北原白秋

文学分野の人

野村清:昭和・平成時代の歌人

-北原白秋に師事し、「多磨」同人として活躍- 野村清は、幼少期から短歌に興味を持ち、1917年に北原白秋に師事しました。白秋の指導を受けながら、歌誌「多磨」に投稿し、同人の一人として活躍しました。 「多磨」は、1912年に創刊された歌誌で、白秋が主宰を務めていました。白秋は、「多磨」を単なる歌誌ではなく、歌壇の新しい潮流を創出するための拠点と位置付けていました。野村清は、「多磨」同人として、白秋の新風を受けることで、歌人として大きく成長しました。 野村清は、「多磨」に投稿した作品の中で、特に「抒情小曲」と呼ばれる短歌を得意としました。「抒情小曲」とは、短歌の中で叙情性を重視し、情景や心情を繊細に表現した歌のことを言います。野村清の「抒情小曲」は、清新で抒情的な作風で、多くの読者から支持されました。 1922年、野村清は第一歌集『甃の上』を刊行しました。この歌集は、白秋からの序文が付され、歌壇から高い評価を受けました。野村清は、この歌集で、歌人として確固たる地位を築きました。 その後、野村清は、歌誌「多磨」の編集長を務めたり、歌集を刊行したりするなど、歌人として活躍を続けました。また、歌壇の重鎮として、多くの歌人を指導し、歌壇の発展に貢献しました。 野村清は、1978年に亡くなりましたが、その作品は現在も多くの読者に愛され続けています。野村清の短歌は、清新で抒情的な作風で、読者の心に深い印象を残します。
文学分野の人

北原菊子 – 大正-昭和時代、北原白秋の妻

大正10年、北原菊子は北原白秋と結婚しました。菊子は白秋の3人目の妻で、彼女と白秋の間には1男2女が生まれました。菊子は白秋を支え、彼の文学活動を助けていました。 菊子は白秋より16歳年下で、白秋との結婚は菊子にとって初婚でした。菊子は良妻賢母として知られ、白秋と子供たちを大切にしていました。菊子は白秋が詩人として活躍するのを助け、彼の作品をタイプしたり、原稿を清書したりしていました。 菊子は白秋を支えるだけでなく、自身でも文学活動を行っていました。彼女は詩や小説を書き、雑誌に発表していました。また、菊子は白秋の伝記や評論も書いています。 菊子は昭和37年に白秋が亡くなった後も、白秋の文学活動を支え続けました。彼女は白秋の作品を編集したり、白秋に関する講演を行ったりしていました。菊子は白秋没後も、彼の作品を世に送り出すために尽力しました。 菊子は昭和63年に亡くなりました。享年85歳でした。菊子は白秋を支え、彼の文学活動を助けただけでなく、自身でも文学活動を行い、白秋の作品を広めるために尽力しました。菊子は北原白秋にとってなくてはならない存在でした。
文学分野の人

長谷健:作家と教育者の生涯

生い立ちと教育福岡から東京へ 長谷健は、1907年(明治40年)10月15日に、福岡県田川郡香春町(現・香春町)に生まれた。父は長谷久治郎、母は長谷あき。父は小学校の教師で、後に教育委員会の委員長を務めた。母は旧家の娘で、教育熱心な人だった。長谷は、兄一人、姉一人と三人兄弟の長男だった。 長谷は、幼い頃から読書家で、詩や小説をよく読んでいた。小学校時代には、作文が得意で、よく賞をもらっていた。また、絵を描くことも好きで、絵画教室に通っていた。 中学時代には、文学部に所属し、文芸誌に詩や小説を投稿していた。また、演劇部にも所属し、役者としても活躍していた。 高校時代には、東京に出て、第一高等学校に入学した。一高時代には、文学部に所属し、文芸誌に詩や小説を投稿していた。また、演劇部にも所属し、役者としても活躍していた。 大学時代には、東京帝国大学国文科に入学した。東大時代には、文学部に所属し、文芸誌に詩や小説を投稿していた。また、演劇部にも所属し、役者としても活躍していた。 大学卒業後は、中学教師として働きながら、小説を書き続けた。1933年(昭和8年)には、処女作「若き日の詩人」が芥川賞候補になり、注目を集めた。1935年(昭和10年)には、第二作「母」が直木賞を受賞し、作家としてデビューした。 1939年(昭和14年)には、軍隊に召集され、中国に出兵した。戦後は、復員し、再び中学教師として働きながら、小説を書き続けた。1951年(昭和26年)には、代表作「三代記」が芥川賞を受賞し、作家として確固たる地位を築いた。 長谷は、1975年(昭和50年)に、68歳で亡くなった。長谷は、小説家としてだけでなく、教育者としても大きな功績を残した。長谷は、中学教師時代には、生徒に文学の素晴らしさを教えた。また、作家になってからは、小説の中で教育の問題を扱った。長谷の小説は、教育界にも大きな影響を与えた。
文学分野の人

