凶作

歴史上の人物

近藤弥市

-近藤弥市の生涯- 近藤弥市は、1852年(嘉永5年)3月6日、静岡県浜松市に生まれました。彼は、日本の農民、政治家、社会運動家であり、日本の農業協同組合運動の創始者の一人として知られています。 彼は1872年(明治5年)に、浜松県で農民組合を組織し、農業協同組合運動を始めました。その後、1874年(明治7年)に、浜松県が静岡県に合併されると、静岡県農民組合の初代組合長に就任しました。 彼は、農民組合の活動を通じて、農民の生活改善と農業の近代化を推進しました。また、1881年(明治14年)には、全国農民組合を結成し、日本の農業協同組合運動の発展に貢献しました。 彼は、1890年(明治23年)に、第1回衆議院議員総選挙に当選し、衆議院議員を務めました。また、1898年(明治31年)には、農商務大臣に就任し、日本の農業政策の立案と実施に携わりました。 彼は、1902年(明治35年)に、農商務大臣を辞任し、東京府知事として、東京府の都市計画と社会事業の発展に貢献しました。 彼は、1913年(大正2年)に、東京府知事を辞任し、政界を引退しました。その後、1929年(昭和4年)に、78歳で亡くなりました。 近藤弥市は、日本の農民組合運動の創始者の一人であり、日本の農業協同組合運動の発展に貢献しました。また、衆議院議員、農商務大臣、東京府知事などの公職を歴任し、日本の近代化に貢献しました。
歴史上の人物

滑甚兵衛 – 江戸時代中期の一揆指導者

-滑甚兵衛の生涯- 滑甚兵衛は、江戸時代中期の一揆指導者です。 寛延2年(1749年)、丹波国桑田郡氷上村(現・京都府亀岡市)に生まれました。 百姓の家庭に生まれ、幼い頃から農作業を手伝いながら育ちました。 長じてからは、村の庄屋を務めるなど、村人の信頼を得ていました。 しかし、寛政元年(1789年)、大飢饉が発生し、氷上村でも多くの人々が飢え死にました。 甚兵衛は、村人たちを救うために、幕府に救済を訴えましたが、幕府は一向に聞き入れてくれませんでした。 そこで、甚兵衛は一揆を起こすことを決意しました。 寛政2年(1790年)3月、甚兵衛は村人たちを集めて一揆を起こし、亀岡城を襲撃しました。 一揆勢は、亀岡城を占領し、城主の松平康朝の退陣を要求しました。 幕府は、一揆鎮圧のために軍勢を派遣しましたが、一揆勢は善戦し、幕府軍を撃退しました。 しかし、一揆勢は、幕府の圧倒的な兵力に押されて、やがて敗北しました。 甚兵衛は、一揆の首謀者として捕らえられ、翌年処刑されました。 甚兵衛の死後、一揆勢は瓦解し、氷上村は静けさを取り戻しました。 しかし、甚兵衛の一揆は、幕府に対する農民の不満を爆発させた事件として、江戸時代史に名を残すことになりました。
歴史上の人物

– 横沢兵庫(1803-1862)

-盛岡藩家老として活躍- 横沢兵庫は、1813年に盛岡藩家老・横沢家の長男として生まれました。盛岡藩は、現在岩手県盛岡市に位置していた藩です。横沢家は、盛岡藩の三家老の一つであり、兵庫は若くして藩政に参画しました。 兵庫は、盛岡藩の財政改革や軍制改革に手腕を発揮しました。また、盛岡藩の教育制度の整備にも尽力しました。兵庫は、藩校・盛岡藩学問所(現・岩手大学)の創設に携わり、多くの優秀な人材を輩出しました。 兵庫は、1862年に死去しました。享年50歳でした。兵庫の死は、盛岡藩にとって大きな損失となり、藩の衰退につながりました。
歴史上の人物

