南海ホークス

スポーツ分野の人

広瀬叔功 – 盗塁王の足と首位打者のバットを持つ攻走守三拍子そろった外野手

南海ホークス黄金期を支えた名選手 広瀬叔功は、南海ホークス黄金時代を支えた名選手として知られる外野手です。1940年、大分県に生まれ、1960年に南海ホークスに入団しました。俊足巧打の外野手として活躍し、1963年には盗塁王、1964年には首位打者に輝いています。また、1965年には三冠王を獲得するなど、攻走守三拍子そろった選手でした。 広瀬叔功は、強力な打撃でチームに貢献しました。1965年には打率.327、36本塁打、105打点という成績を収めて三冠王に輝き、1963年には打率.318、25本塁打、82打点、また1964年には打率.318、27本塁打、86打点と、3年連続で打率3割、20本塁打以上を記録しています。 また、広瀬叔功は、俊足で盗塁でも活躍しました。1963年には51盗塁で盗塁王に輝き、1964年には40盗塁、1965年には37盗塁を記録しています。 守備でも、広瀬叔功は巧みなフィールディングでチームを支えました。1963年から1965年まで3年連続でゴールデングラブ賞を受賞しています。 広瀬叔功は、南海ホークス黄金時代を支えた名選手として、今もなお多くのファンに愛されています。
スポーツ分野の人

→ 杉浦忠 (1935-2001)

杉浦忠の生い立ちと野球との出会い 杉浦忠は、1935年8月4日に北海道旭川市に生まれた。幼い頃から野球に興味を持ち、小学校時代から野球部に所属していた。杉浦は、小学校時代から才能を発揮し、1951年に北海道旭川商業高等学校に進学した。 北海道旭川商業高等学校では、エースピッチャーとして活躍した。1953年の全国高等学校野球選手権大会では、決勝戦で早稲田実業高等学校を破り、優勝を果たした。また、杉浦は1954年の第1回アジア野球選手権大会でも、日本の代表チームとして出場し、優勝に貢献した。 高校卒業後、杉浦は読売ジャイアンツに入団した。読売ジャイアンツでは、エースピッチャーとして活躍し、チームの優勝に貢献した。杉浦は、1958年にシーズン39勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した。また、杉浦は1958年と1959年の2年連続で、沢村賞を受賞した。 杉浦は、1965年に引退した。引退後は、解説者やコーチとして活躍した。1994年に野球殿堂入りを果たし、2001年に65歳で亡くなった。
スポーツ分野の人

– 皆川睦雄

-皆川睦雄のプロフィール- 皆川睦雄は、日本の実業家、政治家です。楽天グループの創業者であり、同社の代表取締役会長兼社長を務めています。1964年、東京都生まれ。東京大学経済学部を卒業後、日本興業銀行に入行。その後、米国ハーバード大学ビジネススクールに留学し、MBAを取得。1995年に楽天株式会社を創業しました。 楽天株式会社は、インターネットショッピングモール事業を展開する企業です。楽天市場は、日本最大のインターネットショッピングモールであり、国内外から多くの利用者が集まっています。楽天株式会社は、インターネットショッピングモール事業以外にも、旅行事業、金融事業、モバイル事業など、様々な事業を展開しています。 皆川睦雄は、楽天株式会社の創業以来、同社の経営を牽引してきました。楽天株式会社を日本最大のインターネット企業に成長させた手腕は、国内外で高く評価されています。2010年には、日本の経済産業大臣に任命されました。 皆川睦雄は、日本のインターネット業界の発展に大きく貢献した人物です。同氏は、楽天株式会社の経営を通じて、日本のインターネット業界の発展に貢献してきました。また、経済産業大臣として、日本の産業政策の推進に尽力しました。 -皆川睦雄の基本情報- * 氏名皆川睦雄(みなかわ むつお) * 生年月日1964年1月29日 * 出生地東京都 * 学歴東京大学経済学部卒業、ハーバード大学ビジネススクールMBA取得 * 職業実業家、政治家 * 役職楽天グループ代表取締役会長兼社長
スポーツ分野の人

