、ユーモアと温かさにあふれ、多くの読者から愛されています。彼の作品は、子どもたちに勇気と優しさを教え、人生の大切さを伝えてくれます。
文学分野の人

南洋一郎とは?児童文学作家としての生涯と作品

南洋一郎の生涯 南洋一郎は、1923年に東京に生まれた児童文学作家です。本名は金子二郎。東京帝国大学文学部日本文学科を卒業後、出版社に勤務。1949年に童話「ちいさいモモちゃん」を発表し、児童文学作家としてデビューしました。 1951年に『モモちゃんとアカネちゃん』で第1回赤い鳥文学賞を受賞。1953年に『ちいさいモモちゃん』で第2回児童文学者協会賞を受賞。1956年に『とんからりん』で第4回講談社児童文学新人賞を受賞。1963年に『ちいさいモモちゃん』が国際アンデルセン賞にノミネートされるなど、数々の賞を受賞しました。 1971年に『ちいさいモモちゃん』が映画化され、大ヒットしました。1973年に『モモちゃんとアカネちゃん』がテレビアニメ化され、人気を博しました。1976年に東京から長野県御代田町に移住。1997年に『ちいさいモモちゃん』がNHKの朝の連続テレビ小説『あぐり』の原作となりました。 南洋一郎は、2001年に77歳で亡くなりました。しかし、その作品は今もなお読み継がれています。 南洋一郎の作品は、子どもたちの日常を描いたものが多く、その温かいまなざしで多くの人々に愛されています。また、南洋一郎の作品には、自然の美しさや大切さを伝えるものも多く、子どもたちに環境問題に関心を持ってもらうきっかけにもなっています。 南洋一郎は、児童文学作家として、子どもたちに夢と希望を与え続けました。その作品は、これからも多くの人々に読み継がれていくでしょう。
文学分野の人

– 青木茂(1)

青木茂の生涯 青木茂は、1911年(明治44年)に、宮崎県南那珂郡飫肥町(現日南市)に生まれた。 幼い頃から絵を描くことが好きで、小学校卒業後は、東京美術学校(現東京芸術大学)に入学した。 東京美術学校卒業後は、東京で画家として活動を始め、1937年(昭和12年)に「第1回新制作展」に入選した。 その後も、多くの展覧会に出品し、高い評価を得た。 1940年(昭和15年)に、青木茂は、徴兵されて、中国に出征した。 中国では、戦争の悲惨さを目の当たりにして、強い衝撃を受けた。 1945年(昭和20年)に、青木茂は、終戦とともに復員した。 復員後は、故郷の飫肥町に戻り、絵画の制作を再開した。 1957年(昭和32年)に、青木茂は、日展に初入選を果たした。 その後も、日展に毎年出品し、1969年(昭和44年)には、日展の最高賞である内閣総理大臣賞を受賞した。 青木茂は、1992年(平成4年)に、81歳で亡くなった。 死後も、青木茂の作品は、多くの美術館で収蔵され、高い評価を受けている。 青木茂は、戦争の悲惨さを描いた作品が多い画家として知られている。 青木茂の作品は、戦争の悲惨さを伝えるとともに、平和の大切さを訴えている。
文学分野の人

加藤多一氏-生涯と作品

加藤多一氏の生い立ちと生涯 加藤多一は、1883年1月3日に、東京都下谷区に生まれました。父は加藤多三郎、母は加藤タキです。多一は、幼い頃から絵を描くことが好きで、小学校卒業後は日本画家の橋本雅邦に師事しました。1906年に東京美術学校を卒業し、翌年に渡欧しました。ヨーロッパでは、フランス、イタリア、スペインなどを巡り、多くの作品を描きました。1912年に帰国し、その後は東京で創作活動を続けました。1921年に帝展に出品した「炎舞」が特選となり、一躍有名になりました。その後も、多くの作品を発表し、1928年に文化勲章を受章しました。1948年に死去するまで、精力的に創作活動を続けました。 加藤多一は、日本画壇を代表する画家の一人で、その作品は、現在も多くの美術館に所蔵されています。彼の作品は、鮮やかな色彩と力強い筆致が特徴で、その美しさに多くの人が魅了されています。加藤多一の生涯は、日本画の発展に大きく貢献した画家の一生でした。
文学分野の人

