南朝方

歴史上の人物

足利直冬 – 南北朝時代の戦乱に翻弄された足利一族の運命

生い立ちと養子縁組足利直冬の人生を形作った出来事 足利直冬は、1330年に鎌倉幕府の第16代執権であった足利貞直の次男として生まれました。直冬は幼い頃から聡明で武芸に優れており、父である貞直から厚く期待されていました。しかし、1333年に鎌倉幕府が滅亡し、直冬は父とともに鎌倉から逃れました。 その後、直冬は北条時行を頼って常陸国に潜伏していましたが、時行が戦死すると、再び逃亡を余儀なくされました。直冬は命からがら越後国に逃れ、そこで上杉憲顕の養子となりました。憲顕は直冬を我が子のように慈しみ、直冬は憲顕のもとで健やかに成長しました。 1351年、直冬は養父である憲顕の死を機に、上杉家の家督を継ぎました。直冬は上杉家の家督を継ぐと、北朝方を支持して南朝方と戦いました。直冬は武勇に優れており、南朝方の武将たちを次々と破りました。1357年、直冬は南朝方の総帥である楠木正成を討ち取り、南朝方の勢力を大きく弱体化させました。 直冬の活躍によって、北朝方の勢力が強大になり、1368年に南朝方はついに滅亡しました。直冬は北朝方の勝利に大きく貢献し、北朝方の武将として大きな功績を残しました。しかし、直冬は1369年に急死し、その死は多くの謎を残しました。直冬の死後、足利一門はさらに勢力を拡大し、室町幕府を樹立しました。
歴史上の人物

「大掾高幹」 (?-? 南北朝時代の武将。常陸(ひたち)大掾。)

-南北朝時代の武将- 大掾高幹は、南北朝時代の武将であり、常陸大掾氏の一族です。常陸国(現在の茨城県)の守護大名を務め、南北朝の動乱の中で活躍しました。 高幹は、正平5年(1350年)に大掾貞幹の子として生まれました。家督を継承した後、南朝に属し、足利尊氏率いる北朝軍と戦いました。正平13年(1358年)、尊氏は高幹の所領である常陸国を攻め、高幹は敗れて常陸を放棄し、南朝方の拠点である吉野に逃れました。 正平19年(1364年)、高幹は南朝方の総大将として、尊氏の嫡男である足利義詮が率いる北朝軍と、備中国(現在の岡山県)で戦いました。しかし、高幹は敗れて捕らえられ、翌年、京都で処刑されました。享年36。 高幹は、南北朝の動乱の中で活躍した武将であり、その死は南朝にとって大きな痛手となりました。
歴史上の人物

相馬光胤-鎌倉・南北朝時代の武将

相馬光胤の生涯 相馬光胤は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将である。相馬氏の祖とされ、相馬家初代当主となった。 奥州総奉行・長崎高綱の三男、建武4年(1337年)に生まれた。光胤の父、高綱は、建武5年(1338年)に九州で戦死し、その後は叔父である塩冶高貞(塩冶判官高貞)に育てられた。 光胤は元服後に鎌倉幕府に出仕し、執権・北条高時より偏諱を受け、光胤と名乗った。元弘3年/正慶2年(1333年)に鎌倉幕府が倒れると、光胤は奥州に逃れ、塩冶高貞とともに北条氏残党の討伐に努めた。 建武の新政では、光胤は陸奥守に任じられた。しかし、建武政権が崩壊すると、光胤は北畠顕家に従って、再び奥州で北条氏残党と戦った。 南北朝時代に入ると、光胤は南朝に属し、北朝方の斯波兼頼と戦った。正平11年/文和元年(1352年)に兼頼が奥州に侵攻すると、光胤はこれを撃退し、南朝方の奥州支配を維持した。 その後も、光胤は、奥州で北朝方と戦い、南朝方の奥州支配を維持した。応安7年(1374年)に光胤は死去した。享年38。 光胤は、相馬氏の祖として、相馬家歴代当主から尊敬された。また、光胤の死後も、相馬氏は南朝方に属し、南北朝時代の終結まで南朝方の奥州支配を維持した。
歴史上の人物

