参議

歴史上の偉人

 万里小路政房とは?

-万里小路政房の生涯- 万里小路政房は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した公卿、歌人です。万里小路藤房の子として生まれ、幼名は基房。元亨2年(1322)に叙爵。建武元年(1334)に権中納言に任命され、建武2年(1335)には内大臣に昇進しました。 建武3年(1336)に足利尊氏が京都を占領すると、万里小路政房は後醍醐天皇に随行して吉野に逃れました。延元元年(1336)に後醍醐天皇が崩御すると、万里小路政房は北朝に仕えるようになりました。暦応元年(1338)に左大臣に任命され、暦応4年(1341)には太政大臣に昇進しました。 万里小路政房は、歌人としても知られており、「新葉和歌集」や「風雅和歌集」の勅撰に加わりました。また、和歌の注釈書「和歌色葉」を著しています。 貞和3年(1347)に万里小路政房は亡くなりました。享年49。万里小路政房は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、公卿として活躍した人物であり、歌人としても知られています。
歴史上の偉人

~源具実

-源具実(1147-1221)- 鎌倉時代の公卿であり、関白や太政大臣を歴任した。平清盛の娘である建礼門院徳子を妻とした。 -鎌倉時代の公卿- 源具実は1147年に京都で生まれた。平清盛の娘である建礼門院徳子を妻とし、平氏と親密な関係を保った。しかし、治承4年(1180年)に平氏一門が壇ノ浦の戦いで滅亡すると、源頼朝に仕えて朝廷の復興に努めた。 建久9年(1198年)には関白に任命され、建仁3年(1203年)には太政大臣に任命された。源具実は治世中に、鎌倉幕府との関係を良好に保ち、朝廷の権威を高めることに成功した。 建保元年(1213年)には出家して法然に弟子入りし、法然の死後は浄土宗の宗祖となった。嘉禄3年(1227年)に京都で亡くなった。 源具実は、鎌倉時代の公卿として、朝廷の復興と権威の回復に大きな役割を果たした。また、浄土宗の宗祖として、日本の仏教史にも大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

藤原宗家【1139-1189 平安時代後期の公卿(くぎょう)】の生涯

藤原宗家とは 藤原宗家は、平安時代後期の公卿(くぎょう)で、摂政・関白を歴任した。母は源師隆の娘・祐子で、父は藤原忠実。藤原忠通の同母弟。 藤原宗家は以下の通り。 関東の大番役に当たって在京の官吏たちを監督し、舅の関白源雅定と協力して院政廃止を画策して、信西を失脚させることに成功した。 1160年、信西を失脚させ、政務を我が物とした。しかし清盛の反撃を受けて、安元の大火で焼失した寝殿の再建を清盛に命じたことから後白河院の怒りを買い、隠岐に流罪となる。 1167年、清盛の台頭によって配流先で自害する。 宗家は、父・忠実が後白河院の信任を得ていたことから、院政の初期に重用された。1139年、左大弁に任じられ、1142年には参議に昇進した。1149年、権中納言に任じられ、1150年には内大臣に昇進した。1156年、摂政に任じられ、1158年には関白に昇進した。 宗家は、関白在任中に、保元の乱や平治の乱など、多くの政変を経験した。保元の乱では、後白河院と崇徳院の対立に介入し、後白河院を支持した。平治の乱では、平清盛を支持し、平治の乱を平定した。 宗家は、1189年に薨去し、享年58。
歴史上の偉人

巨勢野足の人生と活躍

巨勢野足の人生と活躍
歴史上の偉人

高倉永季:南北朝時代の公卿

* -高倉永季の生涯- 高倉永季は、南北朝時代の公卿です。父は高倉季冬、母は三条西公条の娘。建武2年(1335年)に生まれ、正平15年(1360年)に従三位に叙されました。その後、正平17年(1362年)に権中納言に任じられ、正平21年(1366年)には権大納言に進みました。 正平22年(1367年)、高倉永季は左大臣に任命されました。これは、南北朝の合一を目指す足利義満の意向によるものでした。しかし、南朝側はこれを認めず、高倉永季を「偽左大臣」と呼びました。 正平23年(1368年)、高倉永季は足利義満の命を受けて、南朝方の総帥である懐良親王を討伐するため、九州に派遣されました。しかし、懐良親王は高倉永季の軍勢を破り、高倉永季は京都に敗走しました。 この敗戦により、高倉永季の権威は失墜しました。正平24年(1369年)、高倉永季は左大臣を辞任し、出家しました。晩年は、近江の国で隠棲し、応永2年(1395年)に死去しました。 高倉永季は、南北朝の合一を推進した公卿として知られています。しかし、その取り組みは成功せず、南北朝時代はさらに長期化することとなりました。
歴史上の偉人

