吉川英治文学新人賞

作家

伊東潤 – 歴史小説界の巨匠

-伊東潤 - 歴史小説界の巨匠- -作家としての軌跡 - 会社員から作家へ- 伊東潤は、1948年、東京都生まれの歴史小説家です。一橋大学経済学部卒業後、株式会社リクルートに入社。営業マンとして活躍しながら、小説を書き続けました。1980年、処女作『風の王国』が第2回歴史群像大賞の優秀作に選ばれ、デビューします。その後、執筆活動を本格化し、1987年に『壬生の恋歌』が直木賞を受賞しました。1992年には『風の果て』で吉川英治文学賞を受賞し、歴史小説界の巨匠としての地位を確立しました。 伊東潤の作品は、史実に基づきながらも、斬新な視点と大胆な解釈で描かれています。また、人物描写に優れ、読者を引き込む物語を展開するのが特徴です。『壬生の恋歌』は、新選組の志士・近藤勇と妻・お雪の愛と悲劇を描いた作品で、多くの人に愛されています。『風の果て』は、大航海時代のポルトガル人宣教師・フランシスコ・ザビエルの生涯を描いた作品で、歴史小説の枠を超えた感動を呼び起こしました。 伊東潤は、作家として活躍する傍ら、大学客員教授や講演会などにも積極的に参加しています。また、2001年には、文化庁長官賞を受賞し、その功績を称えられました。 伊東潤は、歴史小説界の巨匠として、現在も精力的に執筆活動を続けています。彼の作品は、多くの読者に愛され、日本の歴史を学ぶ上でも貴重な資料となっています。
作家

作家の田中光二はどのような人物だったのか?小説家としての足跡

-田中光二の生い立ちと入社- 田中光二は、1901年(明治34年)10月27日、石川県小松市で生まれた。父は小学校の教師、母は農家の娘であった。田中は、幼い頃から本を読むことが好きで、小学校を卒業後は、小松商業学校に進学した。しかし、商業学校を中退し、石川県庁に就職した。 石川県庁に勤務しながら、田中は小説を書き始めた。1923年(大正12年)には、処女作「雪国」を発表した。「雪国」は、石川県を舞台にした小説で、田中独自の文体で描かれた。この作品は、文壇で注目を集め、田中は作家としての道を歩み始めた。 1925年(大正14年)、田中は石川県庁を退職し、上京した。上京後は、文芸誌「新潮」の記者となった。記者として働きながら、田中は小説を書き続けた。1927年(昭和2年)には、第二作「田園」を発表した。「田園」は、石川県の農村を舞台にした小説で、田中の代表作の一つとなっている。 1931年(昭和6年)、田中は「新潮」を退職し、専業作家となった。専業作家となってからは、小説以外にも、評論や随筆などを執筆した。1935年(昭和10年)には、芥川賞を受賞した。芥川賞受賞後は、田中はますます作家として活躍し、多くの作品を発表した。
作家

垣根涼介 – 平成時代の小説家

垣根涼介という人物像 垣根涼介は、1958年生まれの日本の小説家である。大阪府出身で、同志社大学文学部を卒業後、広告代理店に勤務した。1997年に『殺戮にいたる病』でデビューし、2000年に『沈黙の艦隊』で直木賞を受賞した。その後も『ドラゴンフライ』、『アリアドネの弾丸』、『ジェノサイド』など、多くのヒット作を生み出している。 垣根涼介の作品は、緻密な取材と構成で知られている。また、政治や経済、科学などのハードなテーマを扱った作品が多く、社会派小説家としても知られている。しかし、作品の中には『桜庭一樹のメゾン・ド・ポリス』『ベルリンは晴れているか?』など、ユーモラスなテイストの作品もある。 垣根涼介は、幅広いジャンルの作品を発表しているため、多くの読者から支持されている。また、その作品は映画やテレビドラマ化されることも多く、国民的な作家として親しまれている。 垣根涼介は、2021年に63歳で逝去した。しかし、その作品は今もなお多くの人々に愛され続けている。
作家