「頼源(2)」- 出雲の僧が後醍醐天皇を救助

-鰐淵寺(がくえんじ)南院住職- 頼源(2)は、鰐淵寺(がくえんじ)南院の住職であり、後醍醐天皇を救助したことで知られています。鰐淵寺は、奈良県桜井市にある真言宗豊山派の寺院です。本尊は十一面観音菩薩で、開基は天平11年(739年)と伝えられています。 頼源(2)は、建武2年(1335年)に、後醍醐天皇が足利尊氏に追われて吉野に逃れた際に、天皇を救助しました。頼源(2)は、天皇に匿まう場所を提供し、天皇の身を守りました。また、頼源(2)は、天皇の側近として天皇を支え、天皇の復権に尽力しました。 頼源(2)は、建武3年(1336年)に、足利尊氏の軍勢に襲われて戦死しました。頼源(2)の死は、天皇に大きな悲しみを与え、天皇は頼源(2)の菩提を弔うために、鰐淵寺に頼源(2)の墓を建立しました。 頼源(2)は、後醍醐天皇を救助した功績で知られている僧侶です。頼源(2)の死は、天皇に大きな悲しみを与え、天皇は頼源(2)の菩提を弔うために、鰐淵寺に頼源(2)の墓を建立しました。
歴史上の人物

吉川経兼-南北朝時代の武将

- 生い立ちと家督相続 吉川経兼は、播磨国賀屋城(現・兵庫県姫路市)の城主・吉川実兼の嫡男として生まれました。母は、播磨国守護・赤松則村の娘です。 経兼は、幼い頃から武芸に励み、弓馬の達人として知られました。また、学問にも優れており、和歌や漢詩を好みました。 元弘3年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡し、後醍醐天皇が建武の新政を開始しました。経兼は、建武政権に参加し、足利尊氏に従って各地を転戦しました。 しかし、尊氏が建武政権に背き、後醍醐天皇を討伐したため、経兼は尊氏と敵対するようになりました。経兼は、播磨国に帰国し、賀屋城に立て籠もって尊氏の軍勢と戦いました。 尊氏の軍勢は、経兼の籠る賀屋城を包囲しましたが、経兼は籠城戦を続け、尊氏の軍勢を退けました。経兼の勇名は、天下に轟き、後醍醐天皇から「播磨の赤鬼」と称されました。 建武5年(1336年)、後醍醐天皇が吉野に逃れ、南北朝時代が始まりました。経兼は、南朝方の武将として、尊氏と戦いました。 南朝方は、各地で尊氏の軍勢と戦いましたが、劣勢を強いられました。経兼も、幾度となく敗北を喫しましたが、最後まで南朝方に忠誠を尽くしました。 延文4年(1359年)、経兼は、尊氏の軍勢と戦って戦死しました。享年48歳でした。経兼の死後、吉川家は、子の吉川経見が継ぎました。
歴史上の人物

那珂通辰

- 那珂通辰の生涯 那珂通辰は、1854年(嘉永7年)に常陸国那珂郡額田町(現在の茨城県那珂市額田町)に生まれた。那珂家は代々庄屋を務めた名家で、通辰は8人兄弟の4男だった。幼い頃から神童と称され、那珂郡の松村良甫に儒学を学び、10代前半には早くも漢詩を詠むようになったという。 1871年(明治4年)、通辰は上京して大学南校(現在の東京大学)に入学。ここでは、漢学を専攻し、明治初期の漢学界を代表する学者である重野安繹や島田重礼らに師事した。また、同校では、のちに日本の仏教学者や日本文学研究者として活躍することになる楠瀬幸彦とも親しく交流した。 1876年(明治9年)、通辰は大学南校を卒業し、文部省に入省。翌年には、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)の教授に就任した。ここでは、主に中国語と朝鮮語を担当し、多くの優秀な人材を育てた。 1883年(明治16年)、通辰は東京帝国大学(現在の東京大学)の教授に就任。ここでは、漢学と東洋史を担当し、日本における東洋学研究の基礎を築いた。また、同大学では、のちに日本の国語学者として活躍することになる上田万年とも親しく交流した。 1894年(明治27年)、通辰は東京帝国大学の総長に就任。しかし、在任中に日清戦争が勃発し、彼は戦時下の大学の運営に苦悩した。また、この頃から健康を害し、1896年(明治29年)に総長を辞任した。 1908年(明治41年)、通辰は東京帝国大学名誉教授の称号を授与され、翌1909年(明治42年)に死去した。享年56。 通辰は、日本における東洋学研究の草分け的存在であり、その業績は今日なお高く評価されている。また、彼は教育者としても多くの優秀な人材を育て、日本の近代化に貢献した。
歴史上の人物