蒲原有明 – 明治・昭和時代の詩人

- 蒲原有明の生涯と作品 蒲原有明は、明治・昭和時代の詩人・小説家です。1875年(明治8年)2月25日に長野県上田市に生まれ、1959年(昭和34年)3月11日に東京都世田谷区で亡くなりました。 有明は、早稲田大学文学部英文科を卒業後、新聞記者や編集者を経て、詩人として活躍しました。1904年(明治37年)に詩集『有明集』を刊行し、詩壇にデビューしました。『有明集』は、清新な抒情詩が収められており、高い評価を受けました。 有明は、詩人としてだけでなく、小説家としても活躍しました。1907年(明治40年)に小説『塵埃』を刊行し、小説家としてデビューしました。『塵埃』は、都会の生活を描いた小説で、有明の鋭い観察力が発揮された作品です。 有明は、詩人、小説家として活躍する傍ら、評論家としても活躍しました。1912年(明治45年)に評論集『近代文学評論』を刊行し、評論家としてデビューしました。『近代文学評論』は、近代文学の批評が収められており、有明の文学観が示された作品です。 有明は、詩人、小説家、評論家として活躍する傍ら、翻訳家としても活躍しました。1917年(大正6年)に評論集『花鳥図鑑』を刊行し、翻訳家としてデビューしました。『花鳥図鑑』は、中国の詩の翻訳が収められており、有明の中国文学への造詣の深さが発揮された作品です。 有明は、詩人、小説家、評論家、翻訳家として活躍し、近代文学の発展に大きく貢献しました。有明の作品は、現在でも多くの人々に読み継がれています。
文学分野の人

宮林菫哉:歌人・俳人が生涯を捧げた芸術の世界

- 短歌と俳句の融合北原白秋と河東碧梧桐の影響 宮林菫哉は、短歌と俳句の融合を追求した歌人・俳人です。その生涯において、北原白秋と河東碧梧桐という二人の偉大な詩人に多大な影響を受け、独自の作風を確立しました。 北原白秋は、短歌を近代詩に革新した歌人です。菫哉は白秋に師事し、自由律短歌を学びました。白秋の短歌は、従来の短歌の形式にとらわれず、自由な発想とリズムで詠まれたもので、菫哉は白秋からその革新的な精神を学びました。 河東碧梧桐は、俳句を近代詩に革新した俳人です。菫哉は碧梧桐に師事し、自由律俳句を学びました。碧梧桐の俳句は、従来の俳句の季語や定型にとらわれず、自由な発想とリズムで詠まれたもので、菫哉は碧梧桐からその革新的な精神を学びました。 菫哉は、白秋と碧梧桐から学んだ自由律短歌と自由律俳句を融合し、独自の作風を確立しました。菫哉の短歌と俳句は、従来の短歌と俳句の枠にとらわれず、自由な発想とリズムで詠まれたもので、読む人に新しい感覚をもたらしました。 菫哉は、短歌と俳句の融合を追求した歌人・俳人として、近代詩の発展に貢献しました。菫哉の短歌と俳句は、現在でも多くの読者に愛され続けています。
歴史上の人物

松下俊子 – 明治から昭和時代にかけてを生きた女性

松下俊子の生涯 松下俊子は、明治17年(1884年)4月18日に、熊本県熊本市で生まれました。父は松下宗輔、母はキヌです。俊子は、4人兄弟の次女でした。 俊子は、幼い頃から聡明で、学業成績は常に優秀でした。熊本県立熊本高等女学校を卒業後、東京女子高等師範学校に進学しました。東京女子高等師範学校を卒業後、俊子は熊本県内の小学校で教員として働き始めました。 俊子は、教員として働きながら、社会問題にも関心を持ち始めました。俊子は、大正12年(1923年)に、女性参政権を訴える団体である「婦人参政権期成同盟会」を結成しました。俊子は、婦人参政権期成同盟会の代表として、全国各地で講演活動を行い、女性参政権の実現に尽力しました。 大正15年(1926年)、俊子は、衆議院議員に当選しました。俊子は、衆議院議員として、女性参政権の早期実現や、社会福祉の充実などを訴えました。俊子は、昭和10年(1935年)まで、衆議院議員を務めました。 俊子は、昭和14年(1939年)に、55歳で死去しました。俊子は、女性参政権の実現に尽力した功績を称えられ、勲五等宝冠章を授与されました。 俊子は、明治から昭和時代にかけてを生きた女性です。俊子は、女性参政権の実現に尽力し、社会福祉の充実にも貢献しました。俊子は、日本の女性解放運動の先駆者の一人です。
文学分野の人

