北畠顕家

歴史上の偉人

桃井直信 – 南北朝時代の武将

-桃井直信の生涯- 桃井直信は、南北朝時代の武将であり、斯波氏、細川氏、畠山氏に仕えた。足利義教、足利義政、足利義尚の3代にわたって将軍に仕え、東国で活躍した。 直信は、摂津国西成郡桃井村(現在の大阪府大阪市西成区桃井)に生まれた。桃井氏は、桓武天皇の孫である平城天皇の皇子である阿保親王を祖とする平姓の氏族である。直信の父は、桃井直頼、母は、足利義満の娘である。直信は、幼い頃から武芸に秀で、14歳の時に、斯波義将に仕えた。 応永23年(1416年)、直信は、細川満元に仕え、丹後国守護に任じられた。その後、直信は、畠山満家に仕え、山城国守護に任じられた。永享11年(1439年)、直信は、将軍足利義教に従い、嘉吉の乱を鎮圧した。 嘉吉の乱の後、直信は、細川勝元に仕え、東国に派遣された。直信は、上杉憲実、山内上杉房成、千葉実胤、結城持朝らと協力して、関東地方を平定した。享徳の乱では、直信は、上杉憲実、山内上杉房成らと協力して、関東地方を平定した。 康正元年(1455年)、直信は、将軍足利義政に従い、結城合戦に参加した。結城合戦では、直信は、上杉憲実、山内上杉房成らと協力して、結城氏を破った。康正3年(1457年)、直信は、将軍足利義政に従い、長禄の変に参加した。長禄の変では、直信は、上杉憲実、山内上杉房成らと協力して、畠山義就を破った。 応仁元年(1467年)、直信は、将軍足利義政に従い、応仁の乱に参加した。応仁の乱では、直信は、上杉憲実、山内上杉房成らと協力して、細川勝元を破った。応仁2年(1468年)、直信は、細川勝元と和睦し、応仁の乱は終結した。 文正元年(1466年)、直信は、将軍足利義尚に従い、文明の乱に参加した。文明の乱では、直信は、上杉憲実、山内上杉房成らと協力して、山名宗全を破った。文明3年(1471年)、直信は、山名宗全と和睦し、文明の乱は終結した。 直信は、文明6年(1474年)に亡くなった。享年66歳。
歴史上の偉人

浪岡具永:戦国時代の陸奥を支配した武将

# 浪岡具永戦国時代の陸奥を支配した武将 -浪岡具永の生涯- 浪岡具永は、戦国時代の陸奥国(現在の青森県)を支配した武将です。浪岡氏は、南北朝時代の奥州探題であった浪岡頼重を祖とする名族で、具永はその嫡男として生まれました。具永は幼い頃から武芸に優れ、15歳で元服すると、父の跡を継いで浪岡氏の当主となりました。 具永は、当主となって間もなく、近隣の豪族との争いに巻き込まれました。しかし、具永は優れた武勇と知略を発揮して敵を破り、浪岡氏の勢力を拡大していきました。また、具永は領内の開発にも力を入れ、領民から慕われました。 永禄元年(1558年)、具永は南部氏の当主である南部晴政と同盟を結び、畠山義綱の居城である黒石城を攻めました。この戦いで、具永は黒石城を落とすことに成功し、畠山氏を滅ぼしました。この功績により、具永は南部晴政から「津軽守」の官職を授かり、津軽地方の支配を認められました。 永禄6年(1563年)、具永は嫡男の浪岡九左衛門を徳川家康の人質として差し出しました。これは、具永が徳川氏と同盟を結ぶことで、南部氏に対抗するためでした。しかし、具永の期待はむなしく、永禄10年(1567年)に九左衛門は徳川氏に謀殺されてしまいました。 具永は九左衛門の死を深く悲しみ、南部氏への復讐を誓いました。永禄11年(1568年)、具永は南部氏の居城である盛岡城を攻めましたが、南部晴政の弟である南部信直の軍勢に敗北しました。この敗戦により、具永は津軽地方の支配権を失い、南部氏の傘下に入ることになりました。 天正13年(1585年)、南部信直が死去すると、具永は再び南部氏から独立を図りました。しかし、南部晴政の嫡男である南部信直の軍勢に敗北し、具永は捕らえられて盛岡城に幽閉されました。天正14年(1586年)、具永は盛岡城で自害し、その生涯を閉じました。 浪岡具永は、戦国時代の陸奥国における有力な武将であり、その武勇と知略は多くの武将から恐れられました。しかし、南部氏との戦いに敗れ、悲運の生涯を終えることとなりました。
歴史上の偉人

