全国中等学校野球連盟

スポーツカテゴリー

芥田武夫→ 野球選手、監督、全国中等学校野球連盟の功労者

-# 野球選手としての活躍 芥田武夫は、1911年(明治44年)に福岡県で生まれ、地元の旧制福岡県立中学(現・福岡県立福岡高等学校)に入学しました。中学時代から野球を始め、主に外野手として活躍しました。1925年(大正14年)には、全国中等学校野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)に出場し、ベスト8に進出しました。 卒業後は、東京帝国大学(現・東京大学)に進学しましたが、野球部には所属せず、学業に専念しました。しかし、大学在学中に、東京六大学野球リーグの早稲田大学と慶應大学の試合を観戦し、野球への情熱を再燃させました。 大学卒業後は、社会人野球の東京倶楽部に入団し、外野手として活躍しました。1934年(昭和9年)には、全国野球選手権大会(現・都市対抗野球大会)に出場し、準優勝に貢献しました。 1935年(昭和10年)には、名古屋軍(現・中日ドラゴンズ)に入団し、プロ野球選手となりました。1936年(昭和11年)には、チームの初優勝に貢献し、自身もベストナインに選ばれました。1938年(昭和13年)には、全日本選抜チームの一員として、アメリカ遠征に参加しました。 1940年(昭和15年)には、召集を受けて兵役に就き、中国戦線に出征しました。1945年(昭和20年)に復員した後、名古屋軍に復帰し、1947年(昭和22年)まで選手として活躍しました。