各務支考

文学分野の人

「上島鬼貫」(1661-1738 江戸時代前期-中期の俳人)

- 上島鬼貫の生涯 -俳諧への親しみから連歌の宗匠に- 上島鬼貫は、1661年、江戸に生まれた。本名は清五郎。旗本の家に生まれ、幼い頃から俳諧に親しんだ。20歳の頃には、俳諧の宗匠となり、江戸で俳諧の会を主宰した。 -大坂で俳風を確立し、江戸で晩年を迎える- 30歳を過ぎた頃、鬼貫は大坂に移住。そこで、松尾芭蕉の俳風を学び、独自の俳風を確立した。鬼貫の俳風は、芭蕉の写生を継承しながらも、より人間性や世俗性が感じられるものであった。 鬼貫は、大坂で10年ほど過ごした後、再び江戸に戻り、晩年を過ごした。77歳で死去するまで、多くの俳句を残した。 -鬼貫の代表作- 鬼貫の代表作には、以下の句がある。 * 夕暮に川端歩けば草の音 * 枯枝に烏のとまりけり秋の暮 * 雉子の啼くや空はるかより嵐来る * 冬霞月も星もなき空のいろ * 霜柱立って月冴えにけり これらの句は、鬼貫の写生に基づく俳風をよく表している。鬼貫は、自然をありのままに描写することで、その中に潜む美しさや哀愁を表現した。 -鬼貫の評価- 鬼貫は、蕉門十哲の一人として数えられる俳人である。鬼貫の俳風は、芭蕉の写生を継承しながらも、より人間性や世俗性が感じられるものであった。鬼貫の句は、庶民の生活や心の機微を巧みに詠み込んでおり、多くの人々に親しまれている。
文学分野の人

素秋-江戸時代前期-中期の俳人

-素秋の生い立ちと生涯- -素秋-(そしゅう、1644年(正保元年)- 1710年4月9日(宝永7年3月9日))は江戸時代前期から中期にかけての俳人。本姓は桑木。通称は源左衛門。号は五尺廻廊・五月雨の僧。京都府京都市出身。 素秋は、京都の生れで、本名は桑木源左衛門。父は桑木覚右衛門。素秋は、幼少のころから俳句を嗜み、16歳で京都の俳人であった服部嵐雪に入門した。服部嵐雪が京都から摂津国尼崎に移住すると、素秋も尼崎に移り、嵐雪の弟子として俳諧を学んだ。 1668年(寛文8年)、京都に戻った素秋は、俳諧仲間の「八つ物狂い」の集まりに参加した。この「八つ物狂い」の集まりは、俳句を互いに批判し合うというもので、素秋はそこで俳句の腕を磨いていった。 1674年(延宝2年)、素秋は、俳諧の師匠である服部嵐雪が亡くなると、嵐雪の跡を継いで俳諧の師匠となり、多くの弟子を育てた。素秋は、俳句の形式に新しい工夫を加え、俳句をより芸術的なものとした。また、素秋は、俳句の理論について多くの著作を残しており、俳句の発展に大きく貢献した。 1710年(宝永7年)、素秋は、京都で亡くなった。享年67歳。 -素秋の俳風- 素秋の俳風は、写生を重んじるもので、ありのままの自然を俳句で表現しようとした。また、素秋は、俳句に新しい工夫を加え、俳句をより芸術的なものとした。素秋の俳句は、繊細で清澄な美しさがあり、多くの俳人に影響を与えた。 -素秋の主な作品- * 「五月雨の僧」 * 「花見車」 * 「夜船」 * 「秋思」 * 「落莫」 など
文学分野の人