短歌至上主義を創刊した歌人 杉浦翠子

- 杉浦翠子の生涯 杉浦翠子は1884年(明治17年)3月15日、高知県幡多郡中村(現・四万十市)に生まれました。父は検事、母は裁判官の娘という家庭に育ち、幼い頃から文学に親しみました。1903年(明治36年)に上京し、女子英学塾(現・津田塾大学)に入学。在学中に与謝野晶子や石川啄木らを知り、歌人としての道を志します。 1911年(明治44年)、晶子、啄木の推薦により『明星』に短歌が掲載され、歌壇デビューを果たします。翌年には第一歌集『火の鳥』を刊行。清新な作風と率直な恋愛表現で注目を集め、歌壇の寵児となります。 1914年(大正3年)、晶子、啄木らと歌誌『短歌至上主義』を創刊。短歌至上主義運動の中心人物として、歌壇の革新を目指します。しかし、啄木の死や晶子との不和などにより、歌誌は1916年(大正5年)に廃刊となります。 その後、翠子は歌壇から遠ざかり、エッセイや小説を執筆するようになりました。1922年(大正11年)に結婚し、1925年(大正14年)に長男を出産。しかし、1927年(昭和2年)に夫が急死し、2児を抱えての生活となります。 1932年(昭和7年)、歌壇に復帰し、第二歌集『女ひとり』を刊行。その後も精力的に歌作を続け、1950年(昭和25年)には第一回女流短歌人会賞を受賞しました。1956年(昭和31年)、72歳で死去。 翠子は、短歌至上主義運動の中心人物として活躍し、歌壇の革新に貢献した歌人です。また、恋愛や人生を率直に歌い上げた作品は、多くの読者の共感を呼びました。
文学分野の人

「大関五郎」1895~1948 大正-昭和時代の詩人

- 「大関五郎の生涯と作品」 -生い立ち- 大関五郎は、1895年(明治28年)1月1日、青森県中津軽郡岩木町(現在の弘前市)に生まれた。幼名は竹太郎。父は小学校の教師で、母は農家の娘だった。五郎は、5人兄弟の末っ子であった。 五郎は、幼い頃から文学に興味を持ち、小学校卒業後は弘前中学校に進学。中学時代には、詩や短歌を作り始め、文学部に入部した。また、同級生と同人誌を発行し、文学活動に熱心に取り組んでいた。 -上京と詩作活動- 中学校卒業後、五郎は上京し、日本大学文学部予科に入学。しかし、大学生活には馴染めず、中退して詩作に専念することになった。 五郎は、詩壇にデビューするまで、様々な職を転々とした。その間も、詩の創作を続け、1918年(大正7年)には、処女詩集『街の風景』を出版した。 『街の風景』は、当時の詩壇で注目を集め、五郎は、新進気鋭の詩人として脚光を浴びた。また、この詩集は、五郎の代表作のひとつである。 -晩年- その後、五郎は、詩作活動を続け、1931年(昭和6年)には、第2詩集『高原』を出版した。しかし、晩年は病気のため、詩作活動が困難になった。 五郎は、1948年(昭和23年)1月1日、53歳で亡くなった。 -作品の特徴- 五郎の詩は、日常の風景や出来事を題材にしたものが多く、平易で親しみやすい言葉で書かれている。また、五郎の詩には、抒情性と叙情性が豊かに表現されており、読者に感動を与える。 五郎は、大正-昭和時代の詩壇を代表する詩人のひとりである。その作品は、今もなお多くの人々に愛され続けている。
文学分野の人

北原白秋

-北原白秋の生涯- 北原白秋は、日本の詩人、童謡作家、小説家です。1885年、福岡県柳川市に生まれ、1942年に56歳で亡くなりました。 白秋は、幼い頃から文学に興味を持ち、14歳のときに短歌を始めています。1903年、早稲田大学に入学し、在学中に詩誌『朱欒』を創刊しています。1908年に大学を卒業後、彼は詩集『思ひ出』を出版しました。 白秋は、1910年に童謡作家としてデビューしました。彼の童謡は、子供たちの心に響くような、やさしい言葉とメロディーで人気を集めました。1916年に出版された童謡集『くれのえんとつ』は、100万部以上を売り上げるベストセラーとなりました。 白秋は、童謡作家として活躍する一方で、詩人としても精力的に活動していました。1917年に詩集『邪宗門』を出版し、同作は高く評価されました。白秋は、1923年に詩誌『白樺』を創刊し、詩壇の重鎮として活躍しました。 白秋は、1942年に肺結核のため死去しました。しかし、彼の作品は現在も読み継がれているなど、日本文学史に残る偉大な詩人です。
文学分野の人