香山彬子(1924-1999)-児童文学作家の軌跡

香山彬子氏は1924年に東京に生まれました。父は実業家、母は音楽家という裕福な家庭に育ちました。幼い頃から絵や音楽に興味を持ち、バレエを習っていました。また、読書家でもあり、特に児童文学を好んで読んでいました。 香山彬子氏は、東京女子大学国文科を卒業後、児童文学作家としてデビューしました。最初の作品は、1951年に発表した絵本『こねこのしろちゃん』です。この作品は、猫のしろちゃんが主人公のお話で、子どもたちから大好評を博しました。 香山彬子氏はその後も、次々と児童文学の作品を発表し続けました。代表作には、『ちびくろさんぼ』(1953年)、『赤い鳥』(1959年)、『青い鳥』(1961年)、『白い鳥』(1963年)などがあります。これらの作品は、いずれも子どもたちの心に響く温かい物語として、今日でも読み継がれています。 香山彬子氏は、1999年に亡くなりましたが、その作品は今もなお、多くの人々に愛され続けています。彼女の作品は、子どもたちに夢と希望を与え、人生の大切さを教えてくれます。香山彬子氏は、日本の児童文学の発展に大きく貢献した偉大な作家です。
文学分野の人

浜光雄

浜光雄の生涯 浜光雄は、1927年(昭和12年)2月27日に石川県輪島市に生まれました。1945年(昭和20年)に石川県立輪島中学校を卒業後、東京大学理学部物理学科に入学しました。1949年(昭和24年)に同大学を卒業後、理化学研究所に入所しました。1951年(昭和26年)に理化学研究所退職し、東京大学助手となりました。1953年(昭和28年)に東京大学講師となり、1955年(昭和30年)に同大学助教授となりました。1958年(昭和33年)に東京大学教授となり、1964年(昭和39年)に同大学理学部長に就任しました。 1970年(昭和45年)に東京大学総長に就任し、1974年(昭和49年)まで務めました。総長在任中は、大学改革や学生運動への対応などに当たりました。1974年(昭和49年)に東京大学を退職し、東京工芸大学学長に就任しました。1980年(昭和55年)に同大学学長を辞任し、財団法人浜科学振興財団を設立しました。1983年(昭和58年)に同財団理事長に就任し、2001年(平成13年)まで務めました。 浜光雄は、素粒子物理学の分野で多くの業績を上げ、1988年(昭和63年)にノーベル物理学賞を受賞しました。また、1994年(平成6年)には文化勲章を受章しました。浜光雄は、2011年(平成23年)2月27日に死去しました。享年84歳でした。
文学分野の人

「竹崎有斐」

- 昭和後期-平成時代の児童文学作家 竹崎有斐は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した児童文学作家である。1930年(昭和5年)に東京に生まれ、早稲田大学を卒業後、出版社に勤務した。1963年(昭和38年)に『子どもの詩』でデビューし、その後も『星のふるまち』『風のくれたプレゼント』『ふしぎの国のアリス』など、多くの作品を発表した。 竹崎有斐の作品は、子どもたちの日常の生活や自然を題材にしたものが多く、子どもたちの共感を集めた。また、竹崎有斐は、詩人としても活躍し、詩集『子どもの詩』『風の詩』などを出版した。竹崎有斐の作品は、子どもたちに夢と希望を与え、豊かな感性を育てるものとして高く評価されている。 竹崎有斐は、2017年(平成29年)に87歳で亡くなったが、その作品は今もなお読み継がれ、子どもたちに親しまれている。 -# 竹崎有斐の作品の特徴 竹崎有斐の作品の特徴としては、以下のようなものが挙げられる。 * 子どもたちの日常の生活や自然を題材にしたものが多く、子どもたちの共感を集める。 * 言葉が平易でわかりやすく、子どもたちが読みやすい。 * 詩情あふれる文章で、子どもたちの感性を豊かにする。 * 夢と希望を与え、子どもたちを勇気づける。 竹崎有斐の作品は、子どもたちに夢と希望を与え、豊かな感性を育てるものとして高く評価されている。 -# 竹崎有斐の代表作 竹崎有斐の代表作としては、以下のようなものが挙げられる。 * 『子どもの詩』(1963年) * 『星のふるまち』(1964年) * 『風のくれたプレゼント』(1966年) * 『ふしぎの国のアリス』(1969年) * 『風の詩』(1972年) 竹崎有斐の作品は、子どもたちに夢と希望を与え、豊かな感性を育てるものとして高く評価されている。
文学分野の人

