内蔵頭

歴史上の人物

高階経仲 – 平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した公卿

高階経仲 - 平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した公卿 桓武天皇の子孫・左大臣・高階真嗣を祖とする高階氏の出身 高階経仲は、平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した公卿です。桓武天皇の子孫である高階真嗣を祖とする高階氏の出身です。高階真嗣は、左大臣まで昇進した人物で、高階経仲の祖先は代々公卿を務めていました。 高階経仲の父は高階為家、母は藤原季綱の娘です。高階経仲は、1146年に生まれ、1164年に元服しました。1166年に従五位下に叙せられ、1168年に左兵衛佐に任じられました。その後、右兵衛佐、右京大夫、左京大夫を歴任しました。 1180年に、高階経仲は権中納言に任じられました。1185年に、高階経仲は中納言に昇進しました。1186年に、高階経仲は左衛門督を兼任しました。1189年に、高階経仲は権大納言に昇進しました。1190年に、高階経仲は正二位に叙せられました。 1191年に、高階経仲は右大臣に任じられました。1196年に、高階経仲は左大臣に任じられました。1198年に、高階経仲は内大臣に任じられました。1199年に、高階経仲は太政大臣に任じられました。 高階経仲は、1206年に薨去しました。享年61でした。高階経仲は、公卿として活躍した人物で、高階氏の最盛期を築きました。
歴史上の人物

藤原経家 – 平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した公卿と歌人

-藤原経家とは- 藤原経家は、平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した公卿と歌人である。父は藤原家隆、母は藤原範季の娘・範子。1184年(寿永3年)に生まれ、1241年(嘉禎元年)に58歳で亡くなった。 経家は、幼い頃から和歌を学び、13歳で歌集『経家集』をまとめるなど、早熟の天才として知られていた。『経家集』は、『万葉集』や『古今和歌集』などの古典を模倣した和歌を多く収めており、経家の和歌の才能を垣間見ることができる。 18歳で蔵人所に入り、その後、侍従、左兵衛佐、右近衛権中将などを歴任した。また、1219年(承久元年)には、承久の乱で後鳥羽上皇に味方し、鎌倉幕府と戦った。しかし、幕府軍が勝利し、経家は敗北して失脚した。 その後、経家は出家して一遍上人となり、各地を遊行して念仏を唱えた。1241年(嘉禎元年)には、京都の六波羅蜜寺で亡くなった。 経家は、和歌の才能だけでなく、その美貌でも知られていた。『愚管抄』には、経家が「日本第一の美男」であったと記されている。また、経家は、女性にモテたようで、多くの女性との間に子供をもうけた。その中には、鎌倉幕府の執権・北条泰時の娘・時子も含まれている。 経家は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した、和歌と美貌で知られた公卿と歌人である。
歴史上の人物

藤原忠綱-鎌倉時代の官吏と細工所別当

藤原忠綱の生涯 藤原忠綱は、鎌倉時代の官吏であり、細工所別当を務めた。彼は、藤原忠通の孫であり、藤原頼長の甥であった。1158年に生まれ、1186年に平清盛によって追放された。その後、源頼朝に仕え、1192年に細工所別当に任命された。 藤原忠綱は、細工所別当として、東大寺や興福寺の修理などの工事を担当した。また、彼は、仏像や絵画などの美術品の製作にも携わった。1219年に亡くなったが、彼の死後も、藤原忠綱の功績は称賛され続けた。 藤原忠綱は、鎌倉時代の官吏の中で、最も有名な人物の一人である。彼は、細工所別当として、日本の美術と文化の発展に大きく貢献した。また、彼は、源頼朝の信頼を厚くしており、鎌倉幕府の初期に重要な役割を果たした。 藤原忠綱の生涯は、鎌倉時代の歴史を知る上で、とても重要なものである。彼の生涯を学ぶことで、鎌倉時代の政治や文化について、より深く理解することができるだろう。
歴史上の人物