佐藤基久

-佐藤基久とは- 1961年12月25日生まれ、神奈川県横浜市出身の歌手・俳優・タレント。 本名、佐藤 基久(さとう もとひさ)。 1985年に「SMILE AGAIN」で歌手デビュー。 1995年に「青い果実」で俳優デビュー。 1998年に「ひとりぼっちのハブラシ」でタレントデビュー。 1990年代半ばより、バラエティ番組やドラマに数多く出演し、お茶の間の人気者となる。 また、2000年代以降も、歌手・俳優・タレントとして活躍を続けている。 佐藤基久は、その端正な顔立ちと甘い歌声で、多くの女性ファンを獲得した。 また、バラエティ番組では、そのコミカルなキャラクターで、老若男女問わずに愛された。 佐藤基久は、日本を代表するエンターテイナーの一人であり、その功績は多大なものがある。 今後も、その活躍に期待が高まる。
歴史上の偉人

伊達行朝とは?南北朝時代の武将の解説

- 伊達行朝の生涯 伊達行朝は、南北朝時代の武将、伊達氏の第11代当主です。伊達行宗の長男として生まれ、伊達氏分家の岩瀬氏の養子となりました。 1333年(元弘3年)に鎌倉幕府が滅亡すると、伊達行朝は南朝方に属して足利尊氏と戦いました。1336年(建武3年)には、南朝の総帥である後醍醐天皇に拝謁し、陸奥守に任命されました。 1338年(建武5年)に足利尊氏が勢力を盛り返して京都を占領すると、伊達行朝は奥州に逃れ、伊達郡に拠って北朝方に抵抗しました。1349年(貞和5年)には、北朝の武将である畠山国清と戦って勝利し、奥州の覇権を確立しました。 1352年(観応2年)、伊達行朝は北朝に降伏し、陸奥守に任命されました。その後、足利尊氏の死後には、その子である足利義詮に仕えました。1361年(康安元年)には、伊達行朝は隠居し、家督を嫡男の伊達行宗に譲りました。 1362年(貞治元年)に伊達行朝は死去しました。享年68歳でした。伊達行朝は、奥州の覇者として君臨し、伊達氏の基礎を築いた名将でした。
歴史上の偉人

斯波家長 – 南北朝時代の武将

-斯波家長の生涯- 斯波家長は、南北朝時代の武将、守護大名である。斯波高経の子として越前国府中で生まれた。幼名は松寿丸。 1333年(元弘3年)、鎌倉幕府が滅亡すると、父・高経は足利尊氏に従って上洛し、家長もこれに従った。尊氏が建武政権を樹立すると、家長は越前守護に任じられた。 1336年(建武3年)、尊氏が建武政権に反旗を翻すと、家長は尊氏に従い、南朝と戦った。尊氏が室町幕府を樹立すると、家長は引き続き越前守護を務め、尊氏の有力な武将として活躍した。 1348年(貞和4年)、尊氏が死去すると、家長は足利義詮を擁立して室町幕府を継承させ、引き続き幕府の重臣として活躍した。 1350年(観応2年)、尊氏の弟・足利直義が義詮に反旗を翻すと、家長は義詮に従い、直義を討伐した。この戦功により、家長は丹波守護に任じられた。 1358年(正平13年)、家長は越前守護に復帰し、1367年(貞治6年)まで務めた。その後、出家して常済と号した。 1374年(永和4年)、家長は越前府中で死去した。享年54。
歴史上の偉人

