共産党

政治家・活動家

「高橋貞樹」

高橋貞樹の生涯 高橋貞樹は、1923年7月14日に長崎県に生まれました。長崎県師範学校を卒業後、1948年に長崎大学教育学部に入学。1952年に卒業後、長崎県内の高等学校に勤務しました。 1958年、高橋貞樹は長崎県教育委員会に採用され、指導主事として勤務しました。1965年に長崎県教育委員会教育部長に就任。1969年に長崎県教育委員会事務局長に就任しました。 1973年、高橋貞樹は長崎県知事に当選しました。1977年、1981年、1985年と3期連続で長崎県知事に当選しました。 高橋貞樹は、長崎県知事として、県民福祉の充実、産業の振興、教育の充実などに尽力しました。また、1982年には長崎県が原子爆弾投下から37年を迎えたのを機に、核兵器廃絶に向けて「長崎宣言」を発表しました。 高橋貞樹は、1989年に長崎県知事を退任しました。退任後も、平和活動や教育活動などに取り組みました。 高橋貞樹は、2021年1月23日に97歳で亡くなりました。
政治家・活動家

「多田留治」

-大見出し多田留治- -小見出し労働組合活動への参加- 多田留治は、明治34年(1901年)に福岡県三井郡大牟田市に生まれた作家である。 幼少期から労働者として働き、1925年に大牟田市議会議員に当選した。 1927年に日本プロレタリア作家同盟(ナップ)に加入し、1931年にはナップ九州支部執行委員に選出された。 1932年にナップ九州支部事務局長に就任し、1934年にナップ中央委員に選出された。 1935年にナップ中央委員長に就任し、1937年に検挙された。 1940年に釈放され、1945年にナップ再建大会に参加した。 1946年にナップ委員長に再任され、1947年に日本共産党中央委員に選出された。 1950年に検挙され、1952年に日本共産党を除名された。 1956年に釈放され、1964年に日本共産党に復党した。 1965年に死去した。 多田留治は、プロレタリア文学運動に深く関わり、労働組合活動にも積極的に参加した。 1925年に大牟田市労働組合評議会委員となり、1927年に九州地方労働組合評議会委員に選出された。 1930年には全国労働組合評議会委員に選出され、1932年に全国労働組合評議会常任委員に選出された。 1934年には全国労働組合評議会執行委員に選出され、1935年には全国労働組合評議会委員長に選出された。 1937年に検挙された後も、労働組合活動への関心を持ち続け、1945年に全日本労働組合評議会(全労評)の結成に参加した。 1946年に全労評委員長に就任し、1947年に日本労働組合総同盟(総評)の結成に参加した。 1948年に総評委員長に就任し、1950年に検挙されるまで総評委員長を務めた。 多田留治は、労働組合活動を通して、労働者の権利を守り、社会正義を実現するために尽力した。
政治家・活動家

「梨木作次郎(1907年-1993年)」

- 「梨木作次郎(1907年-1993年)」 -# 弁護士としての活動 梨木作次郎は、1931年に東京帝国大学法学部を卒業した後、司法官試補としてキャリアをスタートさせました。しかし、1934年に弁護士登録を行い、弁護士として独立しました。梨木は、主に労働者や農民などの弱者の立場に立った刑事弁護や民事訴訟を手がけました。また、日本弁護士連合会での活動にも積極的に参加し、人権擁護や法曹倫理の確立に尽力しました。 梨木は、弁護士として活躍する傍ら、社会運動にも積極的に参加しました。1937年には、日本労働組合全国協議会の結成に参加し、労働運動の支援を行いました。また、1945年には、日本共産党に入党し、党の活動に参加しました。しかし、梨木は1950年に党を除名され、それ以降は政治活動からは距離を置きました。 梨木は、弁護士として、社会運動家として、人権擁護と社会正義の実現に尽力した人物でした。その功績は、現在でも高く評価されています。 梨木の主な弁護士としての活動は以下の通りです。 * 1935年、日本労働組合全国協議会の結成に参加。 * 1936年、三井三池争議の弁護団に参加。 * 1937年、日本共産党に入党。 * 1946年、日本弁護士連合会会長に就任。 * 1950年、日本共産党を除名。 * 1952年、日本弁護士連合会会長に再任。 * 1954年、日本弁護士連合会会長を辞任。 * 1960年、弁護士を引退。
政治家・活動家

