内藤正勝

歴史上の偉人

赤松藩主内藤正勝の生涯

-内藤正勝の生い立ちと家系- 内藤正勝は、1578年(天正6年)に美濃国加茂郡加茂郡(現在の岐阜県加茂郡)に生まれました。父は内藤忠俊、母は牧野康成の娘です。内藤家は、鎌倉時代から続く清和源氏の一族で、美濃国守護代を務めた家柄でした。正勝は、幼い頃から武芸に励み、15歳の時に初陣を飾りました。 1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは、徳川家康に従って戦い、戦功を挙げました。戦後、大久保忠隣とともに大久保長安を改易し、甲斐国都留郡1万石を与えられました。 1601年(慶長6年)、正勝は家康の命により、赤松藩主として播磨国赤穂郡に転封されました。正勝は、赤穂藩の藩政を改革し、領内の復興に尽力しました。また、赤穂藩の特産品である塩の生産を奨励し、藩の財政を安定させました。 1615年(元和元年)の大坂夏の陣では、正勝は徳川家康に従って戦い、戦功を挙げました。戦後、加増されて播磨国赤穂郡10万石を領しました。 正勝は、1623年(元和9年)に江戸で亡くなりました。享年46歳でした。正勝の死後、赤穂藩は子の忠政が継ぎました。
歴史上の偉人

内藤正勝(1) – 江戸時代前期の大名

内藤正勝(1)の生涯 内藤正勝(1)は、江戸時代前期の大名である。信濃国高島藩の初代藩主であり、後に備中国松山藩に移封された。内藤家は、藤原北家秀郷流の三河国の豪族である。正勝の父は内藤正成であり、母は松平信綱の娘である。正勝は、慶長元年(1596年)に三河国岡崎で生まれた。 正勝は、幼少の頃より徳川家康に仕え、大坂冬の陣や夏の陣において軍功を挙げた。元和元年(1615年)、信濃国高島藩1万石を与えられ、藩主となった。正勝は、藩政に励み、領内の開発や産業振興に努めた。また、学問を奨励し、藩校「正勝館」を設立した。 寛永9年(1632年)、備中国松山藩3万石に移封された。正勝は、松山藩でも藩政に励み、領内の開発や産業振興に努めた。また、儒教を奨励し、藩校「松山藩儒学所」を設立した。 正勝は、寛文元年(1661年)に死去した。享年66。正勝の跡を長男の正友が継いだ。 正勝は、勤勉で質素な人柄であったと伝えられている。また、学問を好み、和歌や漢詩をよくした。正勝は、松山藩の基礎を築き、藩政に優れた功績を残した名君として知られている。