伊賀兼長 – 鎌倉・南北朝時代の武将

- 伊賀兼長の生涯 伊賀兼長は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての武将であり、南朝の忠臣として知られています。 伊賀兼長は、1305年に伊賀国に生まれました。伊賀氏の家系は、伊賀国を支配する有力な武士であり、兼長の父である伊賀兼光は、伊賀国守護を務めていました。 兼長は、幼い頃から武芸に励み、18歳で元服して伊賀氏の当主となりました。伊賀氏は、建武の新政に参加し、足利尊氏に味方したため、尊氏から伊賀国守護に任命されました。 しかし、1336年に尊氏が北朝を樹立すると、兼長は南朝に忠誠を誓い、北朝に叛旗を翻しました。兼長は、南朝方の武将として、尊氏と戦いました。 1338年、兼長は、尊氏の軍勢に攻められ、伊賀国を放棄して南朝の本拠地である吉野に逃れました。兼長は、吉野で南朝の皇子である懐良親王に仕え、南朝の復興に尽力しました。 1350年、兼長は、尊氏が南朝に降伏し、南朝と北朝が合流すると、伊賀国に帰国しました。兼長は、伊賀国守護に復帰し、南朝方の武将として、北朝と戦いました。 1352年、兼長は、北朝の軍勢に攻められ、伊賀国を再び放棄して吉野に逃れました。兼長は、吉野で南朝の後醍醐天皇に仕え、南朝の復興に尽力しました。 1368年、兼長は、後醍醐天皇の崩御に伴い、南朝から離反して北朝に降伏しました。兼長は、北朝の足利義満から伊賀国守護に任命され、伊賀氏の家督を継承しました。 兼長は、1376年に死去しました。享年72歳でした。兼長は、南朝の忠臣として知られており、その武勇は、後世に称えられています。
歴史上の偉人

上杉憲藤-鎌倉-南北朝時代の武将

上杉憲藤とは 上杉憲藤とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。上杉重房の子として生まれ、上杉氏の家督を継いで、越後守護となった。 憲藤は、元弘の乱では、鎌倉幕府軍に加わって、新田義貞の軍と戦った。しかし、幕府軍は敗北し、憲藤も捕らえられた。その後、憲藤は、新田義貞に降伏し、その家臣となった。 建武の新政が倒れた後は、足利尊氏に仕えた。尊氏に従って、各地を転戦し、功績を挙げた。尊氏は、憲藤の功績を賞し、上野守護に任命した。 憲藤は、上野守護として、上野国の治安維持に努めた。また、尊氏の側近として、政治にも参与した。尊氏が没した後も、その子である足利義詮に仕え、引き続き上野守護を務めた。 憲藤は、正平18年(1363年)に死去した。享年63。憲藤の死後、上杉氏の家督は、子の憲栄が継いだ。
歴史上の偉人

田村輝顕 – 南北朝時代に活躍した武将

-坂上田村麻呂の子孫といわれる田村輝顕- 田村輝顕は、南北朝時代に活躍した武将です。陸奥国の豪族・田村氏の祖とされ、坂上田村麻呂の子孫であるといわれています。 輝顕は、建武2年(1335年)に鎌倉幕府の討幕軍に属し、建武の新政に参加しました。建武3年(1336年)には、足利尊氏に降伏しましたが、その後も南朝に忠誠を尽くし、北朝軍と戦いました。 輝顕は、正平20年(1365年)に北朝軍に捕らわれて処刑されました。享年46歳でした。 輝顕は、坂上田村麻呂の子孫であるといわれており、その武勇は「坂上田村麻呂の再来」と称されました。輝顕は、南朝に忠誠を尽くし、北朝軍と戦って壮絶な最期を遂げました。輝顕の武勇と忠義は、後世の人々に語り継がれています。 輝顕は、田村氏の祖であり、その子孫は後に陸奥国の戦国大名となりました。輝顕の武勇と忠義は、田村氏代々の武家精神の源泉となっています。
歴史上の偉人

南部政持

南部政持の生涯 南部政持は、戦国時代の武将で、陸奥国の戦国大名。南部氏の19代当主。政長の子。政弥の父。 幼名は、次郎。通称は、三郎。官位は、従五位下、兵部少輔。 永正4年(1507年)、陸奥国南部郡(現・岩手県盛岡市)に生まれる。父・政長は、南部氏の18代当主。母は、奥州白河の地頭・結城政勝の娘。 永正13年(1516年)、父・政長が死去。政持が家督を継いで、南部氏の19代当主となる。 天文10年(1541年)、政持は、甲斐武田氏の武田信虎と同盟を結ぶ。 天文13年(1544年)、政持は、伊達氏の伊達晴宗と同盟を結ぶ。 天文14年(1545年)、政持は、安東氏の安東舜季と同盟を結ぶ。 弘治元年(1555年)、政持は、長尾景虎と同盟を結ぶ。 永禄5年(1562年)、政持は、本願寺顕如と同盟を結ぶ。 永禄7年(1564年)、政持は、上杉謙信と同盟を結ぶ。 元亀元年(1570年)、政持は、織田信長と同盟を結ぶ。 天正9年(1581年)、政持は、豊臣秀吉に臣従する。 天正10年(1582年)、政持は、死去。享年76。 政持の墓所は、岩手県盛岡市の天昌寺。 政持は、南部氏を戦国大名として統一し、南部氏を安土桃山時代まで続かせた名将であった。
歴史上の偉人