「南部利正」

- 南部利正の生涯と功績 南部利正は、天文17年(1548年)に南部家の第21代当主として誕生しました。幼名は彦二郎、後に三郎と改名されました。永禄4年(1561年)、父・晴政の死により家督を継ぎ、南部家の第22代当主となりました。 利正は、家督を継ぐとすぐに、兄・九郎との家督争いに巻き込まれました。九郎は、利正が幼いことをいいことに、家督を奪おうとしたのです。しかし、利正は家臣たちの支持を得て、九郎の謀反を鎮圧しました。 利正は、九郎の謀反を鎮圧した後、南部家の勢力拡大に努めました。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐に参加し、功績を上げました。小田原征伐後、秀吉から陸奥国の南部地方と津軽地方を安堵され、南部家の領地を拡大しました。 利正は、領地拡大に努める一方で、南部家の内政にも力を入れました。天正19年(1591年)、盛岡城を築城し、南部家の居城としました。また、検地を実施して、領内の土地の状況を把握しました。 利正は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、東軍に味方しました。関ヶ原の戦後、利正は徳川家康から陸奥国の南部地方と津軽地方を安堵され、南部家の領地をさらに拡大しました。 利正は、慶長17年(1612年)に死去しました。享年65歳でした。利正は、南部家の領地を拡大し、南部家を東北地方屈指の戦国大名に育て上げた名君として知られています。 - 南部利正の功績 * 南部家の領地を拡大した。 * 盛岡城を築城した。 * 検地を実施して、領内の土地の状況を把握した。 * 関ヶ原の戦いで、東軍に味方した。 * 南部家を東北地方屈指の戦国大名に育て上げた。
歴史上の人物

「指田詮」

-指田詮- -指田詮の生涯- 指田詮は、1909年(明治42年)12月21日に東京都千代田区で生まれた。父は海軍少将の指田権八、母は海軍大佐の娘である。指田詮は、海軍兵学校を卒業後、海軍に入隊した。1932年(昭和7年)には、海軍大学校の甲種学生となり、1934年(昭和9年)に卒業した。 1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、指田詮は海軍の作戦に従事した。1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、指田詮は海軍の作戦に従事した。1945年(昭和20年)に終戦を迎えると、指田詮は海軍を退役した。 戦後、指田詮は経済界で活躍した。1946年(昭和21年)に、指田詮は日本経済団体連合会(経団連)の創立に参画した。1948年(昭和23年)には、経団連の常任理事となった。1956年(昭和31年)には、経団連の専務理事となった。1960年(昭和35年)には、経団連の副会長となった。1964年(昭和39年)には、経団連の会長となった。 1968年(昭和43年)に経団連の会長を退任した後、指田詮は東京商工会議所の会頭となった。1972年(昭和47年)には、日本商工会議所の会頭となった。1976年(昭和51年)には、日本商工会議所の特別顧問となった。1980年(昭和55年)に東京商工会議所の会頭を退任した後、指田詮は日本経済団体連合会の特別顧問となった。 指田詮は、1995年(平成7年)6月27日に死去した。享年85歳。
歴史上の人物

「久保田長朝」

江戸時代後期に生きた農民久保田長朝 久保田長朝(1770~1830)は、江戸時代後期に生きた農民であり、当時の農村社会の生活や風習を記録した「北越雪譜」の著者として知られています。 長朝は、現在の新潟県に位置する越後国頸城郡雁子村(現在の小千谷市)で、農家の長男として生まれました。家は代々庄屋を務めており、長朝自身も若くして庄屋を引き継ぎました。 長朝は、農村の生活や風習に強い関心を持ち、それらを記録するようになりました。1801年に完成させた「北越雪譜」は、農村の年中行事、農業技術、民俗、生活習慣などを詳細に記録した貴重な資料として、現在でも高く評価されています。 「北越雪譜」は、長朝の鋭い観察眼と、農村社会への深い愛情が込められた作品であり、江戸時代後期の農村社会を知る上での必読書となっています。長朝は、農民でありながら、その優れた文章力と観察眼によって、当時の農村社会を後世に伝える貴重な記録を残した偉大な人物です。 長朝は、「北越雪譜」の執筆以外にも、農村の発展のために尽力しました。1810年には、灌漑施設の整備を行い、村の農地の生産性を向上させました。また、1815年には、村の学校である「雁子義校」を創設し、村の子供たちに教育の機会を提供しました。 長朝は、農民でありながら、その優れた才能と努力によって、当時の農村社会の発展に貢献した偉大な人物です。「北越雪譜」は、長朝の農村社会への深い愛情と、その優れた観察眼が込められた作品であり、江戸時代後期の農村社会を知る上での必読書となっています。
歴史上の人物