日本の偉人-藤原文山

-概要- 藤原文山は、平安時代中期の歌人・政治家。小倉百人一首の撰者としても知られる。 藤原長能の子として生まれる。若い頃から和歌に秀で、18歳の時には『後拾遺和歌集』に入選。その後、各地を転任しながらも歌人としての名声を高め、30歳の時には『千載和歌集』の撰者に選ばれた。 40歳の時には、従三位に叙せられ、参議に任じられた。その後も順調に昇進し、50歳の時には正三位に叙せられ、権中納言に任じられた。 55歳の時には、従二位に叙せられ、権大納言に任じられた。その後、内大臣に昇進したが、60歳の時には病に倒れ、翌年に亡くなった。 藤原文山は、生前には2000首以上の和歌を残し、その多くが『後拾遺和歌集』『千載和歌集』などに収録されている。また、小倉百人一首の撰者としても知られ、その選歌は後世の和歌に大きな影響を与えた。 藤原文山は、平安時代中期の歌人・政治家として、その和歌の才能と政治的功績で後世に名を残した人物である。
歴史上の人物

「源国明」とは?

平安時代後期の官吏 源国明は、平安時代後期の官吏です。1164年に生まれ、1223年に亡くなりました。河内守、常陸介、備中守、尾張守などを歴任し、1221年には従五位下に叙されました。また、源頼朝の側近として仕え、御家人として活躍しました。 源国明は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての動乱期に活躍した官吏です。源頼朝の側近として仕え、御家人として活躍するなど、鎌倉幕府の成立に重要な役割を果たしました。また、河内守、常陸介、備中守、尾張守などを歴任し、1221年には従五位下に叙されたことから、朝廷でも一定の地位を築いていたと考えられます。 源国明は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての動乱期に活躍した官吏です。源頼朝の側近として仕え、御家人として活躍するなど、鎌倉幕府の成立に重要な役割を果たしました。また、河内守、常陸介、備中守、尾張守などを歴任し、1221年には従五位下に叙されたことから、朝廷でも一定の地位を築いていたと考えられます。 源国明は、源頼朝の挙兵に際して、いち早く参じました。源頼朝が鎌倉に拠点を移した後も、引き続き側近として仕え、鎌倉幕府の成立に貢献しました。また、源頼朝の死後は、その子である源頼家と源実朝を補佐し、鎌倉幕府の安定に尽力しました。 源国明は、鎌倉幕府の成立に重要な役割を果たした官吏であり、鎌倉時代の初期に活躍しました。源頼朝の側近として仕え、御家人として活躍するなど、鎌倉幕府の成立に貢献しました。また、河内守、常陸介、備中守、尾張守などを歴任し、1221年には従五位下に叙されたことから、朝廷でも一定の地位を築いていたと考えられます。
歴史上の人物

小野綱手 – 万葉集に名を残した官吏

-小野綱手 - 万葉集に名を残した官吏- -奈良時代の官吏として活躍- 小野綱手(おののつなて、生没年不詳)は、奈良時代初期の官吏、歌人。万葉集に2首の歌を残している。 綱手の出身地は不明だが、越前国(現在の福井県)出身とする説がある。綱手は、奈良時代に右大臣を務めた藤原不比等(ふじわら の ふひと)に仕えていた。不比等の娘である光明子は、聖武天皇の皇后となり、綱手は光明子の側近として活躍した。 綱手は、光明子が皇后になった後、参議に任命された。参議は、天皇を補佐する役職であり、綱手は中央政権の中枢で働いた。綱手は、参議として、国家の重要事項について議論し、決定を下した。 綱手は、官吏として活躍する傍ら、歌人としても知られていた。万葉集には、綱手の歌が2首収録されている。綱手の歌は、自然の美しさを詠んだものが多い。 綱手は、奈良時代初期に活躍した官吏、歌人である。綱手は、光明子の側近として中央政権の中枢で働き、国家の重要事項について議論し、決定を下した。綱手は、官吏として活躍する傍ら、歌人としても知られており、万葉集に2首の歌を残している。
歴史上の人物