葛西清貞→ 南北朝時代の武将

-葛西清貞の生涯- 葛西清貞は、南北朝時代の武将です。1306年(嘉元4年)に生まれ、1365年(貞治4年)に亡くなりました。 葛西清貞は、陸奥国葛西郡(現在の宮城県大崎市)の豪族、葛西氏の出身です。葛西氏は、鎌倉時代から代々この地域を支配していました。清貞は、葛西氏の嫡男として生まれ、幼い頃から武芸に励み、弓矢の名手として知られました。 清貞は、1331年(元弘元年)に鎌倉幕府の倒幕運動に参加し、鎌倉幕府軍と戦いました。1333年(元弘3年)に鎌倉幕府が滅亡すると、清貞は後醍醐天皇の建武の新政に参加しました。しかし、建武の新政はすぐに崩壊し、清貞は陸奥国に帰りました。 1336年(建武3年)に、清貞は足利尊氏によって陸奥国の守護に任命されました。清貞は、この地域を支配し、足利尊氏の北畠顕家との戦いに参加しました。清貞は、1348年(貞和4年)に、北畠顕家を降伏させ、陸奥国を平定しました。 1352年(正平7年)に、清貞は足利直義と対立し、足利尊氏に味方しました。清貞は、足利直義を討ち、足利尊氏の勝利に貢献しました。清貞は、1356年(観応2年)に、陸奥国の守護職を辞任し、隠居しました。 清貞は、1365年(貞治4年)に亡くなりました。享年60歳でした。清貞は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて、陸奥国を支配した名将として知られています。
歴史上の偉人

上杉憲房(1) – 鎌倉-南北朝時代の武将

-上杉憲房の出自と人物- 上杉憲房は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。上杉氏の一族で、父は上杉重房、母は北条時宗の娘である。幼名は千寿丸。通称は弾正佐。官位は従五位下、左京大夫。 憲房は、鎌倉時代末期に上杉重房の嫡男として生まれました。鎌倉幕府の執権、北条時宗の娘を母としており、幼い頃から英才教育を受けました。 憲房は、成長すると鎌倉幕府に出仕し、様々な要職を歴任しました。幕府の執権、北条高時の側近として仕え、元弘の変では、朝廷軍と戦いました。しかし、鎌倉幕府は倒れ、憲房も一時的に失脚しました。 その後、憲房は後醍醐天皇に仕え、南北朝時代の初期に活躍しました。足利尊氏と戦い、一時的に京都を奪回しましたが、最終的には敗れて鎌倉に帰りました。 憲房は、鎌倉で足利尊氏と戦い、1338年に討ち死にしました。享年40歳でした。 憲房は、武勇に優れ、知略にも長けた武将でした。また、和歌や連歌をたしなむなど、文才にも恵まれていました。 憲房は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、激動の時代に生きた武将でした。その活躍は、後世に語り継がれています。
歴史上の偉人

小山朝郷 – 南北朝時代の武将

-小山朝郷の生涯- 小山朝郷(おやま ともさと)は、南北朝時代の武将。小山義政の三男。 1339年(暦応2年)に生まれる。兄である小山秀朝、小山義政が相次いで亡くなると、家督を継いで小山氏第12代当主となった。 1352年(観応3年/正平7年)、足利尊氏と足利直義が対立すると、朝郷は尊氏方に属した。しかし、1354年(観応5年/正平9年)、尊氏と直義が和睦すると、朝郷は直義方に寝返った。 1367年(貞治6年/正平22年)、直義が没すると、朝郷は尊氏方に復帰した。1368年(応安元年/正平23年)、尊氏の子である足利義詮が没すると、朝郷は義詮の子である足利義満を擁立して、上杉憲顕らと対立した。 1379年(永和5年/天授5年)、朝郷は義満と和睦した。しかし、1380年(永和6年/天授6年)、朝郷は再び義満と対立した。 1383年(永徳3年/弘和3年)、朝郷は義満に降伏し、出家して「隠山(いんさん)」と号した。同年、朝郷は死去した。 朝郷は、南北朝時代の動乱期に、小山氏を率いて活躍した武将であった。朝郷の死後、小山氏は没落した。
歴史上の偉人