「村上雅則」

-村上雅則- 昭和時代後期のプロ野球選手。1972年から1984年まで広島東洋カープに所属し、通算67勝34敗を挙げた。 -昭和時代後期のプロ野球選手- 広島県出身。広島商業高等学校を経て、1971年にドラフト外で広島東洋カープに入団。投手として活躍し、1974年には巨人とセ・リーグ優勝を争い、最終戦まで優勝争いが持ち越された。村上は最終戦に先発し、勝利投手となり、広島に初のリーグ優勝をもたらした。 翌年の1975年にもセ・リーグ優勝を果たし、日本シリーズにも出場。阪急ブレーブスに4勝1敗で勝利し、広島に初の日本一をもたらした。1978年には投手として18勝を挙げて最多勝を獲得。この年の広島は日本シリーズにも出場したが、ヤクルトスワローズに2勝4敗で敗れた。 1980年には13勝を挙げて最多勝を獲得し、広島のリーグ優勝に貢献。日本シリーズでも西武ライオンズに4勝1敗で勝利し、広島に2度目の日本一をもたらした。1982年には15勝を挙げて最多勝を獲得。この年の広島はリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズでは西武ライオンズに1勝4敗で敗れた。 1984年に広島を退団し、日本ハムファイターズに移籍。1987年に引退した。引退後は広島東洋カープの投手コーチを務めた。 村上は通算67勝34敗、防御率3.11の成績を残した。1978年、1980年、1982年の3回最多勝を獲得。1980年には最多セーブのタイトルも獲得した。
スポーツ分野の人

加藤英司 – 巧打の一塁手として活躍した昭和時代のプロ野球選手

-昭和時代のプロ野球選手としての加藤英司- 加藤英司は、1926年(大正15年)1月1日に愛知県名古屋市に生誕しました。愛知県立名古屋商業高等学校を卒業後は、中央大学に進学。大学時代からその打撃センスには定評があり、1950年に広島カープに入団。背番号10で入団を果たしました。 加藤は、1年目から一軍で起用され、主に四番打者として活躍しました。打撃成績は、打率.293、本塁打24本、71打点の成績を残し、新人王を獲得しました。翌年も打撃は好調を維持し、打率.315、本塁打25本、80打点の成績を残しました。 しかし、その後はケガに悩まされるようになり、成績が下降線たどりました。1956年に惜しくも現役を引退しました。 加藤は、引退後も広島カープのスカウトとして活躍しました。川口和久、高木豊、前田智徳など、多くの好選手を獲得し、広島カープの黄金期を支えました。 加藤は、2009年(平成21年)1月14日に死去されました。享年82歳でした。 加藤は、巧打の一塁手として活躍した昭和時代のプロ野球選手です。新人でいきなり四番打者を任され、打撃タイトルも獲得するなど、その打撃センスは折り紙つきでした。しかし、ケガに悩まされるようになり、期待に応えることができませんでした。それでも、広島カープの黄金期を支えるスカウトとして活躍し、野球界に貢献しました。
スポーツ分野の人

「鶴岡一人」

-鶴岡一人の生涯- -幼少期と青年期- 鶴岡一人(つるおかかずと)は、1889年(明治22年)に東京に生まれました。幼少期から聡明で、成績優秀でした。大学卒業後は、官僚として大蔵省に入省しました。 -官僚時代- 大蔵省に入省した鶴岡は、すぐに頭角を現しました。若くして次官に昇進し、財政政策を担うようになりました。鶴岡は、緊縮財政を推進し、国の財政を立て直しました。 -軍政時代- 1937年(昭和12年)、日中戦争が始まりました。鶴岡は、軍政を担うために陸軍に転籍しました。鶴岡は、中国の占領地で、軍政を行いました。 -戦後- 1945年(昭和20年)、日本は太平洋戦争に敗戦しました。戦後、鶴岡は公職追放となりました。公職追放が解かれた後、鶴岡は財界に転身しました。 -晩年- 鶴岡は、1962年(昭和37年)に死去しました。享年73歳でした。鶴岡は、日本の経済復興に貢献した功績者として知られています。 -功績- 鶴岡一人は、日本の経済復興に貢献した功績者として知られています。緊縮財政を推進し、国の財政を立て直しました。また、軍政を担い、中国の占領地で行政を行いました。戦後は、財界に転身し、日本の経済発展に貢献しました。
スポーツ分野の人