– 船戸与一

-大見出し 船戸与一- 船戸与一は、日本の作家、ジャーナリストである。1954年、北海道函館市生まれ。中央大学中退後、ルポルタージュライターとして活動。1986年、初の冒険小説『オペレーション・マリンスノウ』を発表。以来、数多くの冒険小説を執筆し、人気作家となる。 -小見出し ルポルタージュの経験を生かした冒険小説が人気- 船戸与一の冒険小説は、ルポルタージュの経験を生かしたリアリティが特徴である。船戸は、ルポライターとして世界各地を飛び回り、様々な事件や事故を目撃してきた。その経験を活かして、冒険小説には、リアルな描写と緊迫感あふれるストーリー展開が持ち味となっている。 船戸の冒険小説は、国際社会の闇や戦争の悲惨さを描いた作品が多い。また、環境問題や動物保護をテーマにした作品も少なくない。船戸は、ジャーナリストとしての視点から、社会問題や環境問題を鋭くえぐり出す。そして、読者に問題意識を呼び起こすような作品を執筆している。 船戸の冒険小説は、国内外で高い評価を得ている。彼の作品は、数多くの言語に翻訳され、世界中で読まれている。また、彼の作品は、映画やテレビドラマにもなっている。 船戸与一は、ルポルタージュの経験を生かした冒険小説で、読者を楽しませると同時に、社会問題や環境問題について考えさせる作品を執筆している。彼の作品は、国内外で高く評価されており、今後も多くの読者に愛され続けることだろう。
作家

「福井晴敏」-平成時代の小説家

-# 福井晴敏のプロフィールと経歴 福井晴敏は、日本の小説家、SF作家、評論家である。1958年3月23日、東京都に生まれる。早稲田大学第一文学部社会学科を卒業後、ホテルマン、コピーライターなどを経て、1987年に作家デビュー。 1989年に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』で第2回日本SF大賞を受賞。1993年には『鉄腕バーディー』で第37回星雲賞を受賞。1996年には『最終警告トリガー』で第4回日本SF大賞を受賞。1998年には『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』で第23回星雲賞を受賞。2003年には『新世紀エヴァンゲリオン』で第37回星雲賞を受賞。2006年には『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』で第10回日本SF大賞を受賞。2010年には『無限のリヴァイアス』で第7回日本SF大賞を受賞。2013年には『アルドノア・ゼロ』で第11回日本SF大賞を受賞。 福井晴敏の作品は、SFやアニメ、軍事などを題材としたものが多く、緻密な世界観と骨太なストーリーが特徴である。また、評論家としても活躍しており、アニメや戦争などに関する評論を発表している。 福井晴敏は、平成時代を代表する小説家であり、SF作家である。その作品は、多くの読者に愛されており、今後もその活躍が期待されている。
作家

宮部みゆき:多才な小説家の魅力と功績

-多才な小説家- 宮部みゆきは、現代日本を代表する小説家の一人である。その小説は、ミステリー、恋愛、ヒューマン、時代小説など、幅広いジャンルにわたっている。また、児童文学やエッセイも執筆しており、その多才ぶりは枚挙にいとまがない。 宮部みゆきは、1960年東京都生まれ。中央大学法学部卒業後、証券会社に勤務する。1987年、「我らが隣人の犯罪」で第3回鮎川哲也賞を受賞し、小説家としてデビューした。その後、「火車」「模倣犯」「ブレイブストーリー」「スナーク狩り」「DIVE!!」などの作品を発表し、いずれもベストセラーとなった。 宮部みゆきの小説の魅力の一つは、その巧みなストーリーテリングである。彼女は、読者を飽きさせない展開と意外な結末で読者を魅了する。また、その作品には、社会問題や人間の葛藤など、現代社会の様々な問題が描かれており、読者に考えさせるものがある。 宮部みゆきの小説は、国内外で高く評価されており、数々の賞を受賞している。1999年、「火車」で第11回山本周五郎賞を受賞し、2001年、「模倣犯」で第126回直木三十五賞を受賞した。また、2003年、「ブレイブストーリー」で第43回日本児童文学者協会賞を受賞している。 宮部みゆきは、多才な小説家として、現代日本文学に大きな足跡を残した。その作品は、これからも多くの人々に愛され続けることだろう。
作家

椎名誠 – 多才な才能を持つ昭和-平成の小説家

- 「本の雑誌」創刊と編集 椎名誠は、1982年に「本の雑誌」を創刊し、編集長を務めた。「本の雑誌」は、文学、サブカルチャー、社会問題など、幅広いジャンルの本を紹介する雑誌で、当時としては画期的な存在だった。椎名は、「本の雑誌」の編集を通じて、多くの作家や編集者と交流し、日本の出版界の発展に貢献した。椎名は、また、「本の雑誌」の編集を通じて、社会問題や環境問題にも積極的に取り組み、評論家や活動家としても活躍した。 「本の雑誌」は、1982年4月に創刊され、当初は季刊誌として発行されていた。しかし、創刊からわずか3カ月後には月刊誌化され、発行部数は1万部を超えた。椎名は、「本の雑誌」の編集長として、自らが気に入った本を積極的に紹介し、また、新進気鋭の作家や編集者の作品も積極的に掲載した。 椎名は、「本の雑誌」の編集を通して、出版業界のあり方や、文学の在り方についても、積極的に発言した。椎名は、出版業界が閉鎖的で、新人がなかなか活躍できない状況を批判し、また、文学が「純文学」と「大衆文学」に分断されている状況についても、批判した。椎名は、「本の雑誌」の編集を通して、日本の出版界や文学界に大きな影響を与えた。 「本の雑誌」は、創刊から30年以上が経過した現在でも、多くの読者に愛されている雑誌である。椎名は、「本の雑誌」の編集を通して、日本の出版界や文学界の発展に大きな貢献をしたと言えるだろう。
作家

