出雲大社

歴史上の人物

松岡時懋 – 江戸後期から明治時代の神職

松岡時懋の生涯 松岡時懋(まつおか ときおき)は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した神職です。1818年(文政11年)に伊勢国(現在の三重県)津市に生まれ、1884年(明治17年)に東京で亡くなりました。 時懋は、幼い頃から神道に親しみ、1833年(天保4年)に16歳の若さで伊勢神宮の禰宜に任命されました。その後、1848年(嘉永元年)には神宮の権禰宜に昇進し、1859年(安政6年)には神宮の祭主を務めました。 時懋は、神道復興運動に尽力し、明治政府の樹立後は神祇官の事務総裁に任命されました。1871年(明治4年)には、神祇省が創設され、時懋は初代の神祇大輔に就任しました。 時懋は、神祇省で大教宣布運動を推進し、神道の普及に努めました。また、神職の教育制度を整備し、神職の地位向上に尽力しました。 時懋は、1877年(明治10年)に神祇大輔の職を辞し、その後は神職の育成に専念しました。1882年(明治15年)に東京に神道大教院を設立し、神道の中心機関としました。 時懋は、1884年(明治17年)に東京で亡くなりました。享年67歳でした。時懋は、神道復興運動に尽力した功績を称えられ、従二位を追贈されました。
歴史上の人物

中村守臣 – 平田篤胤と五十音について論争した江戸時代後期の国学者

-国学者中村守臣の生涯と業績- 中村守臣(なかむら もりおみ)は、江戸時代後期の国学者。名は守臣、字は子高。通称は八郎兵衛。号は弓削り。 1763年(宝暦13年)、河内国交野郡私部村(現在の大阪府枚方市私部)に生まれる。幼名は寅吉。父は庄屋の中村八郎右衛門、母はチセ。5歳のとき、父が死去し、母と姉に育てられる。 12歳のとき、私部村の庄屋であった山田左太郎の養子となる。15歳のとき、京坂に遊学し、国学を学ぶ。20歳のとき、平田篤胤の門下に入る。 1804年(文化元年)、『古今和歌集略解』を刊行する。この書は、古今和歌集の注釈書であり、守臣の国学の集大成ともいえる。 1812年(文化9年)、平田篤胤と五十音について論争する。この論争は、五十音が神代文字であるかどうかをめぐるものであった。守臣は、五十音が神代文字ではないと主張し、篤胤は、五十音が神代文字であると主張した。 1825年(文政8年)、63歳で没する。 守臣は、国学の研究に生涯を捧げた学者であり、多くの業績を残した。その代表的な業績は、『古今和歌集略解』、『五十音図説』、『古語拾遺私考』などである。 守臣は、篤胤と五十音について論争したが、結局のところ、篤胤に敗れた。しかし、守臣の国学の研究は、篤胤に影響を与えたことは間違いない。 守臣は、篤胤とともに、江戸時代後期の国学を代表する学者であり、その業績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

島重養-日本史上の偉大な神職

-島重養とは-その生涯と功績- 島重養は、日本史上の偉大な神職の一人です。彼は奈良時代の初期に活躍し、神祇官の最高位である大宮司を務めました。また、彼は「古事記」と「日本書紀」の編纂にも携わりました。 島重養は、606年に生まれたとされています。彼は、物部氏の一族であり、幼い頃から神事に親しんでいました。18歳の時に、神祇官に入って、神職としての道を歩み始めました。 神祇官で、島重養は、順調に出世を重ねました。653年には、大宮司に任命されました。大宮司は、神祇官の最高位であり、全国の神官を統括する役割を担っていました。 島重養は、大宮司として、神道の復興に尽力しました。彼は、荒廃していた神社を再建し、神事の作法を定めました。また、彼は、「古事記」と「日本書紀」の編纂にも携わり、日本の歴史と文化を後世に伝えました。 島重養は、705年に亡くなりました。享年100歳でした。彼の死は、日本の神道界に大きな衝撃を与えました。島重養は、日本の神道史上、最も重要な人物の一人とされています。 島重養の功績は、以下の通りです。 * 神道の復興に尽力し、日本の神道界を統一しました。 * 「古事記」と「日本書紀」の編纂に携わり、日本の歴史と文化を後世に伝えました。 * 神道の神事の作法を定め、日本の神道界の秩序を確立しました。 島重養は、日本史上の偉大な神職であり、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

