古河公方

歴史上の人物

梅沢憲益

梅沢憲益とは 梅沢憲益(うめざわ けんやく)は、日本の実業家、政治家である。元衆議院議員(自由民主党所属)。元中央省庁の官僚(通商産業省)。現エフ・エフ・イー株式会社代表取締役社長。 梅沢憲益は、1928年4月3日、東京府に生まれた。東京大学法学部を卒業後、通商産業省に入省。産業政策局長などを歴任した後、1980年に退官した。 1980年、梅沢憲益は衆議院議員に初当選。その後、外務政務次官、通商産業政務次官を歴任。1993年に衆議院議員に返り咲き、科学技術庁長官に就任した。 1994年、梅沢憲益はエフ・エフ・イー株式会社の代表取締役社長に就任。同社は、金融商品取引法に基づく金融商品取引業を営む会社である。 梅沢憲益は、金融制度改革、産業政策、外交政策など幅広い分野で活躍した。また、日本と中国の関係改善にも尽力した。
歴史上の人物

「多賀谷氏家」

-「多賀谷氏家」- -多賀谷氏家の生涯- 多賀谷氏家は、戦国時代に活躍した武将です。美濃国守護代斎藤道三の重臣として活躍し、永禄11年(1568年)に信長に降伏するまで、美濃国を支配していました。 氏家は、永正13年(1516年)に美濃国多賀谷城(現在の岐阜県関市)で生まれました。父は多賀谷氏光の三男・氏秀、母は不詳です。氏家は幼い頃から武芸に秀でており、15歳の時に斎藤道三に仕えました。道三は氏家の才能を見込んで、彼を重臣として抜擢しました。 氏家は、道三の信頼を得て、美濃国の政務を任されました。1556年、道三が桶狭間の戦いで織田信長に敗れると、氏家は信長に降伏しました。その後、氏家は信長の家臣となり、近江国長浜城(現在の滋賀県長浜市)の城主となりました。 1570年、信長が越前国を平定すると、氏家は越前国丸岡城(現在の福井県坂井市)の城主となりました。氏家は、丸岡城を拠点に越前国の統治に務めました。1573年、信長が足利義昭を擁して上洛すると、氏家もこれに随従しました。 1575年、氏家は信長の命を受けて、越前国一向一揆の鎮圧に向かいました。氏家は、一向一揆を破って、越前国を平定しました。1582年、信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると、氏家は羽柴秀吉に仕えました。秀吉は、氏家を丹波国亀山城(現在の京都府亀岡市)の城主としました。 1590年、秀吉が小田原征伐を行うと、氏家もこれに随従しました。小田原征伐後、氏家は秀吉から九州の太守に任命されました。氏家は、九州を平定して、秀吉の天下統一に貢献しました。1598年、氏家は病死しました。享年83歳でした。 氏家は、戦国時代の梟雄として知られる斎藤道三に仕え、織田信長、豊臣秀吉の天下統一にも貢献した武将です。氏家は、その武勇と智謀で、戦国乱世を生き抜いた名将の一人です。
歴史上の人物

長尾景春 – 室町-戦国時代の武将の生涯

-長尾景春の生涯- 長尾景春は、室町時代から戦国時代にかけての武将です。関東管領を務め、室町幕府の有力者として活躍しました。しかし、やがて幕府に反旗を翻し、応仁の乱で東軍の総大将を務めました。乱後は北関東を支配しましたが、後に北条早雲の台頭によって滅亡しました。 景春は、上杉氏の家臣として生まれました。永享の乱で上杉禅秀が討たれた後、家督を継いで関東管領となりました。景春は、幕府の重臣として活躍し、京都で政務を執りました。しかし、やがて幕府の腐敗に業を煮やし、応仁の乱で東軍の総大将を務めました。 応仁の乱は、11年にも及ぶ長期戦となりました。景春は、東軍の主力として各地を転戦し、幕府軍を相手に奮戦しました。しかし、最終的には幕府軍に敗れ、北関東に逃れました。 景春は、北関東で勢力を拡大し、独立勢力として活動しました。しかし、やがて北条早雲の台頭によって滅亡しました。景春は、早雲の軍勢に敗れ、自害しました。 景春は、室町時代の有力武将として活躍しました。しかし、応仁の乱で幕府に敗れ、北関東に逃れました。景春は、北関東で勢力を拡大しましたが、やがて北条早雲の台頭によって滅亡しました。
歴史上の人物

