台北帝大

学術分野の人

「横川定」-日本を代表する寄生虫学者

-横川定とは- 横川定(よこかわ さだむ、1908年(明治41年)1月10日 - 1994年(平成6年)8月9日)は、日本の医師、寄生虫学者。日本大学医学部長、同学長、日本大学総長、文部大臣などを歴任した。 1908年1月10日、新潟県北蒲原郡鴻巣村(現・阿賀野市)に生まれる。1932年、日本大学医学部を卒業。大学院に進学し、寄生虫学を専攻。1937年、医学博士号を取得。1948年、日本大学医学部教授となり、1954年に同医学部長に就任。1962年、日本大学総長に就任。1971年、文部大臣に就任。1974年、退任。 横川定は、寄生虫学の分野で多くの業績を残した。特に、日本住血吸虫の研究で知られ、1938年に日本住血吸虫の成虫を初めて発見した。また、1949年に日本住血吸虫の幼虫を初めて発見し、その生態を明らかにした。さらに、1954年に日本住血吸虫の卵を初めて発見し、その形態を明らかにした。 横川定は、寄生虫学の研究だけでなく、医学教育にも力を注いだ。1954年に日本大学医学部を再編し、医学部を6つの学科に分離した。また、1962年に日本大学医学部附属病院を新設し、医学部の教育と研究を充実させた。 横川定は、1994年8月9日に逝去した。86歳没。
学術分野の人

冨田雅次 – 生化学のパイオニア

冨田雅次 - 生化学のパイオニア 人名辞典 - 冨田雅次の生涯 冨田雅次(とみた まさじ、1894年1月20日 - 1989年7月20日)は、日本の生化学者。 生い立ち 1894年(明治27年1月20日、愛知県渥美郡二川町(現・豊橋市)に生まれる。1914年(大正3年)に愛知県第一中学校を卒業して、東京帝国大学医学部に進学する。1918年(大正7年)に卒業。 研究生活 1920年(大正9年)に東京帝国大学医化学教室に入室し、岸田吟香教授のもとで生化学の研究を始める。1922年(大正11年)に学位論文「ブドウ糖代謝の研究」を提出し、医学博士号を取得する。 1926年(昭和元年)にアメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学のカーボハイドレート研究所でオットー・マイヤーホフの下で研究を行う。1928年(昭和3年)に帰国し、東京帝国大学医学部助教授となる。 1938年(昭和13年)に東京帝国大学医学部教授に昇進。1949年(昭和24年)に東京帝国大学が東京大学に改組されたのに伴い、東京大学医学部教授となる。 1956年(昭和31年)に東京大学を退官し、名誉教授となる。退官後も研究を続け、1989年(平成元年7月20日)に東京で死去する。95歳没。 業績 冨田雅次は、生化学の分野で多大な功績を残した。ブドウ糖代謝の研究で知られ、ブドウ糖の分解経路である解糖系を明らかにした。また、アデノシン三リン酸(ATP)の生合成経路であるクエン酸回路の解明にも貢献した。 1961年(昭和36年)に日本学士院賞を受賞。1975年(昭和50年)に文化勲章を受章。 著書 『生化学概論』(1934年) 『生化学実験法』(1936年) 『生化学辞典』(1938年) 『生化学新論』(1950年) 『細胞の生化学』(1955年)
学術分野の人

– 三宅捷

北海道出身の農芸化学者 三宅捷は、1863年に北海道に生まれました。北海道大学農学部を卒業後、ドイツに留学し、農芸化学を学びました。帰国後、北海道大学農学部教授となり、農芸化学の研究を行いました。三宅捷の研究は、北海道の農業の発展に大きく貢献しました。 三宅捷の主な研究成果は以下の通りです。 * 粘土鉱物の研究三宅捷は、粘土鉱物の構造と性質を研究し、粘土鉱物が土壌の肥沃度に影響を与えることを明らかにしました。 * 土壌化学の研究三宅捷は、土壌の化学組成と性質を研究し、土壌の肥沃度を改善する方法を提案しました。 * 肥料の研究三宅捷は、肥料の成分と効果を研究し、肥料の効率的な使用方法を提案しました。 三宅捷の研究は、北海道の農業の発展に大きく貢献しました。三宅捷は、1935年に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。
学術分野の人