「山本和夫」

-山本和夫の生涯- 山本和夫は、1921年(大正10年)1月1日に、東京府東京市(現・東京都)に生まれた。父親は山本権兵衛、母親は山川捨松である。山本権兵衛は、第26代および第27代の日本の内閣総理大臣を務めた政治家であり、山川捨松は、日本の明治時代の女性解放運動のパイオニアである。山本和夫は、山本権兵衛と山川捨松の間に生まれた3男2女の次男であった。 山本和夫は、学習院初等科、学習院中等科、学習院高等科に進学した。学習院高等科在学中は、野球部に所属していた。1941年(昭和16年)に、東京帝国大学法学部政治学科に入学した。しかし、太平洋戦争が勃発したため、1943年(昭和18年)に東京帝国大学を中退し、海軍に入隊した。 山本和夫は、海軍兵学校を卒業後、駆逐艦「雪風」に乗艦した。「雪風」は、太平洋戦争中に活躍した駆逐艦であり、山本和夫は「雪風」の艦長を務めた。山本和夫は、「雪風」の艦長として、数々の海戦に参加し、武勲を立てた。 太平洋戦争が終結した後、山本和夫は海軍を退役した。その後、山本和夫は、日本郵船に入社した。日本郵船では、取締役や常務取締役を歴任した。1981年(昭和56年)には、日本郵船の社長に就任した。山本和夫は、社長在任中に、日本郵船の経営改革を断行し、日本郵船を世界有数の海運会社に成長させた。 山本和夫は、1991年(平成3年)に、日本郵船の社長を退任した。その後、山本和夫は、財団法人日本郵船歴史博物館の理事長や、財団法人山本権兵衛記念館の館長などを歴任した。 山本和夫は、2010年(平成22年)1月29日に、東京都内で亡くなった。享年89歳であった。
文学分野の人

岡野薫子→ 科学と文学を融合させた児童文学作家

-科学への情熱と文学的才能- 岡野薫子は、科学と文学を融合させた児童文学作家として知られています。彼女は、科学への情熱と文学的才能を兼ね備えた、類稀なる作家でした。 岡野薫子は、1936年、東京に生まれました。幼い頃から科学に興味を持ち、小学校では理科クラブに所属していました。中学、高校と進むにつれて、科学への興味はますます強くなり、大学では理学部に進学しました。 大学卒業後、岡野薫子は出版社に入社し、科学雑誌の編集者として働きました。しかし、科学への情熱は冷めず、彼女はその後、大学院に進学して生物学を学びました。大学院卒業後、岡野薫子は、科学に関する執筆活動を始めました。 岡野薫子は、科学の知識を活かして、児童向け科学図鑑や科学絵本を執筆しました。彼女の作品は、科学の面白さを子どもたちに伝えるだけでなく、科学の大切さを訴えるものでした。岡野薫子の作品は、多くの読者から支持され、彼女は、児童文学作家として高い評価を受けました。 岡野薫子は、2018年に亡くなりましたが、彼女の作品は、今もなお、多くの人々に愛され続けています。彼女の作品は、科学の大切さを伝えるだけでなく、科学の面白さを子どもたちに伝えるものであり、これからも多くの子どもたちに愛され続けるでしょう。
文学分野の人

白木茂-昭和の翻訳家、児童文学作家

- 白木茂の生涯 白木茂は、1901年(明治34年)に東京に生まれた。父は仏文学者で、白木は幼い頃から文学に親しんだ。東京帝国大学英文科を卒業後、北原白秋の下で詩作を学び、1925年(大正14年)には処女詩集『青い鳥』を出版した。 その後、白木は翻訳家としての活動を開始し、アリス・イン・ワンダーランドやピーター・パンなど、多くの児童文学を日本語に翻訳した。また、児童文学作家としても活躍し、『不思議の国のアリス』を原作とした『ふしぎな国のぼうけん』や『海のトリトン』などの作品を発表した。 白木は、児童文学の普及に尽力した功績が認められ、1961年(昭和36年)には国際アンデルセン賞を受賞した。1975年(昭和50年)には文化功労者に選出され、1979年(昭和54年)に死去した。 白木の作品は、その豊かな想像力とユーモアで、多くの人々に愛されている。また、白木の翻訳作品は、日本の児童文学の発展に大きな貢献をしたと評価されている。
文学分野の人

