南朝

歴史上の偉人

日野邦光 – 南北朝時代の公卿

- 日野邦光の生涯 日野邦光は、南北朝時代の公卿であり、従一位左大臣を務めました。 日野邦光は、日野家門の祖である日野資朝の孫として生まれました。父は日野有光で、母は藤原久子です。 日野邦光は、若い頃から学問に優れ、特に和歌や連歌に秀でていました。また、京都の豪族である佐々木導誉の弟子となり、武芸にも通じていました。 日野邦光は、後醍醐天皇の時代に官職に就き、初めは右衛門権佐を務めました。その後、検非違使別当、左衛門権佐、右兵衛権佐、左近衛権少将などを歴任しました。 護良親王の乱の時には、護良親王に属しましたが、建武の新政の崩壊後、室町幕府に降伏しました。 室町幕府の成立後は、足利尊氏に仕え、勘合使として中国に派遣されました。 その後、日野邦光は、正平20年(1365年)に左大臣に任命されました。また、正平21年(1366年)には、従一位に叙されました。 正平22年(1367年)に死去しました。享年74歳でした。 日野邦光は、南北朝時代の公卿として、足利尊氏に仕えて活躍しました。また、学問や武芸に秀でており、和歌や連歌にも通じていました。
歴史上の偉人

藤原康長―南北朝時代の公家

藤原康長―南北朝時代の公家 藤原康長の生涯 藤原康長は、1310年に藤原俊成の子として誕生しました。彼は、幼い頃から才能を発揮し、15歳で従五位下に叙せられました。その後、順調に昇進を重ね、1333年には参議に任じられました。 1336年に後醍醐天皇が倒幕に失敗し、南朝が成立すると、康長は南朝に仕えました。彼は、南朝の重臣として活躍し、1338年には右大臣に任じられました。しかし、1348年に足利尊氏が京都を占領すると、康長は南朝を離れ、北朝に降りました。 北朝においても、康長は重臣として活躍しました。彼は、1352年に左大臣に任じられ、1356年には太政大臣に任じられました。康長は、1388年に80歳で亡くなるまで、北朝の政権を支え続けました。 藤原康長は、南北朝時代の公家として、南朝と北朝の両方で重要な役割を果たしました。彼は、優れた知識と政治的手腕を備えた人物であり、日本史において重要な人物の一人です。
歴史上の偉人

和田助朝 – 南北朝時代の武将の生涯と足跡

和田助朝の生い立ちと家系 和田助朝は、南北朝時代の武将である。和田氏の一族で、和田義盛の孫にあたる。父は和田義忠、母は佐々木経高の娘である。生年は不詳だが、1336年(建武3年)に元服したとされる。 和田氏は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて相模国足立郡和田を拠点とした豪族である。和田義盛は、源頼朝の挙兵に参加して功を上げ、鎌倉幕府の有力御家人となった。義盛の死後は、嫡男の和田義宗が家督を継いだが、1221年(承久3年)に承久の乱で幕府に反旗を翻し、滅亡した。 和田助朝の祖父である和田義忠は、義盛の弟である。義忠は、承久の乱で幕府方に属して功を上げ、和田氏を再興した。義忠の子である和田義信は、執権北条時宗の側近として活躍した。義信の死後は、嫡男の和田助朝が家督を継いだ。 助朝は、1331年(元弘元年)に鎌倉幕府が滅亡すると、後醍醐天皇の建武の新政に参加した。建武政権が崩壊すると、足利尊氏に従って北朝に属した。1336年(建武3年)に元服し、足利尊氏から偏諱を受けて、助朝と名乗った。 助朝は、尊氏の側近として活躍し、九州や西国各地を転戦した。1338年(延元3年)には、九州探題に任じられ、九州の平定に尽力した。1349年(貞和5年)には、足利直義の遠征軍に加わり、南朝方の楠木正成と戦った。1352年(観応2年)には、尊氏と直義が対立すると、尊氏方に属した。1358年(正平13年)には、尊氏の死後、足利義詮を擁立して、室町幕府の成立に貢献した。 助朝は、室町幕府の重臣として、幕政を取り仕切った。1362年(正平17年)には、管領に任じられた。管領は、幕府の最高職であり、助朝は幕府の実権を握った。助朝は、幕府の財政改革や軍制改革に取り組み、室町幕府の基盤を固めた。 助朝は、1369年(正平24年)に死去した。享年54。助朝の死後、和田氏は衰退していった。
歴史上の偉人