伊勢早雲と北条早雲の関係

伊勢早雲の謎に包まれた生涯 伊勢早雲は、室町時代後期から戦国時代初期にかけて活躍した武将です。北条早雲として知られる人物で、伊豆国を平定して北条氏を興し、関東地方を統一しました。 伊勢早雲の出自については諸説ありますが、伊豆国の豪族である伊東氏の一族であるという説が有力です。しかし、その詳細については不明な点が多く、謎に包まれています。 伊勢早雲は、若い頃から武勇に秀でており、伊豆国で頭角を現しました。1493年、伊豆国の守護である堀越公方足利政知が北条早雲に討たれ、伊豆国は北条氏の支配下に入りました。 その後、伊勢早雲は、相模国、武蔵国、上野国へと勢力を拡大し、1519年には、関東地方を統一しました。そして、北条早雲は、鎌倉公方として関東地方を支配しました。 伊勢早雲は、1519年に死去しましたが、その生涯は謎に包まれています。出自については諸説ありますが、詳細については不明です。また、北条早雲としての活動についても、その実態はよくわかっていません。 しかし、伊勢早雲は、戦国時代初期に関東地方を統一したという点で、重要な人物です。その生涯は謎に包まれていますが、その功績は高く評価されています。
歴史上の人物

足利基頼-天下をめざした戦国武将

-足利基頼-天下をめざした戦国武将- -戦国の乱世を駆け抜けた武将- 足利基頼は、室町時代後期から戦国時代前期にかけての武将です。足利将軍家の分家である堀越公方の当主であり、関東地方を支配しました。戦国大名として活躍し、天下統一を目指しましたが、最終的には武田信玄に敗れて滅亡しました。 基頼は、堀越公方足利政知の子として生まれました。幼い頃から聡明で武芸に秀でており、15歳で家督を継ぎました。1487年(長享元年)に後土御門天皇から武蔵守に任じられ、1492年(明応元年)には右京大夫に任じられました。 1504年(永正元年)、基頼は古河公方足利成氏と対立し、古河公方家と堀越公方家の間で永享の乱が起こりました。永享の乱は、1507年(永正4年)に成氏が没するまで続きましたが、最終的には基頼が勝利を収めました。 永享の乱の後、基頼は関東地方を支配し、戦国大名として活躍しました。1514年(永正11年)には、相模国の北条氏綱と同盟を結び、1515年(永正12年)には、上野国の長野氏と同盟を結びました。また、1516年(永正13年)には、下総国の千葉胤富と同盟を結び、関東地方の支配を固めました。 1520年(大永元年)、基頼は、武田信玄が信濃国に侵攻したことをきっかけに、信玄と対立しました。信玄は、1521年(大永2年)に上野国に侵攻し、基頼の居城である前橋城を攻め落としました。基頼は、信玄に降伏し、堀越公方家は滅亡しました。 基頼は、戦国大名として活躍し、天下統一を目指しましたが、最終的には武田信玄に敗れて滅亡しました。しかし、基頼は、関東地方の支配を固め、戦国大名として名を馳せました。
歴史上の人物

芳春院(1) – 古河公方を支配下に置くための政略結婚

-戦国時代の女性- 戦国時代は、日本の歴史上、最も激動の時代の一つである。この時代、多くの女性たちが戦乱の渦に巻き込まれ、数奇な運命をたどった。 芳春院もまた、そんな戦国時代の女性の一人であった。彼女は、古河公方である足利晴氏の長女として生まれ、室町幕府の第13代将軍である足利義輝に嫁いだ。しかし、義輝は三好長慶との戦いで敗れ、自害した。芳春院は、夫の死後、古河公方の家督を継いだ足利義氏の養女となり、古河公方の正室となった。 芳春院は、古河公方を支えて、戦乱の時代を生き抜いた。彼女は、夫の死後も、古河公方の家督を継いだ足利義氏の養女となり、古河公方の正室となった。彼女は、古河公方を支えて、戦乱の時代を生き抜いた。 芳春院の生涯は、戦国時代の女性の生き方を物語っている。戦国時代は、女性にとって厳しい時代であったが、芳春院のように、戦乱の渦に巻き込まれながらも、強く生き抜いた女性たちもいた。 芳春院は、家督を継いだ足利義氏の養女となり、古河公方の正室となった。彼女は、夫の死後も、古河公方を支えて、戦乱の時代を生き抜いた。 芳春院の生涯は、戦国時代の女性の生き方を物語っている。戦国時代は、女性にとって厳しい時代であったが、芳春院のように、戦乱の渦に巻き込まれながらも、強く生き抜いた女性たちもいた。
歴史上の人物