ー服部麦生

服部麦生(1862年 - 1920年)は、日本の実業家である。服部時計店の創業者。 服部麦生の功績 服部麦生は、日本の時計産業の発展に貢献した人物として知られている。1881年、麹町で時計店「服部時計店」を開業し、1892年には、国産初の懐中時計を製造する。国産時計の製造に成功すると、服部は時計の宣伝に力を入れる。1903年には、日本初の時計学校を創設する。1917年には、日本初の腕時計を製造するなど、時計産業の発展に尽力した。 服部麦生は、日本の時計産業の発展に貢献しただけでなく、社会貢献活動にも尽力した。1911年には、服部報公会の設立を発起する。服部報公会は、社会福祉活動を行う団体である。また、1917年には、服部商工学校の設立を発起する。 服部麦生は、日本の時計産業の発展に貢献し、社会貢献活動にも尽力した人物として知られている。
政治家・活動家

– 西光万吉

西光万吉の生涯 西光万吉は、1872年(明治5年)3月1日、現在の東京都台東区谷中に生まれた。父は刀鍛冶の西光嘉右衛門、母はせん。万吉は4人兄弟の次男で、兄の嘉助、弟の善次郎、妹のつるがいた。 万吉は幼い頃から身体が弱く、学校に通うことができなかった。そのため、自宅で母や兄から読み書きを教わった。12歳のとき、万吉は金細工師の丁稚奉公に出た。そこで、金細工の技術を学び、18歳のときには独立して金細工店を開いた。 万吉は金細工師として成功し、多くの顧客を獲得した。しかし、万吉は金細工師としての仕事に満足できず、25歳のときには金細工店を閉じて、仏教の僧侶になることを決意した。 万吉は僧侶になるために、東京の増上寺で修行を始めた。しかし、万吉は増上寺の修行に耐えられず、1年ほどで退寺してしまった。その後、万吉は各地を巡礼しながら、仏教の教えを学んだ。 1903年(明治36年)、万吉は31歳のときに、北海道の比布で浄土真宗の寺、西光寺を開いた。西光寺は、万吉が自らの手で建てた小さな寺だったが、やがて多くの信者が集まるようになった。 万吉は西光寺で、熱心に仏教の教えを説いた。万吉の説法は、わかりやすく、ユーモアに富んでいて、多くの人々に愛された。また、万吉は社会問題にも積極的に取り組み、貧しい人々を救済するため、様々な活動を行った。 1940年(昭和15年)、万吉は68歳のときに、脳溢血で亡くなった。しかし、万吉の教えは、今日もなお多くの人々に受け継がれている。
作家

劇作家藤森成吉の人生と作品

-大正から昭和時代の劇作家の生涯- 藤森成吉は、1891年(明治24年)に東京市本郷区(現在の東京都文京区)に生まれた。早稲田大学文学部を卒業後、劇作家として活動を開始した。1919年(大正8年)に発表した戯曲『夜明け前』は、農村の没落と都市への人口流出を描いた作品で、大ヒットを記録した。藤森は、この作品で、第1回芥川賞を受賞した。 1920年代には、労働運動や社会運動に傾倒し、プロレタリア演劇の運動に参加した。1925年(大正14年)には、プロレタリア演劇同盟を結成し、機関誌『演劇評論』を創刊した。藤森は、この雑誌で、プロレタリア演劇の理論と実践について論じた。 1930年代には、満州事変や日中戦争の勃発により、政治情勢が緊迫した。藤森は、戦争に反対し、反戦演劇を上演した。しかし、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、藤森は、当局から弾圧を受け、演劇活動ができなくなった。 太平洋戦争後、藤森は、演劇活動を再開した。1953年(昭和28年)には、文化勲章を受賞し、1959年(昭和34年)には、日本芸術院会員に選出された。藤森は、1963年(昭和38年)に死去した。 藤森は、大正から昭和時代にかけて活躍した劇作家である。彼の作品は、社会の矛盾や人間の苦悩を鋭く描いたもので、多くの人々に感動を与えた。藤森は、日本の演劇界に大きな影響を与えた劇作家の一人である。
芸術家

内田巌 – 日本美術史に足跡を残した洋画家

-藤島武二門下で学んだ初期の経歴- 内田巌は、日本の洋画家です。1893年(明治26年)、愛知県名古屋市に生まれました。1911年(明治44年)に上京し、藤島武二の画塾である「アトリエ・モモ」に入門しました。藤島武二は、日本洋画界の重鎮であり、内田巌は藤島武二から多くのことを学びました。 1915年(大正4年)、内田巌は第1回帝展に出品し、入選を果たしました。その後、第2回、第3回帝展にも入選し、洋画壇にその名を知られるようになりました。1920年(大正9年)には、第8回帝展で特選を受賞し、一躍注目を集めました。 内田巌は、藤島武二門下生の中で最も早くその才能を開花させたと評されています。彼の作品は、藤島武二の影響を色濃く受けており、繊細かつ優美な画風を特徴としています。また、内田巌は油彩画だけでなく、水彩画や木版画なども制作しており、その多才ぶりを発揮しています。 1926年(大正15年)、内田巌は渡欧し、フランスやイタリアを巡りました。ヨーロッパの芸術に触れたことは、内田巌の画風に大きな影響を与え、彼の作品はより独創的なものとなっていきました。帰国後は、帝展や文展などに出品を続け、1936年(昭和11年)には帝展の審査員に任命されました。 内田巌は、1967年(昭和42年)に74歳で亡くなりました。彼の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、日本近代洋画史において重要な位置を占めています。
政治家・活動家

