医学

歴史上の人物

庸山景庸-戦国時代・江戸時代前期の僧侶

-# 庸山景庸の生涯 庸山景庸は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した曹洞宗の僧侶です。安芸国(現在の広島県)に生まれ、京都の建仁寺で出家しました。その後、九州を巡り、筑前国(現在の福岡県)の宗像郡に庸山寺を建立しました。 庸山景庸は、禅の修行に励み、多くの弟子を育てました。また、曹洞宗の教学を体系化し、曹洞宗の発展に貢献しました。庸山景庸の著書には、『庸山和尚語録』、『庸山和尚法語』、『庸山和尚伝灯録』などがあります。 庸山景庸は、1633年(寛永10年)に81歳で亡くなりました。庸山景庸は、曹洞宗の宗祖である道元禅師に次ぐ、曹洞宗の二祖とされています。
学術分野の人

都築正男

-都築正男の生涯と功績- 都築正男は、1890年(明治23年)に新潟県南蒲原郡(現在の長岡市)で生まれました。1914年(大正3年)に東京帝国大学工学部土木工学科を卒業後、内務省に入省しました。内務省では、道路や河川の建設に携わり、1923年(大正12年)には、関東大震災復興事業の技師長に任命されました。 関東大震災復興事業では、道路や河川の復旧だけでなく、下水道や公園の整備など、東京の都市計画にも大きく貢献しました。特に、青山通りや外苑通りの整備は、都築正男の功績として知られています。 1927年(昭和2年)には、内務省を退官し、東京市土木局長に就任しました。東京市土木局長時代には、隅田川の改修工事や、皇居前広場の整備など、東京の都市計画にさらに貢献しました。 1932年(昭和7年)には、東京市長に就任しました。東京市長時代には、東京オリンピック誘致に尽力し、1940年(昭和15年)に東京オリンピックの開催が決定しました。しかし、第二次世界大戦の勃発により、東京オリンピックは中止となりました。 1943年(昭和18年)には、東京都知事に就任しました。東京都知事時代には、戦災復興事業や、東京都の財政再建に尽力しました。1946年(昭和21年)には、公職追放となり、東京都知事を辞任しました。 都築正男は、1961年(昭和36年)に死去しました。都築正男の功績を称え、東京都庁舎には都築正男の銅像が建てられています。
歴史上の人物

竹内玄同 – 江戸時代後期の医師

将軍家の侍医となる 竹内玄同は、将軍家の侍医として仕えた医師です。玄同は、1783年に江戸で生まれました。父は医師の竹内玄寿、母は内藤氏です。玄同は、幼い頃から医学を学び、1804年に江戸幕府の侍医見習いとなりました。1808年に侍医に昇進し、将軍家の侍医を務めました。玄同は、将軍家の健康を管理し、将軍家の病気の治療にあたりました。玄同は、将軍家の信頼を得て、将軍家の侍医として長年仕えました。玄同は、1855年に江戸で亡くなりました。 玄同は、将軍家の侍医として仕えただけでなく、医学の研究にも熱心でした。玄同は、1820年に『医説集約』を出版しました。この本は、玄同が長年医学を研究して得た知識をまとめたものです。『医説集約』は、江戸時代の医学書として高く評価され、多くの医師に読まれました。玄同は、また、江戸幕府の医学館で医学を教えました。玄同は、医学の研究と教育に尽力し、江戸時代の医学の発展に貢献しました。
学術分野の人