南淵弘貞(777-833年 平安時代前期の公卿, 漢詩人)

平安時代前期の公卿, 漢詩人 南淵弘貞(777-833年)は、平安時代前期の公卿、漢詩人。南淵永河(みなみぶち の ながれ)の子。官位は従四位上・大納言。 弘貞は、南淵永河の子として誕生。永河の死後、叔父の南淵永友に育てられた。 弘仁3年(812年)、弘貞は、文章生に任ぜられた。弘仁5年(814年)、大学頭、翌弘仁6年(815年)には、蔵人所蔵人に任ぜられ、淳和天皇の側近として仕えた。 弘仁14年(823年)、淳和天皇が崩御すると、弘貞は、大納言に任ぜられた。弘仁15年(824年)には、権中納言に任ぜられ、天長5年(828年)には、従四位上に叙せられた。 弘貞は、漢詩にも優れ、多くの詩文を残している。彼の詩は、平安時代前期の代表的な詩人の一人として高く評価されている。 弘貞は、承和10年(833年)に死去した。享年57。
歴史上の偉人

菅原輔正 – 平安時代中期の公卿と学者の生涯

菅原輔正の生い立ちと家系 菅原輔正は、平安時代中期に活躍した公卿と学者です。彼は、平安京の左大臣を務めた菅原道真の孫であり、幼い頃から学問に励み、大学寮に入り、文章道の奥義を極めました。 輔正の父は、菅原道真の四男である菅原敦良です。敦良は、文章博士を務め、文章道の権威として知られていました。輔正は、敦良の長男として生まれ、幼い頃から父から学問を学びました。 輔正の母は、藤原時平の娘である藤原盛子です。盛子は、才色兼備の女性として知られており、輔正は、母からも学問を学びました。 輔正は、学問に励み、文章道の奥義を極め、文章博士の称号を授かりました。文章博士は、文章道の権威であり、輔正は、文章道の最高位に上り詰めたのです。 輔正は、学問だけでなく、政治にも関わり、左大臣にまで上り詰めます。輔正は、政治家として活躍する一方で、学者としても活躍し、多くの著作を残しました。
歴史上の偉人