―長谷川博(1)

三・一五事件とその影響 1923年3月15日に発生した三・一五事件は、関東大震災後の混乱に乗じて、朝鮮人や中国人に対する虐殺事件です。この事件は、日本の朝鮮支配に批判的な立場をとっていた長谷川博の活動にも大きな影響を与えました。 長谷川博は、1875年に東京に生まれました。早稲田大学を卒業後、新聞記者として働き始め、後に朝鮮に渡りました。朝鮮では、朝鮮人の独立運動を支援し、日本の朝鮮支配を批判する記事を執筆しました。 三・一五事件が発生したとき、長谷川博は朝鮮にいました。長谷川博は、この事件を「朝鮮人に対する蛮行」であると強く批判し、日本政府に事件の調査を求めました。しかし、日本政府は、長谷川博の主張を無視し、事件の調査を拒否しました。 三・一五事件の後、長谷川博は、日本への帰国を余儀なくされました。帰国後、長谷川博は、朝鮮独立運動を支援する活動を続けましたが、日本の警察に監視され、たびたび逮捕されました。 1945年に日本が敗戦すると、長谷川博は、朝鮮独立運動のリーダーとして、朝鮮人民共和国の樹立に尽力しました。しかし、朝鮮戦争勃発後、長谷川博は、北朝鮮に亡命し、1960年に北朝鮮で亡くなりました。 三・一五事件は、長谷川博の活動に大きな影響を与えました。この事件をきっかけに、長谷川博は、日本の朝鮮支配を強く批判するようになり、朝鮮独立運動を支援する活動に積極的に参加するようになりました。
研究者

野呂栄太郎

-野呂栄太郎の思想と生涯- -はじめに- 野呂栄太郎(1876-1964)は、日本の社会主義運動家、政治家です。 彼は、日本の社会主義運動の草創期から戦後まで、日本の社会主義運動の中心人物として活躍しました。 野呂栄太郎の思想は、マルクス主義を基盤としていましたが、彼は、日本の現実を踏まえた独自の社会主義思想を展開しました。 彼は、日本の資本主義は決して帝国主義段階まで発展しておらず、日本は依然として半封建的な社会であると主張しました。 そして、日本の社会主義革命は、ブルジョア民主主義革命と社会主義革命の二段階革命として進められるべきであると主張しました。 野呂栄太郎の政治活動は、1901年に日本社会党が結成された時から始まりました。 彼は、日本社会党の結成に参加し、党の中心人物として活躍しました。 1918年には、野呂栄太郎は、日本の初の労働者政党である日本労働党の結成に参加し、党の委員長に就任しました。 野呂栄太郎は、日本の社会主義運動を指導する一方、日本の労働運動の指導者としても活躍しました。 彼は、1925年に日本労働総同盟が結成された時には、総同盟の委員長に就任しました。 そして、彼は、総同盟の委員長として、日本の労働運動を指導し、労働者の権利向上のために戦いました。 野呂栄太郎は、1933年に共産党に入党しました。 彼は、共産党に入党した後も、日本の社会主義運動と労働運動の指導者として活躍しました。 しかし、1940年に野呂栄太郎は、治安維持法違反で逮捕され、懲役15年の判決を受けました。 野呂栄太郎は、1945年に釈放され、戦後の日本の社会主義運動と労働運動の指導者として活躍しました。 彼は、1946年に日本社会党が再結成された時には、党の委員長に就任しました。 そして、彼は、日本社会党の委員長として、日本の社会主義運動と労働運動を指導し、日本の民主化と社会主義建設のために戦いました。 -おわりに- 野呂栄太郎は、日本の社会主義運動と労働運動の草創期から戦後まで、日本の社会主義運動の中心人物として活躍しました。 彼は、日本の社会主義運動と労働運動の発展に大きな貢献を果たしました。
政治家・活動家