「吉田石痴」

-吉田石痴の生涯- 吉田石痴(1866-1950)は、明治から昭和に活躍した日本の日本画家。本名は吉田栄三。和歌山県日高郡加智浜村(現・御坊市)に生まれる。幼少の頃から絵を好み、10歳の頃には地元の画家・和田三右衛門に師事し、本格的に絵を学び始める。 1880年(明治13年)、15歳の時に上京し、芳崖に師事。芳崖の指導の下、日本画の技法を本格的に学ぶ。1885年(明治18年)、東京美術学校に入学し、1890年(明治23年)に卒業。在学中には、日本美術院の創立に参加し、院展に出品し始める。 1893年(明治26年)、日本美術院を退会し、東京に独立して画塾を開く。1895年(明治28年)、『読売新聞』の挿絵画コンクールで入選し、一躍有名になる。1900年(明治33年)、パリ万国博覧会に出品し、銀メダルを受賞。1907年(明治40年)、東京美術学校教授に就任。1911年(明治44年)、ローマ万国博覧会に出品し、金メダルを受賞。 1919年(大正8年)、日本芸術院会員に推挙される。1923年(大正12年)、関東大震災で自宅兼画塾が焼失し、多くの作品を喪失する。しかし、震災後は精力的に創作活動を続け、1928年(昭和3年)には『読売新聞』の社屋に大きな壁画を制作。1931年(昭和6年)、帝国美術院会員に推挙される。 1940年(昭和15年)、文化勲章を受章。1945年(昭和20年)、太平洋戦争で自宅兼画塾が空襲で焼失し、多くの作品を喪失する。しかし、戦後は再び精力的に創作活動を続け、1949年(昭和24年)には日本芸術院院長に就任。翌1950年(昭和25年)、85歳で死去。 吉田石痴は、明治から昭和にかけて活躍した日本の日本画家。伝統的な日本画の技法を駆使しながら、西洋の写実主義を取り入れた独自の画風を確立した。また、日本美術院の創立に参加するなど、日本画壇の発展に大きく貢献した。
学術分野の人

「太田裕祥」(1915-1991)

-昭和-平成時代の皮膚科・泌尿器科医- 太田裕祥(1915-1991)は、昭和-平成時代の皮膚科・泌尿器科医。 1915年、福島県に生まれる。1943年、京都帝国大学医学部を卒業。 1948年、京都帝国大学医学部皮膚科に入局。1955年、京都大学医学部皮膚科助教授に就任。1963年、京都大学医学部教授に就任。 1973年、京都大学医学部付属病院長に就任。1977年、京都大学学長に就任。 1981年、京都大学退官。1982年、京都府医師会長に就任。 1991年、京都にて死去。 太田は、皮膚科・泌尿器科の分野において、多くの業績を残した。 皮膚科の分野では、乾癬、アトピー性皮膚炎、尋常性白斑などの治療法の開発に貢献した。 また、泌尿器科の分野では、前立腺肥大症、膀胱炎、腎盂腎炎などの治療法の開発に貢献した。 太田は、日本皮膚科学会の会長、日本泌尿器科学会の会長などを歴任した。また、国際皮膚科学会、国際泌尿器科学会などの会員でもあった。 太田は、皮膚科・泌尿器科の分野において、世界的に著名な医師であった。
学術分野の人

戸川篤次博士の生涯と業績

-戸川篤次博士の生涯と業績- -戸川篤次博士の生い立ち- 戸川篤次博士は、1926年(大正15年)3月3日に愛知県名古屋市に生まれました。父は医師であり、母は主婦でした。篤次博士は幼い頃から勉強好きで、成績も優秀でした。また、スポーツも得意で、水泳やテニスをよくしていました。 篤次博士は、名古屋大学医学部を卒業した後、東京大学医学部で博士号を取得しました。その後、東京大学医学部で助教授となり、1967年には教授に昇進しました。篤次博士は、1976年に名古屋大学医学部長に就任し、1990年に退官しました。 篤次博士は、消化器の研究において大きな功績を残しました。特に、胃潰瘍や大腸癌の研究においては、世界的な権威として知られています。篤次博士の研究成果は、胃潰瘍や大腸癌の治療法の開発に大きく貢献しました。 篤次博士は、研究活動だけでなく、教育活動にも力を入れていました。篤次博士は、名古屋大学医学部の学生に多くの講義を行いました。また、篤次博士は、日本消化器科学会の会長や日本癌学会の会長を務めるなど、消化器の研究や癌の研究の普及に努めました。 篤次博士は、2011年(平成23年)12月25日に亡くなりました。享年85歳でした。篤次博士は、消化器の研究において大きな功績を残した偉大な医師であり、研究者でした。
学術分野の人

「大角真八」(1887-1957)