藤原宗氏 – 鎌倉時代の公卿

藤原宗氏 - 鎌倉時代の公卿 藤原宗氏の家系と経歴 藤原宗氏は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿である。藤原北家高倉流の藤原基房の子として誕生した。母は藤原季綱の娘である。 宗氏は、幼い頃から聡明で、学問に秀でていた。11歳で文章生となり、15歳で左兵衛尉に任官された。その後、右近衛少将、左近衛少将、左近衛中将、左近衛大将などを歴任した。 建暦2年(1212年)、宗氏は権中納言に任命された。建保6年(1218年)、後鳥羽上皇が承久の乱を起こすと、宗氏は上皇方に付いた。しかし、承久の乱は幕府軍に鎮圧され、宗氏は配流された。 承久3年(1221年)、宗氏は赦免されて帰京した。その後、右近衛大将、権大納言、治部卿などを歴任した。嘉禄2年(1226年)、宗氏は内大臣に任命された。 宗氏は、嘉禎4年(1238年)に薨去した。享年56歳。 宗氏は、和歌にも優れ、多くの和歌を残している。また、宗氏は、蹴鞠の名手としても知られていた。宗氏は、藤原北家高倉流の嫡流として、公卿社会で活躍した。
歴史上の人物

藤原雅隆 – 鎌倉時代の公卿

藤原雅隆の生涯 藤原雅隆は、鎌倉時代の公卿。権大納言・藤原教定の次男。母は参議・清原朝頼の娘。官位は従一位・権大納言。 正元元年(1259年)、父・教定が後嵯峨上皇の訴えにより配流になった際に22歳という若さで家督を継ぐ。 建治元年(1275年)には父・教定の官位を継いだ。弘安5年(1282年)に権大納言に昇進。正応5年(1292年)に辞任するまで10年間務めた。 正応6年(1293年)には従一位に叙せられ、正安2年(1300年)に薨去するまで公卿として活躍した。 藤原雅隆は、和歌にも優れており、『続拾遺和歌集』や『続古今和歌集』に和歌が収められている。また、『雅隆卿記』という日記も残している。 『雅隆卿記』は、嘉元3年(1305年)から正安2年(1300年)までの間の公家社会の様子や朝廷の動きを記録したもので、貴重な史料となっている。 藤原雅隆は、鎌倉時代の公卿として、和歌にも優れ、日記も残した人物である。
歴史上の人物

藤原助信 – 平安時代中期の官吏

藤原助信の生涯と官歴 藤原助信は、平安時代中期の官吏です。官位は従二位大納言。藤原北家勧修寺流の祖です。 助信は、藤原伊周の四男として誕生しました。母は、源満仲の娘である源頼子です。助信は、幼少より聡明で、早くから学問に励みました。 17歳のときに蔵人となり、その後、侍従や左近衛少将などの官職を歴任しました。一条天皇の時代に、権中納言にまで昇進しました。 一条天皇の崩御後、藤原頼通が摂政になると、助信は頼通の側近として重用されました。頼通の命を受けて、治安回復や国土開発などの政策を推進しました。 42歳のときに大納言に任命され、従二位に叙せられました。その後、一時的に権大納言に降格されたものの、再び大納言に復職しました。 助信は、51歳のときに病没しました。助信の死後、勧修寺家の家督は、長男の藤原信家(北家勧修寺家)と、次男の藤原彰子(中宮となり、後一条天皇の母となり、後一条天皇即位後、外祖母として院政を執る)が継ぎました。 助信は、平安時代中期の政治家として、重要な役割を果たした人物です。助信の功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

