初期仏教

研究者

ー早島鏡正

-早島鏡正の生涯- -生い立ちと学生時代- 早島鏡正は、1894年(明治27年)、岡山県浅口郡早島村(現・早島町)に生を受ける。幼い頃から秀才の誉れが高く、早島尋常小学校、岡山県立第一中学校(現・岡山県立岡山朝日高等学校)を経て、1915年(大正4年)に東京帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)に入学。在学中は、民法を専攻し、後に民法学の泰斗となる末弘厳太郎教授に師事。 -司法官としての経歴- 1918年(大正7年)に東京帝国大学を卒業し、司法官試験に合格。東京地方裁判所、東京高等裁判所、大審院(現・最高裁判所)などの裁判所で判事として勤務。在大審院時代は、民法、商法、民事訴訟法などの分野で多くの判決を手がけ、その裁判官としての力量は高く評価された。 -学界での活躍と法改正への貢献- 1932年(昭和7年)に東京帝国大学法科大学教授に就任。民法、商法、民事訴訟法などを講義し、多くの法曹界人を育成。また、法制審議会委員として、民法、商法、民事訴訟法などの法改正にも携わり、日本の法制の発展に貢献。 -戦後の活躍と晩年- 戦後は、法制審議会会長、最高裁判所長官、司法大臣などを歴任。特に、最高裁判所長官時代には、戦後の司法制度の再建に尽力。1959年(昭和34年)には、法学における業績が評価され、文化勲章を受章。1960年(昭和35年)に退官後も、法曹界での活動は続き、1969年(昭和44年)に93歳で死去。 早島鏡正は、近代日本の法曹界を代表する人物の一人であり、その生涯は、日本の法制の発展に大きく貢献したと評される。