古村徹三 – 昭和時代の童謡作家と日本画家

-古村徹三の生涯- 古村徹三は、1893年(明治26年)10月3日に、東京都文京区小石川に生まれました。父は、日本画家で東京美術学校教授の古村伊助、母は、日本画家の古村稲です。徹三は、幼い頃から絵を描くことが好きで、1911年(明治44年)に東京美術学校に入学しました。 在学中に、童謡を作曲することを始め、1916年(大正5年)に、最初の童謡集「赤とんぼ」を出版しました。「赤とんぼ」は、瞬く間に大ヒットし、徹三は童謡作家として名を馳せました。 1921年(大正10年)に、東京美術学校を卒業した徹三は、日本画家として活動を始めました。1927年(昭和2年)には、帝展に入選し、1931年(昭和6年)には、日本美術院展で特選を受賞しました。 徹三は、童謡作家としてだけでなく、日本画家としても活躍し、多くの作品を残しました。代表作には、「赤とんぼ」、「夕焼け小焼け」、「七つの子」などがあります。 徹三は、1960年(昭和35年)12月15日に、東京都世田谷区成城で逝去しました。享年67歳でした。 徹三は、童謡作家としてだけでなく、日本画家としても活躍した、マルチな才能を持った芸術家でした。彼の作品は、今もなお多くの人々に愛され続けています。
文学分野の人

北原鉄雄→ 大正と昭和期の出版人

-北原鉄雄の生涯- 北原鉄雄は、1880年(明治13年)8月29日に東京府東京市日本橋区馬喰町(現在の東京都中央区日本橋馬喰町)に生まれた。父は北原鉄太郎、母は加波。鉄雄は、長兄の鉄之助、姉の鉄子に次ぐ三男であった。 北原家は、江戸時代から続く呉服商であり、鉄雄は裕福な家庭に育った。鉄雄は、幼い頃から読書を好み、特に歴史書や文学書を好んで読んだ。鉄雄は、また、絵を描くことも得意で、将来は画家を目指していた。 1899年(明治32年)、鉄雄は早稲田大学の前身である東京専門学校に入学した。鉄雄は、在学中に文学に興味を持ち、小説や詩を書き始めた。鉄雄は、また、学生運動にも参加し、1902年(明治35年)には、早稲田大学総長の大隈重信を襲撃した事件に関与した。 1903年(明治36年)、鉄雄は大学を卒業し、博文館に入社した。博文館は、日本の大手出版社であり、鉄雄は、同社の編集者として働いた。鉄雄は、博文館で、多くの雑誌や書籍を編集し、その中には、夏目漱石の『吾輩は猫である』や芥川龍之介の『羅生門』など、日本の文学史に残る名作も含まれている。 1914年(大正3年)、鉄雄は博文館を退社し、独立して出版社を設立した。鉄雄の出版社は、北原鉄雄商店と名付けられ、鉄雄は、同社の社長として経営に当たった。北原鉄雄商店は、多くの雑誌や書籍を出版し、その中には、菊池寛の『恩讐の彼方に』や谷崎潤一郎の『春琴抄』など、日本の文学史に残る名作も含まれている。 1945年(昭和20年)、鉄雄は太平洋戦争の空襲で自宅を焼失し、妻子を失った。鉄雄は、戦後も出版社を経営し続けたが、1952年(昭和27年)に死去した。鉄雄は、大正と昭和期の出版界を牽引した人物であり、日本の文学史に大きな功績を残した。
文学分野の人

大木惇夫→ 日本文学界に足跡を残した詩人

-明治から昭和にかけて活躍した詩人- 大木惇夫は、明治から昭和にかけて活躍した詩人です。彼は、1870年に長野県上田市に生まれ、1894年に東京専門学校(現・早稲田大学)を卒業しました。卒業後は、新聞記者や雑誌編集者を経て、詩作に専念するようになりました。 大木の詩は、清新で叙情的な作風が特徴です。彼は、自然や人生を題材に、心の機微を繊細に表現しました。また、彼は、口語詩の導入や自由詩の試みなど、詩の革新にも取り組みました。 大木は、1910年に詩集『抒情詩』を刊行し、詩壇にデビューしました。その後も、『白き手の猟人』(1912年)、『静かなる一夜』(1914年)、『草の虹』(1918年)など、多くの詩集を刊行しました。 大木は、詩人としてだけでなく、評論家や翻訳家としても活躍しました。彼は、1913年に雑誌『詩歌』を創刊し、詩壇の指導者として活躍しました。また、彼は、フランスやドイツの詩を翻訳し、日本の詩壇に紹介しました。 大木は、1938年に死去しました。54歳でした。彼は、日本の詩壇に大きな足跡を残した詩人として、今もなお多くの人々に愛されています。
音楽分野の人