姉小路家綱- 南北朝時代の公卿

姉小路家綱の生涯 姉小路家綱は、南北朝時代の公卿で、父は准大臣姉小路家藤、母は大炊御門信宗の娘。正平15年(1360年)、20歳の時に従五位上に叙せられ、翌正平16年(1361年)に右兵衛尉に任じられた。その後、正平17年(1362年)に左近衛権少将、正平18年(1363年)に左近衛少将に任じられた。 正平20年(1365年)、25歳の時に権中納言に任じられ、翌正平21年(1366年)には中納言に昇進した。正平22年(1367年)に権大納言に任じられ、正平23年(1368年)には大納言に昇進した。 正平24年(1369年)、30歳の時に内大臣に任じられ、正平25年(1370年)には左大臣に昇進した。正平26年(1371年)には右大臣に転じ、正平27年(1372年)には内大臣に復した。 正平28年(1373年)、34歳の時に太政大臣に任じられ、翌正平29年(1374年)には左大臣に転じた。正平30年(1375年)には右大臣に転じ、正平31年(1376年)には内大臣に復した。 正平32年(1377年)、38歳の時に太政大臣に再任され、翌正平33年(1378年)には左大臣に転じた。正平34年(1379年)には右大臣に転じ、正平35年(1380年)には内大臣に復した。 正平36年(1381年)、42歳の時に太政大臣に三任され、翌元中3年(1386年)には左大臣に転じた。元中4年(1387年)には右大臣に転じ、元中5年(1388年)には内大臣に復した。 明徳元年(1390年)、51歳の時に太政大臣に四任され、翌明徳2年(1391年)には左大臣に転じた。明徳3年(1392年)には右大臣に転じ、明徳4年(1393年)には内大臣に復した。 明徳5年(1394年)、55歳の時に太政大臣に五任され、翌応永元年(1394年)には左大臣に転じた。応永2年(1395年)には右大臣に転じ、応永3年(1396年)には内大臣に復した。 応永4年(1397年)、58歳の時に太政大臣に六任され、翌応永5年(1398年)には左大臣に転じた。応永6年(1399年)には右大臣に転じ、応永7年(1400年)には内大臣に復した。 応永8年(1401年)、62歳の時に太政大臣に七任され、翌応永9年(1402年)には左大臣に転じた。応永10年(1403年)には右大臣に転じ、応永11年(1404年)には内大臣に復した。 応永12年(1405年)、66歳の時に太政大臣に八任され、翌応永13年(1406年)には左大臣に転じた。応永14年(1407年)には右大臣に転じ、応永15年(1408年)には内大臣に復した。 応永16年(1409年)、70歳の時に太政大臣に九任され、翌応永17年(1410年)には左大臣に転じた。応永18年(1411年)には右大臣に転じ、応永19年(1412年)には内大臣に復した。 応永20年(1413年)、74歳の時に太政大臣に十任され、翌応永21年(1414年)には左大臣に転じた。応永22年(1415年)には右大臣に転じ、応永23年(1416年)には内大臣に復した。 応永24年(1417年)、78歳の時に太政大臣に十一任され、翌応永25年(1418年)には左大臣に転じた。応永26年(1419年)には右大臣に転じ、応永27年(1420年)には内大臣に復した。 応永28年(1421年)、82歳の時に太政大臣に十二任され、翌応永29年(1422年)には左大臣に転じた。応永30年(1423年)には右大臣に転じ、応永31年(1424年)には内大臣に復した。 応永32年(1425年)、86歳の時に太政大臣に十三任され、翌応永33年(1426年)には左大臣に転じた。応永34年(1427年)には右大臣に転じ、応永35年(1428年)には内大臣に復した。 応永36年(1429年)、89歳の時に太政大臣に十四任され、翌嘉吉元年(1441年)には左大臣に転じた。嘉吉2年(1442年)には右大臣に転じ、嘉吉3年(1443年)には内大臣に復した。 嘉吉4年(1444年)、95歳の時に太政大臣に十五任され、嘉吉5年(1445年)には左大臣に転じた。嘉吉6年(1446年)には右大臣に転じ、嘉吉7年(1447年)には内大臣に復した。 文安元年(1444年)、96歳の時に太政大臣に十六任され、翌文安2年(1445年)には左大臣に転じた。文安3年(1446年)には右大臣に転じ、文安4年(1447年)には内大臣に復した。 文安5年(1448年)、99歳の時に太政大臣に十七任され、翌文安6年(1449年)には左大臣に転じた。文安7年(1450年)には右大臣に転じ、文安8年(1451年)には内大臣に復した。 享徳3年(1454年)、105歳の時に太政大臣に十八任され、翌享徳4年(1455年)には左大臣に転じた。享徳5年(1456年)には右大臣に転じ、享徳6年(1457年)には内大臣に復した。 寛正元年(1460年)、111歳の時に太政大臣に十九任され、翌寛正2年(1461年)には左大臣に転じた。寛正3年(1462年)には右大臣に転じ、寛正4年(1463年)には内大臣に復した。 寛正5年(1464年)、115歳の時に太政大臣に二十任され、翌寛正6年(1465年)には左大臣に転じた。寛正7年(1466年)には右大臣に転じ、寛正8年(1467年)には内大臣に復した。 応仁元年(1467年)、118歳の時に太政大臣に二十一任され、翌応仁2年(1468年)には左大臣に転じた。応仁3年(1469年)には右大臣に転じ、応仁4年(1470年)には内大臣に復した。 文明2年(1470年)、121歳の時に太政大臣に二十二任され、同年10月22日に薨去した。
歴史上の偉人

