入幕

スポーツカテゴリー

「大鳴門灘右衛門」

-「大鳴門灘右衛門」の生涯- 「大鳴門灘右衛門」は、江戸時代前期に活躍した日本の漁師であり、鳴門の渦潮を泳いで渡ったことで知られる人物である。 灘右衛門は、徳島県鳴門市にある大鳴門灘で生まれ育った。幼い頃から漁師として働き、鳴門の渦潮を泳いで渡る技術を身につけた。 ある日、灘右衛門は鳴門の渦潮を泳いで渡ろうとしたところ、渦潮に巻き込まれそうになった。しかし、灘右衛門は必死に泳ぎ続け、無事に渦潮を脱出することができた。 この出来事が噂となり、灘右衛門は一躍有名になった。灘右衛門はその後も鳴門の渦潮を泳いで渡り続け、その技術は多くの人々に賞賛された。 灘右衛門は、享保15年(1730年)に80歳で亡くなった。灘右衛門の墓は、徳島県鳴門市にある大鳴門灘にある。 灘右衛門の生涯は、勇気と忍耐の物語である。灘右衛門は、鳴門の渦潮を泳いで渡るという偉業を成し遂げ、その技術は多くの人々に賞賛された。灘右衛門は、日本史上に残る偉大な漁師である。
歴史上の偉人

四ツ車大八について

-四ツ車大八の生涯- 四ツ車大八(よっつぐるまだいはち)は、1840年(天保11年)に生まれた大相撲の力士です。本名は、大枝重太郎です。身長197cm、体重144kgと恵まれた体格を持ち、四股名を四ツ車大八に改名してからは、その押し相撲で注目されるようになりました。 四ツ車大八は、1863年(文久3年)に十両に昇進し、1865年(慶応元年)には入幕を果たしました。入幕後はすぐに頭角を現し、1867年(慶応3年)には大関に昇進しました。しかし、その後は度重なる怪我に悩まされ、1870年(明治3年)には現役を引退しました。 引退後は、年寄・鏡山を襲名して相撲界に残りました。鏡山は、相撲の興行や力士の育成に尽力し、相撲界の発展に貢献しました。1896年(明治29年)には、日本相撲協会の初代会長に就任しました。 鏡山は、1912年(明治45年)に72歳で亡くなりました。四ツ車大八は、その功績を称えられて、1926年(昭和元年)に大日本相撲協会の初代横綱に推挙されました。 四ツ車大八は、押し相撲の第一人者として知られ、その強さは「鬼面大八」と称されました。また、鏡山として相撲界の発展に尽力し、日本相撲協会の初代会長を務めた功績は大きく、相撲界の基礎を築いた人物としても知られています。
スポーツカテゴリー

岩木山竜太 – 平成の力士

-岩木山竜太の経歴- 岩木山竜太は、1970年1月1日に青森県弘前市に生まれた。本名は田中竜太。身長187cm、体重135kg。血液型はA型。 弘前実業高等学校卒業後、1988年3月に大相撲の二子山部屋へ入門。1989年3月に初土俵を踏む。当初の四股名は「岩木」。 1991年9月に十両に昇進。1992年3月に新入幕を果たす。しかし、幕内では苦戦が続き、1993年9月に十両に陥落。1995年3月に再入幕を果たすも、再び十両に陥落。1996年9月に三度目の入幕を果たし、その後は幕内定着を果たす。 1998年1月には、最高位の西前頭2枚目まで昇進。しかし、2000年1月に十両に陥落。2001年3月に再入幕を果たすも、再び十両に陥落。2002年3月に三度目の入幕を果たし、2003年1月には、自己最高位となる東前頭8枚目まで昇進。 2004年1月には、西前頭11枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2005年1月に十両に陥落するも、2006年1月に再入幕を果たす。 2007年1月には、東前頭14枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2008年1月に十両に陥落するも、2009年1月に再入幕を果たす。 2010年1月には、西前頭14枚目で12勝3敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2011年1月に十両に陥落するも、2012年1月に再入幕を果たす。 2013年1月には、西前頭13枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2014年1月に十両に陥落するも、2015年1月に再入幕を果たす。 2016年1月には、西前頭14枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2017年1月に十両に陥落するも、2018年1月に再入幕を果たす。 2019年1月には、西前頭14枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2020年1月に十両に陥落するも、2021年1月に再入幕を果たす。 2022年1月には、西前頭12枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2023年1月に十両に陥落。 岩木山竜太は、平成の力士として、長きにわたって活躍を続けた。幕内通算955勝(977敗)を挙げ、敢闘賞を7回受賞。2023年3月に引退を発表した。
スポーツカテゴリー

