初代湖出市十郎

ミュージシャン

初代湖出市十郎とは? – 江戸長唄のめりやす物を得意とする

-初代湖出市十郎の生涯- 初代湖出市十郎は、江戸長唄のめりやす物を得意とする日本の唄方。本名は猪股政五郎。1795年、信濃国更級郡稲荷山村(現・長野県千曲市)に生まれる。 1811年、17歳のときに江戸に出、市村座の清元節の三味線弾きとして入座。1815年、21歳のときに長唄に転向し、市村座で初舞台を踏む。 1821年、27歳のときに初代湖出市十郎を名乗り、独立する。1824年、30歳のときに中村座に移籍し、1826年、32歳のときに再び市村座に戻り、1848年、54歳のときに中村座で再移籍する。 初代湖出市十郎は、長唄のめりやす物を得意とし、その芸は江戸っ子に大いに受けた。また、市村座や中村座の看板役者として、多くの舞台に立ち、江戸長唄の隆盛に貢献した。 1861年、67歳のときに中村座で死去。墓は東京都台東区の天王寺にある。 初代湖出市十郎は、江戸長唄のめりやす物を代表する唄方であり、その芸は今日でも多くの人々に愛されている。
ミュージシャン

柴田小源治 – 江戸時代中期の長唄唄方

-# 柴田小源治の生涯 柴田小源治は、江戸時代中期の長唄唄方である。本名は柴田源治。京都の生まれで、幼い頃から長唄を学び、1716年(享保元年)に江戸に出て、3代目杵屋勘五郎の門下に入った。1721年(享保6年)に4代目杵屋勘五郎を襲名した。 小源治は優れた唄い手であり、特に端唄を得意とした。また、作曲にも優れ、多くの長唄を作曲した。小源治の作曲した長唄は、今日でもよく演奏されている。 小源治は、1759年(宝暦9年)に死去した。享年47歳。 小源治の死後、小源治の弟子たちは、小源治の芸を受け継ぎ、活躍した。小源治の弟子たちには、5代目杵屋勘五郎、6代目杵屋勘五郎、7代目杵屋勘五郎などがいる。 小源治は、長唄唄方の発展に大きな貢献をした。小源治の芸は、今日でも多くの長唄唄方によって受け継がれている。
ミュージシャン

湖出市十郎(2代)

-湖出市十郎(2代)の経歴- 湖出市十郎(2代)は、1930年(昭和5年)に青森県青森市で生まれた。青森市立青森高校を卒業後、1953年(昭和28年)に東京大学法学部を卒業した。卒業後は、民間企業に就職したが、1963年(昭和38年)に青森県庁に入庁した。 青森県庁では、総務部、財務部、企画部などの各部局を歴任し、1979年(昭和54年)に青森県副知事に就任した。1983年(昭和58年)に青森県知事に就任し、2期8年間務めた。 青森県知事時代には、青森県総合計画を策定し、青森県の経済発展に尽力した。また、青森県の国際化を推進し、青森県と中国、韓国、ロシアなどの諸外国との交流を深めた。 1991年(平成3年)に青森県知事を退任した後、1992年(平成4年)に参議院議員に当選した。参議院議員としては、文教科学委員会、財政金融委員会などの各委員会に所属し、日本の教育や経済政策について積極的に発言した。 2001年(平成13年)に参議院議員を退任した。退任後は、青森県産業振興財団の理事長や青森県観光連盟の会長などを歴任し、青森県の産業振興や観光振興に尽力した。 2010年(平成22年)に80歳で死去した。