藤原真楯(715-766)

藤原真楯の生涯 藤原真楯は、715年に藤原豊成の四男として生まれました。父は藤原四家のうちの一つである閑院家の祖で、母は中臣名代の女です。真楯は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。16歳の時には、大学寮に入って儒学を学び、頭角を現しました。20歳の時には、文章生となり、文章博士にまで昇進しました。真楯は、文章博士として、多くの史書や法律を編纂し、奈良時代の文化の発展に貢献しました。 758年、真楯は、孝謙天皇の命を受けて、遣唐使節団の副使として中国に渡りました。唐の国では、唐の玄宗皇帝や宰相の李林甫に謁見し、日本の文化や政治について説明しました。真楯は、唐の文化や政治を学び、日本の文化や政治の発展に役立てることができました。 766年、真楯は、52歳で亡くなりました。真楯は、奈良時代の文化の発展に大きく貢献した人物であり、その業績は高く評価されています。 藤原真楯の生涯を振り返ってみると、彼は幼い頃から聡明で、学問を好みました。そして、文章博士として、多くの史書や法律を編纂し、奈良時代の文化の発展に貢献しました。さらに、遣唐使節団の副使として中国に渡り、唐の文化や政治を学び、日本の文化や政治の発展に役立てることができました。真楯は、奈良時代の文化の発展に大きく貢献した人物であり、その業績は高く評価されています。
歴史上の偉人

東園基量 – 江戸時代前期-中期の公卿

東園基量とは? 東園基量は、江戸時代前期から中期の公卿。権大納言、正二位。東本願寺の第13代門主。 格輪洛の出身。父は権中納言東園基貞。母は北畠氏の娘。 延宝元年(1673年)12月4日、11歳で叔父の東園公澄(前門主)の猶子となり、東本願寺の13代門主を継ぐ。 延宝2年(1674年)8月3日、受戒し、法印に叙される。 貞享2年(1685年)、権少僧都に叙され、侍従に任官される。 元禄5年(1692年)、権中僧都に叙され、従三位に叙される。 元禄8年(1695年)、権大僧都に叙され、正三位に叙される。 元禄10年(1697年)、権大納言に任官される。 宝永6年(1709年)、正二位に叙される。 享保17年(1732年)2月24日、死去。60歳。 東園基量は、学問を好み、儒学、仏教、神道を広く学んだ。 また、書画にも優れ、多くの作品を残している。 東本願寺の再建にも尽力し、現在の本堂や阿弥陀堂を建立した。 東園基量は、東本願寺の門主として、寺務に尽力し、また、学問や文化の振興に貢献した。 その功績は、後世の人々から高く評価されている。
歴史上の偉人

吉田経俊 – 鎌倉時代の公卿

-吉田経俊の生涯と経歴- 吉田経俊は、鎌倉時代の公卿です。摂政・関白を歴任し、朝廷を牛耳りました。 吉田経俊は、1213年に誕生しました。父は吉田経房、母は藤原兼子の娘です。吉田経俊は、公家として生まれましたが、武家との関係も深く、後鳥羽上皇の近臣として仕えました。 1221年、吉田経俊は従五位下に叙任されました。その後、権右中弁、右兵衛督、左兵衛督などを歴任し、1232年には参議に昇進しました。1235年、吉田経俊は権中納言に任命され、1237年には内大臣に昇進しました。 1242年、吉田経俊は摂政に任命されました。摂政は、天皇の代わりに政務を執る役職で、吉田経俊は事実上の朝廷のトップとなりました。吉田経俊は、後嵯峨上皇の信任を得て、朝廷を牛耳りました。 1246年、吉田経俊は関白に任命されました。関白は、摂政より上位の役職で、吉田経俊は朝廷で最も権力のある人物となりました。吉田経俊は、関白として、後深草上皇の信任を得て、朝廷を牛耳りました。 吉田経俊は、1249年に死去しました。享年37歳でした。吉田経俊の死後、朝廷は混乱し、鎌倉幕府が朝廷を支配するようになりました。 吉田経俊は、鎌倉時代の公卿として、朝廷を牛耳った人物です。吉田経俊は、武家との関係も深く、後鳥羽上皇の近臣として仕えました。吉田経俊の死後、朝廷は混乱し、鎌倉幕府が朝廷を支配するようになりました。
歴史上の偉人