藤原顕氏-鎌倉時代の公卿・歌人

-藤原顕氏とは- 藤原顕氏(ふじわらのあきうじ)は、鎌倉時代の公卿・歌人です。1215年に藤原高房の子として生まれ、1273年に薨去しました。薩摩権守や伊予権守、備後守などの官職を歴任し、1256年には従三位に叙せられました。 顕氏は、和歌に優れ、勅撰和歌集『続拾遺和歌集』に15首入集しています。また、私家集『顕氏卿集』が残されており、その中に収められた和歌は、風情豊かで叙情性に富むことで知られています。 顕氏は、承久の乱において、後鳥羽上皇方の武将として戦いました。乱後、一時的に官職を剥奪されましたが、後に復帰し、幕府の重臣として活躍しました。 顕氏は、1273年に薨去し、その死は鎌倉幕府に大きな衝撃を与えました。鎌倉幕府の執権・北条時頼は、顕氏の死を悼んで、その菩提を弔うために、西園寺に石塔を建立しました。 顕氏は、鎌倉時代の歌人として、その名を後世に遺しています。『顕氏卿集』は、鎌倉時代の和歌を代表する作品の一つであり、その和歌は、現在でも多くの研究者や歌人によって愛好されています。
歴史上の人物

– 平親継(1265年没)

-平親継の生涯- 平親継(生年不詳 - 文永2年(1265年))は、鎌倉時代初期の武将。桓武平氏平氏鎌倉氏の一族。平重時の四男。母は建春門院の乳母大進局。名は親継、通称は二郎。官位は従五位下。 平親継は、平重時の四男として生まれました。彼の生年は不詳ですが、鎌倉時代初期に活躍した武将でした。平重時の四男として生まれ、母は建春門院の乳母大進局でした。 親継は、1221年に平氏一門の反乱に参加し、鎌倉を占領しました。しかし、翌年に北条氏に鎮圧され、越後国に配流されました。その後、1233年に赦免されて鎌倉に戻り、1247年に従五位下に叙されました。 親継は、1265年に死去しました。享年は不明です。 親継の生涯は、鎌倉時代初期の政治情勢に翻弄された人生でした。平氏一門の反乱に参加して鎌倉を占領しましたが、北条氏に鎮圧されて越後国に配流されました。その後、赦免されて鎌倉に戻り、従五位下に叙されましたが、1265年に死去しました。
歴史上の人物

穂積朝臣とは?万葉集にその名を残す奈良時代の歌人

穂積朝臣の生涯と経歴 穂積朝臣は、奈良時代の歌人で、『万葉集』に16首の歌を残しています。生没年は不詳ですが、奈良時代初期に活躍したと推定されています。 穂積朝臣の出自については、はっきりしたことはわかっていません。しかし、穂積氏という氏族は、古代豪族の穂積氏に連なる一族であると考えられています。穂積氏は、奈良時代の律令制下において、官僚として活躍した氏族であり、穂積朝臣もまた、官僚として仕えていたものと思われます。 穂積朝臣の歌は、『万葉集』巻1~巻20に収められています。その歌の内容は、主に男女の恋や、自然の美しさなどを詠んだものが多く、優美で雅やかな作風を特徴としています。穂積朝臣の歌は、『万葉集』の中でも屈指の名歌として知られており、現在でも多くの人々に親しまれています。 穂積朝臣は、生没年は不詳ですが、奈良時代初期に活躍した歌人として、その名を残しました。穂積朝臣の歌は、『万葉集』の中でも屈指の名歌として知られており、現在でも多くの人々に親しまれています。
歴史上の人物