春日顕国 – 南北朝時代の武将

建武3年(延元元年)に侍従となる 建武3年(延元元年)、春日顕国は侍従に任命されました。侍従とは、天皇の身辺に仕えて雑務を行う役職であり、春日顕国の高い身分と天皇からの信任の厚さを示しています。 春日顕国は、侍従として天皇に仕えながら、武功を挙げ続けました。建武4年(延元2年)には、足利尊氏の軍勢と戦い、これを撃破しました。この戦功により、春日顕国は播磨守護に任命されました。 播磨守護となった春日顕国は、足利尊氏の勢力に対抗するために、積極的に戦いました。しかし、足利尊氏の軍勢は強く、春日顕国は苦戦を強いられました。 建武5年(延元3年)、春日顕国は足利尊氏の軍勢に敗れ、播磨守護を罷免されました。春日顕国は、その後も足利尊氏に抵抗を続けましたが、やがて降伏しました。 降伏後は、春日顕国は足利尊氏に仕えました。足利尊氏からは、甲斐国守護に任命され、重用されました。春日顕国は、甲斐国守護として、足利尊氏の政権を支えました。 春日顕国は、南北朝時代の武人として、数多くの戦功を挙げました。侍従として天皇に仕え、播磨守護、甲斐国守護を歴任した春日顕国は、足利尊氏に重用された名将でした。
歴史上の偉人

田代基綱 – 南北朝時代の武将とその生涯

-田代基綱とは?- 田代基綱は、南北朝時代の武将。名は重綱とも。常陸国の出身。田代政綱の嫡男として誕生。 田代氏は、常陸国の豪族で、基綱は若くして家督を相続。その後、南朝に属して北朝と戦った。 基綱は、足利尊氏やその子である義詮の軍勢と戦い、幾度となく勝利を収めた。 しかし、やがて北朝の勢力が強大となり、基綱は敗退。南朝は衰退し、基綱もその戦いで討死した。 基綱は、南朝のために最後まで戦い抜いた武将であり、その勇猛果敢な生き様は、後世に語り継がれている。
歴史上の偉人

相馬胤頼(1324-1371):南北朝時代の武将

相馬胤頼の生涯 相馬胤頼は、1324年に福島県相馬郡で生まれた日本の武将です。彼は相馬氏第11代当主であり、南北朝時代には南朝に属して活躍しました。 胤頼は幼い頃から武術に優れており、15歳のときには父の胤村に従って戦場に出陣しています。1349年には、高師直が率いる足利軍と戦って勝利を収め、その功績によって南朝から相馬郡の守護に任命されました。 その後、胤頼は南朝の忠臣として、各地を転戦して足利軍と戦いました。1352年には、斯波高経が率いる足利軍を破って越後国に侵攻し、1356年には、北畠顕家が率いる南朝軍とともに京都を攻めましたが、足利軍に敗れて退却しました。 1368年、胤頼は北畠顕家の命を受けて再び京都に攻め込みましたが、またしても足利軍に敗れてしまいました。その後、胤頼は南朝の拠点である吉野に逃れましたが、1371年に足利軍の攻撃を受けて自害しました。 胤頼は、南朝の忠臣として足利軍と戦い続け、その武勇は敵からも恐れられました。彼の死は、南朝にとって大きな痛手となり、南北朝時代の終結を早めることになりました。 胤頼の生涯は、主に以下の4つの時期に分けることができます。 1. 幼少期と青年期(1324-1349年)胤頼は福島県相馬郡で生まれ、幼い頃から武術に優れていました。15歳のときには父の胤村に従って戦場に出陣しています。 2. 武将として活躍(1349-1368年)胤頼は、高師直が率いる足利軍と戦って勝利を収め、南朝から相馬郡の守護に任命されました。その後、南朝の忠臣として、各地を転戦して足利軍と戦いました。 3. 南朝の拠点である吉野への逃亡(1368-1371年)胤頼は、北畠顕家の命を受けて再び京都に攻め込みましたが、またしても足利軍に敗れてしまいました。その後、胤頼は南朝の拠点である吉野に逃れました。 4. 自害(1371年)胤頼は、足利軍の攻撃を受けて自害しました。 胤頼の生涯は、南北朝時代の動乱を反映したものであり、彼の武勇は敵からも恐れられました。彼の死は、南朝にとって大きな痛手となり、南北朝時代の終結を早めることになりました。
歴史上の偉人