-医学者としての大角真八- 大角真八は、1887年に茨城県で生まれ、1957年に亡くなった医学者です。彼は、現在の東京大学医学部にあたる東京帝国大学医科大学を卒業後、ドイツに留学し、医学を学びました。帰国後、東京帝国大学医科大学教授に就任し、細菌学と免疫学の分野において多くの功績を残しました。 大角真八の医学者としての功績は、細菌学と免疫学の分野において顕著です。彼は、赤痢菌の病原性を解明し、赤痢の治療法を確立しました。また、免疫学の分野においても、免疫グロブリンの構造と機能を明らかにし、免疫応答の仕組みを解明するなど、大きな功績を残しました。 大角真八は、医学者としてだけでなく、教育者としても活躍しました。彼は、東京帝国大学医科大学で多くの学生を指導し、医学界の発展に貢献しました。また、日本細菌学会の初代会長を務めるなど、医学界の発展に尽力しました。 大角真八の医学者としての功績は、現在でも高く評価されており、彼の研究成果は、現代の医学の発展に大きな影響を与えています。
学術分野の人

芳賀栄次郎:レントゲンとシベリアの男

芳賀栄次郎は、1885年(明治18年)に、青森県三戸郡斗川村(現在の三戸町)に生まれました。家は、貧しい農家で、兄弟は10人でした。芳賀は、幼い頃から、頭がよく、勉強好きで、成績はいつもトップでした。しかし、家が貧しかったため、小学校を卒業後は、働きに出なければなりませんでした。 芳賀は、最初は、郵便配達員をしましたが、その後、軍隊に入隊しました。軍隊では、軍医として働いていました。そこで、レントゲン装置の存在を知り、レントゲンの研究に没頭しました。 除隊後は、東京帝国大学医学部に進学し、医学を学びました。大学卒業後は、東京帝国大学医学部付属病院に勤務しました。そこで、レントゲンの研究を続け、多くの業績を残しました。 その後、芳賀は、シベリアに渡り、シベリア抑留者の医療に尽力しました。シベリアでは、劣悪な環境で、多くの抑留者が亡くなっていきました。芳賀は、抑留者たちの命を救うために、奮闘しました。 芳賀は、シベリア抑留中に、栄養失調と疲労で亡くなりました。享年50歳でした。しかし、芳賀の業績は、今もなお、人々から敬意を集めています。
学術分野の人

名倉重雄:骨接ぎ医の七代目、名古屋大学整形外科初代教授

-七代目に受け継がれた骨接ぎの技術- 名倉重雄は、愛知県渥美郡吉良町(現・田原市)に生まれ、骨接ぎ医の七代目として育ちました。骨接ぎとは、骨折や脱臼などの骨の損傷を、用手して整復することです。 名倉家は、江戸時代から代々骨接ぎ医をしており、重雄も幼い頃から家業を手伝っていました。重雄は、骨接ぎの技術を父から学び、18歳で骨接ぎ医として開業しました。 重雄は、骨接ぎ医として多くの患者を診てきました。その中には、骨折や脱臼だけでなく、関節炎やリウマチなどの慢性的な痛みを抱えている患者もいました。 重雄は、患者一人ひとりの症状に合わせて、適切な治療を行っていました。重雄の治療は、手技療法を主体としたもので、薬物や手術はできるだけ使わないようにしていました。 重雄の治療は、多くの患者に効果をもたらしました。中には、長年痛みを抱えていた患者が、重雄の治療を受けて痛みが消えたという例もありました。 重雄の骨接ぎの技術は、七代目に受け継がれています。重雄の息子である名倉重雄二は、名古屋大学整形外科の教授を務めており、骨接ぎの技術を後世に伝えています。 重雄の骨接ぎの技術は、日本の伝統的な医療技術として、現在でも多くの人々に支持されています。
学術分野の人

