刑法理論

研究者

「牧野英一」

-牧野英一- 刑法学者の生い立ちと経歴 牧野英一は、1903年(明治36年)に東京市牛込区(現在の東京都新宿区)に生まれた。父は牧野英太郎、母は牧野キョ。英太郎は司法官僚であり、キョは旧尾張藩士の娘であった。英一には、兄と姉がいた。 英一は、小学校入学前に父を亡くし、母と兄姉の4人で生活することとなった。母は裁縫の内職をして生計を立てた。英一は、小学校時代から成績優秀で、東京府立第一中学、第一高等学校を経て、1925年(大正14年)に東京帝国大学法学部法律学科に入学した。 英一は、大学在学中に刑法学に興味を持ち、卒業後は司法官僚としてキャリアをスタートさせた。その後、東京帝国大学法学部助手に任命され、刑法を研究するようになった。1933年(昭和8年)には、東京帝国大学法学部教授に就任した。 英一は、刑法学の研究において、犯罪論や刑罰論に大きな功績を残した。特に、犯罪論においては、犯罪を「社会秩序に対する侵害行為」と定義し、犯罪の構成要件と責任能力の概念を明確にした。また、刑罰論においては、刑罰の目的は犯罪を予防することにあると主張し、刑罰の量刑方法を体系化した。 英一は、1968年(昭和43年)に東京帝国大学を定年退官し、その後は中央大学教授として刑法学を教え続けた。1979年(昭和54年)に亡くなった。 英一は、刑法学の研究において大きな功績を残しただけでなく、司法官僚としても活躍し、法務大臣や最高裁判所判事を歴任した。また、日本刑法学会の初代会長を務め、刑法学の発展に貢献した。