山田六左衛門:労働運動家としての生涯

-明治期から昭和期の労働運動における役割- 山田六左衛門は、明治期から昭和期にかけて日本の労働運動を牽引した人物です。彼は、労働者の権利を擁護し、労働条件の改善を目指して、精力的に活動しました。 山田六左衛門は、1868年に栃木県に生まれました。17歳の時に上京し、日本鉄道会社に就職しました。当時は、労働条件が非常に悪く、長時間労働や低賃金が当たり前でした。山田六左衛門は、こうした労働条件に不満を抱き、労働者の権利を守るために労働運動に参加しました。 山田六左衛門は、1901年に友愛会を結成しました。友愛会は、日本の最初の労働組合です。友愛会は、労働者の権利を擁護し、労働条件の改善を目指して活動しました。友愛会は、労働者の権利を守るために、ストライキやデモなどの労働争議を実施しました。 山田六左衛門は、友愛会の活動を通じて、労働者の権利を向上させることに貢献しました。また、山田六左衛門は、1919年に国際労働機関(ILO)の創設に尽力しました。ILOは、労働者の権利を保護し、労働条件を改善することを目的とした国際機関です。 山田六左衛門は、日本の労働運動のパイオニアとして、労働者の権利向上に貢献した人物です。彼は、労働者の権利を守るために、精力的に活動し、日本の労働運動の発展に貢献しました。
歴史上の偉人

橋浦時雄(1891-1969):社会主義者、生活協同組合運動家

橋浦時雄の生涯と活動 橋浦時雄は、1891年に東京で生まれた社会主義者、生活協同組合運動家です。彼は、早稲田大学在学中に社会主義運動に参加し、1918年に日本社会主義同盟を結成しました。1920年には、全国労働組合連合会(全労連)の結成に参加し、1922年には、日本共産党の創立に参加しました。 橋浦時雄は、1923年の関東大震災後に発生した朝鮮人虐殺事件に抗議するため、1924年に「朝鮮人虐殺反対国民大会」を開催しました。この大会は、日本における朝鮮人差別に対する抗議運動として大きな影響を与えました。 橋浦時雄は、1925年に治安維持法違反で逮捕され、懲役5年の刑に処されました。出獄後は、生活協同組合運動に参加し、1931年に日本生活協同組合連合会(現・全国生活協同組合連合会)を結成しました。 橋浦時雄は、1969年に78歳で死去しました。彼は、社会主義思想と生活協同組合運動を日本に根付かせることに貢献した人物として、現在でも多くの人々から尊敬されています。 橋浦時雄の著書には、次のようなものがあります。 * 『社会主義とは何ぞや』(1919年) * 『生活協同組合運動と無産階級運動』(1930年) * 『協同組合の理論と実際』(1938年) * 『協同組合運動史』(1968年)
歴史上の偉人

農民運動家町田惣一郎の生き様

-町田惣一郎の生い立ちと経歴- 町田惣一郎は、1900年(明治33年)1月1日、愛知県碧海郡大浜村(現・碧南市)に生まれた。父・町田惣吉は貧しい農家の長男で、母・きのは惣吉の妻となった。惣一郎は5人兄弟の末っ子で、幼い頃から家の手伝いをしながら育った。 惣一郎は、小学校卒業後、農業学校に進学した。しかし、惣一郎の父親である惣吉は貧しい農家であったため、惣一郎は家計を助けるために学校を中退し、15歳で農業の手伝いとなった。 惣一郎は農業を手伝いながら、農業に関する知識を学び、農民の生活を改善する方法を模索していた。惣一郎は、当時の日本では、農民が貧しい生活を強いられており、農民の生活を改善するには、農民自ら団結して行動することが必要であると考えていた。 惣一郎は、1922年(大正11年)に、農民組合を結成して、農民の生活改善のための運動を始めた。惣一郎は、農民組合のリーダーとして、農民の生活改善のための運動を精力的に行い、農民の生活を改善するための政策の実現を目指した。 惣一郎は、農民組合の活動を通じて、農民の生活を改善するための政策を実現するためには、政治に参加することが必要であると考えるようになった。惣一郎は、1932年(昭和7年)に、衆議院議員選挙に立候補して当選し、国会議員となった。 惣一郎は、国会議員として、農民の生活改善のための政策の実現を目指して活動した。惣一郎は、農民の生活改善のための政策を実現するためには、政党に参加することが必要であると考えるようになった。惣一郎は、1939年(昭和14年)に、社会大衆党に入党し、社会大衆党の活動に参加した。 惣一郎は、社会大衆党の活動を通じて、農民の生活改善のための政策を実現するためには、政権に参加することが必要であると考えるようになった。惣一郎は、1946年(昭和21年)に、内閣総理大臣に就任し、農民の生活改善のための政策を実現した。 惣一郎は、内閣総理大臣を退任した後も、農民の生活改善のための活動を行い、1974年(昭和49年)に死去した。
政治家・活動家