仙石廬元坊-江戸時代中期の俳人

- 仙石廬元坊の生涯 仙石廬元坊は、江戸時代中期の俳人です。1675年(延宝3年)に京都で生まれ、1717年(享保2年)に43歳で亡くなりました。 元坊は、幼い頃から俳諧に興味を持ち、16歳で江戸に出て、松尾芭蕉に師事しました。芭蕉の死後は、その門下である野坡の弟子となり、蕉門の俳諧を学びました。 元坊は、1705年(宝永2年)に最初の句集である『元坊句集』を出版しました。この句集は、元坊の俳諧の才能を世間に知らしめることとなり、元坊は蕉門の俳人として活躍するようになりました。 元坊は、1716年(享保元年)に大坂に移り住み、翌年、43歳で亡くなりました。元坊の死後、その句集は弟子たちによってまとめられ、1719年(享保4年)に『元坊続句集』として出版されました。 元坊は、蕉門の俳人として活躍し、蕉風俳諧の発展に貢献しました。元坊の句は、写生を重んじ、自然の美しさをありのままに詠んだものが多く、蕉門の俳諧の特色をよく表しています。
文学分野の人

井上童平について

井上童平の生涯 井上童平は、1834年、現在の茨城県に生まれました。幼い頃から学問に優れ、1853年に江戸へ遊学します。そこで、藤田東湖や吉田松陰に師事し、尊王攘夷の思想に共感します。 1858年、井上童平は、水戸藩の藩士として、アメリカ合衆国への使節団に参加します。この際、井上童平は、アメリカの民主主義と自由主義に感銘を受け、日本の近代化の必要性を痛感します。 1868年、井上童平は、明治維新に参加します。明治維新後は、新政府の官僚として活躍し、殖産興業政策や教育制度の整備などに尽力します。 1873年、井上童平は、外務卿に就任します。外務卿として、井上童平は、欧米列強との交渉にあたり、日本の独立と権利を主張します。 1885年、井上童平は、内務卿に就任します。内務卿として、井上童平は、地方制度の整備や警察制度の改革など、日本の近代化に貢献します。 1895年、井上童平は、日清戦争で戦死します。井上童平は、日本の近代化に貢献した功績を称えられ、従二位を追贈されます。
文学分野の人

「中川乙由」とその生涯

中川乙由の生涯と業績 中川乙由は、1903年(明治36年)に東京府に生まれた。1925年(大正14年)に東京帝国大学理学部化学科を卒業し、1928年(昭和3年)に同大学院理学研究科物理化学専攻を修了した。その後、同大学理学部化学科助教授に就任し、1935年(昭和10年)には同大学教授に昇進した。 中川乙由は、1936年(昭和11年)に「誘導効果」に関する研究で、東京帝国大学理学博士の学位を取得した。この研究は、化学反応において、ある原子団が他の原子団に及ぼす影響を定量的に評価できる手法を開発したもので、化学反応の理論的研究に大きな貢献をした。 中川乙由は、1937年(昭和12年)に東京帝国大学理学部長に就任し、1945年(昭和20年)までその職を務めた。この間、同大学の研究環境の改善に努め、多くの優れた研究者を育成した。 中川乙由は、1946年(昭和21年)に東京大学総長に就任し、1951年(昭和26年)までその職を務めた。この間、同大学の戦後復興に尽力し、同大学の国際的地位向上にも貢献した。 中川乙由は、1952年(昭和27年)に文化勲章を受章し、1964年(昭和39年)には日本学士院会員に選出された。1966年(昭和41年)に東京大学を退官し、1976年(昭和51年)に死去した。
文学分野の人

路健 – 江戸時代前期から中期の俳人

井波俳壇の中心人物 路健は、江戸時代前期から中期の俳人であり、井波俳壇の中心人物として活躍しました。井波俳壇は、越中(現在の富山県)にあった俳諧結社で、江戸時代中期に隆盛を極めました。路健は、その創始者であり、中心人物として多くの門人を育て、井波俳壇の隆盛に大きく貢献しました。 路健は、1657年に越中で生まれ、1733年に没しました。幼い頃から俳諧に興味を持ち、17歳の時に京に上り、俳諧の宗匠である芭蕉に師事しました。芭蕉の死後、路健は井波に戻り、井波俳壇を創始しました。 井波俳壇は、路健の指導の下、急速に発展し、江戸時代中期には日本を代表する俳諧結社の一つとなりました。路健は、井波俳壇の宗匠として、多くの門人を育て、井波俳壇の隆盛に大きく貢献しました。 路健の俳風は、芭蕉の俳風を継承したもので、簡素で写実的な句風を特徴としています。路健の句は、自然の美しさや人生の哀歓を詠んだものが多く、多くの人々に親しまれました。 路健は、井波俳壇を代表する俳人であり、日本の俳諧史に大きな足跡を残した人物です。路健の句は、今もなお多くの人々に親しまれており、その功績は高く評価されています。
文学分野の人