島津貞久 – 鎌倉・南北朝時代の武将

-足利尊氏に従い、南朝方と戦う- 島津貞久は、鎌倉・南北朝時代の武将で、島津氏の祖です。島津貞久は、建武3年(1336年)、後醍醐天皇の建武政権に抵抗する足利尊氏に従い、南朝方と戦いました。 島津貞久は、薩摩国(現在の鹿児島県)を拠点として、南朝方の武将である阿蘇惟時や菊池武光と戦いました。島津貞久は、阿蘇惟時や菊池武光を破り、薩摩国を平定しました。 島津貞久は、正平6年(1351年)、北朝方の武将である今川貞世と戦いました。島津貞久は、今川貞世を破り、日向国(現在の宮崎県)を平定しました。 島津貞久は、正平11年(1356年)、南朝方の武将である楠木正行と戦いました。島津貞久は、楠木正行を破り、阿波国(現在の徳島県)を平定しました。 島津貞久は、正平16年(1361年)、北朝方の武将である細川頼之と戦いました。島津貞久は、細川頼之を破り、讃岐国(現在の香川県)を平定しました。 島津貞久は、正平23年(1368年)に死去しました。島津貞久の死後、島津氏は、薩摩国を拠点として、南九州を支配しました。
歴史上の人物

「草野永幸」(?-? 南北朝時代の武将。南朝方に属し,居城の筑後(ちくご)(福岡県)山本郡草野城をかためる。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年(1353)征西将軍宮懐良(かねよし)親王が筑後高良山に陣をしいた際,警護をつとめ,以後菊池武光にしたがって,筑後,豊後(ぶんご)などを転戦した。初名は永行。通称は孫次郎。)

- 草野永幸の生涯 草野永幸は、南北朝時代の武将で、南朝方に属しました。居城は、筑後(福岡県)山本郡草野城にありました。文和2年(正平8年、1353年)、征西将軍宮懐良親王が筑後高良山に陣をしいた際、警護をつとめました。以後、菊池武光に従って、筑後、豊後などを転戦しました。初名は永行。通称は孫次郎です。 草野永幸の生年と没年は不詳ですが、建武元年(1334年)に生まれ、永禄6年(1563年)に没したと推定されています。草野永幸は、筑後国山本郡草野郷(現在の福岡県うきは市)の豪族で、草野城を居城としていました。 草野永幸は、南北朝時代の初期に、南朝方の武将として活躍しました。元弘3年(1333年)に、足利尊氏が鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始すると、草野永幸は、菊池武光に従って、九州各地を転戦しました。建武5年(1336年)に、足利尊氏が後醍醐天皇を京都から追放すると、草野永幸は、菊池武光に従って、九州で南朝方を支持し続けました。 正平12年(1357年)に、菊池武光が亡くなると、草野永幸は、菊池武光の嫡男である菊池武政を擁立して、南朝方を支持し続けました。しかし、正平14年(1359年)に、足利尊氏が九州に侵攻すると、草野永幸は、菊池武政に従って、豊後国に逃れました。 その後、草野永幸は、菊池武政に従って、九州各地を転戦しました。正平18年(1363年)に、菊池武政が亡くなると、草野永幸は、菊池武政の嫡男である菊池武光を擁立して、南朝方を支持し続けました。 正平23年(1368年)に、足利尊氏が死去すると、南朝と北朝の統一が実現しました。草野永幸は、南朝と北朝の統一を実現した功績を認められ、筑後国守護に任命されました。 草野永幸は、筑後国守護として、筑後国の治安維持に努めました。また、筑後国の経済発展にも努め、筑後国を豊かにしました。草野永幸は、永禄6年(1563年)に亡くなりました。
歴史上の人物

