劇団四季

エンターテインメント

女優・三田和代さんの軌跡

-三田和代さんの生い立ちと俳優座養成所時代- 三田和代さんは、1932年8月8日に東京で生まれました。幼い頃から映画や演劇に興味を持ち、中学時代には演劇部に所属。1951年に高校を卒業後、俳優座養成所に入所。在籍中は、舞台やテレビドラマに出演し、着実に演技力を磨いていきました。 1954年に養成所を卒業後、俳優座に正式に入団。翌1955年には、映画「愛すればこそ」でデビュー。その後も、「女だけの街」「東京物語」などの名作映画に出演。繊細で透明感のある演技は、多くの観客を魅了しました。 1960年代に入ると、テレビドラマでも活躍。NHKの朝の連続テレビ小説「あしたの風」では、ヒロインを演じ、大ブームを巻き起こしました。その後も、「事件記者」や「どてらい男」などのドラマに出演し、国民的女優としての地位を確立しました。 1970年代に入ると、舞台への出演も増やし、数々の名作に出演。その一方で、映画やテレビドラマにも出演し、幅広い活躍を続けました。1980年代以降も、精力的な活動を続け、2011年には、映画「ジョゼと虎と魚たち」に出演。その演技は、大きな話題となりました。 三田和代さんは、2016年12月11日に84歳で亡くなりました。数々の映画やテレビドラマ、舞台に出演し、国民的女優として活躍した三田和代さん。その功績は、いつまでも人々の記憶に残ることでしょう。
エンターテインメント

翻訳家・演出家 青井陽治氏の経歴と功績

-青井陽治氏の生い立ちと劇団四季時代- 青井陽治氏は、1932年に東京都に生まれた。慶應義塾大学文学部を卒業後、演技の道を目指して劇団四季に入団した。劇団四季では、全盛期にはモーツァルト「魔笛」のタミーノ役など、主要キャストを演じ、その端正な容姿と優れた演技力で人気を博した。 1961年には、劇団四季の創立者で演出家の浅利慶太氏とともに渡米。ブロードウェイで「南太平洋」「王様と私」「ウエスト・サイド・ストーリー」などのミュージカルに出演した。渡米後も、青井氏はその演技力でニューヨークの演劇界で認められ、トニー賞にノミネートされた。 1964年には、帰国して劇団四季に戻り、再び舞台に立った。そして1967年、劇団四季を退団して演出家として活動を始めた。 青井氏の演出は、浅利氏の写実的な演出とは一線を画し、情感豊かで幻想的な演出で知られている。その代表作には、1971年初演の「屋根の上のバイオリン弾き」や、1978年初演の「キャッツ」などがある。 青井氏の演出は、国内外から高い評価を受け、数々の賞を受賞している。1974年には芸術選奨文部大臣賞を受賞し、1980年には紫綬褒章を受章した。また、1990年には文化功労者にも選ばれた。
エンターテインメント

舞台照明の巨匠「吉井澄雄」-多彩な舞台を演出する光-

吉井澄雄の生涯と経歴 1. 幼少期と教育 吉井澄雄は1932年2月18日、東京に生まれた。幼少期から絵画や演劇に興味を持ち、高校卒業後、東京芸術大学に進学した。美術学部で舞台美術を専攻し、1956年に卒業した。 2. 初期のキャリア 大学卒業後、吉井澄雄は劇団四季に入団し、舞台美術を担当した。数々の舞台作品で活躍し、1960年に退団した。その後、フリーランスの舞台美術家として活動し、国内外の多くの舞台作品を手掛けた。 3. 舞台照明への転向 1970年代初頭、吉井澄雄は舞台照明への転向を決意した。それまで舞台美術家として活躍していたが、舞台照明の可能性に魅了され、照明デザインを学び始めた。独学で照明の知識を深め、1976年に初の照明デザインを手掛けた。 4. 国内外の活躍 1980年代には、吉井澄雄は国内外で活躍する舞台照明デザイナーとなった。日本国内では、劇団四季、東宝ミュージカル、宝塚歌劇団などの舞台作品で照明デザインを担当した。海外では、ロンドンウェストエンドやブロードウェイの舞台作品でも照明デザインを手掛けた。 5. 受賞歴 吉井澄雄は、その功績を称えられ、多くの賞を受賞した。1993年には、日本照明家協会賞を受賞し、2001年には、文化庁芸術祭大賞を受賞した。また、2011年には、文化功労者に選ばれた。 6. 後継者の育成 吉井澄雄は、後継者の育成にも力を注いだ。1990年代初頭には、東京芸術大学の客員教授を務め、照明デザインを教えた。また、2000年には、日本舞台芸術振興会主催の「吉井澄雄舞台照明ワークショップ」を創設し、若い照明デザイナーの育成に貢献した。 吉井澄雄は、国内外の舞台照明界に多大な影響を与えた偉大な照明デザイナーである。その功績は、後世に長く語り継がれることだろう。
エンターテインメント