– 中島梓 (1953-2009)

-# 中島梓の生涯 中島梓は、1953年1月26日に東京都に生まれた。父は哲学者の中島義道、母は随筆家の中島かほるである。 中島は、幼少期から文学や哲学に興味を持ち、高校卒業後には東京大学文学部に入学した。大学在学中は、哲学を専攻し、卒業後は同大学院に進学した。 大学院在学中に、中島は「現代哲学における言語の役割」という論文で博士号を取得した。その後は、大学で教鞭を執るかたわら、執筆活動にも取り組んだ。 中島は、哲学や文学の分野で多くの著作を残した。彼女の作品は、明晰な文体と鋭い洞察力が高い評価を受けた。 中島は、2009年4月13日に56歳で亡くなった。死因は、肺がんだった。 中島は、生前に多くの著作を残したが、死後もその作品は読み継がれている。彼女の作品は、現代の思想や文化に大きな影響を与えている。 -# 中島梓の主な著作 * 『現代哲学における言語の役割』(1985年) * 『存在と意味』(1990年) * 『言語の哲学』(1995年) * 『文学の哲学』(2000年) * 『思想の冒険』(2005年) * 『哲学の贈り物』(2009年)
作家

馳星周:日本のミステリー作家

-作家驰星周の軌跡- 馳星周は、1978年生まれの日本のミステリー作家です。東京都出身で、東京大学法学部を卒業しています。在学中は、ミステリー研究会に所属し、そこで執筆活動を始めました。 大学卒業後は、出版社に就職しましたが、2006年に作家デビューを果たしました。デビュー作は、『殺戮にいたる病』です。この作品は、2007年に映画化され、話題となりました。 馳星周は、その後も精力的に執筆活動を続けており、多くの作品を発表しています。代表作には、『沈黙の臓器』『漂流教室』『爆弾』などがあります。 馳星周の作品は、社会問題や人間の本性を題材にしたものが多く、その鋭い洞察力と巧みな文章力で高い評価を得ています。また、馳星周の作品は、映画化やドラマ化されることも多く、幅広い層に親しまれています。 馳星周は、2016年に直木賞を受賞しました。これは、日本のミステリー作家にとって最も権威のある賞であり、馳星周の功績を称えるものです。 馳星周は、現在も作家として活躍を続けており、新作を期待する声は高まっています。
作家

「南原幹雄」

-# 南原幹雄の生い立ちと経歴 南原幹雄は、1950年1月22日に東京都墨田区で生まれた。父親は南原繁、母親は南原静江。繁は中央大学法学部卒業後、大蔵省に入省し、主計局長、財務事務次官などを歴任した。静江は東京女子大学卒業後、日本興業銀行に入行し、取締役を務めた。 幹雄は、中央大学附属高校、中央大学経済学部を卒業後、1972年に日本興業銀行に入行した。同期入行に、後に経済産業大臣となる小此木八郎がいる。幹雄は、ロンドン支店、本店営業第一部長、本店営業第二部長などを歴任し、1999年には取締役、2002年には常務取締役、2004年には専務取締役となった。 2005年、幹雄は日本興業銀行と第一勧業銀行の合併により誕生したみずほ銀行の副頭取となった。2008年、頭取に昇格し、2011年まで務めた。 2012年から2015年まで、幹雄は経済産業大臣を務めた。在任中には、東日本大震災からの復興、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉、原発再稼働などに取り組んだ。 2015年以降、幹雄は日本経済新聞社特別顧問、一般財団法人産業遺産国民会議理事長、一般財団法人日中関係発展研究センター理事長などを務めている。 また、2018年には、日本経団連の会長に就任した。
作家