伊藤千代子 – 大正-昭和時代前期の社会運動家

-伊藤千代子の生い立ちと経歴- 伊藤千代子は、1895年(明治28年)10月2日、茨城県水戸市に、伊藤佐一と房の三女として生まれた。父佐一は、元常陸国水戸藩士であり、千代子は幼い頃から厳格な教育を受けて育った。 1911年(明治44年)、千代子は茨城県立水戸高等女学校を卒業後、東京女子高等師範学校に進学した。在学中は、女子運動や社会運動に参加し、1916年(大正5年)には、女性初の「東京女子高等師範学校学生会会長」に選出された。 1918年(大正7年)、千代子は東京女子高等師範学校を卒業後、茨城県立竜ヶ崎高等女学校の教諭に就任した。しかし、1919年(大正8年)に、女性が政治運動に参加することを禁止する「治安警察法」が制定されると、千代子は教職を辞して社会運動に専念することを決意した。 1920年(大正9年)、千代子は、平塚らいてうらが創設した「新婦人協会」に参加し、女性解放運動に携わった。1922年(大正11年)には、日本の女性として初めて、国際労働機関(ILO)の会議に派遣された。 1923年(大正12年)には、関東大震災が発生し、千代子は震災支援活動に奔走した。1924年(大正13年)には、「婦人労働者同盟」を結成し、労働者の権利向上に尽力した。 1925年(大正14年)には、治安警察法に代わる「治安維持法」が制定され、千代子は左翼活動家として弾圧された。1926年(昭和元年)には、「治安維持法違反」の容疑で逮捕され、懲役3年の判決を受けた。 1929年(昭和4年)に釈放された千代子は、再び社会運動に復帰し、1931年(昭和6年)には、「全国水平社」に参加し、部落解放運動に加わった。1932年(昭和7年)には、「日本無産婦人同盟」を結成し、女性の権利向上に尽力した。 1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、千代子は反戦運動に参加し、1940年(昭和15年)には、「治安維持法違反」の容疑で再逮捕され、懲役2年の判決を受けた。 1942年(昭和17年)に釈放された千代子は、戦争に協力しない「非協力運動」に参加し、1945年(昭和20年)に日本の敗戦を迎えた。 戦後、千代子は、女性の人権擁護活動に尽力し、1946年(昭和21年)には、「日本婦人団体連合会」を結成し、初代会長に就任した。1947年(昭和22年)には、日本国憲法が公布され、千代子は、女性に初めて参政権が与えられたことを喜び、女性議員の育成に尽力した。 1973年(昭和48年)10月2日、千代子は東京都内で死去した。享年77。
政治家・活動家

青柿善一郎

-青柿善一郎の生い立ち- 青柿善一郎は、1860年(万延元年)1月15日に、越後国蒲原郡吉田村(現在の新潟県阿賀野市)で生まれた。父は青柿善兵衛、母はサダ。善一郎は、夫婦の長男として、4人の弟妹とともに育った。 善一郎の父、善兵衛は、吉田村で農業を営むかたわら、村役人を務めていた。善兵衛は、村人の尊敬を集める人物であり、善一郎も父を尊敬して育ったという。 善一郎の母、サダは、信心深い女性であり、善一郎に仏教の教えを説いて育てた。善一郎は、母の教えに感化されて、幼い頃から仏教を篤く信仰していたという。 善一郎が5歳の時、父親の善兵衛が亡くなった。善兵衛の死後、善一郎は母親のサダに育てられた。サダは、善一郎を立派に育てるため、厳しく育てたという。 善一郎は、10歳の時に吉田村の寺子屋に入学した。寺子屋では、読み、書き、そろばんを学んだ。善一郎は、勉強好きで、成績も優秀だったという。 善一郎が15歳の時、母親のサダが亡くなった。サダの死後、善一郎は親戚の家に引き取られた。善一郎は、親戚の家に住みながら、寺子屋に通い続けた。 善一郎が18歳の時、親戚の家を出て、新潟市に上京した。新潟市では、洋学塾に入学し、英語や数学を学んだ。善一郎は、洋学塾で優秀な成績を収め、卒業後は、東京の大学に進学した。 善一郎は、東京の大学を卒業後は、政府機関に就職した。善一郎は、政府機関で働きながら、仏教の研究を続けた。善一郎は、仏教の研究を通じて、仏教の教えを世の中に広めようとした。 善一郎は、1920年(大正9年)に亡くなった。享年61。善一郎の死後、善一郎の弟子たちが、善一郎の教えを受け継いで、仏教の普及に努めた。
政治家・活動家