南朝に属した関宗祐の軌跡

-関宗祐とは- 関宗祐(せきそうゆう、1337年(延元2年/暦応4年) - 1395年5月6日(応永2年4月2日))は、南朝(後村上天皇)に属した武将。 豊前国宇佐郡の出身。少壮より宇佐宮に奉仕し、善学坊と称した。のち、阿蘇惟時に仕えて、その偏諱を受けて宗祐と名乗った。 1365年(正平20年/貞治4年)、九州探題今川了俊が九州に下向すると、宗祐は肥後国阿蘇郡竹崎城(現・熊本県阿蘇郡高森町竹崎)に拠って、了俊に協力した。しかし、1368年(正平23年/貞治7年)に了俊が九州の各地を転戦している間に、宗祐は了俊と仲違いし、阿蘇惟時の仲介によって和解した。 1369年(正平24年/応安2年)、宗祐は肥後菊池氏との交誼を密にし、肥後南朝方の旗頭となった。1370年(正平25年/応安3年)、宗祐は南朝方に属する九州各地の武将と連合し、了俊を討ち取り、九州探題を滅ぼした。 その後、宗祐は九州を転戦し、1374年(永和4年)には筑前国博多を占領した。1376年(永和6年)、宗祐は征西将軍懐良親王の命を受けて、肥後守護として赴任した。 1392年(元中9年/明徳3年)、宗祐は宇佐宮大宮司となり、1395年(応永2年)には南方正使として、明に使した。 帰国後、まもなく宗祐は亡くなった。享年59。
歴史上の人物

「大高坂松王丸」その生涯と戦い

- 「大高坂松王丸」その生涯と戦い -# 南朝方として北朝方と戦う 大高坂松王丸は、南北朝時代の武将です。南朝方の武将として、北朝方の武将と戦いました。 大高坂松王丸は、1331年に生まれたとされます。父は、南朝方の武将である大高坂頼基です。大高坂松王丸は、幼い頃から武術を学び、南朝方の武将として活躍するようになります。 1351年、大高坂松王丸は、北朝方の武将である細川頼之を破り、丹波国を奪還しました。この戦いで、大高坂松王丸は、南朝方の武将として名を馳せるようになります。 その後、大高坂松王丸は、北朝方の武将と数多くの戦いを繰り広げます。1352年には、北朝方の武将である畠山基国を破り、河内国を奪還しました。また、1353年には、北朝方の武将である斯波高経を破り、播磨国を奪還しました。 大高坂松王丸は、南朝方の武将として活躍し、北朝方の武将と数多くの戦いを繰り広げました。しかし、1354年に、北朝方の武将である足利尊氏に敗れ、戦死しました。 大高坂松王丸は、南朝方の武将として、北朝方の武将と戦った武将です。大高坂松王丸の戦いは、南北朝時代の歴史を語る上で重要な出来事となっています。
歴史上の人物

戸野兵衛 – 鎌倉・南北朝時代の武将

-戸野兵衛と十津川- 戸野兵衛は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。十津川流域を拠点に、楠木正成や新田義貞らの挙兵に協力し、室町幕府の討伐に尽力しました。 戸野兵衛は、十津川流域の豪族である戸野氏の出身です。幼少期から武芸に秀で、十津川の山中で修行を積みました。室町幕府の討伐を志し、楠木正成や新田義貞らの挙兵に参加。何度となく幕府軍と戦い、その武勇を遺憾なく発揮しました。 建武2年(1335年)、戸野兵衛は、新田義貞の軍勢に加わって、越後国で幕府軍と戦いました。この戦いで、戸野兵衛は、幕府軍の大将である高師直を討ち取り、大いに武名を上げました。 その後、戸野兵衛は、十津川に戻り、幕府軍の討伐を続けました。室町幕府の執権である細川頼之を討ち取るなど、輝かしい戦果を挙げました。しかし、幕府軍の反撃に遭い、戦死してしまいます。 戸野兵衛は、十津川流域を拠点に、幕府軍と戦い抜いた武将です。その武勇は、後世にまで語り継がれています。十津川には、戸野兵衛を祀る神社や、戸野兵衛の伝説が残る場所が数多くあります。 戸野兵衛は、十津川で生まれ育ち、十津川の山中で修行を積みました。十津川流域は、山がちな地形であり、戸野兵衛は、その地形を活かして、幕府軍と戦いました。戸野兵衛は、十津川流域を知り尽くしており、幕府軍の動きを先読みすることができました。また、戸野兵衛は、十津川の人々から支持されており、幕府軍の討伐に協力する人も多くいました。 戸野兵衛は、十津川流域の豪族であり、十津川の人々から支持されていました。戸野兵衛は、十津川の人々を率いて、幕府軍と戦い抜きました。戸野兵衛の戦いは、十津川の人々の自由と独立を守るための戦いでもありました。戸野兵衛は、十津川の英雄であり、その武勇は、後世にまで語り継がれています。
歴史上の人物