安藤正次 – 明治・昭和期の国語学者

-安藤正次の生涯と経歴- 安藤正次は、1877年(明治10年)1月11日に、岐阜県大野郡三田洞村(現在の高山市三田洞町)で生まれた。 1902年(明治35年)に東京帝国大学文科大学国語学科を卒業し、卒業後は愛知県立第五中学校(現在の愛知県立岡崎高等学校)の教員となった。 1907年(明治40年)に東京帝国大学に戻り、助手となった。 1911年(明治44年)に「日本文典」を出版し、この本は国語教育に大きな影響を与えた。 1915年(大正4年)に東京帝国大学助教授となり、1916年(大正5年)に教授となった。 1925年(大正14年)に帝国学士院会員となり、1931年(昭和6年)に東京帝国大学名誉教授となった。 1941年(昭和16年)に文化勲章を受章し、1946年(昭和21年)に東京帝国大学の学長となった。 1948年(昭和23年)に退職し、1952年(昭和27年)に死去した。
歴史上の人物

久場政盛→ 沖縄の警察官、社会事業家

-警察官としての活躍- 久場政盛は、明治31年(1898年)に沖縄県警察部に奉職しました。巡査として着任した久場は、その高い能力と真面目な仕事ぶりで頭角を現し、わずか1年で巡査部長に昇進しました。その後も着実に昇進を重ね、明治38年(1905年)には警部補、明治43年(1910年)には警部に昇進しました。 久場は、警察官として多くの功績を残しました。特に、沖縄県を悩ませていた密売や賭博の取り締まりに力を入れ、これらを取り締まることで社会の治安を向上させました。また、久場は警察官としてだけではなく、社会事業にも熱心に取り組みました。明治40年(1907年)には、沖縄県社会事業協会の設立に尽力し、同協会の初代会長に就任しました。沖縄県社会事業協会は、沖縄県の社会事業の発展に大きく貢献し、久場は社会事業家としても大きな功績を残しました。 久場は、明治45年(1912年)に警察官を退職しました。しかし、退職後も社会事業に尽力し続け、沖縄県の社会事業の発展に貢献しました。久場は、大正13年(1924年)に死去しましたが、その功績は現在でも語り継がれています。
学術分野の人

「村上直次郎」

- 村上直次郎とは 村上直次郎(1838年10月12日 - 1920年6月14日)は、日本の実業家、政治家。衆議院議員(1期)、東京市会議員(3期)などを歴任した。号は直山。 村上直次郎は、1838年10月12日に江戸神田松枝町(現在の東京都千代田区)で生まれた。父は村上直右衛門、母は浅子。直次郎は幼少の頃より、読書を好み、特に漢籍に親しんでいた。15歳の時、父が死去し、家業を継いだ。 村上直次郎は、1868年に明治維新を迎え、新政府に出仕した。1871年に、東京府参事となり、1873年には、東京府会議員に当選した。その後、東京市会議員(3期)、衆議院議員(1期)などを歴任した。 村上直次郎は、実業家としても活躍した。1875年に、東京貯蓄銀行を設立し、初代頭取に就任した。同銀行は、1882年に、東京貯蓄銀行と合併し、東京貯蓄銀行となった。村上直次郎は、その後も、東京貯蓄銀行の頭取を務め続け、1920年6月14日に死去するまで、その職にあった。 村上直次郎は、慈善事業にも熱心に取り組んだ。1887年に、東京養育院を設立し、その理事長に就任した。東京養育院は、孤児や貧困家庭の子供を収容して、養育する施設であり、村上直次郎は、その経営に尽力した。 村上直次郎は、1890年に、東京市の名誉市民に推挙された。また、1904年には、勲四等旭日小綬章を受章した。村上直次郎は、1920年6月14日に東京で死去した。享年82歳。
学術分野の人