北島斉孝 – 出雲大社権宮司、出雲教管長、貴族院議員

北島斉孝の生涯 北島斉孝(1863-1943)は、出雲大社権宮司、出雲教管長、貴族院議員を務めた人物である。 北島斉孝は、1863年に島根県松江市に生まれた。幼い頃から神職になることを志し、1887年に東京帝国大学法科大学を卒業後、出雲大社権宮司に就任した。 1893年に、出雲教の教祖である北島国造が死去すると、北島斉孝が後を継いで出雲教管長に就任した。出雲教管長として、北島斉孝は出雲教の教義を整備し、布教活動に努めた。 1911年に、北島斉孝は貴族院議員に勅選され、1943年に死去するまで議員を務めた。貴族院議員として、北島斉孝は神道政策や教育政策に積極的に発言し、神道の振興と国民精神の昂揚に尽力した。 北島斉孝は、出雲大社権宮司、出雲教管長、貴族院議員として、明治・大正・昭和の動乱期に活躍した人物である。その生涯は、近代日本における神道政策や教育政策の変遷を映し出しており、貴重な歴史資料となっている。
歴史上の人物

人名辞典 「雲岫宗竜」

-室町時代の僧侶、雲岫宗竜- 雲岫宗竜は、室町時代初期に活躍した日本の僧侶です。14世紀後半に生まれ、15世紀前半に亡くなったと伝えられています。 雲岫宗竜は、臨済宗妙心寺の第二世住職を務めたことで知られています。妙心寺は、1337年に開山した臨済宗の寺院で、京都市中京区花園に所在しています。雲岫宗竜は、妙心寺開山の桂庵玄樹の弟子であり、桂庵の死後に妙心寺の第二世住職に就任しました。 雲岫宗竜は、妙心寺の住職として、寺院の復興と発展に尽力しました。妙心寺には、雲岫宗竜が建立した仏殿や方丈などが現存しており、その当時の様子をうかがい知ることができます。 また、雲岫宗竜は、禅僧としての修行にも励み、悟りの境地に至ったと伝えられています。雲岫宗竜の禅の教えは、多くの弟子に受け継がれ、日本の禅文化の発展に大きく貢献しました。 雲岫宗竜は、1442年に亡くなりました。妙心寺には、雲岫宗竜の墓所があり、現在でも多くの参拝者が訪れています。 雲岫宗竜は、室町時代初期の日本における臨済宗の発展に大きな役割を果たした重要な僧侶です。雲岫宗竜の禅の教えは、日本の禅文化の発展に大きく貢献し、現在でも多くの人々に影響を与えています。
歴史上の人物

富永芳久の生涯と業績

- 出雲大社の神職として 富永芳久は、1923年(大正12年)に島根県出雲市大社町杵築南の旧出雲大社宮司家である富永家に長男として生まれた。幼少期から出雲大社に親しみ、神職を志す。1941年(昭和16年)に早稲田大学文学部国文学科に入学し、古事記や日本書紀などの日本古典を学ぶ。1944年(昭和19年)に学徒出陣し、大阪の陸軍歩兵第51連隊に入隊。1945年(昭和20年)に終戦を迎えて復員し、早稲田大学に復学した。 1947年(昭和22年)に早稲田大学を卒業後、出雲大社に奉職する。1960年(昭和35年)に神職審査会の審査を受け、神職階梯である権禰宜に昇任。1965年(昭和40年)に出雲大社宮司に就任し、1993年(平成5年)まで28年間その職にあった。 宮司在任中は、出雲大社の境内整備や、出雲大社教の布教に努めた。また、1985年(昭和60年)には出雲大社の大遷宮を挙行し、成功させた。大遷宮は、出雲大社の社殿を新築するもので、60年ごとに行われる。富永芳久は、大遷宮の責任者として、その準備から挙行までを指揮した。 富永芳久は、出雲大社の神職として、その職務を忠実に果たし、出雲大社の発展に貢献した。また、大遷宮の成功は、彼の功績として高く評価されている。
歴史上の人物