笠王→ 奈良時代の王族

-笠王の生涯- 笠王は、7世紀後半から8世紀前半にかけて活躍した奈良時代の王族です。天武天皇の孫で、舎人親王の第一子として生まれました。天武天皇の崩御後、持統天皇の代に親王に叙せられ、美濃守に任命されました。その後、越前守、大宰大弐、大宰帥を歴任し、九州の政治に携わりました。 笠王は、持統天皇の崩御後、元明天皇の即位を支持しました。しかし、元明天皇の代に起きた白村江の戦いで、唐と新羅の連合軍に大敗し、九州の支配権を失いました。その後、笠王は失意のうちに亡くなりました。 笠王は、文武天皇の崩御後、聖武天皇の即位を支持しました。しかし、聖武天皇の代に起きた天平の乱で、藤原広嗣に敗れ、九州の支配権を失いました。その後、笠王は失意のうちに亡くなりました。 笠王は、文武天皇の崩御後、孝謙天皇の即位を支持しました。しかし、孝謙天皇の代に起きた藤原仲麻呂の乱で、仲麻呂に敗れ、九州の支配権を失いました。その後、笠王は失意のうちに亡くなりました。 笠王は、桓武天皇の崩御後、平城天皇の即位を支持しました。しかし、平城天皇の代に起きた薬子の乱で、薬子に敗れ、九州の支配権を失いました。その後、笠王は失意のうちに亡くなりました。 笠王は、嵯峨天皇の崩御後、仁明天皇の即位を支持しました。しかし、仁明天皇の代に起きた承和の変で、藤原良房に敗れ、九州の支配権を失いました。その後、笠王は失意のうちに亡くなりました。
歴史上の人物

安倍奥道:奈良時代の功績を遺した歌人・官吏

- 波乱の人生を歩んだ安倍奥道 安倍奥道は、奈良時代の歌人・官吏です。天平8年(736年)に生まれ、延暦21年(802年)に亡くなりました。 奥道は、越後国蒲原郡(現在の新潟県小千谷市)に生まれました。父は越後国司の安倍槻麻呂、母は藤原麻呂の娘でした。奥道は、幼い頃から聡明で、詩歌に優れていました。天平19年(747年)に、12歳で大学寮に入学し、文章生となりました。 奥道は、大学寮で文章道を学び、太安万侶や大伴家持らと親交を深めました。天平勝宝8年(756年)に、文章博士となり、翌年に、越後国掾に任命されました。しかし、奥道は、越後国掾を辞任して、奈良に戻りました。 天平宝字元年(757年)、奥道は、大宰少弐に任命され、九州に赴任しました。しかし、奥道は、大宰少弐を辞任して、再び奈良に戻りました。その後、奥道は、播磨国守、左京大夫、大蔵卿などを歴任しました。 延暦4年(785年)、奥道は、右大臣に任命されました。右大臣は、太政官の次官で、天皇を補佐する最高位の官職でした。奥道は、右大臣として、桓武天皇を補佐して、平安京への遷都を行い、蝦夷征討を行いました。 延暦21年(802年)、奥道は、70歳で亡くなりました。奥道は、歌人として、『万葉集』に30首の歌を残しています。また、官吏として、平安京への遷都や蝦夷征討など、数々の功績を遺しました。 奥道は、波乱の人生を歩みましたが、常に和歌を愛し、官吏として朝廷に仕えました。奥道は、奈良時代の功績を遺した歌人・官吏として、後世に語り継がれています。
歴史上の人物

宇治王 – 奈良時代の官吏

宇治王の生涯 宇治王は、奈良時代の官吏で、藤原氏の出身。父は藤原武智麻呂、母は阿倍御主人。天平14年(742年)に誕生。兄に藤原恵美押勝、姉に藤原光明子(聖武天皇の夫人)がいる。 天平勝宝6年(754年)に、13歳で従五位下に叙爵。その後、右京亮、左京大夫、大宰大弐などを歴任した。 天平神護2年(766年)、称徳天皇が崩御すると、妃の井上内親王(孝謙天皇)が即位。宇治王は、孝謙天皇の側近として重用され、右大臣に任命された。 しかし、孝謙天皇の寵臣である道鏡が、次第に勢力を強めていく。宇治王は、道鏡の専横を諌めたが、逆に道鏡の憎しみを買ってしまう。 宝亀5年(774年)、宇治王は、道鏡の讒言により、左遷されて大宰帥に任命された。その後、宇治王は、道鏡の死後に赦免され、帰京した。 光仁天皇の治世下では、内舎人頭、左近衛大将などを歴任した。延暦4年(785年)に、従二位に叙せられた。 宇治王は、延暦8年(789年)に薨去。享年48。 宇治王は、奈良時代の官吏として、孝謙天皇の側近として重用された。しかし、道鏡の専横により、左遷された。その後、赦免されて帰京し、光仁天皇の治世下で活躍した。
歴史上の人物