「中院親光」

中院親光と足利尊氏・義詮父子 中院親光は、南北朝時代の公卿。大納言、右大臣、太政大臣を歴任した。足利尊氏と義詮父子の側近として活躍し、両者の政権運営に大きな影響を与えた。 親光は、1321年に左中将として朝廷に出仕した。1331年に尊氏が鎌倉幕府を滅ぼして建武政権を樹立すると、親光は尊氏に接近した。1335年に尊氏が光明天皇を擁立して北朝を開くと、親光は北朝の公卿として迎えられた。 1336年に尊氏が持明院統と和睦して南朝と南北朝に分裂すると、親光は尊氏の側近として政権運営に参画した。1338年に尊氏が九州に下向すると、親光は京都に留まり、北朝の政務を総覧した。 1348年に尊氏が死去すると、親光は尊氏の息子の義詮を補佐した。義詮は、親光の支持を受けて、南朝と戦い、北朝の政権を安定させた。 1358年に義詮が死去すると、親光は義詮の息子の義満を補佐した。義満は、親光の支持を受けて、南朝と和睦し、南北朝の合一を実現した。 親光は、足利尊氏、義詮、義満の三代に仕え、北朝の政権運営に大きな影響を与えた。親光は、尊氏と義詮父子の側近として活躍し、両者の政権運営に欠かせない存在であった。
歴史上の偉人

– 「梵勝」

-梵勝とは- 梵勝とは、仏教の法会において、読経や声明の終わりに唱える言葉です。梵語で「サルヴァ・マンガラ・マハー・マンガラ(すべての吉祥、偉大な吉祥)」を意味し、吉祥、幸福、安泰を祈願する意味があります。 梵勝は、法会の最後に唱えることが多く、読経や声明の終わりに「南無妙法蓮華経」と唱えた後に、梵勝を唱えます。また、仏像や仏塔を参拝した際にも、梵勝を唱えて祈願することがあります。 梵勝は、その音の響きが美しく、吉祥、幸福、安泰を祈願する意味があることから、仏教の法会や参拝において、広く用いられています。 梵勝には、さまざまな種類があり、その内容もさまざまです。代表的な梵勝としては、以下のようなものがあります。 * 南無妙法蓮華経 * 南無阿弥陀仏 * 南無観世音菩薩 * 南無地蔵菩薩 * 南無釈迦牟尼仏 梵勝は、仏教の信仰者であれば、誰でも唱えることができます。また、仏教の法会や参拝に参加する際には、梵勝を唱えて祈願することが、礼儀正しいとされています。
歴史上の偉人

吉良満義→ 南北朝時代の傑出した武将

-吉良満義 室町幕府創立への貢献と南朝への転向- 吉良満義 (1329-1389) は、南北朝時代に活躍した傑出した武将です。足利尊氏と親密な関係を持ち、室町幕府の創立に貢献しました。しかし、尊氏の死後、南朝に転向して室町幕府と敵対し、朝廷と幕府双方から離反していきます。 -室町幕府創立への貢献- 吉良満義は、1329年に三河国吉良荘 (現在の愛知県西尾市周辺) に生まれました。幼少期から武芸に秀で、1350年に足利尊氏に仕えました。尊氏が鎌倉幕府に反旗を翻した1351年の観応の擾乱では、尊氏軍の主力として戦い、鎌倉幕府を滅亡させました。室町幕府が成立すると、満義は尊氏から三河守護に任命され、室町幕府の有力な武将として活躍しました。 -南朝への転向- 1367年に尊氏が死去すると、満義は尊氏の弟である足利直義と対立します。直義は南朝と和睦して、南朝に臣従することを決断します。しかし、満義は南朝への臣従を拒否し、直義を討伐しました。これにより、満義は南朝と敵対することになり、室町幕府からも離反しました。 -朝廷と幕府からの離反- 満義は、南朝に転向した後も、北朝と戦いましたが、次第に勢力を失っていきました。1389年に南朝が滅亡すると、満義は朝廷と幕府の両方に追放され、失意のうちに亡くなりました。 -吉良満義の生涯は、室町幕府の創立から南朝への転向、そして朝廷と幕府からの離反まで、波乱に満ちたものでした。しかし、満義は、南北朝時代の傑出した武将として、その名を歴史に刻んでいます。-
歴史上の偉人