「松本惣一郎」

-松本惣一郎- -松本惣一郎の生涯- 松本惣一郎は、1866年(慶応2年)に東京で生まれました。彼の父親は、明治政府の高官であり、松本は幼い頃から政治の世界に親しんでいました。1885年(明治18年)に東京帝国大学を卒業した後、松本は外務省に入省します。 松本は、外務省で外交官として活躍し、1906年(明治39年)にはアメリカ合衆国に留学します。留学中は、コロンビア大学で政治学を学び、1908年(明治41年)に帰国しました。 帰国後、松本は外務省でさらに活躍し、1913年(大正2年)には外務次官に任命されます。1918年(大正7年)には、第一次世界大戦後の講和会議であるパリ講和会議に日本代表として参加しました。 松本は、パリ講和会議で活躍し、日本の国際的地位を高めることに貢献しました。その後、松本は外務大臣に任命され、1923年(大正12年)まで務めました。 松本は、外務大臣を辞任した後も、政界で活躍し、1925年(大正14年)には貴族院議員に勅選されました。1936年(昭和11年)には、枢密顧問官に任命され、1946年(昭和21年)に亡くなるまで、枢密顧問官を務めました。 松本惣一郎は、日本の外交官として活躍し、日本の国際的地位を高めることに貢献した人物です。
政治家・活動家

「太田慶太郎」

-太田慶太郎の生涯- 太田慶太郎は、1860年10月28日に江戸で生まれた。父は太田興太郎、母はまり。慶太郎は、幼い頃から学問を好み、14歳のときに東京大学予備門に入学した。1880年、東京大学法学部を卒業し、司法省に入省した。 司法省に入省後は、判事として各地を転任し、1897年に東京地方裁判所判事に任命された。1903年には、東京控訴院判事に昇進した。1908年、大審院判事に任命され、1918年には、大審院院長に就任した。 大審院院長在任中は、法の整備や司法制度の改革に尽力した。また、国際司法裁判所の判事に選出され、1922年には、国際司法裁判所の初代所長に就任した。 慶太郎は、1927年に大審院院長を退任し、1928年に亡くなった。享年68。 慶太郎は、日本の近代法制の確立に貢献した功績で知られている。また、国際司法裁判所の初代所長を務めたことから、国際社会でもその名を馳せた。
政治家・活動家

山本信枝 –

-山本信枝 - 社会運動家山本信枝の生涯- 山本信枝は、1928年に東京に生まれ、1951年に東京大学を卒業した。卒業後は日本専売公社に入社し、総務部で働いた。しかし、公社内の不当な労働慣行に抗議して1953年に退職した。 退職後は、労働組合運動に参加し、1955年に日本労働組合総評議会(総評)の事務局員となった。1956年に総評婦人の書記長に就任し、1959年には総評の女性局長に就任した。女性局長在任中は、男女差別撤廃や女性の労働条件改善のために尽力した。 1962年に総評を退職した後、1963年に日本婦人会議の事務局長に就任した。日本婦人会議は、女性団体の連合体であり、女性の地位向上や男女平等の実現を目指している。山本は日本婦人会議の事務局長として、男女差別撤廃や女性の社会参加促進のために尽力した。 1972年に日本婦人会議を退職した後、1973年に日本ILO協会の事務局長に就任した。日本ILO協会は、国際労働機関(ILO)の日本国内における窓口機関であり、ILOの活動を紹介したり、ILOの条約や勧告の遵守を促進したりしている。山本は日本ILO協会の事務局長として、ILOの活動を広め、ILOの条約や勧告の遵守を促進するために尽力した。 山本信枝は、1996年に亡くなった。享年68歳であった。山本は、社会運動家として、女性の地位向上や男女平等の実現のために尽力した。山本の功績は高く評価されており、山本の死後には、山本信枝記念基金が設立された。山本信枝記念基金は、女性の地位向上や男女平等の実現のために活動する女性を支援している。
歴史上の偉人

山本懸蔵 – 大正-昭和時代前期の労働運動家

明治28年2月20日生まれ,茨城県出身 山本懸蔵は、明治28年(1895年)2月20日、茨城県久慈郡常北村(現・常陸太田市)に生まれました。父親は、農業を営む山本健太郎、母親は、コトです。懸蔵は、7人兄弟の末っ子として育ちました。 尋常小学校を卒業後、山本懸蔵は、地元の機械工場に就職しました。しかし、工場の労働条件は劣悪で、懸蔵は過酷な労働を強いられました。この経験から、懸蔵は労働者の権利を守るために労働運動に参加することを決意しました。 大正8年(1919年)、山本懸蔵は、日本労働総同盟(総同盟)に加入しました。総同盟は、日本最大の労働組合組織であり、懸蔵は総同盟の活動に積極的に参加しました。大正11年(1922年)には、総同盟の茨城県支部委員長に就任しました。 大正12年(1923年)、山本懸蔵は、総同盟の代表として国際労働会議に出席するためにジュネーブを訪れました。この会議で、懸蔵は、日本の労働運動の現状について報告し、国際社会の注目を集めました。 大正14年(1925年)、山本懸蔵は、総同盟の委員長に就任しました。懸蔵は、委員長として、労働者の権利を守るために積極的に活動しました。昭和3年(1928年)、懸蔵は、治安維持法違反の容疑で逮捕されました。懸蔵は、2年間の懲役刑に処せられました。 昭和11年(1936年)、山本懸蔵は、出獄後、労働運動に復帰しました。しかし、懸蔵の活動は、当局によって厳しく監視され、昭和16年(1941年)に検挙されました。懸蔵は、再び治安維持法違反の容疑で逮捕され、懲役15年の刑に処せられました。 昭和20年(1945年)、山本懸蔵は、終戦後に釈放されました。懸蔵は、再び労働運動に復帰し、昭和22年(1947年)に、日本労働総同盟の委員長に再任されました。懸蔵は、委員長として、労働者の権利を守るために積極的に活動しました。 昭和28年(1953年)2月8日、山本懸蔵は、東京都内で亡くなりました。享年58歳でした。
エンターテインメント