稲野信濃

-稲野信濃 生い立ちと経歴- 稲野信濃は、1907年(明治40年)6月18日、石川県金沢市に生まれた。本名は稲野信太郎。父は陸軍の将校であり、母は地元の資産家の娘であった。 稲野信濃は、幼少期から剣道や相撲などの武術を好み、スポーツ万能であった。また、勉強も得意で、金沢市立第一中学校に入学後は、常に成績優秀であった。 中学卒業後は、東京帝国大学法学部に進学。在学中は、学生運動に参加し、社会主義思想に傾倒した。卒業後は、弁護士として活動する傍ら、社会運動にも積極的に参加した。 1932年(昭和7年)、稲野信濃は、社会大衆党に参加。翌1933年(昭和8年)には、衆議院議員に当選した。しかし、1936年(昭和11年)に社会大衆党が解散させられたため、稲野信濃は議員を辞職した。 その後、稲野信濃は、中国やソ連に亡命生活を送った。しかし、1945年(昭和20年)に日本に帰国。翌1946年(昭和21年)には、日本社会党の結成に参加した。 1947年(昭和22年)、稲野信濃は、東京都議会議員に当選。東京都議会では、副議長を務めた。また、1955年(昭和30年)には、衆議院議員に再当選した。 稲野信濃は、1963年(昭和38年)に、日本社会党書記長に就任。1964年(昭和39年)には、委員長に就任した。稲野信濃は、委員長として、社会党の右派と左派の融和を図り、党の体質改善に努めた。また、1972年(昭和47年)に、日中国交正常化を実現させるなど、外交政策でも大きな業績を残した。 稲野信濃は、1973年(昭和48年)に委員長を辞任。その後は、参議院議員として活躍した。1983年(昭和58年)に政界を引退した。 稲野信濃は、2000年(平成12年)6月18日に死去。享年93歳であった。
学術分野の人

知られざる学者-沢井鶴汀の生涯と業績

儒者と医師としての卓越した功績 沢井鶴汀は、儒者としても医師としても卓越した功績を残した人物である。 儒者としては、朱子学を基調とした独自の思想を展開し、多くの門人を育てた。彼の思想は、儒教の伝統的な価値観を重視しつつも、新しい時代の要請にも応えるものであった。また、彼は「大学」の注釈書である「大学章句」を著し、儒教の古典の解釈に新しい視点を提示した。 医師としては、漢方医学に優れた才能を発揮し、多くの患者を救った。彼は、薬物の調合や鍼灸の技術に精通しており、また、患者の心理状態にも配慮した治療を行った。彼の医術は、患者だけでなく、他の医師からも高く評価された。 沢井鶴汀は、儒者と医師として、それぞれ卓越した功績を残した人物である。彼の思想と医術は、今日でも多くの人の尊敬を集めている。 以下、沢井鶴汀の儒者と医師としての功績について、具体的に述べる。 儒者としての功績 沢井鶴汀は、朱子学を基調とした独自の思想を展開し、多くの門人を育てた。 沢井鶴汀の学は、儒教の伝統的な価値観を重視しつつも、新しい時代の要請にも応えるものであった。彼は、「人は生まれながらにして性善なり」という孟子の思想を高く評価し、人間には善の性があると主張した。また、彼は、「仁」を儒教の根本的な徳目と捉え、仁の実践こそが人間を完成させるものだと説いた。 沢井鶴汀の思想は、多くの人々に感化を与え、彼の門下には、多くの優秀な儒者が輩出した。中でも、荻生徂徠、伊藤仁斎、室鳩巣などは、日本儒学史に名を残す著名な儒者である。 医師としての功績 沢井鶴汀は、漢方医学に優れた才能を発揮し、多くの患者を救った。 沢井鶴汀は、薬物の調合や鍼灸の技術に精通しており、また、患者の心理状態にも配慮した治療を行った。例えば、彼は、患者の不安や悩みをじっくりと聴き、心のケアにも努めたという。 沢井鶴汀の医術は、患者だけでなく、他の医師からも高く評価された。彼は、江戸時代を代表する名医の一人とされ、多くの患者が彼の診察を求めて遠方から訪れたという。 沢井鶴汀は、儒者と医師として、それぞれ卓越した功績を残した人物である。彼の思想と医術は、今日でも多くの人の尊敬を集めている。
学術分野の人

「荒井恒雄」

荒井恒雄の生涯 荒井恒雄は、1882年(明治15年)12月22日、東京府麹町区(現在の東京都千代田区)に生まれた。父は、海軍将校の荒井定吉、母は、森喜一の妹である。 荒井は、1905年(明治38年)に海軍兵学校を卒業し、海軍少尉に任官された。その後、日露戦争に従軍し、1907年(明治40年)に海軍中尉に昇進した。 1913年(大正2年)に、荒井は海軍大学校を卒業し、海軍少佐に昇進した。その後、海軍省軍務局員、海軍軍令部参謀、海軍省海軍戦略研究委員長などを歴任した。 1923年(大正12年)に、荒井は海軍中将に昇進し、第1艦隊司令長官に任命された。その後、海軍省軍令部第1部長、海軍大臣などを歴任した。 1937年(昭和12年)に、荒井は海軍大将に昇進し、連合艦隊司令長官に任命された。その後、太平洋戦争に従軍し、1942年(昭和17年)に戦死した。 荒井は、日本の海軍史上において、最も優れた軍人の一人とされている。その生涯は、数多くの映画やドラマの題材にもなっている。
学術分野の人

