句仏

歴史上の人物

– 大谷光演

- 大谷光演の生い立ちと経歴 大谷光演は、1950年(昭和25年)11月15日、京都府京都市右京区嵯峨野に生まれた。本名は、大谷光貞。真言宗智山派総本山智積院の第63世貫主である。 大谷光演は、智積院の第62世貫主である大谷光暢の長男として生まれた。大谷光暢は、戦後復興期の真言宗智山派を牽引した名僧であり、大谷光演も幼い頃から仏教に親しみ、僧侶になることを志した。 大谷光演は、1969年(昭和44年)に智積院高等学校を卒業後、智積大学仏教学部に入学。1973年(昭和48年)に智積大学仏教学部を卒業し、智積院の僧侶となった。 大谷光演は、智積院僧侶となってからは、智積院の寺務を執り行うとともに、仏教の研究や布教活動に尽力した。また、1998年(平成10年)には、智積院副貫主に就任。2006年(平成18年)には、智積院貫主に就任した。 大谷光演は、智積院貫主となってからは、智積院の再興と活性化に尽力している。また、真言宗智山派の宗務を執行するとともに、他宗派との交流や社会貢献活動にも取り組んでいる。 大谷光演は、2016年(平成28年)に、真言宗智山派の宗祖である弘法大師空海の入定1200年を記念して、智積院で「弘法大師空海入定1200年御遠忌大法要」を挙行した。また、2017年(平成29年)には、智積院で「真言宗智山派宗祖弘法大師空海御遠忌1200年記念大開帳」を開催した。 大谷光演は、2019年(令和元年)に、智積院貫主を退任した。退任後も、真言宗智山派の宗務を執り行うとともに、仏教の研究や布教活動に尽力している。
学術分野の人

「三谷坦斎」

「三谷坦斎の歩み」 三谷坦斎(1638-1724)は江戸時代中期の儒学者・政治家。備前国(現在の岡山県)に生まれ、京都で学び、江戸で幕府に仕えた。儒学の大家として知られ、朱子学を基盤とした独自の思想を展開した。また、政治家としても活躍し、勘定奉行や大老を歴任して幕政に大きな影響を与えた。 三谷坦斎は、1638年に備前国岡山藩士の三谷重之の子として生まれた。幼少の頃から聡明で、12歳で藩校の学頭となった。16歳で京都に出て、儒学者の中江藤樹に師事した。藤樹の死後、京都の各種学校で学んで力をつけ、やがて荻生徂徠と並び称される儒学者となった。 1670年、三谷坦斎は江戸に出て、徳川幕府に仕えた。勘定奉行として財政を担当し、幕府の財政改革に尽力した。また、大老として政治の最高責任者となり、幕政に大きな影響を与えた。特に、幕府の学問所である昌平坂学問所を設立し、学問の振興に努めたことは重要な功績である。 三谷坦斎は、1724年に86歳で没した。その死は全国に大きな悲しみをもたらし、多くの追悼文が書かれた。三谷坦斎は、儒学者として、政治家として、学問と政治の両面で大きな功績を残した人物である。 ・「三谷坦斎の思想」 三谷坦斎の思想は、朱子学を基盤としたものであったが、独自の展開を加えた。坦斎は、朱子学が重視する仁義礼智信の五常を、人間が生まれながらに持っている徳目であると考えた。そして、この五常を養うことが人間としての道を歩むために必要であると説いた。 また、坦斎は、性善説を唱えた。性善説とは、人間は生まれながらに善であるという考え方である。坦斎は、人間が善であるということを自覚し、その善性を伸ばしていくことが大切であると説いた。 坦斎の思想は、武士の倫理観や庶民の生活規範として大きな影響を与えた。また、坦斎の思想は、明治維新後の近代日本にも影響を与えた。例えば、福沢諭吉は、坦斎の思想を高く評価し、その著書『学問のすすめ』の中で坦斎の思想を紹介している。 ・「三谷坦斎の政治活動」 三谷坦斎は、政治家としても活躍した。勘定奉行として財政を担当し、幕府の財政改革に尽力した。また、大老として政治の最高責任者となり、幕政に大きな影響を与えた。特に、幕府の学問所である昌平坂学問所を設立し、学問の振興に努めたことは重要な功績である。 坦斎は、政治を行う上で、儒学の教えを重視した。坦斎は、儒学の教えに基づいて、仁政を行うことが政治家の務めであると考えた。仁政とは、人民の幸福を第一に考える政治である。坦斎は、仁政を行うためには、政治家は清廉潔白でなければならないと主張した。 坦斎の政治活動は、幕府の安定に貢献した。また、坦斎の政治活動は、近代日本の政治にも影響を与えた。例えば、明治維新後の伊藤博文は、坦斎の政治活動を手本にして、近代日本の政治を運営した。
文学分野の人

人名の由来や有名人をご紹介 – 句仏(大谷光演)

-句仏(大谷光演)の経歴や人物像- 句仏(大谷光演)は、1896年(明治29年)に大阪府大阪市に生まれました。本名は、大谷光演です。句仏という号は、俳句をよく詠んでいたことから、友人たちが付けたものです。 句仏は、幼い頃から文学や芸術に興味を持っており、10歳の頃にはすでに俳句を作り始めていました。1914年(大正3年)には、大阪朝日新聞に俳句が掲載され、俳人としてデビューしました。1918年(大正7年)には、俳誌「ホトトギス」に加盟し、正岡子規に師事しました。 1926年(大正15年)には、俳誌「寒雷」を創刊し、主宰を務めました。1930年(昭和5年)には、俳句結社「花鳥吟社」を創立し、終生その主宰を務めました。1946年(昭和21年)には、日本俳句協会の会長に就任し、俳句の発展に尽力しました。 句仏は、俳句において、写生を重んじ、日常のありふれた風景や事物の中に美を見出すことを目指しました。また、俳句は、単なる言葉遊びではなく、人生の真理を表現したものであるべきだと主張しました。 句仏は、1951年(昭和26年)に55歳で亡くなりましたが、その作品は、現在でも多くの人々に愛され続けています。 句仏の人物像は、温厚で慈愛に満ちた人柄だったと言われています。また、俳句に対する情熱は非常に強く、俳句のために身を粉にして働いていたそうです。句仏は、俳句を通して、人生の喜びや悲しみ、そして美しさなどを表現しました。その作品は、多くの人々に感銘を与え、俳句の発展に大きく貢献しました。