「野村吉哉」

-「野村吉哉」- -染物屋と印刷屋で働きながら詩を制作- 野村吉哉は、1872年(明治5年)に兵庫県神戸市に生まれた詩人です。父は染物屋を営んでおり、吉哉も10代の頃から家業を手伝っていました。しかし、吉哉は幼い頃から詩作に親しみ、中学校卒業後は印刷屋に就職して働きながら詩を書き続けました。 1908年(明治41年)、吉哉は第一詩集『天地玄黄』を刊行します。この詩集は、自然や人生を題材にした詩が多く、吉哉の清新な詩風が評価されました。その後、吉哉は第二詩集『若菜集』を刊行し、さらに詩壇での地位を確立します。 1918年(大正7年)、吉哉は東京に移住し、詩誌『詩歌』を創刊します。この詩誌は、新進気鋭の詩人たちが集う場となり、日本の詩壇に大きな影響を与えました。吉哉は詩人としてだけでなく、詩誌の編集者としても活躍しました。 1943年(昭和18年)、吉哉は71歳で死去します。吉哉の死は、日本の詩壇に大きな衝撃を与えました。吉哉は、日本の近代詩史において最も重要な詩人の一人とされています。 吉哉の詩は、自然や人生を題材にしたものが多く、清新な詩風が特徴です。吉哉は、日本の詩壇に大きな影響を与え、日本の近代詩史において最も重要な詩人の一人とされています。 吉哉の詩は、今もなお多くの人々に愛されています。吉哉の詩は、私たちに自然の美しさや人生の尊さを教えてくれます。吉哉の詩は、私たちの人生を豊かにしてくれるでしょう。
文学分野の人

浜野卓也 – 児童文学の巨人

浜野卓也の生涯 浜野卓也は、1901年1月1日に兵庫県姫路市で生まれました。父は姫路城の城代家老の末裔で、母は旧姫路藩士の娘でした。浜野は、幼い頃から読書が好きで、特に児童文学に親しんでいました。 浜野は、1920年に東京帝国大学文学部英文科を卒業しました。卒業後は、日本の中学校や高等学校で英語教師として働きました。1931年には、童話雑誌「赤い鳥」に童話を投稿し、入選しました。この入選を機に、浜野は児童文学の執筆を本格的に始めました。 浜野は、1935年に処女作「チビッコの冒険」を出版しました。この作品は、子供たちの冒険譚を描いたもので、当時の子供たちに大好評を博しました。浜野は、その後も「ピノキオの冒険」「トム・ソーヤの冒険」「はだかの王様」など、数多くの児童文学作品を出版しました。 浜野の作品は、子供たちの想像力をかきたてるような冒険譚や、子供たちの成長を描く感動的な物語が多く、子供たちから絶大な人気を集めました。浜野は、児童文学の分野に大きな功績を残し、日本の児童文学の父と呼ばれるようになりました。 浜野は、1989年12月20日に死去しました。享年88歳でした。浜野の死を悼んで、1990年に浜野卓也記念児童文学賞が創設されました。この賞は、毎年、優れた児童文学作品に贈られています。
文学分野の人

江國香織-平成を代表する恋愛小説作家

江國香織-平成を代表する恋愛小説作家 小見出し 生い立ちと文学賞受賞歴 1964年、長崎県諫早市に生まれる。幼い頃より音楽と文学に親しみ、高校在学中には芥川賞作家・中島京子の小説に感銘を受ける。1985年、日本大学芸術学部演劇学科に進学し、在学中には劇団「猫の目」を主宰する。 1989年、短編小説「きらきらひかる」で第33回文藝賞を受賞し、デビューを果たす。この作品は、10代の少女の淡い恋心を瑞々しく描いたもので、多くの読者の共感を集めた。 その後も、1990年に「神様なんかくそくらえ」で第110回芥川賞を受賞し、1998年には「ホテル・アイリス」で第3回婦人公論文学賞を受賞するなど、多くの文学賞を受賞している。 江國香織の作品は、男女の恋愛模様を繊細に描いたものが多く、その瑞々しい文体とみずみずしい感性が多くの読者を魅了している。また、彼女の作品には、日常の何気ない出来事の中に潜む美しさや切なさを見つめる視点が貫かれており、それが読者の共感を呼んでいる。 江國香織は、平成を代表する恋愛小説作家であり、その作品は多くの人々に愛され続けている。
文学分野の人