泌尿器科学の先駆者 楠隆光:わが国初の腎移植手術の執刀医

-楠隆光の生涯医学界に功績を残した泌尿器科学者- 楠隆光は、1922年に大阪府に生まれ、1944年に大阪医科大学を卒業した日本の泌尿器科学者です。彼は、わが国初の腎移植手術の執刀医として知られており、泌尿器科学の分野に多大な功績を残しました。 楠隆光は、1949年に大阪医科大学泌尿器科に入局し、1953年に講師、1958年に助教授、1965年に教授に昇進しました。彼は、1968年にわが国初の腎移植手術を成功させ、その後も腎移植手術の普及に努めました。また、1979年から1981年まで日本泌尿器科学会の会長を務め、泌尿器科学の学術研究の発展に貢献しました。 楠隆光は、1989年に大阪医科大学を定年退官し、名誉教授となりました。その後も、大阪医科大学泌尿器科の客員教授として指導を続け、1999年に逝去しました。 楠隆光は、泌尿器科学の分野に多大な功績を残した偉大な医師でした。彼の業績は、今日でも多くの医師や患者に恩恵をもたらしています。 -功績- 楠隆光の功績は、主に以下の3つです。 * -わが国初の腎移植手術の執刀- 楠隆光は、1968年にわが国初の腎移植手術を成功させました。この手術は、当時としては画期的なもので、腎移植手術の普及に大きく貢献しました。 * -泌尿器科学の学術研究の発展- 楠隆光は、日本泌尿器科学会の会長を務め、泌尿器科学の学術研究の発展に貢献しました。彼は、泌尿器科学に関する多くの論文を発表し、泌尿器科学の教科書を執筆しました。 * -泌尿器科学の人材育成- 楠隆光は、大阪医科大学泌尿器科の教授として、多くの泌尿器科学者を育成しました。彼の教えを受けた医師は、日本各地で泌尿器科の診療や研究に携わっており、泌尿器科学の発展に貢献しています。
学術分野の人

吉雄菊瀕 – 幕末から明治時代の医師

-吉雄菊瀕の生涯- 吉雄菊瀕は、1820年に筑後国久留米藩(現在の福岡県久留米市)に生まれました。父は吉雄文義と言い、医師でした。菊瀕は幼い頃から聡明で、文学や医学を好んで学びました。1835年に、16歳の時に江戸に出て、蘭方医である松本良順の門下に入りました。松本良順は、西洋医学の導入に貢献した医師で、菊瀕は良順から西洋医学を学びました。 1842年、菊瀕は江戸に開業し、西洋医学の普及に努めました。菊瀕は、西洋医学の書物を翻訳し、西洋医学の知識を日本の医師に広めました。また、菊瀕は、蘭方医の組織である「蘭学会」の設立にも協力しました。蘭学会は、西洋医学の普及を目的とした組織で、菊瀕は蘭学会の幹事として活躍しました。 1868年、明治維新が起こり、日本は近代化を進め始めました。菊瀕は、明治政府の衛生局に勤務し、日本の衛生行政の整備に貢献しました。菊瀕は、伝染病の予防や、衛生施設の整備などに尽力しました。 1883年、菊瀕は死去しました。菊瀕は、西洋医学の導入に貢献し、日本の近代化に貢献した医師でした。菊瀕の功績は、現在も高く評価されています。
歴史上の人物

– 増山守正 (1827-1901)