紀俊文:鎌倉から南北朝時代の神職であり歌人

- 紀俊文の生涯と功績 紀俊文(きのとしふみ、1272年~1332年12月23日)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の神職であり、歌人でもあった。 紀俊文は、鎌倉幕府の御家人であり、歌人としても知られていた紀俊輔の四男として、鎌倉に生まれた。18歳の時に元服し、左近将監に任じられた。その後、少納言に転任し、1299年には関白九条忠家の子である九条忠教の側近として仕えた。 1308年、紀俊文は従四位下となり、1311年には参議に任じられた。さらに、1313年には右大臣に任じられ、1314年には内大臣に任じられた。 1318年、鎌倉幕府が滅亡し、建武の新政が始まると、紀俊文は朝廷に仕え、左大臣に任じられた。1331年、足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、紀俊文は再び朝廷に仕え、右大臣に任じられた。 紀俊文は、歌人としても知られており、1322年に「俊忠集」を残している。この歌集には、紀俊文が詠んだ約1,500首が収められており、当時の貴族社会の風俗や生活の様子を垣間見ることができる。 紀俊文は、1332年に59歳で亡くなった。 紀俊文は、鎌倉時代末期から南北朝時代の神職であり、歌人でもあった。彼の歌集「俊忠集」は、当時の貴族社会の風俗や生活の様子を垣間見ることができる貴重な資料である。
歴史上の偉人

北畠顕信-南北朝時代の公卿と武将

北畠顕信の生涯 北畠顕信(きたばたけ あき のぶ)は、南北朝時代の公卿であり、武将として活躍しました。1315年(正和4年)に生まれ、1383年(永徳3年)に亡くなりました。後醍醐天皇の側近として活躍し、楠木正成や新田義貞らとともに建武の新政を推進しました。しかし、建武の新政は足利尊氏によって崩壊し、顕信は尊氏と敵対しました。1352年(正平7年)に尊氏が京都を占領すると、顕信は吉野に逃れ、後醍醐天皇とともに南朝を樹立しました。 顕信は南朝の軍事最高司令官として、足利軍と戦い続けました。1359年(正平14年)には、九州で足利軍を破り、九州を制圧しました。しかし、1361年(正平16年)には、足利軍に敗れて九州を追われ、吉野に帰還しました。その後も、顕信は足利軍と戦い続けましたが、1383年(永徳3年)に亡くなりました。 顕信は南朝の忠臣として知られており、その武勇は「北畠の白旗」と謳われました。また、顕信は和歌や漢詩にも優れており、文化人としても知られていました。顕信の死後、南朝は衰退し、1392年(明徳3年)に滅亡しました。 顕信の生涯は、南北朝時代の動乱を象徴するものであり、後世の人々に語り継がれています。
歴史上の偉人

「五条頼元」

-五条頼元- -五条頼元の生涯と功績- 五条頼元は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士、公卿です。近衛基通の子として生まれ、母は源頼朝の妹である大姫です。頼朝が鎌倉幕府を開いた後、頼元は朝廷との連絡役として活躍しました。 1185年(文治元年)、頼元は平家一門の壇ノ浦の戦いで戦功を上げ、平家滅亡に貢献しました。この功績により、頼元は右近衛権少将に任命されました。 1189年(建久元年)、頼元は源頼朝が上洛した際に随行し、京都に入りました。頼朝は頼元に朝廷との交渉を任せ、頼元は朝廷と幕府の間の仲介役を務めました。 1192年(建久3年)、頼元は右近衛権中将に任命されました。1199年(正治元年)、頼朝が死去すると、頼元は鎌倉幕府の第2代将軍となった源頼家に仕えました。 1203年(建仁3年)、頼家は和田義盛の反乱により失脚し、頼元は鎌倉幕府を追放されました。頼元はその後、京都に戻って隠棲しました。 1221年(建保9年)、頼元は62歳で死去しました。 頼元は、源頼朝の信頼を得て、朝廷との交渉役として活躍した人物です。頼元の功績により、鎌倉幕府と朝廷の関係が安定し、鎌倉幕府の安定した統治に貢献しました。
歴史上の偉人

– 北畠顕能(建武元年~永徳3年)

-南朝の支柱として北朝方と戦う- 北畠顕能は、建武元年(1334年)に生まれ、永徳3年(1383年)に亡くなった日本の武将であり、南朝の忠臣として知られています。 顕能は、父である北畠親房の跡を継いで、南朝の後醍醐天皇の皇子である護良親王を擁立して、北朝方と戦いました。 顕能は、延元3年(1338年)に、北朝方の足利尊氏を破って、京都を占領しました。しかし、尊氏はすぐに反撃して、京都を奪還しました。 その後、顕能は、九州に逃れて、南朝の拠点である吉野に潜伏しました。そして、尊氏と何度も戦いましたが、ついに勝利を収めることができませんでした。 永徳3年(1383年)、顕能は、北朝方の細川頼之に敗れて、自害しました。享年50歳でした。 顕能は、南朝の忠臣として、北朝方と戦い続けましたが、ついに勝利を収めることができませんでした。しかし、彼の功績は、後世に語り継がれています。
歴史上の偉人