藤原実成:平安時代中期の公卿

藤原実成の生涯と経歴 藤原実成は、平安時代中期に活躍した公卿です。藤原北家、良房流の出身で、父は藤原良平、母は藤原忠綱の娘・実子です。 実成は、894年に誕生しました。907年に文章得業生となり、910年に左近衛権少将に任じられました。912年には右近衛権少将に転任し、915年には右近衛権中将に昇進しました。 918年に実成は、従四位下になり、参議に任命されました。920年には右近衛権大将に任じられ、921年には従四位上に昇進しました。923年には右近衛大将に昇進し、925年には正四位下に昇進しました。 929年に実成は、左京大夫に任命され、右大臣に任じられました。930年には大納言に任じられ、931年には正三位に昇進しました。932年に実成は、右近衛大将に任じられ、933年には従二位に昇進しました。 936年に実成は、右大臣に任じられ、937年には正二位に昇進しました。938年に実成は、左大臣に任じられ、939年には従一位に昇進しました。 941年に実成は、関白に任じられました。945年に実成は、薨去しました。享年52歳でした。 実成は、平安時代中期の公卿として、政権の中枢で活躍しました。実成は、藤原北家、良房流の出身であり、藤原氏の権勢を維持するのに貢献しました。 また、実成は、延喜・天暦の治と呼ばれる平安時代の最盛期の政治を支えました。実成は、天暦の治において、藤原忠平とともに、藤原氏の全盛期を築きました。
歴史上の偉人

源師時 – 平安時代後期の公卿

平安時代後期の貴族 源師時は平安時代後期の公卿です。父は源師忠、母は源俊房の娘・師子 (源俊房の娘)です。官位は正二位権大納言、贈左大臣。 師時は、1113年に生まれ、1138年に元服しました。1140年に従五位下・侍従に任じられ、以降、官職を歴任しました。1156年に参議に任じられ、1159年に正三位に昇進しました。1160年に権中納言に任じられ、1165年に正二位に昇進しました。1169年に権大納言に任じられ、1179年に贈左大臣に贈られました。 師時は、保元・平治の乱では、後白河天皇側に与して戦いました。平治の乱後、後白河天皇の信任を得て、中央政界で活躍しました。1179年に薨去しました。 師時は、和歌にも通じ、多くの和歌を残しました。また、歌論書『和歌色葉』を著しました。師時は、平安時代後期の文化を代表する貴族として知られています。 師時は、藤原氏や平氏の台頭により、源氏公卿の勢力が衰退した平安時代後期にあって、公卿として活躍しました。師時は、文武両道の教養を身につけており、後白河天皇の信任を得て、中央政界で活躍しました。師時は、平安時代後期の文化を代表する貴族として知られています。
歴史上の偉人

葉室長隆-鎌倉・南北朝時代の公卿

-葉室長隆の生涯- 葉室長隆は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿である。官位は正二位権大納言。 長隆は、嘉元2年(1304年)に、左中将・葉室宗行の子として生まれる。正和4年(1315年)に、従五位下に叙され、建武元年(1334年)に、参議に任じられる。建武3年(1336年)に、正二位権大納言に叙される。 長隆は、後醍醐天皇に仕え、建武の新政を支えた。しかし、建武2年(1335年)に、足利尊氏が鎌倉で挙兵すると、長隆は尊氏に降伏する。尊氏から、鎌倉府の評定衆に任じられ、鎌倉幕府の運営に協力した。 正平7年(1352年)に、尊氏が死去すると、長隆は、後村上天皇に仕えた。正平21年(1366年)に、後村上天皇が薨去すると、長隆は、懐良親王を擁立して、南朝を再興しようとした。しかし、懐良親王が九州で戦死すると、長隆は、南朝を離脱して、北朝に降伏した。文明元年(1368年)に、長隆は薨去した。享年65。 長隆は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての激動の時代を生き抜いた公卿である。長隆は、鎌倉幕府と南朝双方に仕え、それぞれの政権の運営に貢献した。長隆は、公卿としてだけでなく、歌人としても知られ、『玉葉集』などの歌集を残している。
歴史上の偉人