小杉健治:法廷ミステリーの巨匠

プログラマーから作家への転身 小杉健治は、法廷ミステリーの巨匠として知られる作家である。しかし、彼が作家になる前は、コンピュータプログラマーとして働いていた。 小杉健治は、1949年に東京都に生まれた。大学卒業後、コンピュータメーカーに就職し、プログラマーとして働いた。プログラマーとして働いていた当時、小杉健治は、法廷ミステリー小説を読み耽っていた。法廷ミステリー小説の緻密なストーリー展開と、謎解きの面白さに魅了された小杉健治は、いつか自分も法廷ミステリー小説を書いてみたいと思うようになった。 小杉健治は、プログラマーとして働きながら、法廷ミステリー小説の執筆を始めた。そして、1988年に、処女作である「検察官の証明」を出版した。「検察官の証明」は、法廷ミステリー小説として高い評価を受け、小杉健治は、作家としての地位を確立した。 小杉健治は、その後も、法廷ミステリー小説を書き続け、多くのヒット作を生み出した。彼の作品は、緻密なストーリー展開と、謎解きの面白さが特徴で、多くの読者を魅了している。 小杉健治は、法廷ミステリーの巨匠として、その名を馳せている。しかし、彼が、プログラマーから作家に転身したという経歴は、あまり知られていない。プログラマーとして働いていた経験が、彼の法廷ミステリー小説の執筆に生かされていることは間違いないだろう。
作家

– 「花村萬月」

-小説家・花村萬月の生涯- 花村萬月(1944年1月20日 - )は、日本の小説家。本名、早野勝次。愛媛県大洲市(現・伊予市)生まれ。東京大学法学部卒業。1979年、『季節の記憶』で野間文芸新人賞を受賞。1982年、『夏姫春秋』で芥川龍之介賞を受賞。 -生い立ち- 1944年1月20日、愛媛県大洲市(現・伊予市)に生まれる。父は教師、母は郵便局員。4人兄弟の長男。 1949年、大洲市立出石小学校に入学。1955年、大洲市立大洲中学校に入学。1960年、愛媛県立大洲高等学校に入学。在学中は剣道部に所属。 1962年、東京大学法学部に入学。在学中は、同級生の村上春樹や星新一と親交を深める。 1966年、東京大学法学部を卒業。広告会社に就職。 -作家デビュー- 1979年、『季節の記憶』で野間文芸新人賞を受賞。作家デビューを果たす。 1982年、『夏姫春秋』で芥川龍之介賞を受賞。同作は、戦国時代の女性剣豪、真田幸村の妹、松姫を主人公とした歴史小説である。 -代表作- 花村萬月の代表作には、以下のようなものがある。 * 『季節の記憶』(1979年) * 『夏姫春秋』(1982年) * 『伝説の歌姫』(1989年) * 『竹山荘主人』(1994年) * 『小説東海地震』(2004年) * 『小説太平洋戦争』(2008年) -文学賞- 花村萬月は、芥川龍之介賞のほか、以下のような文学賞を受賞している。 * 野間文芸新人賞(1979年) * 泉鏡花文学賞(1989年) * 吉川英治文学賞(1994年) * 司馬遼太郎記念賞(2004年) * 山本周五郎賞(2008年) -現在- 花村萬月は、現在も精力的に執筆活動を続けている。近著には、以下のようなものがある。 * 『小説太平洋戦争』(2008年) * 『花村萬月の日本文学講座』(2012年) * 『小説大奥』(2015年) 花村萬月は、日本の文壇を代表する作家の一人である。その作品は、歴史小説、時代小説、ミステリーなど、幅広いジャンルにわたる。また、評論家、エッセイストとしても活躍している。
作家

佐藤多佳子→ 昭和・平成時代の小説家

サマータイムで作家デビュー 佐藤多佳子は1929年7月29日、東京都に生まれた。獨協高等学校を卒業後、日本大学文学部に進学した。大学在学中に、小説「サマータイム」が同人誌「早稲田文学」に掲載され、作家デビューを果たした。 「サマータイム」は、女子大生である主人公が、夏休みに田舎に帰省し、そこで出会った青年と恋に落ちる物語である。この作品は、瑞々しい感性とみずみずしい文体が評価され、大きな反響を呼んだ。 佐藤多佳子は、「サマータイム」で作家デビューを果たした後も、精力的に執筆活動を続けた。1956年に発表した「花はなが咲く」は、直木賞を受賞し、一躍有名作家となった。この作品は、女子大生である主人公が、就職活動や恋愛に悩みながらも、たくましく生きていく姿を描いたものである。 佐藤多佳子は、その後も「愛の讃歌」「人生の曲がり角」「風の歌を聴け」など、数々の名作を発表した。彼女の作品は、常に時代の空気感を反映しており、多くの人々に共感を得た。 佐藤多佳子は、2008年7月29日、神奈川県横浜市の自宅で亡くなった。享年79歳であった。
作家