・菊池武光

-# 菊池武光とは 菊池武光(きくち たけみつ、1842年12月2日 - 1914年11月24日)は、日本の元警察官、政治家。警視総監、北海道庁長官、元老、枢密顧問官、貴族院議員、子爵。 菊池武光は、1842年12月2日、肥後国菊池郡(現在の熊本県菊池郡菊池町)に菊池氏族の菊池武信の長男として生まれた。菊池氏は、肥後国を支配した大名であり、菊池武光は、その家系に生まれた。菊池武光は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。1860年、18歳の時に、江戸に出て、昌平黌に入学した。昌平黌は、幕府が運営する最高学府であり、菊池武光は、そこで、朱子学や漢学を学んだ。 1863年、菊池武光は、昌平黌を卒業し、幕府の役人となった。菊池武光は、若くして頭角を現し、1867年、25歳の時に、勘定吟味役に任命された。勘定吟味役は、幕府の財政を監査する役職であり、菊池武光は、この役職で、幕府の財政改革に尽力した。 1868年、戊辰戦争が勃発し、幕府が倒壊した。菊池武光は、新政府に出仕し、1869年、27歳の時に、警視総監に任命された。警視総監は、東京の警察を統括する役職であり、菊池武光は、この役職で、東京の治安維持に尽力した。菊池武光は、警視総監として、警察の近代化を推進し、日本の警察制度の基礎を築いた。 1871年、菊池武光は、北海道庁長官に任命された。北海道庁長官は、北海道を統治する役職であり、菊
歴史上の偉人

「宇都宮隆房」

-# 宇都宮隆房の生涯 宇都宮隆房は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将・豪族。下野国宇都宮氏の第7代当主。宇都宮宗房の嫡男。 頼朝に仕え、寿永4年(1185年)の奥州合戦にも参戦。元暦2年(1185年)に、父宗房が没し、宇都宮氏の家督を継承。文治5年(1189年)には、源頼朝が奥州征伐をした際に、源義経追討の命を請けて武功をあげ、下野国の守護職に任命された。 建久元年(1190年)、頼朝が上洛し、鎌倉幕府を開いた際には、13人の宿老の1人に選ばれた。また、建久4年(1193年)には、征夷大将軍の頼朝に従い、奥州征伐に参加した。 元久元年(1204年)、頼朝が没すると、その遺言により、嫡男の源頼家が家督を継承し、隆房は、頼家の後見役を務めた。しかし、頼家が病弱で、政務を執れない状態が続いたため、隆房は、幕府の実権を握った。 建永2年(1207年)、頼家が、北条時政によって殺害されると、隆房は、幕府の運営を北条氏に委ね、隠居した。 建保元年(1213年)、隆房は、69歳で死去した。 宇都宮隆房は、武勇に優れた武将であり、鎌倉幕府の創設に大きく貢献した人物である。また、隆房は、宇都宮氏の基礎を固め、下野国の有力豪族として、幕府の政権運営に参画した。
歴史上の偉人

細川氏春-南北朝時代の武将

-細川氏春の生涯- 細川氏春は、南北朝時代の武将であり、細川頼之の次男として生まれた。幼名は三郎。 正平23年(1368年)に、氏春の兄である細川頼元が、京都で足利義満を擁立して、北朝勢力と対決する。氏春もこの戦いに参加し、北朝勢力の将である斯波高経を破って、京都を制圧した。 正平24年(1369年)に、北朝勢力が京都を奪還すると、氏春は九州に逃れ、南朝勢力に合流した。 正平25年(1370年)に、氏春は南朝勢力の将である菊池武光とともに、九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平26年(1371年)に、氏春は南朝勢力の将である懐良親王とともに、九州から四国に渡り、四国で北朝勢力と戦った。 正平27年(1372年)に、氏春は四国で北朝勢力に敗れ、九州に逃れた。 正平28年(1373年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平29年(1374年)に、氏春は南朝勢力の将である懐良親王とともに、九州から中国地方に渡り、中国地方で北朝勢力と戦った。 正平30年(1375年)に、氏春は中国地方で北朝勢力に敗れ、九州に逃れた。 正平31年(1376年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平32年(1377年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平33年(1378年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平34年(1379年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平35年(1380年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平36年(1381年)に、細川氏春は九州で亡くなった。享年26。
歴史上の偉人