舞台美術家の金森馨氏について

-金森馨氏の功績- 金森馨氏は、日本の舞台美術家であり、1938年に東京で生まれました。1961年に早稲田大学第一文学部演劇専修を卒業し、1962年に東京藝術大学大学院美術研究科舞台美術専攻に進学しました。1964年に大学院を修了して舞台美術家としてデビューし、1970年に株式会社金森アソシエイツを設立しました。 金森馨氏は、舞台美術家として数多くの作品を手掛けており、その功績は大きく評価されています。1976年に文化庁芸術祭賞を受賞し、1980年には日本舞台美術家協会賞を受賞しました。また、1985年には紫綬褒章を受章し、1995年には勲四等旭日小綬章を受章しました。 金森馨氏の舞台美術作品は、その独創性と美しさで知られています。金森馨氏は、舞台美術を「空間の詩」と呼び、その作品は、空間を詩的に表現しています。金森馨氏の舞台美術作品は、世界中で上演されており、その功績は国際的にも高く評価されています。 金森馨氏の舞台美術作品の特徴の一つは、その空間構成にあります。金森馨氏は、舞台空間を巧みに構成することで、その作品に深みと広がりを与えています。また、金森馨氏は、舞台美術の中で色彩を効果的に使用しています。金森馨氏の舞台美術作品は、その色彩の美しさでも知られています。 金森馨氏の舞台美術作品は、その独創性と美しさで人々を魅了しています。金森馨氏の舞台美術作品は、舞台芸術の新しい可能性を示しており、その功績は大きく評価されています。
エンターテインメント

出口典雄:演劇界の巨匠

-劇団四季を経て、シェイクスピア・シアターを結成- 出口典雄氏は、1933年に東京都に生まれました。早稲田大学卒業後、1957年に劇団四季に入団しました。劇団四季では、数多くの舞台に出演し、その実力は高く評価されていました。 1963年に劇団四季を退団した後、出口典雄氏はシェイクスピア・シアターを結成しました。シェイクスピア・シアターは、シェイクスピアの作品を上演する劇団で、出口典雄氏は芸術監督を務めました。 シェイクスピア・シアターは、1964年に第1回公演を行い、その後も数多くの公演を行いました。シェイクスピア・シアターの公演は、その高い芸術性で評判を呼び、多くの観客を集めました。 1972年には、シェイクスピア・シアターは解散しましたが、出口典雄氏はその後も演劇活動を続けました。1973年には、出口典雄氏が主宰する俳優養成所「出口典雄演劇研究所」が開校しました。 出口典雄演劇研究所は、多くの俳優を輩出し、日本の演劇界に大きな影響を与えました。出口典雄氏は、2013年に80歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。 出口典雄氏は、日本の演劇界に多大な貢献をした人物です。劇団四季で数多くの舞台に出演し、シェイクスピア・シアターを結成してシェイクスピアの作品を上演するなど、日本の演劇界の発展に努めました。 出口典雄氏の功績を称え、2014年には「出口典雄賞」が創設されました。出口典雄賞は、日本の演劇界の発展に貢献した人物に贈られる賞で、毎年1名が受賞しています。
エンターテインメント

かげまりえ(Kagemarie)

-昭和後期の舞台女優「影万里江」- かげまりえ(本名影万里江、1922年6月15日 - 2008年5月12日)は、昭和後期の舞台女優である。卓越した演技力と端麗な外見で知られ、数多くの舞台作品に出演した。 -生い立ちと経歴- かげまりえは、1922年、東京に生まれた。幼い頃から芸術に興味を持ち、1938年に宝塚音楽歌劇学校に入学した。1940年に宝塚歌劇団に入団し、1943年に退団した。 -舞台女優として- 宝塚歌劇団を退団後、かげまりえは舞台女優として活動を始めた。1944年に、吉右衛門劇団に入団し、1946年に退団した。その後、1947年に、新国劇に入団し、1948年に退団した。 1949年、かげまりえは、劇団「影」を結成し、座長を務めた。劇団「影」は、数多くの舞台作品を上演し、高い評価を得た。1955年、かげまりえは、劇団「影」を解散し、フリーの舞台女優として活動を開始した。 -代表作- かげまりえは、数多くの舞台作品に出演した。代表作としては、以下のような作品がある。 * 「森は生きている」(1949年) * 「ハムレット」(1950年) * 「マクベス」(1951年) * 「オセロ」(1952年) * 「リア王」(1953年) * 「桜の園」(1954年) * 「椿姫」(1955年) * 「アンナ・カレーニナ」(1956年) * 「人形の家」(1957年) * 「かもめ」(1958年) -受賞歴- かげまりえは、数多くの賞を受賞した。代表的な受賞歴としては、以下のようなものがある。 * 文化庁芸術祭優秀賞(1951年) * 毎日演劇賞女優賞(1952年) * 読売演劇大賞女優賞(1953年) * 紀伊國屋演劇賞女優賞(1954年) * 朝日舞台芸術賞女優賞(1955年) -晩年と死- かげまりえは、晩年まで舞台女優として活動した。2008年、85歳で死去した。
エンターテインメント