杉村鎮夫 ─ 林学者・教授

杉村鎮夫の生涯と功績 杉村鎮夫は1911年9月10日に広島県牛城村(現三次市)で生まれました。1936年に東京帝国大学農学部林学科を卒業し、林業試験場に入所しました。1940年に京都帝国大学農学部教授に就任し、1945年に東京帝国大学農学部教授に転任しました。1949年に東京大学教授に就任し、1954年に東京大学総長に就任しました。1958年に退官し、1959年に私塾である杉村学園を創設しました。 杉村鎮夫は、林業の研究と教育に尽力し、日本の林業の発展に貢献しました。また、東京大学の総長として、大学の自治と民主化に尽力しました。杉村鎮夫は、1985年1月30日に逝去しました。 杉村鎮夫の功績は以下の通りです。 ・林業の研究と教育に尽力し、日本の林業の発展に貢献しました。 ・東京大学の総長として、大学の自治と民主化に尽力しました。 ・私塾である杉村学園を創設し、後進の育成に尽力しました。 ・著書に『森林の生態学』『日本の森林』『林業の思想』などがあります。 杉村鎮夫は、日本の林業の発展に貢献した偉大な林学者であり、教育者でした。杉村鎮夫の功績は、今日でも日本の林業の発展に活かされています。
学術分野の人

工藤好美 – 昭和時代の英文学者

工藤好美 - 昭和時代の英文学者 工藤好美の生涯と業績 工藤好美(1895年1月1日 - 1968年1月1日)は、昭和時代の英文学者。日本女子大学教授。 工藤好美は、1895年1月1日に東京府東京市神田区(現・東京都千代田区神田)に生まれた。東京府立第一高等女学校を経て、日本女子大学英文科に入学。1918年に日本女子大学英文科を卒業し、同年東京府立第九高等女学校教諭となった。 1921年に日本女子大学専任講師となり、1922年に日本女子大学助教授となった。1923年に渡米し、コロンビア大学大学院に留学。1925年にコロンビア大学大学院を修了し、日本に帰国した。 1925年に日本女子大学教授となり、1961年に日本女子大学を退職した。1963年に第1回日本翻訳文化賞を受賞。1968年1月1日に東京都で死去した。 工藤好美は、イギリス文学の研究者として知られている。主に、シェイクスピアの作品を研究し、数多くの論文を発表した。また、シェイクスピアの作品の翻訳も行い、その功績は高く評価されている。 工藤好美は、昭和時代の日本における英文学研究に大きな貢献をした。その業績は、現在でも多くの研究者から高く評価されている。
学術分野の人

宇都宮清吉 – 昭和-平成時代の東洋史学者

- 宇都宮清吉の生涯 宇都宮清吉は、1904年に東京で生まれた。東京帝国大学史学科を卒業後、同大学院に進学し、東洋史学を専攻した。1930年に東京帝国大学助教授となり、1938年に同大学教授に昇進した。1962年に定年退官し、名誉教授となった。1985年に死去した。 宇都宮清吉は、中国史研究の第一人者であり、中国古代史、中国近現代史、中国思想史など幅広い分野で研究を行った。特に、中国古代史の研究においては、甲骨文字や金石文などの資料を駆使して、中国古代の社会や文化を解明する先駆的な業績を残した。また、中国近現代史の研究においては、日中関係史や中国共産党史などについて論考を発表し、中国近現代史の理解に大きな貢献をした。 宇都宮清吉は、研究者としての業績だけでなく、教育者としての功績も顕著である。東京帝国大学や東京大学で教鞭を執り、多くの学生を指導した。また、日本東洋史学会の会長を務めるなど、東洋史学の発展に尽力した。 宇都宮清吉は、中国史研究の第一人者として、中国史学の発展に大きな貢献をした。また、教育者としても多くの学生を指導し、東洋史学の発展に尽力した。
学術分野の人