「安宅頼藤」

# -安宅頼藤(あんたくよりふじ)- - 生没年不詳 安宅頼藤の生没年は不詳である。平安時代末期から鎌倉時代初期の武将であり、源頼朝の御家人として活躍した。 甲斐源氏の祖である源頼基の三男として誕生する。弟に安田義定などがいる。 治承4年(1180年)に頼朝が挙兵すると、頼藤はこれに従い、富士川の戦い、石橋山の戦い、一の谷の戦いなどの合戦で活躍した。 頼朝の死後は、頼家の家臣として仕え、建久4年(1193年)には、源頼家の代理として、鎌倉に滞在して政務を総覧した。 その後、頼家の失脚後は、北条氏に仕え、建保6年(1218年)には、和田合戦で北条氏を助けて、和田義盛を討った。 頼藤は、承久の乱にも参加し、北条泰時の指揮下で、承久2年(1222年)に六波羅探題軍を破って、京都に入城した。 頼藤の死没年は不詳であるが、承久3年(1223年)の時点で、すでに亡くなっていたとみられる。 頼藤は、頼朝、頼家、北条氏に仕えた名将であり、鎌倉幕府の成立と発展に貢献した。
歴史上の偉人

葛西清貞→ 南北朝時代の武将

-葛西清貞の生涯- 葛西清貞は、南北朝時代の武将です。1306年(嘉元4年)に生まれ、1365年(貞治4年)に亡くなりました。 葛西清貞は、陸奥国葛西郡(現在の宮城県大崎市)の豪族、葛西氏の出身です。葛西氏は、鎌倉時代から代々この地域を支配していました。清貞は、葛西氏の嫡男として生まれ、幼い頃から武芸に励み、弓矢の名手として知られました。 清貞は、1331年(元弘元年)に鎌倉幕府の倒幕運動に参加し、鎌倉幕府軍と戦いました。1333年(元弘3年)に鎌倉幕府が滅亡すると、清貞は後醍醐天皇の建武の新政に参加しました。しかし、建武の新政はすぐに崩壊し、清貞は陸奥国に帰りました。 1336年(建武3年)に、清貞は足利尊氏によって陸奥国の守護に任命されました。清貞は、この地域を支配し、足利尊氏の北畠顕家との戦いに参加しました。清貞は、1348年(貞和4年)に、北畠顕家を降伏させ、陸奥国を平定しました。 1352年(正平7年)に、清貞は足利直義と対立し、足利尊氏に味方しました。清貞は、足利直義を討ち、足利尊氏の勝利に貢献しました。清貞は、1356年(観応2年)に、陸奥国の守護職を辞任し、隠居しました。 清貞は、1365年(貞治4年)に亡くなりました。享年60歳でした。清貞は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて、陸奥国を支配した名将として知られています。
歴史上の偉人

仁木義長-南北朝時代の武将

-仁木義長の生涯- 仁木義長(にっき よしなが)は、南北朝時代の武将。通称は四郎。父は仁木義弘、母は足利氏族である足利尊氏の娘。 * -幼少期- 仁木義長は、1339年に鎌倉で生まれた。父・仁木義弘は、鎌倉幕府の御家人であり、母・足利氏族である足利尊氏の娘は、足利尊氏の姉である。義長は、父・義弘から幼少期から武芸を学び、16歳の時に元服した。 * -建武の新政- 1333年に鎌倉幕府が滅亡すると、建武の新政が始まった。義長は、足利尊氏に従って、建武の新政に参画した。しかし、1336年に足利尊氏が建武の新政から離反すると、義長も尊氏に従った。 * -南朝との戦い- 1338年に、足利尊氏が南朝と戦い始めると、義長も尊氏に従って、南朝と戦った。義長は、尊氏に従って、九州、四国、中国地方を転戦し、多くの戦功を挙げた。 * -北朝と南朝の和睦- 1368年に、足利尊氏と南朝の懐良親王の間で和睦が成立すると、義長もこの和睦に従った。和睦後は、義長は足利義満に従って、北朝の政権を支えた。 * -晩年- 義長は、1392年に53歳で死去した。義長の死後、仁木氏は、子の仁木義員が継いだ。義員は、義長の死後に、室町幕府の管領を務めた。 -
仁木義長の功績- 仁木義長は、南北朝時代の武将として、多くの戦功を挙げた。義長は、足利尊氏に従って、九州、四国、中国地方を転戦し、多くの敵を破った。義長の功績は、足利尊氏と足利義満の政権を支えることに貢献した。 -
仁木義長の死後- 義長は、1392年に死去した。義長の死後、仁木氏は、子の仁木義員が継いだ。義員は、義長の死後に、室町幕府の管領を務めた。義員は、義長の功績を継いで、室町幕府の政権を支えた。
歴史上の偉人