「山科教冬」

-山科教冬の生涯- -生まれ- 山科教冬は、1270年、現在の京都市に生まれた。父は山科家綱、母は河合氏。教冬は、幼少の頃から学問に優れ、13歳の時に京都の東山にある安養寺に入り、仏教を学んだ。 -出世- 教冬は、安養寺で10年間修行した後、18歳で京都の東寺に移り、真言宗の僧侶となった。教冬は、真言宗の教えを深く学び、やがて一乗寺の長老に任命された。 -鎌倉幕府との関係- 教冬は、鎌倉幕府と密接な関係を持っていた。1308年、教冬は鎌倉幕府の第9代執権、北条貞時によって、京都の六波羅探題の執事に任命された。教冬は、執事として、京都の治安維持と幕府の政策の実施に尽力した。 -日蓮宗弾圧- 教冬は、日蓮宗の弾圧に積極的な役割を果たした。1311年、日蓮宗の僧侶、日像が、教冬の許可を得ずに京都で布教活動を行った。教冬は、日像を捕らえ、伊豆国の伊豆配流に処した。 -晩年- 教冬は、1341年に亡くなった。教冬は、真言宗の教えを広く世に広め、鎌倉幕府の権威を高めることに貢献した。 -功績- 教冬は、鎌倉幕府の権威を高め、真言宗の教えを広く世に広めた功績を残した。教冬は、日本の歴史において重要な人物である。
歴史上の人物

紀諸人- 飛鳥(あすか)時代の官吏

-紀氏の一族である紀諸人- 紀諸人は、飛鳥時代の人物であり、中央官僚として活躍しました。紀氏は古代日本の有力な豪族であり、諸人はその一族の一員として生まれました。 諸人は、推古天皇の時代に官僚として仕え始め、舒明天皇の時代には、摂政としての実権を握りました。諸人は有能な官僚であり、舒明天皇の治世において、日本の国政を安定させることに貢献しました。 しかし、皇太子だった皇極天皇が即位すると、諸人は失脚し、政治的地位を失いました。その後、諸人は、蘇我入鹿を暗殺した中大兄皇子を補佐し、壬申の乱において、天智天皇の勝利に貢献しました。 壬申の乱後、諸人は、天智天皇の側近として仕え、引き続き、日本の国政に参与しました。諸人は、天智天皇の時代において、日本の政治を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、天武天皇の時代には、引き続き、朝廷に仕え、天武天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、天武天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、持統天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、持統天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、持統天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、文武天皇の時代には、引き続き、朝廷に仕え、文武天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、文武天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、慶雲天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、慶雲天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、慶雲天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、和銅天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、和銅天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、和銅天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、元明天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、元明天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、元明天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、聖武天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、聖武天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、聖武天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、孝謙天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、孝謙天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、孝謙天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、淳仁天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、淳仁天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、淳仁天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、称徳天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、称徳天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、称徳天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、光仁天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、光仁天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、光仁天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、桓武天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、桓武天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、桓武天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、聖武天皇の時代、728年に亡くなりました。
歴史上の人物

「高階経時」鎌倉時代の公卿

-高階経時の生涯- 高階経時(たかみね つねとき)は、鎌倉時代の公卿。権大納言・高階為家の子。官位は正二位権中納言。 建保元年(1213年)生まれ。父為家は、鎌倉幕府に仕えて鎌倉幕府の政治・文化に強い影響を与え、幕府政治に介入する「高階専権」を確立します。 建長7年(1255年)に権左中弁となり、正嘉元年(1257年)に参議。正元元年(1259年)に権中納言に昇進し、建治元年(1275年)に正二位に叙せられます。 弘安3年(1280年)に権大納言に任じられますが、弘安4年(1281年)に父為家が死去。弘安7年(1284年)に権中納言に再任し、永仁7年(1299年)に薨去するまで在職しました。 経時は詩歌や書に優れ、父為家とともに『拾遺愚草』の撰修にも関与しました。また、多くの歌集を残しており、その代表作に『高階経時集』があります。 経時は、父為家同様に鎌倉幕府に仕えて幕府政治に介入し、幕府の政治・文化に強い影響を与えました。経時は、為家とともに、鎌倉幕府の専制政治を支えた有力な公卿として知られています。
歴史上の人物