音楽家・草川信の童謡作曲活動

-東京音楽学校でバイオリンを学ぶ- 草川信は、1892年(明治25年)に東京音楽学校に入学し、バイオリンを専攻しました。当時の東京音楽学校は、日本の音楽教育の中心地であり、草川はここでバイオリンの基礎を学びました。 草川は、東京音楽学校在学中に、バイオリンの演奏技術を飛躍的に向上させました。また、音楽理論や作曲法も学び、音楽家としての基礎を固めました。 東京音楽学校卒業後、草川はバイオリニストとして活躍しました。しかし、彼は次第に作曲に興味を持ち始め、童謡の作曲に力を注ぐようになりました。 草川の童謡は、その親しみやすいメロディーと歌詞で多くの人々に愛されました。彼の童謡は、現在でも日本の学校や家庭で歌い継がれています。 草川は、童謡作曲家としてだけでなく、音楽教育者としても活躍しました。彼は、東京音楽学校でバイオリンと作曲を教え、多くの音楽家を育てました。 草川は、日本の音楽界の発展に大きく貢献した音楽家です。彼の童謡は、今もなお多くの人々に愛され続けています。
政治分野の人

~岩間正男~

- 岩間正男 - その生涯と功績 - -岩間正男の生涯と功績- 岩間正男は1914年に長野県で生まれました。彼は、幼い頃からスポーツが得意で、特にサッカーに情熱を持っていました。1936年に東京高等師範学校に入学し、サッカー部に所属しました。東京高等師範学校卒業後は、長野県の高校で教諭として働きながら、サッカーの指導を続けました。 1951年に日本サッカー協会の理事となり、1954年には日本代表監督に就任しました。日本代表監督時代には、1956年のメルボルンオリンピックに出場し、ベスト8に進出しました。1960年のローマオリンピックにも出場し、ベスト8に進出しました。 1964年に日本サッカー協会の会長に就任し、1974年には国際サッカー連盟(FIFA)の副会長に就任しました。FIFA副会長時代には、1978年のアルゼンチンワールドカップの開催に尽力しました。 岩間正男は、1993年に亡くなりました。彼は、日本のサッカーの発展に貢献した功績が高く評価され、1994年に国際サッカー連盟(FIFA)から功労賞を贈られました。 -岩間正男の功績- 岩間正男は、日本のサッカーの発展に多大な貢献をしました。彼は、日本代表監督時代には、オリンピックで2度もベスト8に進出するなど、日本サッカーのレベル向上に貢献しました。また、日本サッカー協会の会長時代には、日本サッカーの普及に尽力し、日本サッカーの競技人口を大幅に増加させました。さらに、国際サッカー連盟(FIFA)の副会長時代には、1978年のアルゼンチンワールドカップの開催に尽力するなど、世界のサッカーの発展にも貢献しました。 岩間正男は、日本のサッカーの発展に多大な貢献をした偉大な人物です。彼の功績は、いつまでも語り継がれるでしょう。
文学分野の人

河野慎吾-大正から昭和にかけて活躍した歌人

-河野慎吾の生涯と経歴- 河野慎吾は、1897年(明治30年)に愛媛県松山市で生まれました。旧制松山高校を経て、早稲田大学英文科卒業。大学在学中に、坪内逍遥の主宰する「早稲田文学」に短編小説や戯曲を発表し、文壇に登場しました。 1920年(大正9年)に、第一歌集『青猫』を発表。この歌集は、清新な作風で注目され、河野慎吾を歌壇に押し出しました。その後も、第二歌集『黄昏』(1922年)、第三歌集『白鳩』(1924年)を立て続けに発表し、大正時代の歌壇を代表する歌人として活躍しました。 1926年(大正15年)には、第四歌集『紅梅』を発表。この歌集は、河野慎吾の代表作として高く評価され、それまでの作品を整理してまとめたものです。河野慎吾の歌は、情景描写が優れており、日常の生活の中に潜む美しさを詠んだものが多く見られます。また、口語的な表現を取り入れた、自由な作風も特徴です。 1937年(昭和12年)には、第五歌集『花影』を発表。この歌集は、河野慎吾の晩年の作を集めたもので、戦争の悲惨さを詠んだ作品が多く見られます。河野慎吾は、1947年(昭和22年)に、50歳で亡くなりました。 河野慎吾は、大正から昭和にかけて活躍した歌人であり、自由な作風と情景描写に優れた歌で、多くの読者を魅了しました。
文学分野の人