覚増法親王 – 南北朝時代の皇子

覚増法親王の生涯 # 覚増法親王 覚増法親王(かくしょうほうしんのう / かくぞうほうしんのう)は、鎌倉時代中期から南北朝時代の法親王・准后である。九条忠家の三男。母は堀河院の猶子である贈従一位源親行の娘(源雅兼の養女)。後醍醐天皇の同母弟である。 # 生涯 元亨元年(1321年)、後醍醐天皇が即位する。元亨2年(1322年)2月15日に一品、親王宣下。 延元2年/建武4年(1337年)、37歳で親王宣下。 同年、大覚寺統から光厳天皇が退位して持明院統から後醍醐天皇が即位すると、後醍醐天皇の同母弟として、准后に准じられる。翌延元3年/暦応元年(1338年)には、三品に昇叙。 暦応2年(1339年)、赤松円心が九州に逃亡し、後に足利尊氏が幕府を開いたため、尊氏追討の宣旨が下る。 # 南北朝の分裂 後醍醐天皇と足利尊氏との間に抗争を引き起こし、延元4年/建武6年(1339年)に尊氏により京都を追われ、南朝の後村上天皇を擁して吉野に拠る。同年、尊氏の弟直義に攻められ、金剛三昧院を焼かれ、金剛山に逃れる。尊氏、直義兄弟の反乱は後醍醐天皇と尊氏との間の利害衝突から発生したものであり、多くの公家、武家もこれに追従することとなった。こうして、南朝(吉野朝廷)と北朝(京都朝廷)の分裂が決定的なものとなり、南北朝時代が始まる。 # 北朝への合流 しかし、建武3年(1336年)5月には、足利尊氏、新田義貞が鎌倉幕府を倒し、建武の新政を樹立。 後醍醐天皇は建武の新政において、尊氏から権限を奪還しようとしたため、尊氏は再び南朝に反旗を翻し、尊氏、直義兄弟は後醍醐天皇を京都から追放した。後醍醐天皇は、吉野に逃れて、南朝を樹立。尊氏は、光厳天皇を擁立して、京都に北朝を樹立した。 # 晩年 暦応4年(1341年)8月、後醍醐天皇が崩御すると、覚増法親王は、後醍醐天皇の遺詔を受けて、南朝の総帥となる。翌康永元年(1342年)、後村上天皇が践祚すると、覚増法親王は、太政大臣に任ぜられる。延文3年/正平13年(1358年)4月26日に崩御する。法名は、正観寺殿。
歴史上の偉人

侍堀田正泰は戦場でどのように活躍したのか?

-堀田正泰の生涯- 堀田正泰は、1542年に三河国で生まれた。彼は小笠原氏や今川氏の家臣を務めた後、豊臣秀吉に仕えた。秀吉の死後は徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いで功績を挙げた。1603年には江戸幕府が成立し、正泰は大老に任命された。そして1611年に死去した。 正泰は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将である。彼は戦場での功績だけでなく、政治家としても活躍した。正泰は、徳川家康の重臣として、江戸幕府の基礎を固めるのに貢献した。 -堀田正泰の戦場での活躍- 正泰は、戦場での活躍で知られている。彼は、槍術に優れており、数多くの合戦で功績を挙げた。正泰は、1575年の長篠の戦いでは、織田信長の軍勢を破った。また、1582年の本能寺の変では、明智光秀の軍勢を破った。さらに、1600年の関ヶ原の戦いでは、徳川家康の軍勢を勝利に導いた。 正泰は、戦場での活躍だけでなく、政治家としても活躍した。正泰は、徳川家康の重臣として、江戸幕府の基礎を固めるのに貢献した。正泰は、1603年には江戸幕府が成立し、大老に任命された。そして1611年に死去した。 正泰は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将であり、政治家である。彼は、戦場での功績だけでなく、政治家としても活躍した。正泰は、徳川家康の重臣として、江戸幕府の基礎を固めるのに貢献した。
歴史上の偉人