吉見頼隆 – 南北朝時代の武将

-南朝方との戦い- 吉見頼隆は、南北朝時代に南朝方と戦った武将です。彼は、南朝方の武将である楠木正成と戦ったことで知られています。 頼隆は、1328年に生まれました。彼は、吉見氏の一族であり、吉見貞頼の子です。頼隆は、幼い頃から武術を学び、弓矢の名手として知られていました。 1336年に、南朝方の武将である楠木正成が鎌倉幕府を攻め落としました。頼隆は、鎌倉幕府の軍に加わり、正成と戦いました。しかし、頼隆の軍は正成に敗れ、頼隆は捕虜となりました。 正成は、頼隆に降伏を勧告しましたが、頼隆はこれを拒否しました。正成は、頼隆を処刑しました。頼隆の死は、南朝方にとって大きな痛手となりました。 頼隆は、南朝方と戦った武将として知られています。彼は、武勇に優れた武将であり、正成と戦ったことでその名を轟かせました。頼隆の死は、南朝方にとって大きな痛手となりました。
歴史上の人物

「名和顕興」

検非違使・伯耆守を歴任 名和顕興は、元弘元年(1331年)に検非違使に任じられ、建武2年(1335年)には伯耆守に任じられた。 検非違使とは、京都の治安を維持する警察機関の長官であり、伯耆守とは、伯耆国(現在の鳥取県中部)の国の長官である。 名和顕興は、検非違使として京都の治安維持に努め、また伯耆守として伯耆国の統治を行った。 伯耆守に任じられた際、名和顕興は伯耆国の守護職も兼任した。 守護職とは、鎌倉時代から室町時代にかけて、全国の各国に置かれた軍事指揮官の役職である。 名和顕興は、伯耆国の守護職として、伯耆国の軍事力を掌握し、京都の治安維持や鎌倉幕府の政権運営に協力した。 名和顕興は、検非違使や伯耆守として、鎌倉幕府の政権運営に重要な役割を果たした。
歴史上の人物

忽那義範 – 南北朝時代の武将

# 忽那義範とは? 忽那義範(くつな よしのり)は、南北朝時代の武将。菊池氏の家臣。肥後国菊池郡河尻城主。菊池武重の曾孫。父は忽那資元。子に忽那義通、菊池武安(菊池武装の父)、菊池武包。義父は菊池武敏。 諱については、義範のほか、範義、義矩、範成、義泰など諸説ある。また、菊池氏の一族であることから、菊池義範とも呼ばれる。 忽那氏は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて肥後国菊池郡に勢力を有した豪族。菊池氏の庶流にあたる。忽那義範は、その忽那氏の当主であり、菊池氏の有力な家臣であった。 忽那義範は、元弘3年(1333年)に、鎌倉幕府の倒幕運動に参加。建武政権成立後は、肥後国の守護代に任命された。しかし、建武2年(1335年)に足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、忽那義範は菊池武敏に従って南朝に属した。 南北朝時代を通して、忽那義範は南朝方の武将として活躍。肥後国を中心に転戦し、足利尊氏方の軍勢と戦った。また、菊池武敏の死後は、菊池氏を支え、菊池武重の孫である菊池武光を擁立した。 至徳3年/元中9年(1386年)、忽那義範は、老齢のため、嫡男の忽那義通に家督を譲って隠居した。隠居後は、菊池氏の重臣として、菊池武光を支え続けた。 明徳2年(1391年)、忽那義範は死去。享年72。忽那義範の死後は、その子である忽那義通が忽那氏の当主となり、菊池武光を支え続けた。 忽那義範は、南朝方の武将として活躍し、菊池氏を支えて南朝政権の存続に貢献した。その功績は大きく、南朝史において重要な人物である。
歴史上の人物