島富重 – 江戸時代中期の神職

-島富重の生涯と業績- 島富重は、江戸時代中期の神職である。1715年、出雲国島根郡富田村(現在の島根県松江市)に生まれる。幼少の頃から学問に優れ、15歳の時に京都の吉田神道に遊学。その後、出雲大社に奉職し、禰宜を務めた。 1755年、出雲大社の大遷宮が行われ、島富重は遷宮奉行に任命される。同年に、出雲大社の古文書や神宝の調査を行い、その結果を『出雲大社文書』にまとめ上げた。この『出雲大社文書』は、出雲大社や神道の研究者にとって貴重な資料となっている。 また、島富重は、神道の研究にも熱心に取り組み、多くの著作を残した。主な著作としては、『神道大成』、『神道秘伝集』、『神道伝授集』などがある。これらの著作は、江戸時代における神道の発展に大きな影響を与えた。 島富重は、1780年に死去した。享年66歳であった。島富重は、出雲大社や神道に多大な貢献をした人物であり、その死は大きな損失となった。 島富重の業績は、以下の通りである。 * 出雲大社の大遷宮を成功させた。 * 出雲大社の古文書や神宝の調査を行い、『出雲大社文書』にまとめ上げた。 * 神道の研究に取り組み、多くの著作を残した。 * 江戸時代における神道の発展に大きな影響を与えた。
美術分野の人

荒川亀斎 – 幕末から明治時代にかけて活躍した彫刻家

- 金工、書画、象眼にも優れた才能 荒川亀斎は、金工、書画、象眼にも優れた才能を持っていました。 金工では、彫金、鋳金、鍛金など、さまざまな技法を駆使して、花瓶や香炉などの器物や、刀剣の鍔や柄などの武具を制作しました。彼の金工作品は、精巧な細工と美しいデザインで知られており、多くのコレクターから愛されています。 書画では、書と画の両方に優れており、特に山水画を得意としていました。彼の書画作品は、力強く躍動感があり、見る者を圧倒するような迫力があります。 象眼では、木や金属などの素材に、金や銀などの金属を埋め込んで、さまざまな模様や絵柄を表現しました。彼の象眼作品は、その精巧な細工と美しいデザインで、多くの愛好家から高く評価されています。 荒川亀斎は、彫刻뿐만 아니라 金工、書画、象眼などの分野でも優れた才能を発揮し、幕末から明治時代にかけて活躍した偉大な芸術家として知られています。
歴史上の人物

「熊野大神」について

-# 熊野大神とは何か 熊野大神とは、和歌山県南部にある熊野三山の総称です。熊野三山とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つの神社を指します。熊野大神は、日本神話に登場する神であり、古代から人々に崇拝されてきました。 熊野本宮大社は、熊野大神の総本社であり、熊野三山のうち最も格式の高い神社です。熊野速玉大社は、熊野大神の荒魂を祀る神社で、熊野三山のうち最も古い神社です。熊野那智大社は、熊野大神の和魂を祀る神社で、熊野三山のうち最も美しい神社です。 熊野大神は、縁結び、厄除け、開運などのご利益があるとされています。そのため、多くの人々が熊野三山を参拝に訪れます。熊野三山は、世界遺産にも登録されており、毎年多くの観光客が訪れます。 熊野大神は、日本神話に登場する神であり、古代から人々に崇拝されてきました。熊野三山は、熊野大神の総称であり、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つの神社を指します。熊野三山は、世界遺産にも登録されており、毎年多くの観光客が訪れます。
歴史上の人物