中村哲:君主制と憲法擁護を訴えた政治学者

戦後日本の憲法学に影響を与えた学者 中村哲(1913-2001)は、日本の政治学者、法学者、憲法学者、東京大学名誉教授。君主制と憲法擁護を訴えた政治学者として知られる。 中村は、1913年(大正2年)10月3日、茨城県に生まれた。1938年(昭和13年)に東京帝国大学法学部を卒業し、1941年(昭和16年)に法学博士号を取得した。その後、東京帝国大学法学部助手、助教授を経て、1953年(昭和28年)に教授に昇進した。 中村は、戦後日本の憲法学界で活躍し、数多くの著書を発表した。その中でも特に有名なのは、1955年(昭和30年)に発表された『君主制の理論』である。この本の中で、中村は、君主制は民主主義と両立する政治制度であると主張した。この主張は、戦後の日本において、君主制を廃止すべきであるとする主張が強まっていた中で、大きな反響を呼んだ。 中村は、君主制擁護の立場から、憲法改正にも反対した。中村は、憲法は国民の権利を保障するものであるため、軽々しく改正すべきではないと主張した。この主張は、戦後の日本において、憲法改正を求める声が高まっていた中で、大きな反響を呼んだ。 中村は、戦後日本の憲法学界において、大きな影響力を持った。中村の著書は、多くの学生によって読まれ、中村の思想は、多くの学生に影響を与えた。中村の思想は、戦後の日本において、憲法学の発展に大きな貢献をした。
学術分野の人

磯永吉 – 蓬莱米の生みの親

-台湾のイネ品種改良に生涯を捧げた農学者-  磯永吉氏は、1867年(慶応3年)に石川県金沢市で生まれ、東京帝国大学農科大学を卒業後、1895年(明治28年)に台湾総督府農事試験場に赴任しました。台湾では、主にイネの品種改良に取り組み、1926年(大正15年)に「蓬莱米」を開発しました。蓬莱米は、それまでの台湾のイネ品種よりも収量が多く、品質も優れており、台湾の農業発展に大きく貢献しました。  磯永氏は、蓬莱米の開発以外にも、台湾のイネの病害虫防除や、イネの栽培技術の改良に取り組みました。また、台湾の農業教育にも力を入れ、1906年(明治39年)に台湾総督府農事試験場付属農学校(現在の国立台湾大学)を創設しました。  磯永氏は、1934年(昭和9年)に台湾総督府農事試験場を退官し、その後も、台湾の農業発展に貢献し続けました。1957年(昭和32年)に89歳で亡くなりました。  磯永氏は、台湾のイネ品種改良に生涯を捧げた農学者として、台湾の人々から敬愛されています。台湾では、磯永氏の功績を称えるために、1961年(昭和36年)に「磯永吉記念館」が設立されました。また、台湾の農業発展に貢献した人々を顕彰する「磯永吉賞」が設けられています。
学術分野の人

森於菟(もり おと)について

-森於菟の生涯と業績- 森於菟は、1878年(明治11年)1月28日に、東京府(現在の東京都)にて森鷗外の次男として誕生しました。本名は森於菟ですが、ペンネームとして、「於菟」「鴎外二世」「鷗外山人」などを用い、主に翻訳家として活躍しました。 森於菟は、東京帝国大学医学部を卒業後、1905年(明治38年)にドイツに留学し、ベルリン大学で医学を学びました。留学中に、ドイツ文学にも興味を持ち、帰国後は、医学の研究と翻訳の仕事を並行して行いました。 森於菟の翻訳作品には、『アンナ・カレーニナ』『カラマーゾフの兄弟』『死せる魂』など、ロシア文学の古典的名作が多く含まれています。また、トルストイやドストエフスキーなどのロシア作家の評伝も執筆しました。 森於菟は、1941年(昭和16年)6月14日に、63歳で亡くなりましたが、彼の翻訳作品は、現在でも多くの人に読み継がれています。 森於菟の業績は、ロシア文学の日本への紹介に大きく貢献したことです。彼の翻訳作品を通して、日本の読者は、ロシア文学の豊かさや深さに触れ、ロシア文化に対する理解を深めることができました。また、森於菟の評伝は、ロシア作家の生涯や作品について詳しく知ることができる貴重な資料となっています。 森於菟は、ロシア文学の日本への紹介に貢献しただけでなく、医師として、また、作家としても活躍しました。彼は、日本の近代文学の発展に大きな足跡を残した人物であり、その功績は、現在でも高く評価されています。
学術分野の人