女歌人「北見志保子」の生涯と歌集

-歌人として歩んだ生涯- 北見志保子は、1924年1月1日に北海道北見市に生まれました。3歳のときに、父親を病気で亡くし、母親と祖母に育てられました。北見は、幼いころから和歌を愛し、10歳のときに、和歌の同人誌「白百合」に入会しました。しかし、戦争が激化し、北見は、学業を中断して、工場で働き始めました。 戦後、北見は、北海道札幌市に移り住み、歌人としての活動を再開しました。1948年に、第一歌集「北見川」を出版し、1951年には、第二歌集「雪の華」を出版しました。この2冊の歌集は、北見の繊細な感性と、叙情的な作風が評価され、彼女は、歌壇で注目されるようになりました。 1955年、北見は、現代歌人協会の会員となり、1958年には、同協会の理事に就任しました。1964年には、日本芸術院賞を受賞し、1974年には、文化功労者に選ばれました。北見は、生涯にわたって、和歌を詠み続け、200本以上の歌集を出版しました。 北見の歌風は、叙情性と優しさに特徴づけられます。彼女は、日常の生活の中で見つけたささやかな美しさや、人との触れ合いを通して感じた温かい気持ちを、和歌に詠みました。また、北見は、戦争の悲惨さを詠んだ歌も多く残しており、反戦歌人としても知られています。 北見志保子は、2009年12月1日に、85歳で亡くなりました。彼女は、日本を代表する歌人として、多くの人々に愛され、尊敬されました。
文学分野の人

「宮柊二」:昭和を代表する歌人

生涯と業績日本の原風景を歌った歌人 宮柊二は、1901年1月7日に福岡県筑後市に生まれました。幼少期から文学に興味を持ち、17歳の頃には歌人としての活動をスタートさせました。1929年には第一歌集「朱門」を出版し、歌壇にデビューしました。 宮柊二は、日本の原風景を歌った歌人として知られています。彼の歌は、日本の風土や自然の美しさ、人々の生活や営みなどをありのままに詠んでいます。また、宮柊二は戦争や社会問題にも積極的に取り組み、その歌で人々に平和や自由の大切さを訴えました。 宮柊二は、1953年に文化勲章を受章しました。1964年には、朝日新聞創刊70周年記念事業の一環として、全国の短歌愛好者から作品を募集し、その中から優れた歌を選んだ「朝日歌壇賞」を創設しました。宮柊二は、この賞の初代選考委員を務めました。 宮柊二は、1976年4月17日に東京都練馬区の自宅で死去しました。享年75歳でした。彼の死は、歌壇に大きな衝撃を与え、多くの人々がその死を悼みました。 宮柊二は、昭和を代表する歌人として、日本の歌壇に大きな足跡を残しました。彼の歌は、今も多くの人々に愛され、歌い継がれています。
文学分野の人

中村正爾:歌人・編集者

中村正爾の生涯と経歴 中村正爾は、1915年9月10日に愛知県名古屋市に生まれました。父は岐阜県出身の会社員、母は愛知県出身の教師でした。正爾は5人兄弟の3番目で、幼い頃から読書が好きで、特に短歌に興味を持っていました。 1930年に名古屋市立第一中学校に入学し、短歌部に入部しました。そこで、伊藤左千夫の歌に触れ、大きな影響を受けました。1934年に名古屋市立第一高等学校に進学し、引き続き短歌部に入部しました。高校卒業後は、1937年に東京帝国大学文学部国文学科に入学しました。 大学の短歌部では、土岐善麿などに師事しました。1941年に大学を卒業し、陸軍に召集されました。1944年に除隊し、1945年に「歌人」誌を創刊しました。「歌人」誌は、短歌の新しい潮流を積極的に取り上げ、多くの歌人を輩出しました。 1946年に、中村正爾は短歌結社「アララギ」に入会しました。1947年に、第一歌集『砂』を出版し、歌人としてデビューしました。1950年には「短歌研究」誌を創刊し、1951年には「短歌」誌を創刊しました。1956年には、第二歌集『花筐』を出版しました。 1962年にアララギを退会し、自ら歌誌「未来」を創刊しました。未来は、新進気鋭の歌人を多く輩出し、短歌界に大きな影響を与えました。中村正爾は、1975年に「短歌研究」誌の編集長を、1979年に「短歌」誌の編集長を辞任しました。1985年には、第三歌集『石の庭』を出版しました。 1992年に、中村正爾は文化功労者に選ばれました。1998年に、第四歌集『風の色』を出版しました。2001年に、第五歌集『残香』を出版しました。2003年6月10日に、中村正爾は心筋梗塞のため死去しました。享年87。 中村正爾は、戦後短歌界を代表する歌人であり、編集者でした。彼の歌は、伝統的な短歌の形式を尊重しながらも、新しい表現を追求したものでした。また、彼は多くの歌人を育成し、短歌の普及に尽力しました。中村正爾は、日本の短歌史に大きな足跡を残した偉大な歌人です。
文学分野の人