一条内嗣 – 南北朝時代の公卿

-一条内嗣 - 南北朝時代の公卿- -その生涯をたどる- 一条内嗣(いちじょううちつぐ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿です。一条経嗣の子として生まれ、父や兄の跡を継いで准大臣まで昇進しました。南北朝時代には、後醍醐天皇に仕えて忠誠を尽くし、朝廷の復興に尽力しました。 内嗣は、弘安元年(1278年)に生まれました。父は、鎌倉幕府の執権であった一条経嗣で、兄は、参議の一条経通です。内嗣は、幼い頃から聡明で、学問に優れていました。また、和歌にも堪能で、歌集『内嗣卿集』を著しています。 内嗣は、嘉元2年(1304年)に貴族の登竜門とされる侍従に任じられ、その後も順調に出世を重ねました。正安元年(1300年)には従五位下、文保3年(1319年)には従四位下、嘉暦元年(1326年)には参議に任じられました。 元亨3年(1323年)、後醍醐天皇が即位すると、内嗣は天皇に仕えて忠誠を尽くしました。元徳元年(1329年)には、鎌倉幕府打倒のために挙兵した楠木正成を支援し、翌年には、笠置山に立てこもった後醍醐天皇を救出するために奔走しました。 後醍醐天皇が京都に帰還すると、内嗣は、天皇の諮問機関である政務を議論する機関である内裏政務に参画し、朝廷の復興に尽力しました。元弘3年(1333年)には、准大臣に任じられ、公卿の最高位である太政大臣まであと一歩のところまで上り詰めました。 しかし、建武の新政が失敗に終わると、内嗣は、後醍醐天皇とともに吉野に逃れました。延元元年(1336年)には、後醍醐天皇が崩御し、その子の後村上天皇が即位すると、内嗣は、後村上天皇を補佐して朝廷の再建に努めました。 延元4年(1339年)、内嗣は、62歳で亡くなりました。内嗣の死は、朝廷にとって大きな痛手となり、後村上天皇は、内嗣の死を悼んで久しく朝政を停止しました。 内嗣は、南北朝時代を代表する公卿の一人であり、後醍醐天皇と後村上天皇に仕えて朝廷の復興に尽力しました。内嗣の功績は、後世に長く語り継がれています。
歴史上の人物

山名時氏 – 足利尊氏に仕え、室町幕府の成立に貢献した南北朝時代の武将

-山名時氏の生涯- 山名時氏(やまな ときうじ)は、南北朝時代の武将であり、室町幕府の成立に貢献した。 1306年(徳治元年)、播磨国(現在の兵庫県南部)に生まれる。父は山名政氏、母は足利貞氏(尊氏の父)の娘である。 1333年(元弘3年)、鎌倉幕府が滅亡し、建武の新政が始まると、時氏は足利尊氏に従って、後醍醐天皇に仕える。しかし、尊氏が室町幕府を開くと、時氏は幕府の重臣として、尊氏を支える。 1336年(建武3年)、尊氏が九州に下向すると、時氏は陸奥国(現在の東北地方)に派遣されて、北畠顕家を討伐する。 1338年(建武5年)、時氏は尊氏に代わって、京都に駐留して、幕府の政務を執る。 1349年(貞和5年)、時氏は、尊氏の死後に、幕府の最高権力者となる。しかし、尊氏の弟である足利直義と対立し、1352年(観応2年)に直義に敗れて、九州に逃れる。 1355年(観応6年)、時氏は九州から上洛して、直義を討ち、幕府の最高権力者となる。しかし、1360年(正平15年)に直義の子である足利基氏に敗れて、再び九州に逃れる。 1362年(正平17年)、時氏は九州で病死する。享年57。 時氏は、尊氏に仕えて、室町幕府の成立に貢献した武将である。また、時氏は、幕府の最高権力者として、幕府の政務を執り、幕府の安定に貢献した。
歴史上の人物

世良田政義 – 戦国時代の武将

-世良田政義の生涯- 世良田政義は、戦国時代の武将です。上野国(現在の群馬県)を拠点とする世良田氏の当主であり、後北条氏に仕えました。 政義は、世良田満義の子として誕生しました。政義の生年は不明ですが、永禄3年(1560年)に父が没した時点で、まだ幼少であったと考えられています。そのため、政義は後見人によって養育されたと思われます。 政義は、成長すると、後北条氏に仕えました。政義は、後北条氏の重臣として、様々な戦いで活躍しました。中でも、天正6年(1578年)の上野国の平定戦では、政義は、後北条氏の軍勢を率いて、上杉謙信の軍勢を破り、上野国を後北条氏の支配下に置きました。 政義は、天正10年(1582年)の織田信長の甲州征伐にも、後北条氏の軍勢の一員として参加しました。しかし、織田信長の軍勢は、武田勝頼の軍勢を破って甲斐国を平定したため、政義は、甲斐国に留まることなく、上野国に帰国しました。 天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐により、後北条氏は滅亡しました。政義も、後北条氏滅亡とともに、没落しました。政義の晩年は、不遇であり、貧困の中で生涯を終えたと言われています。 政義は、戦国時代の武将として、数々の戦いで活躍しましたが、後北条氏の滅亡とともに、没落しました。しかし、政義の功績は、戦国時代の歴史において、重要なものとなっています。
歴史上の人物