岩松持国-室町時代の武将

鎌倉公方・足利持氏に従う 岩松持国は、室町時代の武将。下野(しもつけ)国守護。足利持氏に仕え、鎌倉公方の重臣として活躍した。 持国は、下野国塩谷郡岩松郷(現在の栃木県矢板市)を本拠とし、岩松氏を称した。鎌倉公方・足利持氏に仕え、持氏の長男・春王丸の傅役(もりやく)を務めた。 永享4年(1432年)、永享の乱が起きると、持国は持氏に従って上洛。細川氏、畠山氏らと戦い、持氏を勝利に導いた。乱後、持国は、持氏から下野国守護に任命された。 その後、持氏は、持国を鎌倉公方の執事(しつじ)に任命。持国は、鎌倉公方の政務を総覧し、持氏を補佐した。 嘉吉元年(1441年)、持氏が鎌倉で暗殺されると、持国は、持氏の遺児・成氏を擁立して鎌倉公方とした。しかし、持氏を暗殺した赤松満祐が、成氏を攻め滅ぼそうとしたため、持国は、成氏を連れて関東から出奔した。 持国は、成氏を連れて信濃国(現在の長野県)に逃れ、上杉憲実の庇護を受けた。その後、持国は、成氏を奉じて関東に戻り、赤松満祐を討伐した。 嘉吉3年(1443年)、持国は、成氏が鎌倉公方に復位するのを助け、再び鎌倉公方の執事となった。持国は、鎌倉公方の政務を総覧し、成氏を補佐した。 文安2年(1445年)、持国は、成氏に反旗を翻し、鎌倉を攻めた。しかし、成氏に敗れて降伏し、鎌倉公方の執事を辞した。 持国は、その後、下野国に帰国し、隠棲した。寛正2年(1461年)に死去。
歴史上の人物

足利晴氏 – 戦国時代の関東の覇者

足利晴氏の生涯と功績 足利晴氏は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将。鎌倉公方の足利尊氏の7男として生まれ、7歳で鎌倉公方を継承した。しかし、鎌倉公方は南朝方の武将である新田義貞に攻められ、京都に逃亡。その後、鎌倉を奪還して鎌倉公方に復帰したが、再び南朝方の武将である楠木正成に攻められ、京都に逃亡した。 1338年、足利尊氏が北朝を建国すると、晴氏は尊氏に従って南朝と戦った。尊氏が九州に逃亡すると、晴氏は鎌倉に留まり、鎌倉公方として南朝方の武将と戦った。1349年、尊氏が京都に帰還すると、晴氏も鎌倉を離れて京都に向かった。 1352年、尊氏が死去すると、晴氏は尊氏の弟である足利直義と対立。1358年、直義が死去すると、晴氏は鎌倉公方に復帰した。しかし、直義の遺児である足利基氏と対立。1367年、基氏に攻められ、鎌倉を逃亡。その後、京都で死去した。 晴氏は、戦国時代の関東の覇者として活躍した武将である。鎌倉公方として、南朝方の武将と戦って鎌倉を守り、北朝の建国にも貢献した。また、鎌倉公方として、関東の治安を維持し、鎌倉を繁栄させた。
歴史上の人物

蘆名盛詮 – 戦乱に生きた会津の武将

-会津出身の武将の生涯- 蘆名盛詮は、戦国時代の会津の武将です。彼の生涯は、波乱万丈の人生でした。 盛詮は、蘆名盛高の嫡男として、永正12年(1514年)に会津で生まれました。盛詮は幼い頃から武芸に秀で、15歳で元服しました。 永正18年(1520年)、盛詮は父の盛高が病死したため、蘆名家の家督を継ぎました。盛詮は家督を継いだ後、会津の領内にあった諸城を攻略し、領土を拡大しました。 また、盛詮は越後国の上杉謙信や、相模国(現在の神奈川県)の北条氏康と同盟を結び、近隣の国々との争いに備えました。 しかし、盛詮は天文15年(1546年)に、突如として病死してしまいます。享年わずか33歳でした。 盛詮の死後、蘆名家は盛詮の弟の盛氏(もりうじ)が家督を継ぎましたが、盛氏は盛詮ほどの力量はなく、蘆名家は衰退していきました。 盛詮は、会津に生まれ、戦乱の世を生き抜いた武将でした。盛詮の生涯は、戦国時代の会津の動乱の歴史を物語るものです。
歴史上の人物