久保井信夫 – 昭和の歌人

-北原白秋の影響を受けた歌人- -久保井信夫-は、北原白秋の影響を受けた歌人として知られています。久保井は、1899年(明治32年)に京都府に生まれ、1975年(昭和50年)に亡くなりました。幼い頃から短歌に興味を持ち、15歳の時に北原白秋の門下生となりました。久保井は、北原白秋から短歌の基礎を学び、その清新で美しい歌風に強く影響を受けました。 久保井は、1920年(大正9年)に第一歌集「土」を刊行し、歌壇デビューを果たしました。この歌集には、北原白秋の影響が色濃く反映されており、当時の歌壇に大きな衝撃を与えました。久保井は、その後も短歌の制作を続け、1940年(昭和15年)に第二歌集「樹影」、1950年(昭和25年)に第三歌集「野分」を刊行しました。これらの歌集には、久保井の独自の抒情性が発揮されており、高く評価されました。 久保井は、北原白秋の影響を受けながらも、独自の歌風を確立した歌人です。久保井の歌は、清新で美しく、抒情性に富んでいます。また、久保井は、短歌の理論にも詳しく、多くの評論を執筆しました。久保井は、昭和の歌壇に大きな足跡を残した歌人であり、現在でも多くの歌人に影響を与えています。 -久保井信夫の歌- 久保井信夫の歌には、以下のものがあります。 * -土(1920年)- * -樹影(1940年)- * -野分(1950年)- * -久保井信夫全歌集(1977年)- 久保井の歌は、清新で美しく、抒情性に富んでいます。また、久保井は、短歌の理論にも詳しく、多くの評論を執筆しました。久保井は、昭和の歌壇に大きな足跡を残した歌人であり、現在でも多くの歌人に影響を与えています。
文学分野の人

筏井嘉一 – 大正・昭和時代の歌人

-筏井嘉一の人生と経歴- 筏井嘉一は、1892年(明治25年)7月12日、東京府東京市浅草区(現・東京都台東区)に生まれた。父は筏井竹次郎、母は志のぶ。竹次郎は、嘉一の出生前に死去しており、嘉一は母と祖父母に育てられた。 嘉一は、幼少期から歌に興味を持ち、小学校卒業後は、染色工として働きながら歌作を続けた。1911年(明治44年)、歌誌「アララギ」に入会し、島木赤彦に師事した。赤彦のもとで歌作を学び、1914年(大正3年)に「アララギ」に初入選を果たした。 1918年(大正7年)、嘉一は徴兵され、シベリアに出征した。シベリアでは、過酷な環境の中で歌作を続け、1922年(大正11年)に除隊した。 除隊後、嘉一は歌作に専念し、1925年(大正14年)に処女歌集「流氷」を刊行した。「流氷」は、シベリアでの体験を詠んだ歌集であり、高い評価を受けた。 1930年(昭和5年)、嘉一は歌誌「心の花」を創刊し、主宰となった。「心の花」は、短歌の革新を目指した歌誌であり、多くの歌人を輩出した。嘉一は、「心の花」を通して、歌壇に大きな影響を与えた。 1952年(昭和27年)、嘉一は歌集「定本流冰」を刊行した。「定本流氷」は、嘉一の代表作であり、国民的な歌人としての地位を確立した。 嘉一は、1969年(昭和44年)12月12日、東京都文京区の自宅で死去した。享年77歳。 嘉一は、大正・昭和時代の歌壇を代表する歌人であり、その歌は多くの人々に親しまれている。
文学分野の人

初井しづ枝-大正・昭和期の歌人

小見出し 歌人としての歩み 初井しづ枝は、1905年(明治38年)に熊本県に生まれ、大正・昭和期に活躍した歌人です。幼い頃から和歌に興味を持ち、15歳の時に「短歌研究」に投稿して入選し、歌人としての道を歩み始めました。 1921年(大正10年)に上京し、与謝野晶子に師事しました。晶子の指導を受けながら、しづ枝の歌はますます洗練されていきました。1924年(大正13年)には、処女歌集『花影』を刊行し、歌壇にデビューしました。 『花影』は、しづ枝の繊細な感性と美しい言葉遣いで、多くの読者を魅了しました。その後も、『白粉』(1927年)、『朱唇』(1930年)、『翡翠』(1933年)など、次々と歌集を刊行し、歌人としての地位を確立しました。 しづ枝の歌は、主に恋愛や自然を題材としたもので、その清冽で美しい言葉遣いと、繊細な感性が特徴です。また、短歌だけでなく、小説や随筆も執筆し、多才な作家として活躍しました。 1980年(昭和55年)に、しづ枝は文化勲章を受章しました。これは、歌人として初めての受賞でした。しづ枝は、1983年(昭和58年)に、78歳で亡くなりましたが、その作品は今もなお多くの読者に愛され続けています。
文学分野の人