「竹松」

- 竹松 -# 江戸時代中期の農民「竹松」とは 竹松(たけまつ、1709年(宝永6年) - 1755年(宝暦5年)1月23日)は、江戸時代中期に生きた農民である。 竹松は、豊前国田川郡豊田郷(現在の福岡県田川郡添田町)の農家に生まれた。15歳の時に農業を学び、21歳の時に結婚した。妻との間に3人の娘をもうけた。 竹松は、農業の傍ら、村の世話役を務めていた。1751年(宝暦元年)、竹松は村の検地奉行に任命された。検地奉行とは、村の土地を調査して、年貢の徴収額を決める役職である。 竹松は、検地奉行として、村の農民たちから信頼されていた。竹松は、農民たちの意見を聞きながら、公正な検地を行った。そのため、農民たちは竹松を慕っていた。 1755年(宝暦5年)1月23日、竹松は病のため死去した。享年47歳。竹松の死は、村の農民たちに大きな悲しみを与えた。 竹松の死後、村の農民たちは竹松を祀るために、竹松神社を建立した。竹松神社は、現在も添田町に存在する。
歴史上の人物

「佐藤卯兵衛」(1795年~1845年:江戸時代後期の商人)

-陸奥石巻の酒造家- 佐藤卯兵衛は、陸奥国石巻(現在の宮城県石巻市)で酒造業を営む商人でした。1795年に生まれ、1845年に51歳で亡くなりました。卯兵衛は、石巻の酒造業の発展に貢献した人物であり、その功績は現在でも語り継がれています。 卯兵衛は、13歳のときに石巻の酒造家で修行を始めました。19歳で独立して酒造業を営み始め、すぐに頭角を現しました。卯兵衛の酒は、その品質の高さで評判となり、江戸や長崎など各地に出荷されました。卯兵衛は、酒造業で成功を収めるとともに、石巻の発展にも貢献しました。卯兵衛は、石巻の商工会議所の初代会頭を務め、石巻の港湾整備や道路建設などに尽力しました。 卯兵衛の死後、佐藤酒造は卯兵衛の息子たちが継承しました。佐藤酒造は、現在でも石巻で酒造業を営んでおり、卯兵衛の遺志を継いで酒造業の発展に貢献しています。 卯兵衛の功績は、石巻の酒造業の発展に貢献したことだけでなく、石巻の発展に貢献したことにもあります。卯兵衛は、石巻の商工会議所の初代会頭を務め、石巻の港湾整備や道路建設などに尽力しました。卯兵衛の功績を称えて、石巻市には卯兵衛の銅像が建てられています。
歴史上の人物

赤松源右衛門-江戸時代中期の一揆指導者

-赤松源右衛門の生涯- 赤松源右衛門は、江戸時代中期の一揆指導者である。1716年(享保元年)、丹波国氷上郡大屋村(現在の兵庫県丹波篠山市大屋)に生まれた。家は代々庄屋を務めていたが、源右衛門の父が若くして亡くなったため、10歳の時に家督を継いだ。 源右衛門は、村の若者たちを集めて、武術や弓術の稽古をつけた。また、村の有力者たちと話し合い、村の運営を改善していった。 1742年(寛保2年)、丹波国は飢饉に見舞われ、大屋村も例外ではなかった。源右衛門は、村人たちに食べ物を分け与え、飢餓に苦しむ者を救済した。 1743年(寛保3年)、源右衛門は、村人たちの代表として、丹波国篠山藩に年貢の軽減を求めた。しかし、藩はこれを拒否した。そこで、源右衛門は、村人たちを率いて一揆を起こした。 一揆は、はじめは成功したが、やがて藩の軍勢に鎮圧された。源右衛門は、一揆の責任を問われて逮捕され、1744年(延享元年)に処刑された。享年29歳であった。 源右衛門は、江戸時代中期の一揆指導者として、人々の記憶に残っている。その勇気と信念は、多くの人々に敬愛されている。
歴史上の人物