演劇界の革命児!土方与志の人生と功績

小山内薫との出会い 土方与志が小山内薫と出会ったのは、1909年。土方が劇団「早稲田小劇場」を主宰していたときのことです。小山内は、土方の公演を観劇し、その才能に惚れ込みました。小山内は、土方を自分の劇団「自由劇場」に招き入れ、土方は小山内のもとで演出を学びました。 土方は、小山内の指導の下で演出を磨いていきました。小山内は、土方に「リアリズム」の重要性を説き、土方は小山内の教えを忠実に実行しました。土方は、小山内と一緒に数多くの舞台を演出しましたが、その中でも特に有名なのが、1911年に上演された「人形の家」です。 「人形の家」は、イプセン作の戯曲で、当時としては非常に進歩的な内容でした。女主人公のノラが、夫や社会の束縛から解放されていく物語で、この戯曲は大きな反響を呼びました。土方は小山内と協力してこの戯曲を演出しましたが、この舞台は、土方の演出の才能を世に知らしめることになりました。 小山内との出会いは、土方の人生において大きな転機となりました。小山内は、土方に演出の基礎を教え、土方は小山内のもとで演出家として大きく成長しました。土方は、小山内と出会ったことで、演劇界における自分の道を切り開いていったのです。
政治家・活動家

西村祭喜-大正-昭和時代の労働運動家

西村祭喜の生い立ちと経歴 西村祭喜は、1879年(明治12年)3月15日に福島県会津若松市に生まれました。父親は西村金太郎、母親は西村ちよです。幼い頃から貧しい生活を送っており、11歳で小学校を卒業すると丁稚奉公に出されました。その後、1904年(明治37年)に日露戦争に応召され、従軍しました。 1906年(明治39年)に除隊後、西村祭喜は東京に出て、芝浦の機械工場で働き始めました。そこで、社会主義思想に影響を受け、労働運動に参加するようになりました。1912年(大正元年)に、友愛会東京支部を組織し、支部長に就任しました。友愛会は、日本の労働組合の先駆的な組織であり、西村祭喜は労働運動のリーダーとして活躍しました。 1918年(大正7年)に、西村祭喜は赤色労働組合評議会(赤色労評)を結成しました。赤色労評は、日本初の全国的な労働組合組織であり、西村祭喜は初代委員長に就任しました。赤色労評は、労働者の権利向上と社会主義革命を目指して活動しましたが、1922年(大正11年)に政府によって解散させられました。 赤色労評解散後、西村祭喜は日本共産党に加わり、党中央委員に選出されました。1923年(大正12年)に関東大震災が発生すると、西村祭喜は救援活動に尽力しました。また、1925年(大正14年)には、プロレタリア芸術運動に参加し、雑誌「プロレタリア芸術」を創刊しました。 1928年(昭和3年)に、西村祭喜は治安維持法違反で逮捕され、懲役15年の判決を受けました。しかし、1933年(昭和8年)に恩赦により出獄しました。出獄後、西村祭喜は労働運動と社会運動に再び参加しましたが、1937年(昭和12年)に再び逮捕され、懲役10年の判決を受けました。 西村祭喜は、1945年(昭和20年)に終戦を迎えると、出獄しました。戦後は、日本社会党に加わり、中央委員に選出されました。また、日本労働組合総同盟(総評)の初代会長にも就任しました。西村祭喜は、1956年(昭和31年)に死去するまで、労働運動と社会運動に尽力しました。
政治家・活動家