佐方乙語→ 江戸時代中期の俳人

# 佐方乙語の生涯と功績 -はじめに- 佐方乙語は1639年、尾張国中島郡佐方に生まれ、1715年に江戸で亡くなった俳人です。松尾芭蕉の弟子の一人で、蕉風の俳諧の普及に尽力しました。 -初期の生涯- 佐方乙語は、1639年に尾張国中島郡佐方で生まれました。幼名は勘右衛門、後に乙語と改名しました。はじめは医師を目指していましたが、のちに俳諧に転じました。 -芭蕉との出会い- 1670年、佐方乙語は松尾芭蕉と出会い、弟子となりました。芭蕉から俳諧の教えを受け、蕉風の俳諧を身に着けました。 -蕉風俳諧の普及- 1680年、佐方乙語は江戸に下り、俳諧の指導を始めました。芭蕉の死後、蕉風の俳諧の普及に尽力し、多くの弟子を育てました。 -晩年- 1690年、佐方乙語は江戸に屋敷を構え、俳諧の指導や詩歌の執筆に専念しました。1715年に江戸で亡くなりました。 -功績- 佐方乙語は、蕉風の俳諧の普及に尽力し、多くの弟子を育てました。また、多くの俳諧の句を残し、江戸時代の俳壇に大きく貢献しました。 -代表的な句- 「浮世の塵もなき月かな」 「夕やけ雲たなびく空に秋風しずか」 「花に色はありけり月の夜の色」 -おわりに- 佐方乙語は、17世紀後半から18世紀初頭に活躍し、蕉風の俳諧の普及に尽力した俳人です。多くの弟子を育て、江戸時代の俳壇に大きく貢献しました。
文学分野の人

– 図司呂丸 (?-1693)

図司呂丸の生涯 図司呂丸は、17世紀の日本の武士で、赤穂浪士四十七士の一人です。1693年の吉良上野介暗殺事件に参加し、その功績で賞賛されました。 図司呂丸は、播磨国赤穂藩の藩士、大高忠雄の息子として生まれました。1683年に赤穂藩主・浅野長矩が吉良上野介に刃傷沙汰を起こし、切腹を命じられた後、図司呂丸は赤穂浪士の一人として吉良上野介の暗殺を計画しました。 1693年12月14日、赤穂浪士四十七士は、吉良上野介の屋敷を襲撃し、吉良上野介を殺害しました。図司呂丸は、この襲撃で吉良上野介の首を討ち取りました。 吉良上野介を殺害した後、赤穂浪士四十七士は、切腹を命じられました。図司呂丸は、1701年2月4日に切腹しました。 図司呂丸は、赤穂浪士四十七士の一人として、忠義と名誉を重んじる武士として知られています。彼の生涯は、日本の武士道の精神を象徴するものとして、今日でも語り継がれています。
文学分野の人

立花牧童 – 江戸時代前期-中期の俳人

研屋彦三郎という通称 立花牧童は、研屋彦三郎という通称でも知られています。研屋とは、刀や鎌などの刃物を研ぐ職業のことです。彦三郎は、研屋の家に生まれ、幼い頃から研ぎの技術を学びました。研ぎの技術は、刀を研ぐだけでなく、俳諧の句を作る上でも役立ったと言われています。 立花牧童は、俳諧の句を作る際に、研ぎの技術を活かして、鋭い切れ味のある句を作りました。彼の句は、その切れ味から「立花牧童の句は、刀の切れ味に似ている」と評されました。 また、立花牧童は、研ぎの技術を活かして、俳諧の句を詠む際の道具にも工夫を凝らしました。彼は、研ぎの技術を活かして、竹や木を削って、俳諧の句を詠むための道具を作りました。これらの道具は、立花牧童の俳諧の句の切れ味をさらに高めるのに役立ったと言われています。 立花牧童は、研屋彦三郎という通称で呼ばれるほど、研ぎの技術に優れていました。研ぎの技術は、彼に俳諧の句を作る上でも役立ち、切れ味のある句を生み出すのに貢献しました。
文学分野の人