別所毅彦 – 昭和の豪速球投手

- 別所毅彦 - 昭和の豪速球投手 -# エースとしての活躍 別所毅彦は、1955年、南海ホークスに入団。翌1956年、わずか18歳でエースの座をつかむ。この年の成績は29勝12敗、防御率1.90で、最優秀防御率、最多奪三振の2冠に輝き、パ・リーグの新人王に選ばれた。また、この年のオールスターゲームでは、史上最年少で先発投手を務めている。 1957年には、33勝16敗、防御率2.10で、2年連続の最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成。また、この年のオールスターゲームでは、2年連続で先発投手を務めている。 1958年には、27勝14敗、防御率2.18で、3年連続の最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成。また、この年のオールスターゲームでは、3年連続で先発投手を務めている。 1959年には、24勝14敗、防御率2.31で、4年連続の最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成。また、この年のオールスターゲームでは、4年連続で先発投手を務めている。 1961年には、34勝12敗、防御率1.74で、5年連続の最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成。また、この年のオールスターゲームでは、5年連続で先発投手を務めている。 別所毅彦は、1956年から1961年まで、6年連続で最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成した。これは、パ・リーグの投手としては、杉浦忠、野村収、山田久志に次ぐ記録である。また、別所毅彦は、1956年から1961年まで、6年連続でオールスターゲームに先発投手として出場している。これは、パ・リーグの投手としては、稲尾和久、杉浦忠に次ぐ記録である。 別所毅彦は、1962年に引退するまで、南海ホークスのエースとして活躍した。通算成績は185勝117敗、防御率2.16、2286奪三振であった。別所毅彦は、1990年に野球殿堂入りを果たしている。
スポーツ分野の人

大沢啓二:立大で東京六大学野球リーグ優勝、南海で活躍、監督として日本ハムをリーグ優勝に導く

立大時代長嶋茂雄らと東京六大学野球リーグ優勝 大沢啓二は、1951年に立教大学に入学し、硬式野球部に入部した。在学中は、同期の長嶋茂雄(法政大学)、杉浦忠(明治大学)、広岡達朗(早稲田大学)らとともに、東京六大学野球リーグを席巻した。 1年生の時には、東京六大学野球リーグで優勝し、全日本大学野球選手権大会でも優勝を果たした。2年生の時には、再び東京六大学野球リーグで優勝し、全日本大学野球選手権大会でも準優勝を果たした。3年生の時には、3度目の東京六大学野球リーグ優勝を果たした。 大沢は、立教大学の4年間で、通算82試合に出場し、打率.330、13本塁打、47打点を記録した。また、投手としても22試合に登板し、6勝7敗、防御率2.57の成績を残した。 大沢は、立教大学卒業後は、南海ホークスに入団した。南海ホークスでは、10年間プレーし、通算1183試合に出場し、打率.286、119本塁打、598打点を記録した。また、投手としても6試合に登板し、0勝1敗、防御率1.80の成績を残した。 1967年に現役を引退後は、南海ホークスのコーチとなり、1970年には監督に就任した。南海ホークスでは、2年間監督を務め、1971年にリーグ優勝を果たした。 1975年からは、日本ハムファイターズの監督に就任した。日本ハムファイターズでは、4年間監督を務め、1978年にリーグ優勝を果たした。 大沢は、立教大学、南海ホークス、日本ハムファイターズで活躍した名選手であり、監督として2球団をリーグ優勝に導いた名将であった。
スポーツ分野の人

– 水原義博(⇒水原三折)

-水原義博の生涯- 水原義博は、1897年に東京に生まれました。幼少期から剣道と柔道に親しみ、早稲田大学に進むと、柔道部に入部しました。1920年に大学を卒業後、講道館に入門。1922年に初段、1925年に四段を取得しました。 1926年、水原義博は渡米し、ニューヨークに道場を開設しました。1927年に全米柔道選手権大会に優勝。1928年には全米アマチュア柔道連盟を設立し、会長に就任しました。 1930年に水原義博は帰国。講道館で指導にあたり、1933年に五段、1935年に六段を取得しました。1936年、講道館の海外派遣員としてハワイ、ブラジル、アルゼンチンなどを歴訪し、柔道の普及に努めました。 1940年に水原義博は七段を取得。1942年に太平洋戦争が勃発すると、陸軍に入隊し、ビルマ戦線に従軍しました。1945年に復員した後、講道館で指導を続けました。 1950年に水原義博は八段を取得。1954年には柔道の国際連盟である国際柔道連盟(IJF)が設立され、初代会長に就任しました。1956年、講道館を退職し、全日本柔道連盟の会長に就任しました。 1961年に水原義博は九段を取得。1964年に東京オリンピックで柔道が正式競技として採用された際には、大会会長を務めました。1969年に水原義博は没しました。 水原義博は、柔道の普及と発展に生涯を捧げた偉大な指導者でした。その功績は、世界中の柔道家から尊敬されています。
スポーツ分野の人