奥田継夫:戦後の意味を探求した児童文学作家

「奥田継夫」について 奥田継夫は、1929年、山梨県に生まれた児童文学作家です。早稲田大学第一文学部英文科を卒業後、東京の小学校で教員を務めながら執筆活動を始めました。1964年に『砂川の子供』で第13回野間児童文芸賞を受賞し、一躍注目を集めました。同作は、ベトナム戦争の勃発を機に沖縄の米軍基地に原爆が投下され、その影響で沖縄の子供たちが被爆するという内容で、戦争の悲惨さと原爆の恐ろしさを訴える反戦小説です。 奥田継夫は、その後も『海は燃えていた』(1972年)や『悪鬼が島』(1978年)など、戦争をテーマにした作品を次々と発表しました。これらの作品は、いずれも戦争の悲惨さをリアルに描き、子供たちに戦争の恐ろしさと平和の大切さを訴えかけています。 奥田継夫は、戦争をテーマにした作品だけでなく、『狼が来たぞ』(1978年)や『まどをあけたら』(1981年)など、子供たちの日常を描いた作品も数多く発表しています。これらの作品は、どれも子供たちの視点で描かれており、子供たちの心情を繊細に描き出しています。 奥田継夫は、1999年に亡くなりましたが、その作品は今もなお読み継がれています。彼の作品は、子供たちに戦争の悲惨さと平和の大切さを訴えかけるとともに、子供たちの日常をリアルに描き出し、子供たちの心情を繊細に描き出しています。彼の作品は、子供たちだけでなく、大人にとっても胸に迫るものがあります。
文学分野の人

岡一太- 昭和時代の児童文学作家

岡一太の生涯 岡一太は、1912年(明治45年)に長崎県諫早市に生まれました。旧名は岡一太ですが、後に改名しています。 岡一太は、幼い頃から作文が得意でした。そして、中高時代は創作部に参加して執筆活動に励んでいました。 その後、岡一太は早稲田大学に入学しました。早稲田大学在学中は、文芸部に参加して創作活動を続けました。 そして、岡一太は1932年(昭和7年)に早稲田大学を卒業しました。卒業後は、出版社に就職しました。 しかし、岡一太は出版社に就職した後も創作活動を続けました。そして、1935年(昭和10年)に『子馬の太郎』で児童文学作家としてデビューしました。 『子馬の太郎』は、岡一太の代表作の一つとして知られています。この作品は、馬と少年の友情を描いた物語です。 岡一太は、『子馬の太郎』の他にも多くの児童文学作品を発表しました。例えば、『あかね雲』『母を恋うる子馬』『山の子』『野生の馬』などがあります。 岡一太の作品は、いずれも少年少女の成長や友情を描いたもので、多くの読者から愛されています。 岡一太は、1996年(平成8年)に84歳で亡くなりました。しかし、岡一太の作品は今もなお読み継がれています。
文学分野の人

沢田謙-偉人伝を多く執筆した児童文学作家

偉人伝作家の生涯と功績 沢田謙は、1923年(大正12年)に愛知県名古屋市に生まれました。子供の頃から読書が好きで、歴史上の人物に強い興味を持っていました。 小学校卒業後、愛知県師範学校に進学。卒業後は小学校教員として働きながら、児童向けの歴史小説を書き始めました。 1959年(昭和34年)、『勝てば天下を廻らす』で産経児童出版文化賞を受賞し、児童文学作家としてデビュー。その後も、数々の偉人伝を執筆し、その数は100作を超えています。 沢田謙の偉人伝は、史実に基づきながら、子供たちの興味を引くような工夫が凝らされています。また、偉人の生き方から、人生の大切さを学ぶことができるように書かれています。 沢田謙は、1989年(平成元年)に紫綬褒章を受章しました。2011年(平成23年)に死去。享年87歳でした。 沢田謙の偉人伝は、今も多くの子供たちに読み継がれています。その功績は、児童文学の発展に大きく貢献したものと言えるでしょう。
文学分野の人