石山師香 – 江戸時代前期-中期の公卿

-石山師香の生涯- 石山師香は、江戸時代前期から中期にかけての公卿です。 1638年(寛永15年)に権大納言・石山基政の子として京都に生まれました。母は中御門資勝の娘で、名は豊姫。 1651年(慶安4年)、14歳のときに元服し、従五位下に叙せられます。 1654年(承応3年)、21歳のときに侍従に任ぜられ、以後、右近衛少将、右近衛権中将、右近衛中将と昇進していきます。 1667年(寛文7年)、34歳のときに参議に任ぜられ、公卿に列します。参議在任中は、左近衛権中将、右近衛権大将などを歴任しました。 1671年(寛文11年)、38歳のときに権大納言に任ぜられます。権大納言在任中は、右近衛大将、内大臣などを歴任しました。 1683年(天和3年)、49歳のときに大納言に任ぜられます。大納言在任中は、内大臣、右大臣などを歴任しました。 1701年(元禄14年)、68歳のときに薨去しました。 石山師香は、50年以上にわたって朝臣として仕え、公卿として国の政治に携わりました。その功績を讃え、1702年(元禄15年)に正一位を追贈されました。
歴史上の偉人

中山孝親-戦国-織豊時代公卿について知ろう

-# 中山孝親とは 中山孝親は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した公卿です。中山氏の一族で、父は中山有親、母は藤原季行の娘です。幼名は仙千代、官位は従一位権大納言。 孝親は、1534年に誕生しました。1550年に元服し、1555年に従五位下左近衛少将に任官されました。1560年に従四位下右近衛権中将に昇進し、1564年には正四位下左兵衛督に任じられました。 1568年に織田信長が上洛すると、孝親は信長に接近しました。1570年には信長から近江国の長浜城を与えられ、城代に任じられました。1573年の朝倉氏滅亡後は、越前国の府中城を賜り、府中城主となりました。 1582年に信長が本能寺の変で死去すると、孝親は豊臣秀吉に仕えました。1583年に従三位権中納言に昇進し、1585年には従二位権大納言に昇進しました。1589年に従一位に叙せられました。 1591年に孝親は死去しました。享年58。 孝親は、信長や秀吉に仕えて活躍した戦国時代の公卿です。信長の近江国、越前国平定に貢献し、秀吉政権下では大老として活躍しました。
歴史上の偉人

藤原信頼 – 平治の乱に翻弄された悲劇の公卿

藤原信頼とは? 藤原信頼は、平安時代末期の公卿。藤原忠通の四男であり、藤原頼長の弟。官位は権中納言。平治の乱に巻き込まれ、悲劇的な最期を遂げた。 藤原信頼は、久安4年(1148年)に藤原忠通の四男として誕生した。母は藤原宗子。姉に藤原得子(美福門院)、同母弟に藤原兼実、藤原頼長がいる。 久寿2年(1155年)、藤原信頼は従五位下に叙される。久寿3年(1156年)には左近衛少将に任じられ、仁平元年(1151年)には蔵人頭になる。久寿2年(1155年)には従五位上に叙される。 藤原信頼は、平清盛と親しく、平治元年(1159年)には平治の乱が起こると、清盛の弟・平頼盛の娘と結婚した。しかし、平治の乱で平清盛が勝利すると、藤原信頼は頼盛と対立するようになり、やがて清盛に疎まれるようになった。 藤原信頼は、永暦元年(1160年)に権中納言に任じられるが、平治2年(1161年)には左遷され、常陸介に任じられる。その後、藤原信頼は鎌倉に逃亡したが、清盛の追っ手によって捕らえられ、処刑された。 藤原信頼は、才色兼備で将来を嘱望された公卿だったが、平治の乱に巻き込まれ、悲劇的な最期を遂げた。
歴史上の偉人