「志賀頼房」

-南北朝時代の武将- 志賀頼房は南北朝時代の武将です。元弘3年(1333年)、鎌倉幕府打倒に挙兵した足利尊氏に従い、各地を転戦しました。建武の新政が崩壊して南北朝時代に入ると、南朝方に属し、九州や四国で転戦しました。永和元年(1375年)、大内弘世に攻められて戦死しました。 志賀頼房は、優れた軍略家であり、また、和歌にも優れていました。建武の新政が崩壊した際には、南朝の後醍醐天皇を奉じて京都を脱出し、九州に逃れました。九州では、南朝方の武将として、大内弘世や渋川義継らと協力して、北朝方の足利軍と戦いました。 永和元年(1375年)、志賀頼房は、大内弘世に攻められて、筑前国矢矧村で戦死しました。享年43歳でした。志賀頼房の死は、南朝方に大きな痛手となりました。 志賀頼房は、南朝方の武将として、北朝方の足利軍と戦った、忠義に厚い武将でした。また、和歌にも優れており、その作品は『新葉和歌集』や『続後拾遺和歌集』に収められています。
歴史上の人物

細川頼有:南北朝時代の武将

-南北朝時代の武将、細川頼有- 細川頼有は、南北朝時代の武将です。細川頼之の子として生まれ、細川氏第3代当主となりました。 1336年、足利尊氏が鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始すると、頼有は尊氏に従い、九州へ下向しました。しかし、尊氏が九州で反乱を起こすと、頼有は尊氏と決裂し、足利直義に味方しました。 1338年、尊氏と直義の和睦が成立すると、頼有は直義の配下となりました。しかし、尊氏が再び反乱を起こすと、頼有は再び尊氏と決裂し、直義に味方しました。 1349年、直義が没すると、頼有は細川氏を継承し、第3代当主となりました。しかし、その後、頼有は尊氏と和睦し、尊氏に従いました。 1352年、尊氏が没すると、頼有は足利義詮に仕えました。義詮の時代、頼有は九州探題として九州の治安維持に努めました。 1361年、頼有は没しました。 頼有は、南北朝時代に活躍した武将であり、細川氏の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

河島維頼

河島維頼とは? 河島維頼(かわしまもろたね)とは、1974年2月10日に埼玉県加須市に生まれた政治家で、第40代埼玉県知事である。 政治家になる前は、元自衛官であり、陸上自衛隊第7師団第72連隊、陸上自衛隊レンジャー教育隊に所属していた。 2014年に埼玉県知事選に立候補し、当選。2018年に再選され、現在2期目を務めている。 河島維頼は、埼玉県知事として、以下の政策を推進している。 * 埼玉県の経済を活性化させるため、企業誘致や観光振興に力を入れている。 * 埼玉県の医療を充実させるため、病院の整備や医療従事者の確保に取り組んでいる。 * 埼玉県の教育を充実させるため、学校の整備や教育カリキュラムの改善に取り組んでいる。 * 埼玉県の福祉を充実させるため、高齢者や障害者の支援に取り組んでいる。 河島維頼は、埼玉県の発展のために、精力的に活動している。
歴史上の人物

新田義宗 – 南北朝時代の武将

新田義宗の生涯 新田義宗(にった よしむね)は、南北朝時代の武将で、新田義貞の嫡男。新田氏第9代当主。陸奥守、右近衛権少将、従三位、左近衛少将などを歴任した。 1310年に新田義貞の嫡男として誕生する。建武2年(1335年)5月の鎌倉奪還の戦いで、父・義貞に従って鎌倉に攻め入り、足利尊氏を破る。 建武3年(1336年)、尊氏による兵の再挙によって、新田義貞が楠木正成と足利尊氏に対して戦った際、新田義宗は、常陸国にあって北条氏残党の鎮圧に努めた。義貞が湊川の戦いで戦死した後、義宗は新田氏の家督を継いだ。 建武4年(1337年)に尊氏が九州に落ちると、義宗は足利直義を討伐し、尊氏を九州に追い落とした。以後、九州に流れた尊氏と戦い、南北朝の動乱が続く。 正平5年(1350年)、尊氏は九州から東上して再度上洛を果たした。義宗は尊氏と戦って一度は敗北したが、その後も尊氏に抵抗を続けた。 正平7年(1352年)、足利尊氏と和睦して、鎌倉を幕府として任せたが、康暦2年(1380年)に桐生城で没した。享年71。 新田義宗は、南北朝時代の動乱の中、新田氏を率いて、足利氏と激しく戦った武将である。その武功は後世に語り継がれ、現在でも多くの神社で祀られている。
歴史上の人物

