南坊録

研究者

– 田中仙樵→ 明治-昭和時代の茶道家

-田中仙樵 茶道の改革者- 田中仙樵(1861-1939)は、明治-昭和時代の茶道家であり、茶道の改革者として知られています。茶道の世界に新しい風を吹き込み、茶道をより身近で親しみやすいものにした仙樵の生涯と功績についてご紹介します。 -生い立ちと茶道との出会い- 田中仙樵は、1861年に山梨県甲府市で生まれました。幼い頃から茶道に興味を持ち、10代後半に京都に出て、茶道の名門である裏千家に入門しました。裏千家で修行を重ねた仙樵は、やがて茶道の奥義を極め、茶道の師範として活躍するようになりました。 -茶道の改革者としての活動- 仙樵は、茶道をより身近で親しみやすいものにするために、茶道の改革に取り組みました。仙樵が最も重視したのは、茶道の形式主義を打破することでした。仙樵は、茶道の形式主義は茶道の本質を損なうものであり、茶道はもっと自由で自然なものであるべきだと考えました。 仙樵は、茶道の形式主義を打破するために、茶道の作法を簡略化し、茶道具もより簡素なものにしました。また、仙樵は、茶道の世界に新しい風を吹き込むために、茶道の新しい流派を創設しました。その流派が、仙樵流です。 -仙樵流の特色- 仙樵流は、仙樵が創設した茶道の流派です。仙樵流は、茶道の形式主義を打破し、茶道をより身近で親しみやすいものにすることを目指しています。仙樵流の特徴は、以下の通りです。 * 茶道の作法を簡略化し、茶道具もより簡素なものにした * 茶道の世界に新しい風を吹き込むために、新しい茶道の流派を創設した * 茶道の形式主義を打破し、茶道をより身近で親しみやすいものにした -仙樵の功績- 仙樵は、茶道の改革者として、茶道をより身近で親しみやすいものにするために尽力しました。仙樵の功績は、以下の通りです。 * 茶道の形式主義を打破し、茶道をより身近で親しみやすいものにした * 茶道の世界に新しい風を吹き込むために、新しい茶道の流派を創設した * 茶道の普及に努め、茶道をより多くの人々に親しまれるものにした 田中仙樵は、茶道の改革者として、茶道をより身近で親しみやすいものにするために尽力しました。仙樵の功績は、茶道の世界に多大な影響を与え、茶道をより多くの人々に親しまれるものにしました。
歴史上の偉人

筑前博多の豪商一族、大賀宗恩の生涯

大賀宗恩の生涯 - 茶道と南坊録を愛した江戸時代中期の豪商 1. 生い立ちと家業 大賀宗恩は、江戸時代中期、筑前博多に生まれた。家は代々博多で豪商として栄えており、宗恩も幼い頃から商才を発揮していたという。 2. 茶道への傾倒 宗恩は、若い頃から茶道に傾倒し、茶の湯を嗜んでいた。博多には、茶の湯文化が盛んであり、宗恩もその影響を受けていたと思われる。 3. 南坊録の発見 宗恩は、ある時、古書の中から「南坊録」という書物を見つけた。南坊録とは、鎌倉時代の禅僧、南坊宗啓が編纂した、禅宗の公案集である。宗恩はこの書物に魅了され、南坊録の研究に没頭することになった。 4. 南坊録の出版 宗恩は、南坊録を世に広めるために、この書物を出版することを決意した。しかし、南坊録は難解な書物であり、出版には多大な苦労を要した。宗恩は、粘り強く交渉を重ね、ついに南坊録の出版に成功した。 5. 茶道と南坊録の融合 宗恩は、茶道と南坊録を融合させ、独自の茶道観を確立した。宗恩の茶道は、南坊録の教えに基づいており、悟りを目指すものであった。 6. 死去 宗恩は、寛政11年(1799年)に死去した。享年77。宗恩の死後、その茶道観は弟子たちに受け継がれ、博多の茶道文化に大きな影響を与えた。 7. 宗恩の功績 宗恩は、博多の豪商として活躍する傍ら、茶道と南坊録を愛し、その研究に没頭した。宗恩の功績は、南坊録の出版と、茶道と南坊録の融合にある。宗恩の茶道観は、博多の茶道文化に大きな影響を与え、今日まで受け継がれている。
歴史上の偉人

立花実山 – 茶人と武士

茶人立花実山とその生涯 立花実山は、1590年に生まれ、1651年に亡くなった、江戸時代前期の茶人・武士です。幼名は実春で、立花宗茂の三男として豊後に生まれました。父宗茂は、豊臣秀吉の九州平定に従い、関ヶ原の戦いでも西軍に属しましたが、のちに徳川家康に降伏しました。実山の兄である立花直次は、家康の養女・亀姫を娶り、筑後柳川藩主となりました。 実山は、茶道に興味を持ち、1609年に京都に上って、茶人・金森宗和に入門しました。宗和は、戦国時代から桃山時代にかけて活躍した茶人・利休の孫であり、当時、茶道の第一人者として知られていました。実山は、宗和のもとで茶道の修行を積み、1621年に宗和の弟子として認められました。 1622年、実山は、兄直次の命により、柳川藩に戻りました。柳川藩では、実山は藩の茶頭を務め、茶道の普及に努めました。また、実山は、柳川藩主として、領内の文化振興にも力を入れました。1631年には、柳川藩の藩校である立花藩学問所を創設し、多くの武士や庶民に教育の機会を提供しました。 1651年、実山は、62歳で亡くなりました。実山の死後、柳川藩では、実山の功績を称えて、実山神社を建立しました。実山神社は、現在も柳川の観光名所として知られています。 立花実山は、茶人としてだけでなく、武士としても活躍した人物です。実山は、茶道をとおして、柳川藩の文化振興に貢献し、また、藩校を創設して領内の教育にも力を入れました。実山は、その功績により、柳川藩の人々から尊敬を集めています。
歴史上の偉人

「笠原道桂」

- -筑前福岡藩家臣で南坊流の花人- 笠原道桂は、18世紀後半から19世紀初頭にかけて活躍した、筑前福岡藩の家臣にして南坊流の花人である。 本姓は原氏で、名は正之。号は道桂、雲閣堂、道林子など。 1747年(延享4年)に、福岡藩士・原甚右衛門の子として生まれる。 幼少の頃から花に興味を持ち、16歳の時に南坊流の花人・田中道全に師事する。 19歳の時に家督を相続し、藩主・黒田斉清に仕える。 1775年(安永4年)には、藩命により江戸に出府し、南坊流の花の免許皆伝を受ける。 その後、藩主の命により、諸国を巡り、花を学び、各地の花人との交流を深めた。 1801年(享和元年)には、藩主の隠居に伴い、隠居料を賜り、隠居する。 隠居後は、福岡市に隠居所を構え、花を楽しむとともに、多くの弟子を育てた。 1819年(文政2年)に死去。享年73歳。 道桂は、南坊流の花の第一人者として活躍し、多くの弟子を育てた。 また、花に関する著書も多く残しており、花道界に大きな功績を残した。