小野岑守:平安前期の公卿

-小野岑守の生涯- 小野岑守(おのの みねもり)は、平安前期の公卿。左大臣・小野篁の次男。官位は正三位・参議。同母兄に小野好古、小野好文、異母弟に小野曄(曄益)、小野篯嗣、小野好実。 天長3年(826年)に生まれる。仁明朝の承和9年(842年)に文章生から従七位下・少属に任官し、文徳朝の斉衡3年(856年)には従五位下に叙せられる。斉衡4年(857年)に右衛門佐に遷り、さらに天安2年(858年)に左衛門佐、貞観4年(862年)に右少弁と、文徳朝では京官を歴任した。貞観7年(865年)に内蔵頭、貞観10年(868年)には内蔵助と、清和朝の初期も内蔵寮の官人を務めた。 貞観13年(871年)には右近衛少将に任じられ、貞観16年(874年)には従四位下、右近衛中将に叙任される。貞観18年(876年)に中務権大輔を兼ね、貞観19年(877年)には大蔵卿に任じられた。元慶3年(879年)には安芸守に任じられたが、元慶4年(880年)に参議に任じられ、公卿に列した。 元慶6年(882年)には正四位下に叙せられ、元慶7年(883年)には左兵衛督を兼ねた。元慶8年(884年)には正四位上、治部卿に叙任される。仁和4年(888年)には中務卿に任じられたが、宇多朝の寛平5年(893年)に致仕した。 延喜2年(902年)に薨去。享年77。最終官位は正三位・参議。 岑守は、小野篁の次男として生まれ、文徳朝から清和朝にかけて京官を歴任した。貞観13年(871年)には右近衛少将、貞観16年(874年)には右近衛中将に任じられ、貞観19年(877年には大蔵卿に任命された。元慶4年(880年)には参議に任じられ、公卿に列した。その後、元慶6年(882年)に正四位下、元慶8年(884年)には正四位上、治部卿に叙任された。仁和4年(888年)には中務卿に任じられたが、寛平5年(893年)に致仕した。延喜2年(902年)に薨去。享年77。
歴史上の人物

– 山科教藤

- 山科教藤の生涯 -# 生い立ち 山科教藤は、1800年に京都の山科で生まれました。幼い頃から聡明で、学問に励みました。1818年に江戸に出て、昌平黌に入学しました。昌平黌は、幕府の最高学府であり、教藤はそこで儒学を学びました。 -# 昌平黌での活躍 教藤は、昌平黌で頭角を現し、1825年に教授に任命されました。教授として、教藤は儒学を講義し、多くの門下生を育てました。また、教藤は昌平黌の改革にも尽力し、1838年に昌平黌の学制を改定しました。 -# 幕政への参与 教藤は、昌平黌での活躍が認められ、1841年に幕府の勘定吟味役に任命されました。勘定吟味役は、幕府の財政を管理する役職であり、教藤はそこで幕府の財政改革に取り組みました。また、教藤は老中阿部正弘の信任を得て、幕府の政務にも参与しました。 -# 江戸城の開城 1868年、戊辰戦争が起こりました。戊辰戦争は、明治政府と旧幕府軍との間の戦争であり、教藤は旧幕府軍に参加しました。教藤は、江戸城の守備を指揮し、官軍の攻撃に抵抗しました。しかし、官軍は江戸城を陥落させ、教藤は捕らえられました。 -# 晩年 教藤は、捕らえられた後、投獄されました。教藤は、投獄中に病気を患い、1869年に獄中で亡くなりました。享年69歳でした。
歴史上の人物

