出羽権介

歴史上の偉人

藤原梶長とは?安政時代の武人の生涯と知られざる秘話

藤原梶長の生い立ちと家族構成 藤原梶長は、1829年(文政12年)に美濃国武儀郡に生まれた。父は、藤原梶長右衛門尉で、母は、名前不詳である。梶長は、幼い頃から武芸に秀でており、18歳で江戸に出て、神道流の武術を学んだ。 梶長は、1853年(嘉永6年)、ペリー来航の際に、幕府の軍艦奉行として活躍した。ペリー艦隊と砲撃戦を交え、日本軍の威信を守ったのである。その後、梶長は、安政の大獄で、尊王攘夷派の弾圧に協力した。 梶長は、1860年(萬延元年)、桜田門外の変で、水戸藩士に暗殺された。享年32歳であった。梶長には、妻と子供がいたが、名前は不詳である。
歴史上の偉人

田中豊益

- 田中豊益 田中豊益は、江戸時代初期の猿楽師で、宗家である観世流より分かれて、独自の流派である豊益流を創始しました。 -# 新猿楽記に登場する田中豊益 田中豊益は、野村家による芸能史書である『新猿楽記』に多く登場しています。 『新猿楽記』は、野村家が代々受け継いできた芸能に関する記録を集めたもので、 田中豊益の芸の噂を聞いた徳川家康が、彼を招いて歌舞伎を披露させたという逸話や、 豊益流の芸の特色などが記されています。 『新猿楽記』によると、田中豊益は、1588年に堺で生まれ、子供の頃から猿楽を学びました。 父親が豊臣秀吉に仕えていたことから、豊益も豊臣家に仕えることになりました。 豊臣家に仕えていた時代、豊益は、歌舞伎の演技や舞を披露して、豊臣秀吉や、豊臣秀頼らから愛されました。 しかし、関ヶ原の戦いで豊臣家が滅亡すると、豊益は主君を失い、流浪の身となりました。 その後、豊益は、京都や奈良で猿楽を披露しながら生活しました。 そして、1629年に、徳川家康の命によって江戸城に招かれて、歌舞伎を披露しました。 徳川家康は、豊益の芸を気に入り、彼に江戸に留まることを許しました。 豊益は、江戸で豊益流を創始し、多くの弟子を育てました。 田中豊益は、1654年に亡くなりました。 彼の死後、豊益流は、さらに発展し、江戸歌舞伎を代表する流派となりました。