江夏豊 – プロ野球の歴史を彩った伝説の左腕

-江夏豊の輝かしい経歴と功績- 江夏豊は、1950年に奈良県で生まれ、1970年に阪神タイガースに入団したプロ野球選手です。左腕投手として活躍し、1971年にノーヒットノーランを達成するなど、輝かしい成績を残しました。 1975年に南海ホークスに移籍し、1976年には最多勝と最優秀防御率の二冠を達成するなど、チームの日本一に貢献しました。1981年には広島東洋カープに移籍し、1984年にはリーグ優勝と日本一を達成しました。 1988年に引退するまでに、通算206勝164敗335セーブ、防御率3.27という成績を残しました。また、オールスターゲームには10回出場しており、1971年には最優秀投手賞を受賞しています。 江夏豊は、その卓越したピッチング技術と、チームを勝利に導く勝負強さで、プロ野球の歴史に名を残す伝説の左腕投手です。 -江夏豊の功績- 江夏豊は、プロ野球の歴史の中で多くの功績を残しました。その中でも特に有名なのが、1971年のノーヒットノーランです。江夏豊は、阪神タイガースの投手として、中日ドラゴンズを相手にノーヒットノーランを達成しました。これは、江夏豊にとって初めてのノーヒットノーランであり、阪神タイガースの投手としては史上初のことでした。 また、江夏豊は1976年に南海ホークスの投手として、最多勝と最優秀防御率の二冠を達成しました。これは、江夏豊にとって初めての二冠であり、南海ホークスの投手としては史上初のことでした。 さらに、江夏豊は1984年に広島東洋カープの投手として、リーグ優勝と日本一を達成しました。これは、江夏豊にとって初めてのリーグ優勝と日本一であり、広島東洋カープの投手としては史上初のことでした。 江夏豊は、プロ野球の歴史の中で多くの偉業を達成した伝説の左腕投手です。その功績は、プロ野球ファンに永く語り継がれることでしょう。
スポーツ分野の人

「江本孟紀」

-ノンプロ熊谷組からプロ野球選手へ- 江本孟紀は、1947年に滋賀県に生まれた。生来の野球センスを発揮し、小学6年生の時に全国大会で優勝。 中学卒業後は、野球の名門であるPL学園に進学した。高校時代には、甲子園大会に出場し、準優勝に貢献した。しかし、プロ野球のドラフトでは指名されなかった。 高校卒業後は、社会人野球の熊谷組に入部した。熊谷組は、ノンプロ野球の強豪チームで、江本はすぐにエースとなった。1966年には、都市対抗野球大会で優勝。江本は大会MVPに輝いた。 熊谷組での活躍が認められ、江本は1967年に読売ジャイアンツに入団した。入団1年目から先発ローテーションに入り、16勝を挙げて新人王に輝いた。その後も、江本はジャイアンツの主力投手として活躍し、1972年には投手三冠とMVPを獲得した。 1975年、江本はロサンゼルス・ドジャースに移籍した。ドジャースでは、2年間プレーし、ワールドシリーズにも出場した。1977年に日本に戻り、広島東洋カープに入団した。カープでは、2年間プレーし、1978年にはリーグ優勝に貢献した。 1980年に江本は引退した。通算成績は、211勝152敗、防御率2.88である。1994年に野球殿堂入りを果たした。 江本は、ノンプロ野球からプロ野球選手として活躍した数少ない選手の1人である。その活躍は、野球界に大きな影響を与えた。
スポーツ分野の人