太田巴静:江戸時代中期の俳人

-生涯と経歴- 太田巴静は、1703年(元禄16年)に江戸で生まれた。父は旗本の太田行貞、母は俳諧師の松尾芭蕉の門弟である太田静里だった。幼い頃から俳句に親しみ、10代の頃から句作を始めた。1715年(正徳5年)に芭蕉の門人である服部嵐雪に入門し、俳諧を本格的に学び始める。 1724年(享保9年)に、俳諧師の野々口立圃が創設した俳諧結社「花鳥吟社」に入社し、俳句の腕を磨いていく。1728年(享保13年)に、立圃の推薦で芭蕉の師匠である談林派の俳人・松尾芭蕉の句碑が建てられ、その除幕式に参列する。 1735年(享保20年)に、夫の太田行雄が死去し、巴静は一人息子を引き取り、江戸で暮らすことになる。1741年(寛保元年)に、花鳥吟社の幹事となり、句会の運営に携わる。1744年(寛保4年)に、俳諧師の横井也有が創設した俳諧結社「梨園吟社」に入社し、俳句の交流を深めていく。 1754年(宝暦4年)に、巴静は句集『巴静句集』を出版し、俳人として大きな評価を得る。1759年(宝暦9年)に、俳諧師の井原西鶴が創設した俳諧結社「西鶴吟社」に入社し、俳句の創作活動を続ける。1764年(明和元年)に、花鳥吟社の社中に選ばれ、俳諧師としての地位を確立していく。 1769年(明和6年)に、巴静は息子を亡くし、失意のうちに江戸を離れ、京都に移り住む。1779年(安永8年)に、京都で死去した。享年77。巴静は、女性俳人として活躍し、江戸時代中期の俳壇に大きな影響を与えた。
文学分野の人

太田白雪:江戸時代前期〜中期の俳人

松尾芭蕉の門人 太田白雪は、松尾芭蕉の門人で、俳人として活躍しました。元々は商人でしたが、芭蕉の俳句に触れて俳句に魅了され、門人となりました。芭蕉の指導を受け、俳句の技法を学び、やがて俳人として認められるようになりました。 白雪は、芭蕉の旅に同行することも多く、芭蕉の俳句の創作に影響を与えました。また、白雪は芭蕉の俳句を世に広めるために尽力し、芭蕉の死後も俳諧の普及に貢献しました。 白雪の俳句は、芭蕉の俳句を継承しつつも、独自の特色を持っています。白雪の俳句は、自然を詠んだものが多く、その句風は清澄で軽妙です。また、白雪は和歌にも通じており、和歌の要素を取り入れた俳句を詠むこともありました。 白雪は、芭蕉の門人として、俳諧の普及に貢献しただけでなく、独自の俳句を詠み、俳諧の発展に貢献した俳人です。
文学分野の人

伊藤木児 – 俳諧の世界に君臨した俊才

伊藤木児の生涯と業績 伊藤木児(いとうもくぎ、寛永12年(1635年) - 享保6年1月18日(1721年2月20日))は、享保の俳諧の世界に君臨した俊才です。 伊賀国上野(現在の三重県伊賀市)に生まれ、若くして江戸に出て、武士の家に勤めながら、芭蕉に師事して俳諧を学びます。芭蕉の没後は、その遺志を継いで俳諧の振興に努め、多くの門弟を育てました。 木児の俳風は、芭蕉の「不易流行」を受け継ぎながらも、より洗練された、繊細な叙情性を帯びたものです。彼の句には、自然や人生の機微を鋭く捉えたものが多く、芭蕉の「野ざらし紀行」に匹敵する名作として知られています。 また、木児は俳諧の理論家としても知られ、数多くの俳諧論を著しています。その中でも、最も有名なのが「木児句集」です。この句集には、木児の代表的な句が収められており、その俳論は、後世の俳諧師たちに大きな影響を与えました。 木児は、享保6年(1721年)に、87歳で亡くなりました。彼の死は、俳諧界にとって大きな損失であり、多くの門弟や俳人が深い悲しみを味わいました。 木児の俳諧は、その洗練された美しさや、人生の機微を捉えた鋭さが高く評価されています。彼の句は、今もなお、多くの俳諧師や俳句愛好家に愛され続けています。
文学分野の人

