刑法学者

歴史上の偉人

正木亮:刑法学者で死刑廃止論者

-正木亮の生涯と経歴- 正木亮は、日本の刑法学者であり、死刑廃止論者である。1937年、東京市に生まれる。1955年、東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)を卒業。1959年、東京大学法学部を卒業。1962年、東京大学大学院法学研究科博士課程を単位取得退学。1963年、東京大学法学部助手となる。 1967年、東京大学法学部助教授となる。1974年、東京大学法学部教授となる。1991年、東京大学総長に就任。1997年、東京大学総長を退任。 正木亮は、刑法学の分野で多くの業績を残している。特に、死刑制度に関する研究は高く評価されており、死刑廃止論の第一人者として知られている。 正木亮は、1998年に「死刑制度の廃止を求める刑事法学者有志の会」を結成し、死刑制度の廃止に向けて活動している。また、2000年には「死刑廃止国際連盟(ECADP)」の会長に就任している。 正木亮は、2019年8月21日に死去した。死後、正木亮の著作集が刊行された。
研究者

「斉藤金作」1903-1969 昭和時代の刑法学者

-斉藤金作の生涯と功績- 斉藤金作は、1903年に愛媛県に生まれました。1929年に東京帝国大学法学部を卒業後、司法省に入省しました。その後、東京帝国大学法学部助教授、東京大学法学部教授を歴任し、1969年に死去しました。 斉藤金作は、刑法学の泰斗として知られており、多くの著作を残しました。その中でも特に有名なのは、『刑法総論』、『刑法各論』、『刑事政策』の3部作です。『刑法総論』は、刑法の基本理論を体系的に解説したもので、刑法を学ぶ学生や研究者にとって必携の書となっています。『刑法各論』は、各犯罪類型について詳細に解説したもので、刑法を適用する裁判官や検察官にとって貴重な資料となっています。『刑事政策』は、犯罪の原因や犯罪対策について論じたもので、犯罪学や刑事政策を研究する学者にとって重要な著作となっています。 斉藤金作は、刑法学の研究だけでなく、刑法の改正にも積極的に関与しました。1948年の刑法改正では、刑法総則の全面改正にあたり、その起草委員を務めました。また、1950年の刑法改正では、刑法各則の全面改正にあたり、その起草委員長を務めました。これらの刑法改正は、斉藤金作の刑法学の研究成果を反映したものであり、日本の刑法に大きな影響を与えました。 斉藤金作は、刑法学の研究と刑法の改正を通じて、日本の刑法の発展に大きな功績を残しました。その功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

「青柳文雄」

「青柳文雄の生涯」 青柳文雄(1892-1961)は、日本の小説家、劇作家、評論家。 1892年、京都府生まれ。早稲田大学卒業後、文壇デビュー。 1920年、処女作「無法松の一生」を発表。この作品は、主人公の無法松が、社会を相手に果敢に生き抜く姿を描いたもので、大きな反響を呼んだ。 1924年、「荊冠」を発表。この作品は、主人公のキリスト教徒が、信仰と現実の狭間で苦悩する姿を描いたもので、文学賞を受賞した。 1927年、「天保水滸伝」を発表。この作品は、江戸時代の百姓一揆を描いたもので、社会主義思想の影響が見られる。 1933年、「新選組」を発表。この作品は、新選組の結成から戊辰戦争までの歴史を描いたもので、大ヒット作となった。 1942年、「太平洋戦争」を発表。この作品は、太平洋戦争の開戦から終戦までの歴史を描いたもので、戦争の悲惨さを訴えた。 1961年、死去。 青柳文雄の作品は、社会問題や歴史を題材にしたものが多く、社会主義思想の影響が見られる。また、その文体は、簡潔で力強く、読者に強い印象を与える。 青柳文雄は、日本の近代文学史に大きな足跡を残した作家である。
研究者

木村亀二→ 著名な法学者とその画期的な作品

-木村亀二の生涯と経歴- 木村亀二は、1884年(明治17年)3月12日に、京都府南丹市美山町に生まれた。旧制第三高等学校を経て、1909年(明治42年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業した。卒業後は、東京帝国大学法学部助手となり、1913年(大正2年)に法学博士の学位を取得した。 1914年(大正3年)に、東京帝国大学法学部教授に就任し、民法・国際私法を担当した。1921年(大正10年)に、法学部長に就任し、1922年(大正11年)には、東京帝国大学総長に就任した。 総長在任中は、大学改革を推進し、研究・教育の充実を図った。また、1923年(大正12年)に関東大震災が発生した際には、震災復興に尽力した。 1925年(大正14年)に、総長を辞任し、法学部教授に復帰した。1928年(昭和3年)には、日本学士院会員に選ばれた。 1937年(昭和12年)に、東京帝国大学を退官し、法制局長官に就任した。1945年(昭和20年)に、法制局長官を辞任し、弁護士を開業した。 1946年(昭和21年)に、公職追放となり、弁護士を廃業した。1948年(昭和23年)に、公職追放が解除され、弁護士に復帰した。 1950年(昭和25年)に、最高裁判所判事に就任し、1953年(昭和28年)に、最高裁判所長官に就任した。 1959年(昭和34年)に、最高裁判所長官を退任し、弁護士に復帰した。1960年(昭和35年)に、日本学士院院長に就任した。 1964年(昭和39年)に、文化勲章を受章した。1968年(昭和43年)3月12日に、死去した。
研究者

