印刷局

作家

「大熊長次郎」

-大熊長次郎の概要- 大熊長次郎は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した日本の農民。 苗字帯刀を許された豪農で、秩父困民党の首領として秩父事件を指揮した。 大熊長次郎は、文政10年(1827年)に、武蔵国秩父郡大田村(現・埼玉県秩父市)で生まれた。 父は、大熊長兵衛、母は、のぶ。 長次郎は、幼い頃から聡明で、読書を好んだ。 16歳のとき、父が亡くなり、家督を継いだ。 長次郎は、農業に励み、家業を拡大した。 また、村の有力者としても活躍し、村役人を務めた。 安政5年(1858年)、日本は、アメリカ合衆国と修好通商条約を締結した。 この条約によって、日本は、生糸や茶などの産物をアメリカ合衆国に輸出することになった。 しかし、この条約は、日本にとって不平等なものであり、多くの農民が貧困に陥った。 秩父郡も、この条約の影響を大きく受け、多くの農民が貧困に陥った。 長次郎は、貧困に苦しむ農民を救うため、秩父困民党を結成した。 秩父困民党は、秩父郡内の貧農たちによって組織された団体である。 長次郎は、秩父困民党の首領として、秩父郡の農民たちに蜂起を呼びかけた。 明治6年(1873年)11月、秩父困民党は、秩父郡内の役所を襲撃し、秩父事件を起こした。 秩父事件は、明治政府軍によって鎮圧された。 長次郎は、秩父事件の首謀者として逮捕され、東京で裁判にかけられた。 長次郎は、死刑を宣告され、明治7年(1874年)8月21日、処刑された。 長次郎の死後、秩父困民党は解散し、秩父事件は終結した。 しかし、秩父困民党の蜂起は、日本の農民運動の歴史において重要な事件となった。
歴史上の偉人

機械技術者・吉田朋吉の生涯

- 機械技術者吉田朋吉の足跡 吉田朋吉は1862年、愛知県岡崎市に生まれました。幼い頃から機械に興味を持ち、独学で機械の仕組みを学びました。1878年、愛知県第一中学(現・愛知県立岡崎高等学校)に入学し、機械工学を専攻します。1881年、卒業後、東京帝国大学工学部機械工学科に入学しました。 吉田朋吉は、東京帝国大学工学部機械工学科を卒業後、1886年に芝浦製作所に入社しました。芝浦製作所では、発電機や電動機の設計を担当し、日本の電気産業の発展に貢献しました。1893年、吉田朋吉は芝浦製作所を退職し、独立して吉田製作所を設立しました。吉田製作所では、ポンプや蒸気機関などを製造し、日本の産業の発展に貢献しました。 1907年、吉田朋吉は、日本機械学会の第1回会長に就任しました。日本機械学会は、日本の機械工学の発展に貢献するため設立された団体であり、吉田朋吉は日本機械学会の初代会長として、その発展に尽力しました。 1916年、吉田朋吉は、東京帝国大学工学部機械工学科の教授に就任しました。東京帝国大学工学部機械工学科では、機械工学の教育と研究に従事し、日本の機械工学の発展に貢献しました。 1922年、吉田朋吉は、東京帝国大学工学部機械工学科の教授を退職し、その後は主に工学系雑誌の執筆や著作の出版などを行なっていました。1931年、吉田朋吉は、70歳で亡くなりました。 吉田朋吉は、日本の機械工学の発展に貢献した偉大な機械技術者でした。吉田朋吉の足跡は、日本の機械工学の歴史を語る上で欠かすことのできないものです。