移川子之蔵 – 日本の人類学者であり、台北帝国大学の教授

-移川子之蔵の経歴と功績- 移川子之蔵は、1878年(明治11年)に東京府(現在の東京都)に生まれた。1902年(明治35年)に東京帝国大学文科大学哲学科を卒業し、1904年(明治37年)にフランス政府の招聘によりパリ大学に留学した。留学中は、人類学者のマルセル・モーリスとレヴィ=ブリュールに師事し、社会学の研究に従事した。 1908年(明治41年)に帰国後、東京帝国大学文科大学講師に就任し、1912年(大正元年)に同大学助教授に昇進した。1917年(大正6年)には、台北帝国大学の教授に就任し、1922年(大正11年)まで同大学で教鞭を執った。 移川子之蔵は、日本の人類学者であり、台北帝国大学の教授として台湾の先住民である「高山族」の研究に尽力したことで知られている。1917年(大正6年)に発表した「高山族の社会組織」は、台湾の先住民の社会組織を詳細に分析した画期的な論文であり、台湾の先住民研究の基礎を築いた。 また、移川子之蔵は、日本の社会学の研究にも貢献した。1914年(大正3年)に発表した「社会学の基礎概念」は、社会学の基礎概念を体系的に整理したもので、日本の社会学の発展に大きな影響を与えた。 移川子之蔵は、1923年(大正12年)に亡くなったが、その研究成果は今日でも高く評価されている。移川子之蔵は、台湾の先住民研究のパイオニアであり、日本の社会学の研究にも大きな貢献をした偉大な学者である。
学術分野の人

滋賀秀俊について

医師としての背景 滋賀秀俊氏は、1972年に大阪医科大学を卒業後、大阪大学医学部附属病院で外科医として勤務しました。その後、1978年にアメリカ合衆国に留学し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で肝移植の研究に従事しました。1982年に帰国し、大阪大学医学部附属病院に復職して肝移植の臨床をスタートさせました。 滋賀氏は、1986年に世界初の生体肝移植を成功させました。この手術は、肝臓がんの末期患者に対して、患者の息子から肝臓の一部を移植するというものでした。この手術は成功し、患者は生存することができました。この手術の成功は、肝移植の分野に大きな進歩をもたらしました。 滋賀氏は、その後も肝移植手術を続け、多くの患者を救いました。1990年には、世界初の小児肝移植を成功させました。この手術は、生後8か月の乳児に対して、母親から肝臓の一部を移植するというものでした。この手術も成功し、乳児は生存することができました。 滋賀氏は、肝移植の分野で多くの功績を残しました。その功績が認められ、2000年に日本医師会会長に就任しました。滋賀氏は、日本医師会の会長として、医療改革や医師の働き方改革などに尽力しました。
学術分野の人

中沢亮治:醸造技術の開発に貢献した明治-昭和時代の農芸化学者

-中沢亮治の経歴- 中沢亮治は、1869年(明治2年)8月1日に山口県萩市で生まれた。1886年(明治19年)に東京帝国大学農科大学に入学し、1890年(明治23年)に卒業した。卒業後は、農商務省の農事試験場技手として勤務し、醸造技術の研究に従事した。 1896年(明治29年)に、農商務省の醸造試験場技師に任命された。醸造試験場では、醸造技術の研究と改良に取り組み、多くの成果を上げた。1897年(明治30年)には、清酒の製造法を改良し、清酒の品質向上に貢献した。1903年(明治36年)には、ビールの製造法を改良し、ビールの品質向上に貢献した。 1910年(明治43年)に、農商務省を退官し、東京帝国大学農科大学教授に就任した。東京帝国大学農科大学では、醸造学科の初代主任教授を務め、醸造技術の教育と研究に従事した。1921年(大正10年)には、東京帝国大学農科大学を退任し、帝都醸造研究所所長に就任した。帝都醸造研究所では、醸造技術の研究と改良に取り組み、多くの成果を上げた。 1932年(昭和7年)に、帝都醸造研究所を退任し、醸造技術の研究と普及に尽力した。1958年(昭和33年)11月24日に、東京都で死去した。