– 松下俊子

「松下俊子の人生」 松下俊子は、1954年12月15日に広島県で生まれた。彼女は、幼い頃から、父親の仕事の都合で、国内外を転々として育ったが、10歳の時に、父親が亡くなり、母親と弟と一緒に、広島に戻った。 松下俊子は、広島に戻ってからは、広島市立舟入高等学校に通い、1973年に卒業した。その後、彼女は、広島大学法学部に進学し、1977年に卒業した。 大学卒業後は、広島県庁に入庁し、県庁職員として、数年間働いた。その後、彼女は、広島県議会議員選挙に出馬し、当選を果たした。 松下俊子は、広島県議会議員としては、2期8年間、務めた。その間、彼女は、広島県議会の副議長も務めた。 広島県議会議員を退職後、松下俊子は、広島市長の選挙に出馬し、当選を果たした。彼女は、1999年から2003年まで、広島市長を2期8年間務めた。 広島市長を退任後、松下俊子は、2003年から2007年まで、内閣総理大臣の補佐官を務めた。その後、彼女は、2007年から2011年まで、参議院議員を務めた。 参議院議員を退任後、松下俊子は、2011年から2015年まで、内閣総理大臣の補佐官を務めた。その後、彼女は、2015年から2019年まで、衆議院議員を務めた。 衆議院議員を退任後、松下俊子は、2019年より、現在まで、日本赤十字社社長を務めている。 松下俊子は、広島市長として、市内中心部の活性化や、原爆ドームの保存など、数多くの功績を残した。また、彼女は、2003年に、広島市長を代表して、ノーベル平和賞を受賞した。
文学分野の人

穂積忠:大正から昭和にかけて活躍した歌人の生涯

穂積忠の生い立ちと歌人としての歩み 穂積忠は、1888年(明治21年)に京都府で生まれました。父は穂積陳重、母は高崎正風の娘・タツです。忠は幼少期から文学や和歌に親しみ、1911年(明治44年)に東京帝国大学国文科を卒業後は、歌人として活動を始めます。 1915年(大正4年)、穂積忠は第1歌集『青鞜』を刊行し、同年に開催された第1回歌会始に召人として参加しました。1927年(昭和2年)には、第2歌集『春園』を刊行し、宮内省の歌会始選者にも選ばれました。 1935年(昭和10年)、穂積忠は宮内省の歌会始における和歌の選歌基準「歌会始選歌規定」を制定し、それ以降の歌会始においてこの規定が用いられるようになりました。穂積忠は、この規定により歌会始のレベルを向上させ、和歌の普及に貢献しました。 1937年(昭和12年)には、穂積忠は第3歌集『秋艸』を刊行し、1939年(昭和14年)には、第4歌集『山河』を刊行しました。1940年(昭和15年)には、皇紀2600年奉祝の奉祝歌会において奉祝歌を詠み、1945年(昭和20年)には、宮内省の歌会始の歌会始選者となりました。 1950年(昭和25年)、穂積忠は第5歌集『相聞』を刊行し、1952年(昭和27年)には、第6歌集『葛城』を刊行しました。1958年(昭和33年)には、第7歌集『海山今昔』を刊行し、1963年(昭和38年)には、第8歌集『穂積忠全歌集』を刊行しました。 穂積忠は、1968年(昭和43年)に亡くなりました。享年80歳でした。穂積忠は、その生涯を通じて和歌の普及に尽力し、多くのすぐれた和歌を残しました。また、和歌の選歌基準「歌会始選歌規定」を制定し、それ以降の歌会始のレベルを向上させました。
文学分野の人

「島内八郎」

-# 島内八郎の生涯 島内八郎(しまうち はちろう)は、1859年(安政6年)に兵庫県淡路島で生まれた。幼い頃から相撲が好きで、16歳で大阪に出稼ぎに出て、そこで相撲の修行を始めた。1884年(明治17年)に東京に出て、浅草の花川戸で相撲部屋を開いた。 島内は、巨体に似合わずスピードのある相撲を取り、1890年(明治23年)に横綱に昇進。1896年(明治29年)には、大関の梅ヶ谷藤太郎を破って、史上初の横綱大関戦で勝利した。 1899年(明治32年)に引退し、相撲協会の理事長に就任。その後、1908年(明治41年)に日本相撲協会の第3代会長に就任し、1925年(大正14年)まで務めた。 島内は、相撲界の発展に貢献した人物として知られている。彼は、相撲のルールを整備し、相撲協会の組織を近代化した。また、力士の待遇改善にも尽力し、相撲界の発展に大きく貢献した。 島内は、1931年(昭和6年)に72歳で亡くなった。彼の功績を称えて、1953年(昭和28年)に大相撲の殿堂である「相撲博物館」に顕彰された。 島内は、相撲界に大きな功績を残した偉大な横綱であり、相撲界の発展に大きく貢献した人物である。