田村家吉 – 南北朝・室町時代に活躍した武将

-田村家吉の生涯- 田村家吉は、南北朝時代から室町時代前期にかけての武将です。 陸奥国田村郡の出身で、田村氏の一族である田村宗顕の子として誕生しました。 鎌倉幕府の御家人として活躍し、尊氏の側近を務めた時期もありましたが、後に離反し、南朝に帰属しました。 その後、南朝の征西大将軍として九州に派遣され、北朝の軍勢と戦いました。 1339年(暦応2年)には、北朝の征西将軍である足利尊氏と肥前で激戦を繰り広げましたが、敗れて戦死しました。 田村家吉は、勇敢な武将として知られており、その生涯は数多くの物語や伝説に彩られています。 また、彼の死後も、田村氏はその勢力を拡大し、戦国時代には田村隆顕が登場して、伊達氏や蘆名氏と争いました。 田村家吉は、南北朝時代の動乱の中で、その名を馳せた武将の一人であり、その生涯は数多くの逸話に彩られています。
歴史上の人物

南北朝時代の武将 毛利元春の

戦国武将毛利元春の生涯 毛利元春は、戦国時代に活躍した武将で、毛利元就の三男として生まれた。兄の隆元が早世したため、家督を継ぐこととなり、毛利氏の当主となった。元春は、勇猛果敢な武将として知られ、数々の戦いで勝利を収めた。 元春の最初の大きな戦いは、厳島の戦いである。この戦いで、元春は陶晴賢率いる大軍を破り、毛利氏の勢力を拡大した。その後、元春は、尼子氏との戦いにも勝利し、毛利氏の領土をさらに広げた。 元春は、毛利氏の勢力を拡大しただけでなく、内政にも力を注いだ。元春は、領内の治安を維持し、経済を活性化させることに努めた。また、元春は、家臣団の結束を固め、毛利氏を強固な体制とした。 元春は、1570年に死去した。元春の死後、毛利氏は輝元が継ぎ、毛利氏はさらに勢力を拡大した。輝元は、関ヶ原の戦いにも勝利し、毛利氏は豊臣政権下で五大老の一人に任じられた。 元春は、毛利氏の勢力拡大に大きく貢献した武将である。元春の勇猛果敢な戦いと内政手腕は、毛利氏を戦国時代を代表する有力大名に押し上げた。
歴史上の人物

村上義弘→ 南北朝時代の海賊大将

村上義弘の生涯 村上義弘は、南北朝時代の海賊大将。伯父は村上吉継。足利尊氏に仕え、九州が南朝に寝返ったことにより、九州に派遣された。その後、九州の守護となった島津貞久を討ち、九州を平定した。しかし、足利直義の謀略により、南朝に寝返った。その後、北朝に寝返り、再度九州を平定した。 村上義弘は、1300年頃、現在の岡山県倉敷市に生まれた。幼名は次郎。伯父である村上吉継に育てられた。村上吉継は、鎌倉幕府の御家人であり、海賊衆を率いて活動していた。 1333年、鎌倉幕府が滅亡すると、村上義弘は足利尊氏に仕えた。足利尊氏は、建武の新政を樹立したが、すぐに南朝と対立した。1336年、足利尊氏は九州に派遣され、南朝と戦った。村上義弘も足利尊氏に従い、九州に渡った。 九州に渡った村上義弘は、南朝の将である菊池武光と戦った。菊池武光は、九州で大きな勢力を持っていたが、村上義弘は菊池武光を破り、九州を平定した。 1339年、足利尊氏は将軍となり、室町幕府を開いた。村上義弘は、室町幕府の御家人となり、九州の守護に任命された。九州の守護となった村上義弘は、九州の統治に努めた。しかし、1343年、足利直義の謀略により、南朝に寝返った。 南朝に寝返った村上義弘は、菊池武光と協力して、足利尊氏と戦った。しかし、1349年、村上義弘は足利尊氏に敗れ、降伏した。降伏した村上義弘は、室町幕府に仕え、九州の平定に努めた。 1361年、村上義弘は死去した。享年62。村上義弘は、南北朝時代の海賊大将として、その名を知られた。