吉住小三郎

音楽分野の人

日吉小三八:大正から平成にかけて活躍した長唄唄方

-日吉小三八の経歴と業績- 日吉小三八は、1899年(明治32年)3月11日に東京府麹町区元園町(現在の東京都千代田区麹町)に生まれた。本名は、須貝末吉。父は、常磐津節の師匠である須貝小三味。母は、常磐津節の師匠である須貝小三寿。 小三八は、幼い頃から父や母から長唄を学び、1912年(大正元年)に13歳で長唄の演奏会に初出演した。1917年(大正6年)に18歳で長唄の師匠である杵屋小三八に入門し、1920年(大正9年)に21歳で杵屋小三八の名を襲名した。 小三八は、1923年(大正12年)に24歳で日本コロムビアに「長唄 勧進帳」を吹き込み、レコードデビューを果たした。1926年(昭和元年)に27歳で長唄の演奏会で「長唄 京鹿子娘五人道成寺」を初演し、大好評を得た。1928年(昭和3年)に29歳で長唄の演奏会で「長唄 戻駕色相肩」を初演し、こちらも大好評を得た。 小三八は、その後も数々の長唄の名曲を演奏し、長唄界の第一人者として活躍した。1936年(昭和11年)に37歳で日本コロムビアに「長唄 戻駕色相肩」を吹き込み、レコード大賞を受賞した。1950年(昭和25年)に51歳で長唄の演奏会で「長唄 小鍛冶」を初演し、大好評を得た。1954年(昭和29年)に55歳で長唄の演奏会で「長唄 道成寺」を初演し、こちらも大好評を得た。 小三八は、1980年(昭和55年)に81歳で死去した。しかし、小三八の演奏した長唄の名曲は、今もなお多くの人々に愛されている。
芸能分野の人

芳村伊十郎(3代)について

-芳村伊十郎(3代)の生涯- 芳村伊十郎(3代)は、1890年(明治23年)に初代芳村伊十郎の長男として生まれた。本名は芳村伊一郎。幼い頃から父について歌舞伎を学び、1903年(明治36年)に4代目市川小團次の門下に入り、市川小團次 (2代目)を襲名した。 1911年(明治44年)、20歳の時に歌舞伎座で初舞台を踏む。その後、1919年(大正8年)に父が亡くなり、芳村伊十郎(3代)を襲名した。 芳村伊十郎(3代)は、初代伊十郎の芸を継承し、立役、敵役、女形など、幅広い役柄を演じた。特に、荒事を得意とし、「勧進帳」の弁慶、「助六」の花川戸助六、「髪結新三」の与三郎などの役で高い評価を得た。 また、芳村伊十郎(3代)は、歌舞伎の伝統を重んじる一方で、新しい演劇にも積極的に取り組んだ。1931年(昭和6年)には、新しい歌舞伎の創造を目指す劇団「前進座」を結成し、その座頭として活躍した。 芳村伊十郎(3代)は、1966年(昭和41年)に75歳で亡くなった。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。芳村伊十郎(3代)は、初代伊十郎の芸を継承し、新しい歌舞伎の創造にも尽力した、偉大な歌舞伎俳優であった。
音楽分野の人

岡安喜三郎(3代) – 江戸後期-明治時代の長唄唄方

天保11年の「勧進帳」初演で大活躍 岡安喜三郎(3代)は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した長唄唄方です。天保11年(1840年)に初演された歌舞伎の演目「勧進帳」で、弁慶の「勧進帳の段」を唄い、一躍人気者となりました。 「勧進帳」は、平家が源氏に追われて逃亡する途中、義経一行が奥州平泉に向かうために、関所の通過証である勧進帳を手に入れるために、弁慶が義経に化けて関所を通過する物語です。勧進帳の段は、弁慶が関所の番人に勧進帳を読み上げる場面で、岡安喜三郎(3代)は、この場面を熱演し、観客を魅了しました。 岡安喜三郎(3代)の唄は、力強く、張りのある声で、弁慶の豪胆さと義経の優しさを同時に表現していました。また、岡安喜三郎(3代)は、表情豊かに唄い、弁慶の心情を細やかに表現していました。岡安喜三郎(3代)の唄は、 観客の心を捉え、勧進帳は大ヒットとなり、岡安喜三郎(3代)は、名声を確立しました。 岡安喜三郎(3代)は、その後も活躍を続け、明治維新後も、東京の歌舞伎座で唄い続けました。岡安喜三郎(3代)は、明治20年(1887年)に亡くなりましたが、その唄は今もなお、人々に愛されています。
歴史上の人物

「吉住慈恭」

-吉住小三郎(よしずみ-こさぶろう)(4代)の生涯- 吉住小三郎(4代)は、江戸時代前期の武士であり、吉住藩(現在の北海道別海町)の第4代藩主です。 彼は、寛永2年(1625年)に江戸で生まれました。父は吉住藩の第3代藩主・吉住政介、母は正室の津軽為信(津軽氏24代当主)の娘・津軽信政です。 小三郎は、幼い頃から武術を学び、16歳で元服して小三郎を名乗りました。寛永15年(1638年)に父・政介が死去すると、小三郎が藩主を継ぎました。 小三郎は、藩政改革に着手し、藩内の治安を強化し、産業振興を図りました。また、領内の開拓を進め、新田開発や鉱山開発に努めました。 小三郎は、明暦3年(1657年)に江戸で死去しました。享年33歳でした。 小三郎は、藩政において数々の功績を残し、吉住藩の発展に貢献しました。彼の死後、藩主は弟の吉住輝房が継ぎました。
音楽分野の人

「吉住小三郎(3代)」

-吉住小三郎(3代)の生涯- 吉住小三郎(3代)は、1898年(明治31年)に京都市に生まれました。父は2代吉住小三郎、母は芸妓の錦でした。小三郎は幼い頃から相撲が大好きで、10歳の頃には地元の相撲大会で優勝するほどの実力を持っていました。 1915年(大正4年)、小三郎は17歳で横綱・常陸山谷右エ門の弟子となり、角界入りを果たします。四股名は、師匠の常陸山から一字を拝借して「常ノ花」と名乗りました。 常ノ花は、1918年(大正7年)に新入幕を果たし、その後も順調に出世していきます。1922年(大正11年)には大関に昇進し、1928年(昭和3年)には念願の横綱に昇進しました。 横綱昇進後は、双葉山定次、玉錦三右エ門、常ノ花、武蔵山武らとともに「昭和の大横綱」と呼ばれ、相撲界を牽引しました。常ノ花は、1934年(昭和9年)に引退するまで、横綱在位13場所、幕内通算成績86勝33敗10分という輝かしい成績を残しました。 引退後は、年寄・吉住を襲名して相撲界に残りました。1952年(昭和27年)には、日本相撲協会の理事長に就任し、1967年(昭和42年)まで務めました。理事長在任中は、相撲界の近代化に尽力し、相撲人気の大幅な向上に貢献しました。 1974年(昭和49年)、常ノ花は76歳で亡くなりました。常ノ花は、その功績を称えられ、1982年(昭和57年)に大相撲の最高位である横綱に推挙されました。 常ノ花は、相撲界の発展に大きく貢献した偉大な横綱であり、日本の伝統文化を世界に発信した功績は、今もなお語り継がれています。