増山守正の生涯 増山守正は、1827年(文政10年)に薩摩藩(現在の鹿児島県)で生まれました。尊皇攘夷思想の強い薩摩藩士の家庭に育ち、幼い頃から剣術や乗馬に親しみ、文武両道を修めました。 1864年(元治元年)、長州藩(現在の山口県)が幕府に攻め込まれた際に、薩摩藩は長州藩を支援するため出兵しました。増山守正は、この出兵に参加し、長州藩とともに幕府軍と戦いました。 1868年(慶応4年)、薩摩藩や長州藩を中心とした倒幕派が幕府を倒し、明治政府が樹立されました。増山守正は、新政府に出仕し、陸軍省や内務省で働きました。 1877年(明治10年)、西南戦争が勃発しました。西南戦争は、明治政府と薩摩藩を中心とした反政府勢力との内戦で、増山守正は薩摩藩側に立って戦いました。しかし、政府軍に敗れ、薩摩藩は降伏しました。 西南戦争の後、増山守正は政府軍によって逮捕されましたが、まもなく釈放されました。その後、増山守正は郷里の鹿児島県に戻り、余生を過ごしました。1901年(明治34年)に75歳で亡くなりました。 増山守正は、尊皇攘夷思想の強い薩摩藩士として活躍し、倒幕運動や西南戦争に参加しました。また、明治政府に出仕し、陸軍省や内務省で働きました。晩年は郷里の鹿児島県に戻り、余生を過ごしました。
学術分野の人

福士政一

-福士政一とは?- 福士政一とは、日本の政治家で、元参議院議員です。1938年生まれ、石川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、1967年に石川県議会議員に当選。1980年に参議院議員に当選し、4期務めました。 福士政一は、参議院予算委員会委員長、参議院商工委員会委員長、参議院総務委員会委員長などを歴任しました。また、自由民主党石川県連会長も務めました。 福士政一は、2010年に引退し、現在は政界を離れています。 福士政一は、参議院議員として、地方自治制度の改革や産業振興などに尽力しました。また、自由民主党石川県連会長として、石川県の発展に貢献しました。 福士政一は、石川県民から厚い信頼を寄せられており、引退後も石川県政に大きな影響力を持っています。
歴史上の人物

カスパル:長崎に西洋医学を広めたドイツ人医師

- カスパルの生涯 1703年、ドイツのハーナウに生まれたカスパルは、1728年にオランダのアムステルダムに留学し、そこで医学を学びました。1733年に卒業した後、彼はオランダ東インド会社の船医として長崎に派遣されました。 長崎に着いたカスパルは、早速長崎奉行所でオランダ商館の医師として働き始めました。彼は、長崎に西洋医学を広めるために尽力し、1738年にはオランダ商館の敷地内に「ランベルツ・カイコウド」という診療所を開設しました。 ランベルツ・カイコウドは、西洋医学を学ぶ日本の医学生たちにとって貴重な存在となり、多くの医学生たちがここで学びました。カスパルは、これらの医学生たちに西洋医学の知識を教えるだけでなく、蘭学の重要性も説きました。 カスパルは、長崎で約30年間働き、1763年に帰国しました。彼は、帰国後も日本の医学の発展に関心を持ち続け、日本から送られてくる医学書を翻訳してヨーロッパの医師たちに紹介しました。 カスパルは、日本の医学の発展に大きな貢献をした医師であり、蘭学の普及にも貢献しました。彼は、日本の近代化に大きな影響を与えた人物の一人です。
学術分野の人

「松坂義正」とは?

医師として歩んだ生涯 松坂義正は、1870年9月14日に熊本県熊本市で生まれました。1896年に東京帝国大学医科大学を卒業した後、同大学附属病院の内科医として勤務しました。1901年にドイツ留学を命じられ、ベルリン大学、ハイデルベルク大学で内科を学びました。1904年に帰国後、東京帝国大学医科大学の内科教授に就任しました。 松坂義正は、内科の領域で多くの業績を残しました。特に、消化器疾患の研究に力を入れ、胃潰瘍、胃がん、腸チフスなどの疾患について多くの論文を発表しました。また、日本の内科医学の教育にも尽力し、多くの医師を育て上げました。 松坂義正は、1923年に東京帝国大学を退官し、その後は東京女子医科大学の内科教授として勤務しました。1934年に退職した後も、東京慈恵会医科大学の内科教授として非常勤で講義を続けました。 松坂義正は、1945年7月14日に東京で死去しました。74歳没。松坂義正は、日本の内科医学の発展に貢献した偉大な医師でした。
経済分野の人

