千秋

歴史上の人物

「熱田大宮司昌能」

- 「熱田大宮司昌能」 -# 熱田大宮司昌能-概要 熱田大宮司昌能とは、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将である。熱田大社の大宮司を務め、源平合戦では源氏方に加わり、一の谷の戦いや壇ノ浦の戦いなどで功を挙げた。 昌能は、熱田大社の大宮司であった昌全の子として生まれた。昌全は、平清盛の側近として活躍し、平治の乱では源氏方を破るなど武勇に優れていた。 昌能は、幼い頃から武術を学び、弓馬の達人として知られていた。また、和歌や蹴鞠にも秀で、文武両道を兼ね備えた人物であった。 1180年、平清盛が平氏政権を樹立すると、昌能は熱田大宮司に任命された。昌能は、平氏政権に仕えながら、源氏の動向を探っていた。 1185年、源頼朝が挙兵すると、昌能は源氏方に寝返った。昌能は、一の谷の戦いで平氏軍を破り、壇ノ浦の戦いでは平氏軍を海に追い詰めた。 平氏滅亡後、昌能は源頼朝から恩賞として尾張国を賜り、尾張守に任命された。昌能は、尾張の国で善政を敷き、人々から慕われた。 昌能は、1204年に死去した。享年49。 昌能は、武勇に優れ、文武両道を兼ね備えた人物であった。また、源氏方に寝返って平氏を滅亡に追いやるなど、戦国時代の武将として大きな功績を残した。
歴史上の人物

 熱田大宮司範直

-熱田大宮司範直の生涯- 熱田大宮司範直は、平安時代前期の貴族、神官。熱田神宮の大宮司で、伊勢神道や神祇道の形成に重要な役割を果たした人物です。 範直は、天慶2年(939年)に、熱田神宮の大宮司であった範綱の子として生まれました。幼少の頃から神道を学び、早くから神官としての才能を発揮しました。 天徳4年(960年)、範直は熱田神宮の大宮司に就任しました。大宮司として、範直は熱田神宮の経営に尽力し、社殿の修築や神事の再興などを行いました。また、範直は伊勢神道や神祇道の研究にも熱心に取り組み、多くの著作を残しました。 範直の著作の中でも特に有名なのは、『熱田大宮司範直作法』です。『熱田大宮司範直作法』は、神道や神祇道の作法について解説した書物で、平安時代から鎌倉時代にかけて広く読まれました。 範直は、永観2年(984年)に死去しました。享年46でした。範直の死後、熱田神宮の大宮司は、範直の弟である範忠が継承しました。 範直は、熱田神宮の大宮司として、伊勢神道や神祇道の形成に大きな貢献をした人物です。範直の著作は、平安時代から鎌倉時代にかけての神道の研究に大きな影響を与えました。