「牧野英一」

-牧野英一- 刑法学者の生い立ちと経歴 牧野英一は、1903年(明治36年)に東京市牛込区(現在の東京都新宿区)に生まれた。父は牧野英太郎、母は牧野キョ。英太郎は司法官僚であり、キョは旧尾張藩士の娘であった。英一には、兄と姉がいた。 英一は、小学校入学前に父を亡くし、母と兄姉の4人で生活することとなった。母は裁縫の内職をして生計を立てた。英一は、小学校時代から成績優秀で、東京府立第一中学、第一高等学校を経て、1925年(大正14年)に東京帝国大学法学部法律学科に入学した。 英一は、大学在学中に刑法学に興味を持ち、卒業後は司法官僚としてキャリアをスタートさせた。その後、東京帝国大学法学部助手に任命され、刑法を研究するようになった。1933年(昭和8年)には、東京帝国大学法学部教授に就任した。 英一は、刑法学の研究において、犯罪論や刑罰論に大きな功績を残した。特に、犯罪論においては、犯罪を「社会秩序に対する侵害行為」と定義し、犯罪の構成要件と責任能力の概念を明確にした。また、刑罰論においては、刑罰の目的は犯罪を予防することにあると主張し、刑罰の量刑方法を体系化した。 英一は、1968年(昭和43年)に東京帝国大学を定年退官し、その後は中央大学教授として刑法学を教え続けた。1979年(昭和54年)に亡くなった。 英一は、刑法学の研究において大きな功績を残しただけでなく、司法官僚としても活躍し、法務大臣や最高裁判所判事を歴任した。また、日本刑法学会の初代会長を務め、刑法学の発展に貢献した。
研究者

藤木英雄 – 昭和時代後期の刑法学者

-藤木英雄の生い立ちと経歴- 藤木英雄は、1930年(昭和5年)2月13日に長崎県佐世保市に生まれた。父は陸軍士官で、母は旧華族の令嬢であった。藤木は幼い頃から成績優秀で、佐世保市立佐世保小学校、佐世保市立佐世保中学校を首席で卒業した。 1943年(昭和18年)に東京帝国大学法学部に入学し、1947年(昭和22年)に卒業した。大学卒業後は司法試験に合格し、判事として裁判所勤務となった。その後、1958年(昭和33年)に東京大学法学部助教授に就任し、1963年(昭和38年)に同教授に昇任した。 藤木は、刑法学の分野で多くの研究を行い、数多くの著作を発表した。その主な著作には、『刑法総論』(1965年)、『刑法各論』(1968年)、『刑法解釈論』(1973年)などがある。これらの著作は、刑法学の研究に大きな影響を与え、藤木は昭和時代後期の刑法学者を代表する一人となった。 藤木は、1990年(平成2年)に東京大学を定年退職し、名誉教授となった。その後も、法務省の刑事法制審議会委員や犯罪少年法改正検討委員会委員などを歴任し、刑法学の発展に貢献した。藤木は、2010年(平成22年)1月1日に80歳で死去した。
研究者

岡田朝太郎 → 日本の刑法学者

- 岡田朝太郎の経歴と功績 岡田朝太郎は、1871年に岐阜県に生まれ、1940年に東京で亡くなった日本の刑法学者である。東京帝国大学法科大学卒業後、同大学教授、帝国学士院会員、貴族院議員などを歴任した。刑法学の研究に貢献し、日本の刑法学の基礎を築いた。 岡田朝太郎の刑法学研究の功績は、大きく3つある。第1は、刑法学の体系化である。岡田朝太郎は、刑法学を体系的に整理し、刑法学の基礎を築いた。第2は、刑法学の理論化である。岡田朝太郎は、刑法学の理論を確立し、刑法学の発展に貢献した。第3は、刑法学の社会化である。岡田朝太郎は、刑法学を社会科学として捉え、刑法学の社会化に貢献した。 岡田朝太郎の刑法学研究は、日本の刑法学の発展に大きな影響を与えた。岡田朝太郎の刑法学理論は、日本の刑法学の礎となり、日本の刑法学の発展に貢献した。岡田朝太郎の刑法学研究は、日本の刑法学だけでなく、世界の刑法学の発展にも貢献した。 岡田朝太郎は、日本の刑法学者としてだけでなく、社会運動家としても活躍した。岡田朝太郎は、社会正義の実現のために尽力し、日本の社会の発展に貢献した。岡田朝太郎は、日本の刑法学者としてだけでなく、社会運動家としても、日本の歴史に名を刻んだ人物である。
研究者

「土井十二」について

「土井十二」とはどんな人か 「土井十二」とは、戦国時代に活躍した武将です。土井利兼の子として生まれ、初名を「利勝」と名乗りました。 「土井十二」は、織田信長の家臣として仕え、数々の戦いで活躍しました。特に、小牧・長久手の戦いでは、徳川家康の軍勢を相手に奮戦し、その功績により、信長から感状を授けられました。 信長の死後は、豊臣秀吉に仕え、文禄・慶長の役にも従軍しました。関ヶ原の戦いでは、西軍に属して戦いましたが、敗戦後は徳川家康に降伏し、その家臣となりました。 徳川家康の死後は、その遺言により江戸幕府の老中に任命され、幕府の運営に参画しました。「土井十二」は、徳川幕府の安定に貢献し、その功績により、松平の姓を賜りました。 「土井十二」は、文武両道に優れた武将として知られており、その功績は今も語り継がれています。