「上田耕一郎」-昭和後期-平成時代の政治家

政治家としての経歴 上田耕一郎は、1929年に埼玉県で生まれました。1952年に東京大学法学部を卒業し、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局や財政局で勤務し、1978年に退官しました。 1979年に、上田耕一郎は参議院議員に当選しました。1983年には、衆議院議員に転じ、1990年には、自民党総裁に就任しました。1991年には、第76代内閣総理大臣に就任しました。 上田耕一郎は、総理大臣在任中に、バブル経済崩壊後の不況対策や金融制度改革などに取り組みました。また、日米関係の強化やアジア太平洋地域の協力の推進にも尽力しました。 1993年に、上田耕一郎は総理大臣を辞任しました。その後は、政界を引退し、2016年に亡くなりました。 上田耕一郎は、昭和後期に活躍した政治家であり、日本の近代化に貢献しました。
政治家・活動家

政治家、東中光雄の生涯と功績

-法曹団体での活躍- 東中光雄は、法曹団体においても活躍しました。1951年には、日本弁護士連合会(日弁連)の会長に就任し、1952年には、国際弁護士協会(IBA)の会長に就任しました。また、1954年には、世界法曹会議(WCCL)の会長に就任しました。 日弁連会長時代には、弁護士の地位向上と、司法制度の改革に尽力しました。IBA会長時代には、国際法の整備と、人権の保護に努めました。WCCL会長時代には、世界各国の法曹団体の連携を強化し、法の支配の促進に貢献しました。 東中光雄は、法曹団体での活躍を通じて、日本の法曹界の発展と、国際法の整備に貢献しました。
政治家・活動家

戸沢仁三郎:大正-昭和時代の社会運動家

- 戸沢仁三郎の生涯 戸沢仁三郎は、1895年(明治28年)9月1日に山形県東田川郡黒川村(現在の山形県村山市)で生まれました。貧しい農家の長男として生まれ、幼い頃から苦労をしながら育ちました。1917年(大正6年)に山形師範学校を卒業し、小学校の教員として働き始めました。 教員として働くかたわら、戸沢仁三郎は社会運動にも積極的に参加するようになりました。1921年(大正10年)に日本農民組合に加入し、農民の権利を守るために活動しました。また、1922年(大正11年)には日本共産党に入党し、労働者と農民の団結を目指して活動しました。 1923年(大正12年)に発生した関東大震災では、戸沢仁三郎は震災で被災した人々を救済するために奔走しました。そして、震災後の混乱に乗じて国家改造を図ろうとした軍部に対して反対の声を上げました。このため、戸沢仁三郎は治安維持法違反で逮捕され、獄中で拷問を受けました。 1924年(大正13年)に戸沢仁三郎は釈放され、社会運動を再開しました。1925年(大正14年)に全国農民組合を結成し、農民の生活改善のために努力しました。また、1927年(昭和2年)には全日本無産青年同盟を結成し、青年の労働運動を指導しました。 1931年(昭和6年)に満州事変が勃発すると、戸沢仁三郎は戦争に反対する運動を展開しました。そして、1933年(昭和8年)に治安維持法違反で再び逮捕され、獄中で拷問を受けました。1935年(昭和10年)に戸沢仁三郎は釈放され、社会運動を再開しました。しかし、1940年(昭和15年)に特別高等警察に逮捕され、獄中で拷問を受けました。 1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、戸沢仁三郎は戦争に反対する運動を展開しました。そして、1942年(昭和17年)に治安維持法違反で再び逮捕され、獄中で拷問を受けました。1943年(昭和18年)に戸沢仁三郎は釈放され、社会運動を再開しました。 1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結すると、戸沢仁三郎は日本共産党の委員長に就任しました。そして、日本の民主化と社会主義建設のために努力しました。1953年(昭和28年)に戸沢仁三郎は死亡しました。
政治家・活動家

長壁民之助 – 人物辞典

戦前の活動と投獄 長壁民之助は、1930年代から1940年代にかけて、日本の社会運動に積極的に参加した人物です。彼は、1931年に日本農民組合に加入し、農民運動を展開しました。1933年には、日本共産党に入党し、党の地下活動に従事しました。1937年には、治安維持法違反の容疑で逮捕され、投獄されました。 長壁民之助は、獄中で過酷な拷問を受けましたが、最後まで自らの信念を曲げませんでした。1940年に釈放された後も、引き続き社会運動に参加し、日本の民主化運動に貢献しました。戦後、彼は日本社会党に入党し、衆議院議員として活躍しました。 長壁民之助は、日本の社会運動史において重要な人物です。彼は、農民運動や労働運動、反戦運動など、様々な運動に参加し、日本の民主化に貢献しました。また、彼は治安維持法によって投獄された経験を持ち、その過酷な体験を著書「獄中十八年」に著しました。この著書は、当時の日本の社会情勢を知る上で貴重な資料となっています。 長壁民之助は、1996年に87歳で亡くなりました。しかし、彼の功績は現在もなお語り継がれています。