鈴木素雪 – 俳人、書家

-波乱に満ちた生涯- 鈴木素雪は、1719年に江戸で生まれた俳人、書家です。本名は鈴木重行。 素雪は、幼い頃から俳諧を学び、1733年に芭蕉庵を継ぎ、四世芭蕉を襲名しました。しかし、その後、門人との確執や、俳諧に対する評価をめぐる対立などにより、1744年に芭蕉庵を退去しました。 芭蕉庵を退去した後は、各地を放浪し、1752年に摂津(現在の兵庫県)に庵を結びました。そこで、俳諧の指導や、書道の教授を行いながら、晩年を過ごしました。 素雪は、波乱に満ちた生涯を送りましたが、その間、数多くの俳句や書を残しました。 素雪の俳句は、芭蕉の「さび」の精神を受け継ぎながらも、独自の境地を開いたものとして高く評価されています。代表作には、「いなづまや 池の底なる 蛙の子」「ほととぎす きくよりあとの しずけさよ」「若葉して もの思ふ我は あらし哉」などがあります。 また、素雪は、書家としても優れた才能を発揮しました。特に、行草体の書を得意とし、その書は「素雪流」と呼ばれて親しまれています。 素雪は、1790年に摂津(現在の兵庫県)で亡くなりました。享年72。
文学分野の人

瑞泉寺桃化と彼の生涯

「瑞泉寺桃化の生涯と作品」 瑞泉寺桃化(ずいせんじとうか)は、江戸時代中期から後期の禅僧、画家です。瑞泉寺(現・東京都台東区)の住職を務め、江戸で活躍しました。 桃化は、1710年(宝永7年)に江戸で生まれました。19歳の時に瑞泉寺で出家し、潭洞宗秀(たんどうそうしゅう)に師事しました。その後、京都の東福寺で修行し、画を学びました。 桃化は、1751年(宝暦元年)に瑞泉寺の住職に就任しました。江戸で活躍し、多くの弟子を育てました。桃化は、禅僧としてだけでなく、画家としても活躍しました。 桃化の作品は、南画の影響を受け、淡泊で簡素な画風が特徴的です。花鳥画や山水画を得意とし、多くの作品を残しました。 桃化は、1772年(安永元年)に63歳で亡くなりました。江戸時代の禅僧画家として、桃化は重要な存在です。
文学分野の人

伊東不玉- 江戸時代前期の俳人

出羽酒田出身の医師であり俳人 伊東不玉は、江戸時代前期の出羽国酒田(現在の山形県酒田市)出身の医師であり、俳人です。延宝5年(1677年)に生まれ、正徳2年(1712年)、36歳の若さで亡くなりました。医師として開業するかたわら、俳諧を学び、蕉門七俳仙の一人に数えられました。 不玉は、酒田で生まれ育ちました。父親は酒田藩の藩医であり、不玉も医学を学びました。しかし、不玉は医学よりも俳諧に興味があり、やがて俳諧の道に進むようになりました。 不玉は、芭蕉の弟子である北村季吟に師事し、俳諧を学びました。季吟から、「俳諧は風雅の道である」と教えられ、俳諧の持つ風雅な世界に魅了されました。不玉は、俳諧を詠むだけでなく、俳諧論も著しました。その中で、俳諧は「風雅の道」であり、「自然の美しさや人生の機微を詠むもの」であると説いています。 不玉は、俳人としてだけでなく、医師としても活躍しました。酒田で開業し、多くの人々の命を救いました。不玉は、俳諧と医学を両立させ、生涯、人々に尽くしました。 不玉は、36歳の若さで亡くなりましたが、その死後もその名が伝えられました。不玉の俳句は、その風雅な世界観と人生の機微を詠んだ内容で、多くの人々に愛されました。不玉は、江戸時代前期を代表する俳人の一人であり、その作品は現在もなお読み継がれています。
文学分野の人