南部信政

南部信政とは 南部信政(なんぶのぶまさ)は、戦国時代の武将です。清和源氏・新田氏流、南部氏第20代当主です。 信政は天文2年(1533年)、南部晴政の長男として生まれました。永禄2年(1559年)、父の死により家督を相続して南部氏第20代当主となりました。 信政は、南部氏の勢力を拡大するために積極的な政策を打ち出しました。永禄5年(1562年)には、三戸城を本拠としていた九戸政実を滅ぼし、三戸地方を支配下に置きました。また、永禄9年(1566年)には、野辺地地方を支配していた工藤氏を滅ぼして、野辺地を領有しました。 信政は、キリスト教の保護者としても知られています。永禄12年(1569年)には、宣教師であるオルガンティーノ・デ・キエーティを三戸に迎え入れました。キエーティは、三戸で布教活動を行い、多くの信徒を獲得しました。 信政は、天正18年(1590年)に死去しました。享年58歳でした。信政の死後、南部氏第21代当主には南部信直が就任しました。 小見出し「南部信政とは」のまとめ * 南部信政は、戦国時代の武将であり、南部氏第20代当主です。 * 信政は、南部氏の勢力を拡大するために積極的な政策を打ち出し、三戸地方や野辺地地方を領有しました。 * 信政は、キリスト教の保護者としても知られ、オルガンティーノ・デ・キエーティを三戸に迎え入れました。 * 信政は、天正18年(1590年)に死去しました。享年58歳でした。
歴史上の偉人

那珂通辰

- 那珂通辰の生涯 那珂通辰は、1854年(嘉永7年)に常陸国那珂郡額田町(現在の茨城県那珂市額田町)に生まれた。那珂家は代々庄屋を務めた名家で、通辰は8人兄弟の4男だった。幼い頃から神童と称され、那珂郡の松村良甫に儒学を学び、10代前半には早くも漢詩を詠むようになったという。 1871年(明治4年)、通辰は上京して大学南校(現在の東京大学)に入学。ここでは、漢学を専攻し、明治初期の漢学界を代表する学者である重野安繹や島田重礼らに師事した。また、同校では、のちに日本の仏教学者や日本文学研究者として活躍することになる楠瀬幸彦とも親しく交流した。 1876年(明治9年)、通辰は大学南校を卒業し、文部省に入省。翌年には、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)の教授に就任した。ここでは、主に中国語と朝鮮語を担当し、多くの優秀な人材を育てた。 1883年(明治16年)、通辰は東京帝国大学(現在の東京大学)の教授に就任。ここでは、漢学と東洋史を担当し、日本における東洋学研究の基礎を築いた。また、同大学では、のちに日本の国語学者として活躍することになる上田万年とも親しく交流した。 1894年(明治27年)、通辰は東京帝国大学の総長に就任。しかし、在任中に日清戦争が勃発し、彼は戦時下の大学の運営に苦悩した。また、この頃から健康を害し、1896年(明治29年)に総長を辞任した。 1908年(明治41年)、通辰は東京帝国大学名誉教授の称号を授与され、翌1909年(明治42年)に死去した。享年56。 通辰は、日本における東洋学研究の草分け的存在であり、その業績は今日なお高く評価されている。また、彼は教育者としても多くの優秀な人材を育て、日本の近代化に貢献した。
歴史上の偉人