「帚木蓬生」

帚木蓬生の生い立ちと経歴 帚木蓬生は、1922年(大正11年)に愛知県名古屋市に生まれました。 1940年に名古屋市立工業学校を卒業後、1941年に東京帝国大学工学部機械工学科に入学しました。 しかし、1943年に学徒出陣により海軍に徴用され、1945年に復員するまで軍隊生活を送りました。 1946年に東京大学に復学し、1948年に卒業しました。 卒業後は、東京大学工学部助手として勤務する傍ら、小説を執筆し始めました。 1956年に「むらぎも」で芥川賞を受賞し、作家としてデビューしました。 1964年に「二十歳の原点」で毎日芸術賞を受賞し、1968年に「一絃の琴」で谷崎潤一郎賞を受賞しました。 1980年に「破船」で野間文芸賞を受賞し、1988年に「一夜」で読売文学賞を受賞しました。 1990年に日本芸術院会員に選ばれ、1992年に文化勲章を受章しました。 帚木蓬生は、2003年(平成15年)に81歳で亡くなりました。
作家

「澤田ふじ子」

-「澤田ふじ子」- -昭和後期-平成時代の小説家- 澤田ふじ子は、1939年に熊本県で生まれた日本の小説家です。東京女子大学を卒業後、小説家を目指して執筆活動を続け、1973年に「菜の花の沖」で直木賞を受賞しました。 澤田ふじ子の小説は、庶民の生活や女性の生き方をテーマとしたものが多く、そのリアルな描写と温かい筆致で人気を博しています。また、歴史小説も得意とし、特に「翔ぶが如く」は西郷隆盛の生涯を描いた大作として高く評価されています。 澤田ふじ子は、1992年に紫綬褒章を受章し、2004年には旭日小綬章を受章しました。また、2013年には文化功労者にも選ばれています。 澤田ふじ子は、2021年に81歳で亡くなりましたが、その作品は今もなお多くの人々に愛され続けています。 -澤田ふじ子の主な作品- * 菜の花の沖(1973年) * 翔ぶが如く(1976年) * 蔵(1983年) * ふるさと(1987年) * 絆(1994年) * 海峡(1999年) * さくら(2006年) * 花燃ゆ(2011年) * いのち(2016年)
作家

真保裕一:ポストミステリーの旗手

真保裕一ポストミステリーの旗手 文学界を震撼させたミステリー作家 真保裕一は、20世紀末から21世紀初頭にかけて活躍した日本のミステリー作家である。その作品は、緻密なプロットと大胆な設定、そして鮮烈なキャラクターが特徴的で、多くの読者を魅了した。 真保裕一は、1957年に東京都に生まれた。早稲田大学商学部を卒業後、損害保険会社に勤務する傍ら、小説を書きはじめた。1996年に、処女作である『そして、僕は部屋を出ていった。』で第26回メフィスト賞を受賞し、作家デビューを果たした。 真保裕一の作品は、ミステリーファンのみならず、純文学の読者からも高く評価された。2003年に刊行された『MOTHER』は、日本ミステリー文学大賞、山本周五郎賞、直木三十五賞を受賞した。また、2006年に刊行された『陰の季節』は、映画化もされた。 真保裕一の作品は、ミステリーの枠にとどまらず、社会風刺や人間の心理を鋭く描いたものが多くある。その作品は、多くの読者の心を打った。 2013年、真保裕一は56歳の若さで他界した。しかし、その作品は今もなお多くの読者に愛され続けている。 真保裕一は、日本のミステリー界に大きな足跡を残した作家である。その作品は、ミステリーファンのみならず、純文学の読者からも高く評価された。真保裕一の死は、日本の文学界にとって大きな損失であった。
作家

中島らも-情熱の広告マンでアーティストで作家

中島らも-情熱の広告マンでアーティストで作家 中島らもの生涯 中島らもは、1952年6月27日に京都府京都市で生まれました。本名は中島隆博です。京都府立堀川高等学校を卒業後、1972年に京都大学法学部に入学しますがすぐに中退し、新聞社や出版社でアルバイトをしながら執筆活動を続けていました。 1976年に雑誌『宝島』に「ギャルソンヌ」を発表し、作家としてデビューします。その後、コピーライターとして活躍し、1978年には博報堂に入社します。博報堂在籍中は、数々のヒットCMを手がけ、1985年には「博報堂広告賞」を受賞しました。しかし、1987年に博報堂を退社し、フリーランスのコピーライターとして活動を始めます。 1988年には、初の長編小説『明るい夜に出かけて』を発表し、以降、作家としての活動を本格化させます。1990年代には、テレビ番組『らもちゃんの番組』に出演し、人気を博します。また、1997年には、内科医の鎌田實氏と共著で『らもさん、死んでください』を発表し、話題となります。 2000年には、肺癌と診断され、余命は1年と宣告されますが、その後も執筆活動を続け、2002年に『夢見る頃を過ぎても』を発表します。2004年には、東京都新宿区の新宿ゴールデン街でバー「チキチータ」を開店し、マスターとして人気を博します。 2005年1月、癌による呼吸不全で死去しました。享年52歳でした。 中島らもは、広告マン、アーティスト、作家の三足のわらじを履いた才能豊かな人物でした。その作品は、ユーモアとシニシズムに満ちており、多くの読者に愛されました。
作家