戦国武将・長尾憲長 – その生涯と功績

-長尾憲長の家系と生い立ち- 長尾憲長は、戦国時代の武将で、長尾政景の子として、越後国を与板城にて生まれた。長尾氏は、鎌倉時代から越後国を治める名族であり、憲長の父である政景は、越後守護代を務めていた。憲長は、幼少の頃から聡明で、武芸にも優れた。他家へ人質として預けられた際に、その聡明さや度量により受け入れ側を感心させ、将来を嘱望されたとも伝えられている。 憲長は、16歳の時に父・政景が死去したため、家督を継いで越後守護代となった。憲長は、家督を継いだ後、越後国内の統一に努めた。憲長は、越後国内の諸豪族を従わせ、越後を平定した。また、憲長は、越後国の経済発展にも努めた。憲長は、越後国内の鉱山開発を奨励し、越後を富裕な国にした。 憲長は、越後を平定した後、上洛して将軍・足利義晴に謁見した。憲長は、義晴から偏諱を賜り、憲長と名乗った。憲長は、上洛した後、越後国に帰国し、越後国の発展に努めた。憲長は、越後国内の道路や橋を整備し、越後を交通の要衝とした。また、憲長は、越後国内の寺社を保護し、越後を文化の中心地とした。 憲長は、越後国の発展に努めたが、1553年に病死した。憲長は、享年38歳であった。憲長は、越後国の発展に大きく貢献した名将として知られている。
歴史上の人物

足利成氏:室町時代の鎌倉公方

-足利成氏の生涯- 足利成氏は、室町時代の鎌倉公方である。室町幕府の4代将軍足利義勝の子として生まれ、1450年に鎌倉公方に就いた。成氏は、鎌倉公方として関東地方を統治したが、室町幕府と対立することが多く、1457年には幕府軍と激突した。この戦いで成氏は敗れ、鎌倉を追放された。 成氏は、越後国に逃れ、上杉憲忠を頼った。憲忠は、成氏を支援し、幕府軍と戦った。1459年、成氏は、幕府軍に勝利し、鎌倉に帰還することができた。 成氏は、鎌倉に帰還後、関東地方の統治を再開したが、幕府との対立は続き、1467年に再び幕府軍と激突した。この戦いで成氏は敗れ、再び鎌倉を追放された。 成氏は、常陸国に逃れ、佐竹昌義を頼った。昌義は、成氏を支援し、幕府軍と戦った。1470年、成氏は、幕府軍に勝利し、鎌倉に帰還することができた。 成氏は、鎌倉に帰還後、再び関東地方を統治したが、1473年に病死した。 成氏は、鎌倉公方として、関東地方を統治した。しかし、幕府との対立が多く、その生涯は波乱に満ちたものだった。
歴史上の人物

足利政知 – 室町時代後期の武将

足利政知の生涯 足利政知は、室町時代後期に活躍した武将です。足利成氏の長男であり、足利義政の兄にあたります。幼名は金王丸。 1439年に生まれ、1449年に元服して政知と名乗りました。1457年に父の成氏が鎌倉公方に就任すると、政知は鎌倉に下向して父を補佐しました。 1467年に成氏が幕府に反旗を翻して、関東地方で挙兵した際には、政知も父に従って挙兵しました。しかし、幕府軍に敗れて成氏は越後国に逃亡し、政知は鎌倉に留まりました。 1469年に、政知は上杉憲顕と結んで幕府に恭順し、成氏と敵対しました。しかし、幕府としては成氏を討伐したかっただけであり、その後も政知は鎌倉公方の地位を追認されました。 1473年に成氏が越後国で死去すると、政知が鎌倉公方を継ぎました。しかし、政知は病弱であり、1481年に死去しました。享年42。 政知には子がなく、弟の義政が鎌倉公方を継ぎました。義政は応仁の乱を引き起こし、室町幕府は衰退していきました。
歴史上の人物