加賀千代-江戸時代中期の俳人

-加賀千代の生涯- 加賀千代(1703-1775年)は、江戸時代中期の俳人で、加賀藩(現在の石川県)出身です。幼少期から俳諧に親しみ、14歳の時に江戸に出て俳諧師として活躍しました。 元禄16年(1703年)に金沢に生まれた千代は、幼い頃から俳諧に親しみ、13歳の時に江戸に出て、芭蕉に師事しました。千代は芭蕉に才能を認められ、その直弟子として芭蕉の死後も俳諧を続けました。 享保5年(1720年)に、千代は加賀藩に帰国し、加賀藩の俳人として活躍しました。千代は、俳諧の普及に努め、多くの弟子を育てました。また、千代は、俳諧の理論書である「千代の句集」を著しました。 宝暦5年(1755年)に、千代は江戸に戻り、芭蕉の弟子である各務支考(かがみ・しこう)らと交友しました。千代は、江戸で俳諧の普及に努め、多くの弟子を育てました。 安永4年(1775年)に、千代は江戸で亡くなりました。千代は、芭蕉の直弟子として俳諧の発展に貢献した俳人として知られています。 千代の俳諧は、芭蕉の俳諧を継承したもので、自然をありのままに表現することを目指しました。千代の俳諧は、庶民の生活や感情を詠んだものが多く、人々に親しまれました。 千代は、俳諧の発展に大きく貢献した俳人として知られています。千代の俳諧は、芭蕉の俳諧を継承したもので、自然をありのままに表現することを目指しました。千代の俳諧は、庶民の生活や感情を詠んだものが多く、人々に親しまれました。
歴史上の人物

「生駒万子」

-生駒万子とは- 生駒万子は、1962年3月14日に愛知県名古屋市で生まれた日本のフリーアナウンサー、タレント、女優、ラジオパーソナリティ、司会者、ナレーターである。現在、名古屋テレビ放送(メ~テレ)に所属している。 生駒万子は、名古屋市内の女子高校を卒業後、1980年に名古屋テレビ放送にアナウンサーとして入社した。その後、1985年にフリーアナウンサーとして独立し、テレビやラジオを中心に活躍している。 生駒万子は、明るくさわやかなキャラクターと、幅広い番組をこなすことができるアナウンサーとして人気がある。また、女優やタレントとしても活躍しており、ドラマや映画、CMなどに出演している。 生駒万子は、2001年に結婚し、現在は2人の子供を育てている。
文学分野の人

– 安川落梧(1652-1691

- 安川落梧の生涯 安川落梧は、1652年に京都に生まれ、2391年に江戸で亡くなった俳諧師です。蕉門十哲の一人で、芭蕉の最も親しい弟子の一人でした。 落梧は、幼い頃から俳諧に興味を持ち、十代の頃にはすでに句会に出席していました。1675年に蕉門に入門し、芭蕉の指導を受けながら俳諧の腕を磨き上げました。1680年には、芭蕉とともに奥州・東北地方へ旅に出かけ、この旅を題材にした紀行文『奥の細道』を執筆しました。『奥の細道』は、俳諧史上に残る名作であり、落梧の俳諧に対する深い理解と洞察力がうかがえる作品です。 芭蕉の死後、落梧は江戸に居を移し、俳諧の指導者として活躍しました。多くの弟子を育て、蕉風の俳諧を普及させました。落梧は、1691年に39歳で亡くなりましたが、その死は俳諧界に大きな衝撃を与えました。 落梧は、芭蕉の最も親しい弟子の一人であり、蕉風の俳諧を普及させるのに大きな役割を果たしました。落梧の句は、芭蕉の句に比べて叙景性や抒情性が強いのが特徴です。また、落梧は俳諧の理論にも詳しく、俳論書『落梧句集』を執筆しました。この句集は、蕉風の俳諧を理解する上で重要な資料となっています。 落梧は、蕉門十哲の一人であり、その功績は大きく、彼の作品は俳句史に大きな影響を与えました。
文学分野の人