大井卜新の生涯-明治から大正時代の医師、実業家

-大井卜新の生い立ちと医学への扉- 大井卜新は、1863年(文久3年)に三重県度会郡小俣村(現・南伊勢町)に生まれました。父は大井孝次、母はフタエです。卜新は、幼い頃から聡明で、読書を好む少年でした。1877年(明治10年)、14歳の時に度会郡立度会中学校に入学し、首席で卒業しました。 卒業後は、東京医学校(現・東京大学医学部)に進学し、医学を学びました。1885年(明治18年)に卒業し、医師免許を取得しました。その後、東京病院(現・東京大学病院)や横浜病院(現・横浜市立大学病院)に勤務しました。 1887年(明治20年)、卜新は、医学を学ぶためにドイツに留学しました。ベルリン大学やミュンヘン大学で学び、1891年(明治24年)に帰国しました。帰国後は、東京慈恵会医科大学(現・東京慈恵会医科大学)の教授に就任しました。 卜新は、医学の研究と教育に熱心に取り組み、多くの業績を残しました。特に、細菌学の分野で活躍し、コレラ菌やチフス菌の研究を行いました。また、医学教育にも力を入れ、東京慈恵会医科大学の発展に貢献しました。 1900年(明治33年)、卜新は、東京慈恵会医科大学の学長に就任しました。学長としては、医学教育の充実を図り、多くの優秀な医師を輩出しました。また、医学研究にも力を入れ、多くの業績を残しました。 1920年(大正9年)、卜新は、東京慈恵会医科大学の学長を辞任しました。その後も、医学の研究と教育に携わり、1931年(昭和6年)に亡くなりました。
歴史上の人物

「紀国守」~平安時代前期の医師~

紀国守の生い立ちと経歴 紀国守は、平安時代前期に活躍した医師です。生年は不詳ですが、8世紀後半に生まれたと推定されています。紀氏は、日本を代表する名門貴族の一つで、紀国守もその一族に連なる人物でした。父は紀古麻呂、母は橘奈良麻呂の娘であり、兄弟に紀古佐美、紀古麻呂、紀古安名、紀古為などがおりました。 紀国守は、幼い頃から聡明で、学問に優れていました。16歳の時、大学寮に入学し、医学を学びました。大学寮は、平安京に置かれた最高学府で、貴族の子弟が学問を修める場所でした。紀国守は、大学寮で医学の基礎を学び、その後、医師として活躍することになります。 紀国守の医師としての経歴は、不明な部分が多いですが、桓武天皇の侍医を務めていたと伝えられています。桓武天皇は、紀国守の学識を高く評価し、宮中に召し抱えたのです。紀国守は、桓武天皇の侍医として、天皇の健康管理に努めました。また、紀国守は、医学に関する著作も残しています。その中の一つが、『医心方』です。『医心方』は、紀国守の医学知識をまとめたもので、平安時代における医学の教科書として広く用いられました。 紀国守は、平安時代前期の医学に大きな功績を残した医師です。紀国守の医学に関する著作は、後世の医師たちに大きな影響を与え、日本の医学の発展に貢献しました。
歴史上の人物

「小宮山謙亭」

小宮山謙亭 小宮山謙亭について 小宮山謙亭(1761-1806)は、日本の江戸時代中期の医師、本草学者、博物学者です。 21歳のとき、長崎のオランダ商館に留学し、西洋医学を学びました。帰国後は、江戸で蘭方医として活躍し、多くの西洋医学書を翻訳・出版しました。 小宮山謙亭は、本草学にも精通しており、日本の薬草を研究しました。1796年に出版した『本草綱目啓蒙』は、日本の薬草に関する最初の包括的な解説書です。 小宮山謙亭は、博物学にも興味を持っており、動物や植物の研究も行いました。1803年に出版した『博物新編』は、日本の博物学に関する最初の教科書です。 小宮山謙亭は、日本の近代医学の発展に貢献した重要な人物です。彼の功績は、今日でも高く評価されています。 小宮山謙亭の生涯 小宮山謙亭は、1761年に江戸で生まれました。17歳のとき、長崎のオランダ商館に留学し、西洋医学を学びました。帰国後は、江戸で蘭方医として活躍し、多くの西洋医学書を翻訳・出版しました。 1796年に出版した『本草綱目啓蒙』は、日本の薬草に関する最初の包括的な解説書です。また、1803年に出版した『博物新編』は、日本の博物学に関する最初の教科書です。 小宮山謙亭は、日本の近代医学の発展に貢献した重要な人物です。彼の功績は、今日でも高く評価されています。 小宮山謙亭の医学思想 小宮山謙亭の医学思想は、西洋医学と東洋医学を融合させたものでした。彼は、西洋医学の科学的なアプローチを重視する一方、東洋医学の伝統的な治療法にも敬意を払っていました。 小宮山謙亭は、医学は単なる治療行為ではなく、人間の健康と幸福を総合的に考えるものであるべきだと主張しました。彼は、医師は患者の心と身体の両方をケアすべきであり、患者と医師の間には信頼関係が築かれなければならないと説きました。 小宮山謙亭の医学思想は、日本の近代医学の発展に大きな影響を与えました。彼の思想は、今日でも多くの医師や医療関係者に受け継がれています。
学術分野の人