赤瀬川隼→ 人々を魅了した小説家

-赤瀬川隼の生涯と作品- 赤瀬川隼は、1937年1月8日に東京府北多摩郡小金井町(現・東京都小金井市)に生まれた。早稲田大学文学部仏文科を卒業後、1961年に小説『海辺の光景』でデビューした。この作品は、海辺の町を舞台に、主人公の少年と少女の恋を描いたもので、その瑞々しい文体で注目を集めた。 赤瀬川隼は、その後も『太陽の季節』『野生の証明』などの作品を発表し、1965年に芥川賞を受賞した。これらの作品は、いずれも青春をテーマとしており、主人公の若者たちが社会や大人の世界に反発しながら、自分たちの生き方を探していく姿を描いている。 赤瀬川隼の作品は、そのリアリティのある描写と、青春の悩みや葛藤を鋭く描いたことによって、多くの人々に支持された。また、赤瀬川隼は、社会や大人の世界に対して批判的な視点を持っており、その作品には社会風刺的な要素も含まれていた。 赤瀬川隼は、1970年に33歳の若さで亡くなった。しかし、その作品は今もなお多くの人々に読み継がれており、彼の死後もその人気は衰えていない。 赤瀬川隼の代表作には、以下のようなものがある。 * 海辺の光景(1961年) * 太陽の季節(1962年) * 野生の証明(1963年) * 芥川賞受賞作『砂の女』(1964年) * 泥の河(1966年) * 無情の海(1967年) * 悲しみの果て(1968年) * 帰らざる河(1969年)
作家

加堂秀三-昭和後期-平成時代の小説家

-加堂秀三の生い立ちと経歴- 加堂秀三は1949年、東京都に生まれた。父親は銀行員、母親は主婦で、三男三女の次男であった。幼い頃から文学に興味を持ち、小学校に入学してからは読書に没頭した。中学進学後は文芸部に所属し、盛んに小説を執筆した。高校卒業後は早稲田大学に進学し、国文学科で学んだ。大学卒業後は出版社に就職し、雑誌編集者として働いた。その後、フリーランスのライターとして活動した。 1975年に短編小説「私の中の悪魔」でデビューし、1979年に長編小説「暗闇の彼方で」で第10回小説現代新人賞を受賞した。この作品は、現代人の孤独や不安を鋭く描き出し、高い評価を得た。1982年に発表した長編小説「遠い声」は、第19回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞し、ベストセラーとなった。この作品は、東北地方の小さな村を舞台に、戦後の農村社会の変遷と家族の絆を描いたもので、社会的な反響を呼んだ。 1985年には、長編小説「花咲く丘」で第10回吉川英治文学新人賞を受賞した。この作品は、江戸時代末期の加賀藩を舞台に、一人の女性の一生を描いたものである。 加堂秀三は、その後の作品でも一貫して人間の心の奥底に潜む闇や悲しみを描き続けている。1989年に発表した長編小説「死の影を背負う男」では、一人の殺人犯の心理を克明に描き出し、人間の善と悪について考察している。1992年に発表した長編小説「最後の贈り物」では、一人の老人の死と家族の絆を描いて、感動を呼んだ。 東京都出身で、早稲田大学国文学科卒業後、出版社に勤務。のちにフリーランスのライターとして活動する。 1975年、短編小説「私の中の悪魔」でデビュー。 1979年、長編小説「暗闇の彼方で」で第10回小説現代新人賞を受賞。 1982年、長編小説「遠い声」で第19回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。 1985年、長編小説「花咲く丘」で第10回吉川英治文学新人賞を受賞。 加堂秀三は、社会的な問題や人間の心の闇を鋭く描き出す作風で知られる。 以上が加堂秀三の生い立ちと経歴です。
作家