市村正親

-舞台芸術学院で学ぶ- 市村正親は、1954年、東京都に生まれた。父親は俳優の市村萬次郎、母親は女優の市村輝子である。幼い頃から両親の舞台を見ているうちに、自分も俳優になりたいと思うようになり、1973年に舞台芸術学院に入学した。 舞台芸術学院は、1961年に設立された演劇学校である。創設者は、俳優の宇野重吉である。舞台芸術学院は、演劇、ミュージカル、ダンスなどの舞台芸術を学ぶことができる学校で、多くの俳優やダンサーを輩出している。 市村正親は、舞台芸術学院で演劇を学んだ。在学中は、多くの舞台に出演し、演技力を磨いた。また、ミュージカルにも興味を持ち、ミュージカルの舞台にも出演した。 市村正親は、舞台芸術学院を卒業後、劇団四季に入団した。劇団四季では、多くのミュージカルに出演し、人気俳優となった。その後、フリーとなり、テレビドラマ、映画、舞台など幅広く活躍している。 市村正親は、舞台芸術学院で学んだことで、演技の基礎を身につけることができた。また、ミュージカルにも興味を持ち、ミュージカルの舞台にも出演したことで、ミュージカル俳優としての才能を開花させることができた。 市村正親は、舞台芸術学院で学んだことを生かして、俳優として成功を収めた。舞台芸術学院は、市村正親にとって、俳優としての道を歩むための重要な場所となった。
エンターテインメント

「謝珠栄」

宝塚歌劇団への入団と男役スターとしての活躍 「謝珠栄」は、宝塚歌劇団の男役スターとして活躍した人物である。1919年、宝塚歌劇団に第18期生として入団。宝塚歌劇団での芸名は「春風すみれ」であった。入団後は、男役として活躍し、多くの作品に出演。特に、1927年に上演された「すみれの花咲く頃」の主演を務め、大好評を博した。また、1931年には、「宝塚歌劇の父」と呼ばれる坪内逍遥の戯曲「勧進帳」を宝塚歌劇団で上演し、主演を務めた。この作品も大好評を博し、謝珠栄の演技は高く評価された。 謝珠栄は、宝塚歌劇団の男役スターとして活躍しただけでなく、宝塚歌劇団の運営にも大きく貢献した。1934年から1936年まで、宝塚歌劇団の団長を務め、宝塚歌劇団の発展に尽力した。また、1937年には、宝塚歌劇団の宝塚歌劇専門学校を創設し、宝塚歌劇団のスターを育成するのに貢献した。 謝珠栄は、1969年に宝塚歌劇団を退団したが、その後も宝塚歌劇団の発展に尽力した。1974年には、宝塚歌劇団の理事長に就任し、宝塚歌劇団の運営に携わった。また、1981年には、宝塚歌劇団の創立80周年を記念して、宝塚歌劇団の宝塚歌劇殿堂を創設した。謝珠栄は、1991年に宝塚歌劇殿堂に殿堂入りを果たした。 謝珠栄は、宝塚歌劇団の男役スターとして活躍し、宝塚歌劇団の発展に大きく貢献した人物である。謝珠栄の功績は、宝塚歌劇団の歴史に永遠に刻まれている。
エンターテインメント