吉良満貞の生涯-南北朝時代の武将

吉良満貞の生い立ちと家系 吉良満貞は、南北朝時代に活躍した武将で、足利尊氏や斯波家長に従って各地を転戦した。また、吉良氏は代々鎌倉幕府の御家人として仕えており、満貞はその後裔にあたる。 満貞の生年については諸説あるが、建武元年(1334年)頃と考えられている。父は吉良満家、母は不明である。満貞は、幼い頃から武芸に秀でており、特に弓矢の名手であったという。 満貞が初めて歴史に登場するのは、建武3年(1336年)の足利尊氏の鎌倉攻めの際に、その軍勢に加わったときである。このとき、満貞は鎌倉幕府の執権であった北条高時の軍勢と戦い、殊勲を挙げた。 その後、満貞は足利尊氏に従って各地を転戦し、元弘3年(1333年)の湊川の戦いで、楠木正成の軍勢と戦った。この戦いでは、満貞は楠木正成の軍勢を破り、足利尊氏の勝利に貢献した。 建武4年(1337年)、足利尊氏が京都に室町幕府を開いた後、満貞は斯波家長に従って、信濃国に下向し、守護として在職した。満貞は信濃国で、北条氏の残党や反乱軍と戦い、その平定に努めた。 その後、満貞は斯波家長に従って、九州に下向し、懐良親王の軍勢と戦った。この戦いでは、満貞は懐良親王の軍勢を破り、斯波家長の勝利に貢献した。 正平23年(1368年)、満貞は斯波家長の命を受けて、越後国の守護となった。満貞は越後国で、北条氏の残党や反乱軍と戦い、その平定に努めた。 延文6年(1361年)、満貞は越後国の守護を辞任し、京都に戻った。その後、満貞は足利義満に従って、北朝方の諸将と戦い、その平定に努めた。 満貞は、永和5年(1379年)に亡くなった。享年46。満貞の死後、その家督は嫡男の吉良満氏が継承した。
歴史上の偉人

朽木氏秀 – 南北朝時代の武将

-近江の豪族- 朽木氏は、近江国(現在の滋賀県)を拠点とした豪族です。近江国は、平安時代中期以降、源氏、平氏、藤原氏といった有力武家が争奪する激戦地となり、南北朝時代には、南朝と北朝の両軍が激しく争いました。朽木氏は、南北朝時代の初め、南朝に属して北朝と戦いました。しかし、次第に南朝が弱体化すると、北朝に降伏しました。 朽木氏は、北朝に降伏した後も、近江国で勢力を持ち続けました。朽木氏は、近江国の守護職を代々務め、近江国の有力豪族として君臨しました。朽木氏は、近江国の文化の発展にも貢献しました。朽木氏には、多くの文化人が出仕し、朽木氏のもとで活躍しました。朽木氏は、近江国の文化の発展に重要な役割を果たしました。 朽木氏は、戦国時代末期に、織田信長に滅ぼされました。朽木氏は、織田信長に滅ぼされた後、近江国での勢力を失いました。しかし、朽木氏の血筋は、現在でも残っています。朽木氏の末裔には、多くの著名人がいます。朽木氏は、近江国を拠点とした豪族であり、近江国の文化の発展に貢献しました。朽木氏は、戦国時代末期に、織田信長に滅ぼされましたが、朽木氏の血筋は、現在でも残っています。
歴史上の偉人

四条隆資 – 鎌倉・南北朝時代の公卿

四条隆資の生涯 四条隆資は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿です。四条隆資の生涯は、その時代の政治的動乱と密接に関連しています。 四条隆資は、1307年に四条隆蔭の子として生まれました。若くして才能を現し、14歳で従三位に叙せられました。その後、権中納言、権大納言を歴任し、1339年に内大臣に任命されました。 しかし、四条隆資の政治的キャリアは、天皇の譲位問題に巻き込まれることによって暗転します。1331年に後醍醐天皇が譲位した後、後醍醐天皇の皇子である邦良親王が皇太子に立てられました。しかし、邦良親王は足利尊氏と対立し、1336年に失脚しました。 この事件を機に、四条隆資は足利尊氏と敵対するようになります。四条隆資は、後醍醐天皇と結んで足利尊氏を討伐しようとしましたが、1336年に足利尊氏に敗れ、京都から逃亡しました。 その後、四条隆資は南朝に仕え、1339年に内大臣に任命されました。しかし、南朝は足利尊氏の北朝に押され、四条隆資は再び京都から逃亡しました。 四条隆資は、その後も南朝の復興を目指して戦いましたが、1348年に足利尊氏に降伏しました。四条隆資は、足利尊氏に赦され、1351年に京都に帰還しました。 四条隆資は、1354年に薨去しました。享年48歳でした。四条隆資は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿として、その時代の政治的動乱に翻弄されながらも、その政治的才能を発揮しました。
歴史上の偉人