「大谷六枳」

大谷六枳の生涯 大谷六枳(1622-1685)は、江戸時代の蘭学者、医論家、歌人です。江戸に生まれ、若くから儒学を学びました。16歳で江戸を離れ、京都、大阪、長崎などで医学と蘭学を学びました。1644年に江戸に戻り、医業を営みながら蘭学の研究を続けました。1660年には、オランダ商館に勤務し、同訳官としてオランダ語を学びました。1664年には、阿蘭陀通詞に任命され、オランダ商館との交渉を担当しました。 六枳は、蘭学の研究を通じて、西洋の医学や文化を日本に紹介しました。また、多くの医学書を著し、日本の医学の発展に貢献しました。六枳の代表作である「大谷六枳集」は、江戸時代の医学書の中で最も重要なものの1つであり、今でも医学史の研究に利用されています。 六枳は、また、歌人としても知られています。六枳の和歌は、幽玄で清澄な作風で、江戸中期の和歌壇に大きな影響を与えました。六枳の和歌集である「六枳集」は、日本の和歌史の中で重要な作品の一つとされています。 六枳は、生涯を通じて、医学と蘭学の研究に努め、日本の医学と文化の発展に貢献しました。六枳は、江戸時代を代表する学者であり、その功績は今もなお高く評価されています。
文学分野の人

「各務東羽」

各務東羽の生涯 各務東羽(かがみとうう、1904年12月25日-1957年4月16日)は、日本の柔道家であり、全日本柔道連盟の初代会長を務めた。 各務は、1904年12月25日に、愛知県名古屋市に生まれた。幼少期から柔道に親しみ、1924年に早稲田大学に入学すると、柔道部に所属して活躍した。1928年には、全日本柔道選手権大会で優勝し、1930年には、世界柔道選手権大会で優勝した。 1932年、各務は、全日本柔道連盟の初代会長に就任した。そして、柔道の普及と発展に尽力した。1936年には、柔道がオリンピックの正式種目となり、各務は、柔道競技の監督としてオリンピックに参加した。 第二次世界大戦後、各務は、柔道の再建に取り組んだ。1948年には、全日本柔道連盟の会長に再任され、1952年には、柔道がオリンピックの正式種目として復活するのを支援した。 各務は、1957年4月16日に、52歳の若さで亡くなった。しかし、彼の柔道への功績は今もなお語り継がれている。
歴史上の人物

「近松茂矩」

-近松茂矩の生涯- 近松茂矩(ちかまつ もちひろ、1743年(寛保3年) - 没年不明)は、江戸時代中期の浮世絵師。 近松茂矩は、1743年(寛保3年)に江戸で生まれた。姓は近松、名は茂矩。字は孟喬、号は柳園、東川、また通称は茂七、吉蔵ともいう。 近松茂矩は、浮世絵師として活躍した。彼の作品は、主に美人画で、その画風は細川周防守政春、鳥文斎栄之の影響を受けており、鳥居清長の画風にも影響を与えた。 近松茂矩は、1764年(明和元年)に「東海道五拾三次之内 鞠子」という作品を発表し、一躍有名になった。その後、彼は多くの作品を発表し、浮世絵界で活躍した。 近松茂矩の没年は不明だが、1785年(天明5年)以降は彼の作品が確認されていない。 近松茂矩は、浮世絵師として活躍しただけでなく、俳諧師としても活躍した。彼は、俳諧の師匠である篠原保徳について俳諧を学び、多くの俳句を残した。 近松茂矩は、浮世絵師として、俳諧師として、江戸時代中期の文化に貢献した。
文学分野の人