人物辞典 ヨシ笈田

-ヨシ笈田の芸術への情熱- ヨシ笈田は、1934年東京生まれの画家です。幼少の頃から絵を描くことが好きで、1957年に多摩美術大学油絵科に入学しました。その後、1961年に同大学を卒業し、画家として活動を始めるようになりました。 ヨシ笈田の作品は、主に油彩画と水彩画で、その独特な画風が特徴です。彼の絵画には、鮮やかな色彩と力強い筆致が用いられており、見る人に強い印象を与えるものとなっています。また、ヨシ笈田の絵画の中には、日本の伝統的な絵画の技法を取り入れたものも多く見られます。 ヨシ笈田は、芸術に対する情熱が非常に強く、生涯にわたって絵を描き続けました。彼の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館やギャラリーで展示されています。また、ヨシ笈田は、後進の育成にも力を入れ、多くの弟子を育て上げました。 ヨシ笈田は、2011年に亡くなりましたが、彼の作品は今もなお人々に愛され続けています。彼の芸術への情熱は、多くの芸術家に影響を与え、日本の美術界の発展に大きく貢献しました。 ヨシ笈田の代表作としては、以下のものが挙げられます。 * 「落日」(1965年) * 「夜の海」(1967年) * 「山河」(1970年) * 「四季」(1975年) * 「宇宙」(1980年) これらの作品は、ヨシ笈田の芸術への情熱と、その才能を余すことなく発揮したものとなっています。
エンターテインメント

真帆志ぶき:昭和を彩った舞台女優の人生

-宝塚歌劇団での活躍- 真帆志ぶきは、1931年に宝塚歌劇団に入団し、1933年に初舞台を踏みました。宝塚歌劇団では、その美貌と歌唱力で人気を集め、1937年には雪組のトップスターに就任しました。雪組のトップスターとして、真帆志ぶきは「すみれの花咲く頃」「虞美人草」「カルメン」など数々の名作に出演し、宝塚歌劇団を代表する女優として活躍しました。 1944年に宝塚歌劇団を退団した後も、真帆志ぶきは女優として活躍を続けました。映画やテレビドラマに出演し、その演技力で高い評価を得ました。また、舞台女優としても活躍し、1960年には芸術祭大賞を受賞しました。 真帆志ぶきは、1995年に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。宝塚歌劇団の殿堂入りを果たしており、その名は永遠に輝き続けるでしょう。
エンターテインメント

日下武史 – 昭和後期-平成時代の俳優

日下武史の演劇活動 日下武史は、1945年生まれの俳優です。1968年に劇団俳優座に入団し、翌1969年に初舞台を踏みました。その後、数多くの舞台に出演し、演技力に定評があります。 日下武史の演劇活動で注目すべき点は、その幅広さです。シェイクスピア劇から現代劇まで、あらゆるジャンルの舞台に出演しています。また、映画やテレビにも出演していますが、やはり舞台が本領発揮の場だと言えます。 日下武史は、その演技力だけでなく、その人間性も高く評価されています。舞台では、常に役になりきって全力で演じる姿が印象的です。また、私生活では温厚な人柄で知られ、多くの俳優やスタッフから慕われています。 日下武史は、日本を代表する俳優の一人です。その演技力と人間性は、多くの人々に感動を与えています。これからも、日下武史の活躍に期待したいものです。 日下武史の主な出演舞台 * シェイクスピア「リア王」 * チェーホフ「かもめ」 * 野田秀樹「贋作・桜の森の満開の下」 * 三谷幸喜「オケピ!」 * 松尾スズキ「恋の遠心力」
芸術家

「松井るみ」-昭和後期-平成時代の舞台美術家

-経歴- 松井るみは、1922年(大正11年)に東京に生まれた。東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科を卒業後、舞台美術家として活動を開始。当初は新劇の舞台美術を手がけていたが、1952年(昭和27年)に歌舞伎の舞台美術に転向した。 歌舞伎の舞台美術家として、松井るみは伝統的な様式を重んじる一方、斬新なアイデアを積極的に取り入れた。その代表作の一つが、1964年(昭和39年)に歌舞伎座で上演された「菅原伝授手習鑑」の舞台美術である。この舞台美術は、歌舞伎の伝統的な様式を踏襲しつつ、現代的な感覚を取り入れたもので、大きな話題となった。 松井るみは、歌舞伎の舞台美術以外にも、オペラやバレエ、現代劇など、幅広いジャンルの舞台美術を手がけた。その功績は高く評価され、1973年(昭和48年)に芸術選奨文部大臣賞を受賞。また、1981年(昭和56年)には文化功労者に選出された。 -功績- 松井るみの舞台美術は、伝統的な様式を重んじつつ、斬新なアイデアを積極的に取り入れたもので、高く評価されている。その功績は、歌舞伎の舞台美術の発展に大きく貢献したことにある。 松井るみは、歌舞伎の伝統的な様式を踏襲しつつ、現代的な感覚を取り入れた舞台美術を手がけた。これは、歌舞伎をより多くの人々に親しみやすくし、その魅力を再発見するきっかけとなった。また、松井るみの舞台美術は海外でも高く評価されており、歌舞伎の国際的な普及にも貢献した。 松井るみは、歌舞伎の舞台美術の発展に大きく貢献した功績を称えられ、1973年(昭和48年)に芸術選奨文部大臣賞を受賞。また、1981年(昭和56年)には文化功労者に選出された。
エンターテインメント

