右膳

文学分野の人

ー石河積翠

-石河積翠の人物像- 石河積翠は、江戸時代中期の文人画家、俳諧師、儒学者です。1716年(享保元年)に京都に生まれ、1777年(安永6年)に61歳で亡くなりました。本名は石河高信、字は士和、積翠は号です。 積翠は幼い頃から絵を学び、12歳の時には狩野派の狩野益信に入門しました。その後、京都の儒学者である堀景山に学んで儒学を学びました。また、俳諧を松尾芭蕉に学び、俳諧師として活躍しました。 積翠は、儒学、絵画、俳諧の三つの分野で活躍した博学な文人でした。その作品は、繊細で美しい画風と、儒学的な思想が融合した独特のものです。 積翠の代表作には、歌川広重の浮世絵「東海道五拾三次」に描かれた「関ヶ原宿」や、「洛中洛外図屏風」があります。また、俳諧の句集として「積翠句集」があります。 積翠は、その博学な知識と、儒学的な思想を絵画や俳諧に融合させた独自の作風で、江戸中期の文人画壇に大きな影響を与えました。
学術分野の人

岑貉丘 – 江戸時代中期-後期の医師

岑貉丘の生涯 岑貉丘は、江戸時代中期から後期の医師です。1719年(享保4年)に、近江国江州坂田郡下板並村(現在の滋賀県長浜市下板並町)に生まれました。幼名は鶴太郎、後に貉丘と号しました。 貉丘は、京都に出て医学を学び、1746年(延享3年)に医師として開業しました。開業後は、貧しい人々を無料で診察したり、薬を施したりするなど、人々に慕われていました。 1760年(宝暦10年)、貉丘は、長浜藩の藩医に任命されました。藩医として、藩主や藩士の健康管理に努め、また、一般の人々にも診療を行いました。 貉丘は、1786年(天明6年)に、68歳で亡くなりました。 貉丘は、その生涯において、多くの人々を救いました。また、医学書の執筆や、弟子を育て上げるなど、医学の発展にも貢献しました。貉丘は、江戸時代を代表する名医の一人として、現在も人々から敬愛されています。
歴史上の人物

阿部北溟

阿部北溟(あべ・ほくめい、1864年 - 1929年)は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本のジャーナリスト、教育者、政治家である。北溟の号は、北海道の北溟(北の海)に由来している。 阿部北溟の生涯と経歴 阿部北溟は1864年、長崎県に生まれる。幼少の頃から漢籍を学び、1879年に上京して慶應義塾で学ぶ。その後、新聞記者として活動し、1888年に北溟新聞を創刊する。北溟新聞は自由民権運動を支持する新聞として知られ、阿部北溟は民権派のリーダーとして活躍する。 1890年に第1回衆議院議員総選挙に当選し、政界に進出する。阿部北溟は自由党に所属し、党の幹部として活動する。しかし、1891年に自由党が分裂すると、阿部北溟は憲政党に所属することになる。 1892年に第2回衆議院議員総選挙に当選し、再び政界に進出する。阿部北溟は憲政党の幹部として活動し、1894年に伊藤博文内閣の文部大臣に就任する。文部大臣として、阿部北溟は義務教育の拡充や学校制度の改革に取り組んだ。 1896年に伊藤博文内閣が倒閣すると、阿部北溟は文部大臣を辞任する。その後、阿部北溟は北海道に渡り、北海道庁の官僚として活動する。阿部北溟は北海道の産業振興や教育の普及に尽力し、北海道の発展に貢献した。 1929年に阿部北溟は死去する。享年65歳。阿部北溟は、北海道の発展に貢献した功績を称えられ、1930年に北海道開拓功労者として叙せられた。
美術分野の人

「黒川亀玉(3代)」黒川亀玉はどんな人物だったか

黒川亀玉(3代)の生涯 1858年(安政5年)に京都で生誕。 幼少期より絵画を学び、15歳の時に上京。 1877年(明治10年)に東京美術学校に入学し、1882年(明治15年)に卒業。 卒業後は、京都に戻り、画業に専念。 1894年(明治27年)に東京美術学校日本画科教授に就任。 1900年(明治33年)に第2回文展で「豊臣秀吉」が特選。 1901年(明治34年)に日本美術協会を創立。 1904年(明治37年)に文部大臣賞を受賞。 1907年(明治40年)に第5回文展で「風神雷神図」が再び特選を受賞。 1910年(明治43年)に日本美術院を創立。 1911年(明治44年)に第7回文展で「高山彦九郎」が特選を受賞。 1915年(大正4年)に東京美術学校校長に就任。 1917年(大正6年)に初の個展を開催。 1919年(大正8年)に第1回帝展で「風神雷神図」が文部大臣賞を受賞。 1920年(大正9年)に第2回帝展で「豊臣秀吉」が再び文部大臣賞を受賞。 1922年(大正11年)に第4回帝展で「日月星辰図」が特選を受賞。 1923年(大正12年)に第5回帝展で「花卉図」が特選を受賞。 1924年(大正13年)に第6回帝展で「嵐山図」が特選を受賞。 1925年(大正14年)に第7回帝展で「富士図」が特選を受賞。 1926年(昭和元年)に第8回帝展で「鹿苑寺図」が特選を受賞。 1927年(昭和2年)に第9回帝展で「松島図」が特選を受賞。 1928年(昭和3年)に第10回帝展で「唐人物図」が特選を受賞。 1929年(昭和4年)に死去。
音楽分野の人

「常磐津文字太夫(初代)」

- 常磐津節とは? 常磐津節は、江戸時代の浄瑠璃、および歌舞伎の三味線音楽のひとつで、三味線音楽のなかでは比較的遅く成立した曲節である。 -常磐津節は、常磐津文字太夫によって創始されたが、初代の死の直後に、弟子の常磐津文字兵衛が二世目を襲名して家元となり、以後6代にわたって続いた。-常磐津節は、浄瑠璃のなかで最も新しい曲節であり、それまでの浄瑠璃の伝統を破って、新しい音楽様式を確立した。 常磐津節は、三味線、小鼓、大鼓、太夫の四つで構成される。三味線は、三味線音楽のなかで最も重要な楽器であり、常磐津節の音楽を支える役割を果たしている。小鼓と大鼓は、三味線のリズムを支える役割を果たしている。太夫は、浄瑠璃のなかで最も重要な役割を果たす楽器であり、常磐津節の音楽を語る役割を果たしている。 常磐津節は、浄瑠璃のなかで最も華やかな曲節であり、その音楽は、華やかで豪華絢爛なものである。常磐津節は、歌舞伎のなかで最も重要な音楽であり、その音楽は、歌舞伎の芝居を盛り上げる役割を果たしている。 常磐津節は、浄瑠璃のなかで最も古い曲節であり、その音楽は、古風で渋みのあるものである。常磐津節は、歌舞伎のなかで最も重要な音楽であり、その音楽は、歌舞伎の芝居を盛り上げる役割を果たしている。