相馬光胤-鎌倉・南北朝時代の武将

相馬光胤の生涯 相馬光胤は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将である。相馬氏の祖とされ、相馬家初代当主となった。 奥州総奉行・長崎高綱の三男、建武4年(1337年)に生まれた。光胤の父、高綱は、建武5年(1338年)に九州で戦死し、その後は叔父である塩冶高貞(塩冶判官高貞)に育てられた。 光胤は元服後に鎌倉幕府に出仕し、執権・北条高時より偏諱を受け、光胤と名乗った。元弘3年/正慶2年(1333年)に鎌倉幕府が倒れると、光胤は奥州に逃れ、塩冶高貞とともに北条氏残党の討伐に努めた。 建武の新政では、光胤は陸奥守に任じられた。しかし、建武政権が崩壊すると、光胤は北畠顕家に従って、再び奥州で北条氏残党と戦った。 南北朝時代に入ると、光胤は南朝に属し、北朝方の斯波兼頼と戦った。正平11年/文和元年(1352年)に兼頼が奥州に侵攻すると、光胤はこれを撃退し、南朝方の奥州支配を維持した。 その後も、光胤は、奥州で北朝方と戦い、南朝方の奥州支配を維持した。応安7年(1374年)に光胤は死去した。享年38。 光胤は、相馬氏の祖として、相馬家歴代当主から尊敬された。また、光胤の死後も、相馬氏は南朝方に属し、南北朝時代の終結まで南朝方の奥州支配を維持した。
歴史上の偉人

北畠顕家(1318-1338)

-# 北畠顕家(1318-1338) -- 北畠顕家の生涯 北畠顕家は、南北朝時代の公卿・武人。大納言・北畠親房の長男。官位は従二位権大納言。 1318年に京都で生まれた。1331年、14歳のときに元服し、顕家と名乗った。1333年に鎌倉幕府が滅亡すると、父・親房とともに京都に帰還。建武政権の成立に貢献した。 1336年、足利尊氏が建武政権を離反して京都を占領すると、顕家は父・親房とともに吉野に逃れ、南朝を樹立した。顕家は南朝の総大将として、尊氏と戦った。 1338年、顕家は尊氏に敗れて戦死した。享年21。 顕家は、南朝の忠臣として知られている。その生涯は、太平記や神皇正統記などの歴史書に描かれている。 顕家の墓は、奈良県吉野町の吉野水分神社にある。
歴史上の偉人

広橋経泰とは?南北朝時代の武将における業績

-広橋経泰の生涯と経歴- 広橋経泰は、南北朝時代の武将で、南朝に仕えました。治暦元年(1326年)に生まれ、文和元年(1352年)に亡くなりました。父は広橋経光、母は源氏とされています。広橋氏は、藤原北家真夏流の公家であり、経泰は室町幕府の御料所だった大和国添上郡広瀬庄を所領としていました。 経泰は、南朝の忠臣として知られ、足利尊氏と戦いました。正平6年(1351年)、尊氏が南朝を攻撃するために九州に渡ると、経泰は南朝の楠木正成らとともに尊氏を迎え撃ちました。しかし、尊氏は南朝軍を破り、南朝は京都を追われることとなりました。 経泰は、南朝が吉野に遷った後も尊氏と戦い続けました。正平10年(1355年)、尊氏が吉野を攻撃すると、経泰は南朝の軍勢を率いて尊氏を迎え撃ちました。しかし、南朝軍は再び尊氏に敗れ、経泰は戦死しました。 経泰は、南朝に忠誠を尽くし、最後まで尊氏と戦った武将でした。その死は、南朝にとって大きな損失であり、南朝の滅亡を早めることとなりました。
歴史上の偉人

田代顕綱とは?南北朝時代の武将を解説

-田代顕綱の生涯- 田代顕綱は、南北朝時代の武将で、室町幕府の奉公衆として活躍しました。斯波氏の一族であり、斯波氏綱の次男として生まれました。 顕綱は、若くして足利尊氏に仕え、延元元年(1336年)の建武の乱では、尊氏に従って各地を転戦しました。尊氏が室町幕府を開いた後は、奉公衆となり、細川頼之とともに足利義満の近習を務めました。 義満の死後は、足利義持に仕え、応永8年(1400年)に勃発した応永の乱では、幕府軍の主力として戦い、上杉禅秀の軍勢を破りました。この功績により、顕綱は越中守護に任じられ、加賀・能登・越後の守護代も兼ねました。 その後、顕綱は室町幕府の政務にも参与し、評定衆や管領代を務めました。しかし、応永23年(1415年)に発生した嘉吉の乱では、赤松満祐に襲われて自害しました。 顕綱は、室町幕府の初期を支えた有力な武将であり、その死は幕府にとって大きな痛手となりました。
歴史上の偉人