– 「大己貴神」について

大己貴神とはどういう神様? 大己貴神(おおなむちのかみ)とは、日本神話に登場する神様です。別名は大国主神(おおくにぬしのかみ)や大黒天(だいこくてん)とも呼ばれます。 大己貴神は、国津神(くにづかみ)の一柱で、出雲国(現在の島根県)を治めていた神様です。出雲国は、日本神話において「根の国」と呼ばれ、黄泉の国に続く場所とされています。大己貴神は、黄泉の国から戻ってきたイザナギノミコトを迎え入れた神様としても知られています。 大己貴神は、豊穣と縁結びの神様として信仰されており、農耕や漁業、商売繁盛を祈願する人々から篤く信仰されています。また、大黒天として祀られている大己貴神は、福の神として親しまれています。 大己貴神は、日本神話において重要な役割を果たした神様であり、現在でも多くの人々から信仰されています。
歴史上の人物

出雲孝房 – 鎌倉時代の神職と出雲大社の総検校

-出雲大社の総検校を務めた出雲孝房- 出雲孝房は、鎌倉時代の神職であり、出雲大社の総検校を務めた人物です。出雲国(現在の島根県)の出身で、生没年は不詳です。 孝房は、出雲大社の神職の家系に生まれ、幼少の頃から神道を学びました。成人後は、出雲大社の神職となり、次第に頭角を現していきました。 建長6年(1254年)、孝房は出雲大社の総検校に任命されました。総検校は、出雲大社の最高責任者であり、神事の執行や社務の管理などを行いました。 孝房は、総検校として出雲大社の復興に努めました。当時、出雲大社は火災や戦乱によって荒廃しており、孝房は社殿の再建や神宝の復興を行いました。また、孝房は出雲大社の祭祀を整備し、神事の執行を厳格にしました。 孝房は、出雲大社の総検校として10年間務め、文永6年(1269年)に退任しました。その後も、出雲大社の神職として活躍し、弘安9年(1286年)に亡くなりました。 孝房は、出雲大社の復興に貢献した神職として知られており、現在も出雲大社では孝房を祀る「孝房神社」が建てられています。
学術分野の人

中村守手-幕末から明治時代の国学者

-中村守手-幕末から明治時代の国学者- -中村守手の生涯- 中村守手(1823~1903)は、幕末から明治時代の国学者である。江戸の地で生まれ、幼少期から漢学を学び、長じて国学を志し、本居宣長に師事した。その後、国学研究に没頭し、多くの著作を残した。 守手は、本居宣長の国学を継承し、さらに発展させた。守手の国学は、古典を重視し、その中に日本人の心のあり方を求めた。また、守手は、日本文化の独自性を強調し、外国文化の盲目的な崇拝を戒めた。 守手の国学は、幕末から明治維新にかけて、大きな影響を与えた。守手の著作は、多くの知識人に読まれ、日本の伝統文化の復興に貢献した。また、守手の国学は、日本の近代化に際して、日本人のアイデンティティの確立にも役立った。 守手は、明治維新後に、東京帝国大学などで国学を講じた。また、守手は、国語審議会の委員を務め、日本の国語政策に貢献した。守手は、1903年に死去したが、その国学は、今日もなお、日本の文化に大きな影響を与えている。
歴史上の人物

「島重道」

# -島重道- -# -出雲大社上官職の島重老の養子- 島重道は、出雲大社上官職の島重老の養子として、1885年(明治18年)に島根県八束郡大東町に生まれた。島重道は、出雲大社の祭祀を司る神官の家系に生まれ、幼い頃から出雲大社の神事を学び、出雲大社の伝統を受け継いできた。 島重道は、1908年(明治41年)に島根県立松江中学校を卒業し、1912年(大正元年)に東京帝国大学法学部を卒業した。その後、島重道は出雲大社に戻り、出雲大社の神官として奉仕した。 島重道は、1926年(大正15年)に出雲大社宮司に就任し、1946年(昭和21年)まで宮司を務めた。島重道は、宮司として出雲大社の発展に尽力し、出雲大社の神事を継承し、出雲大社の伝統を守った。 島重道は、1946年(昭和21年)に出雲大社宮司を退任した後、島根県知事に就任し、1951年(昭和26年)まで知事を務めた。島重道は、知事として島根県の発展に尽力し、島根県の産業振興や教育の振興に努めた。 島重道は、1951年(昭和26年)に島根県知事を退任した後、参議院議員に当選し、1960年(昭和35年)まで参議院議員を務めた。島重道は、参議院議員として国政に参加し、島根県の利益を代表した。 島重道は、1960年(昭和35年)に参議院議員を退任した後、出雲大社に戻り、出雲大社の神官として奉仕した。島重道は、1970年(昭和45年)に出雲大社宮司に再任し、1976年(昭和51年)まで宮司を務めた。島重道は、宮司として出雲大社の発展に尽力し、出雲大社の神事を継承し、出雲大社の伝統を守った。 島重道は、1976年(昭和51年)に出雲大社宮司を退任し、1981年(昭和56年)に死去した。
歴史上の人物