上杉顕定 – 室町・戦国時代の武将

# 上杉顕定の生涯 上杉顕定は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将。上杉房定の子であり、上杉憲政の父にあたる。 顕定は、永享の乱で功績を挙げ、鎌倉公方足利持氏に仕えた。しかし、持氏が畠山持国と対立して敗れると、顕定は一時没落した。その後、持氏の遺児である足利成氏を奉じて再起し、持国の軍勢を破った。 文安2年(1445年)、顕定は成氏に従って上洛し、管領細川持常の軍勢を破った。これにより、成氏は鎌倉公方に復帰し、顕定は成氏の重臣として活躍した。 しかし、成氏は管領畠山氏と対立し、ついには応仁の乱を引き起こした。顕定は成氏に従って東軍の主力として戦い、細川勝元率いる西軍と激戦を繰り広げた。 しかし、文明9年(1477年)、顕定は西軍に敗れて戦死した。享年57歳であった。 顕定は、上杉氏の名門を復興し、応仁の乱で東軍の主力として活躍した名将である。その武勇と忠義は、後世にまで語り継がれている。
歴史上の人物

太田資忠-室町時代の武将

武蔵河越城での戦い 太田資忠は、室町時代の武将であり、武蔵河越城の城主でした。河越城は、武蔵国の重要な城であり、戦国時代には、多くの戦いの舞台となりました。 1455年、資忠は、上杉憲実と対立し、河越城に籠城しました。憲実は、河越城を包囲し、激戦となりました。しかし、資忠は、屈することなく、籠城を続けました。 1457年、幕府の仲介により、資忠は、河越城を明け渡し、憲実との和睦が成立しました。しかし、資忠は、その後も、憲実と対立し、1467年に、再び、河越城に籠城しました。 今回は、憲実だけでなく、関東管領の山内上杉憲政も加わり、河越城は、三方を敵に囲まれました。資忠は、奮戦しましたが、援軍がなく、ついに、河越城は、落城しました。 資忠は、河越城の落城後、出家し、武蔵国を離れ、京都に上りました。その後、資忠は、足利義政に仕え、1487年に、66歳で亡くなりました。 河越城の戦いは、室町時代の関東地方の勢力争いを象徴する戦いでした。資忠は、河越城を舞台に、最後まで、憲実と戦い抜きました。資忠の勇猛果敢な戦いは、後世の人々に語り継がれています。
歴史上の人物

「渭継」

-「渭継」- -古河公方・足利政氏の娘- 古河公方・足利政氏の娘は、「渭継」という名で知られています。彼女は、永正17年(1519年)に生まれ、天文10年(1541年)に亡くなりました。母は、新田氏の一族である新田政氏の娘です。 渭継は、古河公方家の嫡男である足利高基の正室となりました。高基は、永正18年(1520年)に生まれ、天文15年(1546年)に亡くなりました。渭継と高基の間には、一男一女が生まれました。男児は、足利晴氏と名付けられ、古河公方の後を継ぎました。女児は、足利藤氏と名付けられ、豊臣秀吉の側室となりました。 渭継は、古河公方家の内紛に巻き込まれました。永正18年(1520年)、政氏は、弟の足利高基を擁立して、古河公方の座を追放されました。渭継は、高基とともに鎌倉に逃れ、そこで生活を送りました。 天文10年(1541年)、渭継は病死しました。彼女の死は、古河公方家にとって大きな損失となりました。渭継は、古河公方家の繁栄に貢献した人物であり、その死は、古河公方家の衰退を招きました。 渭継は、聡明で賢明な女性でした。彼女は、和歌や蹴鞠を得意とし、古河公方家の文化の振興に貢献しました。また、彼女は、政治にも関与し、古河公方を補佐しました。渭継は、古河公方家にとってなくてはならない存在であり、彼女の死は、古河公方家に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

渋川義尭とは?戦国時代の武将の生涯を紹介

戦国時代の武将 渋川義尭は、戦国時代の武将です。信濃国佐久郡を拠点として、北信濃に勢力を伸ばしました。 渋川氏は、信濃国佐久郡を領する国衆のひとつです。義尭は、渋川直頼の嫡男として永正10年(1513年)に生まれました。 義尭は、幼い頃から武勇に優れており、15歳の時に初陣を飾っています。その後、信濃国守護である小笠原長時や、武田信玄に仕えました。 天文20年(1551年)、義尭は小笠原長時の命を受けて、武田信玄を攻撃します。しかし、この戦いで義尭は敗北し、信濃国佐久郡を追われます。 その後、義尭は上杉謙信に仕え、信濃国佐久郡の奪還を目指して戦いました。しかし、この戦でも義尭は敗北し、信濃国佐久郡は武田信玄の手に渡りました。 義尭は、信濃国佐久郡を失った後も、上杉謙信に仕え続けました。永禄4年(1561年)、義尭は越後国頸城郡の戦いで戦死しました。享年49歳でした。 義尭は、戦国時代の武将として、その武勇を称えられています。また、義尭は、信濃国佐久郡の奪還を目指して戦ったことから、地元では英雄として慕われています。
歴史上の人物