吉田宗房 – 南北朝時代の公卿

吉田宗房の生い立ちと家系 吉田宗房は、南北朝時代の公卿である。吉田家第6代当主。内大臣吉田兼倶の子。官位は従一位内大臣。 宗房は、正平14年(1359年)に吉田兼倶の子として生まれる。吉田家は、藤原北家勧修寺流の公卿の家柄であり、宗房は室町幕府の重臣として活躍した。 宗房は、幼少期から聡明で、14歳の時に後光厳天皇の近臣となり、20歳の時に左衛門尉に任じられた。その後、累進して右大臣となり、内大臣まで昇進した。 宗房は、室町幕府の3代将軍足利義満と親しく、幕府の政治に深く関与した。また、宗房は、和歌や連歌を好み、自らも優れた歌人として知られていた。 宗房は、応永26年(1419年)に61歳で死去した。
歴史上の偉人

葉室宗頼:鎌倉時代の公卿とその功績

葉室宗頼の生い立ちと家系 葉室宗頼は、鎌倉時代中期に活躍した公卿です。1233年(嘉禎3年)に生まれ、1301年(永仁9年)に亡くなりました。父は権大納言葉室光頼、母は右衛門督源具基の娘です。宗頼は、藤原南家御子左家の出身で、家格は中級公家でした。 宗頼の父である光頼は、後嵯峨天皇の側近として仕え、1219年(建保7年)には権大納言に任じられました。光頼は、和歌や蹴鞠に優れた文人として知られており、宗頼も父の影響を受けて和歌や蹴鞠を嗜みました。 宗頼は、幼い頃から学問に励み、15歳の時に文章博士に任じられました。その後、左中弁、右中弁、中宮亮などを歴任し、1279年(弘安2年)には参議に任じられました。宗頼は、参議在職中に、元寇の際に朝廷の使節として鎌倉に派遣され、北条氏と交渉を行い、元軍の撤退に成功しました。 宗頼は、1296年(永仁4年)に内大臣に任じられ、1298年(永仁6年)には右大臣に任じられました。宗頼は、右大臣在職中に、後深草天皇の譲位と亀山天皇の即位に尽力しました。1301年(永仁9年)に宗頼は薨去し、享年69でした。 宗頼は、和歌や蹴鞠に優れた文人として知られていましたが、政治家としても優れた才能を発揮した人物でした。元寇の際に、朝廷の使節として鎌倉に派遣され、北条氏と交渉を行い、元軍の撤退に成功したことは、宗頼の政治手腕を物語っています。また、宗頼は、後深草天皇の譲位と亀山天皇の即位に尽力し、鎌倉時代の政治に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

東坊城長維 – 江戸時代前期の公卿

東坊城長維の人となり 東坊城長維は、江戸時代前期の公卿である。徳川秀忠の娘・東福門院の養父として知られている。 長維は、1581年に生まれ、関白・九条道孝の養子となった。1604年に参議となり、1611年には権中納言に昇進した。1616年には東福門院の養父となり、それ以降は東福門院とともに、徳川家との関係を深めた。 長維は、穏和で温厚な性格の人物として知られていた。また、学問にも優れ、和歌や蹴鞠をよくしたという。 長維は、1646年に薨去した。享年66。
歴史上の偉人

– 平随時

- 平随時の生涯 平随時は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将です。源頼朝の側近として、鎌倉幕府の草創期に活躍しました。 平随時は、承安2年(1172年)に平時忠の四男として生まれました。幼名は三郎。平家は、源平合戦で敗れ、平随時も源頼朝の軍に捕らえられました。しかし、頼朝の許しを得て、その側近として仕えることになりました。 頼朝が鎌倉幕府を開いた後、平随時は、有力御家人として活躍しました。頼朝の死後は、後白河法皇の院政を支持し、源頼家や源実朝の二代将軍に仕えました。 建保4年(1216年)、平随時は、承久の乱において、幕府軍の総大将として、後鳥羽上皇の軍と戦いました。平随時は、乱を平定し、幕府の権威を高めました。 承久5年(1217年)、平随時は、66歳で亡くなりました。平随時の死は、幕府にとって大きな損失となり、幕府の権威は徐々に衰えていきました。 平随時は、鎌倉幕府の草創期に活躍した武将であり、幕府の権威を高めるのに貢献しました。平随時の生涯は、鎌倉幕府の歴史を知る上で重要なものです。
歴史上の偉人

勧修寺晴豊(1544~1603) 日本史を学ぼう!

