北岡昭子

エンターテインメント

浅香光代の軌跡

「浅香光代の数奇な生い立ち」 女優として活躍し、日本を代表する国民的女優となった浅香光代は、その数奇な生い立ちで知られています。浅香光代は、1933年8月2日、神奈川県横浜市に生まれました。父は船員、母は芸者でした。浅香光代が幼い頃、父は海難事故で亡くなり、母は再婚して生家を離れました。浅香光代は祖父母に育てられましたが、祖父母もまた他界し、浅香光代は孤児となりました。 浅香光代は、15歳の時に姉を頼って上京し、映画エキストラとして働き始めました。浅香光代の美貌と演技力はすぐに映画監督の目に留まり、1952年に『君の名は』で映画デビューを果たしました。その後、浅香光代は数々の映画に出演し、国民的女優として人気を博しました。 しかし、浅香光代の生い立ちは決して平坦なものではありませんでした。浅香光代は、幼少期に両親を亡くし、孤児として育ちました。また、浅香光代は、姉との確執や離婚、病気など、数々の苦労を経験しました。それでも、浅香光代は女優として活躍し続け、国民的女優として人々に愛され続けました。 浅香光代の数奇な生い立ちは、多くの人々の心に感動を与え、浅香光代は多くの人々にとって、人生のロールモデルとなりました。浅香光代は、2018年に84歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお人々の記憶に残っています。