伊吹東恕 – 江戸時代中期の俳人

-伊吹東恕の生涯と経歴- 伊吹東恕(いぶき とうじょ)は、江戸時代中期の俳人です。1633年(寛永10年)に、京都に生まれました。本名は、大森善兵衛といい、号は、柳里、東恕庵と称しました。 東恕は、若くして俳諧を好み、松尾芭蕉に師事しました。芭蕉の没後は、芭蕉の俳風を受け継ぎ、蕉門中興の祖と称されました。 1667年(寛文7年)には、蕉門の俳人たちが集まった「木曽路の旅」に参加し、その旅の様子を「笈の小文」としてまとめました。この「笈の小文」は、芭蕉の「奥の細道」と並んで、蕉門の代表的な紀行文学として知られています。 1690年(元禄3年)には、東恕は江戸に居を移しました。そして、蕉門の俳人たちの交流の場として「東恕庵」を開きました。東恕庵は、多くの俳人が集まるサロンとなり、蕉門の発展に大きく貢献しました。 1708年(宝永5年)、東恕は江戸で没しました。享年76歳でした。東恕は、蕉門中興の祖として、多くの俳人に尊敬されました。 東恕は、俳諧を「風雅の道」として捉え、俳諧の精神性を重視しました。東恕の俳諧には、自然を愛し、人生を肯定する姿勢が表れています。東恕の俳諧は、多くの人々に愛され、現在でも読み継がれています。
文学分野の人

和田希因 – 江戸時代中期の俳人 – 生涯と作品

江戸時代中期の俳人,和田希因とは 和田希因は、江戸時代中期の俳人です。安永3年(1774年)に、摂津国(現在の大阪府)に生まれました。本名は和田重兵衛といい、字は伯雅、通称は重兵衛、号は希因でした。 希因は、若くして俳諧を学び、宝暦13年(1763年)に江戸に出て、芭蕉庵を訪れました。その後、芭蕉の弟子である各務支考に師事し、俳諧の道を極めました。 希因は、明和3年(1766年)に『卯辰集』を出版し、俳壇にデビューしました。この作品集は、芭蕉の『おくのほそ道』を模したもので、希因の俳諧の才能を高く評価されました。 希因は、その後も多くの作品集を出版し、俳壇の第一人者として活躍しました。また、俳諧の理論書である『俳諧源流考』を著し、俳諧の普及に努めました。 希因は、文化10年(1813年)に60歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在でも高く評価されており、日本を代表する俳人の一人として数えられています。
文学分野の人

「渡辺雲裡坊」(1693-1761)

各務支考の門下で活躍した俳人 各務支考は、尾張藩の儒学者です。1693年に水戸で生まれ、1761年に京都で亡くなりました。支考は、江戸時代の俳諧を代表する人物の一人であり、松尾芭蕉の門下で活躍しました。支考は、芭蕉の死後、蕉風俳諧を盛んに活動させ、その門下からも多くの俳人が輩出しました。 渡辺雲裡坊は、各務支考の門下で活躍した俳人の一人です。1693年に奥州白河で生まれ、1761年に江戸で亡くなりました。雲裡坊は、支考の門下で芭蕉の蕉風俳諧を学び、支考の死後は、その門下をまとめました。雲裡坊は、蕉風俳諧を復興させ、その発展に貢献した俳人として知られています。 雲裡坊の俳風は、芭蕉の蕉風俳諧を忠実に守ったもので、さび・しをり・かすかという三つの要素を大切にしました。雲裡坊は、これらの要素を活かした句を多く残しており、その代表句として「山寺の杉にまれ日の射す枯野哉」があります。この句は、山寺の杉に冬の日の光が差している情景を描いた句で、さび・しをり・かすかの三つの要素がうまく表現されています。 雲裡坊は、蕉風俳諧を復興させ、その発展に貢献した俳人として知られています。雲裡坊の俳風は、芭蕉の蕉風俳諧を忠実に守ったもので、さび・しをり・かすかの三つの要素を大切にしました。雲裡坊は、これらの要素を活かした句を多く残しており、その代表句として「山寺の杉にまれ日の射す枯野哉」があります。