喜連川頼氏 – 豊臣・江戸時代前期の大名

-喜連川頼氏の生い立ちと家系- 喜連川頼氏は、1562年に下野国で喜連川塩谷家、喜連川晴康の長男として誕生しました。喜連川塩谷家は、鎌倉時代に源頼朝の御家人として活躍した喜連川氏を祖とする一族であり、下野国喜連川を本拠として代々勢力を誇っていました。頼氏の祖父である喜連川晴広は、戦国大名として名声を得ていましたが、下野国に侵攻した北条氏らに敗れ、喜連川城を追われてしまいます。その後、頼氏の父である喜連川晴康が家督を継ぎますが、晴康もまた北条氏に敗れ、流浪の身となりました。 頼氏は、幼少期を父である晴康とともに漂泊しながら過ごしました。しかし、1569年に北条氏の庇護を受けることに成功し、喜連川城を奪還することに成功します。その後、頼氏は北条氏に従って各地の戦に参加し、武勇を上げました。1590年には、小田原城の戦いで北条氏が豊臣秀吉に敗れたため、頼氏は豊臣氏に降伏しました。豊臣氏に降伏後は、越後国高田藩1万石を与えられ、大名として認められました。 頼氏は、1600年の関ヶ原の戦いで西軍に属しましたが、戦後に徳川家康に降伏しました。家康は、頼氏の功績を認め、下野国宇都宮藩10万石を与えました。頼氏は、宇都宮藩主として藩政を改革し、領内の開発に努めました。また、頼氏は茶道や和歌にも通じ、文化人としても知られていました。1619年に頼氏は死去し、跡を長男の喜連川尊氏が継ぎました。
歴史上の人物

宮原義直 – 江戸時代後期の武士

-宮原義直の生涯- 宮原義直は、江戸時代後期に活躍した武士です。諱は義直、通称は與兵衛。号は紅香亭、星川と称しました。備中国津山藩士であり、藩主森忠政に仕え、江戸家老を務めました。 義直は、寛政元年(1789年)、備中国津山藩家老・宮原義孝の次男として生まれました。幼名は亀太郎。文化7年(1810年)、22歳の時に家督を継ぎ、與兵衛と名乗りました。翌年、津山藩主・森忠政の江戸家老に任命され、忠政の側近として活躍しました。 義直は、忠政の信頼が厚く、藩政において重要な役割を果たしました。天保7年(1836年)、忠政が隠居すると、その跡を継いだ森忠敬の筆頭家老として引き続き藩政を担いました。嘉永7年(1854年)、忠敬が没すると、その跡を継いだ森忠徳の補佐役を務めました。 安政5年(1858年)、義直は70歳で死去しました。法名は紅香院星川義直居士。津山藩士として、忠政、忠敬、忠徳の3代に仕え、藩政に尽力した生涯でした。
歴史上の人物