茂木知世ー南北朝時代の武将

-茂木知世ー南北朝時代の武将- -南北朝時代の武将 茂木知世- 茂木知世は、南北朝時代の武将である。奥州信夫郡茂木城主。通称は浜四郎。出羽の豪族である伊達宗家の流れをくむ茂木氏の一族である。 知世は、1193年に茂木時綱の子として生まれる。1331年に元弘の乱が勃発すると、知世は鎌倉幕府軍に属して各地を転戦した。1333年、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒して建武政権を樹立すると、知世は建武政権に仕えた。しかし、1336年に足利尊氏が建武政権を倒して室町幕府を樹立すると、知世は足利尊氏に仕えた。 知世は、足利尊氏に従って各地を転戦し、功績を挙げた。1339年、知世は奥州信夫郡茂木城の城主となる。茂木城は、奥州と鎌倉を結ぶ要衝の地であり、知世は茂木城を拠点として奥州の支配を強めた。 知世は、1349年に死去した。享年57歳。知世の死後、茂木氏は衰退していった。 知世は、南北朝時代の武将として活躍した人物である。知世は、足利尊氏に従って各地を転戦し、功績を挙げた。また、知世は奥州信夫郡茂木城の城主として奥州の支配を強めた。知世の死後、茂木氏は衰退していったが、知世の功績は忘れられていない。
歴史上の偉人

伊賀盛光 – 鎌倉~南北朝時代の武将

-伊賀盛光の生涯- 伊賀盛光は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。伊賀国(現在の三重県伊賀市)の出身で、伊賀氏の流れを汲む武士でした。 盛光は、鎌倉幕府の御家人として仕え、元弘の乱では後醍醐天皇方に味方して鎌倉幕府を打倒しました。鎌倉幕府が滅亡した後、建武の新政に参加しましたが、やがて足利尊氏に反旗を翻し、北条氏と結んで尊氏と戦いました。 尊氏との戦いに敗れた盛光は、伊賀国に逃れ、そこで再起を図りました。しかし、尊氏の追討軍に攻められ、伊賀国を離れて各地を転戦しました。 やがて盛光は、南朝方の有力武将である楠木正成と合流し、尊氏と戦いました。しかし、正成が戦死すると、盛光もまた戦いに敗れ、自害しました。 盛光は、鎌倉幕府の御家人として仕え、元弘の乱では後醍醐天皇方に味方して鎌倉幕府を打倒しました。鎌倉幕府が滅亡した後、建武の新政に参加しましたが、やがて足利尊氏に反旗を翻し、北条氏と結んで尊氏と戦いました。尊氏との戦いに敗れた盛光は、伊賀国に逃れ、そこで再起を図りました。しかし、尊氏の追討軍に攻められ、伊賀国を離れて各地を転戦しました。やがて盛光は、南朝方の有力武将である楠木正成と合流し、尊氏と戦いました。しかし、正成が戦死すると、盛光もまた戦いに敗れ、自害しました。
歴史上の偉人

「伊賀光長」

-伊賀光長の生涯- -誕生と幼少期- 伊賀光長は、1558年に伊賀国忍者の名家である服部半蔵の息子として生まれました。幼い頃から武芸の才能を発揮し、特に剣術と忍術を得意としました。 -織田信長への仕官- 光長は、織田信長の家臣である明智光秀の推薦で、織田信長に仕官することになりました。光長は、信長の側近として仕え、数々の戦いで活躍しました。特に、1582年の本能寺の変では、信長の自害を助け、逃亡を支援しました。 -豊臣秀吉への仕官- 本能寺の変の後、光長は豊臣秀吉に仕官しました。秀吉は、光長の武勇を高く評価し、数々の重要任務を託しました。特に、1592年の文禄・慶長の役では、秀吉の命を受けて朝鮮に渡海し、数々の戦いで活躍しました。 -徳川家康への仕官- 秀吉の死後、光長は徳川家康に仕えました。家康は、光長の忠義と武勇を信頼し、数々の重責を担わせました。特に、1600年の関ヶ原の戦いでは、光長は家康の軍勢を率いて戦い、勝利に貢献しました。 -晩年- 関ヶ原の戦いの後、光長は伊賀国の伊賀上野城を領地として与えられ、晩年を過ごしました。光長は、1632年に75歳で亡くなりました。 -伊賀光長の功績- 伊賀光長は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑に仕えた名将です。光長は、数々の戦いで活躍し、主君たちの信頼を得ました。光長は、伊賀流忍術の祖としても知られており、その武勇は後世まで語り継がれています。