阿部源左衛門:江戸後期の公共事業家

-波乱の時代を生き抜いた公共事業家- 阿部源左衛門は、江戸後期の公共事業家であり、土木技術者でもあります。1772年、現在の茨城県日立市に生まれました。幼い頃から、数学と工学に興味を持ち、土木技術者になることを志しました。18歳のとき、江戸に出て、土木技術の勉強を始めました。 19歳のとき、阿部源左衛門は、江戸城の普請奉行に任命されました。普請奉行は、江戸城の建設や修繕を担当する役職です。阿部源左衛門は、この役職で、江戸城の拡張や改修を行い、江戸城をより堅固で美しい城にしました。 阿部源左衛門は、普請奉行を務めている間に、江戸市内の水害対策にも取り組んでいます。江戸は、海抜が低く、水害が発生しやすい土地です。阿部源左衛門は、江戸市内に水路を整備し、水害を防止する方法を考案しました。 1825年、阿部源左衛門は、勘定奉行に任命されました。勘定奉行は、江戸幕府の財政を担当する役職です。阿部源左衛門は、この役職で、江戸幕府の財政を立て直し、江戸幕府の財政を安定させました。 阿部源左衛門は、1837年に亡くなりました。享年66歳でした。阿部源左衛門は、江戸後期の公共事業家として、江戸の発展に貢献した人物です。 阿部源左衛門が生きた時代は、幕末の動乱の時代でした。江戸幕府は、衰退の一途をたどり、外国勢力の脅威も高まっていました。そんな中で、阿部源左衛門は、江戸幕府の財政を立て直し、江戸の発展に貢献しました。 阿部源左衛門は、波乱の時代を生き抜いた公共事業家であり、江戸の発展に貢献した人物です。彼の功績は、今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

小林孫左衛門 – 江戸時代中期の一揆指導者

-小林孫左衛門の生涯- 小林孫左衛門は、江戸時代中期に起こった越後国(現在の新潟県)の一揆指導者である。1687年、越後国蒲原郡黒川村(現在の胎内市黒川)に生まれる。孫左衛門は、小作人として生計を立てていたが、年貢の増徴や悪徳代官の横暴に苦しんでいた。1726年、孫左衛門は、同じように苦しんでいた農民たちと一揆を起こす。 一揆は、瞬く間に越後国全土に広がり、越後騒動と呼ばれる大規模な一揆となった。越後騒動は、幕府の弾圧により鎮圧されたものの、孫左衛門は捕らえられず、そのまま行方不明となった。孫左衛門の最期については、諸説あるが、最有力説は、一揆の鎮圧後に自害したという説である。 孫左衛門は、農民たちの権利を主張し、幕府の圧政に立ち向かった一揆指導者として、現在でも語り継がれている。 -孫左衛門の一揆の背景- 越後騒動は、年貢の増徴や悪徳代官の横暴など、農民たちの生活を圧迫する要因が重なって起こった。年貢は、江戸時代の農民にとって最も重い負担であり、その増徴は農民たちの生活を直撃した。また、悪徳代官は、農民から賄賂を要求したり、私腹を肥やしたりするなど、農民たちを苦しめていた。 -孫左衛門の一揆の経過- 孫左衛門の一揆は、1726年3月に、越後国蒲原郡黒川村で起こった。一揆は、瞬く間に越後国全土に広がり、幕府の弾圧により鎮圧されるまで、約半年間続いた。一揆の規模は大きく、参加した農民は数万人に上った。 -孫左衛門の一揆の意義- 越後騒動は、農民たちの権利を主張し、幕府の圧政に立ち向かった一揆として、現在でも語り継がれている。越後騒動は、幕府に農民政策を見直させるきっかけとなり、農民たちの生活改善につながった。
歴史上の人物

酒井忠貫(さかいただつら)について

-酒井忠貫の生涯- 酒井忠貫は、安永2年(1773年)に江戸で生まれた。父は出羽松山藩主酒井忠道の次男であり、母は忠道の正室である上杉勝子である。忠貫は、幼少期から学問や武芸に優れ、特に弓術は名人として知られていた。また、忠貫は、酒造にも興味を持ち、18歳の時に父から酒造の秘伝書を授けられた。 忠貫は、20歳の時に藩主となり、松山藩を治めた。忠貫は、藩政改革を行い、藩の財政を立て直した。また、忠貫は、藩校を設立し、教育の普及に努めた。さらに、忠貫は、藩内に産業を奨励し、松山藩の発展に貢献した。 忠貫は、天保7年(1836年)に64歳で死去した。忠貫の死後、松山藩は、忠貫の養子である忠寧が継いだ。忠寧は、忠貫の遺志を継ぎ、松山藩を治めた。 酒井忠貫は、松山藩の復興に貢献した名君であり、藩民から敬愛されていた。忠貫の死後、松山藩では、忠貫の功績を称えて、忠貫の霊を祀る神社が建てられた。
歴史上の人物