渋川義鏡-室町時代の武将

-渋川義鏡の生涯- 渋川義鏡は、室町時代の武将です。渋川満頼の子として生まれ、鎌倉公方・足利氏満に仕えました。永享の乱では、足利持氏方として戦いましたが、敗れて降伏しました。その後、足利義教に仕え、嘉吉の乱では、赤松満祐を討伐する功績を上げました。 応仁の乱では、東軍の総大将として戦いましたが、畠山義就との確執から、一度は西軍に寝返りました。しかし、後に東軍に復帰し、相模国守護として在職しました。延徳3年(1491年)に死去しました。 渋川義鏡は、室町時代を代表する武将の一人です。生涯を通じて数多くの戦いに参加し、多くの功績を挙げました。また、武勇に優れていただけでなく、和歌や連歌などの文化にも通じていました。 渋川義鏡は、戦乱の世を生き抜いた武将であり、その生涯は非常に波瀾万丈です。しかし、その武勇と教養は、後世の人々から高く評価されています。 渋川義鏡の生涯を振り返ると、室町時代の動乱に翻弄されながらも、最後まで戦い抜いた武将の姿が浮かび上がってきます。彼の生涯は、室町時代の歴史を学ぶ上で、非常に重要な資料となっています。 渋川義鏡の生涯を語る上で、外せないエピソードが二つあります。一つは、嘉吉の乱での活躍です。嘉吉の乱は、赤松満祐が足利義教を暗殺した事件がきっかけで起こった内乱です。渋川義鏡は、足利義教方の武将として戦い、赤松満祐を討伐する功績を上げました。この功績により、渋川義鏡は足利義教から重用されるようになりました。 もう一つのエピソードは、応仁の乱での活躍です。応仁の乱は、室町幕府の管領であった畠山義就と山名宗全が対立して起こった内乱です。渋川義鏡は、東軍の総大将として戦いましたが、畠山義就との確執から、一度は西軍に寝返りました。しかし、後に東軍に復帰し、相模国守護として在職しました。
歴史上の人物

– 足利政氏(1466-1531)

-山内上杉顕定との戦い- 長享の乱(1487年)において、山内上杉顕定は足利政氏のライバルである山名宗全を支持した。その後、顕定は政氏に対して敵対的な姿勢をとり続け、1490年に政氏の長男である足利義稙を京都から追放した。 1491年、政氏は顕定を討伐するために軍勢を率いて関東から上洛した。しかし、顕定は政氏を迎え撃ち、近江国箕浦(滋賀県大津市)で激戦となった。この戦いで、政氏は敗北を喫して京都から撤退した。 1493年、政氏は再び顕定を討伐するために軍勢を率いて上洛した。この時、政氏は細川政元と同盟を結んでおり、政元の支援を受けていた。政氏と顕定は河内国堺(大阪府堺市)で戦い、政氏が勝利を収めた。顕定は近江国に逃亡したが、政氏に追われて自害した。 顕定の死によって山内上杉氏は滅亡し、政氏は関東における覇権を確立した。この戦いは、政氏が室町幕府の将軍としての実権を回復するきっかけとなった。 -戦いの背景- 山内上杉顕定は、室町幕府の守護大名であり、関東地方で大きな勢力を持っていた。足利政氏は、室町幕府の将軍であり、京都に拠点を置いていた。 1487年、長享の乱が勃発した。この乱は、山名宗全と細川政元が争ったものであり、政氏は山名宗全を支持した。一方、顕定は細川政元を支持した。 乱は政元の勝利に終わり、宗全は京都から追放された。政氏は京都に帰還したが、顕定は政氏に対して敵対的な姿勢をとり続けた。 -戦いの経過- 1491年、政氏は顕定を討伐するために軍勢を率いて関東から上洛した。しかし、顕定は政氏を迎え撃ち、近江国箕浦で激戦となった。この戦いで、政氏は敗北を喫して京都から撤退した。 1493年、政氏は再び顕定を討伐するために軍勢を率いて上洛した。この時、政氏は細川政元と同盟を結んでおり、政元の支援を受けていた。政氏と顕定は河内国堺で戦い、政氏が勝利を収めた。顕定は近江国に逃亡したが、政氏に追われて自害した。 -戦いの結果- 顕定の死によって山内上杉氏は滅亡し、政氏は関東における覇権を確立した。この戦いは、政氏が室町幕府の将軍としての実権を回復するきっかけとなった。
歴史上の人物

上杉房定 – 生涯と功績

生い立ちと家督継承 上杉房定は、室町時代中期から戦国時代初期にかけての武将です。上杉氏第9代当主であり、越後守護を務めました。 上杉房定は、上杉房朝の次男として永享7年(1435年)に誕生しました。母は、足利持氏の娘である堀越公方足利満貞の娘です。 房定は、幼い頃から英明な子として知られていました。永享11年(1439年)に、兄の房朝が急死すると、家督を継承しました。 房定は、家督を継承した直後、越後国の守護職を継承しました。また、室町幕府の有力者である細川持之と親交を深めました。 嘉吉元年(1441年)、嘉吉の変が起こると、房定は持之を支持して、赤松満祐を討伐しました。しかし、持之は同年12月に暗殺され、房定も一時的に没落しました。 その後、房定は、幕府の勘気を解かれ、越後国の守護職に復帰しました。房定は、越後国の守護として、領内の治安維持や開発に尽力しました。 文明8年(1476年)、房定は62歳で死去しました。家督は、嫡男の顕定が継承しました。 房定は、越後国の守護として、領内の治安維持や開発に尽力した名君として知られています。
歴史上の人物