恩田陸-独創的な作風で人気を博す現代の小説家

-早熟なデビューと飛躍- 恩田陸は、1964年に福岡県に生まれ、1987年に『六番目の小夜子』でデビューした。デビュー作は、第39回江戸川乱歩賞を受賞し、その早熟な才能は瞬く間に世間の注目を集めた。 『六番目の小夜子』は、女子校を舞台に、主人公の小夜子が同級生や教師との関係に悩みながら成長していく物語である。恩田陸のデビュー作にしては、すでにその独創的な作風が色濃く表れている。女子校という閉鎖的な空間を舞台に、少女たちの繊細な心理を巧みに描き出した本作は、多くの読者の共感を呼んだ。 『六番目の小夜子』の成功を受けて、恩田陸は次々と作品を発表した。1989年に『十月の夏』、1991年に『ドミノ』、1993年に『黄昏の百合の骨』などの作品を世に送り出した。 恩田陸の作品は、その独創的な作風と優れた描写力で、多くの読者から高い評価を得ている。彼女の作品には、恋愛、青春、ミステリーなど、さまざまなジャンルがあるが、そのどれもが恩田陸ならではの視点で描かれている。 恩田陸は、デビュー以来、多くの賞を受賞してきた。1991年に『ドミノ』で第122回直木三十五賞を受賞し、1993年に『黄昏の百合の骨』で第44回日本推理作家協会賞を受賞した。また、2004年には『夜のピクニック』で第133回直木三十五賞を受賞した。 恩田陸は、現代を代表する小説家の一人である。彼女の作品は、多くの読者に感動を与え、これからも多くの人々に愛され続けるだろう。
作家

―清水義範―

―清水義範― 波乱に満ちた半生を送った作家 清水義範は、1907年に長野県に生まれた作家です。貧しい農家の息子として生まれ、幼い頃から苦労を重ねて育ちました。1923年の関東大震災を機に上京し、工場労働者として働きながら、独学で勉強を重ねました。その後、小説を書き始め、1932年に「蟹工船」で芥川賞を受賞しました。 「蟹工船」は、蟹工船で働く労働者の過酷な労働条件を描いた作品で、当時大きな反響を呼びました。清水は、この作品で一躍有名作家となり、その後も多くの作品を発表しました。しかし、1937年に召集され、日中戦争に従軍することになりました。戦争中には、中国戦線で負傷し、一時帰国しましたが、その後再び中国戦線に戻りました。1945年に日本が敗戦を迎えると、シベリアに抑留され、3年間強制労働をさせられました。 シベリア抑留から帰国後、清水は再び作家として活動を始めました。しかし、戦争体験によるトラウマに苦しみ、苦悩の日々を送ることになります。1962年に、自伝的小説である「私のシベリア抑留記」を発表しました。この作品は、シベリア抑留の悲惨さを描いた作品として、大きな反響を呼びました。清水は、この作品で1963年に毎日出版文化賞を受賞しました。 清水は、1979年に死去しましたが、その作品は今もなお多くの人々に読み継がれています。彼の作品は、戦争の悲惨さや人間の愚かさを描いたものが多いですが、同時に、希望や愛を訴えた作品でもあります。清水の作品は、読む人の心に深く響き、生きる勇気を与えてくれます。
作家

「景山民夫」

-景山民夫の生涯- 景山民夫(かげやま たみお、1937年1月1日 - 2020年6月9日)は、日本の脚本家、演出家、映画監督。 1937年1月1日、東京都に生まれる。日本大学芸術学部映画学科卒業。1961年、松竹に入社し、脚本家として活動を開始。 1963年、映画『風と雲と砦』で脚本家としてデビュー。1965年、映画『悪党』で監督デビュー。1972年、映画『海峡』で監督賞を受賞。 1973年、映画『仁義』でブルーリボン賞脚本賞を受賞。1974年、映画『北陸代理戦争』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞。 1976年、映画『やくざの墓標』で監督賞を受賞。1977年、映画『暴力教室』でブルーリボン賞脚本賞を受賞。 1978年、映画『仁義なき戦い』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞。1979年、映画『暴力特急』で監督賞を受賞。 1980年、映画『魔界転生』で監督賞を受賞。1981年、映画『太陽を盗んだ男』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞。 1982年、映画『竜二』で監督賞を受賞。1983年、映画『天と地と』でブルーリボン賞脚本賞を受賞。 1984年、映画『花いちもんめ』で監督賞を受賞。1985年、映画『櫂』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞。 1986年、映画『男はつらいよ』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞。1987年、映画『極道の妻たち』で監督賞を受賞。 1988年、映画『黒い雨』で監督賞を受賞。1989年、映画『ゴジラVSビオランテ』で監督賞を受賞。 1990年、映画『息子』で監督賞を受賞。1991年、映画『単身赴任』で監督賞を受賞。 1992年、映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』で監督賞を受賞。1993年、映画『夢の女』で監督賞を受賞。 1994年、映画『ラストソング』で監督賞を受賞。1995年、映画『藏』で監督賞を受賞。 1996年、映画『魚河岸の石松』で監督賞を受賞。1997年、映画『極道の妻たち 赫い絆』で監督賞を受賞。 1998年、映画『絆 -きずな-』で監督賞を受賞。1999年、映画『白竜』で監督賞を受賞。 2000年、映画『修羅がゆく』で監督賞を受賞。2001年、映画『極道の妻たち 修羅の仁義』で監督賞を受賞。 2002年、映画『極道の妻たち 最後の戦い』で監督賞を受賞。2003年、映画『新・極道の妻たち』で監督賞を受賞。 2004年、映画『隠し剣 鬼の爪』で監督賞を受賞。2005年、映画『極道の妻たち 国籍のないヤクザ』で監督賞を受賞。 2006年、映画『極道の妻たち 仁義裁き』で監督賞を受賞。2007年、映画『極道の妻たち リベンジ』で監督賞を受賞。 2008年、映画『極道の妻たち 女囚701号』で監督賞を受賞。2009年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。 2010年、映画『極道の妻たち 十三回忌』で監督賞を受賞。2011年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。 2012年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。2013年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。 2014年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。2015年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。 2016年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。2017年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。 2018年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。2019年、映画『極道の妻たち 最後の闘い』で監督賞を受賞。 2020年6月9日、東京都内で死去。享年83歳。
作家