千家尊福 – 明治・大正時代の神職、政治家

-千家尊福の生涯- 千家尊福は、1848年(嘉永元年)10月13日に京都市上京区の千家家に生まれました。千家家は、永禄12年(1569年)に創立された神職の家柄で、尊福は12代目の当主でした。尊福は、幼少期から神職としての教育を受け、1871年(明治4年)に神祇官に出仕しました。その後、1884年(明治17年)に神祇省の次官に任命され、1890年(明治23年)に神祇省の初代総裁となりました。 尊福は神職として、神宮の復興や神道の復興に尽力しました。また、政治家としても活躍し、1890年(明治23年)に貴族院議員に任命され、1903年(明治36年)には文部大臣に就任しました。尊福は、文部大臣として、教育制度の改革や学校教育の充実を図りました。 尊福は、1913年(大正2年)に75歳で東京市麹町区(現千代田区)で死去しました。 尊福は、明治・大正時代の神職、政治家として活躍し、日本の神道と教育の発展に貢献しました。
美術分野の人

田付長兵衛 – 江戸時代前期の卓越した蒔絵師

-田付長兵衛とは?- 田付長兵衛(1585年 - 1656年)は、江戸時代前期に活躍した日本の蒔絵師である。長兵衛は、洗練された蒔絵の技法と、独自の絵画的表現で知られ、江戸時代の蒔絵界を代表する人物の一人とされている。 長兵衛は、京都で生まれ、蒔絵師の家に生まれた。若い頃から蒔絵の才能を発揮し、多くの作品を制作した。長兵衛の作品は、徳川将軍家や大名、僧侶など、上流階級の人々に愛好され、高い評価を得た。 長兵衛の特徴的な作品の一つは、金蒔絵による花鳥画である。長兵衛は、金蒔絵の技法を駆使して、花鳥画を生き生きと表現した。また、長兵衛は、漆の塗り分けや研ぎ出しの技法を巧みに使い、漆の美しさを最大限に引き出した。 長兵衛は、生涯で多くの作品を制作し、江戸時代の蒔絵界に大きな影響を与えた。長兵衛の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されており、人々に親しまれている。
音楽分野の人

中山琴主 – 江戸後期から明治時代にかけて活躍した二弦琴奏者

-中山琴主の生涯- 中山琴主(なかやまことぬし、1828年 - 1906年)は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した二弦琴奏者です。本名は中山寅吉(なかやま とらきち)で、琴主は芸名です。 琴主は、1828年(文政11年)に江戸に生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、1843年(天保14年)に二弦琴奏者の中山検校の弟子となりました。琴主は才能に恵まれ、すぐに師匠の検校をしのぐ腕前となりました。 1853年(嘉永6年)、ペリーが率いる黒船艦隊が浦賀に来航すると、琴主は江戸城に招かれて演奏しました。その演奏は大変好評で、琴主は一躍有名になりました。その後、琴主は全国各地を巡って演奏を行い、二弦琴の普及に努めました。 1868年(慶応4年)、明治維新が起こると、琴主は東京に移り住みました。東京では、二弦琴の学校を設立して後進の指導に当たりました。また、1881年(明治14年)には、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の教授に就任しました。 琴主は、1906年(明治39年)に東京で亡くなりました。享年79歳でした。琴主は、二弦琴の演奏家としてだけでなく、教育者としても大きな功績を残しました。その功績は、現在でも称えられています。
歴史上の人物