~木塚忠助~

南海ホークスで活躍した名遊撃手木塚忠助 ~木塚忠助~ 南海ホークスで活躍した名遊撃手 木塚忠助は、1923年(大正12年)4月15日に、愛知県幡豆郡西幡豆町(現在の愛知県西尾市)に生まれた。幼い頃から野球に興味を持ち、小学校時代には地元の少年野球チームで活躍した。1941年(昭和16年)に、愛知県岡崎市の岡崎商業学校(現在の岡崎高等学校)に入学。野球部に所属し、遊撃手として活躍した。 1942年(昭和17年)に、岡崎商業学校を卒業。同年、南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に入団した。1943年(昭和18年)に、一軍に昇格。遊撃手としてレギュラーを獲得し、南海ホークスの黄金期を支えた。 木塚忠助は、抜群の守備力を誇る遊撃手だった。俊敏な動きと強肩で、難しい打球も難なく処理した。また、打撃でも活躍し、1949年(昭和24年)には28盗塁を記録するなど、走攻守三拍子揃った選手だった。 木塚忠助は、南海ホークスで12年間プレーし、2度のリーグ優勝に貢献した。1954年(昭和29年)には、ベストナインに選出された。1956年(昭和31年)に、現役を引退した。 引退後は、南海ホークスのコーチを務め、1964年(昭和39年)には監督に就任した。しかし、成績不振のため、1年で監督を辞任した。その後は、野球解説者として活躍した。 木塚忠助は、2004年(平成16年)4月15日に、肺がんのため死去した。享年81歳だった。 木塚忠助は、南海ホークスの黄金期を支えた名遊撃手だった。その功績は、今もなおファンに語り継がれている。
スポーツ分野の人

昭和後期から平成時代のプロ野球選手 – 門田博光

球界を席巻した「中年の星」 門田博光は、1958年に南海ホークスに入団し、1988年に引退したプロ野球選手です。現役時代は主に外野手として活躍し、通算2564安打、567本塁打、1675打点を記録しました。また、1980年には三冠王を獲得し、1982年には日本シリーズでMVPを受賞しました。 門田は、その長打力と強肩で知られていましたが、特に1980年代後半の活躍は「中年の星」と呼ばれ、プロ野球ファンの間で大きな注目を集めました。1986年には、38歳にしてシーズン44本塁打を放ち、当時の最年長本塁打記録を更新しました。1988年には、40歳にしてシーズン31本塁打を放ち、史上初の40歳代での30本塁打を達成しました。 門田の活躍は、プロ野球界に大きな影響を与えました。それまでのプロ野球では、30代後半になると衰えていく選手が多くいましたが、門田の活躍によって、年齢を重ねても活躍できることが証明されました。また、門田の活躍は、プロ野球ファンの間での「中年の星」ブームを巻き起こし、プロ野球の人気を高めることに貢献しました。 門田は、1994年に野球殿堂入りを果たしました。現在では、プロ野球解説者として活躍しています。
スポーツ分野の人

新井宏昌 – 昭和後期から平成時代のプロ野球選手

-PL学園のスター選手から南海ホークスへ- 新井宏昌は、1982年にPL学園高等学校を卒業し、南海ホークスに入団した。PL学園時代は、4番打者として活躍し、1980年には夏の甲子園大会で優勝している。新井は、南海ホークスに入団後すぐに一軍に昇格し、1年目からレギュラーとして活躍した。1983年には、打率.300、27本塁打、80打点を記録して、パ・リーグの新人王を獲得した。新井は、南海ホークスで6シーズンプレーし、通算打率.285、106本塁打、456打点を記録した。 1988年、新井は南海ホークスから西武ライオンズに移籍した。西武ライオンズでは、主に外野手として出場し、1990年にはリーグ優勝に貢献した。新井は、西武ライオンズで2シーズンプレーし、通算打率.257、22本塁打、70打点を記録した。 1990年、新井は西武ライオンズから読売ジャイアンツに移籍した。読売ジャイアンツでは、主に代打として出場し、1991年には日本シリーズ優勝に貢献した。新井は、読売ジャイアンツで2シーズンプレーし、通算打率.246、3本塁打、11打点を記録した。 1992年、新井は読売ジャイアンツから中日ドラゴンズに移籍した。中日ドラゴンズでは、主に代打として出場し、1993年にはセ・リーグ優勝に貢献した。新井は、中日ドラゴンズで2シーズンプレーし、通算打率.260、1本塁打、11打点を記録した。 1994年、新井は中日ドラゴンズを退団した。新井は、12年間のプロ野球生活で、通算打率.272、132本塁打、549打点を記録した。