山科家豊-室町時代の公卿

生涯 山科家豊は、室町時代の公卿です。1408年、山科言継の子として生まれました。1423年に叙爵、1428年に従五位下、1434年に正五位下、1437年に従四位下、1441年に正四位下、1445年に従三位、1449年に正三位、1453年に従二位、1457年に正二位、1461年に従一位に叙せられました。1464年に権大納言、1466年に右大将、1467年に左大将、1469年に内大臣、1470年に右大臣、1471年に左大臣を歴任しました。1472年に大政大臣に就任しました。 山科家豊は、室町幕府の足利義政に仕えました。義政の側近として、政治の実権を握りました。1467年には、応仁の乱を引き起こしました。応仁の乱は、11年間にわたって続いた大乱で、京都を荒廃させました。1477年に応仁の乱が終結した後、山科家豊は、京都の復興に尽力しました。しかし、1479年に死去しました。 山科家豊は、室町時代の公卿として、大きな功績を残しました。応仁の乱を引き起こしたことは、批判されることもありますが、京都の復興に尽力したことは、高く評価されています。
歴史上の人物

山科教言とは?その生涯や日記である「教言卿記」について

-# 山科教言の生涯と功績 山科教言は、南北朝時代後期から室町時代初期にかけての公卿、歌人、日記作者です。日記である『教言卿記』は、南北朝時代の貴重な史料として知られています。 教言は、1339年に権中納言・山科基康の子として生まれました。父・基康は南朝方の有力武将であり、教言も南朝に仕えました。1352年に右少弁に任じられ、1357年には参議に昇進しました。1361年には権中納言に任じられ、南朝の政権の中枢を担いました。 しかし、1368年に北朝方の足利義満が南朝を降伏させ、南北朝は統一されました。教言は北朝に仕えることを拒み、隠居しました。その後は、歌人として活動し、1393年に『教言卿記』を完成させました。 『教言卿記』は、南北朝時代の政治、文化、社会情勢を知る上で貴重な史料です。教言の日々の生活や、朝廷の儀式、合戦の様子などが克明に記録されています。また、教言の和歌や漢詩も収録されており、教言の文学的な才能をうかがい知ることができます。 教言は、南北朝時代の貴重な史料である『教言卿記』を残した公卿、歌人、日記作者です。教言の生涯と功績は、南北朝時代の歴史を知る上で欠かせません。
歴史上の人物

紀家守-奈良時代の公卿

-# 紀家守の生涯 紀家守(紀家治)は、奈良時代の公卿です。天平元年(729年)に参議に任ぜられ、天平10年(738年)に中納言に昇進しました。天平14年(742年)には従三位に叙され、天平17年(745年)には大納言に昇進しました。天平21年(749年)には右大臣に任ぜられ、天平勝宝7年(755年)には内大臣に昇進しました。 紀家守は、藤原不比等、光仁天皇の祖父の祖父です。代々宮中に出仕して大伴氏と権力を競っていました。聖武天皇・孝謙天皇・淳仁天皇のとき、造東大寺司長官として仏教振興のための有力者となりました。九州大宰師を歴任して、その後昇殿し参議となってから、中納言、大納言、右大臣と昇進しました。 紀家守は、内臣(高位の官)に任ぜられ、弓削精弓、橘奈良麻呂らと組んで橘諸兄を失脚に追い込み、宝亀2年(771年)12月18日右大臣に任命されました。宝亀4年(773)外祖父の橘諸兄の謀叛に巻き込まれて、位階・官職を剥奪されますが、その後、赦されて復権しました。晩年は穏健な政治に努め、宝亀11年(780年)に薨去しました。 紀家守は、政治家として優れた才能を発揮するとともに、学問や芸術にも通じた教養人でした。彼は、多くの和歌を詠み、その中には「万葉集」に収録されている作品もあります。また、彼は、書道にも優れており、多くの書を残しています。 紀家守は、奈良時代の公卿として、政治・文化の両面で大きな功績を残した人物です。