吉田意休 – 戦国・織豊時代における著名な医師

-吉田意休の生涯と人物像- 吉田意休は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した、医師であり槍の名人としても知られていた人物です。 幼少期には名を為すほど槍術に優れており、戦場では常に先鋒として活躍し見事な戦いぶりで敵を打ち破っていたと言われています。 しかし、意休は疱瘡を患い、その影響で顔や指に多大な後遺症が残ってしまい、武人として戦場で戦うことができなくなりました。 療養生活を送っている間に医学に興味を持ち、医学の修行を開始しました。 医術を学ぶため、京都や播磨、摂津などの各地を転々としながら、名医といわれる医のもとで医学を学びました。 意休は優れた医術を身につけて、京で開業しましたが、永禄11年(1568年)に起こった応仁の乱に巻き込まれてしまいました。 意休は応仁の乱の際に、傷ついた人々を治療するなどして、戦乱で苦しむ人々を助けました。 戦乱が収まった後も、意休は京で開業を続け、多くの患者を治療しました。 意休の医術は、非常に優れたもので、多くの患者を救ったと言われています。 意休は、中国の医学書を読み、日本に当時あった医学書も読み医学に対する独自の考えを確立しそれを元に患者を治療していました。 意休は、薬草や鍼灸、按摩などの治療法を駆使し、様々な病気を治療しました。 意休は、医術だけでなく、槍術にも優れていました。 意休は、槍術の達人であり、多くの弟子を育てました。 意休の弟子の中には、後に著名な槍術家となった者もいました。 意休は、豊臣秀吉にも仕え、秀吉の軍医を務めました。 意休は、秀吉の朝鮮出兵にも従軍し、戦場で負傷した兵士たちを治療しました。 意休は、慶長7年(1602年)に死去しました。 享年65歳でした。 意休は、医術と槍術に優れた、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した著名な人物でした。
歴史上の人物

松岡時懋の生涯と功績

-松岡時懋の生い立ちと前半生- 松岡時懋は、1587(天正15)年、信濃国に生まれました。父は松岡常慶、母は妻木氏の娘でした。幼名は長四郎といい、1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いで父が戦死すると、母の実家である妻木家に身を寄せました。 1603(慶長8)年、時懋は妻木城主・妻木清久の養子となりました。そして、1615(元和元)年の大坂夏の陣に出陣し、功を挙げたことで徳川家康より一万石を加増されました。 1616(元和2)年、時懋は信濃国高島藩の初代藩主となりました。そして、領内の開発や治水事業に尽力し、藩政の基礎を固めました。また、1623(元和9)年には、江戸幕府の老中に任命され、幕政にも参与しました。 1624(寛永元)年、時懋は江戸城内で、お由羅の方の乳母であった春日局に謀殺されました。享年38歳でした。
歴史上の人物

千家孝宗-戦国時代の出雲国造

戦国時代の出雲国造 千家孝宗は、戦国時代の出雲国造である。出雲国造家は、出雲国を支配していた豪族で、孝宗は第38代当主と伝わっている。孝宗の祖父である千家兼定は、尼子経久の侵攻を受けて出雲国を追われ、隠棲していた。孝宗は、兼定の死後に家督を継ぎ、出雲国奪還を目指して尼子氏と戦った。 孝宗は、出雲国人を味方につけ、尼子氏に何度も勝利を収めた。しかし、尼子氏は、毛利元就と同盟して孝宗を挟撃し、孝宗は降伏を余儀なくされた。孝宗は、尼子氏の家臣として仕えたが、後に尼子氏を離れて毛利氏に仕えた。孝宗は、毛利氏に仕えて功績を上げ、備後国三次郡を与えられた。孝宗は、三次郡で領主として治め、1566年に病死した。 孝宗は、戦国時代の出雲国で活躍した武将である。孝宗は、尼子氏と戦い、出雲国奪還を目指した。しかし、尼子氏と毛利氏の連合軍に敗れて降伏し、尼子氏と毛利氏に仕えた。孝宗は、毛利氏に仕えて功績を上げ、領主として治めた。孝宗は、戦国時代の出雲国を代表する武将の一人である。