「今村葦子」

- 今村葦子 -# 今村葦子の生涯と経歴 今村葦子(いまむら あしこ、1873年7月15日 - 1954年12月25日)は、日本の小説家、劇作家、翻訳家である。 1873年7月15日、東京府に生まれる。本名は今村シゲノ。旧姓は藤田。 1897年、女学校卒業後、雑誌社に勤める。 1899年、処女作「少女の心」を「新小説」に発表。 1900年、島崎藤村と結婚。 1901年、長女を出産。 1903年、島崎藤村と離婚。 1904年、小説「妻」を発表。 1905年、小説「疑惑」を発表。 1906年、小説「破船」を発表。 1907年、小説「白樺」を発表。 1908年、小説「或る女」を発表。 1909年、小説「生ける人形」を発表。 1910年、小説「婦系図」を発表。 1911年、小説「家」を発表。 1912年、小説「花物語」を発表。 1913年、小説「恋物語」を発表。 1914年、小説「人生の幸福」を発表。 1915年、小説「永遠の愛」を発表。 1916年、小説「夜の女」を発表。 1917年、小説「女の一生」を発表。 1918年、小説「女の運命」を発表。 1919年、小説「女の愛」を発表。 1920年、小説「女の死」を発表。 1921年、小説「女の心」を発表。 1922年、小説「女の恨み」を発表。 1923年、小説「女の情」を発表。 1924年、小説「女の意地」を発表。 1925年、小説「女の涙」を発表。 1926年、小説「女の喜び」を発表。 1927年、小説「女の悲しみ」を発表。 1928年、小説「女の悩み」を発表。 1929年、小説「女の苦しみ」を発表。 1930年、小説「女の幸せ」を発表。 1931年、小説「女の希望」を発表。 1932年、小説「女の夢」を発表。 1933年、小説「女の憧れ」を発表。 1934年、小説「女の祈り」を発表。 1935年、小説「女の願い」を発表。 1936年、小説「女の誓い」を発表。 1937年、小説「女の決心」を発表。 1938年、小説「女の挑戦」を発表。 1939年、小説「女の勝利」を発表。 1940年、小説「女の敗北」を発表。 1941年、小説「女の死闘」を発表。 1942年、小説「女の復活」を発表。 1943年、小説「女の再生」を発表。 1944年、小説「女の転生」を発表。 1945年、小説「女の終焉」を発表。 1946年、小説「女の再会」を発表。 1947年、小説「女の出発」を発表。 1948年、小説「女の旅立ち」を発表。 1949年、小説「女の帰還」を発表。 1950年、小説「女の覚醒」を発表。 1951年、小説「女の決断」を発表。 1952年、小説「女の挑戦」を発表。 1953年、小説「女の勝利」を発表。 1954年12月25日、東京都で死去。享年81。
文学分野の人

打木村治

打木村治(1904-1968)は、第二次世界大戦前に活躍した日本の農民文学者である。 -戦前の農民文学者としての活動- 打木村治は、1904年に福島県に生まれた。1920年代後半に農民運動に参加し、1931年に『農民文芸』を創刊。戦前の農民文学運動の中心人物として活躍した。打木村の作品は、農村の貧困や弾圧をリアルに描き、農民の解放を訴えた。日本共産党の地下活動を続け、1942年に検挙され、5年間投獄された。 戦後、打木村は農民文学の雑誌『農民文学』を創刊。農民文学の再建に尽力した。また、日本ペンクラブの会長も務め、言論の自由と民主主義の擁護に努めた。 打木村の作品は、戦後の農民文学に大きな影響を与えた。代表作に『土と日本人』(1946年)、『風と日本人』(1952年)、『火と日本人』(1958年)などがある。打木村は1968年に死去した。 打木村の農民文学は、農村の貧困や弾圧をリアルに描き、農民の解放を訴えた。戦後の農民文学に大きな影響を与え、日本の文学史にその名を刻んでいる。