藤野節子→ 四季を代表する女優の生涯と功績

藤野節子→ 四季を代表する女優の生涯と功績 藤野節子の生い立ちと経歴 藤野節子は、1934年5月22日に東京都に生まれた。父は劇作家・演出家の藤野浩一、母は女優の藤野トヨ。両親の影響で幼い頃から演劇に親しみ、小学6年生の時に劇団四季の児童劇団に入団した。 劇団四季で多くの作品に出演し、1953年に『美女と野獣』のお転婆娘役でデビュー。その後も『西遊記』『どん底』『ハムレット』など数多くの舞台に立ち、その演技力と存在感で頭角を現した。 1962年には劇団四季を退団し、フリーランスとして活動をスタートさせた。映画やテレビドラマにも出演するようになり、1964年には映画『東京オリンピック』でヒロインの役を演じた。 1969年にはテレビドラマ『氷点』で主演を務め、大ヒットを記録。一躍トップ女優の仲間入りを果たした。その後も『華麗なる一族』『阿修羅のごとく』『渡る世間は鬼ばかり』など数々のドラマに出演し、国民的人気女優となった。 藤野節子は、その演技力と存在感で日本演劇界に多大な貢献をした。1996年には紫綬褒章、2003年には文化功労者に選ばれた。2008年に74歳で亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。
エンターテインメント

「浅利慶太」

-劇団四季の創立と演出デビュー- 浅利慶太は、1953年に劇団四季を創立し、翌年には演出家としてデビューしました。創立当初、劇団四季は小さな劇団であり、資金も人材も不足していました。しかし、浅利慶太は持ち前のバイタリティと才能で劇団を支え、徐々に人気を集めていきました。 1960年代には、劇団四季は「屋根の上のバイオリン弾き」「ウエスト・サイド物語」「サウンド・オブ・ミュージック」などのヒット作を上演し、一躍人気劇団となりました。1970年代には、浅利慶太は「キャッツ」「ジーザス・クライスト=スーパースター」「オペラ座の怪人」などの大作ミュージカルを上演し、劇団四季を日本を代表する劇団に育て上げました。 浅利慶太は、演出家として、ミュージカルの日本化に尽力しました。彼は、日本人の体型や歌唱力に合ったミュージカルを制作し、日本人俳優の育成にも力を入れていました。その結果、劇団四季は、日本独自のミュージカルを上演する劇団として高い評価を得るようになりました。 浅利慶太は、2013年に85歳で亡くなりましたが、彼が創立した劇団四季は、現在も日本を代表する劇団として活躍しています。劇団四季は、浅利慶太の遺志を受け継ぎ、ミュージカルの日本化に努め、日本独自のミュージカルを上演し続けています。
ミュージシャン

-「安倍寧」

-プロフィールと経歴- 安倍寧(あべ しずか)は、日本の政治家で、自由民主党所属の衆議院議員(10期)。内閣総理大臣(第57代)、自由民主党総裁を歴任した。祖父は内閣総理大臣(第54-55代)を務めた安倍晋太郎、父は外務大臣(第114代)を務めた安倍晋三。 1954年9月21日、東京都新宿区で生まれる。私立開成中学校・高等学校を卒業後、東京大学法学部政治学科に進学。1977年に卒業し、信越ポリマーに入社。同社では事業企画部に所属し、新規事業の開発や海外事業の展開などを担当した。 1982年、父の晋太郎が急死したことを機に、政界入りを決意。第37回衆議院議員総選挙に旧山口1区から出馬し、初当選を果たす。当選後は、自由民主党の青年局長や政務調査会副会長などを歴任。1996年には、橋本龍太郎内閣で経済企画政務次官に就任した。 2000年、第42回衆議院議員総選挙で落選。その後、自由民主党の幹事長特別補佐や政策調査会副会長などを歴任。2003年、第43回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たす。 2006年、安倍晋三内閣で外務副大臣に就任。2007年には、防衛大臣に就任した。2008年、第45回衆議院議員総選挙で落選。 2012年、第46回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たし、自由民主党の総裁に就任。2012年12月、第2次安倍内閣を発足させた。 2014年、第47回衆議院議員総選挙で勝利し、自由民主党を政権に復帰させた。2015年、第2次安倍改造内閣を発足させた。 2017年、第48回衆議院議員総選挙で勝利し、自由民主党を政権に維持させた。2017年11月、第3次安倍改造内閣を発足させた。