全国社会福祉協議会副会長

政治家・活動家

―中川喜久

-中川喜久の生涯- -生い立ち- 中川喜久は、1884年(明治17年)12月20日、三重県津市に生まれた。父は中川清五郎、母はたき。喜久は清五郎の4男2女の末っ子だった。 清五郎は、津市で薬局を営んでいた。喜久は、幼い頃から薬に触れ、薬に対する興味を強く持った。 喜久は、津市立高等小学校を卒業後、1901年(明治34年)に東京薬学専門学校(現・東京薬科大学)に入学した。 -薬学者として- 喜久は、東京薬学専門学校を卒業後、1905年(明治38年)に薬剤師の免許を取得。その後、東京の薬局に勤務した。 1910年(明治43年)、喜久は、東京府立薬学専門学校(現・東京薬科大学)の教師に就任した。喜久は、薬学の研究に熱心に取り組み、1918年(大正7年)には、薬学博士の学位を取得した。 1920年(大正9年)、喜久は、東京府立薬学専門学校の校長に就任した。喜久は、校長として、薬学教育の改革を推進した。 1928年(昭和3年)、喜久は、東京帝国大学(現・東京大学)の教授に就任した。喜久は、東京帝国大学で、薬学の研究と教育に尽力した。 1939年(昭和14年)、喜久は、東京帝国大学の総長に就任した。喜久は、総長として、東京帝国大学の改革を推進した。 -戦後- 1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結。喜久は、東京帝国大学の総長を辞任した。 戦後、喜久は、日本薬学会の会長に就任した。喜久は、会長として、日本の薬学の発展に貢献した。 1953年(昭和28年)、喜久は、文化勲章を受章した。 1959年(昭和34年)、喜久は、84歳で逝去した。 -業績- 喜久は、日本の薬学の発展に大きな貢献をした。喜久の主な業績は以下の通りである。 * 薬学の教育改革を推進した。 * 薬学の研究に励み、薬学博士の学位を取得した。 * 東京帝国大学の総長を務め、大学の改革を推進した。 * 日本薬学会の会長を務め、日本の薬学の発展に貢献した。 喜久は、日本の薬学の礎を築いた偉大な人物である。