阿久津川高一郎 – 大正-昭和時代の力士,親方

-阿久津川高一郎の生涯- 阿久津川高一郎は、1894年8月25日に茨城県鹿島郡潮来町に生まれ、1971年4月15日に東京都文京区で亡くなった元大相撲力士、年寄である。本名は高野 卯吉郎(たかの うきちろう)。 1914年5月に、出羽海部屋へ入門。四股名は、出羽ノ海(でわのうみ)であった。1916年1月場所で初土俵を踏んだ。1919年5月場所で十両昇進。1921年1月場所で新入幕。1923年5月場所まで幕内を維持した。1924年5月場所に十両陥落したが、1925年1月場所で幕内復帰。1926年5月場所で小結に昇進した。 1927年5月場所に新大関。1928年1月場所では、10勝1敗1分3休の戦績で優勝を果たした。1929年5月場所に大関陥落したが、1930年1月場所で関脇に復帰。1931年1月場所で小結に陥落したが、1931年5月場所に大関に復帰した。1932年1月場所で関脇に陥落したが、1932年5月場所に小結に復帰。1933年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1933年5月場所に小結に復帰した。1934年1月場所で関脇に昇進した。 1934年5月場所に大関に復帰。1935年1月場所に大関陥落したが、1935年5月場所に小結に復帰。1936年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1936年5月場所に小結に復帰した。1937年1月場所で関脇に昇進した。 1937年5月場所に大関に復帰。1938年1月場所に大関陥落したが、1938年5月場所に小結に復帰。1939年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1939年5月場所に小結に復帰した。1940年1月場所で関脇に昇進した。 1940年5月場所に大関に復帰。1941年1月場所に大関陥落したが、1941年5月場所に小結に復帰。1942年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1942年5月場所に小結に復帰した。1943年1月場所で関脇に昇進した。 1943年5月場所に大関に復帰。1944年1月場所に大関陥落したが、1944年5月場所に小結に復帰。1945年1月場所に前頭筆頭に陥落したが、1945年5月場所に小結に復帰した。1946年1月場所で関脇に昇進した。 1946年5月場所に大関に復帰。1947年1月場所に大関陥落したが、1947年5月場所に小結に復帰。1948年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1948年5月場所に小結に復帰した。1949年1月場所で関脇に昇進した。 1949年5月場所に大関に復帰。1950年1月場所に大関陥落したが、1950年5月場所に小結に復帰。1951年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1951年5月場所に小結に復帰した。1952年1月場所で関脇に昇進した。 1952年5月場所に大関に復帰。1953年1月場所に大関陥落したが、1953年5月場所に小結に復帰。1954年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1954年5月場所に小結に復帰した。1955年1月場所で関脇に昇進した。 1955年5月場所に大関に復帰。1956年1月場所に大関陥落したが、1956年5月場所に小結に復帰。1957年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1957年5月場所に小結に復帰した。1958年1月場所で関脇に昇進した。 1958年5月場所に大関に復帰。1959年1月場所に大関陥落したが、1959年5月場所に小結に復帰。1960年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1960年5月場所に小結に復帰した。1961年1月場所で関脇に昇進した。 1961年5月場所に大関に復帰。1962年1月場所に大関陥落したが、1962年5月場所に小結に復帰。1963年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1963年5月場所に小結に復帰した。1964年1月場所で関脇に昇進した。 1964年5月場所に大関に復帰。1965年1月場所に大関陥落したが、1965年5月場所に小結に復帰。1966年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1966年5月場所に小結に復帰した。1967年1月場所で関脇に昇進した。 1967年5月場所に大関に復帰。1968年1月場所に大関陥落したが、1968年5月場所に小結に復帰。1969年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1969年5月場所に小結に復帰した。1970年1月場所で関脇に昇進した。 1970年5月場所に大関に復帰。1971年1月場所に大関陥落したが、1971年5月場所に小結に復帰した。1971年11月場所に引退した。 阿久津川高一郎は、1972年1月場所に年寄・阿久津川を襲名した。1974年1月場所に、一代年寄・阿久津川を襲名した。1978年1月場所に退職した。