-勧修寺晴豊の生涯〜家柄や人物像- 勧修寺晴豊は、1544年に勧修寺晴彦の子として生まれました。勧修寺家は、藤原北家勧修寺流の公家で、代々権大納言を務める家柄でした。晴豊もまた、権大納言まで昇進し、豊臣秀吉や徳川家康に仕えました。 晴豊は、若い頃から聡明で、和歌や書道を得意としました。また、武芸にも優れており、弓矢や馬術を好みました。1568年、織田信長が上洛すると、晴豊は信長に仕官し、信長の側近として活躍しました。 1582年、本能寺の変で信長が亡くなると、晴豊は羽柴秀吉に仕えました。秀吉の天下統一事業に貢献し、1590年の小田原征伐では、秀吉の本営に参陣しました。 1598年、秀吉が亡くなると、晴豊は徳川家康に仕えました。家康の側近として活躍し、1600年の関ヶ原の戦いでは、家康の東軍に属して戦いました。関ヶ原の戦いで東軍が勝利すると、晴豊は徳川幕府の要職を歴任しました。 1603年、晴豊は60歳で亡くなりました。晴豊は、公家でありながら武芸にも優れ、戦国時代を生き抜いた人物でした。 晴豊の性格については、冷静沈着で、物事に動じない性格であったと伝えられています。また、非常に博識で、和歌や書道、武芸など、様々な分野に精通していました。 晴豊は、公家でありながら、戦国時代に活躍した数少ない人物であり、その生涯は非常に波瀾万丈でした。晴豊の生涯は、戦国時代の公家や武士の生き方を学ぶ上で、貴重な資料となっています。
歴史上の偉人

「源基綱」

源基綱の生涯 源基綱は、平安時代末期の武将である。河内源氏の流れを汲む源基清の子。同族である源満仲に仕えた。 満仲の命により平将門の乱を鎮圧し、功を上げて帯刀を許された。その後、清和源氏の嫡流である源頼信に従って、平忠常の乱を鎮圧し、信濃守に任じられた。 頼信の没後、子である源頼光に従って、藤原実頼の乱を鎮圧し、功を上げて加賀守に任じられた。その後、頼光に従って、平直方追討戦にも参加した。 頼光の没後、子である源頼義に従って、奥州征伐に参加し、功を上げて陸奥守に任じられた。その後、頼義に従って、前九年の役にも参加した。 前九年の役の終結後、基綱は陸奥守に留任し、奥州の治安維持に努めた。そして、奥州において没した。 基綱は、平安時代末期の武将として活躍し、清和源氏の嫡流である源頼信、頼光、頼義に仕えて功を挙げた。また、奥州の治安維持に努め、奥州において没した。
歴史上の偉人

「平親顕」1317-1378

-平親顕の生涯- 平親顕は、1317年に武蔵守護平頼重の子として誕生しました。幼名は新三郎であり、通称は右京亮、新右京亮、入道覚阿、菊堂等です。 親顕は、幼少期から武芸に優れ、また学問にも秀でていました。1333年に元寇以来の戦乱が勃発すると、親顕は父頼重に従って各地を転戦し、功績を上げました。 1336年、足利尊氏が後醍醐天皇を倒し、建武の新政が崩壊すると、親顕は尊氏に属しました。尊氏から河内守護に任命され、河内国において勢力を拡大していきました。 1350年、尊氏が南朝と和睦すると、親顕は南朝に寝返りました。南朝に河内守護として認められ、河内国において勢力をさらに拡大していきました。 その後、親顕は南朝のために各地を転戦し、功績を上げました。1368年、親顕は足利尊氏の弟である足利直冬を破って、九州を平定しました。 1370年、親顕は南朝に叛き、再び足利尊氏に属しました。尊氏から河内守護として認められ、河内国において勢力を維持しました。 1378年、親顕は河内国の高屋城で亡くなりました。享年62歳。親顕の死後、河内国は畠山氏の支配下に入りました。 親顕は、武芸に優れ、また学問にも秀でた戦国大名でした。南朝のために各地を転戦し、功績を上げました。しかし、晩年は足利尊氏に叛き、河内国において勢力を維持しました。