下河内村辰蔵→ 加茂一揆の指導者

-加茂一揆の概要- 加茂一揆とは、1877年(明治10年)に島根県加茂郡(現雲南市)で起きた農民一揆である。加茂一揆は、地租改正によって増税されたことに対する農民の不満が爆発して起こった。 一揆の指導者は、下河内村辰蔵(しもごうちむらたっぞう)である。辰蔵は、加茂郡の農民を集めて一揆を起こし、加茂郡役所を襲撃した。一揆勢は、加茂郡役所を焼き討ちし、郡長を殺害した。 一揆勢は、その後も各地で暴動を起こし、政府軍と激しく戦った。しかし、政府軍の圧倒的な武力の前に、一揆勢は鎮圧された。辰蔵は、一揆鎮圧後に捕らえられ、処刑された。 加茂一揆は、地租改正によって農民の生活が困窮したことに対する農民の不満が爆発して起こった一揆である。加茂一揆は、政府に地租改正の見直しを迫り、農民の生活改善に貢献した。 -加茂一揆の背景- 加茂一揆は、地租改正によって農民の生活が困窮したことに対する農民の不満が爆発して起こった。地租改正とは、明治政府が1873年(明治6年)に実施した土地税制の改革である。地租改正によって、それまでの土地税である年貢が廃止され、地租が導入された。 地租は、土地の価額を基準に課税される税である。地租改正によって、農民はそれまでの年貢よりも多くの税金を支払うことになった。農民の生活は困窮し、不満が高まった。 -加茂一揆の経過- 加茂一揆は、1877年(明治10年)3月に起こった。加茂郡の農民が、地租改正によって増税されたことに対する不満を爆発させ、加茂郡役所を襲撃した。一揆勢は、加茂郡役所を焼き討ちし、郡長を殺害した。 一揆勢は、その後も各地で暴動を起こし、政府軍と激しく戦った。しかし、政府軍の圧倒的な武力の前に、一揆勢は鎮圧された。辰蔵は、一揆鎮圧後に捕らえられ、処刑された。 -加茂一揆の影響- 加茂一揆は、政府に地租改正の見直しを迫り、農民の生活改善に貢献した。地租改正は、1884年(明治17年)に改正され、農民の税負担は軽減された。また、政府は、農民の生活を改善するために、様々な政策を実施した。 加茂一揆は、農民の生活を改善し、近代日本の発展に貢献した。
歴史上の人物

難波小右衛門 – 飢饉に苦しむ村人のために米蔵を破り、処刑された庄屋の物語

-難波小右衛門の生い立ちと家系- 難波小右衛門は、江戸時代初期の1602年に、近江国高島郡朽木谷村(現滋賀県高島市朽木)の庄屋、難波家の次男として生まれました。父は難波長右衛門、母はもと村の名主の娘。小右衛門には兄と姉がおり、小右衛門は末っ子として育てられました。 難波家は、代々朽木谷村の庄屋を務める名家で、小右衛門の祖父の代からキリスト教を信仰していました。しかし、1614年に禁教令が出されると、難波家はキリスト教を捨て、仏教に改宗しました。 小右衛門は、幼い頃から聡明で、読書を好みました。また、武芸にも優れ、弓や槍の達人でした。16歳で元服すると、父の後を継いで庄屋となりました。 小右衛門は、庄屋として、村の発展に尽力しました。村の開拓を進め、新しい農作物を導入しました。また、村の子供たちのための学校を設立し、教育の普及にも努めました。 小右衛門の功績は、朽木藩主の朽木元綱にも認められ、元綱は小右衛門を家老に取り立てました。小右衛門は、家老として、朽木藩の政治に参画し、藩の発展に貢献しました。 しかし、1643年に大飢饉が発生すると、小右衛門の運命は大きく変わりました。飢饉によって、朽木藩は食糧不足に陥り、藩民は飢餓に苦しみました。 小右衛門は、藩民の苦しみを見かねて、藩の米蔵を破り、飢餓に苦しむ村人に米を配りました。しかし、小右衛門の行為は、藩の掟に違反するものであり、藩主の元綱は、小右衛門を処刑するよう命じました。 1644年3月2日、小右衛門は、朽木藩の検地奉行所において、斬首刑に処されました。享年43歳でした。 小右衛門の死後、朽木藩では、小右衛門の功績を称えて、小右衛門の墓を建立しました。また、小右衛門の死を悼む歌が、村人によって作られ、今日まで歌い継がれています。