「長尾重威」

-長尾重威の生涯と事迹- 長尾重威は、1514年に越後国の守護大名である長尾為景の三男として生まれました。諱は景康。幼名は松王丸。 1535年、兄の長尾晴景が父為景を攻めて家督を奪うと、重威は晴景に属しました。しかし、1542年に晴景が暗殺されると、重威は弟の長尾景虎(上杉謙信)と対立。景虎に敗れて越後国を追放されました。 1548年、重威は甲斐国の武田信玄を頼って、上杉謙信と敵対しました。信玄の娘である黄梅院を娶り、武田氏の家臣となりました。 1553年、武田信玄が信濃国川中島で上杉謙信と戦った際には、重威も武田軍の一員として参戦しました。この戦いで重威は戦功を挙げ、武田信玄から「鬼美濃」の異名を与えられました。 1561年、重威は武田信玄の命を受けて、越後国春日山城を攻めましたが、上杉謙信に撃退されました。その後、重威は武田信玄の命を受けて、信濃国の上田城や別所城を攻め落としました。 1573年、武田信玄が病死すると、重威は嫡男の武田勝頼に仕えました。しかし、1575年の長篠の戦いで武田軍が大敗すると、重威は武田氏を見限り、上杉謙信に降伏しました。 1578年、上杉謙信が死去すると、重威は上杉景勝に仕えました。1582年、本能寺の変が起こると、重威は景勝に従って織田信長の仇を討つために上洛しました。 1583年、賤ヶ岳の戦いで景勝が敗れると、重威は上杉氏を離れて、北条氏綱を頼りました。しかし、1590年の小田原の役で北条氏綱が豊臣秀吉に降伏すると、重威は秀吉に仕えました。 1598年、豊臣秀吉が死去すると、重威は徳川家康に仕えました。1600年の関ヶ原の戦いでは、重威は家康に従って東軍に参加しました。 1603年、徳川家康が征夷大将軍になると、重威は江戸幕府の旗本となり、武蔵国足立郡に3,000石の所領を与えられました。 1614年、大坂冬の陣が起こると、重威は徳川秀忠に従って大坂城を攻めました。1615年の大坂夏の陣でも、重威は徳川秀忠に従って大坂城を攻め、豊臣氏を滅亡させました。 1621年、重威は江戸で死去しました。享年78。
歴史上の偉人

細川清氏 – 南北朝時代の武将

-細川清氏とはどのような人物か?- 細川清氏は、南北朝時代の武将で、室町幕府の初代将軍である足利尊氏の有力な家臣でした。細川氏は、清氏の父である細川頼之が尊氏の挙兵に従って功績を挙げたことから、室町幕府の初期に重用されるようになりました。 清氏は、尊氏の死後、足利義満の代に幕府の政務を執り、幕府の安定に貢献しました。また、清氏は、応永の乱では、足利義満の命令を受けて、山名氏清を討伐し、功績を挙げました。 清氏は、応永19年(1412年)に、65歳で亡くなりました。清氏の死後、細川氏は、子孫が代々幕府の重職を歴任し、室町幕府の有力な一族として活躍しました。 清氏は、武勇に優れていただけでなく、政治的手腕にも長けていました。清氏は、足利尊氏や足利義満の信任を得て、幕府の政務を執り、幕府の安定に貢献しました。また、清氏は、応永の乱では、足利義満の命令を受けて、山名氏清を討伐し、功績を挙げました。 清氏は、室町幕府の初期に重用された武将であり、幕府の安定に貢献した人物です。清氏の死後、細川氏は、子孫が代々幕府の重職を歴任し、室町幕府の有力な一族として活躍しました。
歴史上の偉人

「松浦定の栄華と転落」

武勇にすぐれ、鬼八郎とよばれた 松浦定は武勇に優れ、鬼八郎と称されるほどの猛将でした。彼の武勇は、数々の戦いで証明されており、特に肥前国高来(現在の長崎県諫早市)での戦いでは、敵軍を蹴散らし、大いに名声を上げました。 松浦定の武勇は、彼の強靭な肉体と優れた剣術に支えられていました。彼は、身長6尺3寸(約190cm)の大男で、怪力乱神と称されました。また、剣術にも優れ、数多くの名手と渡り合ってきました。 鬼八郎の異名で呼ばれた松浦定は、戦場ではまさに鬼神のごとき勇猛ぶりを発揮しました。彼は、敵軍に突撃し、次々と敵を斬り倒しました。その様子は、まるで鬼が暴れ回っているかのようだったと言われています。 松浦定の武勇は、肥前国だけでなく、全国にもその名が知れ渡りました。彼は、戦国時代の英雄としてその名を残し、今なお語り継がれています。