一色直朝 – 武将、歌人、画家

-武蔵幸手城の城主として活躍- 一色直朝は、武蔵幸手城の城主として、その名を馳せた。幸手城は、関東平野の北部に位置する城で、戦略的に重要な拠点であった。直朝は、幸手城を拠点に、周辺の地域を統治し、近隣の諸勢力との抗争にも勝利を収めた。 直朝の最も有名な戦いのひとつは、1353年の小手指原の戦いであった。この戦いで、直朝は、新田義貞の軍勢を破り、その名を全国に知らしめた。また、直朝は、歌人としても知られ、多くの和歌を残している。彼の歌は、その優美な文体と、自然を愛する心が込められた内容で、多くの人々に愛された。 直朝は、1362年に亡くなったが、彼の功績は今なお語り継がれている。幸手城は、現在でも残っており、国の史跡に指定されている。また、直朝ゆかりの品々は、各地の博物館に展示されており、多くの人々が彼の生涯を偲んでいる。 一色直朝は、武蔵幸手城の城主として活躍し、その名を全国に知らしめた。また、彼は、歌人としても知られ、多くの和歌を残している。彼の歌は、その優美な文体と、自然を愛する心が込められた内容で、多くの人々に愛された。直朝は、1362年に亡くなったが、彼の功績は今なお語り継がれている。
歴史上の人物

「足利氏姫」(戦国時代末期~江戸時代前期)

-足利義氏(あしかがよしうじ)の娘- 足利義氏は、足利頼氏(あしかがよりうじ)の子であり、足利氏第10代当主である。義氏には、3人の娘がいた。 -・足利熙子(あしかがてるこ)- 熙子は、義氏の長女であり、永禄11年(1568年)に生まれた。熙子は、織田信長の正室である濃姫の従妹であり、信長の次男である織田信雄(おだのぶかつ)の正室となった。熙子は、天正13年(1585年)に27歳の若さで亡くなった。 -・足利氏姫(あしかがしひめ)- 氏姫は、義氏の次女であり、天正3年(1575年)に生まれた。氏姫は、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の側室となり、淀殿(よどどの)を産んだ。淀殿は、豊臣秀頼(とよとみひでより)の母であり、徳川家康(とくがわいえやす)との大坂夏の陣で自害した。 -・足利於兎(あしかがおと)- 於兎は、義氏の三女であり、天正6年(1578年)に生まれた。於兎は、豊臣秀次の正室となり、秀次を産んだ。秀次は、豊臣秀吉の養子となり、関白に任命されたが、後に改易され、切腹を命じられた。於兎は、秀次と離縁され、出家した。 足利義氏の娘たちは、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、政略結婚により、織田信長、豊臣秀吉、豊臣秀次などの有力大名と縁を結んだ。
歴史上の人物

– 足利義高(⇒足利義澄(あしかが-よしずみ))

足利義高の生涯 足利義高は、室町幕府12代将軍である足利義晴の次男として、大永6年(1526年)に京都で誕生しました。幼名は菊寿丸(きくじゅまる)で、15歳になると元服して義高と名乗りました。 義高は、兄の足利義輝(よしてる)が永禄8年(1565年)に三好三人衆に殺害されると、15歳で13代将軍に就任しました。しかし、義高は将軍としての実権はなく、三好三人衆の傀儡(かいらい)にすぎませんでした。 永禄11年(1568年)、織田信長が上洛すると、義高は信長に接近して三好三人衆との対決姿勢を強めました。しかし、信長の進撃が遅れると、義高は三好三人衆に寝返って信長と敵対しました。 元亀元年(1570年)、信長は再び上洛して義高を京都から追放し、義高は河内国(現在の大阪府東部)に逃亡しました。その後、義高は信長と和睦しましたが、天正元年(1573年)に再び信長と敵対して河内国で挙兵しました。しかし、信長の軍勢に敗れて捕らえられ、天正2年(1574年)に京都で自害しました。 享年49。義高は、将軍在位6年でしたが、実権はなく、三好三人衆や織田信長の傀儡にすぎませんでした。また、義高は将軍としての実績もありませんでした。