浅田次郎(1951-)

-生い立ちと自衛隊入隊- 浅田次郎は、1951年11月4日に三重県松阪市で生まれた。父は中学校の教師であり、母は主婦である。浅田には姉がおり、4人家族で暮らしていた。 浅田は幼少期から読書好きで、特に歴史小説や推理小説を好んで読んでいた。中学時代には、野球部に所属し、キャプテンを務めていた。 高校卒業後は、防衛大学校に進学した。防衛大学校では、陸上自衛隊の幹部候補生として訓練を受けた。 防衛大学校卒業後は、陸上自衛隊に入隊し、北海道の第7師団に配属された。浅田は、第7師団で3年間勤務し、その間に、陸曹に昇進した。 1978年に、浅田は陸上自衛隊を退官した。退官後は、フリーライターとして活動を開始した。 浅田は、フリーライターとして活動しながら、小説の執筆も開始した。1983年に、処女作『蒼穹に祈る』で直木賞を受賞した。 『蒼穹に祈る』は、太平洋戦争を舞台にした小説で、浅田の自衛隊での経験が活かされている。この小説は、ベストセラーとなり、浅田は一躍人気作家となった。 浅田はその後も、多くの小説を発表し、直木賞、吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞している。浅田の作品は、時代小説、戦争小説、ミステリーなど、幅広いジャンルにわたっている。 浅田は、自衛隊での経験を活かした小説を多く執筆している。その代表作の一つが、『蒼穹の昴』である。 『蒼穹の昴』は、清末期の中国を舞台にした小説で、主人公は、日本人の外交官である。この小説は、1990年に直木賞を受賞し、ベストセラーとなった。 浅田は、自衛隊での経験を活かして、戦争小説も執筆している。その代表作の一つが、『鉄道員(ぽっぽや)』である。 『鉄道員(ぽっぽや)』は、北海道を舞台にした小説で、主人公は、国鉄の駅長である。この小説は、1997年に直木賞を受賞し、ベストセラーとなった。 浅田は、自衛隊での経験を活かして、ミステリー小説も執筆している。その代表作の一つが、『天国と地獄』である。 『天国と地獄』は、東京を舞台にした小説で、主人公は、警視庁の刑事である。この小説は、2003年に吉川英治文学賞を受賞し、ベストセラーとなった。 浅田は、自衛隊での経験を活かした小説を多く執筆している。その小説は、時代小説、戦争小説、ミステリーなど、幅広いジャンルにわたっている。浅田の作品は、いずれもベストセラーとなり、多くの読者に愛されている。
作家

「北方謙三」

-北方謙三の生い立ちと経歴- 北方謙三は、1943年7月26日に兵庫県尼崎市に生まれました。父親は、旧・満州で東拓勤務し満州国崩壊後、米軍の捕虜となった後、復員しネパール国で王立ネパール警察隊の建設に参画しました。母親は、裁縫師でした。 北方謙三は、幼い頃から本を読むことが好きで、特に歴史小説や冒険小説を好んで読んでいました。小学生の頃には、すでに小説を書き始めていました。 1962年に、兵庫県立尼崎高等学校を卒業後、大阪大学法学部に入学しました。大学では、法律を専攻しましたが、小説を書くことへの情熱は衰えませんでした。 1967年に、大学を卒業後、大阪の出版社に入社しました。出版社では、編集者として働きながら、小説を書き続けました。 1973年に、処女作である『幽霊』で、第15回小説現代新人賞を受賞しました。この作品は、ベストセラーとなり、北方謙三は一躍、人気作家となりました。 1976年に、出版社を退社し、専業作家となりました。その後、数多くの作品を発表し、1980年に『三国志』で第33回毎日出版文化賞を受賞しました。 1990年に、文化庁長官賞を受賞しました。 2002年に、勲紫綬章を受章しました。 北方謙三は、現在も作家として活躍しています。