金高ますゑ:社会運動家と医師の生涯

-戦時中における社会運動と医療活動- 金高ますゑは、太平洋戦争中も社会運動と医療活動を精力的に続けた。1941年に太平洋戦争が始まると、ますゑは直ちに防空壕の建設や医療品の備蓄など、戦時下の社会福祉対策に取り組んだ。また、戦時中も引き続き、貧困層や被差別部落の人々への医療支援を続けた。 ますゑの社会運動と医療活動は、戦時下においても決して妨げられることはなかった。むしろ、ますゑは戦時下だからこそ、社会運動と医療活動に力を注ぐべきだと考えていた。ますゑは、戦時下においてこそ、貧困層や被差別部落の人々の生活がより一層苦しくなることを知っていた。そして、ますゑは、戦時下においてこそ、社会運動と医療活動がより一層必要であると考えていた。 ますゑの社会運動と医療活動は、戦後も引き続き続いた。ますゑは、戦後も引き続き、貧困層や被差別部落の人々への医療支援を続けた。また、ますゑは、戦後も引き続き、社会運動に取り組み、人々の生活の向上に努めた。 ますゑの社会運動と医療活動は、人々の生活を向上させるために欠かせないものであった。ますゑの社会運動と医療活動は、今もなお、人々に影響を与え続けている。
学術分野の人

荻野元凱-江戸時代中・後期の医師

-荻野元凱の生涯- 荻野元凱は、江戸時代中・後期の医師です。1686年に摂津国八部郡(現在の兵庫県川西市)に生まれました。幼名は吉郎右衛門、通称は八兵衛。号は石田院。 元凱は、医術を学ぶため、18歳の時に江戸に出て、儒学者・医師の稲生若水に師事しました。その後、京都に出て、医師の華岡青洲に師事しました。青洲からは、外科手術の技術を学びました。 1714年に、元凱は江戸に戻り、医師として開業しました。元凱は、外科手術を得意とし、多くの患者を救いました。また、医術書の執筆も手がけ、その著書は多くの医師に読まれました。 元凱は、1760年に、74歳で亡くなりました。元凱の死後、その功績を称えて、医師として初めて正三位の位を贈られました。 元凱は、江戸時代を代表する医師の一人です。その医術は、多くの人々の命を救い、その著書は、多くの医師に影響を与えました。元凱の功績は、今日でも高く評価されています。
学術分野の人

生駒元説 – 江戸時代中期の医師

-生駒元説の生涯- 生駒元説は、江戸時代中期の医師です。1729年(享保14年)に大坂に生まれ、1784年(天明4年)に江戸で亡くなりました。幼少期より医術を学び、1749年(寛延2年)に江戸に出て、吉益東洞の門下生となります。1764年(明和元年)には、幕府の奥医師に任命され、1772年(安永元年)には、侍医に昇進しました。 生駒元説は、蘭方医学に精通しており、西洋の医学書を翻訳したり、独自の医学書を執筆したりしました。また、天然痘の予防接種を普及させるなど、公衆衛生にも貢献しました。 生駒元説の医学書の中で、最も有名なのは、「解体新書」です。これは、オランダの医師、ヨハン・アダム・クルムスの「解剖書」を翻訳したもので、日本の医学書としては初めて、人体の解剖図を掲載しています。この書物は、日本の西洋医学の発展に大きな影響を与えたとされています。 生駒元説は、日本の医学の発展に大きな功績を残した医師です。その功績は、今日でも高く評価されています。